禁戒勧戒とチャクラの浄化〜その1)カード実習と講話〜

title_yamaniya1
【映像時間】

102分[500円+税]
※ あらかじめ、配信画面にあるテキストを印刷して、付属しているカードを切って用意してから映像をご覧下さい。

【内容の一部紹介】

禁戒勧戒(ヤマ・ニヤマ)というのは、ヨーガの入門者が最初に与えられる宗教的な規範です。これは人間が生きていく上で絶対に重要なものです。これは宗教とは関係なく普遍的なものなので、学校教育に取り入れていただけると、子供たちの人格的な成長の役に立つのではないかと思います。

【禁戒】
1.非暴力:他を傷つけぬこと、無駄な殺生をせぬこと
2.正直 :偽らぬこと、嘘をつかぬこと
3.不盗 :盗まぬこと、他人のものを欲しがらないこと
4.禁欲 :不摂生をせぬこと、自然の理にかなった生活をすること
5.不貪 :どん欲をおこさぬこと、必要以上のものを所有しないこと

【勧戒】
1.清浄 :心身の清浄を保つこと
2.知足 :満足を知ること
3.苦行 :あらゆる環境で心を乱さぬこと
4.読誦 :心を高めてくれる書物を読むこと
5.最高神への信仰:真理の導きに従うこと

【プログラム】

カード実習《チャプターNo.1:42分》
講話(前半)《チャプターNo.2:30分》
講話(後半)《チャプターNo.3:30分》

Share.

About Author

23件のコメント

  1. 参考になった(2)

    生活の中での具体的なエピソードから、興味深くわかりやすく語ってくださり心に沁みました。

  2. 参考になった(2)

    今回の公演は、ほんとうにすごい! まさに日本人必見。 と、顕在意識では思える一方、最後の最後、結局、叡智(神)ではなく、富や権力、能力やパワーに頼ろうとする自分がいます。いったいこの自己=肉体意識はどうしたら克服できるのか? 一連の講座で勉強して、少しずつでも実践していきたいと思います。

  3. 参考になった(4)

    「ヤマ・ニヤマ」 もっとも基本的でとても大切な教えだと、いつも自分を振り返ります。
    避難してすぐのころは、美味しいお水、きれいな空気、安心して食べられるお野菜。それだけで十分でした。

    知足

    私のために、何も言わず、働いてくれているたくさんの細胞さんに、ありがとう。

    私のために、何も言わず、休むことなく働いてくれている心臓さんに、ありがとう。

    あなたがいなかったら、私はすぐに死んでしまうわ。

    今、生きていることに感謝。生かされていることに感謝。

    世界はこんなにも美しく光り輝いているのに、
    何が私たちのこころを暗くさせるのだろう?

    道端に生えている雑草さんでさえ、日の光をあびて、こんなにも嬉しそうなのに。

    今、生きていることこそが、最高の奇跡。

  4. 参考になった(1)

     この映像に関するコメントを書いた後に、この映像の☆評価ボタンをクリックしたら、コメントが全部消えてしまいました。「あぁ~ぁ・・・、せっかく書いたのになぁ~・・・」と思い、がっかりしました。

  5. 参考になった(2)

    Michiyo 様

    この度は申し訳ございません。仕様上、コメントを入力欄に記入したままクリックすると、コメントが消えてしまいます。
    注意書きを追記いたしました。

    (シャンティ・フーラ)

  6. 参考になった(0)

    そういうことだったのですね。事情が分かってよかったです。早々のお返事をありがとうございました。

  7. 参考になった(1)

    映像を配信していただき、ありがとうございました。毎回、驚くばかりです。

    ①体表のチャクラは、エーテル体に対応しているとのことですが、例えば、体表上のアナーハタチャクラが振動していると体感できた場合、そういう人は空気人間ではなないということなのでしょうか?

    ②数分で、進化段階を60ぐらい上げることは簡単に出来ると、以前のご回答でそう仰っておりましたが、今回のこの映像でも紹介されていた「ヤマ・ニヤマ」を王道にして、祈り(ガヤトリー・マントラとか、除霊・浄化12のシステムなど)はセカンド的に考える・・・を実行していけば、進化段階を60ぐらい簡単に引き上げられる・・・という意味でよかったのでしょうか?私はたまに(いつも)思い違いをするところがあるので、あれからちょっと気になっておりました。

    ③神々や宇宙人に感謝の気持ちを伝えるといいと仰っておりましたが、スミワタルタカキホシノヒメミコ様とか、そういった地球や月や太陽などの幽体の方々も、神々や宇宙人なのですか?

  8. 参考になった(3)

    Michiyo 様

    竹下氏からの回答です。
    ――――――――――――――――――――――――――――――

    いいえ。神経叢(脊髄)のチャクラが残っている人は空気人形ではありません。魂が消えた人でも、体表と体外は残っていることが多いのです。


    いいえ。私や私の妻のような一部の者は、準備の出来た者に対して、数分で60段階以上進化段階を引き上げることが出来るという意味です。現に現在ガヤトリー女神として役職についている女神(至高四柱)の多くは、2007年以前にはホツマの神でなかったので、このシリウスシステムで最も高い役職につくためには、60段階以上進化段階を引き上げる必要があったのです。天界の役職につく者は必ず私の家に来て、ここで任命されるので、その時に一気に進化段階を、その役職にふさわしいレベルまで引き上げるのです。これは私がやっています。従って事実を言っているだけです。時には100段階以上上昇させることもあります。平均的人間の立場からは、進化段階を0.1上昇させることも自力では難しいのです。
    ですから、心の浄化の準備が出来た者は、神々からその段階にふさわしい進化段階を与えられるとお考え下さい。


    天界の秩序シリーズの最後のあたりをご覧になると、説明していると思いますが、星神・恒星系神は通常の意味で言う神々の上位にいる神々です。従って宇宙人のような“人”ではありません。

    (竹下雅敏)

  9. 参考になった(1)

    やっぱり私はまた思い違いをしていたのですね。今回も分かりやすいご回答をいただき、本当にありがとうございました。

    ①神経叢(脊髄)のチャクラが残っている人は空気人形ではないのですね。やっぱりそうだったのですね。・・・ということはですよ、体外、体表、神経叢、脊髄のこの4系統のうち、一番最後の脊髄の系統で、ムーラーダ゙ーラからサハスラーラまでのクンダリーニ覚醒が起こった場合、その人は空気人間ではない・・・ということになるのですか? 

    1000人のうち1人しか魂がないと、別の映像でそう仰っておられたので、すごい天界の改革が起こっているんだと思い、初めてそれを知ったのは、2013年でした。「気づく(知る)のが遅かったぁーーーーーーーっ!」と思いましたけどね、その時。

    次回(今週)配信される映像の中で、余談で進化段階3.0を超えた世界のお話をされるとかで、とにかくとても楽しみにしております。絶対、見ますよぉーーーーっ! それと、竹下さんの奥様と息子さんも映像でいいので、拝見したいのですが、可能ですか? 竹下さんが「この女性だ!」と決めた姫君さまがどんなお方なのか、そりゃ、興味ありますよぉーーーーーーーーっ! 過去の映像配信か、或いは、今後の配信でお二方の映像が配信されると決まったら、是非教えてください。

  10. 参考になった(3)

    徳目について質問があります。

    1.識別とは「真理とそうでないものを分ける能力」とのことですが、これは危険なもの(例えば、ある種の食品、薬、ワクチンなど)を見分ける能力を含みますか?波動で見分けない場合、後者には関連知識が必要ですが、識別はその知識を含みますか?

    2.知足(足るを知ること)、不貪(貪欲を起こさぬこと)、離欲(真実でないものを捨てること)は、同じ心がけの別の側面のように見えます。対応するチャクラ、放出系・吸収系の違い以外に、これらの概念の間にさらなる違いはありますか?

    3.最高神への信仰の「最高神」は、神への愛の「神」と同じ概念ですか?どちらも神々、高次の身体、良心、もしくは真理を指していますか?

  11. 参考になった(4)

    Noriaki 様

    竹下氏からの回答です。
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    1.
    能力は含みますが、知識は不要です。

    2.
    この3つだけではなく、ヤマ・ニヤマのすべての項目が同じ心がけの別の側面です。これらは宇宙の普遍の法であって、神々が定めたものではありません。 従って善・悪は、はっきりと存在するのです。
    仏教の空の思想がいかに虚構かよくわかると思います。
    さて、質問ですが、この3つは順に抽象の度合いが高くなっています。例えば錬金術などを用いて人間が神になろうとするのは貪欲であり、不貪に反します。

    3.
    同じです。どちらも人格神です。従って自身の高次の身体、良心、真理ではありません。

    (竹下雅敏)

  12. 参考になった(2)

    竹下先生

    ご回答ありがとうございます。

    1.知識は不要とのことですが、波動で見分けられるからですか?それとも、何か他の力(直観や霊感など)によって見分けられるからですか?霊的知識がなくても、識別力があれば、脳死状態での臓器移植などの危険性もわかるのですか?

    2.抽象度が高くなるとは、物質的次元だけでなく霊的次元でも欲を出さないということですか?不貪より離欲の方が抽象度が高いとのことですが、具体的にどういうことですか?

    3.「最高神」や「神」は人格神とのことですが、非人格神や汎神論的神は含まれないのですか?神霊(国津神)は含まれますか?星神から宇宙までの神々は人格神ですか?また『ぴ・よ・こ・と3』75ページに「最高神への信仰 真理の導きに従うこと。あるいは自分の内なる良心、非常に深いところの導きに従うこと」とありますが、この記述は誤りですか?

  13. 参考になった(6)

    Noriaki 様

    竹下氏からの回答です。
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    1.
    直観には知識は不要ですが、識別とは直観の一部です。

    2.
    例えば、知識・言葉・概念が神ではないことは明らかです。究極の意味では知識・言葉・概念は否定されるべきものです。それなのに、こうした事柄にとりわけこだわりつづけることが離欲に反します。

    3.
    「最高神への信仰」の説明はぴ・よ・こ・との記述の通りです。また「最高神」は人格神となります。この2つに何の矛盾もありません。最高神が自分の高次の身体等であり得ないのは、明らかでしょう。人間=神ではないのですから。
    非常にまれに、神霊やホツマの神が転生に入る場合がありますが、彼らとて最高神が転生に入っているわけではありません。また人間=神をアートマン・ブラフマンと、とらえると非人格神となってしまいます。非人格神は信仰の対象となりません。

    (竹下雅敏)

  14. 参考になった(2)

    竹下先生

    ご回答ありがとうございました。疑問点はほぼ解消しました。

    「最高神が自分の高次の身体等であり得ないのは、明らかでしょう」とのことですが、私は汎神論も念頭にあったので、そうではありませんでした。誤解を招かないように、注をつけるか、名称を変更するかした方がよいと思います。

  15. 参考になった(4)

    禁戒勧戒(マニ・ニヤマ)の日々実践あるのみ!と改めて感じました。奥様の具体例がとても分かりやすかったです。東洋医学セミナーで知った時は軽く素通りでした。何度も見る価値がある映像でした。ってもう既に4、5回は見てます! 逆に全然身についてないのがバレバレ。

  16. 参考になった(2)

    「幸せを開く7つの扉」の本をやっと手に、いれました。おかげで、この映像の一部では、
    「うん!うん❤」
    と実に、納得のいく時間を過ごせました。一人で得意になってなした。CD目当てだったので、
    「スワーディシュターナは、韓ドラによく流れてる~。マニプーラは、セレナさんのブログで見た「僕たちは夢みる」に似てる~。」
    程度の状態でした。
    再度、何度も読み直しを必要としてる事を感じまして、これより、本を持って出かけます。薬局に、バルサンを、買いに。
    「非暴力は、、、、」
    心が痛いです。

  17. 参考になった(2)
    黒ビールが好きな女 on

    視聴しか見てないのですが・・・感想書きます。
    私は今まで魂の表現すら出来ていなかった。色々なものに抑圧されて何も表現できていなかった。
    ものすごく正直に自分の魂を表現してみて、そのレベルでは滅ぼされてしまうレベルだったのならまあ仕方ない、自分の進化が足りなかったと思えるし反省もできる。けど、親から社会から長年の澱の溜まった自分の心や潜在意識から抑圧されて何も魂の表現を出来なかったのに消えてしまうなら、とても理不尽というか後悔の気持ちになる。
    今現在私には魂があるのか無いのか分からないけれど、あるならこれからは抑圧せずに思い切り表現したい。ないとしても同じ。もう他人から言われた事に抑圧されて生きたくない。
    進化段階を上げる事もどうでもよいと思えた。今の自分の段階レベルでやってみてダメなら別にしょうがないという感じ。とにかくもう、私は私で何が悪い!!くらいに開き直って生きてみたいな。生まれ持った本来の自分(魂)ができる事をできたらそれだけで多分幸せ。他者からの否定や抑圧や世間体やら何やらに絡められて、それすらまだできていないと感じました。もう、色々素直にぶっちゃけて生きてみたーい!!と思う

  18. 参考になった(1)

    こんにちは~♪
    とても大事な事を、教えて頂きました。
    人として生きて行く基本、しっかり実行して生きます。
    と、断言したいところですが、難しいですね。
    「嘘をつかない」自分に付いちゃうもの。
    欲も慎まないとですね。
    でも、神様といつも一緒にいたいです!
    これも欲・・・

              ( ^^) _旦~~

            

  19. 参考になった(1)

    いつも先生のお話では「目からうろこ」という部分と「そういえば…」と日常生活で思い当たる部分があり
    本当に人生についての質問に答えて下さっているなと感じます。
    加えて難しいけど嫌にならずに逆にまた見たいと心から思えるのも魅力です。
    それに内容で納得しましたが良心的な値段にも感謝しています。
    これからもよろしくお願いします。

  20. 参考になった(4)

    私の探し求めていた答えがここにありました。もっと早く竹下先生に出会いたかったです。これからはヤニ、ニヤマとガヤトリーマントラの実践をしていきたいと思います。心の浄化については、様々な本を読んだり、ポノポノなどのセミナーを受けましたが、納得できませんでした。やっと本物に巡り合えた事に心から感謝しています。先生の話を聞いて、泣いてしまいました。実践あるのみですね

  21. 参考になった(0)

    最近、自分の気づいていないところで、多くの霊律違反をしているのだと気づかされることがありました。
    人の噂話は、ヤマに反するようですが、悪口でなく相手を褒めるようなことや、どこ出身であるとか、何のお仕事をされているとか事実を言うことも、ヤマに反することになるのでしょうか?
    敏感になると、霊律違反を犯した瞬間に体の感覚で分かったりもしますか?
    お答えいただけたらお願いします。