アーカイブ: 陰謀

17/2/13フルフォード情報英語版:国内の権力争いに追われる米国と中国、世界は待たされる

 お待たせしました。今週のフルフォード氏のレポートです。
 トランプ大統領は、ブッシュ・ナチ派に対する宣戦布告となる大統領令を発したようです。その一環として麻薬を合法化し規制化する可能性もあるようです。そうすることで、敵の資金源を断つことができ、税収にもなります。スイスでは、"麻薬中毒者の犯罪が80%減少"し、依存症も克服されたという事例もあるようです。
 またトランプ政権は、米軍基地を経由するCIAドラッグの出荷停止も検討し始めており、"横田基地は、ずっと前から北朝鮮のアンフェタミンの中心的な流通拠点だった"とあります。私もある方からとても興味深い話を聞いたことがあります。議員の中には暴力団から送り込まれている者がおり、そうした議員が、港がある選挙区をおさえ、材木に麻薬を潜ませて輸入しているというのです。もちろん、そうした議員は不正選挙にも関わっており、不正選挙と麻薬利権はつながっているという訳です。
 中国は5年に1度の政権交代の準備を進めているようですが、"中国の長老たちは、…習近平がさらに5年間任期を継続し、李克強はナンバー2の座を維持するということで合意している"とあります。
 米中共に、国内の権力争いに囚われて、なかなか先に進めない状況のようですが、最後の一文には、"舞台裏では、中国人とアメリカ人は協力し合って、ハザールマフィアのナチ派と戦っている"とあります。今後もそうした動きに注目し、変化を加速させていきたいものです。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
国内の権力争いに追われる米国と中国、世界は待たされる
投稿者:フルフォード 

最近、米国と中国で、それぞれ激しい権力闘争が起こっており、この為に、地球全体の大きな新たな戦略については、両国の混乱が落ち着くまで待たなければならないだろうと、中国と米国の情報筋は言う。

米国内の闘争は、多少簡単に説明すると、トランプの背後にいるディープステート(国家を陰で操る)派閥とブッシュ・クリントンを操っていたディープステート組織残存者との闘争ということになる。中国では、3つの主要派閥が、複雑な権力争いの一部として殴り合いをしているような状態だが、3月末頃には新しい中央政府の顔触れが出揃うだろう。

両国の権力抗争が落ち着いたら、連邦準備制度理事会、国連、IMF、EUなどの本格的な改革が期待できるようになる。

トランプ大統領のブッシュとメキシコ麻薬カルテルに対する宣戦布告

 

ジェフ・セッションズが正式に司法長官に任命された今、さらに激化した米国の権力闘争から話を始めよう。トランプは、任命されるとすぐに、連邦政府のエネルギーと資源を、麻薬カルテルなどの国境を越えた犯罪組織解体の為に注ぎ込む旨の大統領令を出した。ペンタゴン当局者が表現した通り、『トランプは、ブッシュとメキシコ麻薬カルテルに対する宣戦布告をしたのだ。』

さらに、軍や米国機関にいる反麻薬カウボーイたちが、ようやく力だけでは不法薬物の使用は止まらないことを理解し始め、その為、トランプは麻薬を合法化し規制化する可能性があると、ペンタゴン当局者は述べている。これは、年間約2兆ドルの違法薬物事業を、税金を支払う主流ビジネスへと変えることができ、また、薬物関連死の減少にもつながるだろう。適切に実施されれば、巨大製薬産業も、役割をきちんと果たす限りは、このビジネスに参入することができる。医師が処方する薬剤の約30%は既にアヘンベースなので、それは簡単なことだ。製薬会社が、他の主要な麻薬をベースに医薬品を作り始めることができるならば、医師は、患者に提供できる全く新しいおいしいメニューを加えることができる。

これが行われると、服役中か仮釈放中の950万人のアメリカ人の半分を解放して、米国の私立刑務所の奴隷産業を衰退させることになるだろう。

犯罪率を根本的に低下させることにもなるだろう。スイス人に聞いてみるといい。スイスでは、医者が麻薬中毒者にヘロインを投与し始めてすぐに、麻薬中毒者の犯罪が80%減少した。ほとんどの中毒者は、最終的には依存症を克服することもできたのだ。

http://www.citizensopposingprohibition.org/resources/swiss-heroin-assisted-treatment-1994-2009-summary/

世界中のヘロインの90%は、アフガニスタンで作られているので、アヘン作物の合法化と規制化は、最もアフガニスタンに平和をもたらすだろう。

トランプ政権は、米軍の基地を経由するCIAドラッグの出荷を停止することについても検討し始めている。日本の暴力団幹部によると、日本、たとえば、横田基地は、ずっと前から北朝鮮のアンフェタミンの中心的な流通拠点だったようだ。その取引を停止するか、或いは、合法化することは、日本の政治制度を完全に浄化するのに役立つだろう。トルコのインジルリクやドイツのラムシュタインなど、他の大規模な米国空軍基地を経由するヘロイン貿易にも同じことが言える。

» 続きはこちらから

[Kグループ]最終戦線が張られようとしている 〜カバールは心底震え上がっている! / ヒーリング・コンピューターとフリー・エネルギー装置〜 【後半】

翻訳チームからの情報です。
 前回の続きです。
 記事では現在のカバールの状況について、"完全なパニック状態に陥っており…心底震え上がっている!"とあります。カバールは"一晩で銀行口座をすっからかんにする魔法のボタン"を切り札にして、南米に逃亡を図っているようです。また記事からブッシュ一族にとって相当まずい証拠を握られていることも分かります。
 "続きはこちらから"以降には、ヒーリング・コンピューターとフリー・エネルギー装置のことが紹介されています。国際担保口座の莫大な資金源をカバールから取り戻すことで、こうした新テクノロジーが一般家庭へ導入されてくるようです。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
最終戦線が張られようとしている
転載元)
前半からのつづき

しかもこれはほんの始まりに過ぎない!今このときも我々は大いなる危険に曝されている。カバールの間で広まっていることの一つだが、我々が寝ている一晩で銀行口座をすっからかんにする魔法のボタンが押せるそうだ。我々の、そして貴方の銀行口座をである。

これはかなり実現可能な計画なのだ。我々はよく見張っておかなければならない。オバマは政府が必要なだけ我々の口座から取り上げられる権限があると主張した、大統領命令を実際に発したことを忘れてはならない。しかもこれは米国だけに限った話ではない。

トランプ1 のコピー 

西洋の銀行制度の全体像を考えてみよ。グローバル主義者たちの間にはびこった恐怖と絶望の度合いがご想像できるだろうか?

今まさに彼らは完全なパニック状態に陥っており、上記の掩蔽壕をごっそり奪うため、そして1月20日のドナルド・J・トランプ大統領就任式より前に得られるものを全て奪うため、あらゆる手を尽くしている。それが経過すると、ゲームの定義は塗り替わり、万事は我々の味方となる。やっと人生が再び始まるのだ!

別の言葉で言うと、カバールは心底震え上がっている!もう少しの辛抱である。確かにこれら日本人が米国を上回る悪事を企んでいるように見えるが、実はそうではない。ロックフェラー一族がたった数年前まで日本を支配し、約2年前まで日本銀行を掌握していたことを忘れてはならない。ベン・フルフォードはこの点を相当よく理解している。彼らはフルフォードの自分のカナダの家族からも盗み取っているのだ。

なぜ貴方はカバールが南極への脱出を試みているなんて話に耳を傾けているのだ?彼らは自分たちの金(かね)と金塊を運び込んだ場所へ逃げようとしている。その場所とは:
UBS銀行とクレディ・スイスが貨幣や金塊を満載した箱をいつでも南アメリカに送れるように準備している。

【※記事の動画で、キーナン氏が大半はパラグアイ行きだと言っています。ブッシュとナチス、クリントンの関係から途中、アルゼンチンを経由する可能性もあり。】

もし西側に押し出されれば、カバールは何もかも(そこの貴方の銀行口座を含めて)空にするつもりだ。スイスのクローテンやチューリッヒの8つの金庫には金塊が一つも入っていない。

【※金融国家スイスの金庫はもっと沢山あるでしょうに、「8」とアラビア数字があるのが意味不明です。本当に8つなら、英文法上は普通eightと書く筈なのでタイプミスなのか何なのか……。】

paraguay 

【※さらに記事の写真は、ベネズエラのエンジェルフォールなんですよね。写真に関する説明が皆無なので、南アメリカってことで適当に貼ったのか、何か隠された意味があるのか不明です。】

【中略】

【その他の盗難の試みの一例として:】
最近、全ての国際担保口座群はビリオン・ソー証券会社を経由することを、ドラゴン・ファミリーが決定したという噂を耳にした。つまり違法・合法を問わず、保管者が所持するもの【中略】をこの証券会社に全て差し出せということである。

【要約:受け取った資産は香港の保管場所に動かすらしく、提出期限を過ぎたら受け付けないと保管者を脅しているので、ドラゴン・ファミリーが関わらないように警告しているとのこと。戦いは終盤に差し掛かり、盗難計画が世界規模で始まろうとしている模様。】

【以下、暗号めいててよく分かりませんが、9.11を始めとした犯罪の証拠を握っているというブッシュ一族に対するメッセージみたいです。】

掩蔽壕には、現在ブッシュ一族として繁栄している存在の写真がある。奴ら【の血筋】は100年かそれ以上、遡るのだ! ブッシュの息子と実際に仕事をしたフィリピン人弁護士がおり、カショギ【※サウジアラビアの武器商人】のグループの後ろにはブッシュがいた。これら全ての口座はどれもがマルコスや台湾出身の多くの面々に繋がっている。アゼルバイジャンの幾つかの銀行の秘密口座に預けられたブッシュの金は、何千兆にも上る!
これは、【国際担保口座の預け人として記録されているコードネーム】スピリチュアル・ホワイト・ボーイの口座同様に高額なシロモノなのである。

【※今年1月5日付けの記事で詳しく解説していますが、アンソニー・サンティアゴ・マーティンという偽名を使った複数のCIAのスパイが、スピリチュアル・ホワイト・ボーイを騙って国際担保口座から金を引き出すために300人委員会の手先として働いているようです。但し、スピリチュアル・ホワイト・ボーイの預金記録自体が偽物。
anthony-santiago-martin 
自称アンソニーの一人で、今回紹介した韓国の事件に関わった人物。現在逃走して香港に潜伏中。】

以上の【ブッシュ家の秘密】口座は、彼らが長期間に渡り、傭兵に金を払って戦争を起こし、強奪させ、麻薬貿易に携わってきたことを如実に語っている。

これらの記録は、GATA訴訟を通して、9.11当時オランダ銀行とカナダのバリックゴールド社が捜査対象だったことも証明している。

【※GATAとは、金塊および関連金融商品の価格や供給に対する独占禁止法違反を暴露し、反対し、訴追するアメリカの市民団体のことだそうです。1998年から活動を開始し、連邦準備制度が国外の銀行と秘密裏に交わした金塊スワップ協定を暴いたり、金塊市場への介入を監視しています。】

またこれらの口座は、ドイツの銀行カルテル(アッカーマン)を通して米国とアジアへマネーロンダリングした全ての金塊の記録ともなっている。

1994年からの金塊取引を行った全てのスイス口座も逐一記してある。ナザルバエフの一族によると、何百万トンもの金塊がそこにはあるそうだ。ついでに言っておくと、イメルダ・マルコスの息子がこれら一連の記録を盗み、コピーして、非常に親しい人間何人かに送ったそうだ。

これらの記録によると、ニューヨーク銀行とリッグス‐ヴァルメット【※ジュネーブの個人銀行】がその金塊を買い占めたそうだ。

これらの記録は、ブランディー債券の情報や、崩壊当時に捜査対象だったワールドトレードセンターに関する本当の情報を詳細に記している。崩壊したツインタワーにはユダヤ人超大富豪18名がオフィスやフロアを幾つも所有しており、全員死亡した。彼らは最大級のステージのゲームプレイヤーであり、金塊詐欺で捜査されていた。1998年のとある手紙が全てを証明している。

2002年には何兆ドルも満期になる予定だった。WTCビル群の賃貸借が切れ、何十億の価値があった。盗まれた金塊はブッシュの手でサウジアラビアに預けられたのだ!


インドネシアでは何らかの動きが起こりそうだ。シャングリラ・ホテルでの世界経済フォーラムの会合以来、分かっていたことだ。(そうそう、【世界経済フォーラムとは】ダル・ボスコや国連とグルになって私の債券を盗んだ連中である!)
【インドネシアの】掩蔽壕や倉庫から資産を再び盗まんと、米国と連邦準備制度がジャカルタに乗り込もうとしている【中略】

奴らは【世界の金銀財宝の】全てを手に入れようとしているが、よく聞け。

始まりから各人に警告していたように、中国はドラゴン・ファミリーも含めて、インドネシア軍と連携しており、掩蔽壕区域だろうと足を踏み入れ、自分たちの所有物を手に入れる覚悟だ。
長老たちはどちらにせよ、非常に用心深くあらねばならない。残された年数は限られているのだから!

» 続きはこちらから

[Sputnik 他]金正男氏襲撃の瞬間の動画にマスコミ震撼 北朝鮮はこれを見たか?​【動画】 〜ほぼ報道されている通りの金正男氏暗殺事件〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 ANNのニュースは1分以降で、北朝鮮工作員と思われる男が金正男氏の殺害を見届けた後すぐに出国し、中国の影響力が及びにくい国を経由して北朝鮮に入ったらしいと伝えています。この報道が事実なら、殺害は北朝鮮工作員の仕業だとほぼ確定します。ところで、最後のツイートにあるように、2人の金正男氏の一方にはお腹の部分に刺青があるのに対し、今回殺されたと言われる金正男氏には刺青がありません。これは刺青の入っている方が替え玉だと思われます。
 北朝鮮の工作員が綿密で大変危険な計画を立て、長期にわたって情報収集をしていたはずなのに、殺したのは替え玉だったというのはまず考えられません。この事件は珍しく、ほぼ報道されている通りの内容が事実であろうと思われます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
​金正男氏襲撃の瞬間の動画にマスコミ震撼 北朝鮮はこれを見たか?​【動画】
転載元)
韓国政府は20日に表した声明で朝鮮民主主義人民共和国のマスコミの金正男氏殺害についての報道にコメントし、犯罪を行った北朝鮮自身が全貌を明らかにすることはないという見方を明らかにした。​20日、WOW Koreaが報じた。

韓国政府統一部のチョン・スポークスマンは「罪者が自分自身が犯罪者だと明らかにすることがあるのか。北朝鮮がすべてを明らかにすると考えている人物は誰もいないだろう」と語っている。



金正男氏がクアラルンプール空港で襲撃された瞬間を収めたビデオはすでに公開されており、マスコミで大きな波紋を呼んでいる。ビデオでは​、正男氏と見られる男性に向かって背後からひとりの女性が近づく様子がわかる。女性は男性の頭部をつかむと数秒間これを押さえ込み、その後、別の方向へと立ち去った。その後、被害者の男性は空港の安全サービス係へと向かい、自分の顔を示し、空港職員らとともに救急室へと向かった。

このビデオが北朝鮮の国民らの目に触れたか、現在何が起きていて、自国の指導者が何の非難を浴びているかを彼らが知っているか否かは明らかにされていない。

————————————————————————
死の直前の金正男氏の衝撃的な写真が掲載される 【写真】
転載元)
マレーシアで北朝鮮の金正男氏が殺害された事件で、18日付のマレーシアの英字紙ニュー・ストレーツ・タイムズは、正男氏が襲撃された直後の様子とする写真を1面で掲載した。写真で正男氏は、「ぐったりした状態でソファに座り、右腕を突き出した状態で目を閉じている」。共同通信が報じた。

なお共同通信によると、掲載された写真は「襲われてから間もなく、クアラルンプール国際空港の第2ターミナルの診療所での正男氏」と説明されているという。

正男氏はマレーシアの空港で襲撃され、病院に搬送される途中で死亡した。



先に、マレーシア警察は金正男氏殺害の4人目の容疑者として逮捕された男性の名前を公表した。

————————————————————————
金正男氏“殺害”見届けすぐ出国・・・犯行入念に準備か(17/02/20)
配信元)

————————————————————————
配信元)

[Kグループ]最終戦線が張られようとしている 〜小沢一郎氏からの告発〜【前半】

翻訳チームからの情報です。
 ニール・キーナン氏の最新情報をまとめました。2016年12月30日付けの記事に詳しい情報がありましたので、そちらがメインになっています。2回に分けて公開いたします。
 すごい情報が寄せられています。天皇の代理人と称する日本人が、FED’s(連邦準備制度・CIA・FBIなどの連中)を隠れ蓑として、韓国の長老たちを騙し、100兆ドル〜100京ドルとも言われる、人道的計画に使われるべきドラゴン・ファミリーの金を巻き上げようとしているようです。"FED’sは天皇の矢面に立つことで、20%を得ることになっている"とあります。また盗んだ金の使用目的は、"自国の借金を帳消しにするつもり"とあります。つい最近、"天皇陛下が、中国に対する米国の借金の半額分の小切手を、マティス長官に直接手渡した"という出来事がありましたが、これとの関係はどうなるのでしょうか。
 天皇陛下を戴く世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」は、小沢一郎氏を首相に支持していますが、驚くべきことに、今回のニール・キーナン氏に寄せられている情報提供の大半は、小沢一郎氏からのもので、小沢氏もまた騙され、巻き込まれてしまったとあります。動画によると、キーナン氏本人ではなく友人に接触したようです。ちなみにその動画ではキーナン氏が、「第二次世界大戦をけしかけに欧洲くんだりまで来たのは日本の天皇じゃーっ」と非難しています。また第二次世界大戦でドイツを裏で支援していたのが英国と米国で、そういった事実も近々公開されるだろうとのことでした。
(翻訳チーム)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
最終戦線が張られようとしている
転載元)
【冒頭の要約:
これまでアメリカの選挙では二大政党のどちらが勝っても同じことだった。上院も下院も、手を携えては我々人民を騙してきた。しかしトランプ大統領選出を受けて、今や形勢は逆転した。これからは我々が政治家や銀行家ギャングを裁く時代である。
アジェンダ21やアジェンダ30で世界人口の90%を殺害しようと計画したことを忘れるつもりはないので、カバールは肝に銘じるように。

西洋の金融システムの3度目の乗っ取りに関しても、詳細に情報を握っていることを宣言しておく。1度目と2度目は第一次および第二次ブレトン・ウッズ協定である【※1944年と1995年の協定】。1月20日のトランプ大統領就任を前に、東洋そして西洋にある金融資産を全て盗み取ろうとする3度目の試みが行われている。

コバヤシヨシアキなる人物が、現在韓国にある掩蔽壕【※第二次世界大戦などでドラゴン・ファミリーから奪った金銀財宝を隠すため、アジア各地に掘り散らかした保管場所】から盗もうと動いている。彼は日本の皇室と連携しており、この窃盗事件における天皇の右腕だ。

【以下、おそらく韓国の金塊&貨幣泥棒に関わった日本人三名の公開処刑(笑)。動画によると「おめーら、自業自得じゃ!」だそうで~す。】

編注)元記事のこの部分には、日本人二名の日本語名刺画像および一名の英文パスポート情報がありましたが、この翻訳版では省いております。 

彼らはドラゴン・ファミリーは存在しないとか、トランプと手を結んでいるとか、噴飯ものの主張を繰り返している。【中略】だが同時にコバヤシは、FED’s(連邦準備制度・CIA・FBIなどの連中)は天皇の手駒であり、コバヤシ自身はただの仲介者に過ぎないとも言い廻っている。トランプ氏が1月20日に正当な地位に就けるよう、FED’sと必死に対決しているというのに、これでは矛盾も甚だしい。

【中略】 

彼ら【コバヤシ達】がFED’sを利用しているのは事実である。FED’sだけでなく、クリントンやオバマやブッシュ一族、そしてイギリス女王と日本の皇室も含めてグルだ。

※アジアの様々な島から金塊を盗むドイツ人、イギリス人、およびアメリカ人

※アジアの様々な島から金塊を盗むドイツ人、イギリス人、およびアメリカ人


目的は韓国の掩蔽壕から何種類もの貨幣を購入しようとしている。【中略】その額は100兆ドル(日本円も掻き集められるだけ獲得しようとしている)、いや下手すると100京ドルかもしれない。

確かに掩蔽壕は保管者によって管理されている。だが、資産の正当な所有者はそこに預けた人間であり、資産は国際決済銀行に預け人名義で登録されている。

【要約:資産はきちんと守られるのが筋だというのに、本来の価値の20から30%で売り払われようとしている。買収を目論む国々は、自国の借金を帳消しにするつもりなのだ。

【中略】 

長老たちの一部がこういった取引を行い、世界の脆弱な金融システムを深刻な危機に陥れている。世界の金融システム【自体】を書き換えれば済む話だというのに。

国際決済銀行やIMFや世界銀行を排除する時が来たのではなかろうか?

【中略】 

彼らは小規模の取引を既に終え、上記の掩蔽壕群から様々な貨幣を一掃するだけの資金を有していること、【さらには買収によって、借金帳消しを望む】各国に対する支配の確立が可能なことを証明してしまっている。

現在、韓国にはCIAの請負人が一名いる。フィリピンで所有権者と称する人物と会った後に、巨額の金塊を購入しようと試みているのだ。この請負人によれば、当該金塊は2005年に韓国政府に寄付されたのだという。もしこの話が真実であれば、購入も可能かもしれない。

【韓国銀行の口座所有権の証明書と、その口座の中身である34,000トンの金塊預入れ証明書。 1971年の預入れ地点がフィリピンのダバオにあるリトル・トーキョーであること、口座署名者が「エメリンダ・イラガン・モラレス」とフィリピンっぽい名前であることから、上述のフィリピン人自称所有者とリンクしているかもしれません。 訳者には無縁の世界なので意味がよく分からないのですが、口座番号の名称として「A004-08銀の日本円通貨」とあります。銀貨が何か関係しているのでしょうか。】

韓国銀行の口座所有権の証明書と、その口座の中身である34,000トンの金塊預入れ証明書。
1971年の預入れ地点がフィリピンのダバオにあるリトル・トーキョーであること、口座署名者が「エメリンダ・イラガン・モラレス」とフィリピンっぽい名前であることから、上述のフィリピン人自称所有者とリンクしているかもしれません。
訳者には無縁の世界なので意味がよく分からないのですが、口座番号の名称として「A004-08銀の日本円通貨」とあります。銀貨が何か関係しているのでしょうか。】


真偽を確かめるのは左程難しいことではない。知り合いに一本電話をするだけで、私はこれが全くのでっちあげであり、国際決済銀行に預入れ人としても所有権者としても登録されていないことを確認した。
奴らは法的に何も所有していない。所有権者はゴールデン・ドラゴン・ファミリーなのだ。


» 続きはこちらから

北朝鮮の高度な弾道ミサイルとトランプに対する脅し、フリン氏の解任との関係

竹下雅敏氏からの情報です。
 フルフォード氏はトランプ大統領が大量逮捕に踏み切らないのは、脅されているからだとしています。カリフォルニアのダムの決壊騒ぎは、その脅しの1つです。またこの記事にあるように、日本時間の2月12日に、トランプ大統領と安倍首相の晩餐会の最中に発射された北朝鮮のミサイルも、そうした脅迫の1つではないかと思われます。
 記事によると、このミサイルは固形燃料タイプの弾道ミサイルで、打ち上げに向けた準備時間は全部で3分から4分と大変短く、米国の偵察衛星システムも効果がなかったとあります。“ミサイルの打ち上げは今や、全く時を選ばず行なえ、それに反応する時間も残されない”ということです。
 フルフォード氏の情報では、関西、関東平野の双方に500メガトンの爆弾が仕掛けられているということでした。これらの事は、北朝鮮の弾道ミサイルが日本を含むあらゆる人々を人質にしているという状況だと思います。危険な状況であれば身体に緊張があるはずなのですが、この件に関してはそれが無いことから、大事には至らないと思っています。
 ただこの件が厄介なのは、おそらく安全保障担当の大統領補佐官だったマイケル・フリン氏が解任に至った理由が、この北朝鮮のミサイルの件だったことです。板垣英憲氏の2月17日の情報の有料部分では、フリン氏がこのミサイル発射を事前にキャッチしていたらしく、“北朝鮮のミサイル発射情報を確認してすぐに、トランプ大統領に詳細な状況を報告した”とあります。
 トランプ大統領はレポートの極めて詳細な情報に逆に不信感を抱き、CIAが大手メディアを通じて垂れ流していた、フリン氏がロシアに通じているという偽情報を真に受けた可能性があります。トランプ大統領が情報のプロとしてのマイケル・フリン氏を解任した事は大変な失態で、トランプ政権の混乱は一層大きくなってしまいました。フリン氏のイランに対する態度は大変問題がありますが、CIAとの戦いで彼のような優秀な情報のプロを失って、果たしてまともに戦えるのでしょうか。ポール・クレイグ・ロバーツ氏は.フリン氏解任を見て、“トランプはもうおしまい”と表現していますが、そう思うのも当然だと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
北朝鮮の弾道ミサイル「北極星2号」はTHAADを突破できるか?
転載元)
今年2月12日、朝7時55分、朝鮮民主主義人民共和国は「北極星2号(Pukguksong-2)」タイプの新型地対地中距離弾道ミサイル発射実験を行った。ミサイルは約500キロ飛行し、日本海上に落下した。米国、日本そして韓国は、この実験を激しく非難し、ロシアと中国も抑えた調子ながら非難する立場を取った。しかし、今回の打ち上げは。全く別の状況により注目すべきものとなっている。

第一に、ミサイル打上げが、米国とその同盟国にとって極めて思いがけないものとなった点だ。この事は、米国や日本、そして韓国の専門家らが、打ち上げられたミサイルをすぐに特定できなかった事が物語っている。これまでそうした事はなかった。合同参謀本部が、問題のミサイルが新型の固形燃料タイプの弾道ミサイルだとの結論を出したのは、発射後12時間も経ってからだった。

第二番目に、これが実際上、北朝鮮のミサイル軍備において全く新しいシステムである点だ。朝鮮中央通信が打ち上げられたロケット(ミサイル)の名を公式に「北極星2号」と呼び、その写真やビデオを配信した後、なぜこの打上げが、ああした混乱を呼び起こしたのかがはっきりした。ミサイルは、大型キャタピラー車にのせられ、打ち上げは、発射場での事前のいかなる準備もなく行われたからだ。ミサイルが、発射地点に姿を現したのは、文字通り打上げ数分前のことだった。そのため米国の偵察衛星システムも、効果なかった。

朝鮮中央通信が例外的に迅速に報道したことで、新型ミサイルの分析がより身近となっている。まず第一に「北極星2号」は、以前実験がなされた固形燃料型潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星1号」に大変よく似ている点がまず目を引く。明らかに1号と2号は、一つは潜水艦発射用に、もう一つは地上発射用に同時に開発されたものである。

それ以外に、ミサイルは重量級の大型キャタピラー車に据え付けられていた。それが北朝鮮を代表する戦車、Т-62, «ソングン»915などのシャシー(車台)を使用しているのはすぐわかる。しかしミサイル運搬用の大型車のシャシーは、戦車用としては異常に長く、ローラーが8つのキャタピラー車である(戦車の場合は6ローラー)。そうした事から、シャシーは、ミサイル用に特別に設計されたものと予想される。また、ミサイルを載せた大型車の重量は約60から65トンに達すると見られることも特筆に値する。その際大型車は、戦車が通るような道なき道を進むことができる。

打ち上げは、輸送-打上げコンテナ、つまり垂直に立ち上がる大きな筒の中から行われる。打上げに向けた準備時間は、朝鮮中央通信の映像から判断すれば、全部で3から4分だ。又あらゆる点から見て、ミサイル及び全体の最も重要な結合部分は、敵の攻撃から身を守るような作りとなっている。

こうした事から、いくつか極めて不愉快な状況が現実となる。ミサイルの打ち上げは今や、全く時を選ばず行え、それに反応する時間も残されない。ミサイルの位置の偵察や特定も今や、古い型の北朝鮮ミサイルの場合よりはるかに難しくなっている。加えて、そうした条件下では、ミサイルのエンジン本体がアクティヴに働いている時間の短い固定燃料ミサイルは、1発の打ち上げであっても対ミサイル防衛システムを突破可能だ。このシステムが、THAAD(終末高高度防衛ミサイル)を凌駕する手段として用いられることも排除できない。

とにかく、ミサイル攻撃戦において北朝鮮が勝利するチャンスが本質的に増大したと言える。特に彼らが、あらかじめそうしたミサイルをいくつか準備しうると予想するならば、チャンスは大きくなる。

おそらく、北朝鮮を対等な国家として認め、この国に対する態度やレトリックを変える時がやはり来たのではないか。もしこの国が、短期間にあれだけの先端的なミサイル総合兵器を作り出せるのであれば、制裁に意味がなく、彼らへの政治的圧力に対して、どういった答えが返って来るかは、全くもって明らかだからだ。

なお記事の中で述べられている見解は、必ずしも編集部の立場とは一致していません。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 338