シャンティ・フーラのブログ

アーカイブ: DVD発売

宗教学講座DVD発売のお知らせ(シークレット・ドクトリン 正しい解釈―スタンザⅥ〜Ⅶ、サナット・クマーラの転生)

★竹下雅敏セミナー新作DVDのお知らせです★
DVD「宗教学講座DVD 中級 Vol.33」

  • 第58回 シークレット・ドクトリン(正しい解釈―スタンザⅥ〜Ⅶ)
  • 第59回 シークレット・ドクトリン(サナット・クマーラの転生)

映像の内容紹介+みどころポイント+無料試聴映像
こちらから ご覧ください!

◇ 映像をご覧になった方の声 ◇
(たくさんの皆様からいただいた声より一部を抜粋しております)

  • サナトクマラについて、とても興味があって、本編の映像を視聴しました。色々な事が分かり、また一つ絡まっていた紐が解けたような気分でスッキリしました。 意外な神々との繋がりなどもとても興味深いないようで、また、何度も繰り返し観たいと思います。 今度は、サナトクマラと、イエスキリストの関係なんかを話していただく機会があれば嬉しいです。今後そのような機会がありますように。 (Akemi)
  • 相続から先のお話、身にしみました。本当に大事なのはヤマ・二ヤマなんですね。 (ぽよぽよ)
  • サナット・クマーラがこじらせボーイになった大元の原因は、父親の愛情を全く感じられずに育ったからかもしれませんね。もしかすると父親の天◯◯神もそんなふうに育ったから息子に愛情を掛けられなかったのかな?イブを寝取られたときの天◯◯神の怒り方も問答無用で冷たい。息子に事情を訊くこともなかったんでしょう。そんな父にショックを受けてますますこじれる息子。可哀想。 旧約聖書のノアを思い出しました。ノアは悪事をしたハムにすぐ厳罰を下しましたが、もしノアが穏やかにハムに事情を訊ねていたら、その後ハム一族がめっちゃ不良化することもなかったのでは? (TAO)
  • 竹下先生 こんばんは。 この講座の半ばから眠気に襲われて寝てしまい、そして目が覚めてから、 サナット・クマーラ、地球、この世の中、人間に想いが至り。神が造られた この地球という惑星の汚泥の世界。この汚泥の世界・世の中で人間は完成して、 人を卒業しなければならない。その範となるもの、それは汚泥の中で、神々し く咲く ”蓮の華”。神が人間にこうなれよと大自然のなかに示して下さっている 蓮の華こそが、私たちが汚泥の中で目指す、人としての完成された姿なのでは ないのか? サナット・クマーラという存在の意義がここにあるのではないのか? このような、拙い想いに至りました。ありがとうございます。 (山芋とろろ)
  • アズラーイールが破邪の剣を持つのは、彼自身が恋愛におけるエゴを乗り越えたからなのですね。 (Noriaki)
  • 講座を観終わって、思わず「は~~~っ・・・」と 深いため息が出ました。 結婚して子どもを産んで、普通に生活するより、 仕事が成功して、たくさんのお金を稼いで、欲しいものは何でも手に入れて、 そんな成功者に多くの人が憧れと尊敬の念を抱き、自分もなりたい!と 思う人がほとんどだと思います。 一流大学を出て、一流企業に勤めているだけで、 人は反射的に「すごい!」って言いますもんね・・。 乗り越えるって、難しいなあ・・、何度も足ひっかけてる気がする・・ (まゆ)
  • 新型コロナウイルスに関する貴重な情報ありがとうございました。 リアルタイムに講義について行けていませんが、自分のペースで学び続けたいと思っています。 ありがとうございます。 (アンリ)
  • やはり竹下先生はエイリアンだったのか。。。笑 コロナ騒ぎの最中、初っぱなに有用な情報も入っている。 リアルタイム。。。流石です。 本題の中で 転生を拒むくらいなら他の星を何故選ばなかったのだろうか。 地球にこだわる理由とは。。。 きっとそれも今後解明して頂けるのだろうと期待します。 (Nina)

宗教学講座DVD発売のお知らせ(シークレット・ドクトリン 正しい解釈―スタンザⅣ〜Ⅴ)

★竹下雅敏セミナー新作DVDのお知らせです★
DVD「宗教学講座DVD 中級 Vol.32」

  • 第56回 シークレット・ドクトリン(正しい解釈―スタンザⅣ〜Ⅴ:講義)
  • 第57回 シークレット・ドクトリン(正しい解釈―スタンザⅣ〜Ⅴ:余談)

映像の内容紹介+みどころポイント+無料試聴映像
こちらから ご覧ください!

◇ 映像をご覧になった方の声 ◇
(たくさんの皆様からいただいた声より一部を抜粋しております)

  • 神々を偽る存在に取り込まれる根本的原因は自分の権力欲とのこと。『ヨーガ・スートラ』が言うように、識別を得るには、権力欲などを捨てる必要がありますね。 (Noriaki)
  • 【余談)自分にとっての最高神】のお話しは、心から賛同して、とても安心しました。 竹下先生、ありがとうございました。 (ゆっくり歩いてきました)
  • 2020年の最初に学ぶ内容として、重要なポイントが多く、最後には、新たな視界が広がる講義でした。多くの方がいつも間違った情報を取り入れてしまい、間違った価値観を持って生活をしてしまっていることを自省しなければいけないと思いました。今年のはじめに、何が間違いで、何をすべきか・・をはっきりさせることができました。 普通の生活をなぜ大事にできないのか・・人を崇拝したり、支配したり、結局は、自分がない、不安である、真実を知らないということが根底にあると今まで学んできました。 講義の中でも、自分自身が成し遂げることで、誰かに伝えなくても、広がるとのことでしたので、2020年もよりよく進んでまいりたいとの思いを強くするきっかけになりました。 誰かに伝えないくてもよいとのことでしたが、講義の内容は重要点がコンパクトにまとまっていて素晴らしいと思いましたので、お伝えしたいと思いました。 いつも最高の講義を配信していただき、ありがとう、ありがとう、ありがとう。 (ティラミス)
  • ハイアラーキーによる地球の支配が、これまでの事件や 現在の安倍政権誕生まで、どのようにして繋がってきたのか、 宗教学講座を知らなくても、理解しやすい内容だと思いました。 夫婦関係や親子関係が大切なことはわかっていても、 自分の最高神が自分の夫だと想像したとき、 思わず「うっ・・!?」となったので、この世界は修行の場なんだと あらためて感じました。 今、最高神がいびきをかいて寝ています。 (まゆ)
  • こんなに明瞭な、明快なお話しが世の中に存在するだろうか? 今朝は朝からとても爽やかな気持ちになりました。 ありがとうございます! (パーリ)
  • 物質界は五で表現されるとのこと。五芒星は人間を表していたのですね。 (Noriaki)
  • スタンザは回りくどい言い方なので、三歩、五歩、七歩のように、 三百六十五歩のマーチみたいな表現より、次元で説明してもらったほうが、 確かにスッキリして理解しやすいと思いました。 (まゆ)

宗教学講座DVD発売のお知らせ(シークレット・ドクトリン 正しい解釈―スタンザⅡ〜Ⅲ)

★竹下雅敏セミナー新作DVDのお知らせです★
DVD「宗教学講座DVD 中級 Vol.31」

  • 第54回 シークレット・ドクトリン(正しい解釈―スタンザⅡ〜Ⅲ:前半)
  • 第55回 シークレット・ドクトリン(正しい解釈―スタンザⅡ〜Ⅲ:後半)

映像の内容紹介+みどころポイント+無料試聴映像
こちらから ご覧ください!

◇ 映像をご覧になった方の声 ◇
(たくさんの皆様からいただいた声より一部を抜粋しております)

  • ひとくちに「肉体」といっても宗教家によって、 それぞれ解釈が違うんですね。 これからスタンダードな解釈・用語が学べることが楽しみです。 桃から生まれた桃太郎、脇から生まれたゴータマ・ブッダ。 (あかん、我慢でけへん) (まゆ)
  • 父(サットヴァ)と母(タマス)の交わった部分が子(ラジャス)というのがグナのイメージに合っていると思いました。 (Noriaki)
  • こんばんは。 スタンザで説明されている言葉(七大天使とか建設者たちなど)を、フトマニ図の 神々の役職の名を相対させて説明されたのが、とても新鮮な感じがしました! なぜかちょっと嬉しい気持ちになりました。(^◇^) (里芋子)

宗教学講座DVD発売のお知らせ(シークレット・ドクトリン:正しい解釈―スタンザⅠ)

★竹下雅敏セミナー新作DVDのお知らせです★
DVD「宗教学講座DVD 中級 Vol.30」

  • 第52回 シークレット・ドクトリン(正しい解釈―スタンザⅠ:前半)
  • 第53回 シークレット・ドクトリン(正しい解釈―スタンザⅠ:後半)

映像の内容紹介+みどころポイント+無料試聴映像
こちらから ご覧ください!

◇ 映像をご覧になった方の声 ◇
(たくさんの皆様からいただいた声より一部を抜粋しております)

  • チャネリングを信じている人は今でも多くて、 人々を混乱させてしまっています。 最近は変なスピリチュアルセミナーも増加しており、 家庭崩壊、離婚、そして小さな子どもが犠牲になってしまうケースが 増えているそうです。 子どもより自分の好きを優先させて、ワクワク生きる、 ワケわかめなお母さんが増殖中。 根気よくSNSで、信じちゃダメと発信していきたいと思います。 闇には屈したくないです。 (まゆ)
  • パラ・ブラフマンという至高存在の中にプルシャとプラクリティがあるとのこと。一元論と二元論が統合されていますね。 (Noriaki)
  • ナマスカール! 何時も、ありがたく勉強をさせて頂いております。 一般的なサーンキャ哲学の展開論で、 Net上を探しても、マハット(大)、覚について、納得のいく 説明のものがありませんでしたが、 今回の講義で、よく理解できた気がします。 また、コブラの界層図は、間違えで、 本当は、どうなっているのか? 後で、書き直していただけると言うことで、 かなり前より、 待ち望んでいた内容でしたので、 大変ありがたい講義でした。 次回も楽しみにしています。 (ガネーシャスタジオ倉真)

宗教学講座DVD発売のお知らせ(シークレット・ドクトリン/スタンザⅦ)

★竹下雅敏セミナー新作DVDのお知らせです★
DVD「宗教学講座DVD 中級 Vol.29」

  • 第50回 シークレット・ドクトリン(スタンザⅦ:前半)
  • 第51回 シークレット・ドクトリン(スタンザⅦ:後半)

映像の内容紹介+みどころポイント+無料試聴映像
こちらから ご覧ください!

◇ 映像をご覧になった方の声 ◇
(たくさんの皆様からいただいた声より一部を抜粋しております)

  • ガウタマ・シッダールタはジーヴァのある階層に入ったが、そこで一体化するはずのジーヴァが動物システムに転落して、なかったので、無我になったとのこと。この無我は悟らない方がいいということですね。 (Noriaki)
  • 少し前に、ものすごく大きな虹が出ていたことがあり、 あんな大きな虹は、今まで見たことがなかったので、 すごく感動して、何かいいことでもあるのかな~♪ とちょっとワクワクしていました。 その日の夜の時事ブログで「ハヤブサノミコト」からの謝罪文の記事があり、とてもうれしかったのを覚えています。 謝罪文は7月25日で、講座の収録は7月23日ということなので、 今はもう大丈夫なのかな。 私がハイアラーキーの心配をしたところで、 そんなん知らんがな~って話ですが・・ (まゆ)
  • 真我は曖昧な概念で、モナドやジーヴァやプルシャを指すとのこと。誤解防止のために、サンスクリットを併記するか概念別に異なる訳語を用いる必要がありますね。 (Noriaki)
  • 私も毒トリンの毒にやられたせいか、混乱で思考停止してしまい、 何の話をしているのか、まったく理解できませんでした(汗) (まゆ)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 29