シャンティ・フーラのブログ

アーカイブ: 日誌(パータ)

[スタッフ日誌] 第329回 パータの庭便り67

皆様、こんにちは。
大変にご無沙汰しておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

水仙、チューリップ、桜が咲き終わり、ナニワノイバラが満開になった我が家です。

2025シャンティ・フーラカレンダーの花の選定も終わり、私の毎日の仕事は、草刈り!

昨年までせっせとセイタカアワダチソウを抜いた成果がでて、今年の草刈り作業は少し楽です。
セイタカアワダチソウは根から周囲の植物の成長を抑制する化学物質を出すため、「セイタカアワダチソウさん、ここには生えないでください」と知らせるために抜いています。
しかし、基本的に植物の根は抜かない方針ですので、土の中には縦横無尽に痩せた土地に生えるヨモギ、スギナ、セイタカアワダチソウ、ススキの根がはびこっています。
毎年草を刈ってはそのまま放置し、豆類を植え少しずつ土地が肥えてきているようです。ヨモギなどの雑草が減り、カラスノエンドウ、ハコベも同時に生える畑になっています。
土地を耕さず、人が歩ける程度に草刈りだけして、どのように土地が変化するか、実験中。しかし、広い土地を保有すると大変で、田舎暮らしは雑草刈り暮らしです。

さて、今回、シャンティ・フーラでは、新商品として米粉を販売開始したところです。無農薬のお米を作るのも、雑草・水の管理、収穫、脱穀など、手がかかって楽ではないことは容易に想像できます。

そんな貴重な米粉を使って、Instagram掲載のコーンブレッドを私も作ってみたら、スタッフにも好評でした。材料としては、ベーキングパウダーが無かったので、代わりにアリサンのイーストを1g入れ込んで混ぜ、30分放置後によく混ぜてから型に流し込んで、焼きました。
動物性食品、小麦を用いずにしっとりとしたケーキに仕上がります。ちょっと蒸しパンのようなモチモチした食感で、それが苦手な夫はバターをたっぷり塗って食べていましたが…。

パンも焼いてみました。米粉100g、全粒スペルト粉100g、強力粉30g、塩4g、イースト2.6g、温水185㏄、わずかの砂糖とオリーブオイルという配合で、パン焼き機で10分以上こねて、1時間くらい放置後に成形し、さらに30分発酵させて焼きました。少し生地がだれ気味でしたが、美味しく仕上がりました。私は、米粉100%でパンを作れる自信が今のところないのですが、米粉を使った他のレシピにも挑戦したいところです。米粉を天ぷらの衣にすると美味しいようです。

米が主食の日本人。小麦の代わりに米粉を用いることで米農家を応援したいのです。

【ヨモギ】

草刈りついでに、ヨモギを摘んで販売したところ、あっという間に売り切れまして、お買い上げの皆様、ありがとうございました。

1本ずつハサミで刈り取り水洗いして干すのですが、乾燥させるのに10日以上かかります。
Instagramにも掲載したこのヨモギは、乾燥後の重量が110gでした。

ヨモギは自然に育ってくれるのでその分いいのですが、手作業だと思ったほどの収穫量にならず、農業する方のご苦労も少しわかったつもりのパータです。

【ナニワノイバラを愛でるオオイナルテリタマノミコト】

今年もナニワノイバラの花が咲きました。
15メートル位の幅で花が咲き誇った期間が2週間以上。ハチさんがブンブンと花粉を集める音に癒されます。全ての花を観察して愛でてる風の夫ですが、名前が進化したらしい。

【水仙】

今年は、この色の水仙が花をつけてくれました。とても可愛いく私のお気に入りなのですが、花の形のバランスが今一つとのことで、カレンダーの花としては採用されず、ちょっと残念でした。

【今日のパータ情報】

全て私事の話となりますが、ご容赦ください。

草刈り作業で体力がついて、会う人ごとに、お元気そうね、と言われるようになりました。
頭痛が続いていた原因がお酒であると気づいて禁酒するようにしたら、頭痛から解放されました。

しかし、5月の連休頃に草刈りを始めたら体中に赤い湿疹ができ、草刈り機を使っていて左の鼻の穴に強い痛みを感じたと思ったら後から腫れてきて、どうも何かの虫に刺され、それが刺激となり、皮膚炎の痛痒さが強まって、しばらくの間辛かったです(今は回復しています)。

ちょうどその時期、息子が帰省し、これまで作り上げた1000機くらいの紙飛行機類を整理してくれたのですが、その手伝いの際、あほパータは、椅子から落ちたのでありました。
夫の収録が終わり帰宅して、納屋の高い棚に、息子が見落としていた紙飛行機の入った箱があり、椅子に乗って下ろそうとして、不覚にも折り畳み式の椅子に片足で乗って手を伸ばしたもんだから、椅子が倒れて私は床に落ちた…。ガチャ~ンと大きな音がして、とてもびっくりして、気付いたら床に座った状態になっていて、手首やら指をぶつけ、椅子のどこかが左脇腹に当たったようで、かなり痛い。
ああ、これは重症だ~アホだ~と嘆くもすぐさま動く気力が出ず、夫に来てもらって背中を見てもらったら、何処もおかしくないのが自分でもわかり、体を動かすとちゃんと動く…。立って歩け、骨に損傷なく、お腹の脇の肉が打撲し右側屈するとちょいと痛かっただけでした。

その日は打った脇腹の痛みを抱えつつ、食事を作ってお風呂に入って寝て、次の日も息子と片づけ作業をしました。身体を捻じると痛いけど、気付くとずーっと抱えていた背中の不調感がない。3種体癖の弱点の胸椎7.8番の歪みが取れていました。さらに、左の顎関節症も消え、顎がガクガクしなくなっていたのです。

椅子から落ちる時に、自分の身体を守るのに思いっきり力を入れて防護した後、放心して身体に力が入らないくらい体が緩んでいたので、思いがけず筋弛緩法をしたのと同じ状態となり、筋肉等の緊張がとれて、身体の歪みが解消されたようなのです。

大事にいたらなかったのが奇跡的。しかも身体の不調が改善し、神様がお守り下さったのだと感謝しました。

禍転じて福となす…。夫は、ガヤトリー・マントラを唱えているからだろう、と言ってくれました。 ともあれ、無理し、お転婆するのを戒め、身体を大切にしようと思ったパータでした。

ちょっと体の不調を感じたら、早めにCBDオイルを飲んだり、サーキュエッセンスを吸ったり、パワーサーキュレーションでマッサージしたり、手浴、足浴したりと、セルフケアに気を付けております。
皆様も、お身体に気を付けてお過ごしください。

検閲マーク-小

パータ こと 泰子

[スタッフ日誌] 第328回 パータの庭便り66

皆様、こんにちは。
なんだか雨の日の多い春らしくない4月ですが、いかがお過ごしでしょうか?

前回の庭便りで私が元気ないと書いたばっかりに、色々とご心配をいただきました。暖かくなって花が咲き始め、スズメ、アマガエル、ツバメなどの声も聴き、バカ笑いができるだけの元気を取り戻していますので、ご安心ください。

前回のパータの庭便りでお伝えした“夫直伝~丹田まで大きく息を吸う方法~”の詳細について、映像配信の「竹下氏による一問一答」で夫が解説しています。その映像収録時にそのコツを少し会得出来まして、前より体が緊張しなくなったことも大きいです。

しかし、世界情勢から目を離せず、気は抜けないのはいつもと同じです。

少し前の話ですが、気象庁の雨雲レーダーを見ていたら、変な線状の雲があるのを発見。

こちらは、3月28日10時15分の画像です。

3本の雲の線が向かう中心は何処か?と探ると、白木山という山があり、ネットで調べると白木山無線中継局という電波塔があるのを発見しました。電波塔から何か発せられ雲の形に影響しているのか?と勘ぐってしまいます。

3月30日には地震雲を見ました。4月3日に台湾地震があり、日本各地で地震が起きています。皆様もお空を見上げて、雲にも着目していてください。

ありがたいことに、悪の企みであるコロナ禍のおかげで、多くの人が世の中のおかしさに目覚めています。
自分で調べてみて、人を悲しませ不幸にするのを喜びと感じる、普通の人には信じられない悪業をなせる者が人間の中に存在していることを多くの人が共通認識し、それらに抵抗するために人々が繋がり始めています。
自分の力で世の中を変えよう、という動きが出てきたのも、いい様に言えば悪のおかげか…。それならば、悪にも「ありがとう!」って言える気になれました。

現在、混沌の中にあるように見えても一条の光が差し込み始めているとも感じます。心の中に“ヤマ・ニヤマ(禁戒・勧戒)”の光を灯して、悪を退散させて参りましょう。

【収録の花】

夫の収録時に飾られていた花。ミルキーユさんが準備してくださいました。

今年から、夫の映像配信が定期的に公開されるようになりました。4月5日公開の「竹下氏による一問一答」の動画では、お客様から頂いた質問に夫が答えています。
内容が斬新で役立ち、面白いです。今後何回かの一問一答動画を提供していく予定です。

【水仙】

標高400メートルにある我が家でもやっと、水仙の花が咲き、春らしい庭になって来ました。今のところ桜は満開を維持していて、今年は春の進みが遅いなと感じます。
しかし、すでにナニワノイバラの苗に蕾が付いたというお声もいただいており、うちと比べて暖かい地域のお住いの場合、春爛漫の日々なのだろうな、と想像しています。

【タンポポ】

タンポポの花が咲き始めました。天ぷらにしたら美味しかったです。白菜の菜の花、カラスノエンドウ、ツクシ、キクイモも一緒に揚げて食べたのですが、いずれも美味しく、野草があれば、生きていけそうと自信を持ちました。
ちなみに、タンポポの花はホワイトリカーに付けて、タンポポ酒にします。漬けた後のタンポポの花はタンポポコーヒーに入れて飲むと美味しいのです。

【今日の情報~キャミソール等の値上げについて】

竹下家は、「穴が開くまで下着を着尽くす」のを家訓(?)にする由緒正しい家系(?)です。
コロナ禍では、買い物に出られないため、夫の下着の穴に継ぎをあて、破れるまでは着てもらったパータ。
ガラモンにいたっては、パンツの穴を丁寧に修繕したのが数枚あり、その節約精神に驚愕した私は新しいのを買ったのですが、大きな家(30坪)が建つというのは、そういうこと。うちは5.5坪。

10年くらい前にピヨちゃんウエアを開発した時に、試し印刷をしたよれよれのキャミソールを、夜寝る時などに今でも着ているパータ。これ、着心地がいいんです。

よくよく見れば、独眼の勇者のピヨちゃんが一体います。さらには、ハートの中には健在なピヨちゃんが! そのおかげか、そこら辺のパワーグッズよりパワーを感じると夫が申しております。
ここで解説となりますが、「ピヨちゃんウエアの効果が完全に無くなるのは、ピヨちゃんの目が全て取れた時」となります。目力が重要なのです。

ピヨちゃんウエアをご愛用の皆様には感謝の限りです。私自身は、これを着用せずに外出することができません。着用していれば、自動的に波動を上げてくれるので、とても便利。 仕事柄、時事ブログ等で悪に着目していると気分が悪くなります。波動を落とされたら悪の思う壺。 波動を高めるのに、ガヤトリー・マントラ愛のマントラ、感謝のマントラピヨちゃんグッズは、欠かせない。

5月より、ピヨちゃんタンクトップ、キャミソールが値上げとなります。今のうちにお求めいただければ、お買い得かと思います。
今後とも、ピヨちゃんとシャンティ・フーラをご愛顧いただけますよう、よろしくお願いいたします。

検閲マーク-小

パータ こと 泰子

[スタッフ日誌] 第327回 パータの庭便り65

皆様、こんにちは。
3月も中旬になりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
また、いつもシャンティ・フーラと私の庭便りをご愛顧いただきまして、ありがとうございます。

ナニワノイバラの実に積もる雪の風景

さて、今年の冬は長~~く感じます。

私の住んでいるところでは、やっと水仙の蕾が上がって来たところで、彩りのない寂しい風景に囲まれ、雨の日が多く、お日様に当たれる時間が少ない。そのせいか、日本はお先真っ暗かいな、と暗澹たる気分にもなりがちです。

時事ブログでは長年、ワクチン接種についての警鐘を鳴らしてきましたが、新型コロナワクチン接種後遺症についての福島先生の記事が文芸春秋に大きく載ったのを見て、やっと人々に医療界の恐ろしさがちゃんと認識されてきたのかなとしみじみです。
コロナ騒ぎが始まってもう4年、日本だけ突出しておかしいです。

そんな中、久しぶりにメキシコ便りの記事を読みました。
成長の止まった高齢化社会の日本と比べて、メキシコの現在は明るいですね! リーダーがいいと、ほんと国が良くなりますね。私たちも、国民がいい国を作る!という自覚を持って、政治に関心を持ち、自分の気持ちを高く保たなければ! そのためには元気が必要。

もうじき、うちの庭にも花が咲くことでしょう。その日を待ちつつ、心の中は明るく元気よく!
皆様も、お身体を大切に。

【パンジー】

昨年採取した種を蒔いて育てた苗が、ちょっとずつ大きくなっています。
同じ花から取った種なのに、成長の度合いが一つずつ異なります。紫色の花が咲く苗が大きくなるのが一番早く、次に黄色の花の苗の成長が早い。とても小さい苗もあるので、何色が咲くか楽しみです。

時期を同じくして大きくなり枯れるとリスクが高くなるので、成長速度を変え、開花時期をずらして、種の保存率を上げているように感じます。
同じ宇宙から発生しても、神、人間、動物、植物、鉱物等々に分かれている理由が分かった様な気がしました。一つ一つの存在の成長速度が異なるから、宇宙全体が維持できているのかも、と夢想するのでした。

【クロッカス】

春一番に咲く花。お天道様に向かって一生懸命花びらを広げていました。

【バラ】

気温の低い1月に、4本の苗が一つのポットに植えられ、美しい花を1つ咲かせたバラの苗を買いました。
根を崩さず大きな植木鉢に植え直し、花が3つ咲きましたが、丈夫な品種かどうかを知りたくて、このHP内のバラの写真を全部開いて調べた暇人かも知れないパータ。

「メルヴェイユ ドゥ リヨン」らしい。
バラの写真を沢山見たHPのバラ園では、無農薬でバラを育てていることもわかり、感動しきり。
こういう方を見つけると、嬉しくなるのでした。

【パータの思うこと】

ここのところ、あまり元気が出ませんで、家の中に閉じこもりがちでした。毎年2月はいつも調子が悪いのです。皆様の2月はいかがだったでしょうか?
でも、体調不良の原因が、 “体温の調整のために自律神経が過剰に働き、疲労がたまる寒暖差疲労”によるものらしいとわかって、納得。仕方ない。
我が家ではトイレが外にあり、ガラモン家との往復など外気と室温の寒暖差に晒され、今年は暖かい日と寒い日が交互に来て、ますます身体がやられたのでした。
何もしたくないと言ったら、夫が何もしなくていいよと言ってくれました。主婦の務めで家事は休めませんが、その言葉は嬉しかったパータ。

気温も気圧も大きく変化する日が続いた時、地震雲を撮影(2月24日)。2月26日に中国地方で地震がありました。気圧や気温の差を大きくして、人工的に地震を起こしてませんように。

軽い頭痛も続きました。こういう時は、自分自身をメンテナンスする元気もなくなります。歯肉から出血してしまい、歯医者さんの定期健診で、毎日歯間ブラシで手入れするよう説得されました。歯間ブラシを入れて出血した部位にCBDオイルを1滴垂らしたら、次の日には出血しなくなったので不思議!

ちょっと元気になったら、頭や首や耳周りをアモアプリーズのパワーサーキュレーションでマッサージすると気持ちいい。なんで、調子悪い時にマッサージしなかったの?
哀しいことに、元気がない時はマッサージする元気もなくなるのですよね。

自律神経失調症の人は身体の左側が硬くなっているそうです。事実私は、左側の背中が盛り上がっています。原因は食い過ぎ?ストレス?

自律神経失調症の解決法について夫が説明してくれました。
身体が強張るのは呼吸が浅くなっているから。深部の筋肉を緩めるには、丹田呼吸が一番とのこと。

夫直伝~丹田まで大きく息を吸う方法~

1.脳の中の視床の部分を意識する。

脳の中を見ようとすると目が緊張するのでの部位をぼわ~と感じるようにする。

2.その状態で目の力を抜く。

目の周りの筋肉が緩ませるために、焦点を合わせず、遠くをぼーっと見るようにして左右の眼球が離れる感じにする。

3.1.2.の状態を保ったまま、丹田を感じながら呼吸する。

呼気の際に、目の力を抜くようにする。

身体が元気な時から、丹田呼吸、経筋体操、マッサージ、歯の手入れ、CBDオイルの服用などで、自分の身体を大切にしないといけないな、と思うのでした。

最近、バカ笑いしていないな、ときづく…。

検閲マーク-小

パータ こと 泰子

[スタッフ日誌] 第326回 パータの庭便り64

皆様、こんにちは。
いかがお過ごしでしょうか?

2月4日の立春を機に、春めいてきました。時折、ケムトレイルが見られ、各地で地震もありますが、お日様の光が明るく透明で力強く感じる時があります。
そういう時には、日光浴します。お天道様からいただくエネルギーは大きいです。

さて、前回の庭便り以降、シャンティ・フーラでは色んな動きがあり、結構忙しくしていました。たくさん書きたいことがあるので、テーマ別に書いてみようかと思います。

【能登半島地震災害への支援・寄付】

今なお、多くの方が避難所で暮らし、水が出ない、電気が来ない場所がある能登半島。これが先進国か…、という状況です。災害が多い国なんだから、これまでの経験から学んで次に生かすことが出来るはずなのにと思います。人々が苦難をしのぶことなく、当たり前の幸せな生活が出来る世の中になるようにと願っています。

地震を経験し、破壊された家事務所、お散歩での隆起した海岸風景に直面する犬の動画があります。以前から目にしたことがあるYouTube動画でしたが、地震後の動画は現状を知るためにも見逃せないのです。

地震前の生活の風景の時から公開されているので、地震後に一変した破壊された風景には圧倒されます。その中で暮らしている当人、当犬にとっての大変さもよくわかり、毎日アップされる動画を観ています。

しかし、この“らんまる君”がとてもとても大切にされていて柔らかい優しい波動を放っており、私は逆に癒される…。この動画を見ながらマッサージ機をかけるととても効果が高いことに気づきました。どんな状況でも幸せでいられるのは、愛されているから。

【インド商品】

能登半島地震災害への支援・寄付のために多くの方がインド商品を購入していただき、感謝でした。

追加製造するために、ハチミツの充填作業をシコシコと行い、一段落した時、ボトルに残ったハチミツを水で薄めて飲むのですが、それまでの疲れが吹っ飛び、皆の顔に笑顔がでます。
少量でも体に響く、そんな美味しいハチミツなんです。

また、今回からアッサムティのティバックの販売を開始しました。何を隠そう、私自身が計量して淹れるより、ティバックで淹れたかったのです。手軽で美味しいので、作って良かったと思っています。

また、1パックに対して260㏄のお湯で淹れるのが、美味しくいただくコツです。これはスタッフが集まって、茶場2gに対して一番おいしいお湯の量と浸漬時間を実験して導き出した結果です。

2度目に同じ分量のお湯で淹れて飲むと、香りは落ちますがまずまずの味です。ティバック1つで4杯飲めるとしたら、かなりお買い得だと思います。商品お買い上げの方にはサンプルを差し上げており、ご感想もお寄せいただけると幸いです。

【刺繍入りストール】

現物を日本に届けていただけたので、値引きできたこともあり、4枚もの刺繡入りストールをお客様の元にお届けできました。

刺繡入りストールをこじかさんと社屋の前で撮影しました。風が強くて大変でした。
実際に触れてみると、本当にしなやかで繊細で美しいストールばかり。これを遠い地インドで職人さんたちが織って刺繍しておられると思うと、地球は一つに繋がっていると実感するのでした。

【ナニワノイバラの苗】

11個の苗を販売して数日で売り切れました。ご購入の皆様、ありがとうございます。
全て売れたとわかったとき、テラスの上に置いている苗たちが喜んでいるような気がしました。

実際には、まだ10個ほどの苗が残っています。2本一緒に植わっているもの、根元がしっかりしていないもの、新しい芽があまり出ていないものなどはもう少し育ててみるつもりで、うまくいけば、この秋以降にもう一度販売できるかもしれません。

【パータの思うこと】

皆様、日頃、当記事、そしてシャンティ・フーラ商品をご愛顧いただきましてありがとうございます。私は合同会社の経営者でもあり、経営維持のための努力をしています。
夫の傍で過ごす中での話題を記そうと思っています。お付き合いいただけましたら幸いです。

~東洋医学セミナー~

息子がまだ幼かった頃、夫は警備会社に勤めつつ、福岡で講演していました。その頃夫は気の走行ルートについて研究しており、警備会社の24時間勤務から帰宅しながら、迎えの軽トラックの中で夫が話したことが印象的でした。

警備会社に黄色の水仙が飾ってあり、それを見ると、胃経脈に気が通るのが判ったとのこと。

そのことを機に、今のナディー・チャートアージュナー・チャートにまでつながる色彩の理論を研究・開発し、福岡の勉強会などで今の東洋医学セミナーの元になる夫の知識を公開する活動も始まりました。

さて、夫に「どうして東洋医学セミナーを作ることになったの?」と今回尋ねましたら

「霊的なことを話した場合、神話、ファンタジーみたいなものと受け取られてしまえば意味がない。例えば、自分がサマーディの体験をしたとして、普通は自分ではどの段階に入ったのかわからず、過大評価したりすることもある。幻想に陥らないためにも、何次元の何の界層に入ったサマーディであるかを客観的にわかることが重要で、自分でも科学的に検証できる方法があればいいと思って、東洋医学セミナーを開発した。」
とのこと。
夫は多数の霊的体験がありますが、同時に霊的な体験を重視しないようにとも言っています。
私は、霊的体験はないのですが、もともと思考できない体質(3種体癖)で勘は優れているかしら。

その私が思う東洋医学セミナーの意味合いは、自分が幸せになるための方法論だということです。 霊的な体験は必須でなく、実世界で正しく生き切ることが個人の成長に寄与するのだろうと思います。

さて、幸せとは波動の高い状態。自分の状態を知るためにチャクラ感覚を訓練し、波動の高いという感覚を掴むためのメソッドが東洋医学セミナー。

人の意見に惑わされることなく、自分の人生を自分で責任が取れれば、他者に依存しない自由な状態となるでしょう。どこに行き、何を食べ、誰に会うか、誰と仕事するか…、自分が進むべき道を自分で見極められるようになるのです。

ただし、正邪を見極めるためには身体の浄化が欠かせません。また敏感になった身体は、色んなことがわかるので、この世を生きるのが苦しくなったりもします。

私は、地球の穢れがなくなって、清浄で心の綺麗な人々の集まりになるといいなと思っています。

検閲マーク-小

パータ こと 泰子

[スタッフ日誌] 第325回 パータの庭便り63

皆様、こんにちは。
2024年に入り、少し時間が経ってしまいました。
新しい年をいかがお過ごしでしょうか?

新年早々に起きた大きな地震や飛行機の衝突事故もあり、私は気分的にも慌ただしく過ごしておりました。もともと年末年始関係なく過ごす我が家ですが、情報収集にも精を出し、被災に会われた方々のことに思いを馳せると、本当に落ち着かない日々でした。
日本に住んでいる限り、そこだけ安全な地帯というのもありませんから、災害への備えをしっかりしないといけない。また心配して自分の波動を落とさないことも大切ですね。ともあれどんな状況でも心を平安に保ち、最善の策が打てるような自分でありたいと願っております。

落ち着かない日々の中、シャンティ・フーラでは久しぶりにハチミツ紅茶がインドから届き、その販売準備作業でも忙しくしておりました。インドの花、ハチたち、ハチミツを採取してくださった方、紅茶の木を育て、葉を摘んで茶葉にしてくださった方々などに想いを馳せながら、良い香りに包まれての作業は楽しかったです。

販売開始後、早速商品が売れていて感謝の気持ちでいっぱいです。
今年は、ヒマラヤハチミツを試していただけるようにと、小さい瓶(50g)もご用意しています。このハチミツを微温湯で薄めて飲むと、とても元気がでます。

皆様方には、インド商品も含めたシャンティ・フーラ商品を今年もご愛顧いただけますようにと、願っております。

また今年は、夫の映像配信も定期的に公開していく予定です。すでに今年に入って収録を行いました。継続的な情報発信をより一層大切にしようと思っています。

今年は、大きな節目の1年になるような気がしています。
どうか、今年もよろしくお願いいたします。

【リーガスベゴニア】

昨年12月に淡いパステル色に惹かれて小さな鉢を買いました。
水をやり過ぎないように気をつけて直射日光のあまり当たらない場所で育てていますが、室内でずっと花をつけてくれ、部屋の中を明るくしてくれ、大変重宝しています。

【パンジー】

一昨年の秋に種を蒔き育てたパンジーから種を採りました。その種を昨年9月に蒔いたところ育った苗です。100個くらいの種のうち4割くらい発芽しています。
大きくなった苗はすでに花をつけていますが、とても小さい苗のままのものもたくさんあります。 これから暖かくなって、春以降、どのように育つかを楽しみにしています。

【ガーベラ】

仏壇に供えるために購入したのですが、とても淡いピンクが美しかったです。

【パータの思うこと】

息子が帰省した折に、シャンティ・フーラの時事ブログで紹介したホチキスの芯で作るアート作品の話になりました。昔から紙飛行機を折り続けてきた工学系男子。息子もそのことを知っておりました。

我が家に大量にある100均のホチキスの芯を提供すると、スマホで動画を見ながら部品を作り始めました。

最初は手加減が難しかったのですが、コツコツ仕上げて、形になりました。

自分の好きなことがはっきりわかっていて、それを生かせる仕事だったら、“天職”を得たことになり、生き生きとした人生になるのでしょうか。
しかし、そう簡単にいかないのがこの世の常で、苦手なことにも取り組まなければなりません。

私は、美味しいものを食べるのは大好きですが、調理をすることが今でも苦手。なのに、我が家は完全おうちご飯。毎日ご飯を作り続ける日々です。
身体のためには、何を食べるかはとても大事で、責任は重大。
時折休みたいけど、休むわけにもいきません。

段取り、片付け、継続が苦手の私に課せられたのが家事、というのが私の人生!
夫は文句も言わず、私の作ったものを食べ、一応元気に毎日仕事をしています。
帰省した息子もパクパクとご飯を食べてくれます。
そして、食後は大量の片付け。

生きるとは食べることであります!
大きな仕事をなす必要はなく、どんな気持ちで日々を過ごすか(ご飯を作るのか)を問われるのが日常の生活というもの。

どんな環境でも心豊かに過ごせるようになるための精進は続くのでした!

検閲マーク-小

パータ こと 泰子

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 61