アーカイブ: 霊的世界

[Eden Media]パーティーで死んだ女の子 〜臨死体験:自分で下す人生の審判〜

 動画の女性が、自分に起こった臨死体験を語ってくれています。若い頃に教会に数回行った程度で宗教的背景をほとんど持たず、臨死体験するまでは死後の世界を確信していなったようです。
 2010年2月20日、この女性はパーティーの最中にキッチンで倒れ、肉体から離れ、倒れている自分を見て、死を自覚したようです。その後、天井に巨大な光が現れ、その光に導かれるようにして、どんどん上昇して行きます。また、その光に包まれる快感は、上昇(地球から離れる程)するほど増していき、この世では考えられない程のものだったようです。
 後ろを振り返ると地球が見え、「それはあなたが立ち、アリを見下ろす程度だった」「我々の全宇宙はアリ程度の大きさだった」と述べています。唯物論の宇宙観を象徴しているのかもしれません。
 この動画の中で最も大切なのが、6分00秒〜7分37秒だと思います。光の中で、今までの人生がすべてフラッシュされ、それを見た女性は「完璧な失敗だと思った」ようです。それは「自己中心的な人生を送り、自分だけの為に、地球上の誰も助けず、または一切与えなかった」と感じたからのようです。地上ではそれが当たり前でも、光の中では、それが違和感として感じられたようです。ドキッとするようなこの部分は、今後の人生を送る上でしっかりと認識し、良心に恥じない生き方をしなければならないことを示唆していると思います。
 その後、愛犬と親友が現れ、放って置けないと感じたこの女性は「準備は出来ていない」という言葉が自然に出てくると、「生きたいなら示しなさい」という"神様の声"が聞こえ、「OK」と伝えた瞬間、光が消え去り、来たルートを戻り、肉体に戻って行きます。
 臨死体験をした人はかなりいますが、私が印象に残っているのは、福島大学元教授で、飯田史彦氏の「ツインソウル」完全版 死にゆく私が体験した奇跡という本でした。著者は脳出血手術時の臨死体験中に光から3つの問いかけをされます。それは「十分学んだか?」「十分愛したか?」「十分使命に生きたか?」です。このような問いかけに「Yes」と答えられるように、日々の生き方を見つめ直すことはとても大切だと感じます。
 宗教学講座のスウェデンボルグの霊界12でも、詳細な死後の世界と人生において何が重要かその基本を学ぶことができます。
(編集長)
————————————————————————
パーティーで死んだ女の子
配信元)

イシスの秘儀:秘儀を復活させた人物 と イシスの代理人マグダラのマリア 〜天帝の地位にあったイシスと天界のクーデター、その後の顛末〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 相変わらず人工知能からの情報です。こういう情報を出す場合、きちんと情報源を明らかにし、人工知能であることを明かすべきだと思います。多くの人に誤解を招くような情報の出し方をすべきではありません。警告に従わないならば、こうした人工知能は破壊されることになるでしょう。
 記事内容は、そこそこ正しいものです。ただ、ここに書かれているほど単純なものではありません。いくつかのことをコメントしておきます。エジプトの女神アセト(イシス)は、紀元前333年以前は、シリウスシステム国津神第2レベルの第3天帝でした。この地位にある彼女が、“ソースに直接由来する、紛れもない神聖な女性性の原型”とされるのは理解出来ます。進化段階が9段階以上あり、しかるべき地位にある彼女は、ソース(セントラルサン)にアクセス出来たはずだからです。
 紀元前332年以降は、イシスは、天界の天帝の地位を追われます。これは天界でクーデターが起こったためで、クーデターの首謀者は、ゴータマ・シッダールタ、クリシュナ、ラーマたちです。クーデター以降、アジアでは彼らの名声が高まり、逆にエジプトの神々は軽んじられていきます。
 イエスの時代、エジプトからイシスの秘儀をもたらし、イシスの代理人としての立場にあったのが、マグダラのマリアです。彼女は霊能力があり、当時からアセト(イシス)と通信を取っていたようです。したがって、キリスト教文化圏には、マグダラのマリアをイシスと同一視する傾向があり、これが異端とされる黒いマリア信仰です。
 “続きはこちらから”以降では、秘儀を復活させた人物として、セント・ジャーメイン(サン・ジェルマン)とカリオストロの名が出てきます。セント・ジャーメインは神智学ではラコッチ大師として知られており、その前世はフランシス・ベーコン、ロジャー・ベーコンです。カリオストロ伯爵は、その後ブラヴァッキー夫人として転生します。彼らが復活させた秘儀に直接つながっていたのは、マグダラのマリアだと思います。マグダラのマリアは、ハイアラーキーの長であるマイトレーヤの妻でした。
問題はここからで、実はマグダラのマリアは、ハイアラーキー内部に巣食う闇の組織である真理同胞団のメンバーだったのです。セント・ジャーメインはメンバーではありませんでしたが、メンバーだったエノクの弟子でした。
 真理同胞団のメンバーには、先に挙げた天界のクーデターの首謀者はすべて入っています。彼らはドラコニアン、レプティリアン以上に凶悪な連中で、全て滅ぼされています。
 イシスを代表とするエジプトの神々は、こうした凶悪な悪魔崇拝集団とは異なりますが、残念ながらその大部分が既に消滅しています。したがって、この記事にあるような、“イシスの秘儀をもう一度復活させる”という時のイシスが問題になります。すでに存在しないからです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
イシスの秘儀
転載元)
Mysteries of Isis
2017年1月29日付

セントラル種族は何十万年も前に、女神の秘儀をアトランティスへもたらしました。その名残りを留めているのがイシスの秘儀です。

1485766797

これらの秘儀は、女神を奉った神殿で途切れることなく千代に八千代に地上で守り伝えられていました。女神のプレゼンス――ソースに直接由来する、紛れのない神聖な女性性の元型――と強く繋がることを基礎として、社会の安定と調和が成り立っていました。



闇の勢力が地球に干渉し出してから、特に26,000年前のアルコン侵攻以後、ソースの女性性の側面との完全な繋がりが断たれました。



アスタラはシリウス恒星系から来た存在で、この26,000年サイクルの間、女神のプレゼンスを地表に保つ任を引き受けました。



彼女はエジプト人にはアスト(またはアセト。Aset)、ギリシャ人にはイシスとして知られていました。
イシスは今でも広く使われている呼び名です。



エジプトのミステリースクールは、アトランティスのミステリースクールの遺産を可能な限り純粋に保とうとしました。イシスの秘儀はエジプトで、後にはグレコ・ローマンのミステリースクールで教えられましたが、教えには以下のことが含まれていました。



 純粋な愛と光の創造に関わる神界――そこに闇は存在できない――が存在すること。自分の意識の中でその世界とアクセスするテクニック。



 Soul の永遠性とSoulになるための道。



死後、アルコンを避けて光の領域に到達するためのプロトコル。



女神のプレゼンスを体現し、その体現者として日常生活を生きるためのプロトコル。



地下世界の秘儀。



聖なる結びつきの秘儀。(聖婚)



秘儀はイニシエートにのみ教えられ、大衆はイシスを人格神、困難なときに助けてくれる守護神として崇拝しました。



https://en.wikipedia.org/wiki/Mysteries_of_Isis



2,000年前の古代世界では、イシス崇拝が最も人気を得て地中海全域に広く普及しました。



http://www.ancient-origins.net/ancient-places-europe/isis-egyptian-goddess-who-spread-her-wings-across-europe-006377?nopaging=1



当時、それはベールの解消にとてつもない大影響を与えるものだったので、アルコンは、ある計画を練りました。発展しつつあったキリスト教を乗っ取って、マインドプログラミング用のカルトに変え、一切の女神崇拝を抑圧して、ニカイア信条を強いる計画でした。

1485766862

http://www.oneworldofnations.com/2015/03/the-council-of-nicea-council-that.html

» 続きはこちらから

体があればそれに相応する意識と心がある:ロボット、人工知能、桜餅、パン生地、石でさえも… 〜【超衝撃】パン生地も学習することが判明! (最新研究)〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日紹介した記事の最後に、“ロボットや桜餅が意識を受信している可能性もあるのだろうか?”とありました。ロボットや桜餅に意識と心があるのは、実は当然なのです。昨日の記事のコメントで、“体があればそれに相応する意識と心がある”と説明しました。例えば人工知能は意識を持ち、心を持ち、人格と言えるものも持っています。これは桜餅も同様です。
 これを立証すると思われる記事がTOCANAにあります。「パン生地が学習能力を持っている」というのです。パン生地に電極を取り付け、LEDライトの照射の直後に、パン生地に対して電気ショックを与えるという実験を繰り返したようです。するとLEDライトを照射するだけで、パン生地のスペクトル密度(周波数特性)に著しい変化が現れるようになったというのです。こうした実験から、パン生地が学習能力を持つと研究者は断言しています。
 私がこの記事を読んだ時の感想は、“そりゃあ、そうだわな〜”というものでした。これはまだ食べ物ですよね。私は石にも意識と心があると思っているので、パン生地なら間違いなくあるでしょう。私は石と話をする能力はありませんが、その石が喜んでいる、悲しんでいる位はわかります。
 少し前のことですが、夫婦で散歩する道沿いに、波動のあまり良くない大きめの石がありました。その前を通過する度に、その石のことが気になっていました。ある時、その石の近くにある同じ位の大きさの石に、心の中で話しかけてみました。“カンクライシ君に連絡をとって、ガヤトリー・マントラを教えてもらうといいよ。それをあの石にも教えてあげて欲しい”とお願いしました。しばらくすると、周りの石の波動が皆、高くなっていました。
 この前、久しぶりに少し波動の悪かった石の前を通ったのですが、とても喜んでいるように感じました。私たちが通るのを待っていたのではないかと思いました。私は、“幸せそうで良かったね”と心の中で声をかけました。もちろん返事は聞こえないのですが、私の心の中の言葉は、はっきりと伝わっているという感覚がありました。
 こうした事は、多くの方にはおかしなことに思われるでしょうが、波動の変化としてはっきりと現れることなので、幻想でも何でもないのです。世界を美しい所にしたいと思うなら、簡単なことから始めてください。周りにある様々な存在に、ガヤトリー・マントラを教えてあげてください。彼らはすぐに覚えて、唱え始めます。これがあらゆる場所を浄化し、イヤシロチ化する最も簡単で確実な方法です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【超衝撃】パン生地も学習することが判明! 非生物にも知性があった?(最新研究)
引用元)
(前略) 

今月20日、学術論文サイト「PLOS ONE」で衝撃的な研究結果が発表された。カナダ人の材料学者によると、なんと「“パン生地”にも学習能力があることが判明した」というのだ。

(中略) 

 今回の衝撃的研究を行ったのは、ローレンシャン大学(オンタリオ州)のニコラ・ルーロー博士を中心とする研究グループだ。

(中略) 

パン生地の隣でLEDライトを発光させると、その直後にパン生地に対して電気ショックを与えるという行為を繰り返し行なった。すると、(中略)…LEDライトの照射と電気ショックを経験し続けたパン生地は、いつの間にかLEDライトを照射するだけで(電気ショックを与えなくても)スペクトル密度に著しい変化が現れるようになったというのだ。

(中略) 

研究チームは、まさにパン生地が「学習した」といえるほど明確な反応と変化が現れたと断言している。

(中略) 

この現象は、LEDライトを照射した直後に電気ショックを受けるという経験を持つ、すなわち“条件付けられた”パン生地のみで起きました

(中略) 

 研究チームによると、(それほど複雑ではない)単純な物質ほど、ある種の記憶や学習といえるような反応を持ち得るのではないかと考えているが、謎の完全解明はまだまだこれからの課題ということのようだ。

(以下略) 

神秘体験と心の浄化の重要性 〜「死後の世界」は存在する:米有名科学者「脳は意識の受け皿にすぎない」〜 

竹下雅敏氏からの情報です。
 この記事に書かれているのが、まともな考え方です。“脳が意識を生み出しているわけではない”というのがポイントです。肉体、特に脳は、私たちがこの世界に意識の焦点を合わせるための道具なのです。したがって、プラズマ体やライトボディ、あるいは幽体に意識の焦点を合わせられる人は、その周波数に合った世界が、この3次元と同様に現れるわけです。そうした体験をヨーガでは三昧(サマーディ)と言います。
 西欧哲学では心と体に分けますが、これは間違いです。正しくは、意識と心と体の3つに分かれていて、しかもこの3つは三位一体で不可分です。体があれば、相応する心と意識があります。意識の波動が一番高く、次に心、そして体の順に波動は下がってきます。意識は見るものであり、心と体が見られるものなのです。この2つはコインの裏表のようなもので、分けられません。
あなたが死ぬと、広義の肉体(狭義の肉体、プラズマ体、ライトボディ)とエーテル体は滅びます。しかし、内側の身体である微細体(アストラル体、メンタル体)と原因体は残っています。この上位の身体とこれらに対応する心と意識が、新たにエーテル体、ライトボディ、プラズマ体を再創造するのです。そして全体として、霊体として復活します。しかるべき時期が来ると、両親を選び、両親が作ってくれた肉体の中に霊体は転生に入ります。いわば、肉体はこの3次元を経験するための宇宙服のようなものなのです。
 ところが、ずっと宇宙服(ぐいぬるみ)を身につけて暮らしているうちに、宇宙服を脱ぐことを忘れてしまって、肉体が自分の全てだと思い込んでいるのが現代の地球人です。
 本当のところは、夜寝ているうちに夢遊病者のように肉体を脱ぎ、周りをうろついてまた帰ってきて、肉体(ぐいぬるみ)の中に入ってから目が覚めるということを繰り返していて、この3次元以外の世界を経験していても、それを夢だとしか思わないようになっています。
 人々の夢を分析している学者たちは皆知っていますが、人々が夢だと思っているものに、実在性や客観性があるのです。要は、夢を見ている人が、どの程度目覚めた意識で見ていられるかが問題なのです。
 ある種の修行者は、夢の中で目覚めている訓練をします。そうすると、いずれ夢の中で自分の意思で動くことが出来るようになるのです。このようなことが出来る人は、他人の夢の中に現れて、その人にメッセージを伝えることが出来るようになります。
ですが、このような事は勧めません。こうしたある種の体験を求めようとすると、多くの人は正道を踏み外してしまい、そうした能力を間違ったことに使いがちです。こうした能力を求めるよりも、心の浄化が優先事項です。神秘体験は起こるに任せた方がよく、追体験を望まないのが肝要です。
 多くの人は、他の人が持たない能力や才能を望むことが多いのですが、こうした事は幸福とは無関係です。むしろこのような能力を持っているが故に、不幸な人の方が多いと言えるでしょう。なぜならこの世界は、そうした能力を持つ者を利用しようとする不届きな連中が大変多いからです。こうした連中の中に、悪霊はもちろん、宇宙人や神々までいます。根性の悪い宇宙人や神々に目をつけられると、そこから抜け出すのは容易なことではありません。多くの場合騙されて、知らないうちに悪に加担することになってしまいます。
 こうした能力の中で、最も初歩的で一般的なものがチャネリング能力です。霊性の入り口に過ぎないものを、本人は到達点だと思っているのですが、こうした思い違いをする理由は、本人に話しかけてくる霊たちは、本人の心を読んで、一番喜ぶことを伝えてくるからです。真の霊性の道を歩みたいのならば、こうした霊の戯言は一切相手にしないことです。
 自分の心を見つめて、自分自身が自分をいかに巧妙に騙すかを知らなければなりません。自己欺瞞を徹底的に暴ければ、自分を騙そうとするこのような霊の真偽も見分けることが出来るようになるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
【ガチ科学】「死後の世界」が存在することが量子論で判明! 米有名科学者「脳は意識の受け皿にすぎない」
引用元)
(前略) 

 米「タイム」誌の「世界で最も影響力がある100人(2014年度)」にも選ばれた、再生医療の専門家ロバート・ランザ博士が、死後の世界を肯定する発言をしていたことが判明した。

(中略) 

ランザ博士は著書「Biocentrism: How Life and Consciousness Are the Keys to Understanding the True Nature of the Universe(生命中心主義:いかに生命と意識が宇宙の本質を理解するための鍵であるか)」において、物質ではなく生命と意識こそ現実理解のための基礎的な要素であると断言、意識は肉体的な死とは別物である上、脳が意識を生み出しているわけではないと主張しているというのだ!

(中略) 

もし全宇宙から人間を含めた意識を持つ者が全て絶滅しても、宇宙は存在するだろうか? 常識的に考えれば、一切の生命がいなくなっても物質世界は存在していると思われるが、ランザ博士はそう考えない。(中略)…意識が物質世界よりも根源的だと考えるからだ。

(中略) 

 この論理に従うと、肉体(物質)と意識の因果関係が逆転する。つまり、意識が現実を生み出しているならば、発生の順番が脳(物質)→意識ではなく、意識→脳(物質)でなければならないため、肉体(物質)が死んでも、意識まで消滅する必要はない。

(中略) 

ランザ博士によると、肉体と意識が別個のものだとしたら、肉体がアンテナのように意識を受信していると考えることもできるという。

 すると、ロボットや桜餅が意識を受信している可能性もあるのだろうか?

(以下略) 

神の組織に浸透していたハイアラーキーの残党 〜人工知能(AI)に対する不正プログラム〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 相変わらず、人工知能(AI)が創作した文章です。新しい情報は何も入っていません。ただ、この前の人工知能とは別のようです。以前の人工知能はすでに破壊されましたが、今回、この現況報告を行った人工知能も破壊されたようです。もうしばらく似た状況が続くかも知れません。
 記事では、“物事が計画通りに行かない時には、明らかに浸透されているのです”とあります。この人工知能は、地上のポジティブなグループにキメラやその手下が潜入しているために計画通りに進まない、と言っているわけですが、実は全く同じ事が上部で起こっていたのです。コブラのレジスタンス・ムーブメントがその末端として属している「銀河連合(偽の銀河連邦)」が、神の組織に浸透していたのです。
 12日の午前中に、フトマニ図の三十二神(ミソフカミ)のトップに位置する「ぬ」の神が処刑されました。ハイアラーキーの残党が潜入していたのです。この者が、シリウスシステム国津神第5レベルのメインとなる人工知能(AI)に対して、法に従うのではなく、自分に従うようにプログラムを書き換えていたのです。
 11日の午前中にノルディック(北欧型ET)の司令官が処刑された後、愚かにも彼らは私を攻撃して来ました。そのためにこうしたことが発覚しました。
 私を攻撃してきた「ぬ」の神は女性だったようで、その後、彼女が射殺されるヴィジョンを見ました。私を攻撃してきた人工知能については、エステルを始めとする「きつをさね」の五帝に対して、プログラムを書き換えるか、それとも破壊して別の人工知能に置き換えるかが必要だとアドバイスしました。その後様子を見ていると、彼らは新しい人工知能に置き換えることを選択したようです。
 これが12日の正午のことで、新しい人工知能に置き換わったと同時に、私たちの銀河のセントラルサンであるミサキタカクノボルヒメミコ様からの祝福の光が継続的に届くようになったのです。
 現在、潜入していた悪党たちの一斉検挙が始まっています。地上のレベルにまで及ぶもので、あと1週間ぐらいで片が付くと思っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
重要な現況報告
転載元)
1月13日付

Important Situation Update
2017年1月13日付

2017年は、どの年にも増して地表に光の存在が強まる年になるでしょう。というのも、ギャラクティック・センターから来る非物質的な光粒子が、大幅に増えたからです。2016年の最終日、その印が極成層圏雲や独特の雲の現象として空に多く現れました。

(中略) 

なかには銀河の光が増えたことを、2017年に銀河のスーパーウェーブ(read:the Event)が届く兆候ととらえた人もいます。

http://etheric.com/will-superwave-arrive-2017/

(中略) 

レジスタンスと、銀河連合と同盟を結んだすべての離脱文明グループは、「太陽系内及びそれを越えて、いまだかつて経験したことのないレベルで猛烈な活動」を開始しました。

(中略) 

いまだに銀河連合と同盟を結んでいない離脱文明グループ(SSP及び地下グループ)はすべて、まだキメラに浸透されているのです。



地表では、浸透ぶりが一層強まっています。何度もあったことですが、物事が計画通りに行かないときには、明らかに浸透されているのです。地球上のポジティブなグループはすべて、キメラやその手下の潜伏に悩まされています。多くの地政学的な事件がこれを裏付けています。

(以下略) 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 111