家族の絆 〜夫婦(15):〈イニシエート〉フロッシーの回心(モーワードへの恋)〜

title_kizuna_fufu15-test
【映像時間】

70分[500円+税]

【内容の一部紹介】

 この本(「イニシエート」匿名の弟子著、クエスト)の主人公モーワード・ヘイグという人や私(竹下氏)は皆さんとは全く違った世界で生きています。皆さんの生きている世界は、私には生きられないなと思います。生きる価値と意味が見いだせません。全く違った世界があって、そういう視点で見ていく生きていくということが大事で、それをお伝えしたいと思っています。
 これまで夫婦の問題をお話ししてきましたが、結婚というのがどういうことなのか考えていただきたいのです。女性にとって一番大きな出来事の一つだと思います。しかし、男性には人生で一番大事な出来事を結婚という人はまずいません。ある程度の年齢になった男性の多くが「定年」といいます。その人の人生はむなしいものだったろうなと思います。いわゆる結婚式や出産をあげる女性も同様です。
 私は心のつながりという意味での結婚を一番大事にしています。人間がどれだけ真摯に自分に向き合っているかによって、人生にとって非常に大きな出来事、大事なことが変わってくるんだと思います。そのときに心のレベルのことをあげる人がいたら、その人は成熟していると思います。
(講演内容を元に編集:文責シャンティ・フーラ)

【概要&目次】
「イニシエート」という本の16章「フロッシー・マクドナルドの回心」を要約したものを今回と次回で話す。
1.モアード・ヘイグや竹下氏が生きている世界 (00:00:00)
  • 映画の中でしかありえないような世界。皆さんが考えるのとは全く違う世界がちゃんとある。そういう世界、視点で生きていくことが非常に大切で、それをなんとかお伝えしたいと思っている。
2.人生における最大の出来事 (00:03:31)
  • 人生の中で何が最大の出来事だったかと聞かれたら、あなたは何と答えるだろうか。個々の出来事を通して、どれだけ真摯に自分と向き合って生きているかで、それは変わってくるのだろう。
3.いつ死んでもいい生き方 (00:10:00)
  • 人間は自分を超えた大きな存在を本能的に理解している。いい加減に生きていると、死んだ時に神様の前で、釈明をしなければいけない後ろめたさといった、宗教的感覚を持つものなのである。もしも余命宣告されたとしたら、多くの人は、急いで仕事をやめて、本当に望んでいたことをやろうとする。私が言いたいのは、初めからそうやって生きたらどうですか?ということなのである。
4.フロッシーのモアード・ヘイグへの恋 (00:23:02)
  • イージーマネーで暮らすフロッシーは、モアード・ヘイグに恋をしている。「女に恋をさせることは、善をなす絶好の機会を与える。」と、モアード・ヘイグ自身は言っている。この本の素晴らしいと点と、竹下氏が指摘するヘイグとの、決定的な考え方の違い、そして、立場的意識の問題点について。
5.女性が安心して生きられる成熟した社会 (00:36:41)
  • これまでの社会は、女性が経済的に自立しない方が、男性にとって得な社会だった。今の欧米の社会では、男女が経済的対等な立場を保つために、子供にしわ寄せが行ってしまっている。これでは子供はちゃんと育たず、未来は暗くなってしまう。この問題を解決するには、国がきちっと個人を保証しなければならない。竹下氏の考える社会と、そのシステムとはどのようなものか。
6.子供をちゃんと育てることと世界の幸福 (00:50:00)
  • これまで、ずっとお話しているような、思想、意識の部分を抜きにして、形だけで法の整備だけを進めたら、どうなるか。恐らく、簡単に離婚する社会になるだろう。これでは最悪の社会ができる。問題なのは、誰がどのような意識で統治をするかということなのだ。国家とは何か。政治とは何か。社会、そして子育てにおける女性の重要な役割と、男性の役割について。
7.幸福であることに価値を置いて生きる (01:02:00)
  • フロッシーのように、一度娼婦に身を落とした女性が、その暮らしから、なかなか抜け出すことができない原因。そこには、社会システムと、人々のお金や、幸福というものに対する誤った意識の問題がある。社会の悪はいったい誰が作っているのか。
終わり(01:10:24)

【参考文献】
  • 「イニシエート」匿名の弟子著、クエスト
【キーワード】
3年、お姫様、お金、しわ寄せ、ちゃんと生きる、つまらない人生、やりまくる、イージーマネー、カルマ、キリスト教的観点、セックス、ビジョン、ビック・バン、メイド、メソジスト教徒、不安定な社会、不幸、両親の態度、乳飲み子、人類の苦悩、仮面夫婦、作り話、保育園、個人の保障、偏狭、偽りの夫婦、先見の明、内的高み、出産、分部不相応、北欧、医療費、唯物論、問題解決、回り道、困る、困窮、国のため、国の援助、国の財産、国家の投資、国民の要求、地上の苦しみ、堅気、堕落した女、夫婦の調和、婿、嫁、子供の教育、子育て、孫の結婚式、宗教、宗教的感覚、定年、家庭の平和、対等、小説、崩壊した家庭の典型、庇護、後ろめたさ、後悔、御殿、心のつながり、心の傷、必要最低限の生活保障、思想、恋、恋で悩んでいる人の助け、恐れ多い、恥ずかしい、悪戦苦闘、悲惨、惨め、意識、愛、愛情要求、抵抗しない、挫折体験、捨てられた、政治、政治家、教義、教育、敬虔、施設、映画、期待、未来、未熟、本能、本音、松井選手、某和戦争、欲求不満、死に対する逃避、死後の世界、死期、母乳、民意、法の整備、消費税、火の試練、物理学者、犠牲、独立要求、王子様、現実、生活必需品、生計、男、男の浮気、男女機会均等、畏敬の念、社会の寄生虫、社会の混乱、社会保障、神様の前、精神的病、精神的苦悩、素敵な恋、素晴らしい女性、経済、経済的問題、経済的苦悩、結婚、結婚式、繁栄、罰、美しい女性、自分のため、自責の念、良い家庭、若い女、虚しい人生、記録、詩、財源、財産、身分、転生、退社、逃げる、選択の余地、釈明、釣り合わない、錯覚、間違った生き方、集団的管理、離婚率、霊的世界、非行、養育、餓死、高級車

Share.

About Author

2件のコメント

  1. 参考になった(1)

    間違った生き方をしている人は、後ろめたさから、死後の世界があるのを嫌うとのこと。私は、この世界で生きるのが苦痛で、死後の世界が待ち遠しいです。私は死ぬまでは、この世界の苦痛の種を減らし、喜びの種を増やしていこうと思います。

  2. 参考になった(5)

    題名を見て、これは今の自分とはあまり関係がないな…と思っても、とにかく見てみる。そうすると必ず珠玉の一言、心にひびく言葉が出てきます。映像配信は宝の山です。これを(この回だけではないですが)見ないなんてもったいない。