神々からの警告(2)〜 太陽フレアの危機

【この映像は無料映像です(115分)】
Youtubeでも観ることができます: http://youtu.be/2FhVLj4HfPg

【概要&目次】
現在の大きな変革の時期に際して、神々は人類に様々なメッセージを送っている。その中に第3次大戦についての警告があり、それを回避したいという思いで以前「神々からの警告(1)」という動画を作った。そしてその後の神々と人間の努力によって、第3次世界大戦を回避することが出来たと思う。

今回の動画の目的は、差し迫った「太陽フレアの危機」を知っていただくことである。「光の海から」というブログに掲載してある311以降のヴィジョンを中心に、未来を暗示するヴィジョンを解説する。未来は確定しているものはなく災害を回避する努力をすれば実現しない。これから努力すれば、太陽フレアの被害を最小限にすることができるかもしれない。もっとも大きな鍵となるのはUFO情報であり、人類が神々へ助けていただくように心から呼びかけることにある。

1.導入 (00:00:00)
  • 今日の講演の目的は、差し迫った「太陽フレアの危機」を知ってもらい、その回避の手段を提示することにある。せれなさんのブログ「光の海から」に、人類が遭遇する可能性が高い地球規模の大災害のヴィジョンが掲載されているが、それに気づいて適切に行動すれば回避することができる。
2.日本の原発災害と政治経済の崩壊のヴィジョン (00:06:17)
  • まず、東日本大震災311前後にどのようなヴィジョンがあり、それがどれくらい実現したかを見ていく。危機に気づき、それを回避する努力をすることで災害が小さくなる可能性があることが分かる。
3.実現した災害のヴィジョン (00:30:16)
  • 世界は混乱の方向に向かっており、せれなさんの未来のヴィジョンの半分ほどが当たってきた。ここで説明するヴィジョンは世界を混乱に陥れる様々な陰謀の姿を示している。
4.「これから起こること」のヴィジョン (00:40:58)
  • これまでせれなさんのヴィジョンと過去に起こった災害を比較し、ヴィジョンが的中していく様を見てきた。次に、神々が警告しているこれから起こる可能性のあるヴィジョンを見ていく。
5.最大の危機「太陽フレア」 (01:34:27)
  • 戦争は回避されたが、人類には乗り越えないといけない大きな試練が待ち受けている。それが「太陽フレア」(キルショット)である。
6.災害を回避するために最も重要なUFO情報 (01:42:04)
  • はっちさんが素晴らしい動画を作ってくれた。UFOに乗っている神々、宇宙人に心から助けを求めることで、全ては一気に変わる。
終わり(01:55:50)

【参考文献】
【キーワード】
1995年、ガンダーセン教授、ストロンチウム、タミフル、ネガティブな感情、ヘリテージ財団、ペンタゴン、ラムズフェルド、上杉隆、不妊、人工地震、人権救済法案、地震兵器、小出裕章、悪霊、戦争、戦後史の正体、日本の外交、武器商人、潜在意識、生物兵器、神々、自由貿易、領土問題、MI5、TPP

Share.

About Author

7件のコメント

  1. 参考になった(4)

    たった一人の真実の祈りが神々を動かすとのこと。一人の人の真実の願いや祈りはものすごい力を持っているのがわかりました。

  2. 参考になった(1)

    以前にガヤトリーマントラの祈り方で万物、万霊、万象について祈るのは、よくないというお話がありましたが、「スーパーフレアやキルショットの被害を最小限にしてください」と祈ってからガヤトリーマントラでお願いするのは問題あるのでしょうか?

  3. 参考になった(3)

    匿名 様

    ご質問の件、竹下氏より回答をいただきました。
    今後共宜しくお願いを申し上げます。(シャンティ・フーラ)
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    ガヤトリー・マントラを使わないで下さい。たとえ祈り文が「スーパーフレアやキルショットの被害を最小限にしてください。そうすることによって起こるいかなる災いもすべて私が引き受けますから。」と言うものであったとしても行なわない方が良いでしょう。誰が祈るにしても、それを引き受ける能力などないのですから。

    (竹下 雅敏)

  4. 参考になった(1)

    申し訳ありません、匿名様に便乗して質問させて下さい。

    ガヤトリーマントラで祈るのは駄目ということは分かりましたが、ガヤトリーマントラを使わなければOKという解釈でよろしいでしょうか?それとも世界平和や今回のようなキルショットなどのように個人の範疇を大きく超えた祈りはしない方が良いのでしょうか?

    個人的には、ガヤトリーマントラは強力すぎるがゆえに祈る範囲は個人的なものに限った方が良いという解釈でしたが、その辺りはいかがでしょうか?ご回答いただければ幸いです。

  5. 参考になった(2)

    kinoP 様

    ご質問の件、竹下氏より回答をいただきました。
    今後共宜しくお願いを申し上げます。(シャンティ・フーラ)
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    ガヤトリー・マントラを使わない祈りであれば、祈ることがいけないというわけではありません。しかし、私の感覚からはあまり勧められる祈りではありません。私は、地球に対して援助をして下さっている神々や宇宙人たちに対して感謝の気持ちを伝えてほしいとは言いましたが、太陽フレアを止めてくれとか、被害を最小にしてくれと祈ってほしいなどとはまったく言っていないからです。

    この手の祈りをあまり勧めないのは、例えば次のような8種的な祈りを考えるとわかるかも知れません。

    「太陽フレアの被害を最小限にして下さい。そのかわり原発は止まらなくなっても結構ですから。」

    「太陽フレアの被害を最小限にして下さい。安倍政権は原発を再稼働するみたいですし、中国もバンバン環境破壊やって、気にはしてるみたいですけどやめる気はないみたいですけど、やっぱり太陽フレアの被害は最小にしてもらって、出来れば止めて下さい。よろしく。」

    まあ、こういう祈りをする気になるかということでしょうね。
    何のために太陽がフレアを放出しようとしているのかを考えるべきでしょう。

    (竹下 雅敏)

  6. 参考になった(1)

    ご回答ありがとうございました。

    非常によく分かりました。原発事故もキルショットも起こるべくして起こる(起こった)のだと思いました。人間はどうしても人間中心に考えてしまいがちですが、地球や宇宙全体のことを考えると、原発事故も起こらざるを得なかったのかも知れないと思いました。人間の傲慢さゆえに他の生命に迷惑をかけていることを反省しなければならないとつくづく感じました。そんな人間に対しても愛のある神様や宇宙人の方々ができる限り最小限の被害になるように努力してくださっていることに感謝することが祈りになるのだと思いました。今回のご回答だけで多くの気づきをいただいた気がします。心から感謝申し上げます。

    最後の「よろしく。」というところが傍若無人な8種的だと思いました(笑)。私も8種らしいですので謙虚を心掛けたいと思います(汗)。

  7. 参考になった(6)
    牛サマディー on

    日常で潜在意識・無意識と繋がっていることがいかに大切かということを深く感じさせられる講和でした。
    残念ながら、社会問題に関する様々な言論を見てみても、一番重要な”祈り”について言及しているものは、グリア博士らの少数を除くとほとんどないように感じます。
    “祈り”とは真に意味のあるとてつもない行為であり、どんなにみじめに見える身分の者でも世界平和に貢献することが本当に可能であるということを、一人でも多くの方にはっきりと認識していただきたいと思います。
    一人ひとりの意識の在り方こそが、これからどのような社会が形作られるかを決定する真の要であるということはつまり、この宇宙は本当の意味で民主主義なのだな、と思いました。