シャンティ・フーラのブログ

アーカイブ: スタッフ日誌

[スタッフ日誌] 第275回 パータの庭便り13

皆様、こんにちは。
今年は気温の低い日が多く、昨年は全く必要なかったマフラーや手袋のお世話になる日々です。
それでも、お日様の光が強くなってきて、暖かい日には、スズメの歌声も求愛めいたものが聞こえ、あともう少しで春かなと感じることもあります。
暖かくなるにつれて、暮らしやすい世の中になるといいなと思います。

【花を愛する】

私の庭の話題ではありませんが、先日、「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見て、東信さんという方を知りました。
命ある花に対して慈しむ感覚を持たれており、花束にし上げる様子を見て、才能のある方だと、夫と共に感心しました。

お花は人を喜ばすのが好きなのだと思います。

【2代目】

いじわるヒヨドリさん2代目です。
元気にメジロを追いかけまわすので、みかんの設置場所を工夫しないといけません。
ヒヨドリは小さく旋回するのが不得意そうなので、建物の間隔が2メートルくらいの場所にみかんを置いたら、すぐにメジロが寄って来ました。どこからか、私のことをちゃんと見てる!
夫婦のメジロらしく、時には、2羽が玄関のテラスの下に潜んでいて、“おおここに!”と驚くこともあります。人との距離が近くて、可愛い鳥だと思います。
ヒヨドリも、私が好物のバナナを庭のテラスに投げると、「キ~~~!」と甲高い大声で鳴いてくれます。可愛いと言えば可愛い。

【セキセイインコ】

鳥つながりのお話です。

息子とフィルムの箱をめぐって争奪戦になる一歩手前の瞬間!
この鳥は、私たちが福岡に暮らしていた時に飼っていたセキセイインコ・ピッピちゃんです。
福岡の百貨店の屋上の店で、売れ残り状態で少し弱々しかった鳥を選んで飼い始め、かごに入れることなく、アパートの中を自由に飛び回らせていました。
私にとっては、息子を育てる予行練習をさせてくれたような鳥でした。

飼って5年目にピッピちゃんの卵巣嚢腫がひどく大きくなっており、獣医さんには、老年期だし、手の施しようがないと言われました。余命も少ないだろうし、50㎝くらいしか飛べないので大丈夫と思って、あちこちの風景を見せたいと思って、カブトムシを飼うような透明部分があるケースに入れて、息子のベビーカーに乗せて、家族3人と1羽でよく散歩に行っていたのです。
治療もできないので、溶いたマコモを卵巣嚢腫に塗り、餌にも混ぜていたら、不思議なことに少しずつ小さくなったかなと思ったある日、散歩の帰り際に、ベビーカーに息子を載せた時、身体がぶつかってケースが落ちて開き、ピッピちゃんがびっくりして大きく飛び出し、高い位置の木の枝に止まってしまいました。こんなに飛べるとは! 慌てて名前を呼びますが、手に戻って来ません。焦る私…、そして、「ピッピちゃん!」と一声鳴いて大きく飛び立って、梢の中にピッピちゃんが消えて行ってしまいました。
パータ、泣きました…、失うのは一瞬かと。あちこち探しましたが、見つかるはずもなく。
自立して飛び立ったと解釈できるような瞬間にも思えましたが、多分、カラスなどにすぐやられたことと思います。

私たちが、一生懸命息子を育てていた時期でした。ピッピちゃんにとっては、息子もライバルで、自分に注がれる愛情が減ったと感じていたと思うのです。私は一人息子を大切に育てることができましたが、2人以上のお子さんを育てる場合、大変だろうなといつも思うのです。
セキセイインコは、頭が良い。人と同レベルの扱いが必要だったのかも知れません。

このインコさんの合いの手が絶妙過ぎるので、ご紹介します。

【今日の情報】

この方の“般若心経”の動画は、聴いて気持ちが良いのです。SNSでいろいろ発信されているようで、中身を確認しているわけではないのですが、私も、般若心経の教えには助けられた口ですので、ご紹介しています。

夫の講義でも、般若心経の回がありますので、興味のある方はご覧になってください。

検閲マーク-小

パータ こと 泰子

[スタッフ日誌] 第274回 パータの庭便り12

皆様、こんにちは。
元旦に、多分人生で初めて“初日の出”を見たのですが、美しい太陽でした。
お天道様は、いつも私たちを明るく照らしてくださっていると実感しました。
先が見えにくい日々ですが、今しか体験できないことから得られることは何でも学んで、日々を過ごしたいと思っているところです。

【楽園?】

今年は、メジロ6羽が乱舞する我が家の庭です。
昨年の餌付けの効果か、みかんを置いたその日にメジロがやってきて、ものしり顔でみかんを食べています。
昨年は2~3羽でしたが、今年は6羽のメジロが飛び回る我が家のテラスの風景を見て、ある方が、「鳥の楽園」と評してくださいました。
スズメに米をやり続けているので、鳥界隈では、餌をもらえる場所として知られているのかも知れません。というより、鳥さんたちは、私たち人間の行動をあちこちの梢の上からよく観察しています。

メジロって、自分の可愛さアピールが上手! 可愛い仕草でみかんをついばみます。鳴き声も“チリチリ”と鈴を鳴らしたように可愛いし、美しい抹茶色の羽毛に目の周りの白い縁取りという、素晴らしいデザインは神様が考えたのかしら?と見つめる私…の目尻が笑った状態になっている。そういう時って、脳内モルヒネがドバドバ出ているわ!メジロ見て、メジリがゆるゆる!幸せいっぱいになります。

眉をひそめたり、目元がきつくなる時って人生にはある。その時には楽しいことを想い出して笑顔になろう!と思っています。

【悲しい出来事】

目元が緩んでばかりでないのがこの人生。朝方、「ギ~ギャ~」という鳥の鳴き声と共にドスンという音がしました。のちほど確認するとテラスや地面に灰色の羽が…、この子が猫に獲られたようで、以後、その姿を見ません。この写真を見て、この鳥(ヒヨドリさん)の波動が感じられないのがわかるでしょうか。メジロの写真と比べると、波動の有る無しがわかっていいのではないかと思って、掲載します。

さて、ヒヨドリさん、意地が悪かった…。メジロを見つけると低空飛行して縄張りを主張して、追っ払ったりするのです。窓辺にみかんを置いたのは、ヒヨドリが人を恐れて近寄らず、メジロの邪魔をしないようにと思ってのことだったのですが、この子は私を恐れない。私が窓から外を見ても逃げずに、“いいですか~?”って感じでみかんをついばみ、メジロを追い出していたのです。可愛いと言えば可愛かったのですが、そのおっとりさがいけなかったのか…、メジロに気を取られて潜んでいた猫に気づかなかったのでしょう。ちょっと辛い一件でした。

そんなわけで、メジロは、人が居るとヒヨドリが来ないのを知っていて、私や夫が外に出ると積極的に飛び寄ってきます。頭がいい。
自然は外敵も多くて、生きるのが大変です。人間は、助け合いの精神で、地上の哀しい出来事を乗り越えたいと思います。

【雑草のごとく】

もう何年も、テラスの下で自生するキンギョソウです。逞しい…。黄色って見ると元気になる色です。

【今日の情報】

CBD商品、多くのお客様にご購入いただいており、大変感謝しています。
ご購入のお客様から情報をいただきました。

“カプセルは愛飲させていただいております。
(中略)
あやうくおっさん化するところでした笑 ありがとうございます! ”

お顔にもオイルを塗っておられるそうです。
それを聞いて、

“CBDには、抗オッさん化作用があるんだな”byヘコタ

抗オバさん化作用もあるかも…、よく眠れて、肌つやがいいように思うパータです。

“酸化すると老いるが、このオイルは老いるを防ぐ”か?

元気で生きるには、楽しいことがたくさんあるほうがいいですね。
こちらの演奏が、リズムが合ってよかったのでご紹介します。ご夫婦の打楽器奏者さんたちらしいです。息が合うってこういうのを言うのだなと思います。

検閲マーク-小

パータ こと 泰子

[スタッフ日誌] 第273回 パータの庭便り11

皆様、こんにちは!
今年に入って、あまりにも寒い日が続いていましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私たちは、気温-9℃というのは初体験で、水を出しっぱなしにして水道管の凍結を予防し、トイレは暖房を入れ続け、エアコンをつけっ放しにして過ごしておりました。
電気が止まったら…と想像するのが恐ろしいほど電気に依存する生活を送っています。それでも、我が家のお風呂(マコモ風呂)は薪だけでも沸かせるし、バケツで水を汲み上げることができる井戸もあります。非常時に生き延びることが出来るようにと田舎暮らしをしています。私と夫が暮らす小さなログハウスと外付けトイレくらいの暮らしが、全世界の人々に供給できる日を夢見ながら、屋根のない生活をしている自然界の動物たちも、元気でいて欲しいと思っています。

“アメリカアカガエルは冬季、完全な冬眠に入り、心臓も完全に停止する。心臓、肺、脳は完全に凍ってしまう。春になると溶け出し、息を吹き返す”というスゴ技なカエルが居ました!
仕組みはこちらの記事に書いてあります。

【冬になっても咲いてくれました】

購入した時に一度咲いて、また蕾をつけてたくさんの花をつけてくれたミニバラです。

うちの庭で10年以上生き続けていたバラ(赤い花)が昨年の夏に枯れたので、代わりに大事に育てたいと思っています。

【フンニョーラちゃんではない】

なんじゃこれ?と思われるでしょうが、ガラモン家の冷蔵庫で発見したバナナです。ここまできれいに黒くなると、ちょっとした造形物に見えるので、夫が写真に撮ってみたら、とのことで掲載しました。
健康とは、このような造形物を自らも生み出せること!

【シクラメン】

取り寄せた鉢植えです。日本ではシクラメンは最も多く栽培されている鉢植え植物だそうです。寒い時期に売られるわけですが、零下では枯死するため家の中に置かれることが多く、屋内で人と過ごす時間が長い鉢花だと思います。本当に頑張り屋さんっていう印象の花で、人が見て喜ぶと花も喜んでいるように思うのです。

小椋佳さんの曲「シクラメンのかほり」っていう曲がありましたね!懐かしく感じる方は、私と同年代!
こちらの唄も素晴らしいです!

【今日の情報】

シャンティ・フーラで扱う商品が増えました。CBD商品です。
売り出しと同時によく売れているようで、ご購入の皆様、ありがとうございます。

ある日、シャンティ・フーラでミーティングがあった際、私は実験用に取り寄せられたCBDオイルを受けとりました。
戻って、ミーティングの内容を夫に報告する…結構ハイテンションでした。夫は私のことをこちらの鳥の様だと申します。
そこで、思い出して、持ち帰ったCBDオイルを1滴口の中に垂らして報告を続けたのですが、夫によると“おとなしくなったな”とのこと。
私的にも、気持ちなだらかに話が出来て、エネルギーのロスが少なかったのです。

へえ~、なんかいいみたい!

というわけで、商品として扱う方向が決まって、スタッフや関係者様にも摂取していただいての実験もしましたが、高評価でした。何分高価ですし、口から入るモノは気を付けたいところです。

自分自身の力で身体を整えていい状態を維持できるのが本当だと思うのですが、加齢やストレスの強い現代、自分で解決しにくい状況においての一助として、CBDはいいなと思います。
私の使用例としては、

・仕事のし過ぎで凝った首に塗る(ボディーバターでもオイルでもいい)。

・冷え性もあって、ガサガサになっているかかとに、ボディーバターをたっぷり塗ることを数日続けてみたら、脚が軽くなり、靴下もガサガサに引っかからなくなった。

・就寝前にオイル1滴(濃度15%の方)を口に垂らして就寝して、ご機嫌良い状態が続いている。

です。

新型コロナウイルスに限らず、健やかに日々を過ごせますように。

検閲マーク-小

パータ こと 泰子

[スタッフ日誌] 第272回 パータの庭便り10

明けましておめでとうございます。
新しい年を迎えて、皆様、いかがお過ごしでしょうか?
時事ブログで新型コロナウイルスのニュースを取り上げるようになって約1年が経ちました。
コロナ関連のニュースを取り上げなくていい日が来ることを、心より願っています。
どんな環境でも、心を明るく保って、前向きに生きたいと思う日々です。
今年もどうぞよろしくお願いします。

撮影:アホタ

【数列は嫌いだった】

寒くて花は咲きませんので、購入した野菜についてです。フラクタル形態のつぼみが特徴のカリフラワーの一種のロマネスコです。
味はブロッコリーに近く、美味しいです。

“花蕾(からい)が幾何学的な配置となっており、個々の蕾が規則正しい螺旋を描いて円錐を形成。円錐はさらにそれ自体が螺旋を描いて配列し、これが数段階繰り返されて自己相似の様相を呈する。しかも配列した蕾や円錐の数はフィボナッチ数に一致する”(出典:ウィキペディアとのこと。

何とも神秘な形状の野菜です。数列は大嫌いだった私…、でも生命体に多用されているらしい。
私はフィボナッチ数列って何?という状態なのですが、こちらがわかりやすいと思いました。

「ねえ、あなた~、フィナボッチって何?」
「フィボナッチだよ…。」

【花の様】

まるで、バラの花びらのような小松菜の切り口で、美しいです。これも、フィボナッチ数列に則っているのでしょうか?

【昨年のメジロ】

昨年の写真です。
メジロを家の近くで見かけたので、ミカンを窓辺のテーブルに置いていたら、なんと窓の内側に私が居ても平気でミカンをついばみに来るようになりました。
ぜいたくなバードウォッチングが出来た昨年の初春でした。
メジロは人を恐れないそうで、夫婦で行動することが多く、頭が良いらしい。人を良く観察していると感じます。
ガラス越しだと安全だとわかっているのか、空の様子ばかり気にしていて、カラスなどの外敵の方が危険だったのでしょう。
今年もメジロの姿をみかけたら、窓の外のテーブルの上にミカンを置いてみようと思っています。

【今日の情報】

前回の“パータの庭便り”をご覧になってのコメントをありがとうございました。
我が家のトイレは、玄関を出て右に5メートルの所に、納屋の様な小さな建物にマコモ風呂と共に設置しています。扉を開けっぱなしにしていると、太陽が差し込み、風が吹き込み、前方の山を眺められるのです。扉の前には簾がかかっています。決して、屋外にトイレだけがポツンと設置されているわけではありません。
大層高級な便座を取り付けたのですが、外気に触れることもあって結露しやすくあちこち故障して、今では、便器洗浄のみが稼働する、ほぼ“ただのトイレ”となり下がっていますが、なかなか交換を手配するに至らず、携帯用おしり洗浄機を毎度持参するという、ゲリラな生活を送っています。
ちなみに、室温が24℃、外気温-1℃の場合、トイレへの出入りで体が受ける気温差は25℃となります。

天候の変化には留意が大切で、天気予報を見るのが大好きな私。台風の日、大雪の時にはトイレに行くにも覚悟が必要です。でも、外に出る機会があることで、気候の良い時には、空を眺め、太陽や月、星を感じるのは気持ちの良いものなのです。

さて、8年前に我が家の敷地を整備したのですが、その時のスライドショーはこちらです。
今は、ビフォーアフターの中間の感じの荒れ具合です。
長らく、住む環境のことまでエネルギーをかける余裕がなかった竹下家…と言い訳しておきます。自然に近い、いや、荒れ放題と言うのが正解です!
最近やっと、庭の手入れなどに少しは時間を割けるようになりましたが、農業や園芸は、長いスパンでの計画性がないと、上手に維持できないなと実感しています。

さて、新年にふさわしく、こちらのニュースがとてもおめでたかったので、ぜひご覧ください。
丁寧に物事に対応して大切にすることで、曲がったものもまっすぐになるのかも知れません。

検閲マーク-小

パータ こと 泰子

[スタッフ日誌] 第271回 パータの庭便り9

皆様、こんにちは。
今年は長~く感じる1年でしたが、あと少しになりました。
新型コロナウイルスのニュースで始まった1月でしたが、もう11か月が経とうとしています。
新型コロナウイルス関連もそれ以外も、色んな情報を提供してきましたが、皆様がお変わりなく、元気で過ごされているといいな、といつも思います。
そして、この1年もシャンティ・フーラをご愛顧いただきまして、本当にありがとうございました。
また、サフランのプレゼントでご注文いただいた方が多かったことも、心より嬉しかったです。
日々の労苦が報われる、そして健康で安全に暮らせる日々が来るようにと思います。

ここのところ、急に寒くなって大雪が降ったりと不思議な天候です。昨年に比較してぐんと寒くて、身体がびっくりしています。
我が家のトイレが外付けであることは、これまでもお伝えしているのですが、用を足すのに毎度外に出ないといけません。気温差が25℃もあると自律神経失調になりそうで、首にスカーフを巻いたり帽子をかぶったりしています。シャンティ・フーラで扱っているパシュミナストールを羽織ると暖かそうだが…やめておきましょう。
そうこうし、数日すると、雪が降っていても薄着でもそんなに寒く感じなくなるから不思議で、人の適応力はすごいな、と思います。

外付けトイレのいいこと!
日光を浴びて風に吹かれて山を眺めながら用を足すという、コロナ禍で最強のトイレ!夜は…寒いです。
お尻から風邪をひかないよう、気をつけたいと思います!

補足)持っているパシュミナストールを虫食い予防に入れている冷蔵庫から出して、羽織って7℃の気温の外に立ってみました!冷気を伝えないのがよくわかりました!小さいタオルケットも同じように羽織ってみたのですが、こちらは冷気が体に伝わってヒンヤリします。さすが高価なパシュミナストールです。これまで使ったことがなかった紺屋の白袴のパータ!
持っているなら使わないと損ですが…、今のところどこにも出かけないので…、冷蔵庫の中に戻して、コロナが鎮まるのを待つよりない。皆様のお手元のパシュミナストールがお役に立つなら幸いです。

では、お花の話題です。

【シャコバサボテン】

30年以上前、博多に住んでいた時に買ったシャコバサボテンから挿し木で増やした2代目のシャコバサボテンです。今年はたくさん花をつけてくれました。
急に氷点下になったので、親株のシャコバサボテンを外に出したままにしてしまい、今枯れそうになっており、とても残念に思っています。その親株の鉢を傍に置いて、30年以上の時を一緒に過ごした仲間だと感じ合った直後のことで、なおさら悲しい。

冬になると、氷点下では枯れる植物を室内に取り込んで管理する、を毎年やって来たのですが、水やりも含めてちょっとしたウッカリが命取りになる…、これは人間も同じです。
忙しくても、何ごとも慎重に対応したいな、と思う日々です。

【紅葉】

秋になり、風に吹かれたカラコギカエデの種子がたくさん舞って落ちてきて、数十メートル離れた我が家の植木鉢に着地して、生えました。
12メートルくらいの大きさに成長するらしいのですが、日陰地の植木鉢に育っていてそんなに大きくならないだろう、管理できる場所だし、と思いここ数年育てています。

【まるまるしています】

栗から出てきた幼虫です。可愛いですね。嫌いな方がいらしたらごめんなさい。“釣り人からは渓流釣りの餌としてかねてから愛用されている”とのこと。成虫になると、クリシギゾウムシになるとのこと。
以前、栗を拾ったことを書きましたが、置いたはずの所に見つからず、どうもネズミの食料になったみたいで、殻が棚の隅の方にありました。うちの出入り口のテラスにはテンも来るくらいなので、家の中以外は、動物の住処でもあると考えた方がいいのかも知れません。
我が家の敷地の境界の大きな側溝の向かいの斜面では夜な夜なごそごそと何かがうごめくのです。鹿かイノシシか、狸かアナグマか…の状況です。外でごそっと音がしても恐ろしくなくなりました。

【今日の情報】

もうすぐ、クリスマス。
この方のエレクトーン演奏、はいかがでしょうか。
耳コピなのにすごいなと思っています。オリジナルより良いと思う演奏がたくさんあります。

良いクリスマスをお過ごしくださいますように。

検閲マーク-小

パータ こと 泰子

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 59