映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

宗教学講座 中級コース 第99回 アメリカ政権の変遷6(後半)

37 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 5 (37 人の評価・計 184 点)
前回、東欧革命までのアメリカを中心とする歴史について話した。今回は、パナマ侵攻、ルーマニア革命、日本のバブル崩壊、対イラク経済制裁、そして湾岸戦争のそれぞれの経緯や背景について解説する。またパナマのノリエガ将軍と闇の関係でつながっていた日本の大物政治家・宗教家、イラクのサダム・フセインがクウェート侵攻を決心した理由について話す。

宗教学講座 中級コース 第98回 アメリカ政権の変遷6(前半)

37 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 5 (37 人の評価・計 184 点)
前回、イラン・コントラ事件までのアメリカを中心とする歴史を見てきた。今回は、新ベオグラード宣言を発端とする東欧の民主化運動、その流れを汲む天安門事件、そして東欧の民主化を支援していた全米民主主義基金(NED)の正体について解説する。またチェルノブイリ原発事故の実態について説明し、ベルリンの壁崩壊やマルタ会談について触れる。

宗教学講座 中級コース 第97回 アメリカ政権の変遷5(後半)

37 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 5 (37 人の評価・計 184 点)
ソ連のアフガニスタン侵攻や、イラン・イラク戦争とイラン・コントラ事件の経緯について見ながら、その背景としてアメリカによるテロリスト支援の実態について解説する。また日本の政治経済の転換点となった日本航空123便墜落事故とプラザ合意の一連の流れ、123便墜落事故の真相について話す。

宗教学講座 中級コース 第96回 アメリカ政権の変遷5(前半)

37 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 5 (37 人の評価・計 184 点)
前回はカーター政権下の新パナマ運河条約までのアメリカを中心とする歴史を見てきた。今回はイラン革命、オイルショック、中米国交樹立、エジプト・イスラエル平和条約の経緯や背景、そして在イランアメリカ大使館人質事件の真相について解説する。その前に現在の日本の政治家の動きや憲法改正について触れる。

宗教学講座 中級コース 第95回 アメリカ政権の変遷4(後半)

37 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 5 (37 人の評価・計 184 点)
前回、ロッキード事件までのアメリカの歴史を見てきた。今回、ベトナム戦争および新パナマ運河条約を通して、アメリカのやり口、そしてアメリカに逆らって暗殺されていった英雄たちを見ていく。本当の人々の味方といえる「ホワイトハット」を見極め、支援することができる方法も話す。

宗教学講座 中級コース 第94回 アメリカ政権の変遷4(前半)

37 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 5 (37 人の評価・計 184 点)
前回はニクソン政権下のウォーターゲート事件までのアメリカの歴史について見てきた。今回はそれ以後の日中国交正常化、第四次中東戦争、ロッキード事件などの経緯や背景、ナチス側の思惑などについて解説する。

宗教学講座 中級コース 第93回 アメリカ政権の変遷3(後半)

37 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 5 (37 人の評価・計 184 点)
引き続き、乗っ取られた米政権について、第二次中東戦争以降を見ていく。歴史を辿りながら、偽旗作戦により起こされる戦争のパターンや、ドルの価値の真の裏付けとは一体何かについても触れる。最後にニクソン大統領に関する衝撃の事実と、それをチャクラにより検証する方法について話す。

宗教学講座 中級コース 第92回 アメリカ政権の変遷3(前半)

37 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 5 (37 人の評価・計 184 点)
これまでアメリカが国際金融資本やナチスに支配され変質していった経緯について見てきた。今回は、アメリカにおけるUFOに関する事件、スエズ運河国有化の経緯と背景、そしてムスリム同胞団の成り立ちについて解説する。

宗教学講座 中級コース 第91回 今の情勢と正しい生き方

37 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 5 (37 人の評価・計 184 点)
前回までで、アメリカが国際金融資本やナチスに乗っ取られてきた経緯を話してきた。引き続きアメリカの歴史を見ていく前に、その本来の目的である今の世界情勢に触れる。また、今の情勢の中で必要とされる生き方や、感受性を研ぎ澄ませることの大切さについても話す。

宗教学講座 中級コース 第90回 アメリカ政権の変遷2(後半)

37 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 537 votes, average: 4.97 out of 5 (37 人の評価・計 184 点)
前回では、第一次世界大戦後、戦争を再び起こすために、フーヴァーモラトリアムによりドイツを再軍備させていたことを説明した。今回はそれ以後、ナチスに資金提供をして大きくしていったのは誰なのか、世界統一政府への準備、そして外交問題評議会、これらについて解説していく。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10