家族の絆 〜夫婦(16):〈イニシエート〉フロッシーの回心(恋から愛へ)〜

title_kizuna_fufu16-test
【映像時間】

65分[500円+税]

【内容の一部紹介】

 モーワード・ヘイグは、世にもまれな素晴らしい男性です。男として完全に自立している。高い道徳観・宗教観を持っている徳の高い男性は極めて珍しくて、そういう男性の目にとまったのが最初の奇跡と言ってもいいのかもしれません。波長が合わないと出会わないし、一時的に出会っても離れてしまう。モーワード・ヘイグという男性とフロッシー・マクドナルドという女性は波長が合った。それは生来的にこの女性に高い徳があり、非常にいいものを持っていたということです。職業的、身分的には雲泥の差があって、一方は既に自己を確立して救う側に立っていて、一方は救い上げられる側にいるけども、それは見た目とわずかな時間差の問題で、男性の側から見ても、たぐいまれな女性と出会ったというのは奇跡だった、というのが私の考えです。
(講演内容を元に編集:文責シャンティ・フーラ)

【概要&目次】
「イニシエート」という本の16章「フロッシー・マクドナルドの回心」の要約(後半)
1.「フロッシー・マクドナルドの回心」前半までのあらすじ (00:00:05)
  • 「イニシエート」という本から「フロッシー・マクドナルドの回心」前半までのあらすじをざっとおさらいする。
2.波長の合ったふたりの出会い (00:02:07)
  • フロッシーは、モアード・ヘイグと出会い、彼の、まるで貴婦人に対するように、尊敬の念を込めた接し方に驚く。本当にまともな人間であれば、誰に対しても敬意を払うものである。また、こういった素晴らしい男性と、彼女が出会ったというのは、フロッシー自身の中に生来の徳があったからだと考えられる。波長と出会いの関係について。しかし、現実として、彼女のようなケースは希で、こういった女性は、悪い男につかまり、利用されてしまうケースが非常に多い。本物の愛を知らずに育った子の脆さと、そこに漬け込む男の手口とは。
3.フロッシーが堅気の世界に戻ることができなかった最大の理由 (00:16:05)
  • 人間とは不思議なもので、自分が不幸になることで、人に復讐をしようとする。フロッシーが、堅気の世界に戻ることができなかった最大の理由について。そして、なぜ彼女が怒りや憎しみを捨てることができたのか。幸福になるための意外なコツとは。
4.格差社会の問題 (00:28:46)
  • 水商売などで暮らさなければ、生きていけない人々がいるのは事実であり、それを非難するつもりはない。むしろ、その非は社会の側にあると言える。金融村のように、楽に大金を儲けられる人と、どんなに一生懸命仕事しても、本当に貧乏な人たちがいる。こういう社会を変えなければならない。
5.本物の愛 (00:40:47)
  • モアード・ヘイグとフロッシーの間の愛は本物であり、一種の、キリスト教グノーシスが目指す到達点であろう。それは、恐らく人類がほとんど経験していないものであり、この世界の人からすると、おとぎ話の世界のように感じるようだ。しかし、それこそが、本当の世界なのだというのが、私が最も言いたいことなのである。
6.キリスト教的レベルの愛の到達点と新たな出発点 (00:55:40)
  • 本当にお互いが愛し合っていたら、相手の心の変化は即座にわかるものだ。それはこういう世界で生きていれば、当たり前のことなのである。ヘイグと、フロッシーのような間の愛が、本当はキリストが教えたかったことだと理解している。しかし、私(竹下氏)から見ると、その到達点こそがスタートラインなのである。宗教・親子・夫婦の3つの話を通して、竹下氏が最も伝えたいこと。
終わり(01:05:00)

【参考文献】
  • 「イニシエート」匿名の弟子著、クエスト
【キーワード】
1200円、1500円、3種体癖、ひとりぼっち、ぶら下がり、やさしさ、イエス・キリスト、エーテルの身体、カトリック、カルマの法則、ガールフレンド、キス、キリスト、キリストの花嫁、キリスト教の世界観、キリスト教の本質、キリスト教レベルの愛、スタートライン、ニュアンス、バイオリン、パリサイ人、ブーム、プロテスタント、マフィア、メソジスト教徒イージーマネー、ヤクザ、中学生、人間的に自立した人、信奉、偽物の愛、全生命への愛、出会うという奇跡、利用、到達地点、助けられる側、助ける側、労力、単純、友達、反省、可愛い女性、商売の女性、国の保証、地獄、売春婦、天国、夫婦の愛、夫婦関係、女性を囲う、孤立、学校、学生紛争、完成、宗教シリーズ、専属契約、尊敬の念、屋根裏部屋、崇拝、幸せ、幸福、幽体離脱、強欲、彼と彼女、復讐、徳、徳目、心理的理由、心細い、怒りの感情、思想、恋人、恋人同士、恕す、悪、悪い男、愛人、愛情に植えている、態度、我が子よ、手を握る、接吻、救い主、敬意、時給、暴動、暴走族、最低賃金、最初の印象、本物の愛、格差、楽団員、欲求不満、民主主義、波長、深く広く、演技、灯火、理念、生来の徳、生計を立てる手段、男性の立場、盲信、相思相愛、破壊、破滅、神への愛、稀有な存在、立法、純粋、素直、経済水準、罪人、聖なる接吻、脆さ、腰に手を回す、自己への愛、自己満足、自発的、自立、至高の愛、虚偽、要求、見分け、見返りを求めない愛、貧乏、貪欲、貴婦人、足を洗う、転落、過ち、道徳観、酷使、金融村、針仕事、阻害、隣人への愛、隣人愛、類まれ、食事、養育、騙し方、高級コールガール

Share.

About Author

3件のコメント

  1. 参考になった(2)

    自分を磨くことなしに、すばらしい出会いは起こらないとのこと。今のこの世界では、愛と徳目の高い人は極めて少数なので、自分を磨けば磨くほど、この世界で自分にふさわしい相手と出会うのは難しくなるかもしれません。しかし、その場合でも、天界にいる愛と徳目の高い方と出会う可能性は高まると思います。

  2. 参考になった(3)
    牛サマディー on

    自分を磨けば磨くほど、素晴らしい人との出会いは起こるんですね
    自分も講演の中で言われている、’そっち側の世界’で生きられるように、正しい努力をしていこうと思いました

  3. 参考になった(0)

    とてもいい話でした。まだ、観てない方にも是非オススメしてみたいです。