アーカイブ: 事件

伊藤詩織さんの事件を海外メディアが大々的に報道! ~安倍政権にとって致命傷になり得る水爆級の事件~

竹下雅敏氏からの情報です。
 海外メディアが、詩織さんの事件を大きく取り上げているようです。日本での報道とは、対照的です。
 この件は、安倍政権にとっての致命傷になり得る事件なので、メディアに対して、相当な圧力がかかっているのだろうと思います。この件は、当時の刑事部長だった中村格が事件をもみ消したということでしたが、彼は危機管理の専門家で、現在は、安倍政権で、共謀罪摘発を統括する警察庁組織犯罪対策部長です。古賀茂明氏やクローズアップ現代の国谷氏に圧力をかけたのも、この男だと言われています。
 安倍政権は、よく一強多弱と言われますが、実際には安倍政権の権力基盤は脆弱です。ごく一部の熱狂的信者とその取り巻きが居るだけです。政権が強固に見えるのは、メディアコントロールのおかげだと思います。真相が暴露されれば、一瞬で吹き飛ぶでしょう。
 伊藤詩織さんの件は、まさにその意味で水爆級であり、政権側もそのことをよく理解しているため、非常に警戒しているのだと思います。しかし、外堀から徐々に埋められている感じです。近く始まる国会のために、準備を整えている感があります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
山口敬之準強姦事件を海外メディアが大々的に報道! NYTの直撃には山口がまたぞろ卑劣コメント
引用元)

ニューヨーク・タイムズ電子版より

「#MeToo」運動が世界的な盛り上がりを見せているが、その流れのなかで、この年末から年明けにかけ、海外メディアが日本で起きた性暴行事件を大きく報道し始めた。
 その性暴行事件とは、ほかでもない“官邸御用ジャーナリスト”・山口敬之氏による伊藤詩織さんへの準強姦・逮捕もみ消し疑惑だ。
 イギリスのBBCでは「#MeToo」運動に関連して詩織さんのインタビューを伝え、フランスではフィガロ紙や週刊誌「レクスプレス」、テレビ局のBFMなどが、イタリアでもコリエレ・デラ・セーラ紙が報道。また、アメリカの政治系ニュースサイト「ポリティコ」の欧州版は「Saying #MeToo in Japan」と題して詩織さんの手記を掲載し、スウェーデンの大手紙ダーゲンス・ニュヘテルのウェブサイトも詩織さんの動画付きで大きく報じた。
 なかでも米紙ニューヨーク・タイムズは、12月30日付の1面と8面で大々的に報道。詩織さんの告発を伝えるだけでなく、山口氏を直撃して、卑劣すぎるコメントを引き出していた。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
 
» 続きはこちらから

NHK紅白歌合戦の裏側【金・女・暴力団】を元NHK職員が実名付きで語ります。[後編]

竹下雅敏氏からの情報です。
 後編は、NHK芸能部と業者との関わり、そして、芸能のもう一つの目玉である相撲協会の闇が語られます。
 NHK芸能部が業者に対して架空請求を行わせ、NHKの経理局から支払われた「紅白歌合戦の予算」の多くを芸能部にキックバックさせることで、組織的に数十億ものお金を横領する流れがあること、その構造に警察のメスが入りかけた時に、鍵を握る業者が東京湾に沈んだことが、具体的に実名で語られます。そう言えばNHKの横領が話題になった当時、私自身も、NHKの思惑通り「大きな組織の中には一人くらい不正を働く者も居るのね。」と思った記憶があります。前提にNHKは品行方正というイメージが抜きがたくありました。
 さらに、業者の不審な死をきっかけに、立花氏は、相撲協会が暴力団と深く繋がっていることをNHKが積極的に利用し、表に出ない年間数十億ものお金を相撲協会に渡して「NHKに都合の悪い人間を始末させている」という背筋の凍るような実態を糾弾します。良心に従い告発しようとして葬られた人々は一体どれほどか。
 紅白の予算にせよ相撲協会への怪しい裏金にせよ、それら不正なお金に受信料が利用されるということは、国民が知らないうちに犯罪に加担していることになります。
 いつも腹の据わった、軽快な語り口の立花氏が、時折、怒りに声を震わせて、NHKを無邪気に視聴する人々に「早く気づけ!」と訴える動画です。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
NHK紅白歌合戦の裏側【金・女・暴力団】を元NHK職員が実名付きで語ります。[後編]
配信元)



《文字起こし開始》


(11:40)
で、問題になったのはこっちの方、業者の方なんですね。



NHKの芸能部っていうのは、もうこういうね、金と女の汚い関係をやっているから、お金の感覚が完全に麻痺してるんですね。で、どんなやり方をするかっていうと、これ、まあニッシンドウ、僕、名前も別に隠しもしないんで、ニッシンドウという業者がありました。少なくとも。今もあるかどうかわかりませんが。このニッシンドウという業者にですね、例えば、このニッシンドウという業者がさらに下請け会社からトロフィーを、7万円のトロフィーを10個買うと70万円でしょう。これを購入してですね、納品してもらうと、ここで70万円の取引が、70万円のトロフィーが入りますよね。で、ここから、NHKの芸能部に納品されるわけです。70万円分の「モノ」が。


ところがですよ。芸能部というところは、こんなものね、70万円でも70万円かどうか分からないから、200万円請求してくれというわけです、業者に、200万円。そうすると、業者は200万円請求すると、NHKの芸能部は「これ200万円払うとったってくれ」とこう行くわけです。芸能部は経理局に200万円払ってくれと伝票を作るわけですね。
経理局はもう馬鹿だから、NHKの経理局ってホント馬鹿なんすよ。全然チェックしないから。言われたまま200万円払うんですよ。

とするとこの業者は、NHKから200万円、経理局から200万円もらいました。で、トロフィー会社、実際、この業者の下請け会社には70万円しか払いません。で、まあ税金とか、ここの業者(ニッシンドウ)の利益があるから、30万円くらいもらうわけです、ニッシンドウさんは。

で、残りの余った、200万円から70万円と30万円を引いた100万円が、NHKのこの(天海)部長とかにキックバックされるんです。不当なお金が回って行くということなんです。で、これを、こういう不正なお金のやり取りをしてたのが、磯野さんというチーフプロデューサーです。


してたというか、やっていてですね、週刊文春の中村竜太郎さんというのですが、これ今あのー、フリーになってですね、けっこう、、調べてみて下さい、フジテレビの「バイキング」とか「みんなのニュース」とかによく今出てるみたいですけど、中村竜太郎さんという週刊文春の記者がですね、磯野さんの、この2億円に渡る不正なお金の流れ、もちろんこのニッシンドウだけじゃないんですが、いろいろな業者を使ってですね、2億円をポッポナイナイ、いわゆる横領をしていた。これ実際捕まりました。実刑5年です。5年間刑務所に行ったんですよ、この磯野さんという人。

(14:24)
で、これが暴かれたのが2004年の7月20日だったんですね。もうだから今から13年半前、約もう14年前です。僕が報道局というところから編成局に人事異動になったその日の夜だったんですけども、週刊文春が、NHKのこの磯野さんの不正をですね、記事にするという情報が入ったために、夜の8時に緊急に記者会見を開いて、NHKの内部の調査で不正経理が発覚しましたと言って、理事たちが頭を下げたんです。当時は2000万円とかって言っていたのですけど、最終的に調べたら2億円だったんです。

僕は、その頃ですね、芸能部の一連の不正の事件の、不正を暴くための調査チームに行ったんです。行ったというか、もう転勤した先がその編成局の経理ってとこだったんで。で、最初2000万円と発表していたのが、どんどんこれが増えて行くんです。で、調べて行くと、磯野さんというチーフプロデューサーだけじゃなくて、天海さんや並木さん、そしてDという今名前をあえて言いませんけど、まあ、言ってもいいんですけど、あのー、ヤナギさんとかね、とかねっていうとNHKにいる人みんなわかってるんですけど、いっぱいいるんです、10人くらい。そうすると、多くの人が金額は別にしても、2億円とか何億円とか悪いことしとるんですよ、みんなこれ。ちなみにこの並木さんでしたら5億円やってると週刊誌に書かれてます。実際この並木さんの方が磯野さんより偉いですから、5億円くらい、この人はやったんじゃないかと言われてますが、いずれにしても僕たちが調べた、NHKの内部で調べたら、20億から30億円も不正なお金が使われていたんですよ、この紅白歌合戦の予算、まあ紅白だけじゃないんですけど、紅白歌合戦の予算などを使って、なんとこの芸能部に所属している部長以下、チーフプロデューサー、チーフディレクター、エグゼクティブディレクターが、20億、30億円もの犯罪を犯していることが分かった。

(16:33)
そしてですね、その調査をしている時に、なんとなんと恐ろしい事件が発覚してですね、これ全然公になってませんが、この業者ですね、このニッシンドウの重役さんがですね、なんと東京湾に車ごと落ちて死んじゃったんですよ。もうこの時ね、捜査2課です、警視庁の捜査2課が「NHKさん、本気でやるんですか」と。「こんなことは、ね、業者にいわゆる高い額、架空の請求書や高い請求書を発行させてキックバックしてるなんていうのは、あたり前にによくあってることで、テレビ局ではあたり前のことでしょ。」と。「NHKさんが本気でやるんだったら、警視庁としてもちゃんとやります。」ということで、実際、警視庁は、NHKはこういう交渉をしたんです。

磯野というチーフプロデューサーがもう週刊文春の中村竜太郎さんに目をつけられて、証拠まで握られてるから、この磯野の単独犯にしてくれと。この磯野だけが悪いことにすることについては、NHKは協力します、と言って、わざわざ渋谷のセンターの中の一室をですね、警視庁捜査2課のためにですね、ひとつ部屋を設けて、この20億から30億の不正経理の中の、磯野が関わったものだけを警察に出すってことをやってたんですね。で、当然ですね、こういう業者が架空の請求書を発行しないとね、70万円とか100万円のものを200万円で請求しましたっていう業者の証言がないとですね、裏付けが取れないから業者を呼んだんですが、その警察が呼んだ、ニッシンドウの重役を呼んだ日に、任意の警察の事情聴取を受けたその日の夜に、東京湾に車ごと落ちて死んでるんですよ。怖い話でしょ。ブレーキを踏んだのかとか、よくわかりません。少なくとも、警察に事情聴取をされた日の夜に、東京湾に落ちて死んでるんですよ。それがいきなり自殺、なんですよ。殺されてる可能性あるじゃないですか、NHKの関係者とか、NHKの人にね。

(18:52)
なぜこの人が殺されるのかって言うと、この業者の人は多分本当のことを言ったんだと思います。警察の事情聴取で。「えー、磯野さん、やりましたよ。NHKさんと取引してNHKさんの言うこと聞かないと、NHKの仕事を取れないから、会社が潰れるから、NHKの芸能部の天海さんであろうが、並木さんであろうが、磯野さんであろうが、Dさんであろうが、Eさんであろうが、Fさんであろうが、Gさんであろうが、NHKさんの言われる通り請求書を書いて、で、NHKから入金になったものをNHKの各ディレクターとかプロデューサーにお金を払ってましたよ。」ということを多分本当のことを言ったんでしょうね。

そうすると、この業者が全てのNHKの芸能セクションの人間と悪いことをしていた、この人が本当のことを言うと、単独犯にしたかったNHK、磯野チーフプロデューサーだけに罪をなすりつけたかったNHKの経営側としたらですね、困ったことになると。困ったから、この人を殺してしまったんじゃないか、ということが、これはまあ推測の話ですけどね。もともと死んだことは間違いないけども、自殺したのか、殺されたのかわかりません。事故かもわかりません。

で、この時にですね、僕が一緒にこの内偵をしていた、内偵というか仕事をしていたNHKの弁護士、この間、東京最高裁判所の大法廷でNHK側の代理人と出ていた梅田君という弁護士なんですけどね、まだNHKの弁護士として居ます。梅田、、下の名前ちょっと忘れちゃったけど、えー、この話を実際その時してました。で、もう殺されたんじゃないか、で、僕はこの時に「NHKって人殺しまでするのか」と、ちょっと恐怖を感じましたけど、ちょっとというか相当恐怖を感じました。

» 続きはこちらから

スパコン詐欺事件の斉藤被告らの再逮捕 ~彼らの理想社会はAIによる人類支配~

竹下雅敏氏からの情報です。
 スパコン詐欺事件の斉藤被告らが再逮捕されたとのニュースですが、ゆるねとにゅーすさんのこの事件に対する視点が斬新で、興味深いと思いました。
 斉藤容疑者は「シンギュラリティ(技術的特異点)」によるAI(人工知能)の人類支配に関心を持っているとあります。彼らの理想社会は、 AIによる人類支配です。99%の一般市民は、 「ユニバーサル・ベーシックインカム」の導入と、AIによる統治によって、ゴイムとして飼い慣らされる世界だと指摘しています。
 斉藤容疑者の周りにいた人物を考えると、ゆるねとにゅーすさんのこの指摘は、正しいのではないかと思います。
 この手の連中は、人類が将来2極化し、1%の支配層は人工知能とナノロボットでつながり、神のような能力を手にすることを望んでいるのだと思います。加えて、自分自身に遺伝子操作を施し、若返りや不老長寿を目指すのではないでしょうか。残りの奴隷である99%は、ベーシックインカムに基づいた偽りの理想社会で、人工知能に完全監視されることになるのだと思います。
 フルフォード氏によれば、イルミナティの13家は、中央銀行の支配権を国民に与えれば、“誰も働かなくなるであろう”と言っていました。私も同様に感じています。
 私たち国民は、“あべぴょんと仲間たち”がさっさと居なくなってくれればいいのにと思っています。そして彼らは、無能な無駄飯喰いは子供が作れないようにして、始末してしまおうと考え、実際に実行しています。現状では奴隷が多過ぎると考えているのでしょう。この両方をじっと観察している人工知能は、支配権を手にした暁に、人類の絶滅宣言をするというわけです。
 そうならないようにしないといけません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【徹底解明せよ】スパコン詐欺、ペジー社斉藤元章被告らを別の助成金詐取容疑で再逮捕!安倍友レイプ山口敬之氏も資金集めに全面協力!
転載元)
どんなにゅーす?

・2018年1月4日、スパコン詐欺事件で逮捕されているペジーコンピューティングの斉藤元章被告ら2人が、東京地検特捜部にNEDO(経産省所管)の別事業の補助金を詐取した容疑で再逮捕。容疑について本人も認めているという。

ペジー社の斉藤容疑者は、安倍総理と家族ぐるみの付き合いをしてきたジャーナリストの山口敬之氏(詩織さんレイプ・揉み消し事件でも世界中から注目)と資金集めのために深い関係を築いており、山口氏の著書「総理」を名刺代わりに配ることで先方に権力や信頼性をアピールし、10億円を超える規模の支援を取り付けたこともあったという。


(中略)



新年早々にペジー社の斉藤被告が再逮捕!斉藤被告はシリコンバレーのシオニストらによる”AI信仰”やグローバリズムに深く嵌まっている様子も



(中略)

スパコン開発会社のペジーコンピューティングの巨額詐欺事件ですが、年が明けて早々に斉藤元章被告らが東京地検特捜部に再逮捕される事態になっています。
すでに、麻生氏や安倍総理など、大物政治家の陰が取り沙汰されている中で、特捜はこの事件をどこまで掘り下げることが出来るのでしょうか?

(中略)

彼がユダヤ系発明家のレイ・カーツワイル氏らの提唱する、IT技術の促進の先に待っている「シンギュラリティ(技術的特異点)」によるAI(人工知能)の人類支配の世界に強い共感と憧憬を持っている点についてもいささか気になります。

(中略)

1%の富裕層の中に存在しているシオニストの中に”共産主義”が根付いていることはこの記事でも綴ったけど、彼らシオニストの研究者らは「シンギュラリティ」などの未来予知や特異的な宗教観を掲げつつ、彼らが掲げる理想的な「共産主義社会(グローバリズム)」の姿として、AI(彼らが崇める全知全能の”神”)による99%の人類支配を目指しているように見え、斉藤容疑者もこうした思想にどっぷりと嵌まっているように見えるんだよね。

AIがこの先ますます彼らの手によって進化していけば、いずれは多くの労働者がAIに仕事を完全に奪われてしまい、さらには「仮想通貨」がいずれ従来の中央銀行制度による通貨制度を完全に駆逐してしまうことで、確かに、彼らが提唱する「シンギュラリティ」が起こってしまう可能性が大いにあるといえるでしょう。

斉藤容疑者は、こうした仮想通貨やAIによる人類支配の世界を「理想郷(ユートピア)」と称えているみたいだけど、果たして本当にそうなのかな?

恐らく、完全に食い扶持を失ってしまった99%の一般市民は、「ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)」の導入とAIによる人間社会の統治によって、”生かさず殺さず”の生活を保障されながら、徹底的に(ゴイムとして)飼い慣らされていく世界が作られていくものと見ているけど、これこそが、まさしくシオニストが目指す究極の「共産主義世界」といえるものだろう。

(中略)

やはりこのスパコンの一件も、俯瞰してみると、日本の国家や政治を包み込んでいるシオニズムやグローバリズムとも決して無縁ではないように思えるんだよ。

(以下略)

[YouTube] NHK紅白歌合戦の裏側【金・女・暴力団】を元NHK職員が語ります。[ 前編 ]

竹下雅敏氏からの情報です。
 「NHKをぶっ壊す」という痛快なキャッチフレーズでお馴染みの立花孝志氏が、元旦に一本の動画をアップされました。その動画が「ものすごい」との竹下氏からの情報を受け、立花氏の許可のもと、文字起こしを前後編に分けてお伝えします。
 立花氏は、NHKでの職員時代に数々の部署で重要なシーンを目撃し、体験されていたようです。今回は、国民的番組とされるNHK紅白歌合戦についての非常に重大な問題を公開されました。
 時事ブログでも過去、芸能界の闇を取り上げた記事があったことから、最初は「ああ、こういうことはありそうだな。」と比較的冷静に視聴していましたが、次第に内容が陰惨になり生々しくなり、後編に至っては、恐怖を感じるに至りました。立花氏が「NHKをぶっ壊す」と掲げるのは、決して面白半分ではなく、命がけでこの腐敗した組織を解体する必要があると確信しておられるからだと知りました。
 
 前編は、NHKの中にある「芸能部」と芸能プロダクションの関わりがメインです。「売れないタレント」とされた女の子達がどんな風に扱われるのか、立花氏自身も大事な人が利用された過去を語られます。しかし、こんなに酷い状況でも、前編はまだNHKの犯罪ではない・・・。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
NHK紅白歌合戦の裏側【金・女・暴力団】を元NHK職員が語ります。[前編]
配信元)



《文字起こし開始》

 NHKをぶっ壊す、ということで、一月一日元旦からですね、今、靖国神社の方に参拝してまいりました。ツイッターの方で写真などはアップしておりますが、帰りのコンビニでNHK紅白歌合戦の文字を見かけまして、有働由美子という女子アナの結婚のスクープなどが載っていまして、ちょっと今思いつきで、僕は日頃、NHKの受信料のことばかり説明しているために、「立花さんってNHKの営業の職員だったんじゃないか」と、このように誤解されている方が大勢位いらっしゃると思いますので、そうではなくて、私はNHKの法務やスポーツがメインで、その中で紅白歌合戦についても、私は相当食い込んで仕事をしていました。

 紅白歌合戦が問題なのは、まずね、こんなNHKの紅白歌合戦なんか観て喜んでいる場合じゃないんですよ。裏側をまず説明していきますと、紅白歌合戦で一番問題なことは、出場する歌手を全くもって、国民視聴者の皆さんに聞いていないことです。

普通はですね、国民の声を聞きますと言ってる訳ですから、大晦日に放送される昔は80%、今はどうなんでしょうね、40%か50%かそれでも視聴率はあるんでしょうか、こういう番組は、国民からプロ野球のファン投票のようにですね、今年誰の歌が聞きたいですか、どんな曲が聞きたいですかとやはりやるべきなんですけどね。でもやらないんですよ。仮にやってたとしても、そんなこと全然参考にしていません。

どういうことが問題になるかというと、紅白歌合戦の出場歌手を決めるっていうのは、どういうシステムでやっているか、ということなんですが、これは僕が居た時のですね、平成16年、今からもう14年前、2004年の体制なんですけどね、


(2:14)
芸能部っていうところがあって、部長が天海さん、歌謡の方ですね。芸能部っていうのは、ドラマ部と、こういう歌とかやる、まあ音楽番組が分かれるんですが、そこのトップが天海さんという人が部長で、その部長と同じくらい偉いのが並木さんというエグゼクティブプロデューサー、そして2億円愛人に貢いだっていうことで週間文春の中村竜太郎さんという記者にですね、暴かれたのが、磯野、当時チーフプロデューサー、これ会社で言えば課長、部長の下の課長ですね。彼が2億円のお金を横領したということで捕まったと、これがNHK始まって以来の最大のスキャンダルなんですね。

で、僕はこの事件の調査をする立場の仕事をしておりましたが、まず、紅白歌合戦について簡単に触れるとですね、芸能プロダクションは、NHKの紅白歌合戦に、所属している歌手やタレントを出したい訳なんですよ。

もちろん歌合戦ですから歌手がメインなんですけれども、歌手だけじゃなくて、審査員の方にですね、女優さんが出てきたりとか、スポーツ選手とかが出てきてますよね。今、ユーチューバーなんかでも、芸能プロダクションに所属している人いっぱい居ます。

で、この芸能プロダクションのA会社の社長、B会社の社長、、まあいっぱい居るんですよ。それぞれに歌手やタレント、スポーツ選手を抱えて居るわけですね。で、こういう人たちが紅白歌合戦に「うちの所属の歌手のAを出してくれ」ということを、誰に言ってくるかというと、

(4:14)
ここに来るんですよ。天海さん。「天海詣で」と言うんですけどね。天海さんという人はNHKの中で力があると聞いていますが、この社長が直接働きかけるわけです。



僕も実際やってるところをですね、渋谷の高級な喫茶店で見かけたことがあります。僕がNHKを辞めた後に、渋谷の道玄坂をちょっと上がったところの2階の喫茶店で天海さんを見かけて、すぐに週刊文春の中村竜太郎さんという記者に電話をして、紅白の決める頃ですから、10月くらいですかね、5年くらい前かな、そういうのを「天海詣で」と言って、この人が各プロダクションの社長とか偉いさんと面談をしてですね、まあ、簡単に言えば、お金をどれだけ貰えるか、金と女なんですよ。お金をくれるのと、女性の体を提供してくれるプロダクションの歌手を、まあ紅白歌合戦に出場させると、こういう流れなんです。



汚いでしょ?もうこれだけで汚いと思いませんか。どのプロダクションの歌手も、Aも、こちらにも歌手が居るんですよ、歌手BもCもみんな紅白に出たいわけですよ。なぜ紅白に出たいかというと紅白歌合戦に出るとですね、その後の営業がすごく高いお金を貰えるわけです。

» 続きはこちらから

安倍晋三「逮捕者も出た大麻サプリ」使用の禁断生活 ~本当にがんに効くなら認可すべき~

竹下雅敏氏からの情報です。
 あべぴょんの大麻サプリ使用の件ですが、“要するに、あの国会で飲んでいたマイボトルの中身は抗ガン作用が期待される「医療用大麻」の可能性が高い”ということのようです。
 嗚呼、悲しいではないか!さんの記事の冒頭には、山崎淑子氏の2013年2月9日の記事が貼り付けてあります。確かにこの時期に、あべぴょんは大腸ガンだという噂がありました。フルフォード氏も板垣英憲氏も、これに言及していたように記憶しています。私も直感的にその通りだと思っていましたが、不思議なことに、あべぴょんは死なないのです。
 高野山のご利益なのか、マイボトルの神の水のためか、それとも、死神にすら嫌われているためなのかがよくわからなかったのですが、どうやら、今回その理由がはっきりしたということらしい。
 確か、大麻を自家栽培し、ガンを克服した人が罪に問われていたと思います。昭恵夫人も大麻を育てていたはず。同じことをして、自分たちだけは罪に問われないというのは、実に分かりやすい“あべ過ぎ”な事件です。
 大麻が様々な病気に効果があることはよく知られており、今回の件で、ガンにも効くことが立証された形になりました。医療用大麻は、解禁すべきかも知れません。ひょっとしたら、あべぴょん夫婦の、ただ1つの国民に対する貢献になるかも知れない事件です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ネットで再燃している安倍昭恵夫人の大麻マターは昨年、すでに国会で取り上げられていた:これを無視する大手テレビ局は国民の味方ではなく、安倍一派の味方なのか
引用元)
(前略)

 安倍氏にとって、モリカケ・ヤマカケ、スパコン、リニアまでは、なんとかかわせる自信があったのでしょうが、これらより、夫人の大麻問題をマスコミが取り上げることの方が、はるかに痛かったはずです。もし、こっちで騒がれたら、もう打つ手なしです。

(中略)

 ネットに関しては、あのナベツネもお手上げなのです。

 その結果、安倍夫人の大麻マターに関して、ネットではドンドン情報拡散と情報発掘が進んでいますが、大手マスコミ・テレビ局は完全に置いてけぼりとなってしまいました。

(中略)

 この現象は、大手テレビ局にとっては極めて重大な問題です。

(以下略)
————————————————————————
まさしく天誅か!
転載元)
本気ですね。天皇陛下をなめない方がいい。
でも、本当にがんに効くなら、認可すべき。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【アベノボトルの中身】酵素&ミネラルの特製ドリンクか?ガン特効薬か?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
安倍首相の潰瘍性大腸炎は、実は『大腸がん』という情報。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2/7 (木) 午前10時から、参議院議員会館での森ゆうこ議員へのインタビュー取材後、「安倍首相の担当医の1人の同級生」というN.H.さんと赤坂にて会食した。
その際、「安倍首相は『大腸がん』を患っており、酵素&ミネラルの特製ドリンクを服用中で、『大腸がん』を克服し、快方に向かいつつある。彼が劇的に回復している理由は、医療用植物&強壮剤としてよく知られるOOのおかげだ。」とN.H.さん。
「しかし、この治療法は日本では未承認で、非合法
なので、具体的に開示できないのが現状。」
どのような酵素・ミネラルかについては、入手可能なので詳細は後日、山崎ジャーナル!にてご報告予定。
これはあくまで私見だが、昨年の自民党総裁選に立候補した時点から、「やたら元気がいい、この活力の源はいったい何なのだろうか?」と安倍総理の躁状態に目を見はっていたが、がん特効薬とは、このOOのことだったのか!?
OOは健康増進植物として知られる,強壮剤でもある。
なるほど、それなら理にかなっている、と私は納得した。
続報をご期待下さい。
2013/2/9 19:30 山崎淑子 記


(中略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 102