アーカイブ: 霊的世界

【再掲載】中西征子さんの天界通信4 イタナベイシ君との会話 〜ガヤトリー・マントラと愛のマントラを唱え始めた岩や石〜 

本記事は竹下氏による過去のこちらの記事の再掲載となります。
あくまで掲載当時の情報である点をご了承ください。
(2021年2月10日より竹下氏の記事投稿は不定期になっています。)

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の天界通信の続きです。今回はカンクライシ君の親友イタナベイシ君が、豊栄町からやって来たとのことで、この山は、山頂まで車で行けるようです。ただ、周りに電波塔が乱立しており、かなり強い電磁波の被曝を覚悟しなければならないと思います。
 天界通信の1によると、動植物はすでにガヤトリー・マントラと愛のマントラを唱えているようですが、今回、岩や石も新たにマントラを唱え始めたとのことです。
 近くに大きな岩があったら、是非、声をかけて、手を触れさせてもらって、ハートの辺りに意識を集めて振動を感じ取ってみてください。もしもあなたが愛のマントラを唱えた後に感じるハートの振動を、岩に触れることで同様に感じたら、間違いなくその岩は愛のマントラを唱えているのです。
 是非、やってみてください。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

中西征子さんの天界通信4

<通信者:中西征子>
<2015年8月26日>

先日、神倉山の山頂の“露岩(カンクライシ)”と呼ばれる岩の妖精が、家の庭にやってきた事をお伝えしました。プチトマトの妖精“トマコ”と一緒に、毎日熱心にガヤトリー・マントラと愛のマントラを唱えています。

ところが、昨夜おそく、今度は“カンクライシクン”の親友がやってきて、私に話したい事があると言うので、今朝話を聞き、会話を書きとめました

先日の最新の映像配信の内容ともリンクしているように思い、一応お知らせしようと思います。

まず、“カンクライシクン”の親友とは、豊栄町板鍋山山頂の展望台が建っている大きな岩の事で、誕生したのは今から約30億年も前だという事です。
(山頂には、2つの大岩があり、彼は展望台が建っている方のようです。)
以下、彼との会話です。

板ナベ→イタナベイシクンと呼んでいます。

  私に話したい事があるのですね。どんな事…?
板ナベ あなたの家に行って、カンクライシと一緒にあなたのお手伝いをするように、神様から言われました。
行ってカンクライシに会えばわかると言われました。
 
   それで、カンクライシクンにあって、お手伝いの内容がわかったの?
板ナベ はい、わかりました。
“ガヤトリー・マントラ”と“愛のマントラ”を、カンクライシとトマコと一緒に唱える事—。
そして、この2つのマントラを世界中の岩や石に教える事だと聞きました。
あなたの了解があれば、まず日本にある私の仲間に2つのマントラを唱えるよう、意識で伝えるつもりです。
どうすれば良いか知らせて下さい。
 
   思い切って、よくここまで来てくれましたね!
2人で、日本や世界中に存在するあなたの仲間の岩や石に2つのマントラを一緒になって唱えてくれるよう、連絡してもらえますか?
板ナベ 喜んでお伝えします。 
……
   板鍋山の見晴らしの良い所に帰りたくないの?
板ナベ いいえ。展望台はアンテナの電磁波と、時々大勢の人間が登って来て、居ごこちは良くありませんから、ここの方が住みごこちは良いです…。 
  それは良かった!どうもありがとう!!」

☆彼の繊細な感性、30億年という時を経て磨かれた意識の深さを感じて、彼らは、形は異なってはいても、私達と変わらないと感動しました。よろしくお願い致します。

中西征子

【再掲載】中西征子さんの天界通信3 速やかな進化を与えるガヤトリー・マントラ&愛のマントラと精霊たち

本記事は竹下氏による過去のこちらの記事の再掲載となります。
あくまで掲載当時の情報である点をご了承ください。
(2021年2月10日より竹下氏の記事投稿は不定期になっています。)

竹下雅敏氏からの情報です。
 今日と明日の2回にわたって、中西征子さんから報告のあった精霊たちの情報を公開します。文中にある神ノ倉山は、天界の改革の神事のために、何人かで登った山でした。神ノ倉山を紹介しているホームページを見ると、中に宇宙広場がありますが、この場所でも神事が行われました。
 ご覧になると、大変面白い内容なのがわかると思います。確かにカンクライシ君は、最近まで鉱物システムに属していたのが、今では植物システムへと進化したようです。このままガヤトリー・マントラや愛のマントラを唱え続け、意識が拡大していくと、近い将来植物へと転生に入るのだろうと思います。
 中西征子さんの庭にやって来る妖精は、そこでガヤトリー・マントラを教わり、それを唱えることで急速に進化し、別の所に移って行くというようなことが起こっているようです。例えば、中西征子さんのイラストに描かれたみどりちゃんは現在、日本人として転生に入っています。このような事は、これまでの進化の流れでは起きなかった出来事です。それほどガヤトリー・マントラの力が大きいということなのです。
 人々の願いを叶え、心を浄化し、速やかな進化を与えるのがガヤトリー・マントラです。しかし、ほとんどの人はこのマントラの真の価値を見抜けず、無駄な努力を重ね、時間を浪費しているという気がします。
(竹下雅敏)
————————————————————————

露岩の展望台(出典


中西征子さんの天界通信3 

<通信者:中西征子>
<2015年7月28日>

先日、7月24日(金)から、家の庭の紅マンサクの木の上辺りに妖精なのか、精霊なのか、めずらしく男の子がやって来て、愛のマントラを唱えているようです。(ちゃんと服を着て、クツもはき、小さなリュックサックも用意してもらってやって来ました。ポッチャリタイプだとか(笑))
名前を聞いた時、はじめは“カンキリイシ”だと聞こえましたが、この子はもしかしたら“石”の精霊かもしれない…と思った途端、家から車で30分位の所にある“カンノクラヤマ”の名前が浮かびました。
もしかしたら“カンクライシ”ではないかと思い、本人に確認するとそうだという返事で、私が聞きまちがえていたのだと思いました。

パソコンで“神ノ倉山”を調べていくと、展望台に“露岩”と名付けられた大きな岩があり、本人にこれ迄居た場所だと確認を取りました。

彼は年令も何も知らず、神様から私の庭の木の上で愛のマントラを唱えるように指示されてやって来て、それ以来熱心に唱えているようです。
“唱えるととても楽しい気分になります。ずっと唱えていたい…”と言っていました。

先日地球の波動が超越に達し、これ迄、たくさんの光を受けてきた事を考えると、鉱物システムの岩が、突然意識が拡大し精霊に進化したと考えざるを得ません。
宇宙全体の意識が進化しているのですね!スゴイです。
中西征子

<通信者:中西征子>
<2015年8月15日>

先日のカンクライシ君に、庭のプチトマトの妖精“トマコちゃん”が加わって、とても仲良くマントラを唱えながら、楽しく暮らしています…。
中西征子

中西征子さんの天界通信74 ハクビシン、庭の妖精からの通信

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんのところに、ハクビシンと庭の妖精から通信が来たとのことです。額から鼻にかけて白い線があることからハクビシン(白鼻芯)と名付けられたようなのですが、ほとんどの人はその姿を見たことがないので、タヌキとの区別すら、つかないかも知れません。
 庭の妖精は、私はまだ見たことがないのですが、この前、夢の中で、以前に飼っていた犬のプータンが出てきました。少し小柄で、若いプータンでした。ところが、不思議なことに、門柱の扉の手前の辺りに、妻の泰子とプータン、そしてもう一人女性がいるのです。私の知らない女性なのですが、私自身がその女性の存在をまったく気にしていないのです。非常に明晰で明るい空間で、明晰夢と呼ばれるものだったのかも知れません。おそらく、3.0次元の6層(中層)での我が家の様子ではないかと思います。ひょっとしたら、その女性は、妖精ではなく人間で、うちの庭の管理をしてくれているのかも知れません。
 肉体から金縛りの様な感覚で、自由に意識を別の界層に移す技術があると、こうした通常では見えない世界を見ることが出来るのかも知れません。近い将来、このような能力を持つ人が、たくさん出て来るのではないかという気がします。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信74
<通信者:中西征子>
<通信日時:2021年4月9日>
 
いつも、お世話様になります。

実は、今朝2つの通信を受けとりました。
1つ目は、動物の“ハクビシン”
2つ目は、“庭の妖精”からです。
早朝で夢ウツツの時間でもあり、記録が取れず、ただ彼等と会話を交わしただけでした。
明確な通信文が無いため、今回はFAXをお送りするのは見送ろうと思っていました。
 
ところが、さき程、9日付の時事ブログ、天界通信「心の耳をすませて、生命のささやきを聴いてみて下さい…」の記事を拝見-。

今回のカガヤキワタルウレシキミヤヒメミコ様からの通信文の中程から
「今、天界、地上のあらゆる場所で、“ガヤトリー・マントラ”と“愛のマントラ”の大合唱が鳴り響いています。

どうぞ、皆さん!
心の耳をすませて、聴いてみて下さい。

動物たち、鳥達や虫達の鳴き声…」
 
と続く文章を読んでいて、急に今朝“ハクビシン”が云った言葉が思い浮かんできました。
 
私の脳へのアプローチに対して、
“あなたは誰なの?”と尋ねると、“ハクビシンです”という返事でした。
 
私に何の用事かと聞くと、
“あなたにガヤトリー・マントラと愛のマントラを教えてもらいたくて来ました…。”
との返事。
 
誰から聞いたのか質問すると、
“小さな虫が云っていました。蝶々や蜜蜂です”
その言葉を聞くと、眠けもふっ飛んで、彼に“ガヤトリー・マントラ”と“愛のマントラ”を、声に出して伝えました。

彼(又は彼女)は、覚えるのがとても早く、3~4回唱えるとお礼を云って喜んで帰って行きました。
(昨日の唱える前の波動と、現在の波動を測ってみると、嬉しい事に上昇していました)
 
このハクビシンが、蝶々や蜜蜂から聞いて、正確に教えてもらおうと私の所へ通信を送ってきたのであれば、カガヤキワタルウレシキミヤヒメミコ様の5年余り前のメッセージは継続的に今に至る迄、実現しつつあるという事を伝えてくれているように思えて、感動しています。
 
ハクビシンが立ち去った直後に、今度は“庭の妖精”と名乗る1人の妖精が声をかけてきました。
 
彼女は、何と、霊界の私の家の庭を管理しているらしく、あちらの様子を話してくれました。
4~5日位前からきてくれていた様でした。
今年の庭の紅万作とルナリアの花のあまりの見事さに感激したのは、まさしく4月の初めのその頃からでした。
 
今朝は、2つの喜びのプレゼントを受け取り、1日をスタートさせる事が出来ました。
 
「…
皆さんが、それら多くの生命の、言葉にならないかすかなささやきに心の耳を傾け、心が静かになればなる程、彼らの声を聴き取る事が出来るようになるでしょう。

庭やベランダに出て、どうぞ試してみて下さい。

心の悦びは、今すぐにでも可能なのです。

“今、この時に心によろこびを感じること”

その積み重ねが皆さんを平安に導いてくれる事でしょう。」

 
コロナの影響で、価値観も環境も変化しつつある今、カガヤキワタルウレシキミヤヒメミコ様の上記の言葉を体感出来る又とない機会となるかもしれません。
 
中西征子

【再掲載】中西征子さんの天界通信2 真実を悟った人々の意識が世界を変えていきます(カガヤキワタルウレシキミヤヒメミコ様)

本記事は竹下氏による過去のこちらの記事の再掲載となります。
あくまで掲載当時の情報である点をご了承ください。
(2021年2月10日より竹下氏の記事投稿は不定期になっています。)

竹下雅敏氏からの情報です。
 先の記事でお知らせしたように、これまでの長い間にわたって人類を搾取して来た連中は、現在滅ぼされて存在しません。したがって人々は見えない影に怯える必要はまったく無いのです。これからの戦いは、彼らや彼らに仕えていた人間が構築した権力構造を破壊することです。すでにこの連中の魂は滅ぼされており、意識も小さい範囲に閉じ込められています。事実上、法的な権力しか有していないわけです。
 しかし、民主主義の世界では最高権力者は私たち人民です。法的にも彼ら権力者は、私たちに仕えなければならないわけです。まして、背後から神々が強力に支援しており、民衆の勝利は100パーセント確実なのです。
 ただその速度が早まるか否かは、人々の覚醒の如何にかかっています。人それぞれのやり方で、変革に関わる事が出来ます。デモに参加できなくても、ガヤトリー・マントラ愛のマントラを唱えることは出来ます。実はこちらの方がその効果は大きいのです。

(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

中西征子さんの天界通信2

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年8月29日〉

「霊的な光が、日々増し加わっています。
地上でも様々な変化が人々の間で見られるようになりました。

悲惨な事故や事件、社会全体の不正や悪は増加していますが、
闇と光の対比は多くの人の心を分ける働きをしているようです。

これまで社会の出来事に無関心だった大多数の人々が、今明らかに目覚め始めた様子が、あちこちで見られるようになりました。

闘いはこれからです。
心の目を見開き、耳をすませて、世界中の出来事の表面だけでなく、その真の原因や理由に意識を合わせて、静かに答えを待って下さい。

先回お伝えした様に、自然界に意識を合わせ、あらゆる生命の声を心の耳で聴き取る事が出来るようになれば、それと同様に世界の出来事の背後にある真実を悟る助けとなるでしょう。

そのようにして真実に目覚めた皆さんの意識が世界を変えていくのです。
なぜなら目に見えなくても、意識は繋がっているからです。」

通信文は以上でした。
よろしくお願い致します。
中西征子

【再掲載】中西征子さんの天界通信1 心の耳をすませて、生命のささやきを聴いてみて下さい(カガヤキワタルウレシキミヤヒメミコ様)

本記事は竹下氏による過去のこちらの記事の再掲載となります。
あくまで掲載当時の情報である点をご了承ください。
(2021年2月10日より竹下氏の記事投稿は不定期になっています。)

竹下雅敏氏からの情報です。
 今回の通信文は、私の妻のカガヤキワタルウレシキミヤヒメミコでした。彼女はホツマツタヱにおいて、色上姫浅子(イロノヱヒメアサコ)の名で出て来ます。
 スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文は、連絡が必要な時に送られて来るとのことで、不定期になったため、今回は“中西征子さんの天界通信1”として掲載することにしました。2以降があるかどうかは、今のところ不明です。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

中西征子さんの天界通信1

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年8月22日〉

「皆さん、こんにちは。
カガヤキワタルウレシキミヤヒメミコです。

今、世界はとても困難な事態に直面しています。
きっと心を痛めておられる方も多い事でしょう。

これ迄約8年にわたり、天界の改革をほぼ成し遂げ
ここ数年は、地上の改革も並行して推し進めてきました。

すでに物理的次元に於て、霊界も地上も浄化がすみやかに進み、とても美しい世界が実現しています。

今ではエーテル界層の邪気やマイナスのエネルギーのすべてを除去出来るようになっています。
光の仲間達すべての一糸乱れぬ協力によって、この事が可能になりました。

しかし地上には、まだ残された問題が数多く存在しており、
そのため多くの人々が忍耐を求められている事も事実です。

闇の勢力は追いつめられる度に悪あがきを繰返し、神々の説得に応じて反省したり、闇の権力を手放すどころか、より多くの罪のない人類を破滅の道へと誘導するための力を強めています。

そのため世界中に私達の心を悲しませる悲惨な出来事が多発しています。
悪を行い続ける事により、自ら墓穴を掘っているにもかかわらず、現世的な権力や地位、巨大資産を有している事で、今だに、自分達が世界の支配権を所有していると錯覚しているだけなのです。

今の時代は夜明け前の状態に似ています。
毎朝必ず明るい光が差し込むように、この地球に必ず
すがすがしい平和な朝が訪れる事を待ち続けて下さい。

私達は一刻も早い問題解決のため、あらゆる知恵と力を結集して、問題の解決に当たる努力を重ねています。

自然界に目を向けると、小さな生命達も喜んで協力を惜しまず、それぞれの立場で出来る事を行っています。

今、天界、地上のあらゆる場所で、“ガヤトリー・マントラ”と“愛のマントラ”の大合唱が鳴り響いています。

どうぞ、皆さん!
心の耳をすませて、聴いてみて下さい。

 動物たち、鳥達や虫達の鳴き声…
 木々や草達の葉ズレの音、花の香り…
 雨の滴、川のせせらぎや波打つ音、海鳴り、貝殻の響き
 風の音、雲の流れ…
 星雲、天の川、星々のまたたき…

皆さんが、それら多くの生命の、言葉にならないかすかなささやきに心の耳を傾け、心が静かになればなる程、彼らの声を聴き取る事が出来るようになるでしょう。

庭やベランダに出て、どうぞ試してみて下さい。

心の悦びは、今すぐにでも可能なのです。

“今、この時に心によろこびを感じること”

その積み重ねが皆さんを平安に導いてくれる事でしょう。」

通信文は以上でした。
よろしくお願い致します。
中西征子
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 169