アーカイブ: 雑学・アート

[InDeep]地面に裸足で立つこと(アーシングあるいはグラウンディング)の驚くべき効用

 「地面に裸足で立つこと」を意味するアーシング(またはグラウンディング)の記事です。
 記事の中でのある研究論文では「健康に関してアーシングは、太陽の光に当たることや、清潔な空気と水、正しい栄養価の食品を摂取するといったことと同様なほどの重要な概念である」という説を支持しています。
 体調不良のときは、医者にかかる前にまず裸足になって地面に立ってみると良いかもしれません。アーシングの意義をほとんど見失っている現代人には、驚愕の真実ではないでしょうか。
 芝生とか砂浜で裸足になると、子ども心に回帰するような開放感があるものですが、今回私も庭でやってみました。確かに文字通り、地に足をつけたような何とも言い難い瞑想的な幸福感があるので、アーシングによる地球からの恩寵たるや計り知れないものがありそうです。
 ちなみに庭でのアーシングの後、地球からうちに上がる際に(普段何を考えているのか)、足を水シャワーで洗うのもなかなか小気味よいものです。美しき緑の星のようで。
 さらに、ヴォイニッチ手稿の世界観も気になるところです。下記の中の仮説によると、「アーシングにより地表から放出される自由電子が身体の表面及び体内に広がり抗酸化作用を有する」とあるので、彼らが裸で生活するのは、よりタキオン粒子的な恩寵を受けるためなのかもしれません。台風一過、刷新された土の感触に想像がふくらみます。
(しんしん丸)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
「地面に裸足で立つこと」についての驚くべき体と健康への効用を示す数々の医学論文と学術論文から見る結論は「可能な限りやるべき」
転載元)
(前略) 

20分間、地面に「素足」をつける前(左)とつけた後の顔の血流の差異 

Scientific Research Publishing


上の写真は、青が濃いほど血流が悪いことを示し、赤が濃いほど、血流が良くなっていることを示します。つまり、「素足を地面に直接 20分間つけているだけで、これだけ大きな血流の差が出る」ということを示しているようです。

(中略)
STUDIES SHOW WHAT HAPPENS TO THE HUMAN BODY WHEN WE WALK BAREFOOT ON EARTH 
collective-evolution.com 2017/08/24 

地上を素足で歩く時、人体に何が起こっているかを示す様々な研究 

靴や靴下などの素足と地面の間のバリアが一切なく、直接足を地面に接することを英語で、グラウンディング(Grounding)あるいはアーシング(Earthing)と呼ぶが、これらは、つまり「裸足で地面に立つ」ことを意味する。

裸足で地面に立つことが良いということについては、しばしば耳にすることだが、その理由が今では科学的な裏付けとして出揃ってきている。

裸足や素足で地面に立つことは、地球の大地に流れている強烈な電荷と関連している。この電荷は電子が豊富で、理論的には、抗酸化物質とフリーラジカル(細胞に損傷を与え得る活性酸素など)を破壊してくれる電子を良好に供給しているのだ。

米国ピッツバーグ大学の生物学博士でエネルギー医学の専門家でもあるジェームズ・オシュマン博士(Dr. James Oschman)は次のように述べている。

地面を裸足で歩くことが健康を増進させ、強い幸福感を提供するという主観的な報告は、世界各地の多様な文化の文献や実践に見出すことができる。

しかし、現代社会の多くでは様々な理由から、ビーチで休暇をとっているのでもない限り、多くの人たちが裸足で外を歩くことはしない。(論文

私たちが地面に直接、素足を接すると、足の裏から大量の負の電子を吸収することができる。これは私たちの体を地球と同じ負の電位で維持するのに役立つ可能性がある。(訳者注 / これは言い換えれば、地面に直接足を接することで「人体が地球と同じ電子の状態でいられる」というようなことなのかもしれません。)

科学の観点から 

2012年に、医学誌『ジャーナル・オブ・エンビロンメント・アンド・パブリックヘルス(Journal of Environmental and Public Health / 環境と健康ジャーナル)』に発表された研究論文『アーシング:人体を地球の表面電子に接続することでの健康への影響について』(原文)は、単に、裸足で地面にふれることだけにより、様々な慢性変性疾患、慢性ストレス、統合失調症、炎症、痛み、睡眠不足、心拍変動障害に対して、自然かつ「非常に効果的な環境戦略」であると記している。

また、心臓や血管疾患を含む多くの一般的な健康障害に対しても有効であることが示されている。

これまで行われてきた研究の結果では、人体の大地との直接の接触が健康に対して重要な役割を果たすことが示されており、それは、たとえば太陽の光に当たることや、清潔な空気と水、正しい栄養価の食品を摂取するといったことと同様なほどの重要な概念だという説を支持する。

ポーランドのワルシャワにある軍事臨床病院の脳神経外科で行われた別の研究では、血液中の尿素濃度について、地面と素足で接触したまま、被験者にエクササイズを行ってもらった。

その研究の結果、以下のように結論されている。

運動中のアーシング(地面に素足で立つ)は、タンパク質代謝に影響を与え、窒素バランスが陽性となる。この現象は、人間の代謝過程を理解する上で根本的に重要であり、アスリートのためのトレーニングプログラムに含めることができる。(原文

昨年、カリフォルニア大学アーバイン校の細胞生物学部門から発表された研究では、素足が地面と直接ふれることで、顔の血流調節が改善されることが分かった。同時に、心血管疾患の主要な要素である血液粘度を低下させるための研究もされている。

» 続きはこちらから

謎の書物「ヴォイニッチ手稿」に何が書いてあるか悟った男性 〜ヴォイニッチ手稿の世界観では人間よりも植物の方が上!?〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 スプートニクに、ヴォイニッチ手稿が取り上げられていました。未だに解読されていない謎の書物として知られています。
 この記事を見て、以前の興味深いスレを思い出しました。小学校4年生の夏休みあたりから、19歳までの記憶が2つある男性が、別の世界での体験とそこで学んだ文字について触れ、あちらの文字で、“とりあえず、こんにちわって書いた”ところ、読者がヴォイニッチ手稿の文字に似ていると指摘しました。
 スレ主はヴォイニッチ手稿に驚き、自分と同じ体験をした者がこの手稿を書いたのではないかとし、これは子供が書いたものだと指摘しています。どうやら、その後、スレ主はヴォイニッチ手稿に何が書いてあるのかを悟ったようで、突然、“すべてわかった…この世界には上下関係があるだろ? 俺たちにも上下関係があるってことみたい…以上”と言って、真相を何も語らず去ってしまいます。
 非常に興味深いスレで、引用元でご覧になることをお勧めします。ひょっとしたら、ヴォイニッチ手稿の世界観では、人間よりも植物の方が上なのかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
今もなお謎の中世の書物 なぜ誰も解読できないのか?【写真】
転載元)
中世に執筆されたとされ、未解読の文字で埋め尽くされた「ヴォイニッチ手稿」について、英国人歴史家のニコラス・ギッブス氏はテキストは永遠に解読されることはないとの見方を示している。

スプートニク日本

ギッブス氏の挙げた理由はいたって簡単。主要な部分である医学的な目次と植物ついては簡略文字で書かれているものの、それを解く辞典が既に存在していないから。「ヴォイニッチ手稿」は1912年、ポーランド人の古書収集家のウォイフレッド・ヴォイニッチ氏によって発見された。本はローマのイエズス会アカデミーでたたき売られていたとされている。

テキストは誰にも知られていない文字と不可解なシンボルで埋め尽くされており、すぐさま言語学者から歴史家、物理学者、プログラマーまで多方面の専門家の注目を集めた。

ヴォイニッチ手稿


研究者の大半の見解では書物は何らかの暗号。今日、人工知能まで用いて、数十の研究グループによって解読が試みられているものの、成功はおさめていない。

ヴォイニッチ手稿


先の報道によると、イタリアの学者たちが、「悪魔にとり憑かれた」修道女の手紙を解読した。

————————————————————————
「記憶が2つあるんだが」 謎に包まれたヴォイニッチ手稿が読める男の話
引用元)
(前略) 

248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/08/29(月) 16:09:54.71 ID:FHueZgUM0 
>>221

この本を書いたのは子供みたいだね。大人ではない。
だが、これは、こっちの人が書いた物で間違いない。

上から
これらのヴァルナ(草)達にはレウス(根っこ)の数に比例した、・・・・があった。
レウスが太いほど強いわけではなく、これらを知ることで・・・であり・・・。


よめないとこが多々ある><


258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/08/29(月) 16:13:48.70 ID:wH1virJ40 
>>248
ヤダ・・・興味深い///
根っこを解説するページなのね。

もっと読んで欲しい

(以下略) 

[Facebook]平面ピタゴラ装置!

覚えられないけど正式名称は開発者の名を冠していて
ルーブ・ゴールドバーグ・マシン
とか
ヒス・ロビンソン・ディバイス
(メリはち)
————————————————————————
配信元)

[Twitter]乗り込むにはタイミングと度胸が大事

無理無理無理
(メリはち)
————————————————————————
配信元)

アメリカのデスバレー国立公園の「動く石」、その謎が解明!?

竹下氏からの情報提供です。
 アメリカのデスバレー国立公園には、引きずったような痕跡を残して"動く石"が存在しています。その移動方法の謎には様々な仮説が立てられてきましたが、とうとうその謎が解明されたとのことです。動画の1分30秒~1分54秒のところをご覧ください。
 確かに、物理的な謎の解明はその通りなのでしょう。162個あるという"動く石"、彼女ら(みんな女性の名前を持つ)の体重は14kg前後が多いとのことなので。しかし最大の石であるカレンは推定で317kgあるので…別の理由があるような気もします。人間に"グレートネイチャー"と言わしめる可憐な彼女らに、事の真相を聞いてみたいものです。
 今も地球に軌跡を刻む悠久の彼女らに。
(しんしん丸)
————————————————————————
Mystery Behind the Sailing Stones | நகரும் கற்கள் மர்மம் | 5 Min Videos
配信元)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 169