家族の絆 〜夫婦(11):愛のヨガ(総括)〜

試聴映像

映像を観る

時間
69分
価格
文字起こし

概要

これまで、ルドルフ・フォン・アーバン博士の『愛のヨガ』これが非常に重要な本で、ここから重要なところを抜粋して紹介してきた。今回は、これで『愛のヨガ』の愛の六ヵ条に関しては話を終えたいと思うので、今までの講話で話しきれなかった部分をまとめる形で話したいと思う。

目次

1.レイノルズ一家 (00:00:00)

近いうちに「レイノルズ一家」というタイトルで体癖について楽しく学べるページを立ち上げたいと思っている。その驚くべき構想とは…。

2.「経典」最中(もなか)の教え (00:05:53)

“レイノルズ一家”の中の仮想の宗教団体「南台 大乗部会」の非常に重要な経典「チンタマ・シッタンダ著 初珍宝倫 ナンユッタ・パポーヤ」の中に書かれている、「避けるべき二つの行き方」について解説する。

3.「経典」四性諦の教え (00:10:39)

コバンダザメ、コバマレタザメ、ガマンダザメ、フマンダザメ、夫婦関係を破綻に導くこの四つの尊い珍理(苦しみ)について解説する。

4.愛情要求と独立要求 (00:22:49)

愛情要求・独立要求が満たされている人、満たされていない人の取る行動と特徴について。正しい性交渉が、愛情要求と独立要求の両方を究極の意味で満たすというのは、なぜなのか。

5.女性主導型と男性主導型のセックス (00:40:53)

一般・女性主導型と一般・男性主導型のセックスのエネルギーの流れと、作用について説明する。微細知覚器官を発達させるポイント、そして、正しい性交渉により得られる、これまでの宗教では到達し得なかった“至高の愛”と“解脱”について。

6.男女を満たす性交渉”カレッツァ” (00:59:46)

セックスの中での喜びは、97%は微細知覚器官(カレッツァ)から得られるもので射精は3%に過ぎない。確かに射精には強烈なエクスタシーが伴うが、その3%を捨てたとしても、それはとんでもない喜びであり、誰も経験したことがないものである。ほとんど多くの人類がこの至上の喜びを経験せずに死んでいくのは非常にもったいないことである。

終わり(01:09:28)

※詳しい目次は、映像を購入してログインすると見ることができます。

参考文献

  • 「愛のヨガ」ルドルフ.V.アーバン著、野草社
あるがまま、いっちゃった人、アソコの締まり、アホタ・レイノルズ、アラブの王族、アーバン博士、エネルギー、エネルギーのルート、エネルギーの流れ、オムツ、オーガズム、カレッツァ、ガマンダザメ、キス、キリスト教、クライマックス、コバマレタザメ、コバンダザメ、セックス、ダミーの宗教団体、バベルの塔、パワー、パータ・レイノルズ、フマンダザメ、ブリジット・バルドー、プータ、ヘコタ・レイノルズ、マリリン・モンロー、マリー・カスルディン、ムーラオ・カスルディン、ワーズワース、ヴィーナス、一大イベント、一般・女性主導型、一般・男性主導型、不感症、不満、与える愛、乳房の要求、五感、五重塔、人間、人類、仏教、会員、会長、伝承、体の中心、体を感じる、体を痛めつける、体位、保育瓶、修行、偶数体癖、働きかける力、先住民、八性道、出家、創造的な生き方、動物、動物的な性交渉、受け取る愛、受け継ぐ、口・手・足・性器・肛門、古代の女性美、司祭、合気道、名声、喜び、四性諦、土偶、地位、変態クラブ、変態的行為、夫婦、夫婦関係、奇数体癖、女、妄執、妻の義務、子供、子孫、宇宙、安全日、完成形、宗教、宗教団体、宗教家、官能欲、射精、幸福、弁護士、強烈なエクスタシー、彼岸、微細な身体、微細感覚器官、微細知覚器官、微細運動器官、思想、性器、性感、性欲、性的な放蕩(ほうとう)、悟り、惹きつける力、意識、愛の六ヵ条、愛情要求、愛撫、感じる、感受性、感度、感覚器官、態的行為、我慢、拒まれる、拒む、排泄器官、摩天楼、擦る、救世主、料理人、断念、断食、方法論、最中(もなか)、最中道(もなかみち)、最高の喜び、有害、本能、枕の位置、植芝盛平、権威、欲求不満、正しいくつろぎ、正しい体位、正しい回数、正しい方位、正しい準備、正しい精進、正しい継続時間、正しい集中、死にたい欲望、残心(ざんしん)、母親の愛情、気、気のレベル、気の流れ、涅槃、渇愛、滝に打たれる、無明、煩悩、牧師、犬、独立要求、独身、理事長、生きたい欲望、生命欲、生殖器官、男、発声器官、真理、瞑想、知覚器官、社会的地位の高い人、禁欲、禅の坊さん、秘密クラブ、結婚した年月、耳・皮膚・眼・舌・鼻、能力、能動性、自ら立つ、自己、自我の死、自然、至高の愛、興奮、苦行、英知、解脱、調和、貪り、通常の性交渉、運動器官、邪気、部族、頭頂、高いビル、魅力、鮭の遡上、10種体癖、3種-10種体癖、3%、9種体癖、M、S
Share.

About Author

2件のコメント

  1. 参考になった(0)

    重要な点が多い講義でした。カレッツァの完成形で解脱し、男性主導型のセックスの完成形で涅槃に入るという点では、なるほどと思いました。おそらく私の高次の身体はこの講義の内容をすでに知っていたと思いますが、ようやく肉体レベルでも理解することができました。

  2. 参考になった(2)

    最初にカレッツァをやった時に(カレッツァをやっているという自覚はなかったのですが)たくさんの気が入ってきて,それから相手に流れ込んで,これまでとは違う満足感がありました。こちらの映像を拝聴しましたら,なるほど,こういうわけだったのか!と納得です。しかも,もっと先があるなんて!予想はしていましたが,理性が邪魔をして途中でやめてしまっていました。でも,やめる必要はないということがわかって安心しました。セックスのことなんて他の人には聞けないし,自分が体験したことを他の人も体験しているわけではないので,なにかおかしいことが起こっているけれど,これはどういう意味なんだろう?と疑問ばかりが増えてしまいます。でも,竹下先生の解説を聞いていると理由がわかり,自然なことなんだ!と安心できます。これからもこういう方向で続けたいなと思えるような内容でした。気の感覚がわかるカップルにこの映像を強くおすすめします!