シャンティ・フーラのブログ

天界の秩序5 
身体の存在次元と界層との対応

竹下雅敏氏からの情報です。

『これまで、私たちのシリウスシステム(第1システム)は、天津神第1レベル~第5レベル(68次元~64次元)と国津神第1レベルから第5レベル(8次元~4次元)の全体で10のレベルに分けられることを説明してきました。また、シリウスシステムの各存在がそれぞれどのレベルに属するのかは、ジーヴァ(個我)の位置がどの界層にあるのかを調べることで、所属するレベルが判明することをお伝えしました。

 今回は、シリウスシステムの各存在の肉体、霊体が存在する次元と、シリウスシステムの7つの界の界層図との対応関係を見ることにします。シリウスシステムの三界(欲界、色界、無色界)と10のレベルの次元(68~64次元、8~4次元)を界層図の上で図示するには、例えば私たちの地球のある贍部洲等の洲を左から右にさらに細かく7つの次々亜界に分割して表現し、天津神の次元を青色で、国津神の次元を赤色で表すと、次の表のようになります。

sirius-system-three-lokas-and-bhuddism-planes

sirius-system-three-lokas-and-dimensions

例えば、欲界の贍部洲から他化自在天にまたがる100パーセントの赤で図示した領域が4次元で、色界の贍部洲から他化自在天にまたがる80パーセントの赤で図示した領域が5次元になります。以下同様です。天津神の領域は国津神の領域のとなりに接した形で青い色で示されていますが、次元としては60次元の開きがあるわけです。

 もう少しくわしく見ていくと、欲界の贍部洲の赤で示した部分が4次元、その上の勝身洲が4.1次元、牛貨洲が4.2次元…他化自在天が4.9次元となります。すべての次元が同様の秩序に従いますので、例えば色界の第5亜界の第1次亜界にある大梵天の国津神の次元は6.2次元です。
シリウスシステムの界層図と各次元はこのように対応しているのですが、図示した次元以外に広大な領域が残っており、次元という概念が、私たちの宇宙を正確に理解するには不適切なものだということがわかります。

宇宙人がどこの星から来たのかに興味を持つのは物理的次元においては当然の事なのですが、霊的次元においては、システムとレベルという界層の概念で把握する必要があるのです。例えば、神智学で世界主といわれるサナト・クマーラは仏教では魔王尊として京都の鞍馬寺で祀られていますが、彼の霊体の存在階層は他化自在天でした。仏教ではこの他化自在天に欲界の王である第6天魔王(あるいは単に魔王)が存在します。仏教的には魔王は修行を妨げる魔のことで悪魔として認識されていますが、同時に欲界の最高天である他化自在天で欲界を統治する神でもあるのです。西洋ではこの概念はルシファーとして表現されます。しかし私たちの概念では、サナト・クマーラは国津神第5レベル(4次元)の天帝(3天帝のなかの第2天帝)です。こちらの方が霊的世界を理解するのにすっきりとしているのではありませんか?

さて、サナト・クマーラは霊的には他化自在天の天魔(天帝)なのですが、物理的次元においては地球の内部の地下都市アガルタの首都シャンバラに住んでいたのです。
チベットのポタラ宮には秘密の扉があり、トンネルを通じてアガルタにつながっているという伝説が知られています。このように、霊的次元という界層図の上では、私たち地球のはるかに上の第6天に存在するのに、物理的次元では、地球の内部の地下にあるのです。ですから、宇宙船に乗って宇宙人がどこから来たかという場合も、具体的な星の位置と霊的な界層の両方が考察の対象になると、全体がよく理解できるようになります。

竹下雅敏

6件のコメント

  1. Shanti Phula on

    【印刷用PDFについて】
    ブログを移転した結果、これまで記事を正常に印刷することができなかった問題が解決いたしました。そのため今回はPDFファイルはご用意いたしておりませんが、万一不具合がございました場合はお申し付けください。
    (シャンティ・フーラ)

  2. これぞ秩序!という解説ありがとうございました。

    前々から疑問だったのですが、次元の差というのは、一体何の差なのでしょうか?
    例えば0.1次元の差とは何がどのぐらい「差」があるのでしょうか(説明するには要因が多すぎますか?)?チャクラ感覚等で明確に出せるような差なのか、それとも曖昧模糊とした差なのでしょうか?
    存在階層などをブッディで判断できるということは何らかの明確な指針のようなものがあるような気がするのですがその点はいかがでしょうか?

  3. Shanti Phula on

    KP 様

    竹下氏より下記の回答をいただきました。(シャンティ・フーラ)
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    次元の差は意識の広がりの差と言えるでしょう。
    0.1次元の差は非常に大ざっぱに言えば進化段階の差として1.0の違いが出てくるので、大きいとも言えるし、そうでないとも言えます。
    自身の存在する次元を正確に測るには高度な技術(少なくとも東洋医学セミナー上級)が必要ですが、所属するレベルを知るだけならば、東洋医学セミナーの中級レベルの技術があれば可能でしょう。

    (竹下雅敏)

  4. ご回答ありがとうございました。
    なるほど、意識の広がりの差ですか、長年の疑問が解決しました(とはいえ意識の広がりの差を感じる能力はないのですが(^^;))。モヤモヤから一個モヤが取れました。意識(愛)を拡大できるように頑張ります。

    >0.1次元の差は非常に大ざっぱに言えば進化段階の差として1.0の違いが出てくるので・・・

    この部分ですが、「天界の秩序2」の解説に「人間の場合は、n次元の存在となるためには最低進化段階が、n-3が必要です。」とありますので、0.1次元の差は進化段階1.0の差ではなく0.1の差の間違いという理解でよろしいでしょうか?それとも私の理解不足でしょうか?

    >自身の存在する次元を正確に測るには高度な技術(少なくとも東洋医学セミナー上級)が必要ですが、所属するレベルを知るだけならば、東洋医学セミナーの中級レベルの技術があれば可能でしょう。

    いずれ方法を公開していただけるのを楽しみにしています。チャクラでの判別は思い込みの排除が重要だと思いますので、正しく測定するコツなんかも合わせて教えていただけると幸いです。
    どうもありがとうございました。

    • Shanti Phula on

      KP 様

      > 0.1次元の差は進化段階1.0の差ではなく0.1の差の間違いという理解でよろしいでしょうか?

      こちらにつきまして、竹下氏より下記の回答をいただきました。
      (シャンティ・フーラ)
      ――――――――――――――――――――――――――――――
      間違いではありません。

      (竹下雅敏)

  5. ご回答ありがとうございました。
    間違いではないのですか!どういうことなのか自分なりに考えてみます。が、多分答えがでないのでおてすきの時にご解説いただければ幸いです。
    お忙しいところ大変恐縮ですがよろしくお願い致します。

コメントをどうぞ

コメントの投稿により、本サイト利用条件の"投稿行為"に同意いただいたものとみなします。

WordPress Anti-Spam by WP-SpamShield