シャンティ・フーラのブログ

天界の秩序10 
星の神々の次元

竹下雅敏氏からの情報です。

前回の“天界の秩序9”において、人と宇宙の間には次に示すような10の段階があることをお伝えしました。

10:超銀河団神
9:銀河団神
8:銀河神
7:星団系神
6:星団神
5:恒星系団神
4:恒星系神
3:星神
2:天津神
1:国津神

 ジョージ・アダムスキー著「第2惑星からの地球訪問者」(中央アート出版社)のp188に次の文章があります。

『各惑星は中心の太陽の周囲を他の多くの惑星と完全なタイミングを保ちながら同等に運行し、1単位すなわちいわゆる太陽系を構成しています。私たちが宇宙旅行によって学び得たかぎりでは、どの場合でも1太陽系には12個の惑星があります。さらに12個のこのような太陽系が太陽に相当する中核の周囲に結合されていて、これらの太陽系が地球の科学者の言う“島宇宙”を形成しているのです。さらにこのような12個の島宇宙が多くの館をもつ“父”の住みかの中で広大な1単位を形成する―というわけで、結局は無限です。』

 この説明にあるように、惑星は1つの恒星を中心に12個集まって恒星系(私たちの太陽系はその1つ)となり、こうした恒星系がある星系(例えばシリウス星系)を中心に12個集まって恒星系団となり、さらに同様にある恒星系団を中心に12個の恒星系団が集まって星団となり…、というように最終的に超銀河団にいたります。最後にある超銀河団を中心として12個の超銀河団が集まって宇宙となります。

 上記の10の段階の2つずつが対になっており、国津神と天津神、星神と恒星系神、恒星系団神と星団神、星団系神と銀河神、銀河団神と超銀河団神という具合です。こうした対の関係にある神々の存在次元はこれまで説明してきた国津神と天津神の存在システムと次元の関係の延長線上にあります。それを表記すると以下のようになります。

star-deities-and-dimensions-4 star-deities-and-dimensions-3 star-deities-and-dimensions-2 star-deities-and-dimensions-1 star-deities-and-dimensions-0-2-amatsukami-kunitsukami star-deities-and-dimensions-0-1-lower-systems

竹下雅敏

7件のコメント

  1. せれなさんの言葉で私のお気に入り、「底辺万歳!」がこだましました。

    ビバ底辺!

  2.  今回のご説明で10の段階と神々の存在次元が明らかにされたことにより、例えば恒星シリウス・シギの星のニジノヒカリキワムルヒメミコ様が244次元の存在で、恒星系神であることがよくわかりました。では、私たちの宇宙であるヒカリキワムルヒメミコ様や、そのご婚約者でいらっしゃるオオイナルヒカリノミコト様など、私たちの宇宙を含た24の宇宙との関係はどうなっているのてしょうか?

    • coco 様

      竹下氏からの回答です。
      ――――――――――――――――――――――――――――――
      ヒカリキワムルヒメミコ様は905次元で、オオイナルヒカリノミコト様は907次元の存在です。
      従ってこの表の外にあります。
      次元が記入されていない部分がある表が5つあると思います。この5つの表を除いた残りの表のすべての次元がヒカリキワムルヒメミコ様の体の中にあります。

      (竹下雅敏)

  3. 竹下先生、ご回答いただきましてありがとうございました。
    天界の秩序シリーズも今回が最後の予定ということもあり、今回いただいたご回答を踏まえて、日ごろ疑問だったことをご質問させていただきます。

    ①私たちの宇宙であるヒカリキワムルヒメミコ様が第1エレメンタルシステムから第12システムを体の中にお持ちのように、他の23の宇宙も同じ構造を持っているのか?
    ②24の宇宙があるということは、12個の超銀河団の集まりが24存在しているということを指すのか?
    ③12システム以上のシステムである「愛の創造神の5システム」と「アートマの創造神のシステム」は、私たちの宇宙以外の外宇宙に含まれるのか、それても24の宇宙から独立したシステムなのか?
    ④星の神々の次元以上の高度な神々は、ヒカリキワムルヒメミコ様のように宇宙を身体とされている神様(宇宙神とお呼びすべきでしょうか?)以外にも多数存在しているのか?

    宇宙のことは分からない事が多いため、的外れや重複する質問になっているかもしれませんが、本シリーズが終了すると質問する機会も無くなると思い、現時点での疑問点をまとめさせていただきました。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    ーー
    10/19 11:00 追記(シャンティ・フーラより):
    coco 様
    当方の手違いにより、コメントの公開が遅れてしまいました。誠に申し訳ございません。

    • coco 様

      竹下氏からの回答です。
      ――――――――――――――――――――――――――――――
      これらの質問は宗教講座の上級の内容に属するもので、現在の私でも、まだよく調べていないものなのです。上級講座が出来るか否かは不明ですが、出来ればこのような内容の全体像を示したいと考えています。現在は地球上の出来事に時間をとられ、これらの事を研究する時間がないのです。ですから、およその事しか答えられないのですが、①はそのようです。②は違います。③は独立しています。④は不明です。少なくとも私と25柱の妻の全員は宇宙の次元を超えていますが、他にいるのか否かわかりません。

      (竹下雅敏)

  4. 竹下先生、ご回答いただいていたにも関わらず、お礼が遅れてしまいまして、大変失礼いたしました。
    お忙しい中、お答えいただきましてありがとうございました。
    宗教講座の上級は神智学を対象にしていると聞きましたので、外宇宙は扱われないと思っていましたが、ちゃんと範疇に入っていたんですね。全体像が示される時が来るかもしれないと思うと、今から胸が高鳴ります。
    先生が地球でのお仕事を無事終えられることと、願わくば、宗教学講座の上級が実現できることを心よりお祈いたしております。

  5. 2015年5月17日の記事で「超越大宇宙6の上に、更に同じ構造のシステムが“20”加わりました」とありましたが、新しく追加されたシステムにそれぞれ名前はあるのでしょうか?

コメントをどうぞ

WordPress Anti-Spam by WP-SpamShield