映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

宗教学講座 中級コース 第53回 シークレット・ドクトリン(正しい解釈―スタンザⅠ:後半)

33 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 5 (33 人の評価・計 165 点)
前半に引き続き神智学の修正点について、どこをどう修正するべきか、そしてなぜそう考えるべきなのかを中心に解説する。神智学では、インドの宗教から勝手に概念を拝借してきて違う概念で使うため混乱が生じている。できるだけ伝統的な宗教概念に合わせ、きちんと整理し直した方がいい。今回は神智学のスタンザを伝統的な世界観に則った用語で修正し、読み替えていく。

宗教学講座 中級コース 第52回 シークレット・ドクトリン(正しい解釈―スタンザⅠ:前半)

33 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 5 (33 人の評価・計 165 点)
これまでのスタンザの解説は、間違いを含んでいても敢えて目をつぶり、あくまでも神智学の概念に従って解釈してきた。今回からもう一度スタンザをⅠから駆け足で見直していく。 神智学の思想自体は完全に間違っているわけではない。顕教レベルの宗教から見ると、格段に真相に近いことを説いている。ただ随所に誤りがあり、概念が非常に不明確で、誤解を生むものになっている。そのため、できるだけ言葉や概念を整理し、宗教学としての形を整えていきたい。

宗教学講座 中級コース 第51回 シークレット・ドクトリン(スタンザⅦ:後半)

33 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 5 (33 人の評価・計 165 点)
今まで神智学の世界観に基づく形で『シークレット・ドクトリン』の解説をしてきた。ようやく今回で、第Ⅰ巻Ⅶ章までの解説が一通り終了する。今回もブラヴァッキーの解説の間違いや、神智学の考える生命の逆進化と進化のプロセスの間違いを指摘するが、あくまでも神智学的解釈に沿って解説を行う。

宗教学講座 中級コース 第50回 シークレット・ドクトリン(スタンザⅦ:前半)

33 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 5 (33 人の評価・計 165 点)
今回から『シークレット・ドクトリン』の第Ⅰ巻Ⅶ章に入る。これでようやく神智学の世界観に基づいた『シークレット・ドクトリン』の解説が一通り終わる。しかしこれまでの解説は、あくまでも神智学の形式に沿ったもので、竹下氏の本意ではない。したがって、後で修正をしながら、本当はこう解釈しないといけないということをもう一度説明することになる。

宗教学講座 中級コース 第49回 シークレット・ドクトリン(スタンザⅥ:後半)

33 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 5 (33 人の評価・計 165 点)
今回解説するⅥ章は非常に重要である。ブラヴァッキーもこの著作の中で言及しているように、いわゆる悪の根源がこれらのスタンザの中で語られているのである。サタンあるいはルシファーについて、様々な伝承が伝えられている。しかし、本当のところはよくわからない。実はそこの核心に迫るスタンザが今回解説するものである。ブラヴァッキーが間違った註釈を付け加えているため矛盾が生じてくるが、これまで通り、あくまでも神智学の解釈に沿った形で解説していく。

宗教学講座 中級コース 第48回 シークレット・ドクトリン(スタンザⅥ:前半)

33 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 5 (33 人の評価・計 165 点)
前回まででアストラル界までの宇宙の創造が終わり、今回からいよいよ物質界の創造を始めるというところに来ている。解釈が一番難しく、何を言ってるかわからないところはもう既に通り過ぎたが、今回解説するスタンザは、「七つの進化系」という神智学独自の概念を知らないと全く理解できないものである。

宗教学講座 中級コース 第47回 シークレット・ドクトリン(スタンザⅤ)

33 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 5 (33 人の評価・計 165 点)
スタンザⅤでは、ハイアラーキーの主要なメンバー、フトマニで表される組織のメンバーが、どのように高次の界層から下の界層に降りて行くのか、その様子が描かれている。そして、それぞれの界層の宇宙をどのように創造していくのか、その様子についても描かれている。今回は物質界に至るまでの中間の界層、アートマ界からアストラル界までの宇宙創造の様子について解説する。

宗教学講座 中級コース 第46回 シークレット・ドクトリン(フトマニ図:後半)

33 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 5 (33 人の評価・計 165 点)
これまで天界の統治の仕組みについて解説している。天界の改革以前は、役職は縁故で占められ、一族やその関係者により統治されていた。この天界の人治主義が写しとなって地上にも影響し、地球規模の混乱の原因となっている。天界の改革以降は適材適所で、相応しい神々がその役職に就き、法治主義で統治されている。地上も同じようにゆっくりとではあるが、相応しい者がその地位に選ばれ、変わっていくものと思われる。

宗教学講座 中級コース 第45回 シークレット・ドクトリン(フトマニ図:前半)

33 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 5 (33 人の評価・計 165 点)
天界の統治の仕組みはフトマニ図を基にしており、ハイアラーキーの統治構造もこれと同じである。そのため、フトマニ図を基にスタンザを解釈すると、スムーズに説明がつくということをこれまで解説してきた。今回は、天界がフトマニ図で統治されているということを補強するために、ハイアラーキーの情報を使い、別の視点からきちんと整合しているということを確かめる。

宗教学講座 中級コース 第44回 シークレット・ドクトリン(スタンザⅣ)

33 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 533 votes, average: 5.00 out of 5 (33 人の評価・計 165 点)
天界はフトマニ図に基づいて統治されている。このフトマニ図に関する知識を前提としてスタンザを読むと、実はハイアラーキーが、フトマニ図の構造で統治されていることが簡単に解明できる。スタンザは、ハイアラーキーたちが自分たちを権威付けするために、宇宙の創造論に重ね合わせて記述したものに過ぎないのである。
1 2