アーカイブ: 霊的世界

新型コロナウイルスの病状悪化と後遺症に効果が高いと思われる、ジム・ハンブル氏のMMSと「ひまし油」 / コロナ後遺症の深刻さ

竹下雅敏氏からの情報です。
 BBCニュースで、後遺症に苦しむ2人の女性が出て来ますが、2人とも1項目と2項目のドーシャが、共にカファです。「コロナ後遺症」の問題をツイートしてきた「イオ」さんと「赤ちゃん」さんも、同様に1項目・2項目のドーシャが、共にカファなのです。
 カファ体質の人は、新型コロナウイルスに感染すると病状が悪化しやすいと思われます。後遺症もまた、カファ・ドーシャの憎悪によるものですので、カファを減らす必要があります。ジム・ハンブル氏のMMSは「太陽のヴァータ」を増やすので、これがカファを相殺し「後遺症」に効くと思われるのですが、より効果が高いと考えられるのは「ひまし油」です。
 こちらの記事によれば、「交感神経系に関しては、その求心性神経インパルス(器官やその一部に向かって)の効果は、全交感神経系を活動させる」とあります。私が調べたところ、「ひまし油」は正経十二経脈の全ての経脈を活性化させるので、「コロナ後遺症」や「慢性疲労症候群」に効果的に作用すると思われます。服用ではなく、全身に塗るのです。専門家の方に検証をお願いしたいところです。
 さて、記事によると、“自ら経験したコロナ後遺症の深刻さについてインターネットで発信を始めてから、ツイッターで罵倒されるようになった”とあり、「イオ」さんも身の危険を感じ、「いろいろ怖くなってきたのでYouTubeも辞めます」と言っています。
 匿名で罵倒や脅迫をする卑怯者は、「魂」がすでに消滅しているでしょうが、このような悪事を続けると深刻な事態を自らに招くことになるでしょう。中国人・韓国人を、悪し様に言う人も同様です。この悪しき性癖を改めなければ、今後体調が急激に悪化してゆくでしょう。
 この連中は、ヤマ・ニヤマに基づいた神による「最後の審判」が、今も継続的に行われていることを全く理解していないらしい。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)

————————————————————————
「死ね」コロナ感染の男子高生に批判殺到 患者の苦しみと後遺症のリアル
引用元)
(前略)
新型コロナウイルスの後遺症を訴える報告が相次いでいる。退院後も学校や職場に復帰できずに苦しみ、治療法も見当たらない。いわれのない誹謗中傷を浴び、絶望の淵にいる患者が本誌に“コロナの恐怖”を語った。
(中略)
「くたばれ」「死ね」

首都圏に住む男子高校生、斉藤忍さん(仮名)のツイッターアカウントには、罵倒の言葉が日々投げつけられている。
(中略)
斉藤さんは、感染してから1週間ほど高熱で苦しみ、入院やホテルでの隔離生活を余儀なくされた。5月にPCR検査で「陰性」とわかったため、自宅に戻ることができた。だが、症状は一進一退の繰り返し。激しい頭痛や倦怠感、のどの痛み、関節痛などに今でも苦しんでいる。いわゆる「コロナ後遺症」だ。
(中略)
斉藤さんを支える家族の負担も重い。コロナは指定感染症であるため、検査費や入院費は無料だが、退院後の再入院や通院、薬剤費はすべて自費負担だ。
(中略)
ツイッターで罵倒されるようになったのは、斉藤さんが自ら経験したコロナ後遺症の深刻さについてインターネットで発信を始めてからだ。
(以下略)

「人類は、完全に2つに分かれる」というヒトラーの予言は、彼らが考えていたのとは違う形で成就する ~「邪悪な陰謀」を計画実行した者たちが、魂を滅ぼされ「ロボット人間」になる

竹下雅敏氏からの情報です。
 In Deepさんの記事は、すでに編集長が8月29日に取り上げているのですが、引用元に「1939年のアドルフ・ヒトラーの演説」の抜粋があり、これが新型コロナウイルスとの関連で興味深いので、その部分を転載させていただきました。
 「1939年のアドルフ・ヒトラーの演説」では、演説から 100年後の2039年頃の世界の様子が語られていて「人類は、完全に2つに分かれる」というのです。“人類の一部はより高度なものに進化して、「神人」となり、残りの大部分はただ操られて働いたり楽しんだりするだけの「ロボット人間」になっている。神人たちが管理工場の家畜のように彼らを育て飼うことになる”と言うのですが、新型コロナウイルスのワクチンにナノチップが入っていれば、確かにこの予言は実現するかもしれません。
 アドルフ・ヒトラーには「ブラックロッジ」の大主が憑依していたので、ヒトラーの予言は彼らの計画です。また、「ブラックロッジ」と繋がり背後で操っていたのが「ハイアラーキー」なので、これらの「計画」は実のところハイアラーキーの計画でもあります。
 実際にコーリー・グッド氏は、スーパーフェデレーションの宇宙人が「22の遺伝子プログラム」を、地球人に対して行ってきたと言っています。ワクチンを介した人類への遺伝子操作のチャンスを、彼らが逃すとは思えません。もちろん、彼らが繋がっているソロスやビル・ゲイツにやらせるわけです。しかし、彼らにとって残念なことにヒトラーの予言は、彼らが考えていたのとは違う形で成就するのです。
 “続きはこちらから”をご覧ください。コブラから情報なのですが、これらの3つの記事の情報源の人物は、いずれも別人です。6月27日の人物は男性ですが、7月以降は女性に代わったようです。8月12日の記事はその女性からのものです。そしてまた、8月21日には男性に戻りました。
 なぜ、このようなことが起こるのかというと、コブラの名を騙って通信を送る度に波動が著しく低下し、このような悪事を続けることで精神が破綻してしまうのです。これも神々の「裁き」の一例です。
 以前、コブラを名乗る者が、中西征子さんを通じて「謝罪」の言葉を私に伝えて来たのですが、本名を名乗らなかったため、謝罪が本物であるとは見なさず、この人物を救済しませんでした。恐らく、この人物は死亡していると思われるのですが、生きていたとしても「心」を失っており、ヒトラーのいう「ロボット人間」になっているはずです。
 8月21日の「地上の住人に対する短信」を送った人物も、このままでは遠からず同じ運命になるでしょう。「邪悪な陰謀」を計画実行した者たちが、魂を滅ぼされ「ロボット人間」になるのだから、自業自得だと言って良いでしょう。これが「天の裁き」です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
マスク社会がもたらす「本当のディストピア化が何か」に気づいた。それは表情を学ぶ機会を失った赤ちゃんたちによる「人の感情を理解しない人々の社会」の誕生
転載元)
(前略)
アドルフ・ヒトラーが 1939年に、精鋭部隊である「ニーベルンゲン復讐騎士団」のメンバーの前で以下のようなことを語ったことが、五島 勉さんの著作に書かれています。
 
何となく、その一説を思い出しました。ヒトラーは、その演説から 100年後、つまり 2039年頃には、世界はこのようになっていると述べたそうです。


1939年のアドルフ・ヒトラーの演説とされる内容より抜粋

人類は2039年1月、人類以外のものに“進化”するか、そうでなければ“退化”してしまっている。
 
もっとはっきり言えば、人類の一部はそのとき、人類から、より高度なものに進化して、神に近い生物になっている。人類から神のほうへ進化するのだから、それは「神人」と呼んでかまわない。

残りの大部分は、これは進化なのか退化というべきかわからないが、一種の機械になっている。ただ操られて働いたり楽しんだりするだけの、完全に受動的な、機械的な反応しか示さない「ロボット人間」になっている。
(中略)
「神人」はいまの人間の数次元上の知能と力を持つ。彼らは団結して地球を支配する。それまでのあらゆる危機や問題は、彼ら神人たちの知能と力で急速に解決されていく。
(中略)
ロボット人間たちは、与えられ、操られていることを意識できないようになる。彼らの意識では、何もかも自分で選択して生きているのだと思っている。
しかし、じつは神人たちがすべてを見通して、管理工場の家畜のように彼らを育て飼うことになる。

こうして人類は、完全に2つに分かれる。天と地のように、2つに分かれた進化の方向を、それぞれ進みはじめる。一方は限りなく神に近いものへ、他方は限りなく機械的生物に近いものへ。これが2039年の人類だ。

(以下略)  

» 続きはこちらから

「性転換」している動画の人物たちは、本来の結婚や本来の家族の形を嫌っている

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画は衝撃的です。確かに動画の人物は皆「性転換」していますね。気持ち悪いです。「性転換」した人物だから気持ち悪いのではなく、奇妙な風貌に「悪い波動」が組み合わさると気持ち悪いのです。ですから、波動の高いヘビやトカゲは全然気持ち悪くありません。
 動画の3分9秒~19秒で、“この人たちは本来の女性を嫌っていることが分かります。そう、本来の結婚や本来の家族の形を嫌っています”と言っています。3分33秒~48秒で、“家族を抹消するために彼らが自分たちの計画に従っているのか、セックスと結婚を別物にして両親から子育てを取り上げて、国が子供を育てて洗脳しようとする…”といっていますが、プラトンも「国家」のなかで、美女は優れた男性の共有物であるべきで、子供は両親から取り上げて、集団で保育すべきと言うような事を言っています。いつの時代もアホは、こんな感じです。
 スウェデンボルグの著作を読めば、“天界では結婚した夫婦の霊格が高い”と記されているのが分かるはずです。現代人の結婚は単に紙の上でのもので、「愛」に基づくものではなく「金」に基づいているので、肉体(広義)のプラズマ体ですら「結婚」は起こっていません。なので、「死」によって2人はバラバラになります。しかし、上位の身体で「結婚」している夫婦は死後も夫婦なのです。
 この世界で「愛」を見つけられなかった人は、伴侶を見出すために何度も生まれ変わります。ちょうど、若い人たちが出会いを求めて上京するのに似ています。
 ですから、この世界で「愛」を見出し、幸せに暮らした人は地球の卒業生なのです。ところが「宗教」がこうした宇宙の秩序を破壊しました。彼らは「独身」こそが、神聖で「神」に近いというのです。こういうアホが地球に跋扈したことで、地球は混乱の極みになりました。
 ツイートから「性転換者」と思われる人物を、何人か拾ってみました。2019年3月19日の記事で、男性か女性かを見分ける方法をお伝えしたので、各自で確認してみて下さい。
(竹下雅敏)
————————————————————————
「性の混乱をもたらすイルミナティのアジェンダ パート2」
配信元)
————————————————————————
配信元)
 

 

各ドーシャの反対の性質をもつものが、そのドーシャを最も下げる ~病気に対してはドーシャを減少させることが重要 / ドーシャ別の新型コロナウイルス対処法

竹下雅敏氏からの情報です。
 アーユルヴェーダの解説シリーズの7回目です。前回の記事でドーシャに関して、“新型コロナウイルスの場合は、1項目(体外)と2項目(体表)を見れば十分”であることを説明しました。
 「4つのドーシャ」の図で、左半分の「太陽のヴァータ」と「ピッタ」が優位な場合を「ラジャス(激質)」と言い、右半分の「月のヴァータ」と「カファ」が優位な場合を「タマス(えい質)」と言うことはすでにお伝えしました。
 さらに、「太陽のヴァータ」と「ピッタ」では、「太陽のヴァータ」が陽極で「ピッタ」が陰極になり、「月のヴァータ」と「カファ」では、「月のヴァータ」が陽極で「カファ」が陰極になります。
 「ラジャス」と「タマス」、「陽極」と「陰極」が拮抗する概念です。なので「ドーシャを下げる作用」の表にあるように、各ドーシャの反対の性質をもつものが、そのドーシャを最も下げるのです。
 アーユルヴェーダでは、その人の体質のドーシャが増悪することで重い病気になると考えます。なので、病気に対してはドーシャを減少させることが重要になって来ます。例えば、ピッタ体質の人の場合は、「月のヴァータ」の環境、あるいは食品などがピッタを下げるのに最も有効だと言えます。次に「カファ」「太陽のヴァータ」の順になります。しかし、ピッタ・ドーシャを増悪させる環境や食品などは健康状態を悪化させると考えます。
 “続きはこちらから”をご覧ください。新型コロナウイルスに有効だと思われる化学物質の「1項目と2項目のドーシャ」を調べたものです。例えば、「ビタミンC」の1項目と2項目のドーシャは共にピッタです。天然の食品などから人工的に抽出した化学物質などは、食品とは異なり「1項目と2項目のドーシャ」しかありません。
 「各化学物質によるドーシャの増減」は、各ドーシャを増加、減少させる化学物質を表にしたもので、例えば「太陽のヴァータ」を増やすのはMMSで、最も減少させるのはコロイダル・シルバーだということです。
 前回の記事で新型コロナウイルスは、“カファ・ドーシャの憎悪によって起こる病気”であることが分かりました。なので、カファ・ドーシャを増やすコロイダル・シルバーは、新型コロナウイルスには不適切だと言えます。それ以外の「MMS」「二酸化塩素」「ビタミンC」の中から、それぞれの体質に最も合致した化学物質を選ぶということになります。
 「ドーシャ別の新型コロナウイルス対処法」では、それぞれの体質別に最も有効だと考えられる化学物質を表にしたものです。例えば、1項目(体外)が「太陽のヴァータ」で2項目(体表)が「カファ」の人の場合には、「ビタミンC」が最も有効で、次に「二酸化塩素」だということになります。体質に応じて薬を変えるという発想は、西洋医学にはないので参考になると思います。
 なお、医療関係者でない方が、自己責任でこれらの方法を試し健康を損ねたとしても、私もシャンティ・フーラも一切責任を負いません。あくまでも自己責任でお願いします。
(竹下雅敏)
————————————————————————
【4つのドーシャ】

【ドーシャを下げる作用】


» 続きはこちらから

レインボー・ボディー(虹の身体)を達成したとされるチベット密教のラマたちの原因体(コーザル体)は、低位のシステムに転落している ~原始仏教に比べると随分とレベルが下がるチベット密教

竹下雅敏氏からの情報です。
 デイヴィッド・ウィルコック氏の冒頭の動画の後半部分を翻訳してくれている記事がありました。詳しい内容は引用元をご覧ください。
 なかなか興味深い話だとは思うのですが、多くの人は宗教についてほとんど何も知らないので、この動画の対談の様子を聞くことで勘違いをしないように、いくつかの事柄をコメントします。
 レインボー・ボディー(虹の身体)を達成したとされる数人のチベット密教のラマが出て来ます。アチュク・ラマ・リンポシェは1時間23分38秒に本人の写真が出て来ます。タートン・チョギュル・リンパは、1時間28分21秒から。チョギェ・トリチェンは1時間29分5秒に写真があります。ジイラウ・ケンポは、1時間30分24秒から。カルマ・リンポシェは、1時間31分38秒に写真があります。
 本人の生前の写真が出て来るアチュク・ラマ・リンポシェ、チョギェ・トリチェン、カルマ・リンポシェの3名で、一番明るい感じがするのはチョギェ・トリチェンです。また、一番暗い感じがするのはカルマ・リンポシェです。引用元に写真が出ているので参考にしてください。
 実は、ここに名前の上がっている全員のラマの原因体(コーザル体)は、低位のシステムに転落しており、原因体の存在システムの上下が先ほどの明るさ、暗さとなって表れているのです。
 チョギェ・トリチェンの原因体は動物システム上位第5レベル(2.56次元)、アチュク・ラマ・リンポシェは鉱物システム上位第5レベル(2.46次元)、カルマ・リンポシェは第3エレメンタルシステム上位第5レベル(2.41次元)に落ち込んでいます。
 以前の転生でよほどの悪事を成さなければ、このようなことは起こりません。通常の地球人で原因体が低位のシステムに落ちている人はまずいません。悪魔崇拝に陥り、悪魔に生贄を捧げるようなことをしなければ、原因体が低位のシステムに落ちるようなことにはなりません。
 さて、彼らが達成したとされる「レインボー・ボディー(虹の身体)」ですが、今回彼らの写真があったことで、詳しく調べることが可能でした。2007年元旦における彼らのプラズマ体、ライトボディ、霊体(プラズマ体+ライトボディ+幽体)の存在次元を見ると全員が同じでした。
 プラズマ体は3.0次元の3層、ライトボディは3.0次元の1・2層、霊体は3.0次元の3層~3.5次元の4層にまたがっています。幽体は通常の地球人と同様なので、異なるのはプラズマ体とライトボディの位置です。5月11日の記事の「創造原理」の図をご覧になると、通常の地球人のプラズマ体は3.0次元の4層、ライトボディは3.0次元の1~3層であることが分かるでしょう。
 この事から、「レインボー・ボディー(虹の身体)」というのは、3.0次元の4層から3.0次元の3層に次元上昇したプラズマ体の事だったのです。これまで私は、「レインボー・ボディー」とは3.0次元の1~3層に意識的に入れるようになることだと思っていたので、ライトボディのことだと思っていたのですが、違いました。間違った説明であったことをお詫びいたします。
 私は、個人的にチベット密教は原始仏教に比べると随分とレベルが下がると思っていたのですが、今回の事でこれが裏付けられたと思います。ここに出て来るラマたちの全員が、進化段階2.0に満たない者たちで、しかも心の浄化が足りません。間違った努力をしても、救いは得られません。
 進化段階を上げることも、プラズマ体などの内側の身体を上昇させることも、実はとても簡単なことなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
David Wilcock and Dannion Brinkley on Tibetan Rainbow Body!
配信元)
————————————————————————
チベットのレインボー・ボディについて Part 2 -デイヴィッド・ウィルコック
(前略)
デイヴィッド:パドマサンババの後に、ニアラ ペマ ダンドゥルという先生がチベットに現れました。彼も最後は虹の光になる事を達成しました。
(中略)
アチュク ラマ リンポシェもレインボー・ボディーを達成した一人で、ごく最近の事です。
(中略)
もう一人紹介します。タートン・チョギュル・リンパ(Terton Chokgyur Lingpa)という僧侶もレインボー・ボディーを達成した。
(中略)
もう一人、チョギェ・トリチェン(Chogye Trichen)。これが生きていた時の写真です。
(中略)
あと二人紹介して終わりにしていきます。ジイラウ・ケンポ(XiRao Khenpo)。彼もわりと近年にレインボー・ボディーを達成した人です。
(中略)
次はカルマ・リンポシェ
* 2013年の11月11日に他界した。(私が知る限り最も最近の事例)
* 彼は身長175cmだったが14日目には20cmまで縮んだ。
* 骨組みまでが80%縮んだ事になる。
「小さなレインボー・ボディー」と呼ばれる状態を達成した。
(以下略)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 149