アーカイブ: 世界全体

ユダヤ問題のポイント(日本 昭和編) ― 第32話 ― 原爆投下の全体像

 ハルマゲドン計画とは簡単には、地上世界にて最終戦争(ハルマゲドン)が勃発、この終末に救世主が降臨、最後の審判などを経て、最終的は新エルサレムが成立し神の王国が完成するというものです。しかし、ハルマゲドン計画とは、地上世界の統治の組み換えに終わるものでは全くありません。物質界と霊的世界の転換も含めた「天界のクーデター」の計画がハルマゲドン計画です。
 そのベースとなっているのは『マイトレーヤの使命』で言うところのサナット・クマーラの『大計画』です。これの実質的な中身は「スミワタルタカキホシノヒメミコ様の通信文」に明かされています。ホツマの神として高い地位にあったサナット・クマーラは、自身のその反逆行為の代償としてホツマの神から神霊に降格され、地球に叩き落とされます。これに対しサナット・クマーラはホツマの神々への復讐を誓い、全宇宙を自分の支配下に置こうとしたのです。これが『大計画』の実質です。
 ハルマゲドン計画は、基本的には地球の破局を利用して『大計画』を実現させるものです。このためには地上世界と銀河世界をつなげる必要性があり、そのためのプログラムが秘密の宇宙プログラムだったのです。地上の人類は、秘密の宇宙プログラムによってUFO技術と核兵器を保有することになります。核兵器は宇宙に影響を与えるものだから、地上の戦争が銀河世界にも繋がることになるのです。
 秘密の宇宙プログラムのバックにいたのはホワイト・ロッジのハイアラーキの覚者たちで、彼らは「人類の進歩を促すため」にとの文言を用いていましたが、秘密の宇宙プログラムは人類を進歩によって豊かに幸福にさせるためではなく、人類を犠牲にして彼らの野望を成就させるためのプログラムだったのです。
(seiryuu)
————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(日本 昭和編) ― 第32話 ― 原爆投下の全体像


人体実験された被爆者


  • 原爆製造の過程、その実際
  • 原爆投下の影響とその意味
  • 原爆と昭和天皇の関わり
上のb.を今回は追っていきたいと思います。

1945(昭和20)年の8月6日にヒロシマ、8月9日にナガサキに原子爆弾が投下されました。これにて広島市民約35万人のうち、半数近い14万人以上が亡くなったとされます。ただし、この14万人には軍関係者は含まれておらず、それを含めるとヒロシマ原爆の死者は20万人との説もあります。ナガサキでは7万人以上の市民が死亡との結果になっています。

爆心地では瞬時に人間も建物も全てが蒸発、その周辺では地獄絵巻が現出させられました。原爆は「地獄爆弾」とも称されます。


被爆者の苦痛苦難は原爆による被害だけでは終わりませんでした。原爆投下直後からヒロシマ・ナガサキに医師グループが駐在しますが、それは被爆者の治療のためではなく、データ収集のためでした。被爆者は被爆の苦痛と共に人体実験にも利用と、人間の尊厳を傷つけられ差別にも苦しめられます。

原爆関連のウィキペディア記事には次の記述があります。

東京帝国大学が、1945年8月6日の広島と9日の長崎の原爆による被爆者を使って、戦後2年以上に渡り、日本国憲法施行後も、あらゆる人体実験を実施したことを、NHKが2010年8月6日放映のNHKスペシャル『封印された原爆報告書』にて調査報道した。

この実施した人体実験の具体として番組ナレーターは次のように語っていたとのことです。

被曝者にアドレナリンと言う血圧を上昇させるホルモンを注射し、その反応を調べていました。12人の内6人は、わずかな反応しか示さなかった。山村さんたちは、こうした治療とは関係のない検査を毎日行っていました。調べられることは全て行うのが、調査の方針だったと言います。

原爆投下直後から日本政府と米国政府が原爆による傷害の実態を詳細に調査記録するため、日米合同調査団を編成、調査団はABCC(原爆傷害調査委員会)という機関となり、多数の学者や医師らが参加して、被爆者への治療を施すわけでなく被爆者の体で研究をしたのです。


日本側で当初からこの調査団に加わっていたのは陸軍医務局、東京帝国大学医学部でした。被爆者は米国が投下した原爆の被害という甚大な苦痛だけではなく、自国の日本政府からも冒涜の被害を受け続けたのです。

ABCCは1947年に広島赤十字病院の一部を借り受けて開設、1948年には、日本の厚生省国立予防衛生研究所が正式に調査プログラムに参加しています。

陸軍医務局東京帝国大学医学部、そして国立予防衛生研究所、お気づきでしょう。原爆被爆者の人体実験にも731部隊関係者が関連してもいるのです。彼らが戦後の日本医学界をリードしていったのです。


» 続きはこちらから

[In Deep] 荒川央博士の記事より 〜 mRNAワクチンは毒性を保持したまま、未知のタンパク質を作り続ける可能性がある

 In Deepさんの幾重にも重要な記事でした。改めてRNAワクチンの危険性と、それに対する人々の認識を問うものでした。最初に、伊丹万作氏が1946年に記した「戦争責任者の問題」を引用し、それが形を変えて今、起こっているのではないかという鋭い問題提起がありました。「だますものだけでは戦争は起こらない。(中略)だまされたものの罪は、(中略)あんなにも造作無くだまされるほど批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになってしまっていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである。」「『だまされていた』といって平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でもすでに別のうそによってだまされ初めているにちがいないのである。」わずか一部を書き写すだけで胸がキリキリするようでした。
 そして本論は免疫学の専門家である荒川央博士の「ブレーキの無いRNAワクチン」という記事を解説されたものでした。これまでIn Deepさんが提起してこられた事実の他に新たな、衝撃的な内容がありました。
mRNAの性質を決定づける配列のうち「ウリジンをシュードウリジン」に置換えることで、天然のコロナよりも何十倍から何千倍も多くのスパイクタンパク質を産生することができる。さらに天然コロナと比較してワクチンのmRNAは「壊れにくく、とても強い」ために長く体内に残る。にもかかわらず、元々のスパイクタンパクの毒性は取り除かれていない。決定的なことは、スパイクタンパクの生産を止めるためのスイッチがない。後から体内でその生産をストップさせる方法は現時点で存在しない。
そして衝撃だったのが、ファイザーのRNAワクチンは、たんぱく質の合成を終わらせる終止コドンが「偶然と言えないほど少なく」未知のタンパクを作り続ける可能性がある。これまで地球上に存在しなかったタンパク質を体内で作る可能性がある、ということです。これらの根拠を論文等を交えて元記事で説明されていますが、読み終わった後に残るのは、伊丹万作氏の言葉なのでした。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
戦時下に、日本人の専門家のワクチン遺伝子配列の分析を読んで知る「スパイクタンパク質の産生を止める術がない」こと。そして「未知のタンパク」の存在
転載元)
(前略)

伊丹万作『戦争責任者の問題』(1946年8月)より抜粋

多くの人が、今度の戦争でだまされていたという。みながみな口を揃えてだまされていたという。

私の知っている範囲ではおれがだましたのだといった人間はまだ一人もいない。ここらあたりから、もうぼつぼつわからなくなってくる。多くの人はだましたものとだまされたものとの区別は、はっきりしていると思っているようであるが…

…それは、「だまし」の専門家と「だまされ」の専門家とに画然と分れていたわけではなく、いま、一人の人間がだれかにだまされると、次の瞬間には、もうその男が別のだれかをつかまえてだますというようなことを際限なくくりかえしていたので、つまり日本人全体が夢中になって互にだましたりだまされたりしていたのだろうと思う…

…また、もう一つ別の見方から考えると、いくらだますものがいてもだれ一人だまされるものがなかったとしたら今度のような戦争は成り立たなかったにちがいないのである

つまりだますものだけでは戦争は起こらない。だますものとだまされるものとがそろわなければ戦争は起こらないということになると、戦争の責任もまた(たとえ軽重の差はあるにしても)当然両方にあるものと考えるほかはないのである

そしてだまされたものの罪は、ただ単にだまされたという事実そのものの中にあるのではなく、あんなにも造作なくだまされるほど批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになってしまっていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである

…このことはまた、同時にあのような専横と圧制を支配者にゆるした国民の奴隷根性とも密接につながるものである。

それは少なくとも個人の尊厳の冒涜、すなわち自我の放棄であり人間性への裏切りである。また、悪を憤る精神の欠如であり、道徳的無感覚である。ひいては国民大衆、すなわち被支配階級全体に対する不忠である。

…「だまされていた」という一語の持つ便利な効果におぼれて、一切の責任から解放された気でいる多くの人々の安易きわまる態度を見るとき、私は日本国民の将来に対して暗澹たる不安を感ぜざるを得ない。

「だまされていた」といって平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でもすでに別のうそによってだまされ始めているにちがいないのである。一度だまされたら、二度とだまされまいとする真剣な自己反省と努力がなければ人間が進歩するわけはない

青空文庫
(中略)

> だますものとだまされるものとがそろわなければ戦争は起こらない

というのは、今の全主要国の状況なのかもしれないですが、繰り返すものだなと思います。

日本の当局に関しても、厚生労働省のワクチン特例承認報告書などを見ていますと、戦前とさほど変わることはないのだなと実感しています

厚生労働省といえば、これまで月に二度、ワクチン後の有害事象報告と、死亡事例について発表していたのですが、10月15日分の発表では、「死亡事例報告が消えて」いました
(中略)

最初に書きました荒川央(あらかわ ひろし)さんの「ブレーキの無いRNAワクチンをご紹介させていただこうと思います。これはもう本当にさまざまな方にお読みいただきたいものだと思います
(中略)
専門家の書かれている文書に注釈というのはおこがましいのですが、荒川央さんの書かれていることが、少なくとも医学的科学的にこれまで発表された論文や資料から、「すべて事実」だということをお伝えしたいと思いました。

(中略)
» 続きはこちらから

21/10/11 フルフォード情報英語版:EUの崩壊開始と共に、ポーランドとベラルーシの国境で第三次世界大戦の最初の弾が発射

 10月11日フルフォード ・レポート(英語版)です。今回のレポートは、上下体癖でないpopoちゃんにとって気絶しそうなくらいスーパー・ロングでした。レポートは全体的にEUの崩壊ぶりと資金不足に困っているハザール・マフィアのお見苦しいジタバタ劇場の様子です。

 EUの崩壊開始と共に、ベラルーシ軍(モスクワが支援)がポーランド軍に発砲。これはロシア愛国者勢力のナチスへの仕返し。EUが崩壊しつつある兆候として、①ホーランドのEU離脱(ポレグジット)が公然と語られている②オーストリアとチェコの政権がほぼ同時に崩壊。

 フルフォード氏は、人々はドナルド・トランプがアメリカを民主主義と独立に導く人物ではないということを認識する必要があると。前回のレポートで、白龍会はアメリカ破産後の暫定大統領候補にマイケル・フリン将軍を推薦していましたが、今回はマイケル・フリン将軍は信頼するに値しないとして、ロバート・F・ケネディ・ジュニア氏を推薦に変更。「ロシアの情報機関は、フリンがアドルフ・ヒトラーにつながる詐欺的な霊能者のカルト集団とつながっているという証拠を送ってきて、フリンに対する疑念を裏付けた。」と今、ネットでも騒がれていることをフルフォード氏は言っていますが、もし、これが事実ならフリンさんの波動は闇に落ちてると思いますが。。。是非、波動測定でお見極めください♪

 ここからお見苦しいジタバタ劇場スタート!ロスチャイルド/ロックフェラー一族は、10月18日の債務超過宣言を回避するために土壇場で1兆ドルのプラチナコインを鋳造可能らしい。また、彼らは倒産危機回避のため、日本の農林中央金庫から生存資金を略奪しようとしているとも。😱また、スイスで中国に再融資求め非公開で緊急協議開催、が合意に至らず。金をくれないなら、お前らのエネルギーを断つとロシアと中国を繋ぐパイプラインの工場を破壊し脅しに入ったよう。😱ロシアがヨーロッパのガス価格を高騰させたように思わせるキャンペーンも実施中。😱世界の食料品の値段は10年ぶりに高値を記録。食品、エネルギー価格のつり上げは ヤツらが借金返済のために一般人から搾取していると。😱スイスではアジアなどの歴史的な債券を貨幣化しようとするカバールが渦巻いている。ハザール・マフィアはヘロイン収入減のため「ISIS」(ロックフェラー/ロスチャイルドの傭兵)を使ってアフガニスタンを脅そうとしたがタリバンにやっつけられてしまった。ロックフェラー家は米国株式会社のプロパガンダネットワーク(MSNBC & NBC)を中共に渡した。

 最後、日本では、ロックフェラーとロスチャイルドの支配が明らかに終わりつつあると締めくくっています。🙌
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:EUの崩壊開始と共に、ポーランドとベラルーシの国境で第三次世界大戦の最初の弾が発射
投稿者:フルフォード 

ベラルーシ軍:ハイブリッド戦争実行か?!


First shots of WWIII fired on Polish/Belarus border as collapse of EU begins Events are unfolding at a blistering pace now with huge changes in Europe, Japan, China and elsewhere. This should lead to the liberation of the United States before too long. 今、ヨーロッパ、日本、中国などで大きな変化が起こり、出来事が目まぐるしく展開している。これは、そう遠くないうちに、アメリカの解放につながるはずだ。

The most earth-shattering event was shots fired by the Belarus military against the Polish military at the two countries’ border. Here are some news quotes describing this: 最も衝撃的だったのは、両国【ベラルーシとポーランド】の国境でベラルーシ軍がポーランド軍に発砲したことだ。これを説明するニュースの引用を紹介しよう。

Anna Michalska, a spokesperson for Poland’s Border Guards, said Belarusian forces fired shots at Poland’s troops across the European Union’s eastern border Thursday…The area along the border is restricted as part of a state of emergency that Poland imposed in early September, They allege the Moscow-backed Belarusian government is organizing and encouraging people to enter EU territory as an element of “hybrid war” in retaliation for Western sanctions on the authoritarian government in Minsk. ポーランド国境警備隊のアナ・ミハルスカ報道官によると、ベラルーシ軍は木曜日、EUの東側国境を越えてポーランド軍に発砲したという。ポーランドは9月初めに発動した非常事態の一環として、国境沿いの地域を制限している。彼らは、モスクワが支援するベラルーシ政府が、ミンスクの権威主義政府に課す欧米の制裁に対する報復として、「ハイブリッド戦争」*の要素として人々を組織し、EU領域への侵入を促していると主張している。
*軍事戦略の一つ。正規戦、非正規戦、サイバー戦、情報戦などを組み合わせていることが特徴。(Wikiより)】
https://abcnews.go.com/International/wireStory/belarus-forces-open-fire-polish-troops-border-80475689 https://abcnews.go.com/International/wireStory/belarus-forces-open-fire-polish-troops-border-80475689

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

» 続きはこちらから

カレン・キングストンさん「ワクチンを打つということは従属(奴隷)プラットフォームへのゲートウェイ(入口)に入ってしまうことになるのです。さらには十分に従属的でないと評価されたなら処刑プラットフォームへと導かれます」

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日のカレン・キングストンさんの記事の続きです。
 カレン・キングストンさんによると、2021年3月18日に取得されたCovidワクチンの特許(No.2021/0082583A1)の378項には、“当ワクチンにはIDを作り出すように指示を出す複数の電子装置が含まれている…ブルートゥースなどを介して通信が可能”と記載されているという事でした。
 記事の続きが凄くて、ある意味で予想通りというか、ジョージア・ガイドストーンズに刻まれた未来を支持するグローバリストたちなら、こういう計画を立てるだろうという事柄なのです。ぜひ、引用元の記事をご覧ください。
 カレン・キングストンさんは、「米国民はワクチンを打てば自由を取り戻すための切符を手に入れることができると考えていますが、実際は、ワクチンを打つということは従属(奴隷)プラットフォームへのゲートウェイ(入口)に入ってしまうことになるのです。さらには十分に従属的でないと評価されたなら処刑プラットフォームへと導かれます」と言っています。
 どうやって処刑するのかというと、無症状や症状が消えた後でも感染するという理由で、“政府は無症状で完璧に健康な人に対してもスーパースプレッダーとして特定”し、強力なワクチンを投与するのだとか。
 今でもワクチンを打った次の日に、それまで元気だった人が死んでも、ワクチンが原因だと見做されないのであれば、強力なワクチンを投与され、その後に風邪などで死んでも、ワクチンが原因とは思われないわけで完全犯罪ですね。
 SNS上の発言や、検索などの行動履歴から、誰が政府に対して従属的であるかは、とうの昔にリストアップされブラックリストが作られているでしょう。しかし、引用元の記事には、グレーゾーンにいる民衆を選別するためなのか、“彼等はロックダウンをすることで、ワクチンの集団接種前に追跡アプリをインストールさせました。このアプリは、誰が従属的であり誰が従属的でないかを評価する”と書かれているのです。
 日本の場合は、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA(ココア)」のことでしょうか。「COCOA」は、2020年6月にあべぴょんが「クラスター(感染者集団)対策を強化する鍵」と位置付けて導入され、“アプリが人口の6割近くに普及すれば、ロックダウン(都市封鎖)を避ける効果が期待できるとして利用を呼びかけていた”のですが、相次ぐ不具合で信頼を失って利用者はあまりいないようです。
 わざと不具合にして、国民をグローバリストたちから守ったのであれば、官僚お得意の面従腹背というやつで、お見事というか、日本には天才がいるという事になるのですが、たぶん違うと思います。恐らく日本の政治家、官僚は稀に見る無能集団であり、その事がこのケースの場合は、功を奏したのだと思います。
 「地底人vs最低人の戦い」という言葉が、またも脳裏をよぎるのでした。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
10/13-その1 Covidワクチンは人間を服従させるためのもの!
引用元)
(前略)

動画は引用元でご覧ください(画像をクリックすると引用元へ飛びます)
(中略)
キングストンさん曰く:

Covidワクチンとして体内に注入されたスマート・ディバイスは予防薬のワクチンとは全く関係ありません。

Covidワクチンの特許の0352項には、当ワクチンの化合物はWHOのウェブサイトに公開されており、そこには化合物としてスーパースプレッダーを発見するソフトウェアのキットが使われると記載されています。
(中略)
特許の0400項には、Covidワクチンの有効性はスーパースプレッダーの振る舞いによって決定されると記載されています。つまりCovidワクチンは人々を従属的にするためのディバイスであり、その人の振る舞いを診断した上でどのタイプのワクチンを投与するかを決めているということです。あまり従属的でない人にはより強力なワクチンを投与しています。
(中略)
0004項には、このウイルスは無症状や症状が消えた後でも感染するが、症状が出てから3日間が最も感染力が高いため、政府は無症状で完璧に健康な人に対してもスーパースプレッダーとして特定し(生物兵器の)ワクチンを接種させることができると記載されています。
(中略)
0409項には、医師、警察など重要な専門職に就いている人々に対してクーポンという形態で専用コードが提供されると記載されています。(中略)… つまり医師が命令に従い病院で大量殺人に加担するなら、そして、警察が命令に従い専制政治を押し進めるなら従属強化のための得点が下がり弱いタイプのワクチンが投与されます。一方、彼等が従属的でないなら従属強化の得点が上がり、強いタイプのワクチンが投与されます。
(中略)
数週間前にホワイトハウスの国家AI戦略局のトップがOECDの会議にて「米国の様々なセクターにおいて労働力をAIと融合させる必要がある」と述べました。(中略)… つまり彼等は米国の労働者をAIと交換してしまおうとしているのです。つい最近、香港では医療従事者をAIと交換する準備ができていると報道されました。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

「ワクチン接種者がブルートゥースに繋がる」その数々の証拠 ~世界中のワクチン接種者をモニターするファイザー社の特許が承認

竹下雅敏氏からの情報です。
 非常に重要な記事です。カレン・キングストンさんによると、2021年3月18日に取得されたCovidワクチンの特許(No.2021/0082583A1)の378項には、“当ワクチンにはIDを作り出すように指示を出す複数の電子装置が含まれている…ブルートゥースなどを介して通信が可能になりユーザー間の交流、人間関係、行動を評価することができるなどと記載されています”と言うのです。
 また、ノーベル医学賞のリュック・モンタニエ博士の共同研究者であるジャン=クロード・ペレス氏は、「独占:世界中のワクチン接種者をモニターするファイザー社の特許が承認される」という記事を紹介し、“このファイザーの特許申請は2021年8月31日に承認され、携帯電話の電波塔や衛星からの2.4GHz(5G)以上のパルスマイクロ波の量子リンクによって「モノのインターネット」に接続される予定の、あるいは現在接続されている世界中のすべてのワクチン接種を受けた人間の遠隔連絡先を追跡する目的で、18500件以上のリストの中で最初に登場した特許です(DeepL機械翻訳)”とツイートしています。
 “続きはこちらから”の動画の冒頭で、暗視野顕微鏡で撮影されたワクチンの映像が出てきます。「これはチップのようにも見えます」と言っています。最後のツイートは、温泉露天風呂に(禁断の)スマホを持ち込んで、隅っこからスキャンすると、「見える範囲の入浴客と、なんとなく一致」という報告。
 また、「ザウルスの法則」の9月30日の記事では、スマホ、携帯電話等の電子端末は、学校への持ち込みは厳禁で、生徒たちの7割以上はすでに接種していると想像される中高一貫校に勤務する教員の方からのもので、“BLEスキャナーには認識した信号情報データを集積してダウンロードできる機能があることに気づき、BLEスキャナーを起動して、上着のポケットに入れっぱなしで午前中過ごしたところ、BLEスキャナーが認識した受信記録が、なんと300件を超えた”というのです。記事には受信記録のデータが添付されています。ぜひ、記事をご覧ください。
 さて、これだけの証拠を前にして、未だにワクチン接種者がブルートゥースに繋がることを信じず、否定しようとするならば、もはや為す術はないと思われます。申し訳ないのですが、私には、「頭が悪すぎる」という言葉しか浮かびません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
10/13-その1 Covidワクチンは人間を服従させるためのもの!
引用元)
(前略)

 動画は引用元でご覧ください(画像をクリックすると引用元へ飛びます)
(中略)
キャレン・キングストンさん曰く:
彼等が言っていること(ワクチンに含まれたディスクや生き物のような形をしたものがコンピュータシステムであるということ)が真実であることを示す証拠がここにあります。
(中略)
先週、ご紹介したCovidワクチンの特許の詳細を見てみましょう。この特許(No.2021/0082583A1)は2021年3月18日に取得したものです。
(2:05~)この特許の0378項には、当ワクチンにはIDを作り出すように指示を出す複数の電子装置が含まれているとか、この装置は外部サーバーに接続され、そのサーバーから情報を受信することができるなどと記載されています。
また、強制命令専用のアプリをダウンロードすることができるとか、パンデミック期間中に政府は国民にワクチン接種を促すために各スマホ、他に専用アプリをインストールするよう命令することができるなどと記載されています。
また、このアプリやスマート・ディバイスを介してユーザー(国民)の位置を常に追跡、特定することができ、ユーザーが使用しているスマート・ディバイスとブルートゥースなどを介して通信が可能になりユーザー間の交流、人間関係、行動を評価することができるなどと記載されています。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 317