アーカイブ: その他の地域

「ティーには砂糖の代わりに愛を注ぎなさい。そして、星を見ながら飲みなさい。」メキシコ人シャーマン/詩人マリア・サビーナさんから癒しのアドバイス(詩)

ライターからの情報です。
 キノコを使ったシャーマンの儀式に、初めて西洋人を受け入れたメキシコ・オワハカ州のシャーマン、マリア・サビーナさん(1985年他界、享年91歳)。父方が代々シャーマン。農家に生まれ、マリアさんが3歳の時、父親他界。14歳で結婚、20歳で未亡人。再婚、しかし家庭内暴力をうける。

 1955年アメリカ人のワッソン氏と妻とロシア人の小児科医/科学者が、マリアさんのもとを訪れ、マリアさんは初めてシャーマンの儀式に西洋人を受け入れる。1957年ワッソン氏は雑誌「LIFE」のこの時の体験談の記事を掲載(マリアさんの詳細は伏せて)。が、その後、本の出版でマリアさんの個人情報を公開したため、あっという間にマリアさんの存在が有名に。安易にマジック・マッシュルームで幻想体験を求める若い西洋人や有名人が訪れようになる。ジョン・レノンやボブ・ディランなどが訪問したそう。

 病気を癒すために使われていたキノコが、西洋人によって聖なるキノコに対するモラルを破壊され、キノコは神聖なパワーをなくしたというマリアさん。数々の有名人の訪問で事が大きくなり、ついに政府が関与、調査するまでに。村の神聖なシャーマンの儀式を外国人に教えたという事で、村の人々はマリアさんを批判。とうとうマリアさんは家まで焼かれてしまう羽目に。

 そんな波乱万丈な人生を送ったマリアさんですが、読み書きはできなかったけれど詩人でもあったそう。マリアさんは、キノコ(聖なる子供)がマリアさんを通して人を癒し、詩を歌っていると言い、ご自身の功績として見ていなかったとのことです。マリアさん(聖なるキノコさま)からのアドバイス(詩)で癒しを✨🍀✨
(popoちゃん)
参考文献:wikipediaYouTube動画The Caribbean Housewife
————————————————————————
配信元)
マリアさんの詩(英語版)

メキシコのヒーラー(シャーマン)、詩人、マリア・サビーナからのアドバイス

  太陽の光、月の光で自分を癒しなさい
川の音、滝の音でも
海の揺らぎ、鳥の羽ばたきでも

ミント、ニーム、ユーカリで自分を癒しなさい
ラベンダー、ローズマリー、カモミールで甘くし
カカオと少しのシナモンで自分を抱きしめなさい

ティーには砂糖の代わりに愛を注ぎなさい
そして、星を見ながら飲みなさい

風のキス、雨の抱擁で自分を癒しなさい
すべてが生まれてくる地面に
しっかり裸足で立ちなさい

日々、より賢くありなさい
額で世界を見ながら
自分の直感に耳を澄ましながら

飛び跳ねなさい
踊りなさい
歌いなさい
そうするともっと幸せに生きれるから

美しい愛で自分を癒しなさい
そして、いつも覚えておきなさい
……あなた自身が薬であることを

(意訳:popoちゃん)

マリア・サビーナさん

ボルソナロ大統領 “ブラジル国民への摂取義務付けには反対だと強調…抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」の利用を引き続き推奨”〜 さまざまな国でワクチンパスポートに反対するデモが起きている

竹下雅敏氏からの情報です。
 下から順にご覧ください。ロイターは、9月21日にニューヨークで開催された国連総会で、ブラジルのボルソナロ大統領が「ワクチンを打たずに会議場へ入り、公然と倫理規定を破ったことになる」と報道しました。まるで、犯罪者扱いです。
 ボルソナロ大統領は、“ブラジル国民への摂取義務付けには反対だと強調…抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」の利用を引き続き推奨”したとのことで、「なぜ多くの国とメディアが、早期治療に反対したのか理解できない。歴史と科学が、すべての人に責任を取らせるだろう」と演説しています。
 ものすごくまともな大統領なのですが、メディアの手にかかると頭のおかしな悪人のイメージに印象操作されてしまいます。
 そのボルソナロ大統領は、新型コロナウイルスのワクチンを接種していないことを理由にサッカー観戦を拒否されたというのですが、冒頭の動画でボルソナロ大統領は、「なぜワクチン・カード、ワクチンパスポートがいるのか? …自分はワクチンを接種した人なんかよりも沢山の抗体を持っているんだ」と言っています。
 ワクチンよりも自然免疫の方が優れているのは、昨日の編集長の記事で、ファイザー社で働く生化学者ニック・カールが「コロナに感染して自然免疫を獲得した人は、ワクチン接種者よりも強い免疫を持っている」と言っていたことからも明らかです。
 常識の通じない社会になってしまったのですが、「なぜワクチン・カード、ワクチンパスポートがいるのか?」と大統領が発言しなければならない状況というのは、恐ろしいものがあります。大統領よりも強い力を持った者が、国を支配している証拠だからです。
 “続きはこちらから”をご覧ください。さまざまな国でワクチンパスポートに反対するデモが起きていますが、メディアでは何も報じられません。日本でのワクチンパスポートは問題なく進むでしょう。福島産の食品を「食べて応援」というメチャクチャなキャンペーンを、問題なく受け入れた国民なのですから。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ボルソナロ大統領 未接種でサッカー観戦できず
引用元)

AllNippon NewsNetwork(ANN)

ブラジルのボルソナロ大統領が、新型コロナウイルスのワクチンを接種していないことを理由にサッカー観戦を拒否されました。 

AP通信によりますと、10日、サッカーの試合観戦を断られたボルソナロ大統領は、「なぜワクチンパスポートが必要なんだ。私は接種者よりも多くの抗体を持っている」と不満を語りました。 

ブラジルのサッカー連盟が決めた規則では、競技場に入るにはワクチン接種を完了しているか、最近の陰性証明が必要だということです。 

ボルソナロ大統領は去年7月に感染したことで「抗体のレベルが高い」と主張していて、先月の国連総会では、規定を無視して演説を行っていました。 

ブラジルの新型コロナによる死者は60万人を超えていて、感染対策を軽視するボルソナロ大統領の支持率が低下しています。
————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから

メキシコ便り(100):ロペス・オブラドール大統領はメキシコに関するパンドラ文書に懐疑的?!

 明日、公開されるフルフォード ・レポート(英語版)に今回のパンドラ文書のことが少し出てきますが、そこにはMI6はハザール・マフィア退治に燃えていて、「パンドラ文書」の公開はこの攻撃の一環で、誰も法の上に立つことはできないことを見せしめたかったという風にフルフォード氏は語られています。確かにこうであって欲しいのですが、メキシコに関するパンドラ文書は、すべてをそのまま鵜呑みにできないかもと思いました。そして、ロペス・オブラドール大統領も似たような見解にあるようです。

 まず、メキシコからパンドラ文書の調査に参加したメディアが怪しい。そして、いわゆる悪の大物は全くリストアップされていないか、または報道されていないです。パンドラ文書にリストアップされたメキシコ人3,047人。が、メキシコで大きく報道されたのはロペス・オブラドール大統領の近くにいる人または近くにいた人たち4名だけ。大統領も不服そうになぜ3000人中4名だけ?!と言っていました。パンドラ文書の調査に参加したメキシコのジャーナリストらは、メキシコの10月11日(月)に更なるパンドラ文書の情報開示(おそらくメキシコに関する情報開示)があると予告しています。

 アメリカの大統領選挙、コロナ禍といい、フェイク情報に振り回されたpopoちゃんは、あれ以来波動測定の大切さが痛いほどよくわかりました。もちろん真実かフェイクかを見分けるのが超難関の場合(popoちゃんには判断不可能)もあるようですが。。。このクレイジーな時代、何事もまず波動測定をするクセがやっとついてきたのが嬉しい。波動測定で自分の勝手な思い込みに気づくのが結構病みつきになっています。

 ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)、メキシコからパンドラ文書の調査に参加したメディア、ジャーナリスト、パンドラ文書にリストアップされたロペス・オブラドール大統領の近くにいる/いた人たちの写真やロゴを載せています。それぞれの今の波動を意識し、是非、波動測定やってみられてください。(東洋医学セミナーに出てくるムドラーを使うと、間違いが少なくなり、波動がとてもわかりやすくなります。オススメです!)真実は波動に!
(popoちゃん)
————————————————————————
メキシコ便り(100):ロペス・オブラドール大統領はメキシコに関するパンドラ文書に懐疑的?!

パンドラ文書の規模


今回のパンドラ文書は史上最大の規模。ICIJ (国際調査報道ジャーナリスト連合)により、117カ国、150のメディア、600人のジャーナリストの協力で約1200万の公文書、2.98TBのデータを2年間かけて調査したそうです。

Wikimedia_Commons[Public Domain]

2013年オフショア・リーク、2016年パナマ文書、2017年パラダイス文書、2021年パンドラ文書のデータ量の比較あり

» 続きはこちらから

コーリー・グッド氏が見てきた、南極の基地にいるレプティリアンの様子 ~何十万というレプティリアンがある種の冬眠状態にいて、肉体を抜け出して、 とても背の高い影絵のような存在になっていた

竹下雅敏氏からの情報です。
 コーリー・グッド氏が、マヤ人とアンシャールの案内で、南極の基地にいるレプティリアンの様子を見てきた時の報告です。昨日の記事と、重複する部分があります。
 南極の地下深く、洞窟を切り開いて作られた都市に何百万人ものレプティリアンがいたという事なのですが、これは私たちと同じ3.0次元の7層の下位(4~7亜層)の身体のはずで、私たちがここに行けばレプティリアンを見ることができるわけですね。その後、彼らの食糧になる可能性が高いですが…。
 “何十万というレプティリアンがある種の冬眠状態にいて、肉体を抜け出して、 とても背の高い影絵のような存在になっていた”とあります。この冬眠状態のレプティリアンは、肉体(狭義)の中層の身体で活動していたようです。3.0次元の6層の下位(4~7亜層)の身体です。この部分の記述は驚きました。レプティリアンはチベット密教の「夢のヨーガ」を、中層の身体で行えるのですね。
 背の高い影絵のような存在(中層の身体)になっていたレプティリアンは、“3~8体のシャドウ・ビーイングを引き連れていた”とあります。このシャドウ・ビーイングとは、彼らと共に3.0次元の6層の4~7亜層で活動している「霊体」です。「悪霊」と呼べば分かりやすいかも知れません。
 “彼らは多くの人々に影響を与え…完全制御したり、憑依することができた”と書かれていますが、彼らが意識的に活動できる界層が高いだけに、「ガヤトリーマントラの除霊・浄化の祈り」を用いずに、彼らから身を守るのは難しそうです。
 “冬眠しているグループの中には、マントを羽織った魔術師階級のような者た ちがいて、生け贄の儀式によって開かれたポータルを通り抜け、人間たちの前に物理的に現れた”と書かれています。冬眠中の魔術師階級のレプティリアンは、中層の身体で、3.0次元の「6層の4~7亜層」からポータルを通って「7層の4~7亜層」へと降下したわけです。
 パラマハンサ・ヨガナンダ著「あるヨギの自叙伝」の中で、スワミ・プラナバナンダという「二つの肉体をもつ聖者」が出てくるのですが、同じことをレプティリアンは出来るわけです。これでは、少々ヨーガなどを修行したと言うようなレベルでは、彼らに太刀打ちが出来ません。
 引用元でコーリー・グッド氏は、“彼らやシャドーピープルに直接狙われた場合、私たちにできることは本当に少ない”と言っており、「彼らは、人間の幽霊やエレメンタル、悪魔に効くのと同じプロテクションには反応しません。おそらく何人もの人が私に対処法を教えてくれようとするでしょうが、それらはこの種のスピリチュアルな状況には通用しません」と書いているのですが、これはその通りで、「世界の銀河連邦(GFW)」の宇宙人たちも対応に苦慮するでしょう。なぜなら、“彼らやシャドーピープル”の方が、高い界層で活動しているからです。
 引用元を見ると、コーリー・グッド氏の先の言葉にもかかわらず、「保護のための大天使の呼び出し」に基づくプロテクション(防衛)の方法を教えてくれようとする親切な人がいるのですが、コーリー・グッド氏は「効果がありません」と答えています。なぜでしょうか?
 それは、こうしたプロテクションが真の神々には繋がっていないからなのです。神や大天使の名を騙る程度の低い宇宙人や地球同盟の能力者に助けを求めても、彼らにはどうすることも出来ません。
 しかし、「ガヤトリーマントラの除霊・浄化の祈り」を用いれば、何も心配はいりません。また、神々にとって、彼らを滅ぼすのはたやすいことなのです。では、なぜ神々は、こうした悪しき連中を、直ちに滅ぼしてしまわないのでしょうか?
 それは、誰もが救いにあずかるチャンスを与えられるべきだからです。この辺りのことは、よく考えて見てください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コーリー・グッド2021年9月アップデート(9/17 14:02追記)
引用元)
(前略)
南極の地下にあるレプティリアン都市を見たとき、私たちは恐ろしい光景を目の当たりにした。数はわかりませんが、何百万人ものレプティリアンが地中深く、洞窟を切り開いて作られた都市にいたようでした。
(中略)
・都市のあまり工業化されていないエリアの一つを見てみると、何百万とは言わないまでも、何十万というレプティリアンがある種の冬眠状態にいることがわかりました。(中略)… 彼らは深い冬眠状態に入り、肉体を抜け出して、とても背の高い影絵のような存在になっていました。それぞれのレプティリアンの人影は、3~8体のシャドウ・ビーイングを引き連れており、明らかに彼らをコントロールしているようでした。(中略)… 彼らは多くの人々に影響を与えることができる一方で、また多くの人々を完全制御したり、憑依することができていました。
・冬眠しているグループの中には、マントを羽織った魔術師階級のような者たちがいて、冬眠しているレプティリアンの中に立って、黒魔術のような儀式を行っていました。あるケースでは、彼らが人間を生け贄にしている間に、地表にいる他の人間たちが鏡写しのような同じ儀式を行っている様子がホログラムで映し出されていました。生け贄の儀式は全く同時に行われ、2つの場所の間にポータルが開かれました。マントを着た魔術師のようなレプティリアンがこのポータルを通り抜け、人間たちの前に物理的に現れ、人間たちはすぐに膝をついてレプティリアンを崇拝していました。私たちが目にしたものは恐ろしさを通り越して、今でも心に突き刺さって残っています。このような活動の結果、この都市には低・中・高レベルの悪魔や負の極性のエレメンタルと呼ばれるものがはびこっていました。これらの悪魔は、レプティリアンには明らかに目に見えていました。レプティリアンは悪魔と対話し、場合によっては特定の人間やグループに取り付くように命令し、ターゲットに混乱、病気、精神的苦痛、死をもたらすように非常に具体的な指示を与えていました。
(中略)
・私たちはまた、人間のような見た目をした奇妙なバイオ・アンドロイドを観察しました。(中略)… これはAIゴッドが別の太陽系を支配した結果であり、これらのアンドロイドは、アンドロイドを設計した文明の人々の姿に似せて作られたのだそうです。AIはこれらのアンドロイドを支配し、彼らとこの文明の技術を逆手に取って利用し、その太陽系のすべての生きている魂を消し去ったのです。
(中略)
・また、人間とよく似た8フィート(243cm)の身長の生命体を何百人も観察しました。彼らはとても筋肉質で、両手に6本の指がありました。彼らはレプティリアンとAIに敗れ、現在はAIゴッドに仕えている種族でした。彼らはマインドコントロールされ、レプティリアンが体内に持っているのと同じタイプのナナイト(ナノマシン)がはびこっていたので、かつての彼らの人格はあまり残っていませんでした。彼らはドラコと一緒に運用する独自の宇宙船を持っており、いくつかのETグループで共有されているプログラムで、レプティリアンのために人間を誘拐して実験しています。
(以下略)

メキシコ便り(99):ロペス・オブラドール大統領、ラテン・アメリカらをアメリカ服従システムから脱出させる動き

 9月16日、メキシコは211年目の独立記念日を無事迎えました。🎉16日午前0時に行われるEl Grito(エル・グリト:大統領がViva 〇〇!を叫び祝う)は今年もコロナのため、国民はソカロ(ダウンタウンの大広場)に集まれず、大統領と一部の関係者らで行われました。

 毎年恒例の独立記念日の軍事パレードに、キューバのミゲル・ディアス=カネル大統領を招待。その目的は、ロペス・オブラドール大統領が、アメリカのキューバ制裁解除を訴えるため。二日後の9月18日には、ロペス・オブラドール大統領の呼びかけでCELAC(ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体、2011年にチャベスの主張で誕生。)首脳会談がメキシコの国立宮殿で開催。30か国のリーダーが集結。アメリカの言いなりにならないEUのような新たな組織を作ることを提案。このCELAC首脳会談で3つのサプライズがありましたので挙げてみました。

 さて、今後、ラテンアメリカは一致団結してより良い結果を出していけるのか?なのですが、この記事で取り挙げた国のリーダーらを見る限り、新たなリーダー、波動の綺麗なリーダーが必要な気がしてなりません。ともあれ、ロペス・オブラドール大統領がラテン・アメリカらをアメリカ服従システムから脱出させようと動いていることは、良い方向への第一歩だと思います。あとは、中国(習近平)に騙されませんように!🙏

 最後に、軍事パレードのトリ、お馬さんたち(🐴約300頭🐴)が行進している動画(約8分)を入れています。同じ馬でも歩き方が千差万別。晴れの舞台、堂々とした気品さで歩く馬、しぶしぶ歩く馬、音楽に合わせて楽しそうに歩く馬、ふっつ〜に歩く馬、足をめいいっぱい挙げてキュートさ満開で歩く馬。個性っていいなぁ。

 一番最後に、植民地時代、メキシコ革命時代から継承されているメキシコの唯一の国技「チャレアーダ」が登場します。「チャレアーダ」で乗馬する人「チャロ(ス)」は2016年、ユネスコ無形文化遺産に登録されています。エンジョイ♪
(popoちゃん)
————————————————————————
メキシコ便り(99):ロペス・オブラドール大統領、ラテン・アメリカらをアメリカ服従システムから脱出させる動き

9月16日メキシコ独立記念日の軍事パレードにキューバ大統領を招待


独立記念日の軍事パレードの様子の一部

ロペス・オブラドール大統領は、キューバのミゲル・ディアス=カネル大統領を、9月16日メキシコ独立記念日の軍事パレードに招待。このパレードで他国の大統領がスピーチしたのは初めてのことだったらしい。

メキシコの軍事パレードでスピーチをする
キューバ大統領ミゲル・ディアス=カネル

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 59