映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

宗教学講座 初級コース 第252回 秘密伝承(スウェデンボルグの霊界2)

67 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 5 (67 人の評価・計 335 点)
前回は、霊界がどんな構造になっているのか、スウェデンボルグの思想を大まかに説明した。今回は、霊との関わりとはどういうものか。実体験を基に、彼自身の内側から溢れてきた知恵を結集し組み立てた思想と霊に関する警告を見ていく。

宗教学講座 初級コース 第251回 秘密伝承(スウェデンボルグの霊界1)

67 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 5 (67 人の評価・計 335 点)
今回と次回はスウェデンボルグの著作から重要な部分を取り出し、彼の霊界に関する見解と世界観を見ていく。科学的な視点で自分の体験を客観的に検証した彼の見識は、形而上学的で曖昧な概念をリアルなものとして実感できる。古今東西を通じて、非常に重要な思想であり、真実である。

宗教学講座 初級コース 第250回 秘密伝承(チベット死者の書2)

67 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 5 (67 人の評価・計 335 点)
前回は、死後の世界の前半の二段階、チカエ・バルドゥとチョエニ・バルドゥを説明した。今回は三段階目の再生の中有、シパ・バルドゥを解説しチベット死者の書の全体像を掴む。果たしてチベット死者の書は、実際に死後の世界のガイドとなり得ているのか。チベット高僧の転生を例に霊的科学の視点から考察する。

宗教学講座 初級コース 第249回 秘密伝承(チベット死者の書1)

67 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 5 (67 人の評価・計 335 点)
これまで行法のレベルでのチベット密教の要点はお伝えしてきた。今回と次回は、思想的な面を理解するためにチベット死者の書を見ていく。どういう思想で書かれ、どんな死後の世界観を持っているのか。

宗教学講座 初級コース 第248回 秘密伝承(ミラレパの十万歌)

67 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 5 (67 人の評価・計 335 点)
前回は房中術の神交法について概略を説明した。今回は、『ミラレパの十万歌』という本の中から、房中術の神交法に関係する所を取り出し、ミラレパというチベット密教の大聖者が実際にどういう体験をしたのか、具体例を見ていく。

宗教学講座 初級コース 第247回 秘密伝承(房中術・神交法)

67 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 5 (67 人の評価・計 335 点)
房中術の体交法は、男女双修功を元に秘伝とされていた部分も解説した。その流れで、非常に関連が深く本質的には同じものだと考えられるチベット密教を説明してきた。今回と次回は房中術の神交法を解説し、この方向から改めてチベット密教を見てみる。

宗教学講座 初級コース 第246回 秘密伝承(幻身・ポワ)

67 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 5 (67 人の評価・計 335 点)
前回、チベット密教の核となる内火の行、チャンダリニーの火の行法の全体像をお話した。この上に様々な行法が組み立てられている。今回はその中から幻身の行と転識の行を取り上げ、その到達点を考察する。最後にチベット密教で非常に人気のある菩薩の正体と最高峰の総帥たちの真の姿を、霊的科学の視点から捉える。

宗教学講座 初級コース 第245回 秘密伝承(ツァンダリー)

67 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 5 (67 人の評価・計 335 点)
2回に渡りチベット密教の基本的な行法をお話し、その中で、最奥儀の基本となる行法であるチャンダーリーの火について前回説明をした。今回は更に2つの文献を取り上げ、これまで正確に捉えられていなかったチベット密教の全体像を初めて明らかにする。

宗教学講座 初級コース 第244回 秘密伝承(チャンダーリーの火)

67 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 5 (67 人の評価・計 335 点)
前回からチベット密教を説明していて、1回目では大まかな全体像を見ていった。あと2回の講義で、一番重要な最奥義に当たる部分である無上瑜伽蜜の究竟次第(円満次第)という修行法の全体像を見ていく。今回は、全ての行法の根幹になっているチャンダーリーの火という行法を説明する。

宗教学講座 初級コース 第243回 秘密伝承(チベット密教)

67 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 567 votes, average: 5.00 out of 5 (67 人の評価・計 335 点)
男女双修功という房中術の説明をしている流れの中で、前回はオウム真理教(アレフ)の行法を説明した。今回はチベット密教を取り上げる。基本となる行法とはどういうもので、実際にどんなことをやっているのか。男女双修功の行法とも比較しながら見ていくと、宗教の本質が浮き彫りになる。
1 2 3 4 5