アーカイブ: popoちゃん

22/11/28 フルフォード情報英語版:スイスへの進攻を準備する英独露軍

 11月28日フルフォード ・レポート(英語版)です。世界各地からのニュース満載です。全体的に人々が目覚めている様子のレポートだと思います。

元米軍大佐のダグラス・マクレガー:ウクライナは今後数週間でロシア軍に破壊されるだろう

世界医師連盟:ワクチンに含まれる毒物リスト

インド:オーガニック生理用ナプキンから様々な病気の原因となる化学物質が多量に検出

中国:全体主義への反乱(動画あり)

ブラジル:ボルソナロ大統領、不正選挙の証拠を裁判所に提出

マレーシア:新首相誕生、マレーシア航空370/17便の真相暴露を期待される

トルコ:石油泥棒のハザール・マフィア攻撃計画

ガーナ:米ドルではなくゴールドで石油製品を購入検討中と副大統領がフェイスブックで発言

ローマのファルネーゼ宮殿の南極大陸の地図:陸橋でアメリカ大陸とつながっている
(popoちゃん💖)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:スイスへの進攻を準備する英独露軍
転載元)

スイスでハザール・マフィア最高指導部の逮捕準備


Anglo German and Russian forces preparing to move on Switzerland A decision has been reached by the military and intelligence agencies of the West to militarily occupy Switzerland in order to arrest the top leadership of the Khazarian mafia, multiple sources agree. The Swiss armed forces are asked to stand by and not resist since this operation is not targeted at the Swiss people or nation. The target of the attack will be the BIS, the Various UN agencies with extra-territorial powers (i.e. their headquarters are not Swiss territory), the Rothschild complex in Zug and the huge underground base complex along the Swiss Austrian border, they say. 欧米の軍事・情報機関が、ハザール・マフィアの最高指導部を逮捕するために、スイスを軍事的に占領する決定を下したことが、複数の情報筋の一致するところである。この作戦はスイス国民や国家を対象としたものではないため、スイスの軍隊は抵抗せず、待機するよう要請されている。攻撃の対象は、BIS【国際決済銀行】、超法規的権限を持つ(つまり本部がスイス領でない)国連の諸機関、ツークにあるロスチャイルド複合施設、スイス・オーストリア国境沿いの巨大地下基地複合施設であると言う。


元米軍大佐のダグラス・マクレガー:ウクライナは今後数週間でロシア軍に破壊されるだろう


In confirmation, a major military move is imminent former US army Colonel Douglas MacGregor says the Ukrainian state will be finished off by a Russian force of 700,000 over the next few weeks after the ground freezes. 元米軍大佐のダグラス・マクレガーは、ウクライナ国家は地面が凍った後、今後数週間で70万人のロシア軍によって破壊されるだろうと述べている。

Video Player 00:00
02:14

Switzerland will be targeted around the same time, multiple sources agree. スイスも同時期にターゲットにされるというのが、複数の関係者の一致した見方だ。


軍事:NY、シリコンバレー、シアトル(マイクロソフト、アマゾン)の複合施設も占拠されるだろう


A parallel military move will take place to occupy New York and Silicon valley as well as the Microsoft/Amazon complex in Seattle, the sources add. Again, this operation is targeting Satan-worshipping gangsters and not the citizens of these regions, they say. ニューヨークとシリコンバレー、そしてシアトルのマイクロソフトとアマゾンの複合施設を占拠するために、並行して軍事的な動きが行われるだろうと情報筋は付け加えている。ここでも、この作戦は悪魔崇拝のギャングをターゲットにしており、これらの地域の市民をターゲットにしているわけではないと彼らは言う。


ハザール・マフィアのトップリーダーの一人:アンクル・サム


One of the key targets of this operation will be the “Samjase Pleiadian Anunnaki nicknamed ‘Uncle Sam.’” この作戦の重要なターゲットの1つは、「サムジャス・プレアディアン・アヌンナキ、愛称『アンクル・サム』」である。


Swiss patriots have identified this individual as one of the top Khazarian mafia leaders. スイスの愛国者たちは、この人物がハザール・マフィアのトップリーダーの一人であることを突き止めた。

» 続きはこちらから

メキシコ便り(125):大統領就任4周年記念のお祝い行進で、国民の大統領への「愛」が大爆発💥💣💥

 11月27日(日)大統領就任4周年のお祝い行進と記念式典がありました。毎年、記念式典はやっていますが、お祝いの行進は今回が初めて。11月13日(日)に反大統領派たち(アメリカから資金をもらっている)が、デモ行進をメキシコシティでしたことがきっかけで、人々の思いを汲み取った大統領は、11月27日(日)にお祝い行進を自ら指揮することを発表。大統領によると反大統領派のデモ行進は7万人くらい集まったと。ダウンタウンの大広場(ソカロ)を満員で埋めるには約13万人ほど必要らしい。なので反大統領派らはソカロまで行かなかったとか。

 そして、お祝い行進当日、11月27日(日)全国からAMLOVERアム・ラバー(大統領のイニシャルAMLOとLOVERの造語。意味はロペス・オブラドール大統領を支持する人)たちが大集合、popoちゃんの想像を遥かに超えました。なんと政府の公式発表によると120万人が集まったそう。ソカロ大広場を埋めるどころかメキシコシティのダウンタウンを埋めちゃったというようなツイートもありました。popoちゃんはテレビで生中継を見ていましたが、とにかく人、人、人で、国民の大統領への❤️❤️が弾けたというより、ホントに💥💣大爆発💣💥した感じでした。どこのロックスターよりも、ポップスターよりもファンの熱狂が凄じかった!圧倒的に大統領支持派の大勝利でした!👏👏👏

 今回はその行進の様子を、そして次回は行進後のソカロ大広場での大統領の1時間半にも及ぶ(おそらく今までで最長)スピーチをまとめてみたいと思っています。メキシコ国民の大統領への「愛」「情熱」をご満喫あれ♪
(popoちゃん💖)
————————————————————————
メキシコ便り(125):大統領就任4周年記念のお祝い行進で、国民の大統領への「愛」が大爆発💥💣💥

4周年お祝い行進


メキシコ国民は前夜からソカロ大広場に到着し、テントで寝ていた人もたくさんいたよう。行進は、日曜日の朝9時にスタートで、独立の天使の像からソカロ大広場まで約4kmほど。普通に歩けば1時間くらいですが、大統領がソカロ大広場に到着するまでに6時間かかりました。

お祝いの行進の前夜、すでに独立の天使の像に集まっていた国民、アム・ラバーズ。
「大統領とご一緒できてとても光栄です!」とみんなで合唱しています。

あまりにも人が多くて前に進めず、全方向から押し寄せる人の波に呑まれて同じ場所を堂々巡りすることも多々あり。押されて倒れるんじゃないか、つまづいてコケるんじゃないか、人に酔って気絶するんじゃないか、誰かに暗殺されるんじゃないかと、popoちゃんはホントに冷や冷やしながら、手に汗握った💦6時間でした。

ウォーリー。。。じゃなくて、大統領を探せ!
行進の途中、上空からの写真。
ヒント:真ん中あたり、大統領は白のシャツを着ています。上の画像内にはいないのでクリックして全画像開くといます!

» 続きはこちらから

22/11/21 フルフォード情報英語版:バイデンのホラーショーを終わらせるために、デビッド・ロックフェラー・ジュニアを逮捕せよ

 11月21日フルフォード・レポート(英語版)です。「ヒラリーはデビッド・ロックフェラー・ジュニアの妹」にびっくり!😵今回のレポートはなかなか良いニュースが詰まっている感じ♪ 竹下先生の映像配信(宗教学講座 中級コース 第74回)に「ものすごくうまくいっている。」とありましたね。😉また映像配信(宗教学講座 中級コース 第75回)では、キッシンジャーさんの最新情報、今後の世界の動き、特に来年1月1日、15日からの変化は嬉しいニュース😊まだの方は、是非♪

デビッド・ロックフェラー・ジュニアを逮捕せよ

ロックフェラー一族は、Covid詐欺とワクチン犯罪全体の背後にいる

今回のロックフェラー氏来日までの成り行きとその目的
ロックフェラー氏の奴隷リチャード・ハース(外交問題評議会の代表)来日 → キッシンジャー来日 → ヒラリー来日 → デビッド・ロックフェラー・ジュニア来日。全部、資金獲得目的。どれもほぼ失敗。

モサドとCIAの情報筋:ヒラリーはデビッド・ロックフェラー・ジュニアの妹

北朝鮮の崔善姫外相:国連総長のアントニオ・グテレスを「アメリカの操り人形」であると公に非難

日本の森元首相:ゼレンスキーを非難

G20:リーダーのほとんどがロックフェラーの奴隷である証し

日本と中国:9月に1180億ドル相当の米国債を投棄

世界経済フォーラム:排出ガスを最小限に抑えるパリ協定の義務を果たすために、アフリカ大陸は2兆8000億ドルを支払う必要がある

ナンシー・ペロシ下院議長が辞任

共和党の政治家らが、ウクライナのための資金の横領、FBIのゲシュタポ【ナチスの公安部隊】的行動、最近の中間選挙の盗用などについての調査を開始

バイデン政権の議員388人を反逆罪で最高裁に提訴

ブラジル:コントロールグリッドから脱却した最新の国
”ブラジルは、偽の選挙、偽のリーダー、偽のニュース、偽の経済データ、不正な市場など、このコントロールグリッドから脱却した最新の国である。”

動画:ハリウッドスターのクローンを作る方法
(popoちゃん💖)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:バイデンのホラーショーを終わらせるために、デビッド・ロックフェラー・ジュニアを逮捕せよ
転載元)

ロックフェラー氏、来日


Arrest David Rockefeller Jr. to end the Biden horror show If you think in biblical terms, then the most likely candidate for the anti-Christ is David Rockefeller Jr. 聖書的に考えるなら、反キリストの最有力候補はデビッド・ロックフェラー・ジュニアだろう。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

He and his family are behind the entire Covid scamdemic and vaccine crimes committed over the past few years. That is just the tip of the iceberg too. Arresting him and confiscating his family’s assets would bring world peace and usher in a new golden age of unprecedented prosperity. 彼と彼の家族は、過去数年間に行われたCovid詐欺とワクチン犯罪全体の背後にいるのだ。これも氷山の一角だ。彼を逮捕し、彼の家族の資産を没収することは、世界平和をもたらし、前例のない繁栄の新しい黄金時代の到来を告げるものである。


ロックフェラー氏にインタビューを申し込む


Rockefeller was in Japan last week staying at the Yokohama Grand Intercontinental Hotel and we called and asked for an interview. He did not respond and has since left the country. We would welcome his response to what we have heard about him and his family from multiple sources over the years. ロックフェラー氏は先週来日し、ヨコハマ・グランド・インターコンチネンタルホテルに滞在していたので、電話でインタビューを申し込んだ。その後、彼は帰国してしまった。我々は、長年にわたって複数の情報源から彼と彼の家族について聞いてきたことについて、彼の回答を歓迎したい。


今回のロックフェラー氏来日までの成り行きとその目的


According to our sources, he was in Japan on a begging mission after leaving the G20 meeting in Indonesia empty-handed. Previously he sent his slave Richard Haas, head of the Council on Foreign Relations, to beg and threaten the Japanese imperial family and government for money. When Haas failed and subsequently resigned from his post, Rockefeller’s top agent Henry Kissinger arrived to threaten and beg. Kissinger ended up being poisoned by one of his many enemies, according to Japanese underground sources. Next Rockefeller’s sister Hillary Clinton came to beg and threaten, according to Japanese military intelligence sources (It is amazing she is still alive and free despite the fact New York police have video evidence of her torturing two young girls to death). Clinton got about $3 million worth of Japanese yen from the Japan Foundation but failed to get the trillions of dollars needed to keep the Rockefeller/Biden sh*t show going on, they said. The sources say this was the real Hillary who looked “old and very fat,” and not one of her many body doubles. So, finally, Rockefeller Jr. himself showed up and also left empty-handed. 情報筋によると、彼はインドネシアでのG20会議を手ぶらで終えた後、日本に物乞いに来ていたようだ。以前、彼は彼の奴隷のリチャード・ハース(外交問題評議会の代表)を日本の皇室と政府に金をせびるために送り込んだ。ハースが失敗し、その後、辞職すると、ロックフェラーのトップエージェントであるヘンリー・キッシンジャーがやってきて、脅しや物乞いをした。日本の秘密情報では、キッシンジャーは敵の一人に毒殺されたという。日本の軍事情報筋によると、次にロックフェラーの妹のヒラリー・クリントンが来て、脅しをかけた。(ニューヨークの警察には彼女が2人の少女を拷問して死なせたという証拠のビデオがあるにもかかわらず、彼女がまだ生きていて自由であることは驚きである。)【ヒラリー・】クリントンは国際交流基金から約300万ドル相当の日本円を得たが、ロックフェラー/バイデンのクソ番組【茶番】を続けるために必要な何兆ドルもの金を得ることはできなかったと彼らは言った。情報筋によれば、これは「歳を取ったとても太った」本物のヒラリーであったという。彼女の多くの影武者の一人ではなかったという。それで、最後にロックフェラーJr.本人が現れ、やはり手ぶらで帰っていった。

» 続きはこちらから

22/11/14 フルフォード情報英語版:スイスのオクタゴン・グループ、エヴェリン・ド・ロスチャイルドの死後、平和を求めて提訴

 11月14日フルフォード・レポート(英語版)です。相変わらずロシア側の発言が✨光り✨ます。個人的にブラジルのことが気になってしまいますが、カナダの副首相兼財務大臣、シュワブと共にWEFの理事を務め、アメリカにNATOの指導者に推薦された「クリスティア・フリーランドはウクライナ人」っていうのに一番びっくりしちゃった。😨

ハザール・マフィアのトップ、エヴェリン・ド・ロスチャイルドが死亡

バリ島:ロシア外務大臣セルゲイ・ラブロフ氏の発言
“「アメリカ主導の西側同盟は、国際社会の他のメンバーを犠牲にして自分たちの問題を解決し続けることを望み、世界の指導力を完全に失うのを食い止めようと執拗に試みているからである。これは、アメリカとその同盟国が提案する新植民地主義的な世界秩序構想の目標である。」と述べた。”

オランダ:ロシアに対する制裁を解除

サム・バンクマン=フリードのFTXとアラメダ・リサーチが破綻した理由:米国での選挙窃盗の資金として送る巨大なマネーロンダリング作戦だった

ロシアの元KGBたち:「世界予言者」と呼ぶものを特定
“「おそらくAIか、あるいは500年以上生きている異星人の精神集団が未来の出来事を予測し、それを映画やテレビ番組などに入れることができる。」とFSB【ロシア連邦保安庁】の情報筋は指摘している。”

クリスティア・フリーランドはウクライナ人!
“クリスティア・フリーランドはウクライナ人で、祖父のミハイロ・ホミアックはウクライナでナチス紙の編集長としてゲッペルスの下で働いていた。ウクライナのナチス組織「右派セクター」と共に行進した。彼女はクラウス・シュワブとともに世界経済フォーラム(WEF)の理事を務める。米国は彼女をNATOの指導者に推薦した。”

ブラジル:ボルソナロ大統領が戒厳令を宣言

ロシアの国連特使の発言
”「私は、西側の同僚が原則に完全に忠実であることを示し、何世紀にもわたる植民地政策、奴隷制度、天然資源の強奪の間に開発途上国に与えた損害を返済する用意があることを示してほしい。何百もの侵略と侵入は言うまでもなく。」”
(popoちゃん💖)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:スイスのオクタゴン・グループ、エヴェリン・ド・ロスチャイルドの死後、平和を求めて提訴
転載元)

ハザール・マフィアらは白龍会に代表派遣を要請?!


Octagon group in Switzerland sues for peace after Evelyn de Rothschild dies The Khazarian mafia, headquartered in Zug, Switzerland, is trying to negotiate a peace agreement with the rest of the world as their top man Evelyn de Rothschild dies and their empire collapses. As a part of this, the Octagon group, the head of Interpol, the new Chinese emperor and a group of Swiss billionaires (who control the area around Lake Geneva), have asked the White Dragon Society to send a representative to Switzerland. The situation has even reached the point where Russian men in black, who deal with paranormal entities, have made a move (more about this later). スイスのツークに本部を置くハザール・マフィアは、トップのエヴェリン・ド・ロスチャイルドが死に、帝国が崩壊したため、世界と平和協定を結ぶための交渉を行おうとしている。その一環として、オクタゴングループ、インターポールのトップ、中国の新皇帝、(レマン湖周辺を支配している)スイスの大富豪グループが、白龍会にスイスへの代表派遣を要請してきたのである。超常現象を扱うロシアの黒服の男たちが動き出すという事態にまで発展している(これについては後述する)。

However, Queen Elizabeth II, before her recent murder, warned against going to Switzerland because “it was a trap.” Mossad sources agree. So, for now, the WDS has decided to wait for the old Swiss-run Khazarian mafia-controlled “new world order,” to collapse. しかし、エリザベス2世は最近殺害される前、スイスに行くことを「罠だ 」と警告していた。モサド【イスラエル政府の情報機関】筋も同意見だ。というわけで、白龍会は今のところ、スイスが運営する古いハザール・マフィアが支配する「新世界秩序」が崩壊するのを待つことにしているのだ。

This collapse is now taking place at an accelerating rate, especially with the ongoing implosion of the United States. この崩壊は、特に米国の崩壊が進むにつれて、加速度的に進行している。


バリ島:ロシア外務大臣セルゲイ・ラブロフ氏の発言


This week’s G20 meeting in Bali, Indonesia, may be the last show of control by the KM who will try to portray Russia as being “isolated,” when in fact the opposite is true: the United States has become the laughing stock of the world. 今週、インドネシアのバリ島で開催されるG20は、ロシアが「孤立」していると見せかけようとするハザール・マフィアによる最後の覇権になるかもしれない。実際にはその逆で、米国は世界の笑いものになっているのだ。

Russian Foreign Minister Sergei Lavrov, who just arrived in Bali,says the situation in the world is still very tense because of “insistent attempts of the US-led Western alliance to stave off the complete loss of their global leadership in a hope to continue to resolve their problems at the expense of other members of the international community. This is the goal of the neo-colonial concept of the rule-based world order advanced by the Americans and their allies.” He then added “the overwhelming majority of countries” do not support this agenda. https://tass.com/politics/1533715 バリ島に到着したばかりのロシア外務大臣セルゲイ・ラブロフ氏は「アメリカ主導の西側同盟は、国際社会の他のメンバーを犠牲にして自分たちの問題を解決し続けることを望み、世界の指導力を完全に失うのを食い止めようと執拗に試みているからである。これは、アメリカとその同盟国が提案する新植民地主義的な世界秩序構想の目標である。」と述べた。そして、「圧倒的多数の国が」このアジェンダを支持していないと付け加えた。

Video Player 00:00
00:59

» 続きはこちらから

メキシコ便り(124):大統領の「選挙制度改革案」でメキシコ人積極的に政治に参加!

 こちら、ファレスはめっきり寒くなってきました。メキシコと言うとハリウッド映画の影響か、リゾートのビーチの影響か、あったかい気候をイメージされてる方が多いのですが(確かにメキシコのほとんどは良い気候のところが多い)、ファレスはメキシコの中で一番気候に恵まれていないところ。😢 夏の猛暑は6ヶ月くらい続きヘロヘロになりますが、その代わり冬は2ヶ月ちょっとくらいで、雪は一年に一度、積もるくらい。

 こちらは今、寒い朝はマイナス1度だったりします。ファレスの標高1,137mメキシコシティは標高2,240mで一番高いところは3,930mらしいです。うどん作りの名人が日本から来てメキシコシティでうどんを披露するとき、思うように麺が茹で上がらず悩み続けた後、原因はお湯が100度に達する前に沸騰するためだったとわかり(標高が高いため)、その後、なんとか圧力釜を使って温度を最大にあげてから茹で問題解決されていた番組を観たのを思い出します。ファレスでは最高気温が夕方の16時、17時だったりで、最低気温は朝の6時とか7時です。場所が変わると常識が完全に覆されます。

 時間といえば、ちょっと前にメキシコの議会でサマータイムの廃止が通りました。サマータイムで得られる利益より健康への害が高いとのこと。お隣の国境都市テキサス州のエルパソには毎日通勤通学で行き来をしている人がたくさんいるのですが、現在、ファレスとエルパソは1時間の時差があります。とっても変!ファレス市長はエルパソと同じ時間にする許可を連邦政府のほうに申し出ているとかですが、サマータイム終了してはや3週間位?経ちますが、未だ1時間の時差があります。

 さて雑談が長くなりました!今、メキシコはロペス・オブラドール大統領の「選挙制度改革案」でざわついています。アメリカ連邦政府の独立機関USAIDから、アメリカ大使館経由で未だに堂々と資金をもらっている(ロペス・オブラドール大統領は以前、アメリカ政府に手紙を書き、この件の説明を求めましたが、未だ回答なしで送金は続いているらしい。)エキス・ゴンザレスが指揮をとり、この「選挙制度改革案」は民主主義をなくすものだと主張しデモ行進を実施。またそれにかなりの人たちが真剣に参加。デモ行進でのインタビューでは「選挙制度改革案」を理解していない方が多く見られ、「選挙制度改革案」に反対というのは名目であり、やはり大統領の言うように、階級差別意識、人種差別意識が濃く出ているように感じました。ウクライナとロシアの関係が、実にメキシコの反大統領派と大統領支持派に似てるな〜と思ってしまう。いつも背後にはアメリカね!😉ま、どちらの派も熱く情熱があるのは事実。みんなが政治に参加し活気を感じます♪
(popoちゃん💖)
————————————————————————
メキシコ便り(124):大統領の「選挙制度改革案」でメキシコ人積極的に政治に参加!

民主主義を守り、汚職まみれの選挙管理委員会の掃除を可能にする大統領の「選挙制度改革案」


ロペス・オブラドール大統領は約束通り「エネルギー改革案」の後は、「選挙制度改革案」を進めています。が、やはりこれも「エネルギー改革案」と同じパターンになりそうです。憲法を変えるには3分の2の議員が賛成しないと変更できません。与党モレナ党は3分の2の議席はちょっと足りないので毎度、野党PRI党の議員の票を得ようと裏で交渉しているようですが、結局は、投票時に裏切られる感じ。😓ですが、毎度のこと大統領はプランBをちゃんと準備されているようで、憲法改正無理でも、「エネルギー改革案」でもやったように、ある程度、法律で固めてしまう手段です。

INE(イネ:選挙管理委員会)は、汚職まみれの組織です。ロペス・オブラドール大統領政権になって、公職員は大統領よりも高いお給料をもらうことは違法になっているのですが、未だにがっぽり大統領よりも高いお給料を貰い続けている様です。そしてINEを支持している国民が未だにたくさんいるのに正直、唖然です。

ツイート画のサイン機械翻訳+修正:あなたが「INEを支持する」と言ったところで、彼らのようにあなたの給料が月262,000ペソ(約189万円)になるわけではないことをお忘れなく。

ちなみにロペス・オブラドール大統領の月給は163,212ペソ(約118万円)。昨今の円安のせいかな?なんだかお給料が高くなった感じが。。。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 51