アーカイブ: プーチン

21/06/21 フルフォード情報英語版:夏至のターニングポイント、軍産複合体と医産複合体の対決

 6月21日フルフォード・レポート(英語版)です。6月21日夏至の前後あたりに、世界の軍隊と諜報機関は、偽パンデミックを戦争行為として扱い、それに応じて対応することを決定。デイヴィッド・ロックフェラー・ジュニアは「パンデミック」とそれに伴う全人類へのワクチン接種に最終的な責任を負っているので、人類史上最悪の大量殺人者の一人とされ、彼には死刑執行令状が出ているらしい。イスラエルの元首相ベンヤミン・ネタニヤフから、ロックフェラーは大量虐殺を行うオクタゴン・グループの最上級メンバーであると指摘されたそう。

米露首脳会談では、いろいろと裏で取引があったようで、その一つは、アメリカはロシアのノルドストリーム2パイプラインの妨害をやめ、アメリカの主要メディアが展開しているヒステリックな反ロシア・プロパガンダキャンペーンの終了を約束。NBCテレビ局で1時間半ほどのノーカット版プーチン大統領独占インタビューを許可。ロシアは、G7の対中冷戦に参加することに興味がない、中国がロシアにとって脅威であるとは考えていないとの見解。

ジュネーブのFSB関係者によると、オクタゴン・グループの次の計画は、2〜5年で現金を無くすこと。そして、中小企業は半官半民の大企業に買収され、大企業と政府が合併。しかし実際には、政府は存在せず国民は奴隷となるという計画らしい。オクタゴンのフロントグループである世界経済フォーラムは、今年の残りの期間に大規模なサイバー攻撃を行うことを約束。

ワクチン接種に関しての日本情報は、医師や自衛隊が人々へのワクチン接種を拒否しているため、歯科医師や救急隊員、獣医師などを起用してワクチンを接種していることが確認されているらしい。ワクチンを打つ側には、1人接種するごとに40万円(3,640米ドル)の報酬が支払われ、奴隷首相である菅義偉をはじめとする内閣は、これらの罪で処刑されることは間違いないだろうというフルフォード氏。

MI6は、事実に基づいた情報を一般の人々に提供するためにGB Newsを設立。それに反撃するロックフェラー家とオクタゴン・グループは、英国に対抗しダイアナ妃の死の真相を暴露する方向に動いているようで、MI6によると、ダイアナ妃の死の真相ニュースはコロナより大きくなるとのこと。 最後のMI6の生情報として、世界の政府は、この医療の暴虐行為に目を向け始めたそう。

まだまだ悪との戦い続きそう。。。😑
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:夏至のターニングポイント、軍産複合体と医産複合体の対決
投稿者:フルフォード

Summer Solstice Turning Point as Military-Industrial Complex Takes on Medical Industrial Complex

夏至の前後、偽のパンデミック医療緊急事態を戦争行為と決定


A fundamental sea change has taken place at the highest levels of world power on or around June 21st, 2021. The world’s military and intelligence agencies have decided to treat the ongoing fake pandemic medical emergency as an act of war and react accordingly. To quote from MI6: 2021年6月21日前後に、世界の最高レベルの権力者に根本的な変化が起った。世界の軍隊と諜報機関は、現在進行中の偽のパンデミック医療緊急事態を戦争行為として扱い、それに応じて対応することを決定した。【以下は】MI6【《英》軍事情報活動第6部】からの引用である。

“We know the whole Covid thing is a scam, a lie, a money-making con. Civilians who conducted an undeclared act of war have been now been well and truly found out. That allows us with military legal to actually deal with these people.” 「Covidは詐欺であり、嘘であり、金儲けのための詐欺であることが分かっている。宣戦布告なき戦争行為を行った民間人は【だれか】、今でははっきり正確にわかっている。そのおかげで、軍事的合法性を持つ我々は、実際にこれらの人々に対処することができる。」


モサドのトップが退任したため、オクタゴンの保護はなくなった


Mossad sources for their part report: モサド【イスラエル政府の情報機関】の情報源のレポートの一部を紹介:

“There is a clean-up operation taking place of the Octagon group in Switzerland. Since Yossi Cohen the Head of the Mossad stepped down as of June 1, Octagon has no more protection from the Mossad. David Barnea the new Mossad Chief, has been ordered to stand down.” 「スイスにあるオクタゴン・グループの一掃作戦が行われている。モサドのトップであるヨシ・コーへンが6月1日付で退任したため、オクタゴンはモサドからの保護を受けられなくなった。新モサド長官デビッド・バルネアは身を引くように命じられている。

» 続きはこちらから

20/08/17 フルフォード情報英語版: Covid-19キャンペーンは創造主に対する悪魔の全面的な叛逆のしるし

 フルフォード氏は、コロナウイルス単体は風邪レベルだからフェイク、別に死ぬようなシロモノじゃない、との立場です。5Gや人工呼吸器の合わせ技だと大量死に繋がると見ていますが、この大袈裟な“パンデミック騒ぎ”こそ、カバールが崖っぷちの絶体絶命だという印(しるし)だそう。ようは末期症状だということでしょうか。
 アメリカの内戦が激化した結果、ニューヨークはゴーストタウンと化し、トランプとカバールが血で血を洗う抗争を繰り広げています。経済崩壊は、航空業界や材木業界といった実体経済にまで影響を及ぼしています。

 そんな中、ロシアがきな臭くなってきました。やはり現代社会においては、どう釈明しようが半永続的に権力の座に留まろうとするのは受け入れられないようです。とはいえ対立候補もイスラエル子飼いの工作員、偽プーチンを操るハンドラーもユダヤ教悪魔崇拝派閥のラビということで、まともな人材は日本同様に不足していそう。
 カナダはこれまた日本同様に、“善意”と“正義感”から隣人を積極的に密告する人が増加しているらしく、かつての共産主義国家を笑えなくなってきました。
 結局は、一人一人の民度が問われているんですよね。禍を転じて福となす、となるのやら。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Covid-19キャンペーンは創造主に対する悪魔の全面的な叛逆のしるし
投稿者:フルフォード

カバールは崖っぷち


現在進行中の“Covid-19パンデミック”キャンペーンなるものは、創造主に対して悪魔が起こした全面的な叛逆である。何故なら、政府が真実を弾圧するべく積極的に戦っている場合、それは真実を創造した主、すなわち宇宙の創造主に逆らって動いていることになるからだ。

今現在、悪魔に支配された企業メディアと配下の奴隷政府らは、パンデミックについて嘘を吐き、そのことを暴露しようとする人々を積極的に殺害している。歴史を見れば判ることだが、真実を恐れ、抑圧を強める政府というのは、余命いくばくも無い。


カナダでの夏休み


【私は】カナダの家族や友人を訪問し、実に驚愕【の体験】をして、この結論に達した。こういった人々は、未だにフェイク企業ニュースのバブルの中で暮らしている。あらゆる反証が揃っているにもかかわらず、Covid-19が本物の危険であると本気で信じているのだ。

私の姉は疫学の専門家で、カナダの大手大学病院の医長を務めており、当初からこの所謂エピデミックの最前線に立ってきた。本来のパンデミックの定義を満たさない存在への広範な過剰反応、というのが彼女の至った結論だ。

彼女によると、呼吸器疾患(肺炎、結核、インフルエンザ、“Covid-19”など)による全体の死亡率は平年より低い。しかし、癌検診や其の他の病気治療などが中止されているため、「全体の死亡率が下がっているかどうかを【確定的に】判断するには時期尚早」とのこと。いずれにしても、我々が扱っているのは医学的な問題ではなく、政治的な問題であることは明らかだ。

興味深いのだが、実際にカナダに行って彼女と話をするまで、彼女にこの件について質問した私のメールはすべて第三者によってブロックされていたことが判明した。言い換えると、医学上の真実を弾圧するために、政府機関が個人のメールを検閲しているという訣だ。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

もう一つ【現地で】見て【分かった】のは、カナダのような安定した民主主義国家を、密告者【だらけ】のファシストないしは共産主義の国に変えてしまうことが如何に簡単だったかという点だ。

例えば、私は冷戦中に西洋のプロパガンダがどう言っていたかを覚えているのだが、ロシア人は国内旅行のために身分証明書を見せなければならないのだぞ、これ【こそ】共産主義【国家】の抑圧のしるしではないか、と言っていた。そして現在、カナダ国内を旅行するのに写真付きの身分証明書が必要なのだ。

おまけに到着した際、国境警察は私が2週間の自主隔離をする必要があり、さもなくば刑事罰に問われる、と言ってきた。それ自体は湖畔の自分のコテージに泊まるので問題はない。

興味深かったのは、義理の姉や地元の店のおばさんといった人たちが、人前で私を見ようものならすぐさま情報提供しようと待ち構えていたこと。自分たちは“パンデミック”なるものから人々の命を救っていると心から信じ込み、【自ら進んで】密告者と化したのだ。我々が直面しているのは、いつもの風邪と同じくらいに致命的【※皮肉です】なしろものだという事実にも関わらず、この有り様である。

» 続きはこちらから

20/07/06 フルフォード情報英語版: ビルダーバーグの創設者ベアトリクス元女王は世界の富を盗むため、ウラジーミル・プーチンに巨額の賄賂を提供

 驚きの展開です。フルフォード氏はこれまでも「コロナウイルスは詐欺、トランプ大統領はシオニストの手先」との立場なのですが、新たに得た情報によると、プーチン閣下がシオニスト側に買収されて寝返ったそうです。
 そのせいで、金融システム再起動の要となるゴールデン・ドラゴン・ファミリーの代表女性がセルビアで捕まってしまいました。このままだと第三次世界大戦勃発で人類9割削減、残りは全員マイクロチップを埋め込まれて新世界秩序完成、になりかねないとのこと。ホワイト・ドラゴン・ソサエティが核兵器を引っ提げ、代表救出に乗り出しています。
 で、フルフォード氏はこのまま3週間の夏休みに突入だそうです。おそらくは一切の電子機器を断って、カナダの別荘に籠もられるのではないでしょうか。せめてプーチン大統領の情報だけでもアップしてもらえないものかと願ってしまいました。ホント、展開が気になります!
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ビルダーバーグの創設者ベアトリクス元女王は世界の富を盗むため、ウラジーミル・プーチンに巨額の賄賂を提供
投稿者:フルフォード

プーチン大統領がシオニスト側に寝返る


地球を解放するための戦いは、重要な岐路に立たされている:自由か、テクノロジー奴隷となるかの選択を突きつけられたのだ。人類の90%を殺し、残りはマイクロチップを埋め込んで奴隷にしようと目論む一派は、この度世界の富を盗むために大きな動きに出てきた。

具体的に言うと、オランダのベアトリクス元女王がスイスのロスチャイルド家の面々と一緒になって、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領に天文学的な【とてつもない】額の賄賂とロシアの終身支配権を提示し、自分たちを助けてもらおうとしたのだ。

【こうして】先週、セルビアの暴力団がプーチンの命令により、ゴールデン・ドラゴン・ファミリーの代表者一名を違法に拘束したと、ファミリー側の情報源は言う。連中は現在、4千兆ドルもの富への鍵を渡せと【拘束した代表】女性に迫っている【のだろう】。奴らが成功しようものなら、人類は大変厄介な状況に陥ってしまう。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

【※セルビアという国は、前々からシオニストによって蹂躙されてきました。】


このままだと人類全員マイクロチップを埋め込まれてシオニストの奴隷に


覚えておいて欲しいのだが、オランダ王家というものは、ビルダーバーグ・グループの創設者であるベルンハルト・ファン・リッペ=ビーステルフェルト【王配】(ベアトリクスの父親)をはじめとして、常に高位のナチス【党員】であり続けてきた。こいつらと、同ナチス陣営の信奉者であるビル・ゲイツといった連中が、現金をデジタルマネーに置き換えようとする動きの裏にいる。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

【※向かって左がベアトリクス女王。】

NSA筋曰く、人々は政府の無料サポート付きデジタル財布にアクセスするため、マイクロチップの埋め込みを受け入れなければならなくなる。マイクロチップは、サタン崇拝のハザール・マフィアによる世界人口の完全かつ恒久的な支配を可能にするだろう。

COVID-19(Certificate Of Vaccination ID-19【つまり「ワクチン接種済み証明書ID-19」の略、COVID-19】)と称するパンデミック詐欺を推進しているのは、この連中だ。

以上の理由で、拘束された【ゴールデン・】ドラゴン・ファミリーのメンバーのパスポートのコピーが、様々な情報機関に提供されたのだ。彼らがオランダ王家とスイスに潜伏しているロスチャイルド家の面々を逮捕しそこねた場合、ホワイト・ドラゴン・ソサエティとしては、より抜本的な措置を検討せざるを得なくなるだろう。

ホワイト・ドラゴン・ソサエティは核兵器を保有しており、自由に使うことを許されている。ドラゴン・ファミリーの代表者が釈放されなければ、ハーグ、テルアビブ、チューリッヒを標的に据えることも可能だ(※現地の一般人には避難する時間が与えられる)。

このレポートを投稿しようとしたところ、未確認情報が我々の元に飛び込んできた。ロスチャイルドのフランス分家のトップ、ダヴィド・ド・ロチルドがスイスのチューリッヒで逮捕されたらしい。ベアトリクスとプーチン関連の発表も注視しておいて頂きたい。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
ダヴィド・ド・ロチルド

拘束されたドラゴン・ファミリーの代表者は、金(きん)で裏付けられた数千兆ドルの貨幣を人類に解放する鍵を握っている。同貨幣は、ジュビリー【※借金帳消し】や、その後に続く貧困終結・環境破壊防止の大規模キャンペーンの資金として使うためのものだ。

» 続きはこちらから

ウラジーミルは一人で駆け抜けて行った、、、安倍政権はロシアに3000億円つけて北方領土を差し上げていたのか説明をすべき

 2019年9月5日、「ウラジーミル、君と僕は同じ未来を見ている。ゴールまで、ウラジーミル、二人の力で駆けて駆けて駆け抜けよう」という安倍首相の伝説のポエム演説がありました。その後のロシアとの交渉内容は不明のまま、ウラジーミルは一人で駆け抜けて行ってしまったようです。
 7月2日にロシアの憲法改正を問う全国投票が行われ、8割の賛成で可決されました。その改正条項の中に「領土の引き渡しの禁止」が盛り込まれており、ロシア上院は公式に「領土交渉は終わった」と表明しました。クリール諸島(北方領土と千島列島)の所有権はロシアにあるとの認識を示したものでした。え?日本の国民にとっては寝耳に水です。しかも安倍政権は、北方領土解決に向けての第一歩としてロシアへの経済協力3000億円を投資しています。3000億円つけて差し上げたのか。北方領土がどのような形の決着であっても国民の納得が得られるよう「安倍総理の責任で」説明していただかねばなりません。
 この歴史的「外交的敗北」については、北海道ニュースの報道で国民の知るところとなりました。大手メディアはその肝心なところは避けて報じず、代わりにロシアの憲法改正投票での「8割賛成」という結果に対して、不正選挙の疑いを指摘しました。よそ様の国に対して勇敢なことだ。ぜひ自国の不正選挙に対しても追求してほしいものです。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
「領土交渉は終わった」領土"引き渡し禁止"盛り込んだロシア改憲案成立で認識…北方領土交渉 厳しい道へ
引用元)
 ロシアで成立した改正憲法に「領土の引き渡しの禁止」が盛り込まれたことをめぐり、ロシア上院の国防安全保障委員会の前・第1副委員長が「(日本との)領土交渉は終わった」と発言しました。

 ロシア上院・国防安全保障委員会のフランツ・クリンツェビッチ前・第1副委員長は7月2日、憲法改正に伴う北方領土交渉について「領土交渉は終わった。今後10年、20年、100年、誰が権力を握っても、誰もこの交渉のテーブルに戻ることはできない。ロシア国民はそれを許さない」と発言しました
(中略)
 条項では「隣の国との国境確定交渉」は対象外になっていますが、今後日本の北方領土交渉はより厳しくなる見通しです
————————————————————————
「8割賛成」ウラに不正? ロシア改憲案の発効確実 愛国的条項に周辺国懸念
引用元)
 ロシアの憲法改正の是非を問う全国投票が1日締め切られ、即日開票の結果、賛成票が8割近くに達し、改憲案の発効が確実になった。プーチン大統領が任期満了となる2024年以降も最長で2期12年大統領にとどまる法的な基盤が整うが、国内では不正投票の疑いなど不透明さも指摘されている。改憲案は「自国領の割譲禁止」など愛国的な条項を多く含み、周辺国との緊張が高まる恐れもありそうだ。
(以下略)

» 続きはこちらから

[Sputnik]プーチン大統領がイルカと遊泳 政権20年周年記念でレア動画が初公開

読者の方からの情報です。
 お若いプーチン大統領と、嬉しそうなイルカさん達。
これまでは馬に乗ったり、熊に乗ったり、戦闘系の画像が出回っていましたが
ひと味違います。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
プーチン大統領がイルカと遊泳 政権20年周年記念でレア動画が初公開
転載元)
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は2000年の大統領選の当選以来、政権を導いている。2020年を前にして、サイト「20.kremlin.ru(プーチンの20年)」が同大統領の政権20周年を記念した写真や動画のアーカイブを公開した
 このサイトでは、プーチン大統領の日常生活を捉えた初公開の写真を見ることができる。公開された写真や映像の中で特に目を惹くのが、キューバで2頭のイルカと交流するプーチン大統領の動画。


同サイトの説明には「公開のアルバムは、過去数年間で抜きんで素晴らしく興味深い写真と映像を集めました。よく知られた映像からすでに記憶の薄れたシーン、初公開のものもあります」とある。



(中略)
同サイトによると、イルカの動画は2000年12月、プーチン大統領がキューバを公式訪問した際、世界的に有名なリゾート「バラデロ」で撮影されたもの。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10