家族の絆 〜夫婦(13):〈イニシエート〉不倫(バッキンガム少佐の例・2)〜

試聴映像

映像を観る

時間
76分
価格
文字起こし

概要

前回、「イニシエート」からバッキンガム少佐の夫人の不倫の物語を話したが、今回はその続き。不倫はこの世界の日常茶飯事で、世界中でどれだけの人が苦しんでいるか計り知れない。正しくそこから抜け出さないといけないが、そのためには大変な知恵がいる。

目次

1.正しく生きた人、間違って生きた人 (00:00:00)

正しく生きた人、間違って生きた人、自分がどちらであるかは、死ぬときにはっきりとわかる。不倫をしているときは、精神的に溺れている状態であり、一生懸命生きている。しかし、一生懸命生きることと、正しく生きることは違う。不倫を正しく抜け出すこと、正しく生きるとはどういうことか。

2.バッキンガム夫人の心境 (00:17:47)

この世界の人類の苦しみは、愛と恋を混同視している事から来ていると考えている。愛と恋と愛情の違いを明確に示す。“愛する”とはどのような感覚なのか。

3.ユスティン・モーワード・ヘイグの助言(英知の言葉) (00:29:07)

“真の愛”とは何か。モーワード・ヘイグが、バッキンガム少佐に語った確信の三行の言葉。この三行が分かるかどうかが全てだ。これが分かる人は、ひょっとしたら“真の愛”を体現する可能性のある人である。これが分からないとしたら、それは、愛ではなく、恋であるということなのである。

4.ユスティン・モーワード・ヘイグの助言(英知の導き) (00:57:12)

妻を恕(ゆる)すことに「難しい」と答えるバッキンガム少佐に対し、モーワード・ヘイグが語りかける。結婚とは何か。恕すことの価値とは何か。モーワード・ヘイグが語る愛とは、この世界で一般的に理解されている“愛”(恋)を遥かに超えた次元であることを理解しなければならない。なぜ不倫をされると苦しいのか。恋をすると苦しいのか。それらの苦しみに捕らわれることのない“真の愛”について。

終わり(01:16:08)

※詳しい目次は、映像を購入してログインすると見ることができます。

参考文献

  • 「イニシエート」匿名の弟子著、クエスト
ありのままの存在、ぬいぐるみ、のんびり、ふてぶてしい、ゆったり、アナーハタ・チャクラ、アーバン博士の方法、イモリ、オリンピック、カモノハシ、ガールフレンド、キリスト教、グランドキャニオンの風景、サハスラーラ・チャクラ、ジョゼフィーヌ、スポーツ選手、セックス、トラブル、ナポレオン、バカなこと、パノラマ、パートナー、ペット、ポアンカレ予想、リンガシャリーラ、リーマン予想、ロマンチックな感情、一夫一婦、一夫多妻、一生懸命、不倫、両極端、中途半端、中道、人格の高さ、人間としての成熟、人間として成長する、人間の魂、人類、仏陀、仕事中毒、他の男の抱擁、仲睦まじい、体は安全を求める、保護、修行、俺のもの、傷を残す、兄妹、別の形の愛、別れる、努力、勉強、化学反応、友情、友愛、友達、受け入れる、可愛い、喜んで手放す、夢を追わない、大自然、夫、夫婦、夫婦の愛、夫婦関係、夫婦関係の危機、奇跡、女として飽きられる、女性の美徳、好き、妻、妾、嫉妬、嫌悪感、子供、子供のため、学ぶ、宇宙、守られること、完全無欠、完成、官能の満足、幸せ、幻影、幽体、強い絆、徳の高さ、心のレベル、必死で生きている人、怒り、思い続ける、思考、性格の気高さ、怪我、恋の病、恋人、恋人同士、恋愛、恋愛映画、恨む、情欲、想定外の美女、愛が芽生える、愛は深く広くなる、愛を求める人、愛を知らない男、愛を育む、愛情、感情、憎しみ、成熟、成長する糧、所有欲のない愛、数学者、新幹線、星、最中道、最良のやり方、最高の友人、期待、本当の愛、桑田投手、権力、歓喜、正しく生きた人、死ぬ時、母親、深い喜び、清らかな交際、災い転じて福となす、無益、無関心、父親、犬、生き甲斐、畑を耕す人、目標、目的、相剋、相容れない、真の喜び、真剣に生きている人、真剣に苦しむ、知恵、社会的地位の高い人、神々、神の性質、神的な出来事、私のもの、精神的、絆が深い、経済力、経験、結果、聖人君子、肉体的な愛欲、肉体的情熱、肯定的、自分の体、自我意識、自然、舞台、苦しみたい、英雄的見地、見返り、親子関係、許すこと、証券会社、認める、誰かのせいにする、貞操観念、賢者、距離、身体、過ち、遥かに高度な直感、遥か彼方の高みにある愛、遺伝的、遺産相続、野球、金、金メダル、間違って生きた人、願い、馬、魂、魂の愛、魂は真実を求める、10点満点、6年間苦行、7点以上、ICOCA
Share.

About Author

5件のコメント

  1. 参考になった(0)

    恋が激しければ激しいほど、それが冷めた後の幻滅は大きくなり、苦しみも増すと思います。恋をせずに、最初から愛を育むようにした方がいいですね。

  2. 参考になった(0)

    お話を聞いてると、魂の求めとリンガシャリーナの求めとは違うという、相剋の流れに、今の自分は、「ズポッ」と嵌っている事を悟りました。毎日、魂にこびり付いた焦げに、気づきを貰えてます。魂のレベルがどこにあるのか、波動どうりだと、納得した講義でした。

  3. 参考になった(3)
    めいこちゃん on

    再度、見ました。
    愛ならば、距離さえなくなり〜〜それは直感しているもの、相手の状態さえわかるもの、、、ひとつの素粒子を思ってしまいました。
    可愛がっている動物たちへの思いとしてのたとえが、理解しやすかったです。
    自然、夜空の星を自分のものにしたいなどとは思わないですよね、愛のことを思うとき、その感じを思い出して自分の気持ちを確かめようと思いました。

  4. 参考になった(0)

    >この世界は、リラックスして、ゆったりのんびり生きたらいいのです。

    「ぴ・よ・こ・と」の中で私が大好きな言葉が、この回にありました。
    何かホッとします。
    みんな、そんなに頑張らなくていいんだよって言われてる気がして・・・

  5. 参考になった(0)

    すごい、すごい、すごい、、、この講座、うちにとっては宝の箱です。知ってたと思っていることも入っているはずなのに、心に80~90%の文がズシズシ響きました🎵ーということは、知ってたとしても実践できとらん、という証なのだ。。。

    中でもいっちばんすごかったのが、星を所有すると思う人は余りいなくて、だから永遠なのだ、というところ★

    この講座の一言一言が、すべてこんなに重くなくて、ああ、これらの言葉を生きてるな、って思える日が来ることを、とにかくひたすら信じて、、、、ああ、でもその前に、繰り返し聴いてみよう、、、

    あ、あと、誰かが自分のことを許してくれた経験がある人ほど、他人を許しやすいと思うので、率先して許してゆこう、って、思いました。(許すのって、楽しいし。トイレに行って、すっきりするのと同じ感じ🎵クセになりそう、るんるん𝄞 「趣味はなんですか」「許すことですう」なんて、、わあ、かっくいい)