映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

家族の絆 〜夫婦(84):サーカーの思想:シリウスシステムの星々 〜

37 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 5 (37 人の評価・計 182 点)
前回はドゴン族の神話に基づいて、シリウス第1、第2レベルの霊的エネルギーの伝導システムの話をした。今回はその部分をより詳しく解説し、天津神(ホツマの神)、国津神(ハイアラーキーの神霊)による霊的統治の全体像を説明する。

家族の絆 〜夫婦(83):サーカーの思想:シリウス星系の星々 〜

37 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 5 (37 人の評価・計 182 点)
ピラミッドには科学的知識のみならず、霊的な知識も封印されている。ドゴン族の神話からも、シリウス星系が非常に重要な意味を持っていることが前回明らかになった。今回はその核心の部分を書いている「青い狐」という文献から、その部分に関する伝承を取り上げ検証し、最後にシリウス星系の霊的統治の大まかな仕組みを提示する。

家族の絆 〜夫婦(82):サーカーの思想:ドゴン族の神話 〜

37 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 5 (37 人の評価・計 182 点)
前回、ピラミッドの構造はエネルギーの伝導のシステムを表現していて、それを正確に今に伝えているのがドゴン族の神話であるという事をお話しした。今回は、現代科学も及ばない驚異のドゴン族の伝承を詳しく見ていき、霊的な意味についても解説する。

家族の絆 〜夫婦(81):サーカーの思想:古代エジプトの信仰 〜

37 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 5 (37 人の評価・計 182 点)
前回、アトランティス文明を解説する中で、その伝承を受け継いでいる民族がいくつか存在する事をお話しした。その中で、現代我々が目にすることができる唯一のものがエジプト文明である。今回は、ピラミッドや古代エジプトの宗教について詳しく解説する。

家族の絆 〜夫婦(80):サーカーの思想:アトランティス文明 〜

37 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 5 (37 人の評価・計 182 点)
サーカーの思想を理解するために、紀元前1万5百年、或はそれ以上遡って古代史を見ていく時、アトランティス文明の存在を避けて通ることはできない。様々な説があり混乱しているが、プラトンの著述や数々の伝承、インターネット上の情報やエドガー・ケイシーがリーディングで見た様子などを取り上げ真実に迫る。

家族の絆 〜夫婦(79):サーカーの思想:古代エジプト史 〜

37 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 5 (37 人の評価・計 182 点)
前回まで、サーカーの思想である社会サイクル論の理論的な部分を説明してきた。現在、学者が地球上で一番古い文明と認め、歴史的な文献や遺物が残っているのがエジプトの文明である。今回はその古代エジプト史に、7つの時代の概観を照らし合わせて見ていく。

家族の絆 〜夫婦(78):サーカーの思想:3つのサイクル 〜

37 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 5 (37 人の評価・計 182 点)
前回、紀元前10万年から紀元2万年までの12万年間という大きな枠があり、7つの時代に分かれる事を説明し、それを日本史に当てはめたラビ・バトラ教授の説を紹介した。今回はさらに、日本史の年表と大サイクル、中サイクル、小サイクルという3つのサイクルと照らし合わせ、より詳しく見ていく。

家族の絆 〜夫婦(77):サーカーの思想:7つの時代 〜

37 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 5 (37 人の評価・計 182 点)
前回、前々回と社会サイクル論の基本概念を説明した。今回は、具体的にラビ・バトラ教授が日本史に適用したものを見ていき、それに反する松尾氏の意見を考察する。そして両者の理解を遥かに超えるサーカーの社会サイクル論を理解するために、大きな宇宙のサイクルを解説し、全体像へと繋げる。

家族の絆 〜夫婦(76):サーカーの思想:ヴァルナ支配 〜

37 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 537 votes, average: 4.92 out of 5 (37 人の評価・計 182 点)
前回は社会サイクル論の大まかな概観を説明した。今回は、サーカーの言葉を直接引用している所が多く、社会サイクル論に関して非常に多くのページが割かれている「サーカーの思想〈1〉」という本から要点を抜粋し、より深く社会サイクル論を学んでいく。
1 2