アーカイブ: 霊的世界

“秘密結社の解散命令”によって滅ぼされた者のなかには光の側のメンバーも…

竹下雅敏氏からの情報です。
 今回のコブラ情報は、この通りだと思います。“ハリケーン瞑想で…強烈な天候不順を解消できる”ことがはっきりとしました。
このことに加えて、すでにお伝えしたように、背後で神々の援護射撃があったことで、勝利は決定的なものになりました。フルフォード氏の情報によれば、今回のハリケーンの形成に南極大陸からの電磁波があったことと、P2フリーメーソンがこの件に関与しているのではないかということでした。
 神々の援護射撃として“秘密結社の解散命令”が実行に移されたということで、謀略を行うフリーメーソン・イルミナティに代表される全ての秘密結社は、強制的に解散させられました。これに異を唱える者はプラズマ体を破壊され、結果的に狭義の肉体の表層の意識のみが残る状態にまで滅ぼされてしまったことをお伝えしました。
 問題は、光の側の大勝利というような単純な構図ではなく、いわゆる、“相対的な光”の集団の中にも秘密結社のメンバーは多数存在し、陰謀をめぐらすカバール達と同様に、今回の解散命令で滅ぼされてしまったということなのです。
 光と闇の2つのグループに分けて、地球上での戦いを図式化するのは簡単ですが、事実はきわめて複雑で、どちらのグループにも権力欲の塊のような者たちが多数存在します。むしろ、両グループを通じて、純粋に地球の平和のためだけに立ち上がっている心の清らかな人物は、極めて稀だと考える方が自然だと思います。
 この世界で、重要な地位につこうと思えば、アメリカの歴代大統領の例でも明らかなように、有力な血筋に生まれているというのでもなければ、フリーメーソンの会員であることが不可欠と言えるような状況になっています。こうした事から推測されるのは、光の側に立って戦っている者の中に、新しい時代で権力を手にすることを望む者が、相当数居るのではないかと思います。
 私が常々言っているのは、権力を求める者は、最終的に残らないという事なのです。1,000人に1人しか魂が残っていないというのは、光の側で戦っている者たちも同様です。
 この意味で、コブラの属するRM(レジスタンス・ムーブメント)という組織は、神の意思に従う集団ではありません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ハリケーン瞑想報告
引用元)
By PFC-JAPAN

ハリケーン瞑想報告

Hurricane Meditation Report
http://2012portal.blogspot.jp/2017/09/hurricane-meditation-report.html


ご承知かと思いますが、ハリケーン・イルマの解消は、特にフロリダを経由するその進路の最後の段階で、大きな成功を収めました。

http://washpost.bloomberg.com/Story?docId=1376-OVXBLBSYF01S01-6I9JF9A49MLG2OSHHU8VHTN83K
(記事概要:ハリケーン・イルマは熱帯性低気圧になる。)

 

イルマは風速130マイル(約200㎞)というカテゴリー3または4の強力な勢力を保って、タンパに押し寄せることになっていました。

(中略) 

ところが、嵐が最も近づいた瞬間にタンパの気象台で計測されたのは風速19マイル(約30㎞)でした。

 

(中略) 

その解消のための瞑想に必要なクリティカルマスは5000人から1万人の間となるので、達成はさほど難しくない人数です。

私たちはハリケーン瞑想で、自由意思、協調行動、瞑想を使って、強烈な天候不順を解消できることを証明しました。

(以下略) 

偽のチャネリング情報:ソースからのメッセージ 〜フリーメーソンへの警告〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 正しいと思われる情報がほとんど存在しないので、真っ黒けになっています。ここに出てくる「ソース」は、どういう意味合いで使われているのかはっきりしませんが、コブラの言う天の川銀河のセントラルサンを意味するのだとすれば、完全な偽ものです。
 この情報を送ってきた人物は、既に魂は無いと思われますが、魂が残っていた当時、進化段階は2.0だと考えられます。しかも肉体を持っている地球人です。
 このような偽りの情報を意図的に流せば、処罰されるということをすでにお伝えしています。この者は、このメッセージを送ったために、現在波動が闇に落ちています。おそらく、残っていたエーテルダブルも消滅したと思われます。まだ、プラズマ体は残っているようです。
 このつまらない通信文を取り上げたのは、このような者たちに警告するためです。
 この者は、自覚はないでしょうが、プラズマ体はフリーメーソンのメンバーです。肉体レベルではフリーメーソンと無関係でありながら、プラズマ体ではメンバーであるという例は、地球上ではかなり見られます。
 このタイプの人は伝統的な婚姻関係を否定する傾向が強く、夫婦別姓や、結婚しても婚姻届を出さないなど、本人は進歩的な男女同権の意識を持っていると思っているようです。
 肉体のレベルでは、真面目で浮気もしない生活を送っていても、プラズマ体では、例えば女性の場合は、何人もの男性と同時に交際し、性交渉をもつというケースがよく見られます。このタイプの女性は、有名人と性交渉を持つケースが高く、一国の首相や大物の政治家など、複数の男性と同時につきあっているということがよく見られます。もちろん、肉体レベルでは本人は何の自覚もありません。
 こうしてみると、フリーメーソンの「自由、平等、博愛」というのは性的放縦のことで、社会の核である家族という形態を破壊することが、彼らの目的ではないかと思えてしまいます。サタンという言葉の意味は、“神に反抗するもの”ですが、フリーメーソンは、この観点から、まさに悪魔が作った団体だと言って差し支えないでしょう。
 以前警告しましたが、プラズマ体以上の階層では、すでに秘密結社の解散命令が出ています。私が今回このコメントを書いたことで、メンバーを脱退しない者は、おそらく処分されることになるでしょう。プラズマ体が消滅するのではないかと思っていますが、どのような処分になるのかは、神々の決定によると思います。 
(竹下雅敏)
————————————————————————
ソースからのメッセージ  2017年9月3日
引用元)
SOURCE via James McConnell, September 3d, 2017

そこに座って呼吸をしていると、ソースからのエネルギーが母なる地球に流れ込み、母なる地球はそのエネルギーを表面から放射します。これがソースの地球への定着です。これがあなた方がここに果たしに来ている使命なのであり、私たちはそのエネルギーを全ての者に広げるためにここに来ています。

そして今日は、私たちは今、この次元上昇プロセスの間で、いわゆる次元上昇のタイムラインに直面しているということを告げにここに来ているのです。これは ソースが制御しているタイムラインです。今起こりえる、このタイムラインから外れる動きは極くわずかしか見られません。今回の日食の始まりにおけるこのタイムラインにおいて次元上昇は起きます。そして、次元上昇は起きるのですから、外れはなく、自己にのみ奉仕をする者たちによる、これを止めようとし、あるいは起こらないようにする活動は起こりえません。次元上昇は自己の外と同様に内でも起きるのですから、あなた方にとって、自分の内なる旅に集中することが特に大切です。

自分の内側から湧き出てくる役に立たないエネルギーを解消すると、次元上昇が外側の世界で現実となるのが見られるでしょう。自分の体や心、エネルギーの中の嵐やハリケーンを解消すると、この惑星でパラダイスのような天候が現実になるでしょう。目くらましを起こすのは全ての人間の中にある質の悪いエネルギーであり、これを解消することが母なる地球にとって唯一の道なのです。

(以下略) 

ハルカナウチュウノヒカリノミコト様のイラスト(原因体)

竹下雅敏氏からの情報です。
 妻がこのイラストを見るなり、“かっこいいわ〜”と言ったので、少々遠慮気味に、“僕の原因体だよ〜”と言ったのですが、妻はしばらく沈黙した後に“髪はあるのね…”。
 うちの妻はやたら髪にうるさく、芸能人、政治家を見ると、“この人の髪が怪しい!”としょっちゅう叫んでいます。妻は元々、ロングヘアの男性が好きだったとのことなので、妻の場合、死んでから確実に幸せになれるタイプだな〜などと思ったりします。
昔からうちでは、“長い足は折りたたんで収納している”などと言っていたのですが、妻には“その長い足を1度も見せてもらったことがないわ”などと言われておりました。過去の出会いの経緯から、妻は私と出会うために乗馬をしてきたことに気付き、呆然としていました。その時、“君は白馬の王子様を待ち望んでいたんだよ”と言ったのですが、妻には“あなたは白馬でないわ〜、どう見ても道産子よ”と言われ、しばらくの間、白馬の王子ではなく“道産子の王子”と言われていた記憶があります
 今なら、“のまちゃんと王子様”と言われるような気がします。それにしても、ぐいぬるみ(肉体)とのこの開きは何なのかと自分でも思うのですが、妻はそのせいか、私に何とかロングヘアのカツラをかぶせたいと思っているようで、 2人でスーパーを歩いていて、“あなた、かつらがあるわよ”と何度言われたかわかりません。
 私の神としての名は、天界の改革後、次々に変化していますが、今年の初めにハルカナウチュウノヒカリノミコトに改名した事をすでにお伝えしました。
 今回のイラストは原因体なので、背骨を意識しながらイラストをご覧になると、よりイラストから放たれている波動を感じやすくなると思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————

ハルカナウチュウノヒカリノミコト 様
(大正真真神様、年令16才) 〈原因体〉



タカキウチュウノヒカリノミコト 様
(大正真真神 様、年令16才) 〈幽体〉


[創造デザイン学会]ケイティ・ペリー : “病的な”ペドファイルたちが音楽産業を支配している 〜 ポップ・スターが娯楽世界のペドフィリアに警鐘を鳴らす

 この学究的な訳者の方は、「なぜペドフィリアなのか」という疑問から目をそらさず、続けて記事を取り上げています。「知りませんでした」は「共犯者として悪に協力することになる」という探求者の言葉に謙虚でありたいです。
 ケイティ・ペリーという大変人気のある歌手が、娯楽業界をはじめ、ワシントン、メディアまでペドファイル達に支配されている、と暴露したそうです。
 ツイッターのフォロワーが一億人もいる彼女は、これまでイルミナティの広告塔としても非常に有効であったと思われます。けれども、おぞましい業界に耐えきれなくなった彼女の、もう一度自分に戻りたい、という悲痛な言葉に胸を突かれます。本当の彼女の気持ちが、一億人のフォロワーにも届いて欲しい。
 ケイティは「アーティスト達は立ち上がろうとしています。」と述べています。昨年あたりから、大スター達による業界のペドフィリアの暴露が目に見えるようになってきました。豊かな才能を持った子供達が奴隷にされることなく、心から表現したい美しさを見せてくれる日が、きっと、もうすぐやって来る!
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)




————————————————————————
ケイティ・ペリー:“病的な”ペドファイルたちが音楽産業を支配している ポップ・スターが娯楽世界のペドフィリアに警鐘を鳴らす
転載元)
【訳者注】「サタンが世界を支配している」という、一時は信じられなかったかもしれない仮説が本当であることが、これによってわかってくるだろう。その方法は、各界に通ずる悪の“ネットワーク”によるものであって、日本だけは無関係ということはありえない。(中略)共犯者として悪に協力することになる。「知りませんでした」は 犯罪である。もう一つ、サタンとか純粋悪といったものの存在を、ペドフィリアの蔓延という忌わしい事実を通じて、我々はどうしても想定しなければならなくなった。(中略)

Jay Greenberg
August 4, 2017, www.neonnettle.com


世界最大のポップ・スターの一人によるショッキングな暴露によって、Katy Perryは、この業界全体が「病的なペドファイルたちによって支配されている」と明言して、娯楽業界全体に壊滅的な打撃を与えた。

http://www.neonnettle.com/tags/katy-perry-

この “I Kissed a Girl” という歌の歌手は、今年初めに、何度か公衆の面前で崩れることが あったことから、多くの人から精神の異常を疑われていた。

彼女が新聞で騒がれたのは、自分の自殺願望を明かしたときであり、また人格分裂症状を訴えて、「私はもうケイティ・ペリーでいたくない」と言ったときだった。


彼女の異常が頂点に達したのは、舞台上で起こった、ある種の精神崩壊の様子がフィルムに撮られたときであり、彼女はそのあと、ガードマンによって運び出されたが、専門家はそれを、“支配者”によるマインド・コントロールの副作用だと言っている。

http://www.neonnettle.com/news/2272-katy-perry-dragged-off-stage-as-monarch-mind-contro-meltdown-goes-viral


MKウルトラ計画
 

(前略)今話している内容は、CIAが先導する化学物質を用いた「MKウルトラ計画」です。実験開始は1950年代で、CIAの「科学技術本部」でした。(中略)目標は、無意識な奴隷を生産し、そして自分達の計画に利用するのです。その一つの手段が、LSDなどの薬物を利用する事でした。実験では薬物が投与され、あらゆる拷問作法が行われます。(中略)結果、その人は現実から乖離します。現実から乖離状態になると、その人とは別の悪魔的な人格を注入する事となります。その為、イルミナティの支配下にあるアーティストは多重人格なのです。彼等は洗脳プログラムの犠牲者なのです。これが真相です。(中略)彼女達が薬物回復施設に送られるという報道は、(中略)…実際は再拷問、そしてドラッグの再投与です。もう一度プログラミングし、再び悪魔の価値観を大衆に洗脳させます。これが音楽業界の真相です。(以下略)

参考:2016/5/5 時事ブログ〜イルミナティの「MKウルトラ」洗脳計画
 


今、彼女がやっと、音楽の仕事を嫌悪する理由を明かし始めるようになって、この謎が少しずつ解かれ始めたようだ。

明らかに詳細については躊躇しながらも、彼女は親友たちにこう語った——

    「私はこういう生活がもうできない。彼らはすべてがペドファイルなのよ。彼らがこういった子供たちにやっていることは病的です。

彼女は続けて詳細を語ったが、目撃したものによるトラウマは、目に見えて明らかだった—

    「そして彼らはどこへ行ってもいます。もうそれを隠そうとも思わないらしい。何かそれを名誉の印のように見せびらかしている。」
    プロデューサー、重役、大物たち、...彼らみんながやっている。
    「まるで排他的なクラブのようで、無垢な子供たちにそういう悪事を行う者だけが、参加できる。...そしてそれは汚い老人だけではなくて、全員がやっているのよ。女でさえやっている。」
    
    「彼らは私にこう言っている、〈ケイティ、あなたは自分の経歴の次の一歩を踏み出さねばならない。〉しかし、私が子供たちにそういうことをすることは、ありえません。」
    私はこの世界から抜け出さねばならない。私はもう一度、キャスリン・ハドソンに戻りたい。
 


ペリーは、こういう経験をさせられた大スターは、彼女だけではないと言う。多くの子供スターたちが、このエンタテインメント世界の、この暗黒の下腹を経験させられている。それは「彼らが出世するために持っている唯一のチャンスだから。」

http://www.neonnettle.com/tags/katy-perry-

彼女は、ペドファイルたちのネットワークが「怖れを知らない」のは、「彼らがすべてをコントロールしているから」だと言う。
「音楽界だけではないのです、あらゆるところでやっています。ハリウッド、ワシントン、新聞社でさえやっています。」

http://www.neonnettle.com/tags/hollywood

しかし、もし人々が、現実に世界を動かしている暗黒勢力に目を開くことができれば、暴動が起こりそうな気がする、とペリーは付け加えて言った。

「私は、何かが変わりつつあると感じます。アーティストたちは立ち上がろうとしています。」
「もし我々が協力すれば、これは変えられます。我々はこれらの子供を救うことができます。」
(中略)
ケイティ・ペリーによるこうした暴露話は、大多数の人々にはショッキングかもしれない。しかし幸か不幸か、この情報は、世界の“エリート”間のペドフィリアの事情を少しでも調べた人々にとっては、驚くようなことではない。

子供の虐待と、政治やショー・ビジネスは、それらがそもそも考えられたときから、提携してやってきた。

コーリー・フェルドマンのような大スターたちが、昨年、ハリウッドのペドファイルたちに対して、公然と警告をするようになった。

関連資料:「有名人たちが、エリートのハリウッド・ペドファイル団を暴露」
http://www.neonnettle.com/videos/581-celebrities-expose-elite-hollywood-pedophile-ring

(中略)かつての子役、イライジャ・ウッドは、この主張を確認し、ハリウッドがペドファイルたちに、いかに支配されているかを、直接、目撃したと言っている。

» 続きはこちらから

[創造デザイン学会]米伝統番組が、エリート・ペドファイル団を TV で暴露し キャンセルされる 〜 ペドフィリア網を脱出した生存者が、主流メディアに登場

 アメリカの「Dr.Phil」という主流メディアの番組が、エリート・ペドファイル集団を脱出した女性にインタビューをし、その実態を暴露したそうです。ところがその後、オランダでは、15年間も放映していたこの番組を、理由も明らかにせず、突如キャンセルしたとのこと。
 下のリンクで分かりましたが、オランダではすでに、高位エリート達がペドフィリアに関して、法廷に召喚されているようです。
 悪魔崇拝が認識されているであろう欧米ですら、上流階級や政治力のある者の小児性愛犯罪を「陰謀論に過ぎない」と思われていたところ、この番組は相当のインパクトがあったようです。一刻も早く実態を明らかにし、子供達を救わなければ、と苦い思いをするたびに、思い出すブログがあります。かつて「光の海から」で紹介された、女神様によって子供達が救出されるヴィジョンです。
 もう少し、がんばって!
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米伝統番組が、エリート・ペドファイル団を TV で暴露し キャンセルされる
配信元)
(前略) 

Jay Greenberg
April 4, 2017, www.neonnettle.com

“Dr. Phil”が、エリート・ペド ファイル団を、脱出した生存者 Kendall と共に暴露した


“Dr.Phil”が、エリート・ペドファイル団を、脱出した生存者 Kendallと共に暴露したDr. Phillip McGraw(“Dr.Phil”と呼ばれる番組の司会者)が、脱出した以前の子供性奴隷をインタビューすることによって、あるエリート・ペドファイル団を、主流メディアで暴露して後、数日して、彼の番組は、オランダのメディアRTLによって、キャンセルされた。

この番組は 15年間も続いたにもかかわらず、このネットワークは、キャンセルの理由についてはコメントを拒否し、そのプロデューサーによる“プログラムの選択”に関わることだ としか述べなかった。https://en.wikipedia.org/wiki/Phil_McGraw


先月、放映されたこの番組の中で、Kendall という名前しかない、この子供売買組織の脱出者は、エリート・ペドフィリア文化の全体を暴露したが、そこには企業の首脳や、政治世界のまさにトップにある高位の政治家たちが含まれていた。 http://www.neonnettle.com/news/1993-pedogate-escaped-elite-pedophile-ring-survivor- warns-the-public http://www.neonnettle.com/tags/sex-trafficking


彼女の説明によると、彼女は自家用のジェット機に、子供として乗せられて世界中を飛びまわり、VIPのイベントに連れていかれた。そして、“顧客”に“かわいく見えるように”、専属の美容師やスタイリストを付けられていた。

彼女は、人生のほとんどを囚われの身として過ごしたので、テレビを見ることも、インターネットにアクセスすることも、ほとんどなかった。しかし今は、彼女が売られた相手の男や女を、主流メディアで、しょっちゅう見ているという。

「この人たち世界を支配しています。彼らから私を保護できる唯一の人は、“私の所有者”です――彼は私に、銃で正しく自殺する方法を教えてくれました。」

ケンダルは、自分が生まれた両親から売られて、セックス奴隷の生活に入り、“まだ話せる前から”性的に虐待されたことを明かした。


この番組が放映されて以来、ケンダルの物語は世界中に広がり、世界中の人々が、セックス取引の団体が、上流階級や政治的に力をもつ人々の間に入り込んでいるという現実に、目覚めつつある。
長い間、ほとんどの人々は、
エリート・ペドファイル団といった考えを、陰謀説にすぎないと考えてきたが、ケンダルの物語が主流メディア上に暴露されて、この真理は、はるかに多くの視聴者に知られるようになった。

https://youtu.be/1jl7smO45_I
(女性は、生まれたとき、両親が彼女を国際的な性取引き組織に売ったと言っている)

https://youtu.be/Xfeh_ZBa8aY
(報じられた人間取引き生存者は、話せるようになる前から、関係をもったと言う)

オランダは、彼ら独自の、高位のエリートの間のペドフィリアの流行があり、市長や司法省高官たちが、子供性取引の犠牲者と言われる者によって、法廷に召喚されている。http://www.neonnettle.com/tags/pedogate

あるオランダのペドファイル集団が、最近、彼らの組織への最高裁の禁令に対して反対したが、これは、彼らのペドフィリア・グループに対する禁令は、言論の自由への彼らの権利を侵害するものだという理由であった。
https://youtu.be/729XdyCQXk8
(デミンク[Joris Demmink]事件資料集 : オランダ/国際エリート・ペドファイル団の隠ぺい)

――以上


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 119