家族の絆 〜夫婦(1):男と女の価値観(1)〜

幸福に満ちた夫婦関係は、竹下雅敏氏が最も大切にしているものの一つです。

パートナーと共に本当の愛を育むにはどうすればいいのでしょうか?
そしてこの現代を二人で正しく生きるには、どうすればいいのでしょうか?

本シリーズは夫婦関係にとどまらず、人間はどう生きるべきか、どのようにして幸福な社会を作れるのか にまでも踏み込み、東西の哲学・思想、世界の文明と歴史、経済・金融・会社の経営…… あらゆるテーマに展開する壮大なシリーズです。

【映像時間】

73分[無料]

【概要&目次】
夫婦関係は一番大事なものである。正しい優先順位、結婚の基準、また男女が求めるものの理解など、幸せな夫婦関係を築くためにどうしたらよいのかを話していく。
1.優先順位と人間関係 (00:00:00)
  • 幸せな人生を送るには人間関係の優先順位を間違えないことだ。お互いに深く立ち入らず、トラブルを起こさないことが優れた人間関係なのではない。本当の人間関係、そして人が関係性の中に求めている本質的なものはと何か。
2.男と女、それぞれの価値観 (00:10:08)
  • 男は学歴や社会的地位を積みたがる、女もまたそういったものを持った男性と結婚したがる。男も女も「そうしたら幸せになれる」という幻想を抱いているが、こういった価値観では絶対に幸せになれない。どういった基準で結婚相手を選ぶべきか。人間を本当に幸せにする価値観とは何か。
3.男が求めるセックス、女が求める優しさ (00:29:31)
  • 女はセックスよりも抱きしめられることのほうが重要であることを、男は理解していない。女もまた、男にとってセックスがいかに重要かということを理解していない。男と女の性質、感覚の違いを、「話を聞かない男、地図が読めない女」という本を参考にしながら見ていく。
4.女性が求める感覚 (00:51:57)
  • 結婚前と結婚後で、男性の女性に対する態度はどう変わるか。女性が男性に求めている感覚について詳しく見ていく。また、その感覚を満たすことは、男性にとってはどのようなものなのか。
5.正しいセックスで男女が輝く (01:00:59)
  • 夫婦の愛を育てる正しいセックスとはどのようなものか。男性には非常に高い性的成熟が要求される。正しいセックスをすることで、性感が開いてきて、お互いに究極の満足を得られる。正しいセックスによって男女の愛は完成する。
終わり(01:03:06)

【参考文献】
  • 「話を聞かない男、地図が読めない女」アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ著、主婦の友社                                           
【キーワード】
25日、いい女、お金、しきたり、エネルギー、オードリー・ヘプバーン、オーラ、ガラパゴスゾウガメ、グレース・ケリー、コントロール、サイ、サルコジ大統領、シンデレラ、ストレス、スーパーモデル、セックス、セーブ、ダイアナ妃、チャールズ皇太子、ナイアガラの滝、バリア、リラックス、不幸な結婚生活、不満、世界遺産、人間関係、仕事、仕事を愛する、代償、修行、内側から輝く、刀、包み込む、原始時代、友人関係、右側優位、名声、喧嘩、地位、夫婦、夫婦仲、夫婦関係、好き、嫁姑、子孫繁栄、子育て、学歴、守る、家庭、家庭崩壊、家柄、射精、巣作り、年収、年齢、幸せ、幻想、性の喜び、性感、性欲、性的な快感、愛されるている実感、愛する、感じる、感覚、態度、抱きしめる、挿入、敏感、権力、武士、満足、狩り、王家、男女の愛の完成、経済的パートナー、結婚、職人の心、股間、親子、親子関係、許しあう、財産、鈍感、麻生総理

Share.

About Author

11件のコメント

  1. 参考になった(3)

    第1回目なので、内容が凝縮されていて、生きる中で一番大事なものが何かを教えていただきました。

  2. 参考になった(3)

    大切な物の優先順位はびっくりしましたが,確かによく考えるとうなずけます。
    今まで全く聞いた事のない内容でありながら,わかりやすく有るべき方向を具体的に示してくれています。すごいです。

  3. 参考になった(4)

    東洋では親子関係(縦の関係)を中心に家族が成立し、西洋では夫婦関係(横の関係)を中心に家族が成立する傾向があります。しかし、考えてみると、よい夫婦関係の中でのみ子供をきちんと育てられるのが普通なので、親子関係より夫婦関係を優先することは理に適っていると思います。

  4. 参考になった(3)

     男の人って、そういう生きものなんですね。よくわかりました。明らかにして下さいました。ありがとうございます。パートを週に2日だけにして、正解でした。

  5. 参考になった(4)

    父と「話を聞かない男、地図が読めない女」の話をしたことがあります。男は愛の表現として世界一高い山にのぼり、世界一広い海を渡ろうとした、というところで

    「男性は、何かを達成したいと思うものだよ。でも女性は、そばにいることなんだよね」って、父は話してました。父と母のけんかの理由はいつも、母が「あのとき家にいてくれなかった」っていうことで、子供ながらに、もう、いいじゃないか~~~って思ってたけど、結局わたしも、同じなんだなぁって、今は思います。

    「つらいときにそばにいてくれる人」が「わたしを愛してくれている人」なんだと感じたんだろうなって。

    男性と女性の違いを分かっているつもりだけど、きっと本当にはわかっていないんだろうなぁって、改めて思いました。

    わたしの防御をはずすのは、大変なんだろうなぁぁ、、、、でも、自分自身でもどうしたらいいか分からないから、とりあえず、祈る日々です。

  6. 参考になった(12)

    夫は最初「じっとしてたら何も感じないよー」と言ってましたが、最近ちょっとだけ上手くいくようになってきました!
    もちろん前より夫婦仲がうんとよくなってきてます。(昔は離婚寸前でしたけど・・)これからもっと愛し合っていきたいです。本当に大切なことを教えてくださってありがとうございます。

  7. 参考になった(1)

    確かに「う~~~~~ん」と思ったり
    「現実にはありえない」とか思うことが色々ありました。
    ただ勉強になったことは確かです。

    また個人的にはこの動画を学んで続きも欲しくなりましたが以前に購入した「●●」を余計やりたくなりました。

  8. 参考になった(0)

    男と女…
    何時の時代も結局はそうなりますね。
    また本日で3回目(だったと)の視聴ですが何故か職場などの「セクハラ」のことまで
    考えてしまいました。
    恋人とかではないのにズレているみたいですが男と女の本質で考えさせられたのです。

  9. 参考になった(1)

    興味深く、時に吹き出しながらw 拝見しました!!
    個人的に、以前よりとても気になっていた事があり、竹下先生に伺ってみたいことがありました!
    昔々から、男色、昨今では、セクシャルマイノリティ…いわゆる同性愛やバイセクシャルなどは、靈的(靈律)には許されているのか!?如何なのでしょうか。
    やはり問題外、道に外れた(闇に堕ちる、獣の道)形なのでしょうか!?
    ご教唆いただけましたら、とても有り難いです♪m(__)m

  10. 参考になった(3)

    Rie@ 様

    同性愛については、こちらの記事の竹下氏のコメントが参考になるかと存じます:

    [田中龍作ジャーナル]ブルネイ、同性愛に「石打ちの死刑」 大使館前で抗議 – シャンティ・フーラの時事ブログ
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=65316

    また、同性愛と悪魔崇拝や霊的な罪との関係は
    宗教学講座 初級コース 第252回 秘密伝承(スウェデンボルグの霊界2) の01:22:32頃の講師の発言

    同性愛と霊的な器官であるチャクラの回転との関係については
    宗教学講座 初級コース 第239回 秘密伝承(房中術・男女双修功3) の35:44頃の講師の発言

    以上をあわせてご参考にしていただければと思います。

    (シャンティ・フーラ)

  11. 参考になった(2)

    シャンティフーラさま

    早速のご親切なご回答を、どうもありがとうございます☆
    ご紹介されている動画も視聴させていただき、正しい判断(選択)が出来るようになれたら!と思います。