シャンティ・フーラのブログ

アーカイブ: 身体が喜ぶ紅茶

【オススメ!!】身体が喜ぶ紅茶の美味しい淹れ方!

『身体が喜ぶ紅茶』をお求めいただき、
誠にありがとうございます。

『身体が喜ぶ紅茶』の袋の中には、商品説明を入れています。

せっかくの貴重な紅茶を、美味しく飲んでいただきたいと思い、 インドの方に紅茶の美味しい淹れ方の情報を伺い、それを元に実験を行い、 もっとも美味しいと感じた淹れ方をご紹介しています!

今日は、シャンティ・フーラで行った実験結果をご紹介します!

インドの方に聞いた。淹れ方のポイント

インドの方に聞いた情報で、ポイントになりそうなのは以下の点でした。

1)空気の量が多い水で淹れることが大事!
2)茶葉の量は、少なめでよい。(ニッポン人の紅茶、濃すぎるっ!)
3)味を均一にするため、蒸らし時間が終わったらセカンドポットに移す。

いざ、実験!!

すべてのテストで共通して、次のような準備しました。


・ティーカップ、ティーポットは予め温める
・茶葉は小さじ大もり1杯(2g)、
 お湯は300CCとする
・蒸らし時間を過ぎたら、温めていた
 セカンドポットへ移す
・ティスティングのティーカップは、
 一人ずつ毎回 同じ形状のものを使う

そして、お水の種類、お湯の温度、蒸らし時間が異なる紅茶の淹れ方を比較してみました!

実験結果はこちら!

途中で「温度計がおかしい!」ということがわかり、お湯の温度は「95度ちょっとすぎと思われる」となっています(笑)

よーーーく違いがわかったのは、4番目と5番目を飲み比べた時!

沸騰直前のお湯で淹れた紅茶はまろやかでしたが、ぶくぶくと1分弱 沸騰させたお湯で淹れると、香りが弱くなり硬い感じの紅茶になっていました。

この場にいた全員が違いを実感したほどです!

今回の実験結果から、美味しく淹れるための一番のポイントは、お湯の温度だとわかりました!
ちょっとの淹れ方の違いで、味にこれほどの違いが出るのかとびっくりしました!

家庭での反応は?!

自宅でも、丁寧に淹れてみました。
沸騰しないようにお湯を沸かすときは横でずっとやかんを見守り、セカンドポットにきちんと移す、そして正確に蒸らし時間を測りました。

コーヒー派の夫に飲んでもらうと
「この紅茶は美味しい!これならいつでも飲みたい!」とのこと!

普段 紅茶をほとんど飲まないので味の違いが(多分)あまりわからないと思われるのですが、とても気に入ってくれました!

『身体が喜ぶ紅茶』の茶葉は、希少価値が高く、とても良いものです!
ぜひとも、美味しく淹れていただきたいっ!

1度でも丁寧に淹れたこの美味しさを味わったら、手間と時間をかけて淹れるのが楽しくなると思います!

また、お客様のお好みに合わせて、茶葉の量、お湯の温度、蒸らし時間などアレンジしてみてくださいね!

【新商品!イベント先行販売】身体が喜ぶ紅茶!

この秋、いくつかの新商品を発売します!
販売の目処がたった商品から紹介してまいります!

新商品の1つめが
『身体が喜ぶ紅茶』です!

「身体が喜ぶ紅茶」とは

シャンティ・フーラ「身体が喜ぶ紅茶」のアッサムは、アッサム州のさらに北、中国との国境に近いアルナチャル・プラデーシュ州で栽培されています。茶園は、息を呑むような絶景のヒマラヤ連峰の麓にあります。

このような秘境とも言える場所で生産されるアッサムは、日本ではほとんど販売されていません。

インドのシェアの半分以上は、農薬や化学肥料を使って大量生産されたクオリティの低い葉がほとんどです。その中で、際立って輝くトップクラスの品質のアッサムです。

このようにして作られた紅茶を口にするたびに、茶葉に秘められた生命力・自然の力を感じ取っていただけることでしょう。

自然の偉大さに触れ、あなたの内なる平安に繋がることのできる紅茶です。

11月10日のイベントでは、この「身体が喜ぶ紅茶」と市販品のアッサムティーの飲み比べを予定しています!
”身体が喜ぶ” を体感いただける機会になればいいな、と思っています。

■ インフォメーション ■

11月のシャンティ・フーライベント会場で先行販売の予定です!

インターネットでの販売開始は、今秋を予定しています。
発売までもうしばらくお待ちください。