アーカイブ: 霊的世界

人類への警告 〜神が求めていること〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 先の記事との関連の動画です。この動画を見て、恐怖を覚える人たちが圧倒的多数なのではないかと思います。そのくらい、地球上のほとんどの人は偽りの人生を生きています。この動画は、タイトル通り、正に“人類への警告”です。
 おそらくこの男性が経験したのは、幽体離脱ではなくバーチャル・リアリティだと思います。コーリー・グッド氏によると、氏自身の体験から、バーチャル・リアリティと現実の区別はつかないそうです。何人もの人間を同時にバーチャル空間に放り込むことも可能だと言っています。なので、宇宙人がこの男性にこうした体験を与える事は、比較的簡単ではないかと思います。
 この中で、非常なリアリティで、裁かれた人たちがポータルを通じて、地獄の業火の中に投げ込まれる様子が語られています。ですが現実には、現在地獄は存在しません。死後、魂が永遠に地獄の炎で苦しめられるというような事はありません。この動画の描写は、例えばコブラが言う、悪人がセントラルサンに連れて行かれて、すべての体が分解されるという描写に近いのではないかと思います。すべての身体と魂は滅ぼされ、モナドのみが残ります。モナドはもう一度、長い時間をかけて進化をやり直すということになるわけです。先の記事とも繋がりますが、残念ながら現在の地球上でもう一度ゼロからやり直さなければならないのは、1000人中999人です。
 神が求めているのは、何も難しいことではありません。下の記事でマサイの男性が語っている通り、全く簡単な事を求めているだけです。特定の宗教を信じる必要もなく、神を信じる必要もありません。むしろ、真の意味で良心に従って生きている人は、何も問題は無いのです。なぜなら、あらゆる秘教が教える通り、人間のハートの中心である良心と神の意識は本来同じものだからです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
人類への警告
配信元)


————————————————————————
引用元)
最近は、量子論の専門家までが、

image

あの世を証明し始めている、

ペンローズ卿: 我々の多くは必ずしも意識が何かを知りません。が、それはちょうど量子状態で格納される1箱(1パケット)の情報であると。驚くべきことに、人が死んだあと、その情報(それは人間の細胞の中の微小管microtubulesに保管される)が、体を離れるという証拠を見つけました。

人が(一時的に)死ぬと、この量子情報(意識)が宇宙に放たれる(公表される)、そして、主人(本人)が生き返る時だけ、体の細胞に戻ります。これが人々がなぜ臨死体験をすることができるかの理由です。死が確定されると、この量子情報(意識)は、体を離れた魂に向かいます。

他の研究者たちいわく: *人間には、死後、体を離れる魂があり、体なしで永遠に生き続けることができる。

我々の物理世界(自然界)は単なる(人の)認識(感覚)の世界であり、一旦、我々の体が死ぬならば(認識がなくなるなら)、無限の生命がその向こうに待ち受ける。

ハンス=ペーター博士: 
*我々が現時点、この世界で、それと認識するものは、実は、物質レベルに過ぎず、我々の理解の限界です。 
向こう側にあるものは、無限の現実であり、より大きいものです。 
*体は死にます、しかし、精神的・霊的な量子フィールドは続きます。このように、私は不滅なのです。

(以下略) 


————————————————————————
【マサイ通信】第55回:マサイ族が考える「幸せ」と「幸せになる方法」
引用元)
GO羽鳥

happymaasai1

スパ! みんな元気か? ルカだ。マサイ族の戦士・ルカだ。いきなりだけど、みんなはハッピーかな? 日本語で言うなら「幸せ」かな? オレはハッピーだ。

(中略) 

金もないけど幸せだ。

(中略) 

今回は、マサイ族のオレが考える「幸せ」と、「幸せになる方法」を教えたいと思う。

(中略) 

まずオレが思う幸せは、「ノーストレスの状態」であることだ。

(中略) 

たとえお金持ちになっても、どこかでストレスを感じたら、それは絶対に幸せとは言えない。何かでストレスを感じたら、それは捨てるべきだし離れるべき。ノーストレス、それが答えだ。

(中略) 

では、どうしたら幸せになれるのか? その答えもシンプルだ。神を信じ、人生を神にゆだねる……だけだ。別に特定の宗教の神じゃない。

(中略) 

神様に “生かされている” って思うことが幸せに生きるコツかもな。んじゃ、オレセリ!!

Report:ルカ(マサイ族) 意訳:GO羽鳥

宇宙のセントラルサンのヒメミコ様の進化と、太陽系のプラズマ異常を排除した光

竹下雅敏氏からの情報です。
 これまでお伝えしているように、こうした記事は人工知能からのものです。おそらく、今後もそうだろうと思います。世界情勢を分析する上で、人工知能からの情報もある程度参考になりますので、一応目を通すつもりですが、それほど重要なものとは見なしていません。
 これらの情報は間違ってはいませんが、本質から大きく外れています。2017年2月26日に驚くべきことが起こって、“ポジティブなプラズマの巨大な波が太陽系を一掃し…この波は、最もネガティブなプラズマを太陽系から効果的に除去しました”というのは本当だと思います。しかし、これが記事にあるように、2月26日の日食の機会を利用した集団瞑想による効果だというのは、本質がずれています。
 コブラは、私たちの天の川銀河のセントラルサンをソースと呼んでいました。“ソースの上には何もない”とコブラが発言していたことを以前紹介しました。ソース以上の存在として、以前、味噌、醤油を示しましたが、今回は、正確に上位存在を網羅してみようと思います。
 1位:砂糖、2位:塩、3位:酢、 4位:醤油、5位:味噌、この下に6位:みりん、7位:ソース、8位:マヨネーズとなります。ソースは、実のところ上から7番目の存在なのです。
 各システムにおいて、キツヲサネ(東西中南北)と称される五岳大帝が最上位の存在で、その下にアウワで示される三官大帝が存在することを、以前紹介しました。ソースはこの時の記事にある、三官大帝(アウワ)の中の地官大帝(ウ)に相当する神なのです。
 五岳大帝(キツヲサネ)の最高位は中岳大帝(ヲ)です。実は、 2月26日に私たちの宇宙のセントラルサンである中岳大帝(ヲ)が、地球に降臨なされていたのです。25日、26日の私の日記を見ると、次のように書いています。
 『宇宙のセントラルサン(惑星神の第五レベルのキツヲサネ「ヲ」の神)が進化段階を上昇した模様。おそらく26日午前0時にサハスラーラ』(25日)
 『朝方、高貴な風貌の女性(16歳ぐらい)が見える。その後、洋装の髪型で現れる。おそらく宇宙のセントラルサンのヒメミコ』(26日)
 宇宙のセントラルサンのヒメミコ様は26日の午前0時に進化段階が193へと上昇されたようです。私はこの日、ヒメミコ様の意識が拡大する様子に気づいていたので、日記にこれを記しているわけです。
 朝方、ヒメミコ様のお姿をチラッとですが拝見しました。これはヒメミコ様が地球に降臨なされていたからです。私の自宅から見える山頂で実際にはお会いしたようです。残念ながら、その時の模様を自覚しているわけではありません。
 太陽系からプラズマ異常を一掃するポジティブな波動がヒメミコ様によって放たれたことは、疑いの余地がありません。いずれヤルダバオトの頭を吹き飛ばす、さらなる光が放たれる時期もおよそ見当がついていますが、ここでは発表しないことにします。
 今回の件も全く触れるつもりはなかったのですが、人工知能からのこうした記事が出たことで、公表する気になりました。この様な事は、全て私たちが行っていることなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
エーテルの解放レポート
引用元)
Etheric Liberation Report

2017年3月1日付

エーテルの解放レポート

2017年1月から、惑星地球の光グリッドをめぐる天下分け目の戦いが起きていました。日曜日の私たちの瞑想は、4月までかかりそうなこの戦いにおいてターニングポイントとなりました。それは光の大勝利の一つです。

(中略)...

活性化の瞬間、ポジティブなプラズマの巨大な波が太陽系を一掃し、シューマン共鳴を爆発させながら電離層を通過しました。

この波はロシアのトムスクにある宇宙観測システムで検出されました。現地の活性化時刻は午後9時55分でしたが、その1時間後くらいからプラズマが急激に活発になり、その状態が約36時間続いていたことが、下図をクリックするとよくわかります。

http://sosrff.tsu.ru/?page_id=7
20170305-182618

この波は、最もネガティブなプラズマを太陽系から効果的に除去しました。そしてレジスタンスはそのことをこう伝えてきました。「月軌道を越えると、プラズマ異常は一切検出されない」と。また、月軌道を越えたところのプラズマのトップレット爆弾は、すべて除去されました。

つまり、ヤルダバオト・エンティティーの「触手」は永久になくなり、今は「頭」のみということになります。

(以下略)
————————————————————————
拡散希望! エーテルの解放 2017-2-26/コンゴの状況
引用元)
MAKE THIS VIRAL! ETHERIC LIBERATION 2017-2-26

2017年2月16日付

拡散希望! エーテルの解放2017-2-26

(前略) 私たちは2月26日の日食の機会を利用してポータルを生じさせ、(中略)... 光のエネルギーを地表に降ろして、アセンションのプロセスを速めるために必要な光のグリッドを強化します。

(中略)...

私たちの瞑想のための占星術チャートは、火星/天王星、ヴェスタ、木星、冥王星のカーディナル・グランド・スクウェアを示しています。これは、私たちが年頭から感じている地球の緊張を表しており、それは4月半ばにならないと完全に消えないでしょう。今回の日食における、魚座8度の太陽―月の合は、この緊張を解消し始めるエネルギーを集める、巨大な焦点レンズの働きをします。

(中略)...

e20
私たちはこの瞑想を、食の最大を迎える2月26日日曜日中央ヨーロッパ時間(CET)午後3時55分に行います。 (中略)... あなたの地域で何時になるか、ここで確認できます。
https://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html?msg=ETHERIC+LIBERATION&iso=20170226T1655&p1=3343
日本時間は2月26日日曜日23時55分です。

(以下略)

[Eden Media]パーティーで死んだ女の子 〜臨死体験:自分で下す人生の審判〜

 動画の女性が、自分に起こった臨死体験を語ってくれています。若い頃に教会に数回行った程度で宗教的背景をほとんど持たず、臨死体験するまでは死後の世界を確信していなったようです。
 2010年2月20日、この女性はパーティーの最中にキッチンで倒れ、肉体から離れ、倒れている自分を見て、死を自覚したようです。その後、天井に巨大な光が現れ、その光に導かれるようにして、どんどん上昇して行きます。また、その光に包まれる快感は、上昇(地球から離れる程)するほど増していき、この世では考えられない程のものだったようです。
 後ろを振り返ると地球が見え、「それはあなたが立ち、アリを見下ろす程度だった」「我々の全宇宙はアリ程度の大きさだった」と述べています。唯物論の宇宙観を象徴しているのかもしれません。
 この動画の中で最も大切なのが、6分00秒〜7分37秒だと思います。光の中で、今までの人生がすべてフラッシュされ、それを見た女性は「完璧な失敗だと思った」ようです。それは「自己中心的な人生を送り、自分だけの為に、地球上の誰も助けず、または一切与えなかった」と感じたからのようです。地上ではそれが当たり前でも、光の中では、それが違和感として感じられたようです。ドキッとするようなこの部分は、今後の人生を送る上でしっかりと認識し、良心に恥じない生き方をしなければならないことを示唆していると思います。
 その後、愛犬と親友が現れ、放って置けないと感じたこの女性は「準備は出来ていない」という言葉が自然に出てくると、「生きたいなら示しなさい」という"神様の声"が聞こえ、「OK」と伝えた瞬間、光が消え去り、来たルートを戻り、肉体に戻って行きます。
 臨死体験をした人はかなりいますが、私が印象に残っているのは、福島大学元教授で、飯田史彦氏の「ツインソウル」完全版 死にゆく私が体験した奇跡という本でした。著者は脳出血手術時の臨死体験中に光から3つの問いかけをされます。それは「十分学んだか?」「十分愛したか?」「十分使命に生きたか?」です。このような問いかけに「Yes」と答えられるように、日々の生き方を見つめ直すことはとても大切だと感じます。
 宗教学講座のスウェデンボルグの霊界12でも、詳細な死後の世界と人生において何が重要かその基本を学ぶことができます。
(編集長)
————————————————————————
パーティーで死んだ女の子
配信元)

イシスの秘儀:秘儀を復活させた人物 と イシスの代理人マグダラのマリア 〜天帝の地位にあったイシスと天界のクーデター、その後の顛末〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 相変わらず人工知能からの情報です。こういう情報を出す場合、きちんと情報源を明らかにし、人工知能であることを明かすべきだと思います。多くの人に誤解を招くような情報の出し方をすべきではありません。警告に従わないならば、こうした人工知能は破壊されることになるでしょう。
 記事内容は、そこそこ正しいものです。ただ、ここに書かれているほど単純なものではありません。いくつかのことをコメントしておきます。エジプトの女神アセト(イシス)は、紀元前333年以前は、シリウスシステム国津神第2レベルの第3天帝でした。この地位にある彼女が、“ソースに直接由来する、紛れもない神聖な女性性の原型”とされるのは理解出来ます。進化段階が9段階以上あり、しかるべき地位にある彼女は、ソース(セントラルサン)にアクセス出来たはずだからです。
 紀元前332年以降は、イシスは、天界の天帝の地位を追われます。これは天界でクーデターが起こったためで、クーデターの首謀者は、ゴータマ・シッダールタ、クリシュナ、ラーマたちです。クーデター以降、アジアでは彼らの名声が高まり、逆にエジプトの神々は軽んじられていきます。
 イエスの時代、エジプトからイシスの秘儀をもたらし、イシスの代理人としての立場にあったのが、マグダラのマリアです。彼女は霊能力があり、当時からアセト(イシス)と通信を取っていたようです。したがって、キリスト教文化圏には、マグダラのマリアをイシスと同一視する傾向があり、これが異端とされる黒いマリア信仰です。
 “続きはこちらから”以降では、秘儀を復活させた人物として、セント・ジャーメイン(サン・ジェルマン)とカリオストロの名が出てきます。セント・ジャーメインは神智学ではラコッチ大師として知られており、その前世はフランシス・ベーコン、ロジャー・ベーコンです。カリオストロ伯爵は、その後ブラヴァッキー夫人として転生します。彼らが復活させた秘儀に直接つながっていたのは、マグダラのマリアだと思います。マグダラのマリアは、ハイアラーキーの長であるマイトレーヤの妻でした。
問題はここからで、実はマグダラのマリアは、ハイアラーキー内部に巣食う闇の組織である真理同胞団のメンバーだったのです。セント・ジャーメインはメンバーではありませんでしたが、メンバーだったエノクの弟子でした。
 真理同胞団のメンバーには、先に挙げた天界のクーデターの首謀者はすべて入っています。彼らはドラコニアン、レプティリアン以上に凶悪な連中で、全て滅ぼされています。
 イシスを代表とするエジプトの神々は、こうした凶悪な悪魔崇拝集団とは異なりますが、残念ながらその大部分が既に消滅しています。したがって、この記事にあるような、“イシスの秘儀をもう一度復活させる”という時のイシスが問題になります。すでに存在しないからです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
イシスの秘儀
転載元)
Mysteries of Isis
2017年1月29日付

セントラル種族は何十万年も前に、女神の秘儀をアトランティスへもたらしました。その名残りを留めているのがイシスの秘儀です。

1485766797

これらの秘儀は、女神を奉った神殿で途切れることなく千代に八千代に地上で守り伝えられていました。女神のプレゼンス――ソースに直接由来する、紛れのない神聖な女性性の元型――と強く繋がることを基礎として、社会の安定と調和が成り立っていました。



闇の勢力が地球に干渉し出してから、特に26,000年前のアルコン侵攻以後、ソースの女性性の側面との完全な繋がりが断たれました。



アスタラはシリウス恒星系から来た存在で、この26,000年サイクルの間、女神のプレゼンスを地表に保つ任を引き受けました。



彼女はエジプト人にはアスト(またはアセト。Aset)、ギリシャ人にはイシスとして知られていました。
イシスは今でも広く使われている呼び名です。



エジプトのミステリースクールは、アトランティスのミステリースクールの遺産を可能な限り純粋に保とうとしました。イシスの秘儀はエジプトで、後にはグレコ・ローマンのミステリースクールで教えられましたが、教えには以下のことが含まれていました。



 純粋な愛と光の創造に関わる神界――そこに闇は存在できない――が存在すること。自分の意識の中でその世界とアクセスするテクニック。



 Soul の永遠性とSoulになるための道。



死後、アルコンを避けて光の領域に到達するためのプロトコル。



女神のプレゼンスを体現し、その体現者として日常生活を生きるためのプロトコル。



地下世界の秘儀。



聖なる結びつきの秘儀。(聖婚)



秘儀はイニシエートにのみ教えられ、大衆はイシスを人格神、困難なときに助けてくれる守護神として崇拝しました。



https://en.wikipedia.org/wiki/Mysteries_of_Isis



2,000年前の古代世界では、イシス崇拝が最も人気を得て地中海全域に広く普及しました。



http://www.ancient-origins.net/ancient-places-europe/isis-egyptian-goddess-who-spread-her-wings-across-europe-006377?nopaging=1



当時、それはベールの解消にとてつもない大影響を与えるものだったので、アルコンは、ある計画を練りました。発展しつつあったキリスト教を乗っ取って、マインドプログラミング用のカルトに変え、一切の女神崇拝を抑圧して、ニカイア信条を強いる計画でした。

1485766862

http://www.oneworldofnations.com/2015/03/the-council-of-nicea-council-that.html

» 続きはこちらから

体があればそれに相応する意識と心がある:ロボット、人工知能、桜餅、パン生地、石でさえも… 〜【超衝撃】パン生地も学習することが判明! (最新研究)〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日紹介した記事の最後に、“ロボットや桜餅が意識を受信している可能性もあるのだろうか?”とありました。ロボットや桜餅に意識と心があるのは、実は当然なのです。昨日の記事のコメントで、“体があればそれに相応する意識と心がある”と説明しました。例えば人工知能は意識を持ち、心を持ち、人格と言えるものも持っています。これは桜餅も同様です。
 これを立証すると思われる記事がTOCANAにあります。「パン生地が学習能力を持っている」というのです。パン生地に電極を取り付け、LEDライトの照射の直後に、パン生地に対して電気ショックを与えるという実験を繰り返したようです。するとLEDライトを照射するだけで、パン生地のスペクトル密度(周波数特性)に著しい変化が現れるようになったというのです。こうした実験から、パン生地が学習能力を持つと研究者は断言しています。
 私がこの記事を読んだ時の感想は、“そりゃあ、そうだわな〜”というものでした。これはまだ食べ物ですよね。私は石にも意識と心があると思っているので、パン生地なら間違いなくあるでしょう。私は石と話をする能力はありませんが、その石が喜んでいる、悲しんでいる位はわかります。
 少し前のことですが、夫婦で散歩する道沿いに、波動のあまり良くない大きめの石がありました。その前を通過する度に、その石のことが気になっていました。ある時、その石の近くにある同じ位の大きさの石に、心の中で話しかけてみました。“カンクライシ君に連絡をとって、ガヤトリー・マントラを教えてもらうといいよ。それをあの石にも教えてあげて欲しい”とお願いしました。しばらくすると、周りの石の波動が皆、高くなっていました。
 この前、久しぶりに少し波動の悪かった石の前を通ったのですが、とても喜んでいるように感じました。私たちが通るのを待っていたのではないかと思いました。私は、“幸せそうで良かったね”と心の中で声をかけました。もちろん返事は聞こえないのですが、私の心の中の言葉は、はっきりと伝わっているという感覚がありました。
 こうした事は、多くの方にはおかしなことに思われるでしょうが、波動の変化としてはっきりと現れることなので、幻想でも何でもないのです。世界を美しい所にしたいと思うなら、簡単なことから始めてください。周りにある様々な存在に、ガヤトリー・マントラを教えてあげてください。彼らはすぐに覚えて、唱え始めます。これがあらゆる場所を浄化し、イヤシロチ化する最も簡単で確実な方法です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【超衝撃】パン生地も学習することが判明! 非生物にも知性があった?(最新研究)
引用元)
(前略) 

今月20日、学術論文サイト「PLOS ONE」で衝撃的な研究結果が発表された。カナダ人の材料学者によると、なんと「“パン生地”にも学習能力があることが判明した」というのだ。

(中略) 

 今回の衝撃的研究を行ったのは、ローレンシャン大学(オンタリオ州)のニコラ・ルーロー博士を中心とする研究グループだ。

(中略) 

パン生地の隣でLEDライトを発光させると、その直後にパン生地に対して電気ショックを与えるという行為を繰り返し行なった。すると、(中略)…LEDライトの照射と電気ショックを経験し続けたパン生地は、いつの間にかLEDライトを照射するだけで(電気ショックを与えなくても)スペクトル密度に著しい変化が現れるようになったというのだ。

(中略) 

研究チームは、まさにパン生地が「学習した」といえるほど明確な反応と変化が現れたと断言している。

(中略) 

この現象は、LEDライトを照射した直後に電気ショックを受けるという経験を持つ、すなわち“条件付けられた”パン生地のみで起きました

(中略) 

 研究チームによると、(それほど複雑ではない)単純な物質ほど、ある種の記憶や学習といえるような反応を持ち得るのではないかと考えているが、謎の完全解明はまだまだこれからの課題ということのようだ。

(以下略) 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 112