映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

家族の絆 〜夫婦(27):一夫多妻制(2)〜

19 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 5 (19 人の評価・計 89 点)
少子化の影響もあり、一夫多妻の議論が一般的にも現れ始め、時代は一夫多妻制が可能な社会へと移行しつつある。完全に男女平等な社会であれば、事実上多夫多妻ということになる。ここで決まって起こる議論には、どういった心理が潜んでいるのか。一夫多妻における本質的な部分について言及する。

家族の絆 〜夫婦(26):一夫多妻制(1)〜

19 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 5 (19 人の評価・計 89 点)
前回は、現代の社会は忙しいので、家族の形態が急速に変化しているという話をしてきた。今回、その総括として、本の著者斎藤学氏が辿り着いた結論を取り上げる。そして人々の意識に先んじて進んでいく法制度によって、今後、婚姻、夫婦関係にどのような変化が起こりうるかを考えていく。

家族の絆 〜夫婦(24):夫婦関係の現実〜

19 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 5 (19 人の評価・計 89 点)
前回まで、人間の愛の相は動物よりも低く、人間レベルに達していないということをお話した。愛を知らない人類が今の状況のまま地球を支配していると、人類は破滅するだろうと思われる。危機的状況から脱するための根幹である夫婦関係、親子関係について、今回は斎藤学氏の著書を取り上げ解説する。

家族の絆 〜夫婦(23):愛のレベル(2)〜

19 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 5 (19 人の評価・計 89 点)
幸せな結婚のために本当に必要なものは何なのか。具体的に、高い身分の者たち、才能・名声・資産を持つ者たちを例に挙げ愛のレベルを測り、動物のカップル、つがいと比較してみる。そうすると、人間だけが狂ったように追いかける夢の動機に行き着く。

家族の絆 〜夫婦(21):〈イニシエート〉問題点(結婚の目的)〜

19 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 5 (19 人の評価・計 89 点)
前回までの一連の講座を見てもらっていることを前提に「愛のヨガ」を参考にしながら結婚の観念と概念を見ていく。南太平洋原住民の驚くべき結婚相手選びの方法から、「イニシエート」という本に出てくる覚者、ハイアラーキー達の結婚や性に対する非常に特殊な価値観、規則についても解説する。

家族の絆 〜夫婦(20):〈イニシエート〉問題点(男女の関係)〜

19 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 5 (19 人の評価・計 89 点)
私がここを問題にしているのは、皆さんに結婚とか配偶者というのは何なのかということをちゃんと考えて欲しいからです。皆さんの心の中であまりにも曖昧なのです。心のレベルで夫婦だというのは、お互いを夫婦だと認め合っているということです。別の言い方をすると、来世、死んだ後でもこの人とずっといっしょにいたいというのが夫婦です。そうでなかったら夫婦と言わない。心が親密で、死後の世界でもいっしょにいるから霊的な夫婦なんです。  

家族の絆 〜夫婦(19):〈イニシエート〉問題点(霊界での関係)〜

19 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 5 (19 人の評価・計 89 点)
今回は、霊的な次元の結婚ということを説明するために、エマニュエル・スウェデンボルグという方の「霊界」という本からいくつか抜粋して考える材料にしていただきたいと思います。 死後、霊は肉体を離れて精霊界に入り、その後無数の団体に別れていくわけです。このときに彼(スウェデンボルグ)は、いったん団体に入ると他の団体に所属する霊とは二度と会えないと考えています。確かにそうだろうと思います。ところが人間は地上に転生して降りてきます。そして前世で家族だったり非常に近い縁だった者、友達関係だった者などは、一斉に近い集団にまた転生に入ってくるものなのです。同じ霊界の界層では会えないことが多いのですが、また地上で出会う。もちろん憶えていませんけど。  

家族の絆 〜夫婦(18):〈イニシエート〉問題点(性の認識)〜

19 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 519 votes, average: 4.68 out of 5 (19 人の評価・計 89 点)
「イニシエート」の主人公であるモーワード・ヘイグと奥さん、そして彼と恋人の関係を見てきました。これまでは全面的にこの本の内容を支持する形で紹介してきましたが、問題もかなりあります。その問題の部分を説明しないといけません。モーワード・ヘイグやこの本を書いたブロードベンド(仮称)、あるいはモーワード・ヘイグが属している秘密結社、すなわち兄弟団、そういうものがどういう世界観を持っているかということが分からないと先へ進めないというところがあります。  
1 2