アーカイブ: 電磁波の危険性

オルゴナイトの可能性を探る ~第二章 オルゴン装置(その② オルゴナイト)


注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
オルゴナイトの可能性を探る 第二章
●プチ・前回の復習

ヴィルヘルム・ライヒ博士は、有機物と無機物を組み合わせることでオルゴンエネルギーが蓄積されることを発見しました。これをもとに、ライヒ博士は木の板と金属板から成るオルゴン蓄積機(オルゴンボックス)を開発し、様々な病気の治療を行いました。
しかしこのオルゴン装置には、その周囲の環境に存在するポジティブ、ネガティブいずれのオルゴンエネルギーをも取り込んでしてしまうという重大な欠陥がありました。


オルゴナイトはこうして生まれた ~オルゴン蓄積機からオルゴン変換機へ





ライヒ博士の死後へと話は移り変わります。
1990年代、オーストリア人のKarl Hans Welz(カール・ハンス・ウェルツ)という人物が新たなオルゴン装置を発明しました。金属片をレジン液(樹脂)によって固定したもので、彼はそれを「オルゴナイト」と名付けました。「無機物と有機物を組み合わせる」というライヒ博士のアイデアが、「無機物の金属を有機物のレジンで固定する」という方法へと発展したのです。Welz氏は2005年に、「オルゴナイト(Orgonite)」を商標登録しました。

ライヒ博士が発明したオルゴンボックスやクラウドバスターと比較して、オルゴナイトは、非常にコンパクトなサイズのオルゴン装置です。

左の画像:レジン(日新レジン クリスタルレジン 300gセット 、Amazonより)
& 右の画像:金属片(Pixabay〔CCO〕より)


そして2000年代、アメリカ人のDon Croft氏(ドン・クロフト)の手により、オルゴナイトは完成形へと到りました。
彼は、オルゴナイトの中に水晶を追加しました。
「水晶を入れる」とは一見非常に単純なことのように見えますが、実はこのことによって大変重要な効果が生まれました。オルゴナイトは、ネガティブなオルゴンエネルギーをポジティブなオルゴンエネルギーへと変換するオルゴン変換機(オルゴン・ジェネレータ)となったのです。これは、非常に画期的なイノベーションでした。周囲の環境にネガティブ・オルゴンエネルギーの発生源があったとしても、オルゴン変換機によってポジティブ・オルゴンエネルギーへと変換することが可能になったのです。しかも、置いておくだけで常にエネルギーを変換してくれるため、誰でも簡単かつ安全に利用することが出来ます。ライヒ博士によるオルゴン装置とは、大きく異なります。

※補足1:水晶の入れ方

水晶の入れ方については、様々あるようです。先端の尖った5つの水晶を、4つは底面に十字型に、一つは先端を上向きに配置するという入れ方も、典型的なタイプとして海外サイトでは紹介されています。右回り(上向き)に銅線が巻きつけられた水晶を、先端を上に向けて入れるというやり方も、よく紹介されています。また、さざれ石の水晶を入れたり、その他の天然石を入れている方もいらっしゃるようです。

※補足2:オルゴナイトの形

オルゴナイトは、様々な形が考案されているようです。ピラミッド型、円錐型、マフィン型、ドーム型・・・、他にもアクセサリータイプなどがあります。

また、特別にタワーバスター(TB)と呼ばれているタイプがあります。これは小さいサイズのオルゴナイトで、形はマフィン型、重さは100g-120g程度のものです。サイズがとても小さく、一度に12個同時に作れるような型もあるため、とても簡単かつ安価に作成することが出来ます。基本的に、携帯基地局(cellphone tower)や電波塔から出る有害なネガティブ・オルゴンエネルギーを中和するための装置であるため、タワーバスターという名称なのです。



「ギフティング」運動





先ほどのドン・クロフト氏と、その妻キャロル・クロフト氏は、夫婦でオルゴンエネルギー関係の活動を展開しているようです。こちらの海外サイトでは、クロフト夫婦のミッションは「毒された大地や海の環境を、全生命が健康的に繁栄するようにオルゴンエネルギーを使うこと(意訳)」と紹介されています。

海外では、Gifting(ギフティング)と呼ばれる運動が展開されており、クロフト夫婦がその提唱者です。
ギフティング運動とは、簡単に言えば「汚染された環境の中にオルゴナイトを設置しよう」というものです。
ギフティング運動の主なターゲットは、有害な電磁波を発する携帯基地局です。補足2で紹介したタワーバスターを、携帯基地局の土地に投げ入れたり、土地に埋めるといった活動が行われているようです。タワーバスター1個(~数個)が、携帯基地局のネガティブ・オルゴンエネルギーを中和すると言われています。
アフリカで、ギフティング運動を15年間続けてきたような運動家もいらっしゃるようです。
仕事場、子供の学校、その他の頻繁に訪れる場所に、オルゴナイトを設置するよう呼びかけている方もいらっしゃいます。

●個人的な疑問点

ギフティング運動は、土地や建物の所有者の同意なく勝手にオルゴナイトを設置するという行為でもあり、果たして”ギフティング(贈与)”と呼ぶに相応しいものなのか・・・。世界を浄化しようという理念は素晴らしいものですが、その手段は問題アリではないでしょうか?自分の家に、知らない間にオルゴナイトが設置されていたら、正直不気味ですよね。

» 続きはこちらから

オルゴナイトの可能性を探る ~第二章 オルゴン装置(その① ライヒ博士のオルゴン装置)

オルゴンエネルギーを活用するために開発されたオルゴン装置には様々な種類があり、オルゴナイトはその一種です。オルゴナイトとは何か?を知るにあたり、まずはヴィルヘルム・ライヒ博士によるオルゴン装置について紹介させて頂きます。
「有機物(organic material)と無機物(inorganic material)を組み合わせることにより、オルゴンエネルギーの蓄積が誘発される」
ライヒ博士が発見したこの原理が、後に開発されたオルゴナイトに繋がる重要なコンセプトになります。
(牛サマディー)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
オルゴナイトの可能性を探る 第二章

空気が重苦しい、場が悪い、息が詰まる・・・そのような体感を持たれたことがあると思います。逆に、美しい自然や、清らかな神社の中では、非常に心地よい感覚を覚えるでしょう。身も心も癒され、すっきりした爽快感を感じます。

実はオルゴンエネルギーという視点から、それらのことは次のように解釈することが出来ます。
前者の場合、その環境はネガティブなオルゴンエネルギーの濃度が高く、後者の場合、その環境はポジティブなオルゴンエネルギーの濃度が高いということなのです。

オルゴンエネルギーは宇宙に遍満しており、生命活動の源であると言われています。
日本では”オルゴンエネルギー”という単語はあまり聞き慣れないものですが、実は、古代より伝承されてきた気やプラーナといったものと同一の概念なのです。オルゴンエネルギーを発見したのは、元フロイトの弟子であり、心理学者・精神科医のヴィルヘルム・ライヒ博士(1897-1957)です。

ヴィルヘルム・ライヒ博士 〔Wikipediaより〕




ライヒ博士は、オルゴンエネルギーを利用したオルゴン装置を開発し、それを用いて様々な病気の治療や自然環境の改善に取り組みました。オルゴン装置はいくつもの種類が開発されています。今回焦点を当てるオルゴナイトは、ライヒ博士の死後に発明されたものです。

オルゴン蓄積機(オルゴンボックス)



オルゴンボックス 〔Wikipediaより〕



一番初めに発明されたのが、ライヒ博士によるオルゴン蓄積機(Orgone Accumulater)です。木の板と金属板から成る箱であるためオルゴンボックスとも呼ばれ、人間が椅子に座って入れるサイズです。画像を見れば分かるように、これは極めてシンプルな装置であり、言うなれば”ただの箱”です。ライヒはこの装置でガン治療を行い、成功していたといいます。しかし、1950年代に、がん治療機の不法製造販売にあたるとして、オルゴン・ボックスの販売停止が命じられてしまいました。

オルゴン蓄積機(オルゴンボックス)は、一体いかなる原理が秘められているのでしょうか?
ライヒは、有機物(organic material)と無機物(inorganic material)を組み合わせることにより、オルゴンエネルギーの蓄積が誘発されることを発見しました。オルゴンボックスは、この原理を利用しているのです(木は有機物、金属板は無機物)。


ライヒによると、ガンとは、「高いネガティブ・オルゴンエネルギーに身体が侵され、生命エネルギーの流れがブロックされた結果」です。オルゴン蓄積機は、周囲の環境のオルゴンエネルギーを集積するため、箱の内部はオルゴンエネルギーで満ち溢れています。ライヒは、癌患者をボックスの中へ入れることで、この状態の改善を試みたのです。
ガン以外にも、やけど、神経症、ガンなどの腫瘍などの治療に効果が確認されたといいます。
オルゴン蓄積機による効果が本物なのであれば、波動の高い聖地にこのボックスを置くことで、かなり凄い効果が体感できるのではないでしょうか?

しかしオルゴンボックスには、ある重大な欠陥が存在していました。このボックスはオルゴン”蓄積機”であり、その環境にあるどんなオルゴンエネルギーをも蓄積してしまうのです。つまり、周囲のネガティブなオルゴンエネルギーをも取り込んでしまうため、不用意な取り扱いは危険なのです。
このオルゴンボックスのみならず、基本的に、ライヒ博士によって発明されたオルゴン装置については、経験をつんだオルゴン研究家によって慎重に取り扱われる必要があるのだそうです。

また、個人的な疑問ですが、邪気の多い人間がこのボックスに入ったことで大量の邪気が抜けたとしたら、その抜けた邪気をどう処理するかが問題になりそうです。何も考慮しなければ、箱が気のレベルで汚れてしまうのではないでしょうか。

クラウド・バスター



クラウド・バスター 〔Wikipediaより〕



ライヒ博士は、病気の治療だけでなく、オルゴン装置を用いて自然環境の改善にも取り組みました。そのために開発されたのが、クラウド・バスターというオルゴン装置です。これは長い金属パイプを束にして上空へ向けたもので、雲を分散させたり、雨を降らせたりする効果があると言われます。ライヒ博士はクラウドバスターによって、干ばつ地域や砂漠地域に雨をもたらしました。また、雨の降り過ぎを抑制させました。この活動は、1940年代~50年代前半に行われましたが、その後ライヒは投獄され、獄中で死を迎えました。

クラウド・バスターの原理は、いかなるものでしょうか。
ライヒは、パイプがオルゴンエネルギーの通り道となり、水はオルゴンエネルギーを惹き付けることを発見しました。このため金属パイプの下にケーブルをつなぎ、深い井戸に入れ、雲のエネルギーを吸引することを考え付きました。
クラウド・バスティングとは、大気中のオルゴンエネルギーを分散・集中させることで、気象コントロールを行う技術なのです。

ライヒによると、砂漠の形成過程では、ネガティブなオルゴンエネルギーが働いているのだといいます。このネガティブ・オルゴンエネルギーの濃度を分散させるために開発されたメソッドが、クラウド・バスターなのです。
ライヒ博士のクラウドバスターは凄い効果があるものの、オルゴンボックスと同様に、未熟で注意深くない使用者のもとでは害があったといいます。


オルゴンエネルギーを利用して癌を癒し、気象をも操作する・・・。元々はフロイト派の心理学者であったライヒ博士が、オルゴン理論を展開してゆき、ここまで独自の世界を切り拓いてしまったことは実に驚くべきことではないでしょうか。次回(第二章 その②)は、ライヒ博士死後のオルゴン装置について書きたいと思います。

次回へつづく...


Writer

牛サマディー様プロフィール

牛サマディー

1996年生まれ、宮崎県出身。 体癖は1種8種、エニアグラムはタイプ3。 現在は大学4年生、経済学部に所属。就職活動の真っただ中。 趣味は読書、写真、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞、絵画鑑賞、コーヒー豆自家焙煎、ペン回し、ギターなど。 大学の長期休暇を使い、東南アジア、ケニア、台湾へ海外旅行。

牛サマディーさんの旅行記はこちら

オルゴナイトの可能性を探る ~序章 電磁波被爆を避ける為に

オルゴナイトとは、環境の中に存在するネガティブなオルゴンエネルギーをポジティブなものに変換する装置のことです。
このオルゴナイトを正しい位置に配置することで、高周波・低周波の電磁波対策に有用ではないかとの竹下雅敏氏の直観による仮説がありました。これを検証するために、牛サマディー様にも協力していただき、緻密な準備を行い実験しました。
電磁波対策に効果があると言われているオルゴナイトが、実際のところはどうだったのか?!この実験結果を牛サマディー様から数回に分けてレポートしてもらいます。
(スタッフ こじか)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
オルゴナイトの可能性を探る 序章

Pixabay 〔CCO〕




“健康でありたい”、これはあらゆる人の持つ望みです。誰しもが、自分の大切な人にはいつまでも健康であって欲しいと願っています。

そのためには、一体どうすれば良いのでしょうか?人体に害を与える様々な汚染から、身を守らなければならないのです。
特に日本では、放射能による大気汚染や食品汚染が深刻な状況です。他にも、農薬、添加物、遺伝子組み換え、西洋医薬、電磁波、経皮毒・・・ありとあらゆる汚染要因が存在します。しかし残念なことに、これらの事実は一般的にはあまり周知されておらず、ごく少数の人々しか危機感を持ち合わせていないのが現状です。


今回のテーマ ~電磁波対策



さて、本記事におけるテーマは“電磁波対策”です。
皆様は、電磁波から身を守るために、日常的にどのような対策を立てておられるでしょうか?そもそも、電磁波が身体に深刻な害を及ぼすことを、よくご存知ない方の方が多いのではないでしょうか。
何故なら日本は、電磁波対策においては明らかに後進国だからです。

電磁波が身体に及ぼす害とは、いかなるものでしょうか。そのほんの一例として、以下のようなものがあります。



Pixabay 〔CCO〕



(前略)人間の感情は脳の松果体から分泌される「セロトニン」という神経ホルモンによってコントロールされています。
松果体は、磁気変化に敏感に反応します。ですから電磁波を受けるとセロトニン分泌量なども過敏に反応し抑制されます。セロトニンだけでなく、ドーパミン(緊張とか怒りなどの感情に関連し、血圧上昇などをもたらします)やメラトニン(呼吸をコントロールし、免疫を調整したり、ガンを抑制する)等の分泌ホルモンも電磁波の影響を受け減少することが確認されています。
(以下略)
犯罪と電磁波被曝の因果関係 より引用

セロトニンの分泌量が減少すると、うつ状態になります。元システムエンジニアの方から、以前うつになったことがあることを直接聞いたことがあります。また、その方のお知り合いのシステムエンジニアも、うつにかかったそうです。一日中PCと睨めっこするような職業の方は、電磁波によって脳に異常がきたしやすいのです。


あらゆる所に電磁波あり



画像:左) Wikipedia 電磁場を発生させる高圧線 & 右) Pixabay 〔CCO〕




科学技術の恩恵にあずかっている現代社会。その恩恵とは裏腹に、我々の身の回りにはありとあらゆる所に電磁波の発生源が溢れています。スマホ、電子レンジ、IHクッキングヒーター、WiFi、・・・多くの人が便利で活用しているものばかりです。また、実は家中が屋内配線で入り乱れており、街には多くの高圧線が存在します。高圧線のすぐ下に住んでいる方も多いはずです。テレビ塔や携帯基地局も問題視されています。
加えて、飛行機や新幹線、
自動車といった乗り物も実は危険なのです。

電磁波という視点で考えたときに、この日本の中で、完全に安全な場所を探すのはかなり困難です。したがって、この日本で生きるということは、電磁波による健康障害のリスクに常に晒されているということなのです。そして、電磁波から身を守るためには、自己防御するより他がないという悲しい現状に突き当たります。


自己防御の方法論 ~生活環境から電磁波発生源を排除する



まず第一に、あなたの生活環境から、有害な電磁波発生源を出来るだけ排除することです。電磁波の被爆を避ける、最も良い対策法です。


・携帯基地局や高圧線付近の居住を避ける。
・スマートフォンの使用時間を減らす、極力身体から離しておく。
・スマホではなく、ガラケーにする。あるいは、そもそも携帯電話を所持しない。
・ワイヤレスイヤホンの使用を避ける。(脳に非常に悪影響。)
・電子レンジの使用を避ける。加熱は、オーブンやフライパンで行う。
・IHの使用を避け、ガスを使う。
・電気毛布や電気カーペットの使用を避ける。(長時間使用のため、危険性が高い。)
・インターネットはWiFiではなく、有線で接続する。
・コードレス電話機の使用を避ける。
・使用しない機器のコードは、コンセントから抜いておく。(繋げるだけでも、電磁波が発生する。)
・ヘアードライアーの使用を避ける。使う際には、なるだけ頭部から離す。
etc...

代表的な例をざっと挙げました。以前私がIHクッキングヒーターの前に立ったとき、身体がとてもしんどくなるのを感じました。身体が緊張し、呼吸が詰まるのです。その時、IHが本当に危険なものであることを肌で実感しました。気のレベルの感覚が開いていれば、これは誰もが分かる感覚です。ですから、上記のような対策を行えば、身体にかかる負担は相当軽減されるだろうと思います。


自己防御の方法論 ~気のレベルで電磁波を中和する



物理的レベルでは避けられない電磁波に対しては、気のレベルで中和するという方法があります。竹下雅敏氏が開発した「ナディー・チャート」を使用するという方法です。





最近、太陽のナディー・チャートによる電磁波対策の方法がブログ上で公開されました。
”太陽のナディー・チャートを体に身に付けるだけ”という非常にシンプルな方法なのですが、これは非常に効果が高いものです。私も試してみたのですが、明らかに良い効果があるのが感じられました。身体が弛緩し、気のレベルでは確かに防御されているのです。
月のナディー・チャートを電子機器類に取り付けるという方法もあります。
この二つの方法は、併用するのが良いそうです。

また、最近竹下氏によって新発見されたことですが、ピヨちゃんマーラーを身に付けることによっても電磁波から身を守ることが出来るようです。


次回予告





そして・・・
今回、新たなる電磁波対策法を追求します。その名も、「オルゴナイト」です。
竹下氏は、衝撃的な仮説を打ち出しました。

「オルゴナイトを適切な位置に設置することで、家全体を気のレベルで電磁波から守れるのではないか。」


そもそもオルゴナイトとは、一体何なのでしょうか。そして、果たしてこの仮説は正しいのでしょうか。
次回以降、オルゴナイトの記事となります。どうぞ、お楽しみに。

次回へつづく...

Writer

牛サマディー様プロフィール

牛サマディー

1996年生まれ、宮崎県出身。 体癖は1種8種、エニアグラムはタイプ3。 現在は大学4年生、経済学部に所属。就職活動の真っただ中。 趣味は読書、写真、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞、絵画鑑賞、コーヒー豆自家焙煎、ペン回し、ギターなど。 大学の長期休暇を使い、東南アジア、ケニア、台湾へ海外旅行。

牛サマディーさんの旅行記はこちら

高圧送電線の下で低周波磁場の測定:健康障害を引き起こすリスク値(1mG)の6倍は当たり前 送電線付近のマンション高層では50mG近くに

竹下雅敏氏からの情報です。
 ザウルス氏が、高圧送電線の下で低周波磁場の測定をしたという興味深い記事です。“町の高圧送電線付近では6mG(ミリガウス)は当たり前”という状況だったようです。1mGを超えると様々な健康障害を引き起こすリスクがあるとされているだけに、状況は深刻です。特に送電線に近いマンションの高い階では、50mG近くになるという驚きの結果です。
 日本は電磁波問題に関しては後進国で、ほとんど何の対策もなされていません。自己防衛するよりないのです。私の感覚に間違いがなければ、太陽のナディー・チャートが、気のレベルですが、電磁波の影響を軽減するのにかなりの効果があるように思います。太陽のナディー・チャートの色面をハートの位置にぶら下げるか、貼り付けます。パソコンの前で仕事をしていても、こうすると呼吸が深くなりリラックスするのがわかるでしょう。
 ただ、高圧送電線の下でどれほどの効果があるのかはわかりません。また家全体をシールドすることは出来ません。
 送電線の近くに住んでいても、何とか安心して暮らせるような電磁波対策はないものか、直感的には有効な対策があると思われるので、出来れば近いうちに良い方法が見つかれば報告したいと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
高圧線の電磁波測定: 現地調査 2  “悲劇の館” か?
転載元)



最初の現地調査以来、遠方に出かけるときにも電磁波測定器を携行しているが、先日、普段あまり乗らないJRのとある線の電車の窓から “送電鉄塔銀座” を見つけた。

(中略)

手前に見える戸建住宅は比較的新しい。ベランダに布団を干しているが、この階に寝室がある可能性もある。送電鉄塔から道路1本隔てた場所であり、しかも高圧送電線の真下である。

 
 (中略)

 
 路上での測定では、6.08mG(ミリガウス) から 6.23mG(ミリガウス)である。(中略)…
1時間半歩き回ってさんざん測ったが、この町の高圧送電線近辺では 6mG(ミリガウス) は当たり前である。

(中略)
 
低周波磁場は 1mG (ミリガウス)以下であることが必須条件である。これを超える環境に生活することには、さまざまな健康障害を引き起こすリスクがあるとされている。

 
   路上に立って見ると、高圧送電線の両側にマンションが建っていて、左が6階建て、右が7階建てである。マンション住民の被曝値は路上測定の 6mG どころではないはずだ。

(中略)

 右のマンションは築40年以上は経っていそうな建物で、(中略)… 建物としては直下ではないにしても、とにかく高圧送電線にかなり近い。なんとか測定したい。(中略)… 狭い階段をくるくる回りながら登り続けたのだが、屋上への扉は無情にもカギがかかっていた。しかし、幸運にも7階の廊下の高圧線に向いた側に窓があった。
そこに測定器を向けスイッチを入れた。

 
 低周波磁場として 49.9mG (ミリガウス) という数値を示した。わたしは愕然とした。これはほとんど “殺人的な数値” である。 とうぜん2ケタであろうと思っていたが、まさかこれほどとは!

(中略)

このあと、降りてから、この窓を外側から見上げて撮影したのが、以下の写真である。

 
(中略)

49.9mG (ミリガウス)という数値がどれだけのものかを示す参考資料を
挙げよう。
 
» 続きはこちらから

[ザウルスでござる]高圧線の電磁波測定:ザウルスのフィールドワーク

竹下雅敏氏からの情報です。
 ザウルス氏が高圧線下の電磁波を実際に測定してみたという、興味深い記事です。高圧線の近くでは4mG(ミリガウス)近くの低周波磁界が測定されたとのこと。記事によると、子どもの脳腫瘍や白血病の発症率が跳ね上がるという研究結果があるようです。
 電磁波の問題は非常に深刻ですが、日本では現状認識が甘く、あまり問題視されていないため、事実上、野放しの状況です。幼い子供たちを見ていると、発達障害など何が原因かはっきりしませんが、明らかにそうした子供の数が増えているように感じます。電磁波の影響があるのかないのかも含め、注意深く観察、研究する必要があると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
高圧線の電磁波測定: ザウルスのフィールドワーク
転載元)

3年前から電磁波測定器を3つそろえてきて、自宅内や地元で測定していた。しかし常々、高圧線下の電磁波を測定してみたいと思っていた。
(中略)
実際に測定してみると、3.74mG(ミリガウス) もあるではないか!



ほとんど 4mG(ミリガウス) を指している。
(中略)
“保育所” の看板 “ ←” があったのにはまいった。このあたりのひとたちは上を見ないようにして生活している可能性がある。
 

 保育所の前で測定すると、3.54mG(ミリガウス)である。乳幼児が集まる保育所のある場所としては、これはたいへんな数値である。
  参考までに、以下の資料を参考に、 低周波磁界 3.54mG(ミリガウス) の環境でどんなことになるか類推して頂きたい。
  

(中略)


 
» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11