アーカイブ: 世界全体

“古来の日本人の神様観”を、5歳の男の子が見事に表現! 〜 本当の宗教とは、どんな生命と話しても通じるもの!

竹下雅敏氏からの情報です。
 In Deepさんの興味深い記事。私もほとんど同じ感覚を持っています。枠で囲まれた「岡某くん(5歳)の 熱せん妄」は、珠玉と言える部分なので、ぜひご覧ください。自然即神、宇宙即神というスピノザの世界観を、5歳の男の子が見事に表現したものです。
 私も、これが、“古来の日本人の神様観”だと思います。そしてこれが、誰もが持っている本来の宗教観ではないかと思います。
 記事では、日本に仏教が入ってきてからおかしくなり、現在の日本人は、ほぼ精神的に崩壊しつつあると考えているようです。うつ病の多発という形で、私たちは、“日本人の精神的崩壊”を目撃していると考えられます。
 仏教に限らず、世界のあらゆる宗教が精神的崩壊を加速させているように思います。私の考えでは、“古来の日本人の神様観”というのは、実は先住民の宗教観ではないかと思います。おそらく、アイヌの人々は最近まで、この“古来の日本人の神様観”のままであったのではないかという気がします。
 わかりやすく言えば、近い将来、犬や猫、イルカ、鯨、その他の生き物と話ができるようになったとして、 天照大神やイエス・キリスト、ゴータマ・シッダールタの話をしても、通じないと思うのです。どんな生命と話しても通じるものが、本当の宗教ではないでしょうか。
 私の考えでは、組織化された宗教というのは金集めの道具であり、人類支配の道具でしかありません。このようなものは、無くなった方が良いと思っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「日本人の精神的崩壊は6世紀に始まり今完成しつつある」 : 宗教的信念はうつ病からの保護効果を持つという医学的研究から思う現代日本に根付く「病の構図」
転載元)
(前略)

Spiritual Beliefs Are Linked to a 'Protective' Effect Against Depression in The Brain sciencealert.com 2019/02/10

宗教的信念は脳内の「うつ病に対する保護的効果」と関連している

最近の新しい研究によると、宗教的信念、または宗教的な感覚は、うつ病に対する脳の状態を緩和する可能性が示されている。(中略)... この研究は 2005年から行われており、その際の研究で、宗教が健康状態の悪い人々のうつ病に対する緩衝剤として役立っていることが発見されている。

(中略)

拡散テンソル画像(脳内神経の詳細な状態を撮影できる医療撮影技術)と呼ばれる MRI ベースの画像を使用し、99人の参加者の脳内の白質を視覚化した。(中略)... 以前の研究では、白質が薄くなることが脳のうつ病のバイオマーカーであることが示されており、2014年の研究では、宗教と神を信じる精神的信念を持つ人で、うつ病に関連するいくつかの脳の領域がより厚い皮質となっていることがわかった。

今回の新しい研究の結果は、これらの相関関係を明らかにした。
研究者たちは、家族性のうつ病リスクが高くても、重要な宗教的または神を信じる精神的信念を持つ人々は、家族性のうつ病リスクが低い参加者に近い脳を持っていることが発見されたのだ。

(以下略)

ここまでです。

ひとことで言いますと、「脳の白質という部位が薄いことと、うつ病とに関連がある」ということが前提としてわかっていて、そして、

「宗教的信念の高い人は、脳の白質が厚い」

ために、うつ病から保護されやすいということのようなのですね。

» 続きはこちらから

19/2/11 フルフォード情報英語版:秘密の取り決めが交わされ、早ければ3月にも世界的に大きな変化が訪れる気配

 新世界政府(NWO)が装い新たに再登場してきました。いー加減、そっから発想を変えませんかね。おまけに世界統一宗教とか……主張の根っこが矛盾し合うんだから無理じゃん。キリスト教内部ですら統一できてへんのに、どないすんの。
 エリート層にとって、一般社会の“宗教”が単なる洗脳&支配手段に過ぎないことを表しています。

 そして今回は、2つのアマゾンが出てきます。ベゾスのアマゾンは通販会社。フルフォード氏が若い頃に学んだのは、熱帯雨林アマゾンの男性シャーマン。普段スピリチュアルやUFO話にはあまり踏み込まないようにされていますが、結構ディープな所まで入り込んでいらっしゃったのですね、びっくり。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
秘密の取り決めが交わされ、早ければ3月にも世界的に大きな変化が訪れる気配
投稿者:フルフォード

いよいよ世界が統一される?!


現在、秘密裏にも公けの場においても、世界の権力の最上層部で活発な交渉が繰り広げられている、と複数の情報源が口を揃えている。これを受けて、地球を様変わりさせるような【複数の】発表が早ければ3月にもなされるかもしれない、と彼らは言う。

ワシントンD.C.における権力闘争も、ある意味でのクライマックスを迎えようとしている。こちらは、ドナルド・トランプ米国大統領が国家非常事態宣言をすると脅している点から窺える。

公けの場における大きな動きの一つは、法王とイスラムの高位の代表【一名】、そして其の他の様々な宗教の代表たちによる世界統一宗教の発表だ。これはフランシスコ法王が、イスラム教発祥の地であるアラビア半島を訪れた最初の法王となった後に出された。発表の文言はこちらに掲載されている:
http://w2.vatican.va/content/francesco/en/travels/2019/outside/documents/papa-francesco_20190204_documento-fratellanza-umana.html

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

東南アジアのCIA筋は、国連本部をニューヨークからラオスへ移転させる件が、2月27日から28日に行なわれるドナルド・トランプ米国大統領と北朝鮮の絶対的指導者金正恩【委員長】の首脳会談における主要な話題の1つとなる、と言っている。

アジアの複数の秘密結社とアメリカの軍産複合体とヨーロッパの諸王族は、世界的な将来設計機関の立ち上げに向けて動いていると、その交渉に携わっている面々から情報がもたらされた。これに関連する公式文書の幾つかは既に署名された、と英国王室筋は言う。

MI6とP2フリーメイソンとペンタゴンとアジアの秘密結社筋は、何らかの形での世界【統一】政府の発表を強く推す動きもある、と言っている。非常に稀なことに世界の権力バランスがほぼ完璧に等しくなったお蔭で、今や敗者ゼロ、そして【皆が】勝ち組となるような形で可能になったそうだ。

以下のリンク先の地図には3つの権力集団が描かれており、青が欧米同盟、赤がユーラシア集団、そして灰色が南方同盟である。それぞれ、領土的にも人口的にもおおよそで同等となっている。この地図は表向き、ベネズエラ政府を巡る各集団の見解を示している【とされる】が、実際には世界支配を巡る区分だ。
https://bigthink.com/strange-maps/which-countries-support-maduro-guaido

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

アフリカの全ての国々が統一のパスポートにするという先週の発表も、世界政府に向けた動きが目に見える形で現れた一つの兆候だ。
https://wnobserver.com/world/african-union-leaders-gathered-at-opening-session-of-32nd-summit/

» 続きはこちらから

5Gのために伐採されていく街路樹!〜マンホール型アンテナやガラス型アンテナで着々とすすむスーパーシティ構想〜便利な暮らしだけを謳い、その危険な電磁波については一切触れない不気味さ

 5Gのために街路樹が伐採されているという海外のニュースです。代わりに5G対応のLED街灯を立てるようです。直線的に短い距離しか飛ばない5Gの電波にとって、街路樹は邪魔になるというわけです。
 東京都でも小池都知事が、無電柱化ということで街路樹を伐採する意向とのこと。これも景観のためというよりも、5G化へ向けての戦略の1つなのかもしれません。これからますます緑は減っていき、ガラス型アンテナやマンホール型アンテナがそこら中に溢れるスマート(スーパー)シティへと変貌していくのでしょうか。
 政府は2030年に向けて、「スーパーシティ構想」というAI(人工知能)やビッグデータを活用した最先端都市を計画しています。担当大臣は片山さつき「地方創生担当大臣」「規制改革担当大臣」であり、その有識者懇談会の座長は竹中平蔵元総務相です。もうこれだけで怪しい。
 IoTを活用した便利な生活だけが謳われている「スーパーシティ構想」ですが、その実体は人体にはとっても危険な5G電磁波に取り囲まれた生活になる!というものです。強力な5G電磁波により人体のDNAは傷つけられますし、さらになんと!DNAの改ざんすらできるようです。実は本当の目的はこれなのではないでしょうか。1%に都合のいいように99%のDNAを改ざんしようという"構想"。
 岩盤規制改革という名の下で、またしても悪だくみをたくらんでいるのではあるまいか。
(しんしん丸)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
準備OK、5G
引用元)
​​まもなく始まる5Gオペレーション
こちらはオランダ、​

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

​アイルランド、

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

街路樹の代わりにたつのが、電磁波照射LED街灯だが、​(中略)
5Gとのコラボとか、やめてけれ!
————————————————————————
小池都知事の無電柱化推進で都心の街路樹が伐採の危機
引用元)
(前略)
東京都心部の歴史ある街路樹が次々と切られようとしている。道路拡幅や無電柱化などが主な理由だが、環境や景観を重視する住民たちから反対の声が上がっている。(中略)

ある都政関係者は「小池百合子新知事は阪神・淡路大震災の教訓から無電柱化に熱心で、6月議会で東京都無電柱化推進条例を成立させました」と話す。
(以下略)
————————————————————————
国内初、マンホール型基地局の試作機を開発-観光地や景勝地など、人の集まる場所への新たな基地局として活用-
引用元)
株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、観光地や景勝地などの周辺にアンテナ設置に適するような場所がなく、また人の集まる場所における通信速度の低下への対策や、より繋がりやすいサービスエリア構築を目的とした、マンホール型基地局の試作機を国内で初めて開発(中略)

2018年度内の本格運用をめざし、基地局設置が難しかった地域への通信環境の改善に取り組み、将来的な5Gへの技術の応用についても並行して検討を進めてまいります。
(以下略)
» 続きはこちらから

19/2/4 フルフォード情報英語版:世界中の人々にビッグな富をもたらすピッグな一年が始まる

 新年快樂! 中国の春節到来で、旧暦でもピッグ(豚)年が始まりました。英語では亥年を「Year of the Pig(豚年)」と言います。中国語の「豬」は豚と猪の総称でして、豚さんが選ばれることが多いのです。
 他にも羊年の「羊」が中国語では山羊と羊の総称でして、「Year of the Goat(山羊年)」と訳すことの方が多いです。フランスなんかは旧植民地のベトナム経由で干支を取り込んだので、「卯年」ではなく「猫年」です。東洋の干支、お国事情が色々あるのです。
 ということで、今回の記事は豚さん表現に溢れたものに。記事最後のブラジルの人間農場に至っては、譬喩ではなくて現実なのがげんなりします。被害女性が判明しているだけでも600名とか、洒落になりません。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
世界中の人々にビッグな恩恵をもたらすピッグな一年が始まる
投稿者:フルフォード

豚年のもたらすもの


中国の正月――豚年――は2月5日に始まるが、人々が「飼い葉桶」【※豚さんのイメージなので】にて心ゆくまで食を堪能する恵みの一年となるだろう、とアジアの秘密結社筋は言う。豚年ないしは猪年は夜の9時から11時と関連付けられていることから、これは世界についても2001年9月11日の金塊強奪の試みと大量殺人を巡る真相や幕引きがもたらされることを意味している、と同筋は言う。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

しかしながら欧米の秘密結社筋曰く、世界人口の90%を殺害するのに全力を掲げてきた一部のエリート犯罪者連中にとっては、「屠殺」の一年【※くどいようですが、豚さんのイメージなので】となることは必至だ。奴ら犯罪者が奪った富が、これまで踏みつけにされてきた90%を「養う」べく返還されるのだ、と彼らは言う。


なんとか生き残りたいロスチャイルド家


具体的には、ロスチャイルド家の英国支部と大半のフランス支部が秩序だった【=暴力的でない】権力移譲の交渉に臨んでいる、というのがアジア駐在の複数のCIA筋からの情報だ。G7の私的な中央銀行を所有しているロスチャイルド家などの家系は、今ここにある金【=かね】(ATMや紙幣印刷機)・金融コンピューター・国際金融送金システムに対して自分たちが及ぼしている支配を、東洋の歴史的金塊の一部に対する権利といった何らかの実在する資産と交換できないものかと、取引を望んでいる。

こういった交渉は進行中ではあるが、既に決定された事項として、国連本部はニューヨークからラオスに移されることになった。「人類が前に進むことを手助けし、この惑星の汚染を浄化し、全生命にとって平和と調和に満ちた新たな世界を創造する準備の整った高いエネルギーの人たちだけがこの新本部に存在することを許される――言い換えると、新しいメンバーは皆、この世界の住民を真に代表する者たちなのだ」と情報源の一人は言っていた。

ペンタゴン筋やCIA筋によると、米国政府には2月15日の金曜日まで資金が融資される。それに続くジョージ・ワシントンの生誕日を祝う長い週末にかけて、以上の内容に関連したことや、其の他の件に関して、何らかの一大発表がなされるようにするためらしい。

» 続きはこちらから

12/8/22 フルフォード情報英語版:死亡追悼文:ヴァン・デ・ミーア博士、またの名をマイケル・メイリング医師、またの名を???――本物のジェームズ・ボンド

 今週月曜日のフルフォード氏情報に登場した「マイケル・メイリング医師」、調べていくと大変興味深い人物でした。現在、フルフォード氏が将来設計機関の立ち上げにあれほど心血を注いでいるのは、人類や地球を救いたいという大義もさることながら、メイリング医師のように道半ばで犠牲となった人々の志を自分は引き継いでいるのだ、との想いもあるのではないでしょうか。
 今回訳した記事は、フルフォード氏がまだキーナン氏と袂を分かっていない2012年に書かれたものです。最初は月曜日のコメント欄にざっくりまとめるつもりだったのですが、将来設計機関へと繋がる話ですし、全文を訳すことにしました。何より“メイリング医師”なる謎の人物について、皆さまにポリオ・ワクチンの片棒を担いだという側面以外のことも知って頂きたかったのです。

 キーナン氏の前代のM1、スカルノ大統領がケネディ大統領とジュネーブのヒルトン・ホテルで1963年11月14日に締結したグリーン・ヒルトン・メモリアル協定については金塊の歴史年表3を、イタリアのキアッソで拘束された日本人二人については金塊の歴史年表5を、1兆ドル訴訟については金塊の歴史年表8キーナン・チームの過去の業績まとめご参照ください。
 地球の本当の現代史、全てが繋がっていきます。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
死亡追悼文:ヴァン・デ・ミーア博士、またの名をマイケル・メイリング医師、またの名を???――本物のジェームズ・ボンド
投稿者:フルフォード

ジェームズ・ボンドのモデル


架空の人物、ジェームズ・ボンドも本物にはかなわない。私がマイケル・ヴァン・デ・ミーア医師という【名で】知っていた男のことだ。謙虚な彼が珍しくある時、「ジェームズ・ボンドがやっていることは、私がしてきたことに比べると少々大人しいですね」と私に言ったことがあった。この比類なき男を知っていた者は皆、その死を悼む【に違いない】。

私が彼と初めて直接会った際に、ウージー【=短機関銃】一挺と7つのパスポートが入っているアタッシュケースを見せてくれた。どれも本物で、全てに彼の写真が貼ってあった。アタッシュケースの内側は防弾【加工】してあった。

私がフィリピンで彼と会っていた当時、誰かがホテルの彼の部屋の換気装置に大量の殺虫剤を放り込んで、彼を殺そうとしたことがあった。どうも彼にとって、こういったことは珍しい出来事ではなかったらしい。

なんにせよ私は彼を通じて、諜報と策略の世界の最上部における現実を垣間見る【機会に】恵まれた。彼に【言わせれば】、CIAなぞChrist In Action【「救世主活動中」の略、つまり赤子のようなもの】だった。


波乱万丈の人生


ヴァン・デ・ミーア医師は、両方の脚を爆破されるまでは「マイケル・メイリング医師」という名前で通していた。彼曰く、【この爆発は】ナチスのオデッサ派のトップで、彼の最大の敵であるジョージ・ブッシュ・シニア配下の連中によって仕掛けられたものらしい。

ヴァン・デ・ミーア医師は自らの過去について殆ど語ろうとしなかったが、極稀にその驚くべき人生について、ほんの少し貴重な情報を開示してくれることがあった。【それによると、】彼は祖先であるサー・フランシス・ドレークの故郷近くの城で育ったらしい。エリザベス女王とエヴェリン・ド・ロスチャイルドの従兄弟だということも、一度口を滑らせたことがある。【この二人は】彼に言わせると、「あまり良い人たちではなかった」。

彼が主張するには、彼の父親はイギリス領インド帝国の高官で、マハトマ・ガンディーと一緒に働いていた。私は独自に行った調査で、彼は一時期マウントバッテン卿の称号を世襲していたと信じるに至ったのだが、彼は常にそのことを否定していた。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

【※医師の父親ではありませんが、大英帝国支配下のインドの様子です。】


彼から学んだことだが、イギリスの大君主連中はインドを去った際に、奪える限りの歴史的な黄金や財宝の全てを持って行ってしまったのだ。そしてこの黄金は、地球とそこに住む人々【全て】のために使おうという名目の基金に投入される。其の他数多くの国々や団体も、自分たちの歴史的な財宝をこの基金に投入していた。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 175