アーカイブ: 陰謀

[トランプ前大統領暗殺未遂事件]銃弾の軌跡を捉えていたという奇跡的な写真に対する疑問 / 政府内部の計画的かつ組織的な犯行だった ~内部告発者によれば、当日のイベントで働いていたトランプの警備員のほとんどはシークレット・サービスですらなく、素人の集まりだった

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の写真は、ドナルド・トランプ前大統領の暗殺未遂事件に使われた銃弾の軌跡を、米紙「ニューヨーク・タイムズ」のカメラマンが捉えていたという奇跡的な一枚です。
 カメラマンは、1 秒間に最大30フレームの画像を撮影できるソニーのデジタルカメラを使用しており、1/8000秒のシャッタースピードで撮影していたというのですが、なぜカメラマンは銃弾の軌跡を捉えられるような設定で撮影していたのでしょうか。
 恐らくは、銃弾の軌跡ではなく、トランプの頭が吹き飛ぶ瞬間を捉えたかったのだと考えた方が、様々な状況からは説明が容易なように思います。
 トランプ前大統領の耳をかすめる場面を取り上げたフェイク動画が出てきました。コミュニティノートで指摘されているように、左右を反転し編集した悪質なものです。
 こういうことは、止めてもらいたい。世界中の人々が真相を追求するために多くの時間を費やしている。このようなフェイク動画は、そうした人々の努力を嘲笑うものでしかない。
 “続きはこちらから”のツイートをご覧ください。元グリーンベレーのスナイパーだったというマシュー・マーフィー氏は、“間違いなく政府内部の、地元の機関や警察の大統領に対する計画的かつ組織的な攻撃だった”と話し、その理由を説明しています。そして、“だから、狙撃犯のことを気にするのはやめて、誰がこの凶行を許したのかを気にする必要があるんだ”と言っています。
 政府内部の計画的かつ組織的な犯行だったことは、ミズーリ州のジョシュ・ホーリー上院議員がアレハンドロ・マヨルカス国土安全保障長官に宛てた公開書簡からも窺い知ることができます。
 公開書簡の中でジョシュ・ホーリー上院議員は、「この出来事を直接知っている内部告発者が私の事務所にやって来ました。…内部告発によると、DHS職員の大多数は実際にはUSSS職員ではなく、同省の国土安全保障調査(HSI)から選ばれた人物であることが示唆されている。申し立てによれば、HSIエージェントがこの種のイベントで通常使用される標準プロトコルに慣れていなかったことを考えると、これは特に懸念すべきことです。」と記しています。
 要するに内部告発者によれば、当日のイベントで働いていたトランプの警備員のほとんどはシークレット・サービスですらなく、素人の集まりだったというわけです。その事を示す写真や動画は、すでに拡散しています。
 「多様性、公平性、包括性」(DEI)プログラムをキンバリー・チートル秘密情報長官が主導したおかげで、トランプを警護していた女性たちは世界的に知られるようになりました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【決定的瞬間】トランプを狙った「銃弾の軌跡」をカメラが捉えていた
引用元)
ドナルド・トランプ前大統領の暗殺未遂事件に使われた銃弾の軌跡を、米紙「ニューヨーク・タイムズ」の写真家が捉えていたと同紙が報じている。トランプの頭部を弾丸がかすめた決定的瞬間の写真だ。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
トランプ前大統領の左肩の上部に、白い銃弾の軌跡が写っている
Photo: Doug Mills / The New York Times
(中略)
撮影したダグ・ミルズは1秒間に最大30フレームの画像を撮影できるソニーのデジタルカメラを使用しており、1/8000秒のシャッタースピードで撮影していた。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
※全文はツイッターをクリックしてご覧ください
トランプ氏が昨年開催したすべての集会のうち、CNN が生中継することを決めたのは、まさにその 1 つでした。

2024 年 7 月 13 日土曜日、ペンシルベニア州バトラーにて。

興味深いことに、銃撃犯が誰であろうと、発砲し始めたとき、ニューヨークタイムズのカメラマンは、カメラを 1/8000 と 30 FPS という珍しい設定にして、トランプ氏の頭が爆発する様子を捉える絶好の位置にいました。

これは、1 ミリ秒で起こることを撮影する場合のみ使用する設定です。

これらの設定では、実際に飛んでいる弾丸を見ることができることがわかりました。

これは素晴らしいと思いませんか?

※全文はツイッターをクリックしてご覧ください
これらの報道機関は通常、トランプの集会を報道しません。トランプの集会は通常、主流メディアでは限定的に報道されます。

しかし、2024年7月13日、何らかの理由で、このトランプ集会に出席していた以下の報道機関:

CNN
ニューヨークタイムズ
NPR
USAトゥデイ
ブルームバーグ
ヤフーニュース
CBSニュース
フォックス・ニュース
ワシントンポスト
BBC

他にもあったはずです。なぜこのトランプ集会は彼らにとって取材するべき重要なものだったのに、他の集会はそうではなかったのでしょうか。なぜ彼ら全員がそこに来るように言われたのでしょうか。

なぜニューヨークタイムズのカメラマンは、ドナルド・トランプの頭に向かって飛んでいく弾丸の画像を捉えられるほどの超高速レンズスピードを持っていたのでしょうか? 私の考えでは、答えは: 彼らは致命的なショットを撮影したかったのです。

もう一つの疑問は、バイデン氏らがシチュエーションルームにいたのは暗殺未遂の前か後か?

今日は外出していたため、この質問に答えられたかどうかはわかりません。

【フェイク動画】

トランプ氏の耳を弾丸が引き裂く映像‼

これにより、トランプ銃撃事件はすべて仕組まれたものだと主張する左翼の陰謀論者たちは沈黙するはずだ。

  閲覧したユーザーが他のユーザーにとって役立つと思う背景情報を追加しました

このビデオは編集されており、水平方向に反転されて、トランプ氏の負傷していない左耳に偽の穴が開いているように見える。

このクリップではアメリカ国旗が見えるが、これは 45-47 MAGA 帽子の左側にしかないことから明らかである。

reuters.com/pictures/frame…
trumpstore.com/product/45-47-…

» 続きはこちらから

トランプ前大統領暗殺未遂がどのような勢力によって計画され、実行に移されたのかを推測させる一連の事実 / ブランドン・ビッグス氏が3か月前にトランプ暗殺未遂を予言

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、テキサス州を拠点とするファイナンシャル・プランニング会社オースティン・プライベート・ウェルスがトランプ暗殺未遂事件の前日に、トランプの会社であるTruth Social(トゥルース・ソーシャル)の株式1200万株を空売りしていたことをお伝えしました。
 ジョージ・ソロスのバンガードブラックロックがオースティン・プライベート・ウェルスの2大株主だということです。 
 こちらの記事によれば、「オースティン・プライベート・ウェルスの最大の投資家は、主に機関投資家ファンドと個人富裕層顧客のミックスである。最新の13F提出書類によると、ロスチャイルド家、ブラックロック、バンガード、メタ、ジョージ・ブッシュ、チェイニー家などが上位に名を連ねている。」とあります。
 また、オースティン・プライベート・ウェルスはブッシュ家の側近であるジェームズ・A・ベイカー3 世が上級政策ディレクターを務めているということです。
 冒頭のツイートの内容から、共和党での反トランプ勢力の中心にブッシュ家がいることが見て取れます。
 銃撃犯とされるトーマス・マシュー・クルックスがブラックロックの広告に登場していたことに加え、「犯人が銃を乱射した建物はブラックロックが買収した企業が所有している。」というのは奇妙な偶然ですね。
 2021年5月から2024年3月まで米国務次官を務めたビクトリア・ヌーランドは、「トランプは大統領には戻らないわ。それはプーチンも予想してるわ。トランプには不幸な出来事がサプライズで起こるから。」という予言をしていました。
 また、2019年1月から2023年1月まで下院議長を務めたナンシー・ペロシも数日前に、「これは普通の選挙ではない。彼(トランプ氏)を止めなければならない。彼(トランプ氏)は大統領になれない。」と話していました。
 ジョージ・ソロスの息子アレクサンダー・ソロスは、2024年1月24日に「昨年、犯罪とインフレの危機はほぼ消滅しました。その原因についての主要な理論も消滅しました。」という言葉と共に、弾丸の穴と鷲摑みにした 47 ドルを示す写真を投稿していました。47ドルは「第47代大統領」の暗示だと見られています。
 これらの事実は、トランプ前大統領暗殺未遂がどのような勢力によって計画され、実行に移されたのかを推測させます。
 “続きはこちらから”の動画とツイートをご覧ください。動画の3分のところで、キリスト教の預言者として知られるBrandon Biggs(ブランドン・ビッグス)氏が、3か月前にトランプ暗殺未遂を予言し「弾丸は彼の耳をかすめ、頭に近づきすぎて鼓膜を破った。」「彼はひざまずき、主を礼拝し始めました。彼は根本的に生まれ変わった。」と言っていたと説明しています。
 トランプ(替え玉)の鼓膜が破れたという話は聞きませんが、かなり正確な預言だと言えます。動画では、ブランドン・ビッグス氏の他の預言も紹介しており、過去にはいくつも預言が外れていることを指摘しています。
 このような預言があると、今回の暗殺未遂事件が「ドナルド・トランプが自らの暗殺未遂を企てた」という自作自演説も考慮に入れないといけないのですが、それはまず考えられません。
 事件当時の銃撃の音声はいくつも残っており、銃撃記録の音声鑑識から実弾が発射されていることは明らかで、死傷者が出ていることもいくつもの異なる角度から撮影された動画からハッキリとしています。
 「毎秒3000フィートで飛んでくる弾丸を避けることができる」と考えるのは愚かです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
※英文全文はツイッターをクリックしてご覧ください
暴露:暗殺未遂事件の1日前にトランプ大統領のトゥルース・ソーシャル株($DJT)に対して疑わしい巨額の賭けを行った会社は、ジョージ・ソロスのバンガードとブラックロックが過半数を保有するオースティン・プライベート・ウェルスLLCです。

偶然にも、トランプ大統領の死で大きな利益を得たはずのブラックロックは、銃撃犯のトーマス・マシュー・クルックスを2022年の宣伝ビデオに登場させました。

アレックス・ソロスは、ガラスに銃弾の穴が開いた写真と、その後ろに47という数字になる現金の写真を掲載したアトランティック誌の表紙画像を悪名高くシェアしました。これはトランプ大統領に対する不可解な殺害脅迫と解釈されるメッセージでした。

オースティン・プライベート・ウェルスLLCは、顧客だった故ジョージ・H・W・ブッシュ大統領とも、またイベントに出席し同社の慈善活動に関わっていた息子のジョージ・W・ブッシュ大統領を通じてつながりがあります。

ブッシュ家の側近で、元国務長官でブッシュ大統領のホワイトハウス首席補佐官だったジェームズ・A・ベイカー3世は、2006年の設立以来、同社の上級政策ディレクターを務めている。これは同社がこれまでに手がけた最大の賭けだったため、ベイカーがそれを行うのに一役買ったと推測するのは妥当だろう。

また、2016年の大統領予備選挙でトランプ大統領が息子のジェブを痛烈に批判する様子を映したテレビに向かって、H.W.がシチリア風の死のジェスチャーをした瞬間を思い出すことも重要だ。

最後に、Austin Private Wealth LLCは、ウェブサイトによると、ACLU、ADL Austin、Shalom Austin、ユダヤ人コミュニティセンター、キャンプヤングジュダイア、コングレゲーションベスイスラエル、オースティンユダヤ人アカデミー、ハダッサを直接支援している。

オースティン・プライベート・ウェルスは、バンガードとブラックロックが過半数を保有しています。

銃撃犯はブラックロックのビデオに登場していた。

犯人が銃を乱射した建物はブラックロックが買収した企業が所有している。

それは偶然の一致ですね。


————————————————————————
トランプへの死の脅迫? アレックス・ソロスが銃痕と$47
の写真を送りつける
転載元)
(前略)
グローバリストの中心人物ジョージ・ソロスの息子であるAlex Sorosが、前大統領ドナルド・トランプの命を脅かしているとして、攻撃されている。これは彼が、弾丸の穴と鷲摑みにした47ドルを示す写真を、社会メディア上に投稿したことによるものである。
(中略)
社会メディア上の多くの人々は、ソロスの投稿を、トランプの暗殺を呼びかける暗合メッセージと解釈した。トランプは、11 月に再選されて勝てば、「第 47 代大統領」になることになり、これは特に、ダボスでの「世界経済フォーラム」サミットの、前大統領を民主主義に対する危険要素としてこき下ろす最近のコメントから、狙いは明らかである。
(以下略)

» 続きはこちらから

ドナルド・トランプ暗殺未遂事件の銃撃犯は、FBI発表の「トーマス・マシュー・クルックス」ではなく、民主党支持者の「マックスウェル・イェアリック」〜 トランプ側の自作自演だと思わせるためのダメージコントロール

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事でドナルド・トランプ暗殺未遂事件は「オバマ側が仕組んだ暗殺計画が失敗したと見る方が自然だ」とコメントしました。
 FBIは銃撃犯の名前をペンシルヴェニア州ベセル・パーク在住の20歳男性、「トーマス・マシュー・クルックス」と発表しました。ANNニュースの10秒のところで、当時18歳のトーマス・マシュー・クルックス容疑者の姿が出てきます。
 彼は銃撃直後にシークレットサービスの狙撃兵によって射殺されたはずなのですが、写真の「波動」を見ると明らかに生きているのが分かります。従って、彼が銃撃犯でないことは、私には自明です。
 銃撃犯は7月14日の記事で指摘したマックスウェル・イェアリック(Maxwell Yearick)です。マックスウェル・イェアリックはバイデン大統領支持者で、2016年に反トランプ抗議活動に参加し、警官に暴行を加えたことで有罪判決を受け、アレゲニー刑務所に服役していた人物です。
 この件に関して昨晩、妻と話をしました。“銃撃犯をFBIがマックスウェル・イェアリックではなく、トーマス・マシュー・クルックスと発表したのは、マックスウェル・イェアリックが民主党支持者だからだ。この暗殺計画を実行した反トランプ側は、暗殺に失敗した時のダメージコントロールも考慮していたはずだ。それは銃撃犯を共和党支持者だとすることで、この事件をあたかもトランプ側の自作自演だと人々に思わせる事が出来るからだ。”というような話をしていたのです。
 すると、ANNニュースでは「容疑者自身は…18歳になってからは共和党員として有権者登録をしていました。(3分8秒)」と報じ、ヤフーニュースは「容疑者が共和党員として登録されているとCNNなど外信が報じた」としていたことに気付きました。冒頭のツイートは、この状況を的確に表現したものと言えるでしょう。
 “続きはこちらから”のツイートをご覧ください。トーマス・ マシュー ・クルックスは2023年にブラックロックの広告に登場していたようです。どの写真も短髪です。しかし、Alerta News 24の動画を見れば分かるように、銃撃犯は長髪です。「これだけ伸ばすには 2、3 年はかかるだろう」というツイートが示すように、2023年の広告に短髪で登場していた青年が、1年後にこの髪の長さになるのは不自然です。
 また、「トーマス・マシュー・クルックスの鼻は平らで幅が広く、額も広い。乾いた血のついた男の耳は耳たぶが縫われている。」という指摘もあります。
 マックスウェル・イェアリックは「Maxx Swell」というフェイスブック・プロフィールを持っていました。しかし事件後に、4chanで取り上げられてから数時間でインターネットから完全に消されたということです。
 Krayonic氏のツイートに、マックスウェル・イェアリックがフェイスブックに乗せていた横顔の写真があります。An7hony Sco77o氏の動画は、このマックスウェル・イェアリックの横顔に「死んだ銃撃犯」の写真の耳を重ね合わせたものです。ピッタリと一致します。
 最後に、この事件にはトーマス・マシュー・クルックスの名を語った別人がいました。@jewgazingというアカウントで活動しているいわゆる迷惑系インフルエンサーで、銃撃事件とは全く関係がないということです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプ氏“暗殺未遂”撮影のカメラマン語る 容疑者宅からは爆発物【スーパーJチャンネル】(2024年7月15日)
配信元)
————————————————————————
トランプ氏を撃った20歳白人、高校時に全米数学・科学賞を受賞した優等生だった
引用元)
米国のトランプ前大統領を暗殺しようとした20代容疑者に対する情報が続々と公開されている。

米連邦捜査局(FBI)は容疑者をペンシルベニア州ベセルパーク出身のトーマス・マシュー・クルックス(20)と13日(現地時間)、発表した。

約1400人が通うベセルパーク高校を2022年に卒業した容疑者は全米数学・科学の奨学金を受賞するほど優秀な学業成績を収めた優等生だったことが確認された。ペンシルベニア州南西部地域メディア「TribLIVE」(旧Tribune-Review)の2022年6月22日付の記事によると、容疑者は同年の全米数学・科学イニシアチブスター賞を受賞し、賞金500ドル(約8万円)を受け取っていた。
(中略)
ニューヨーク・ポストは同級生の言葉を引用し、容疑者は学生時代に特別おかしくは見えなかったが、ほとんど一人で過ごしていて、共和党員と認識されるイメージだったと伝えた。また、友人はいたものの、それほど多くはなかっただろうとし、高校の卒業アルバムに写真がないのはコロナ禍以降、学校に来なかったためだとも伝えた。

あわせて容疑者が共和党員として登録されているとCNNなど外信が報じた。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
トーマス・マシュー・クルックスは共和党員として登録されていた。MAGA は今まさに大混乱状態。笑


» 続きはこちらから

ドナルド・トランプ前大統領(替え玉)銃撃事件は単独犯による単なる暗殺未遂事件ではない

竹下雅敏氏からの情報です。
 7月13日の18時15分(日本時間7月14日7時15分)にドナルド・トランプ前大統領(替え玉)が選挙集会の演説中に銃撃され、右耳にけがをしましたが命に別条はありませんでした。
 銃撃犯は演説ステージから200〜300ヤード(約180〜280m)離れた平屋の屋根の上からライフルで8発の弾丸を発砲し、演説を聴いていた聴衆のうち1人が死亡し2人が重傷ということです。
 銃撃犯はシークレットサービスのカウンタースナイパー部隊によって射殺されたようですが、連邦捜査局(FBI)は犯人をペンシルベニア州ベセル・パーク在住の20歳男性、トーマス・マシュー・クルックス(Thomas Matthew Crooks)だと発表しました。
 ところが、トーマス・マシュー・クルックスを名乗る男性が現れ、「私はトランプが嫌いだが、それは私ではない」と語りました。
 現在、トーマス・マシュー・クルックスは容疑者の銃撃犯ではなく、銃撃犯は2016 年にピッツバーグで反トランプ抗議活動に参加したために実際に逮捕されたANTIFA所属のマックスウェル・イェアリック(Maxwell Yearick)であるという情報があります。
 この事件は単独犯による単なる暗殺未遂事件ではなさそうです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
【速報】トランプ氏の選挙集会で複数の発砲音 トランプ氏は避難し「無事」|TBS NEWS DIG
配信元)
————————————————————————
配信元)

※ツイートは削除されています



※全文はツイッターをクリックしてご覧ください

» 続きはこちらから

衆愚政治そのものである現在の日本の政治。ここから脱出するには、事実をありのままに見ること ~「それなりに長く救急隊長してます」という方の非常に興味深いツイート

竹下雅敏氏からの情報です。
 「七夕決戦」の東京都知事選挙は、開票と当時に小池百合子の当確が出ました。小池、蓮舫、石丸の3人の中から選べ、というような選挙だったわけで「罰ゲームか何かか?」という感じでしたね。
 まともな立候補者がいたのか否かは、私は分かりませんが、政治のレベルは国民の意識レベルに相応しているので、国民のレベルが低ければ民主主義は衆愚政治そのものです。
 実際、ウィキペディアの衆愚政治には、“社会的判断力が不十分な多くの市民が意思決定に参加することで議論が停滞したり、扇動者の詭弁に誘導されて意思形成を行い、合理的ではない政策執行に至る場合がある。また知的訓練を受けた僭主による利益誘導や、地縁・血縁からくる心理的な同調、刹那的で深い考えに基づかない怒りや恐怖、嫉妬、見せかけの正しさや大義、あるいは利己的な欲求などさまざまな誘引に導かれ意思決定を行うことで、コミュニティ全体が不利益を被る政治状況を指す。”と書いてあり、日本の政治そのものであることが分かります。
 ここから脱出するには、事実をありのままに見る事から始めなければなりません。例えばワクチン接種に関することなどです。
 私は「コロナ騒ぎ」が始まってから、救急隊員、弁護士、憲法学者の発言がほとんど見られないことに驚いていました。特に救急隊員の方は、最前線にいて現場をもっともよく知っている人たちだと思うからです。
 今日、偶然に「それなりに長く救急隊長してます」という方のツイートを発見しました。非常に興味深く、いくつか気になるものを紹介します。
 冒頭のツイートは面白い。「確かに! あとは、ワクチン後遺症の私からみたら、ワクチン後遺症の話をした時に向き合って話を聞いてくれるか、で見極めてます。テキトーにスルーしようとする医師ばかりですが。」という書き込みも納得。
 「職員の病欠が止まらない」ということなのですが、「幹部クラスと若手は特に接種率は高めです。」ということです。
 異常なレベルで社会死が増えているようです。とある救急隊の憂鬱さんは「警察さんや葬儀屋さんとかの方が、もっと実状を知ってると思います。」と言っています。
 また、救急車で運ばれるとワクチン接種の有無を毎回確認するという噂については、「受入れ連絡時に病院側から問われるので、ワクチン接種歴と併せて聴取してます。」とのことです。
 それにしても若手の救急隊員の手取りが15万というのは驚いた。日本は絶対におかしい。この異常な世界を変えたい。ちゃんと働いている者に相応の給金が支払われるのがまともな社会だ。
 この世界を変えるには、まずは正しい価値観を人々が持つ必要がある。それは「幸せとは何か、どうすれば手に入るのか」を知ること。東京都心にマンションを購入できることで「幸せ」が手に入るわけでは無い。
 小さな子供は、いつもママのそばにいたい。なのに、生活のために保育園に入れられる。子供は幸せではない。子供が泣いてばかりいて、親が幸せなはずがない。それなのに、保育園を東京都知事に要求するのだ。小池が当選する。まるで、不幸を追い求めてグルグルまわる回し車みたいだ。
 もう、こんな人生は止めにしませんか。まったく別の生き方がありますよ。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)






» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 744