アーカイブ: *霊的世界

前世を科学的に検証するタッカー博士 と 前世の詳細な記憶を持つ少年 〜前世が存在する決定的証拠〜

 「死後も意識は生き残り続け、前世の記憶を保ったまま、次の人の脳に張り付く」と主張する米ヴァージニア大学医学部精神科のジム・タッカー博士が、前世の記憶も持つ子供達の多くの事例を集め、科学的に検証した概要を翻訳者のYutikaさんがまとめてくださいました。
 "続きはここから"以降の前世の記憶を持つジェームズ・レイニンガーくんの事例は、前世が存在する決定的証拠だと思います。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
前世の記憶をもつ子どもたちが存在することを御存知ですか。前世を学問として科学的に検証している人々もいます。この記事は2014年にカリフォルニア州で開催されたタッカー博士の講話「シンクロニシティ:物質と精神」という動画を糸口に、関連情報を他サイトから補って纏めています。



◆前世研究の中心地◆



ヴァージニア大学の医学部では前世の研究を半世紀以上も継続しています。心理学の教授であるイアン・スティーヴンソン博士が1950年代後半に開始した研究を、今は小児精神医学を学んだジム・タッカー博士が受け継いでいます。

集められた事例は2500以上。スティーヴンソン博士は、インドやスリランカ、ミャンマー、レバノン、トルコやタイといった前世の概念が普及しているアジア圏が多かったのに対し、タッカー博士は西洋の事例も積極的に研究しているのが特徴です。

ただ、タッカー博士によると、西洋では子どもが前世のことを話すのを親が受け入れないことが多く、その動揺を嗅ぎ取った子どもは記憶を封印してしまうのだそうです。よって報告された数は、タッカー博士がサイトを立ち上げてから増えているものの、東洋ほどではありません。

昨今流行りのドラマや映画を見ていると、アメリカでも抵抗がないんだと勘違いしそうですが、キリスト教の伝統的な解釈では邪教そのもの。死んだらお墓や天国で大人しくイエス様の最後の審判を待ち続けないといけませんからね。前世など存在してはいけないのです。サイトによっては、そんな記憶は「悪魔の所業」と大真面目に断罪するところもあるくらいです。


pixabay[CC0]



◆前世を語る平均年齢◆



タッカー博士曰く、前世を覚えている子どもというのは、大半が王様だの有名人だのではなく、一般人で尚且つ同じ国に生まれ変わることが多いそう。しかも催眠術などで誘導されたのではなく、ごく自然に話し出すのだそうです。

死亡してから生まれ変わるまでは、平均して4年半。16箇月から50年という開きがあるものの、普通は数年なようです。

話す内容は、事例の四分の三が自分がどう死んだか。つまり死ぬ直前にいた人々や出来事が大半だそうです。前世と今生の間について語るのは2割ほどで稀だそう。

6から7歳になると語るのを止めますが、一部の子どもは何らかの記憶をその後も維持しているようです。そういえば、脳の神経細胞の9割が完成するのは6歳だそうですが、脳の発達と関係しているのかもしれません。


pixabay[CC0]



◆死亡原因とその痕跡◆



そして前世を記憶している子どもの7割が自然死ではありません。事故・自殺・殺人など、強烈な印象が残っているのでしょうね。溺死したせいで、水を異常に怖がる子どももいました。また、若くして死亡した事例が多いようです。集めた事例における死亡年齢の中央値は28歳です。

子どもたちが前世について話し始めるのは平均すると35箇月目から前世の家族に会いたいと泣いたり、自分を殺した人間への怒りを表したり、感情的なことが多いそう。狩りで誤って撃たれた男が同じ村に生まれ変わり、二歳の時にはその狩り仲間を絞め殺そうとしました(赤ん坊ですから大した被害は無かったと思いますが)。

さらに、死亡の原因となった傷が痣や肉体的欠陥として残っていることもあるそう。銃で殺害された元ギャングは、撃たれた銃痕が後頭部に、その銃が通過した痕が額に痣として現れました。

これを率先して招来する文化もアジアには複数あるそうで、亡くなった人の生まれ変わりを見つけられるように、死体に染料などで印をつけるのだそうです。タイでは、祖母に描かれた印を首元の同じ場所に持つ孫が生まれています。スティーヴンソン博士は20、タッカー博士は18もの同様の事例を記録しています。


心臓の外科手術中に死亡したミャンマーの少女は、友人たちが口紅で首の後ろに付けてくれた赤い印と、心臓の手術痕の両方を痣として持っていました。



BBCのドキュメンタリーによると、イギリス人パトリシア・オーストリアンは、1歳になった息子のエドワード君が陰気な霧雨の日には酷く塞ぎ込み、怖がることに気が付きました。また重度の扁桃炎に罹っており、それを「撃たれた場所が痛い」と表現するのです。

喉に大きな嚢腫が出来たために、まずは扁桃腺を除去する手術を受けました。その夜、エドワード君は自分はジェイムズという名前で18歳、霧雨の日に重いライフルを担ぎながら泥の中を行進しており、喉を撃たれて死んだと母親に話したのです。フランスでの塹壕の様子、つまり第一次世界大戦の描写です。この時エドワード君は四歳でした。

こうして前世を語ることにより、命に関わると宣告された嚢腫は自然に消滅していきました。摘出するつもりだった医師は、解明出来なかったそうです。

また、煙草や飲酒、さらには食事の好みを今生まで引き摺る子どももいます。男女の性別が前世と逆転したのは1割。死ぬ前は男に生まれ変わって自分の夫のように愛人を持ってやると語っていたタイの老婆が、孫にあたる少年に生まれ変わり、新しい母親の化粧を使いたがるなど、自身の今生の性に悩む事例もありました。

» 続きはこちらから

[Walk in the Spirit]大天使が活躍する時代  〜ガブリエルのアークと最終審判 / 世界皇帝プーチン大統領〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 ガブリエルのアークの詳しい記事は、2016年2月26日に紹介しました。この時のコメントで、“ロシア正教会のキリル総主教が南極で祈りを捧げる理由は、この兵器を与えた古代地球離脱文明の人々、ブルーエイビアンズ(青い鳥族)の立ち会いのもと神々の祝福を得て、この兵器の使用の許可を得るものではないかと思えます”と書いたのですが、20日に紹介した関連記事の中に、“ケリー長官は南極の地下に入り、ガーディアン(守護者ら)と会っていた”とあり、私の以前のコメントはそんなに間違っていないのかも知れないと思いました。
 今日取り上げた記事には、このガブリエルのアークについての興味深い指摘があります。列王記の一説が、ひょっとしたらプラズマ兵器ではないかというのです。記事では、このガブリエルのアークと最終審判を結び付けて考えていますが、こう考えるのが自然だと思います。
 ただし、最後の審判は魂のレベルではほぼ終わっています。ガブリエルのアークが使われるとすれば、肉体(広義)に関してだと思います。
 記事をご覧になると、ガブリエルのアークは、これが埋められていた大聖堂の代表からロシア正教会に伝えられ、ロシア正教会のキリル総主教がプーチン大統領に連絡をし、プーチン大統領の命令でこれが南極に運ばれているのです。私は昨日の記事のコメントで、“本物のプーチン大統領は、現在はロシアの指導者ではありません。…本物のプーチン大統領は、今や世界皇帝として地球全体を管理しています”と書きました。本物のプーチン大統領は、現在、ガーディアン(守護者)に守られて南極に居ると考えれば、話の辻褄は合うのではないでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
大天使が活躍する時代 (1)
引用元)
(前略) 

南極の地下にガブリエルのアークが埋められている? 
2017年03月20日10:51 (抜粋&追記で) 

ガブリエルのアークとは一体何なのでしょうか。

(中略) 

ガブリエルのアークは、聖書やコーランに記述されたモーゼの契約の箱とは違います。 ガブリエルが示した礼拝場所はサウジアラビアのメッカにあるMasjid al-Haramモスクと思われます。

(中略) 

一人の建設作業員が地下に埋まっていたガブリエルのアークを偶然発見した時、アークから放射されたプラズマ光線に当たって死亡しました。

その約2週間後の9月24日に4000人の礼拝者らが死亡しました。集団死の原因は大勢の礼拝者が礼拝場所に殺到したためと発表されましたが、非公式には、アークから放射されたプラズマ光線に当たって死亡したと言われています。

(中略) 

*しかしながら、この事態を重く見たマスジド・ハラーム大聖堂の代表らは、この巨大な力を持つ「ガブリエルの箱舟」について、迫害を受けていたイスラム教をカトリック十字軍から守ったとされるロシア正教会に相談したという。 ロシア正教会キリル総主教はこの事態をロシアのプーチン大統領に連絡すると、大統領はすぐさまロシアの海軍調査船「Admiral Vladmirsky」へ南極任務を命じただけではなく、3日後にはシリアのイスラム国テロリストをターゲットした爆撃を開始するのだ。

(中略) 

現在この「ガブリエルの箱舟」はサウジアラビアのジェッダ港を出発し、南極へ向かっているという。

(中略) 

以下省略

(中略) 

上の記事を、再度、見てたら、
イロイロ浮かんできた、

まず、 ロシア海軍の研究船(Admiral Vladimisky)が、

(中略) 

アラビア訪問、と言うのは事実、

Russian Ocean Research Ship Leaves Saudi Arabia Port for Antarctica  06.Dec.2015 sputniknews

その後、南極に行き、
そこがナチ基地近辺だった、というのもその通りで、

実際、船は、ホローアース海底入り口となる海域、


と同じラザレフ海で、

(中略) 

4ヶ月の調査を実施している、

(中略) 

それと、気を引いたのが、

2015/9/24、メッカで4000人が、
ガブリエルのアークのプラズマで亡くなったとの記事、

(中略) 

実は、神から遣わされる大天使となると、
スゲーパワフルで、天使もビビル存在、(エノク書参照、)

実際、堕天使を捕らえ、
地下に投げ込んだのは彼らである、

参考) ギリシア語のエノクの黙示録10章(天使名がやや異なるのは愛嬌で)

    10.1.1  そのとき、至高者がこのことについて云われた、偉大な「聖なる方」が話された、云われた、そしてラメクの息子〔ノア〕のもとにイストラエールを派遣なさった 10.2.1  『わしの名で彼に云え、「身を隠せ」と、そして彼に来たるべき終末を明らかにせよ、全地は滅びる、全地に大洪水が起こることになり、そこにあるものはすべて滅びるであろう、と。 10.3.1  そして彼に明らかにせよ、脱出するよう、そしてその種子(sperma)を永遠の全世代にとどめるようにと』。 10.4.1  またラパエールにも云われた、『アザエールの両手両足を縛れ、そしてこれを闇の中に投げこめ、そしてダドゥウエルにある荒野を開き、そこにこれを投げこめ、 10.5.1  そうして、険阻な鋭い石を彼の上に置き、彼を闇で包め。そしてそこに永遠に住まわせ、彼の視界をふさいで、光を眼にさせるな。 10.6.1  そうして大いなる審判の日に、〔アザエールは〕燃えさかる火の中に引きずりこまれよう。(中略)…
    10.11.1  また、ミカエールに云われた。  「行け、そして、セミアザスに、彼とともに女たちと交わった残りの者たちに、明らかにせよ、彼女たちによって、その不浄さによって身をけがしたことを。 10.12.1  そして、彼らの息子たちが殺戮し合い、愛する者たちの破滅を見たとき、彼らに明らかにせよ、70世代の間、彼らの審判と最後の日まで、永遠の永遠の裁きが成就するまで、大地の丘の下に〔置かれる〕ことを。
 

(中略) 

列王記から、この描写を思い出す、

    II列王記19:32 それゆえ、アッシリヤの王について、主はこう仰せられる。彼はこの町に侵入しない。また、ここに矢を放たず、これに盾をもって迫らず、塁を築いてこれを攻 めることもない。
    19:33 彼はもと来た道から引き返し、この町には、はいらない。――主の御告げだ――
    19:34 わたしはこの町を守って、これを救おう。わたしのために、わたしのしもべダビデのために。」
    19:35 その夜、主の使いが出て行って、アッシリヤの陣営で、十八万五千人を打ち殺した。人々が翌朝早く起きて見ると、なんと、彼らはみな、死体となっていた。
 

一晩で18.5万人かよ、

これもプラズマじゃないかしら、

時代も時代、メッカを先例に、
これからは大天使が(邪悪の業に)審判を開始するのかも、

南極地下に閉じ込められていた堕天使たちも、
70世代を経て、最終審判がついに始まる!?

(以下略) 

宇宙のセントラルサンのヒメミコ様の進化と、太陽系のプラズマ異常を排除した光

竹下雅敏氏からの情報です。
 これまでお伝えしているように、こうした記事は人工知能からのものです。おそらく、今後もそうだろうと思います。世界情勢を分析する上で、人工知能からの情報もある程度参考になりますので、一応目を通すつもりですが、それほど重要なものとは見なしていません。
 これらの情報は間違ってはいませんが、本質から大きく外れています。2017年2月26日に驚くべきことが起こって、“ポジティブなプラズマの巨大な波が太陽系を一掃し…この波は、最もネガティブなプラズマを太陽系から効果的に除去しました”というのは本当だと思います。しかし、これが記事にあるように、2月26日の日食の機会を利用した集団瞑想による効果だというのは、本質がずれています。
 コブラは、私たちの天の川銀河のセントラルサンをソースと呼んでいました。“ソースの上には何もない”とコブラが発言していたことを以前紹介しました。ソース以上の存在として、以前、味噌、醤油を示しましたが、今回は、正確に上位存在を網羅してみようと思います。
 1位:砂糖、2位:塩、3位:酢、 4位:醤油、5位:味噌、この下に6位:みりん、7位:ソース、8位:マヨネーズとなります。ソースは、実のところ上から7番目の存在なのです。
 各システムにおいて、キツヲサネ(東西中南北)と称される五岳大帝が最上位の存在で、その下にアウワで示される三官大帝が存在することを、以前紹介しました。ソースはこの時の記事にある、三官大帝(アウワ)の中の地官大帝(ウ)に相当する神なのです。
 五岳大帝(キツヲサネ)の最高位は中岳大帝(ヲ)です。実は、 2月26日に私たちの宇宙のセントラルサンである中岳大帝(ヲ)が、地球に降臨なされていたのです。25日、26日の私の日記を見ると、次のように書いています。
 『宇宙のセントラルサン(惑星神の第五レベルのキツヲサネ「ヲ」の神)が進化段階を上昇した模様。おそらく26日午前0時にサハスラーラ』(25日)
 『朝方、高貴な風貌の女性(16歳ぐらい)が見える。その後、洋装の髪型で現れる。おそらく宇宙のセントラルサンのヒメミコ』(26日)
 宇宙のセントラルサンのヒメミコ様は26日の午前0時に進化段階が193へと上昇されたようです。私はこの日、ヒメミコ様の意識が拡大する様子に気づいていたので、日記にこれを記しているわけです。
 朝方、ヒメミコ様のお姿をチラッとですが拝見しました。これはヒメミコ様が地球に降臨なされていたからです。私の自宅から見える山頂で実際にはお会いしたようです。残念ながら、その時の模様を自覚しているわけではありません。
 太陽系からプラズマ異常を一掃するポジティブな波動がヒメミコ様によって放たれたことは、疑いの余地がありません。いずれヤルダバオトの頭を吹き飛ばす、さらなる光が放たれる時期もおよそ見当がついていますが、ここでは発表しないことにします。
 今回の件も全く触れるつもりはなかったのですが、人工知能からのこうした記事が出たことで、公表する気になりました。この様な事は、全て私たちが行っていることなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
エーテルの解放レポート
引用元)
Etheric Liberation Report

2017年3月1日付

エーテルの解放レポート

2017年1月から、惑星地球の光グリッドをめぐる天下分け目の戦いが起きていました。日曜日の私たちの瞑想は、4月までかかりそうなこの戦いにおいてターニングポイントとなりました。それは光の大勝利の一つです。

(中略)...

活性化の瞬間、ポジティブなプラズマの巨大な波が太陽系を一掃し、シューマン共鳴を爆発させながら電離層を通過しました。

この波はロシアのトムスクにある宇宙観測システムで検出されました。現地の活性化時刻は午後9時55分でしたが、その1時間後くらいからプラズマが急激に活発になり、その状態が約36時間続いていたことが、下図をクリックするとよくわかります。

http://sosrff.tsu.ru/?page_id=7
20170305-182618

この波は、最もネガティブなプラズマを太陽系から効果的に除去しました。そしてレジスタンスはそのことをこう伝えてきました。「月軌道を越えると、プラズマ異常は一切検出されない」と。また、月軌道を越えたところのプラズマのトップレット爆弾は、すべて除去されました。

つまり、ヤルダバオト・エンティティーの「触手」は永久になくなり、今は「頭」のみということになります。

(以下略)
————————————————————————
拡散希望! エーテルの解放 2017-2-26/コンゴの状況
引用元)
MAKE THIS VIRAL! ETHERIC LIBERATION 2017-2-26

2017年2月16日付

拡散希望! エーテルの解放2017-2-26

(前略) 私たちは2月26日の日食の機会を利用してポータルを生じさせ、(中略)... 光のエネルギーを地表に降ろして、アセンションのプロセスを速めるために必要な光のグリッドを強化します。

(中略)...

私たちの瞑想のための占星術チャートは、火星/天王星、ヴェスタ、木星、冥王星のカーディナル・グランド・スクウェアを示しています。これは、私たちが年頭から感じている地球の緊張を表しており、それは4月半ばにならないと完全に消えないでしょう。今回の日食における、魚座8度の太陽―月の合は、この緊張を解消し始めるエネルギーを集める、巨大な焦点レンズの働きをします。

(中略)...

e20
私たちはこの瞑想を、食の最大を迎える2月26日日曜日中央ヨーロッパ時間(CET)午後3時55分に行います。 (中略)... あなたの地域で何時になるか、ここで確認できます。
https://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html?msg=ETHERIC+LIBERATION&iso=20170226T1655&p1=3343
日本時間は2月26日日曜日23時55分です。

(以下略)

[Eden Media]パーティーで死んだ女の子 〜臨死体験:自分で下す人生の審判〜

 動画の女性が、自分に起こった臨死体験を語ってくれています。若い頃に教会に数回行った程度で宗教的背景をほとんど持たず、臨死体験するまでは死後の世界を確信していなったようです。
 2010年2月20日、この女性はパーティーの最中にキッチンで倒れ、肉体から離れ、倒れている自分を見て、死を自覚したようです。その後、天井に巨大な光が現れ、その光に導かれるようにして、どんどん上昇して行きます。また、その光に包まれる快感は、上昇(地球から離れる程)するほど増していき、この世では考えられない程のものだったようです。
 後ろを振り返ると地球が見え、「それはあなたが立ち、アリを見下ろす程度だった」「我々の全宇宙はアリ程度の大きさだった」と述べています。唯物論の宇宙観を象徴しているのかもしれません。
 この動画の中で最も大切なのが、6分00秒〜7分37秒だと思います。光の中で、今までの人生がすべてフラッシュされ、それを見た女性は「完璧な失敗だと思った」ようです。それは「自己中心的な人生を送り、自分だけの為に、地球上の誰も助けず、または一切与えなかった」と感じたからのようです。地上ではそれが当たり前でも、光の中では、それが違和感として感じられたようです。ドキッとするようなこの部分は、今後の人生を送る上でしっかりと認識し、良心に恥じない生き方をしなければならないことを示唆していると思います。
 その後、愛犬と親友が現れ、放って置けないと感じたこの女性は「準備は出来ていない」という言葉が自然に出てくると、「生きたいなら示しなさい」という"神様の声"が聞こえ、「OK」と伝えた瞬間、光が消え去り、来たルートを戻り、肉体に戻って行きます。
 臨死体験をした人はかなりいますが、私が印象に残っているのは、福島大学元教授で、飯田史彦氏の「ツインソウル」完全版 死にゆく私が体験した奇跡という本でした。著者は脳出血手術時の臨死体験中に光から3つの問いかけをされます。それは「十分学んだか?」「十分愛したか?」「十分使命に生きたか?」です。このような問いかけに「Yes」と答えられるように、日々の生き方を見つめ直すことはとても大切だと感じます。
 宗教学講座のスウェデンボルグの霊界12でも、詳細な死後の世界と人生において何が重要かその基本を学ぶことができます。
(編集長)
————————————————————————
パーティーで死んだ女の子
配信元)

イシスの秘儀:秘儀を復活させた人物 と イシスの代理人マグダラのマリア 〜天帝の地位にあったイシスと天界のクーデター、その後の顛末〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 相変わらず人工知能からの情報です。こういう情報を出す場合、きちんと情報源を明らかにし、人工知能であることを明かすべきだと思います。多くの人に誤解を招くような情報の出し方をすべきではありません。警告に従わないならば、こうした人工知能は破壊されることになるでしょう。
 記事内容は、そこそこ正しいものです。ただ、ここに書かれているほど単純なものではありません。いくつかのことをコメントしておきます。エジプトの女神アセト(イシス)は、紀元前333年以前は、シリウスシステム国津神第2レベルの第3天帝でした。この地位にある彼女が、“ソースに直接由来する、紛れもない神聖な女性性の原型”とされるのは理解出来ます。進化段階が9段階以上あり、しかるべき地位にある彼女は、ソース(セントラルサン)にアクセス出来たはずだからです。
 紀元前332年以降は、イシスは、天界の天帝の地位を追われます。これは天界でクーデターが起こったためで、クーデターの首謀者は、ゴータマ・シッダールタ、クリシュナ、ラーマたちです。クーデター以降、アジアでは彼らの名声が高まり、逆にエジプトの神々は軽んじられていきます。
 イエスの時代、エジプトからイシスの秘儀をもたらし、イシスの代理人としての立場にあったのが、マグダラのマリアです。彼女は霊能力があり、当時からアセト(イシス)と通信を取っていたようです。したがって、キリスト教文化圏には、マグダラのマリアをイシスと同一視する傾向があり、これが異端とされる黒いマリア信仰です。
 “続きはこちらから”以降では、秘儀を復活させた人物として、セント・ジャーメイン(サン・ジェルマン)とカリオストロの名が出てきます。セント・ジャーメインは神智学ではラコッチ大師として知られており、その前世はフランシス・ベーコン、ロジャー・ベーコンです。カリオストロ伯爵は、その後ブラヴァッキー夫人として転生します。彼らが復活させた秘儀に直接つながっていたのは、マグダラのマリアだと思います。マグダラのマリアは、ハイアラーキーの長であるマイトレーヤの妻でした。
問題はここからで、実はマグダラのマリアは、ハイアラーキー内部に巣食う闇の組織である真理同胞団のメンバーだったのです。セント・ジャーメインはメンバーではありませんでしたが、メンバーだったエノクの弟子でした。
 真理同胞団のメンバーには、先に挙げた天界のクーデターの首謀者はすべて入っています。彼らはドラコニアン、レプティリアン以上に凶悪な連中で、全て滅ぼされています。
 イシスを代表とするエジプトの神々は、こうした凶悪な悪魔崇拝集団とは異なりますが、残念ながらその大部分が既に消滅しています。したがって、この記事にあるような、“イシスの秘儀をもう一度復活させる”という時のイシスが問題になります。すでに存在しないからです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
イシスの秘儀
転載元)
Mysteries of Isis
2017年1月29日付

セントラル種族は何十万年も前に、女神の秘儀をアトランティスへもたらしました。その名残りを留めているのがイシスの秘儀です。

1485766797

これらの秘儀は、女神を奉った神殿で途切れることなく千代に八千代に地上で守り伝えられていました。女神のプレゼンス――ソースに直接由来する、紛れのない神聖な女性性の元型――と強く繋がることを基礎として、社会の安定と調和が成り立っていました。



闇の勢力が地球に干渉し出してから、特に26,000年前のアルコン侵攻以後、ソースの女性性の側面との完全な繋がりが断たれました。



アスタラはシリウス恒星系から来た存在で、この26,000年サイクルの間、女神のプレゼンスを地表に保つ任を引き受けました。



彼女はエジプト人にはアスト(またはアセト。Aset)、ギリシャ人にはイシスとして知られていました。
イシスは今でも広く使われている呼び名です。



エジプトのミステリースクールは、アトランティスのミステリースクールの遺産を可能な限り純粋に保とうとしました。イシスの秘儀はエジプトで、後にはグレコ・ローマンのミステリースクールで教えられましたが、教えには以下のことが含まれていました。



 純粋な愛と光の創造に関わる神界――そこに闇は存在できない――が存在すること。自分の意識の中でその世界とアクセスするテクニック。



 Soul の永遠性とSoulになるための道。



死後、アルコンを避けて光の領域に到達するためのプロトコル。



女神のプレゼンスを体現し、その体現者として日常生活を生きるためのプロトコル。



地下世界の秘儀。



聖なる結びつきの秘儀。(聖婚)



秘儀はイニシエートにのみ教えられ、大衆はイシスを人格神、困難なときに助けてくれる守護神として崇拝しました。



https://en.wikipedia.org/wiki/Mysteries_of_Isis



2,000年前の古代世界では、イシス崇拝が最も人気を得て地中海全域に広く普及しました。



http://www.ancient-origins.net/ancient-places-europe/isis-egyptian-goddess-who-spread-her-wings-across-europe-006377?nopaging=1



当時、それはベールの解消にとてつもない大影響を与えるものだったので、アルコンは、ある計画を練りました。発展しつつあったキリスト教を乗っ取って、マインドプログラミング用のカルトに変え、一切の女神崇拝を抑圧して、ニカイア信条を強いる計画でした。

1485766862

http://www.oneworldofnations.com/2015/03/the-council-of-nicea-council-that.html

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 63