アーカイブ: *霊的世界

ハルカナウチュウノヒカリノミコト様のイラスト(幽体)

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんが、私の内側の身体である幽体を描いてくれました。大変よく描けていて、幽体の波動まで描き込まれています。下は、以前、中西さんに描いてもらった原因体ですが、原因体は背骨を意識しながら絵をご覧になると、絵から放たれている波動に同調しやすくなると説明しました。幽体の方は、体の中心線である神経叢のチャクラ系統を意識すると、絵の波動と同調しやすくなります。
 私の原因体は、通常903次元、幽体は843次元にあるため、その姿を見るのは神々でも難しいのですが、プラズマ体は通常4.9次元にあり、時々、3.0次元のプラズマ界に降りてきているので、プラズマ界を見る能力のある人は、私のプラズマ体を目撃出来るかも知れません。
 今日も降りて来ていたみたいです。どうやら、天界の学校と同様に、プラズマ界にも私の学校があるようなのです。プラズマ界における学校の教授陣は、大天使アズラーイル大天使アドリオンヴァリアント・ソーサーヴィトリーサトヤヴァット大天使ザドキエルジルポンパドゥール夫人ミヨツクスミといった神々のようです。彼らは、皆、中西さんのイラストや、せれな(緑花)さんのヴィジョンに出て来ました。
 以前、せれなさんのヴィジョンのコメントで、天界の婚活学部の教授は神功皇后様ではないかとしましたが、プラズマ界では、ポンパドゥール夫人が教授になっているようです。
 この学校の卒業生が、地球をより良いところにするために、多くの生徒を受け入れているようです。
(竹下雅敏)
————————————————————————

ハルカナウチュウノヒカリノミコト 様
(大正真真神 様、年齢16才) 〈幽体〉



ハルカナウチュウノヒカリノミコト 様
(大正真真神 様、年齢16才) 〈原因体〉


弱体化せず勢力を増したハリケーン・マリア:背景にあった神々の職務怠慢

竹下雅敏氏からの情報です。
 アメリカでの皆既日食で開いた33日間の扉が、24日の午前0時(日本時間)に閉じたことをお伝えしました。この間に支配層は、気象兵器を含む様々な手段を用いて、世界に災害をもたらしてきました。それが、扉が閉じるのと並行して、ハリケーンもまた弱体化していく様子が、今回取り上げた記事から想像できます。
 現象世界の背後にいる神々については、これまであまり触れてきませんでした。しかし、扉が閉じたこともあって、ほんの少しだけ、この件に触れておきます。
 In Deepさんの記事を見て、ハリケーン「マリア」が19日に「カテゴリー5」になったことを知り、私は強い不快感を持ちました。というのは、気象兵器によって人工的に作られたハリケーンを弱体化するように、神々に命じていたからです。
 私の命令を直接受け取るのは、 フトマニ図にある「ぬ」で現される神です。神々に計画があり、私の指示のタイミングが的確でなければ、私は神々の決議を尊重する立場なので問題は無いのですが、この件はどう見ても、そういう事では無いようでした。直感的に、職務怠慢なのです。そのため、「ぬ」の神に直接メッセージを送りました。私は霊能力者ではないので、神々の姿や声を、直接、見たり聞いたり出来るわけではありません。そこで、「ぬ」の神の言い訳を、私の25柱の妻に直接聞いてもらうことにしました。メッセージの最後に、“妻全員を納得させる弁明がなければ解任を含めた厳罰に処するから、覚悟しておけ!”と強い口調で言うと、その直後に彼女の波動が闇に落ちました。この時に、彼女は罷免されることになるだろうと感じました。おそらく魂が消えると感じました。
 この「ぬ」の神は、ルルドの泉で有名なフランスの聖女であったベルナデッタ・スビルーです。彼女は今回の天界の改革で、人間から神へと昇進していたのです。しかも、フトマニ図の「ぬ」の神の地位は、ヒンドゥー教で言えば、宇宙の創造主である人格神のブラフマー神か、あるいは、ブラフマー神の妻のサラスヴァティー女神に相当する極めて高い地位なのです。しかし、その後判明したのは、彼女の職務怠慢の理由が、韓国の朴槿恵大統領のセウォル号事件を思い出させるような色恋沙汰だというのだから、絶句するよりありません。
 彼女は解任ではなく、 9月20日21時に処刑されたようです。
 この一件で頭に来た私は、9月23日の午後に、シリウスシステムの至高4柱の一柱である、ハマユウサクサトミヤヒメミコ様に直接通信を送り、シリウスシステム国津神第5レベルの全ての神々の調査を頼みました。彼女への通信の中で、おそらく、5柱の神が解任され、8柱の神が厳重注意などの処分の対象になるだろうと告げました。
 私の予想はその通りになり、5柱の神々は解任され、その後、今日の午前中に魂(ジーヴァ)が消滅したようです。
 天界の神々の所業は、常にセントラルサンのヒメミコ様であるミサキタカクノボルヒメミコ様が全て掌握しており、私はそれらのデータにいつでもアクセス出来ることを、理解していないのではないかと思いました。不正をなす神々を処分することは、天界に親しい友をたくさん持っている私には容易なことなのです。
 私自身は直接彼らの行動を見たり聞いたり出来ないので、少々の不正はばれないだろうと思っている愚かな神々が、多いのではないかと思いました。
 はっきり言って、この手の話は掃いて捨てるほどあり、こんな事をいちいち時事ブログで取り上げていたらキリがないので、これまでは全く触れずにおいたのです。しかし、今回ばかりは彼らのいい加減さにほとほと愛想が尽きたので、書かせてもらうことにしました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Observer Effect、ホセの消失
転載元)
(前略)


View 2-Day Graphical Tropical Weather Outlook

あらら、ホセが消えた!?
思ったのは、これ、観察者効果(observer effect):
観察するという行為が観察される現象に与える変化を指す。(中略)… 相手が相手だけに、(異次元の連中が絡む、)
世界中の注目を浴びて、NYにたどり着く前に、潰された!?
(中略)
追記)
NOAAのサイトからは消えたが、まだ、生きている!?

https://earth.nullschool.net/#current/wind/surface/level/orthographic=-73.21,30.27,779
(以下略)
 
————————————————————————
ドクロ顔のハリケーン「マリア」が刻む無慈悲な進路。そして何もかも変わろうとしている地球がそこに浮かび上がる
転載元)
アメリカとカリブ海の地域は、「ハービー」と「イルマ」のふたつの大きなハリケーンの被害を受けた直後ですが、見た目でいえば「本命」らしきハリケーンが、同じようなルートに乗ってきました。現在、最高勢力のカテゴリー5にまで勢力を強めたそのハリケーンの名前は、「マリア (Maria)」。スペイン語圏内での聖母マリアと同じ綴りのハリケーンです。そして、そのハリケーン・マリアの衛星からの赤外線画像は下のようなものでした。

ハリケーン「マリア」 2017年9月18日


“Maria” is approaching the islands of Martinique and Dominica
(中略)
ちなみに、この「マリア」は、このドクロ顔の時点の 9月18日まではカテゴリー3のハリケーンだったのですが、日本時間で 9月19日の午前に、最高勢力の「カテゴリー5」となりました。
 
トランプ大統領は勢力の上昇を受けて、同日、カリブ海のプエルトリコ(アメリカの自治領)とバージン諸島に非常事態宣言を発令しました。

9月19日の米国ニューズウィークより

newsweek.com

(以下略)

悪に加担する者たちの精神破綻を示す情報:「創造主は偽情報を発信させています」

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事のコメントで、24日の午前0時に扉が閉まり、悪に荷担する者たちの精神破綻が確定するとしました。すると、今日、この情報が出てきて驚きました。
 時事ブログでは、チャネリング関連の情報は、そのほとんどが偽情報なので関わらないようにと、アドバイスしてきました。しかし、時々チャネリング情報の中にも優れたものがあり、比較的正しいと思われるものは紹介してきました。チャネリング情報とは比較にならないほど精度の高い情報として、コーリー・グッド氏の情報を紹介しました。コーリー・グッド氏もチャネリング情報には批判的な立場です。
 今日取り上げたこの情報の出所がはっきりとしませんが、その内容は驚くべきもので、なんと、創造主自らが偽情報の発信を命じているというのです。その理由は、チャネリング情報の予言がいつも正しければ、“非常に単調に、面白みのない世界が出来上がってしまう”ので、創造主が偽情報を発信させているというのです。
 この冒頭の1部を見ただけで、この創造主は偽者だというのが誰でもわかります。
 冒頭の数行のひどさは、おそらく、これまでに散々、偽情報を発信してきた自分を正当化するためのものではないでしょうか。要するに、偽情報であっても、“期待感を人々に持たせることによって、波動を上げる”という創造主の意図に沿ったもので、偽情報の発信は意味があったと言いたいわけです。
 この言い訳で平然としていられるとすれば、あべぴょん並の厚顔無恥であると言って良いでしょう。
 彼らが“典型的な偽情報”とするものの中には、「地下に人間が住める空間がある」とか、「世界通貨改革(GCR)が行われる 」とか、「宇宙にはパラレルワールドが存在する」とか、 「宇宙人などの情報開示が行われる」というようなものがあるようです。
 これらはみな、チャネリング情報で散々流されたもので、自分たちが過去に行ってきたことを完全否定するものです。最後の一文を見ると、どうやらこの文章の発信者は、次元上昇だけは未だに信じているようです。
 私には、次元上昇こそが完全に偽情報だと思えます。
 全体を通しての印象は、この情報源の人物は、統合失調症を患っているのではないかという気がします。昨日の記事で述べたように、精神破綻というのは、統合失調症などに代表される精神疾患とは別のものなのです。ひょっとしたら、今後新しい症状として認識されるようになる類のものかも知れません。しかし、この記事を見ていると、精神疾患として定義される症状を現す者が、今回の裁きによって相当数出てくるのではないかという気になりました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
目くらまし情報について 2017年9月24日
転載元)
(前略)
創造主は暮らしの単調さを避け、多様なものにするために、8人の24次元のソウルを指名して、目くらまし情報を発信させています。また、創造主は、偽情報が現実のものになる、という期待感を人々に持たせることによって、波動を上げるためにも偽情報の発信を必要としているのです。
(中略)
典型的な偽情報は、
(1)ツインレイ  ツインレイとは神が、まったく同じDNAを持った男女それぞれ一人づつのソウルを誕生させる、というものです。
(中略)
(2)内部地球   地球には、地下に人間が住める内部地球といわれる空間がある、との情報。

(3)GCR、RV  世界通貨改革(GCR)が行われ、イラクディナール、ベトナムドン、のような通貨の価値が急上昇する、いわゆるRVが行われる、という情報。

(4)NESARA  米国で、国家経済、および安全保障改革法(NESARA)が施行される、という情報。

(5)USA Corporation  米国は南北戦争の後に破産し、USA Corporationという国家に変わる私企業になった、という情報。
 
(6)パラレルワールド  宇宙にはパラレルワールドが存在し、同時に多数の個人が存在する、という情報。
 
(7)デスクロージャー  過去に多数の宇宙船が飛来したが、これに関する情報が開示される、といういわゆるデスクロージャーが行われる、という情報。同様に地球の上空には多くの宇宙船が飛来している、という情報。
(中略)
(8)多数の宇宙船   地球の周囲は、数百万台、数千万台の宇宙船が取り囲んでいる、という情報。(中略)… 宇宙には、宇宙船は1基しか存在していない。
(中略)
これらの偽情報に関しては、非常に多くの地球人が真実だと信じ込んでいますが、次元上昇の時が迫っている今、そろそろ真実に目覚めるのは良いことでしょう。

「特別な33日間」の扉が閉まり、神々の裁きへ

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画は、「日本や世界や宇宙の動向」さんの記事を動画化したもののようです。その記事の内容の一部のみを引用しました。
 記事によると、8月21日から始まったアメリカでの皆既日食で開かれた扉が9月23日に閉じられる、というのです。この期間は、“カルマの負の結末をもたらす無類の期間”だということです。
 支配層は“特別なこの33日間”を利用して、気象兵器などを用い、様々な災害を地球上に発生させたとしています。
 これらの事は、概ね正しいと思われます。これら支配層の暴挙に対し、“神々がよからぬ暴君を破壊したいと思う時、神々は彼等の気を狂わせ自分を見失わせます”と書かれていますが、これはまったくこの通りです。
 9月23日に関しては、インターネット上で様々な事柄が噂されており、そのほとんどは妄想のレベルですが、この記事に関しては、間違いが少ないようです。
 以前の記事で、秘密結社の解散命令について言及しました。まさにこれが、現在行われている宇宙規模での審判につながっているのです。
 悪事をなす支配層の大部分は、すでにそのカルマが確定しており、彼らはすでに精神破綻しています。自覚のあるなしに関わらず、こうした連中に協力して来た者が、現在の裁きの対象になっています。
 これらの者たちの中には、チャネリング関係で、自分たちは善をなしていると信じている者も、多数含まれます。例を挙げると、時事ブログではこれまで、コブラと彼の属するRM(レジスタンス・ムーブメント)を闇の組織であると断定してきました。彼らがいつになったら心を入れ替えるのか、様子を見ていましたが、組織のメンバーは残念ながら、全員が精神破綻が確定しています。彼らに協力していた者達が、現在の裁きの対象になっています。
 扉が閉じるのは、2017年9月24日午前0時(日本時間)です。以前にも触れましたが、こうした宇宙的な出来事は、日本時間となります。私のコメントが掲載されて扉を閉じるまでには、良くて3時間程度の猶予しかありません。見たところ、チャネラーと呼ばれる人たちのほとんどが、扉が閉じると同時に精神破綻が確定するようです。
 これまで何度も、チャネリング関連には近づかないようにと警告していたのですが、それは、人類があまりにも霊的に幼く、何が善で、何が悪かの識別力が無いためなのです。ほとんどのチャネリング関係者のように、自分たちは善の一部だと信じながら、実は闇の計画に手を貸していたということになりがちです。
 誰が本当のことを言っているのかは、24日の午前0時になればはっきりとわかります。ここで述べている精神破綻ですが、これは悪人が地上の法によって正しく裁かれる必要があるため、罪を逃れられる類の精神疾患が現れるのではありません。いわば、“生存の苦しみ”とも言える苦から、逃れられなくなるのです。簡単な表現をすると、深刻なうつ病をさらに重症化したような症状だと思えば、わかりやすいかと思います。
 地上に見られる様々な悪事で、今のところは罪に問われず逃げおおせているものが多々あります。しかし、このような悪事を働いている者は、例外なく、神の裁きによって精神破綻に追い込まれます。
 この後、地上では正しい政府を確立して、法の下にこれらの連中を裁いて刑務所に放り込まなければなりません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
2017年9月23日から何が起こる?
配信元)

————————————————————————
2017年9月23日から何が起こる?
引用元)

(前略)

http://beforeitsnews.com/alternative/2017/09/september-23-2017-and-the-great-tribulation-3554675.html?currentSplittedPage=0

(概要)

9月20日付け

33日間の窓が923日に閉められます。
 
(中略)

Cosmic Convergence Research Groupによると:8月の皆既日食以降、アメリカでは良からぬ出来事が次々に起きています。アメリカを破壊するために人工的に大災害を発生させている者たちがいます。

(中略)

2017923日(土)は、821日に開けらた窓が閉まる日です。この日は数十億年も前から宇宙的に運命づけられた日なのです。923日は宇宙的に非常に重要な収束の日となります。
カルマの負の結末をもたらす無類の期間が8月21日(皆既日食)から始まったのです。

(中略)

支配層は、カオスの種をまくことができる特別なこの33日間を巧みに利用しています。(中略)… そのために、彼等は地球工学で気象操作を行い超巨大ハリケーンを発生させることで壊滅的ダメージを与えたのです。(中略)… 彼等はハリケーン・ホゼをうまく操作できなければハリケーン・マリアを操作してその目的を達成するでしょう。

(中略)

(2017年9月23日に起こる、非常に稀なおとめ座としし座の惑星の配置)

(中略)

科学やテクノロジーが母なる地球の力を抑え込み、世界中の無防備な人々を攻撃すると、真実に覚醒する人々が増えます。

(中略)

9月23日は世界人類が生まれ変わる日となります。しかし、人類が生まれ変わるには激しい痛みを伴うことを理解する必要があります。9月23日は宇宙の通過儀礼のための中継点になります。

(中略)

世界を支配してきた支配層は世界への影響力を失ったことで正気を失いつつあります。気が狂った彼等は躍起になり地球工学を使って世界を破壊しようとしています。
 
神々は破壊することにした者たちの気を狂わせます。
(中略)

神々がよからぬ暴君を破壊したいと思う時、神々は彼等の気を狂わせ自分を見失わせます。(中略)… 宇宙最高位の神からの緊急支援を得る必要があります。神の介入のみがNWO(世界統一政府の樹立)を阻止することができるのです。

(以下略)

偽のチャネリング情報:ソースからのメッセージ 〜フリーメーソンへの警告〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 正しいと思われる情報がほとんど存在しないので、真っ黒けになっています。ここに出てくる「ソース」は、どういう意味合いで使われているのかはっきりしませんが、コブラの言う天の川銀河のセントラルサンを意味するのだとすれば、完全な偽ものです。
 この情報を送ってきた人物は、既に魂は無いと思われますが、魂が残っていた当時、進化段階は2.0だと考えられます。しかも肉体を持っている地球人です。
 このような偽りの情報を意図的に流せば、処罰されるということをすでにお伝えしています。この者は、このメッセージを送ったために、現在波動が闇に落ちています。おそらく、残っていたエーテルダブルも消滅したと思われます。まだ、プラズマ体は残っているようです。
 このつまらない通信文を取り上げたのは、このような者たちに警告するためです。
 この者は、自覚はないでしょうが、プラズマ体はフリーメーソンのメンバーです。肉体レベルではフリーメーソンと無関係でありながら、プラズマ体ではメンバーであるという例は、地球上ではかなり見られます。
 このタイプの人は伝統的な婚姻関係を否定する傾向が強く、夫婦別姓や、結婚しても婚姻届を出さないなど、本人は進歩的な男女同権の意識を持っていると思っているようです。
 肉体のレベルでは、真面目で浮気もしない生活を送っていても、プラズマ体では、例えば女性の場合は、何人もの男性と同時に交際し、性交渉をもつというケースがよく見られます。このタイプの女性は、有名人と性交渉を持つケースが高く、一国の首相や大物の政治家など、複数の男性と同時につきあっているということがよく見られます。もちろん、肉体レベルでは本人は何の自覚もありません。
 こうしてみると、フリーメーソンの「自由、平等、博愛」というのは性的放縦のことで、社会の核である家族という形態を破壊することが、彼らの目的ではないかと思えてしまいます。サタンという言葉の意味は、“神に反抗するもの”ですが、フリーメーソンは、この観点から、まさに悪魔が作った団体だと言って差し支えないでしょう。
 以前警告しましたが、プラズマ体以上の階層では、すでに秘密結社の解散命令が出ています。私が今回このコメントを書いたことで、メンバーを脱退しない者は、おそらく処分されることになるでしょう。プラズマ体が消滅するのではないかと思っていますが、どのような処分になるのかは、神々の決定によると思います。 
(竹下雅敏)
————————————————————————
ソースからのメッセージ  2017年9月3日
引用元)
SOURCE via James McConnell, September 3d, 2017

そこに座って呼吸をしていると、ソースからのエネルギーが母なる地球に流れ込み、母なる地球はそのエネルギーを表面から放射します。これがソースの地球への定着です。これがあなた方がここに果たしに来ている使命なのであり、私たちはそのエネルギーを全ての者に広げるためにここに来ています。

そして今日は、私たちは今、この次元上昇プロセスの間で、いわゆる次元上昇のタイムラインに直面しているということを告げにここに来ているのです。これは ソースが制御しているタイムラインです。今起こりえる、このタイムラインから外れる動きは極くわずかしか見られません。今回の日食の始まりにおけるこのタイムラインにおいて次元上昇は起きます。そして、次元上昇は起きるのですから、外れはなく、自己にのみ奉仕をする者たちによる、これを止めようとし、あるいは起こらないようにする活動は起こりえません。次元上昇は自己の外と同様に内でも起きるのですから、あなた方にとって、自分の内なる旅に集中することが特に大切です。

自分の内側から湧き出てくる役に立たないエネルギーを解消すると、次元上昇が外側の世界で現実となるのが見られるでしょう。自分の体や心、エネルギーの中の嵐やハリケーンを解消すると、この惑星でパラダイスのような天候が現実になるでしょう。目くらましを起こすのは全ての人間の中にある質の悪いエネルギーであり、これを解消することが母なる地球にとって唯一の道なのです。

(以下略) 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 67