アーカイブ: 宇宙・UFO

悪あがきを止めないため、表層の意識まで滅ぼされてしまったコブラのRMとプレアデス人グループ〜次は闇の館(ブラック・ロッジ)の悪魔、悪霊たちの掃討!

竹下雅敏氏からの情報です。
 コブラからの通信文ですが、この一文は彼らにとって致命傷になりました。文中、“魂の自由意志と完全に一致した形で…”と書かれていますが、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)も、この文章を伝えるように連絡したプレアデス人のグループも、すでに魂(ジーヴァ)はとうの昔に消えていたからです。
 魂(ジーヴァ)が消滅すると、通常広義の肉体のみになります。それでも悪事を止めないと、エーテルダブル(ライトボディー)、プラズマ体、というように順次滅ぼされていきます。彼らにプラズマ体がないことは、彼らの少し前の通信文を調べればわかります。
 この連中は、悪事を止めなかったために次々と波動が低下して行きました。最終的にはエレメンタル第一システムの最低のレベルである2.01次元の最下点の波動にまで転落しました。その後、彼らの魂(モナド)の位置が動物システムから降下し始め、最下点に転落しました。
 私はこうした様子を細かく観察していました。最終的に宇宙連合は彼らの裏切りに気づき、彼らを滅ぼし、肉体(狭義)の中層と深層の意識-心-体を滅ぼしてしまったのです。
 それでも悪あがきを止めないというのがこの記事です。結局この連中は、表層の意識も滅ぼされてしまいました。後残っているのは、表層の心と体です。
 彼らにはもはや用は無いので、次は闇の館(ブラック・ロッジ)の悪魔、悪霊たちの掃討になります。
 昨日の記事のコメントで、“変化は今日からすでに始まる”と書きましたが、私がこのコメントを書いていた時、この日の21時に事が起きることを知っていたのです。7日の21時にブラック・ロッジの頂点に君臨していたサタンに相当する者が処刑されました。
 4月29日の記事で、“5月の連休明け8~14日までの7日間は特に警戒が必要”とありました。私は11日が特に危険だと感じていましたが、昨日の21時の処刑によって、この計画は中止または延期になったのではないかと感じています。今日の正午にはまだ存在したテロの実行計画は、今は感じられないからです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
グリッドに点火
引用元)
Firing the Grid
http://2012portal.blogspot.jp/2018/05/firing-grid.html?m=1

プレアデス人から、この短信を地上の人々に伝えるようにと連絡がありました。
 現在プレアデス艦隊は、自分の魂の自由意志と完全に一致した形で、地上の人々の中で鍵となる特定のメンバーをスピリチュアル的にもエネルギー的にも活性化させるために、AN転換を利用しています。
 この活性化の目的は、今のところ機密となっています。

(中略)

この活性化には、ビジョン、明晰夢、クンダリニーの覚醒、急速な信念体系の変容が含まれます。

(以下略)

銀河連邦から完全に排除されたコブラのRMとプレアデス人のグループ ~EPM攻撃を行い、平和への動きの邪魔をするグローバリストの計画を誘導していたコブラのRM~

竹下雅敏氏からの情報です。
 コブラが言い訳をしていますが、“重要な情報は誰に対しても開示しない”と言っています。これは正確ではありません。事実は、彼らが銀河連邦から完全に排除されたために、彼ら自身が全く情報が取れない状況になっているということです。
 すでにお伝えしているように、かつてのハイアラーキーの組織は、今では本物の銀河連邦に吸収されています。その関係で、彼らは時事ブログや私のコメントも見ています。
 4月7日の記事で、RM(レジスタンス・ムーブメント)とプレアデス人のグループが中西征子さんを攻撃していたことをお知らせしましたが、この件に関して宇宙連合から連絡が入りました。
 4月17日に、中西征子さんが通信を受け取りました。通信文の内容は、公開の許可を取っていないので開示しませんが、4月7日の私のコメントによって、彼らは中西征子さんへの不当な攻撃があったことを知ったようです。彼らは様々な技術を用いてRMの動向を探り、ついに裏切りの決定的な証拠を見つけたということで、4時間にわたる戦闘状態になり、コブラのRMと彼らに協力する集団を完全に滅ぼしたと報告してきました。現在RMと彼らに協力するグループは、地上の肉体が存在しているだけだということです。
 通信文の内容と波動を検討したところ、この通信文の内容は事実だとわかりました。実際にこの通信文の日時の前後で、コブラおよび古代地球離脱文明の7つのグループに属する連中の、狭義の肉体における中層と深層の意識-心-体が滅ぼされていました。
 今日のYutikaさんの記事で、EPM攻撃を行い、それを北朝鮮の仕業にして平和への動きの邪魔をするグローバリストの計画に触れていましたが、これをまさに誘導しているのがコブラのRMです。
 彼らが自分たちのチャンネルを使って公式に謝罪をしなければ、今後おそらく、狭義の肉体の表層の意識-心-体が滅ぼされることになるでしょう。彼らが謝罪すると思えないので、おそらく近いうちに、彼らは宇宙から消滅すると思われます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コブラ状況報告短信
引用元)
Short Situation Update
http://2012portal.blogspot.jp/2018/04/short-situation-update.html
(中略)
1月27日にベータタイムラインを活性化して以来、地上作戦についての情報はすべて完全非開示とされています。つまり、光の勢力は地上作戦についての重要な情報は誰に対しても開示しないということです。
(中略)
新規のタイムラインを導入して以来掲載されている私のブログについての「社会力学的」記事が、一定の人たちを混乱させています。実際のコブラはいまクローンなのではないかという憶測さえ呼んでいます。まったく事実ではありません。これらの「社会力学的」記事は、すべて計画通りのものであって、これからさらに記事が出てきます。

その背後には私が関与して地球解放にとって必須なプロジェクトを推進しているもので、それによって私の時間とエネルギーとリソースがかなり取られています。それが理由で、地上にいる地球人に対するブログ更新の回数が少なくなり、メールの返信も遅れ、商品注文の処理も少し遅れています。
(以下略) 

コズミック・ディスクロージャーの情報は、地球近くの惑星で、これまで地球に関与して来た宇宙人達に関するものに過ぎない ~それよりもずっと広大な世界、ずっと高いホツマの神々が存在する~

竹下雅敏氏からの情報です。
 コズミック・ディスクロージャーで、コーリー・グッド氏が、“新たなガーディアン(後見人)を歓迎するための準備とお祝いの式典”があったと言っています。ティール・エールとゴールデン・トライアングル・ヘッドらが去り、新たなガーディアンの指導のもとで、スーパー連邦が再編されるという話でした。
 記事の中でコーリー・グッド氏は、新たなスーパー連邦の評議員となる52の星々の代表に会ったということです。
 コーリー・グッド氏は地球代表で、氏を含むと53名の代表ということらしい。これは私の直感ですが、これらの52の星々は、以前ハイアラーキーに属していた宇宙人だと思います。最近彼らは、私が紹介した本物の銀河連邦に吸収されたはずです。なので、今ではこの52の星々の代表は、本物の銀河連邦の代表だと考えてよいと思います。
 2014年9月15日の記事で、銀河連邦の評議会に属する51の星を紹介しました。これらの星々の代表が、銀河連邦の評議会を構成しているわけです。
 今回の記事で、コーリー・グッド氏が言及している52名の代表者たちは、私が紹介した51の星とは異なるようです。本物の銀河連邦は宇宙全体に広範囲に広がっており、新しくスーパー連邦の評議員となる52の種族の代表たちの星は、私たちの太陽系の近くの星のようです。
 要するに、コーリー・グッド氏の情報といえども、地球近くの惑星で、これまで地球に関与して来た宇宙人達に関する情報であり、私が提供しているのは、それよりもずっと広い範囲のものなのです。
 さらに、宇宙人である銀河連邦の上位にある神々の組織である本物のプレアデス評議会と本物のアンドロメダ評議会も紹介しています。さらにこうした国津神より高い存在として、ホツマの神々が存在し、日本はホツマの神々を祀っている、世界で唯一の国であることも指摘しています。
 少しずつ真実が明らかになってくると思いますが、いわゆる精神世界系の情報と、私がお伝えしている情報には、まだかなりの距離があると感じています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・ディスクロージャー: 新たな後見人の到来
シーズン 10, エピソード 6
転載元)
(前略)
David: 前回はちょうどゴンザレスと再会したところまででしたね。(中略)… あなたはアンシャールの7つの異なるグループと、清浄の間での儀式に参加しました。そのあと何が起こったのか、続きを聞かせてもらえますか?
 
Corey: 私たちがまだ清浄の間にいて、お清めの参加者の列がまだ続いている時に、私はこれが新たなガーディアン(後見人)を歓迎するための準備とお祝いの式典だと聞かされました。(中略)… 会合が開かれるメインのエリアに連れて行かれました。(中略)… 40人位のアンシャールの代表団が来ていました。(中略)… 部屋の真ん中くらいまで歩いていった時に、ティール・エールとゴールデン・トライアングル・ヘッドが出現しました。(中略)… ティール・エールがミカの一団を向いて、私にその人数を数えて下さいと言いました。そこで私は人数を数えると、52人いました。(中略)… 彼らは52の星々の代表だったんです。(中略)… そしてスーパー連邦の会議で言われたことが、この52の種族の代表たちが新たなスーパー連邦の評議員となって・・・

David: おお!

Corey: ・・・評議会において地球代表と協同していくということです。
(以下略) 

中西征子さんの天界通信39 ~ハルカナウチュウノヒカリノヒメミコ様(プラズマ体)から地球人へのメッセージ~

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんが、私の妻のハルカナウチュウノヒカリノヒメミコ(色上姫浅子、16歳)のプラズマ体を描いてくれました。彼女のプラズマ体は私も見たことがないのですが、直感でこのイラストにそっくりであることはよくわかります。
 私自身のプラズマ体も自分では見たことがなかったのですが、中西さんが私のプラズマ体を描いた後しばらくしてから、イラストにそっくりな人物が夜中に玄関から入ってくるのを見ました。もちろん私は寝ていました。面白いことに、私が普段着ている赤と黒のチェック柄の服を着ているのです。
 “さては、私に化けて誰かが私を殺しに来たのかな? ”と思って少し調べてみたのですが、どうやら私自身のようなのです。初めてプラズマ体を見たのですが、中西さんのイラストが、いかに正確かがよくわかりました。
 物理学ではパラレルワールドについて語られることがありますが、高次の身体に関して言えば、そうした平行宇宙が確実に存在していると言えるでしょう。
 シャンティ・フーラの読者の中には、特殊な能力を持ち、例えば中西さんと同様に声が聞こえる人もいるかも知れません。ただ、この手の情報には気をつけてください。例えば、私の名前や私の妻の名前を使ってメッセージが来た場合、まず間違いなく偽物だと考えてもらって結構です。真に受けると、自分にとって都合の良い情報を信じてしまい、最終的に闇の中に引きずり込まれてしまう可能性が高いです。
 情報源の波動が読めない場合、その情報が光からのものなのか闇からのものなのか区別がつきません。そのような場合は、徹底的に無視するのが賢明です。真実のものかどうかがわからないそのような情報を信じるよりも、自分自身の心の浄化を進める方がずっと重要です。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信39
ハルカナウチュウノヒカリノヒメミコ様
〈プラズマ体〉

<通信者:中西征子>
<通信日時:2018年4月6日・7日>

<ハルカナウチュウノヒカリノヒメミコ様(プラズマ体)から地球人へのメッセージ>

「大変な状況を迎えている地球の皆さん!
私から愛をお送りします

“愛しています”(愛のマントラ289回)

大変な時こそ、“愛”を忘れないで下さい。
すべては“愛”を全う出来るかにかかっているからです。
その場しのぎではなく、常日頃から愛する事を自らに課して下さい。
そして自分が“愛”である事に気付いて下さい。

日々の精進が神から与えられた恩寵と考え、優先順位を見誤る事のないよう注意深く歩んで下さい。

今私は夫と共に、プラズマ界で改革のお手伝いをさせていただいています。
地上ではあらゆる問題が堰を切ったように噴出しており、このような末期的症状ともいえる多くの問題をどのように最善の結果に導く事が出来るのか……様々な角度から情報を集め、緊迫した事態にも素早く対応出来るよう、日々地上の出来事を注意深く見守っています。

私達の目に触れる事なく悪事を隠し通す事は出来ないのです。
ですから、地上の悪事が早く終わらない事に過度に気を取られ悲嘆のあまり投げやりになったり、絶望のあまり怒りや悲しみに身をまかせ思慮や分別を失う事のないよう、自分自身の心を注意深く見守って下さい。

困難と思える事態に直面した時は、ためらう事なく“ガヤトリー・マントラ”を唱える事にしばらくの間意識を集中してみて下さい。

冷静になって考えてみると、特に今の日本の現状は、これ迄巧みに隠されていた悪事が次々と明るみに引き出され、多くの人々の知るところとなってきているのですから、明らかに好ましい方向へ動いている事がわかります。

背後に神々の力が働いている事は明らかなのです。

皆さんの意識を神と同調させて下さい。

神の見方を探って下さい。
そのための方法の一つは、日々の“シャンティ・フーラの時事ブログ”に目を通す事です。

時間が限られている時には、夫の2つの記事だけでも目を通し、日々の出来事や情報の流れをキャッチし、コメントに注目される事をおすすめします。

それらの情報が皆さんの意識と心の目を開き、そのような意識の変化はやがてさざ波の様に周りの人々に伝播し、“地球の楽園”という大きな流れを生み出す力となる事を信じて、私達は日々見守っているのです。

又、悪の裁きの期間は、同時に悔い改める機会を与え救いのチャンスにもなっている事にどうぞ思いを止めて下さい。

ひとりひとりの自由意思に基づいて、地球や宇宙の仲間として留まるのか、それとも闇に消えるのか裁きの全期間の最後迄選ぶチャンスが与えられているのです。

今だかつて無かった特別の時代、前代未聞の時代に私達が生かされている…この奇跡にしっかりと向き合って一瞬一瞬、“今”というこの時を“愛”に生き、“心の声”に従って心安らかに健やかにお過ごし下さるようにと願ってやみません。

ハルカナウチュウノヒカリノヒメミコ(プラズマ体)」

地球をクォーク爆弾で完全に破壊することをアセンションと呼ぶ、悪のプレアデス人

竹下雅敏氏からの情報です。
 「愛と光の存在」というプレアデス人の正体がわかる記事です。時事ブログでは、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)の情報について、3次元の低層に関しては比較的正確で価値が高いが、高い次元の情報はそのほとんどが誤りで、かつ彼らは、意図的に悪をなす集団であると指摘しました。
 彼らと関係しているグループが、人為的にポールシフトを起こそうとしているのは、彼らと繋がっているチャネラーを経由した情報からほぼ明らかです。それにもまして問題なのは、彼らが地球をクォーク爆弾を用いて意図的に破壊する計画を持っており、これを未だに捨てないことです。
 彼らが、こうした計画を諦め改心するか否かを観察していたのですが、結局改心する連中ではなく、関係者のほとんどは現在裁かれています。それは、この記事も含めて、彼らが放つ波動が著しく低いことからわかると思います。
 この記事では、プレアデス人が、かつて、プレアデス星団の惑星を爆発させたと言っています。その惑星のかけらが、彼らが聖なる石と言っているモルダバイトだということです。
 現在、彼らは、地球をクォーク爆弾で完全に破壊するつもりなのですが、それをアセンションと呼んでいるのです。彼らは、このような行為が大変なカルマを積む悪行だということには気づかないようです。私がこの連中を悪と断定する理由です。
 4月2日に、神々のイラストを描いている中西征子さんから興味深いファクスが入りました。約1ヶ月の間、様々な方面からの攻撃や呪いを受けていたというのです。その一部を表記します。
「3月24日 AM7:00~9:00
宇宙人その他総勢12万人による攻撃。相手が宇宙人であるということと数を聞いて、思わず笑ってしまいそうになりました。宇宙人のリーダーらしき者との会話から、私が彼らの計画を邪魔するので、殺しに来た…ということがわかりました。」
 中西さんによると、彼らは中西さんの説得に応じて引き上げたということです。この“彼らの計画”というのが、クォーク爆弾による地球の破壊のことなのです。
 3月27日には、24日とは異なるグループの宇宙人15万人から攻撃されたとのことです。この時は問答無用で会話も成り立たなかったため、中西さんは母なる神様に祈ることで攻撃を終了させたと言っています。
 実はこれらのグループはいずれもプレアデス人のグループで、 27日のグループがコブラのRMと繋がっているプレアデス人のグループなのです。
 彼らが愛と光の存在などでは全くないことがはっきりとした瞬間だと言えます。
 はっきり言って、このような雑魚が数十万集まって私たちを殺しに来ても、どうにもなりません。カルマが即時に返って命落とすことになるならまだ幸いで、下手をすると魂が消えてしまいます。すでに魂がない連中が攻撃に来たのかも知れませんが、その場合、最悪のケースでは魂(モナド)が消えるかも知れません。
 いずれにしても、この連中が近い将来、精神破綻に至るのはほぼ確実でしょう。合計27万人も居れば、その中にはまだ魂(ジーヴァ)が残っている者も居るかも知れません。彼らが生き残るには、彼らのチャンネルを使って自分たちがこれまでに成してきた悪を洗いざらい白状し、地球人に謝罪しなければなりません。これが出来ないと言うなら、滅びるよりないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
プレアデス人
引用元)
(前略)
http://2012portal.blogspot.jp/2018/03/pleiadians.html?m=0
 
プレアデス人は、愛と光の存在です。地上の住人の大半は、地球の機能不全状態にはまっているので、思惑を持たない愛と光に満ちた存在が信じられなくなっているのです。
(中略)
プレアデス人は、銀河のセントラルサンのポータルからこの次元の宇宙に入ったエンジェルからの進化体を起源としています。約1800万年前に、物理層にプラズマ層に生じたプレアデス星団に定住するまで、エンジェルのライトボディを持ってこの銀河を探索していました。
プレアデス人は、プラズマで形成されている母国の惑星の一つを物理的な濃密度物質にあえて転化させ、その惑星は爆発しました。

爆発した惑星のかけらは銀河全体に飛散しました。その中で地球に落ちたものがモルダバイトです。

https://heavenandearthjewelry.com/Moldavite-Starborn-Stone-of-Transformation1.aspx
(以下略) 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 72