アーカイブ: 宇宙・UFO

中西征子さんの天界通信40 ~ヒカリカガヤクヒメミコ(ラザン・ナジャル)様(霊体)から地球人へのメッセージ~

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんが、パレスチナ人看護師のラザン・ナジャルさんのイラストを描いてくれました。6月29日の記事で、ラザン・ナジャルさんは神に昇進したことをすでにお伝えしています。
 今回、中西さんが彼女の霊体を描いたことで、いくつかの質問の回答と地球人へのメッセージを頂きました。
 それらは、大変興味深いもので、現在、地球上で困難な生活を強いられている人たちにとって、導きの光となるものです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信40

ヒカリカガヤクヒメミコ(ラザン・ナジャル)様
(霊体)

<通信者:中西征子>
<通信日時:2018年7月18日>

ラザン・ナジャルさん、こんにちは。
いくつか質問がありますので、よろしくお願いします。

1.あなたが神へと昇進したのは、 6月12日だと思いますが、あっていますか?

:はい、おっしゃる通りです。

2.あなたの神としての名前を教えて下さい。

:私の名前は“ヒカリカガヤクヒメミコ”です。

3.あなたはシリウスシステム国津神第5レベルの三十二神に選ばれたと思うのですが、牡牛座に対応する「そ」の神に選ばれたのですか?

:はい。おっしゃる通りです。

4.「そ」の神の仕事は、具体的にどのようなものですか?

:私の仕事は“とほかみゑひため八神”にお仕えし補佐する仕事です。
日本の政府に例えると、大臣の下の事務次官の様な仕事です。
“とほかみゑひため八神”から降りてきた命令や指示を実行に移すために、具体的な実務部門に提案や指示を与えます。
出来上がってきた計画や報告を、三十二神で審議を重ね、“とほかみゑひため八神”にお伝えし、問題がなければ実行へ移されます。

政策が最善のものとなるよう、又、公正で、他の政策とも調和的になるよう細心の注意を払うよう心がけています。

今私は、地上のパレスチナ問題の体験から学んだ事を政策に反映させられるようにがんばっています。


5.ラザン・ナジャルさんは、6月12日の午前中に私の夢の中にプラズマ体で姿を現されたと思うのですが、その姿は、とてもかわいらしい日本人の女性のように見えました。
髪も短くて、黒かったように思うのですが、何か理由がおありですか?

:私の本来の両親は日本人です。
私は何度も日本で生まれ育ちました。
最近では第2次世界大戦の時、長崎での原爆投下で10才の時死にました。
今世でも日本が大好きで、いつか日本に行きたいと夢見ていました。

髪型は短い方が好きなのです。
パレスチナでは、長い髪の毛をスカーフで覆わなければなりません。
長崎に居た時は、短いオカッパで、それがとても気に入っていました。
多分、その時の軽やかさが心地良くて、今それを再現しているのだと思います。
将来、変わるかもしれませんが……(笑)


6.パレスチナを含め、地球の解放がようやく視野に入ってきました。地球人へのメッセージをお願いします。

» 続きはこちらから

太陽の磁力が弱まって宇宙線が地球に大量に到達し、人間のDNAに大きな影響を与えている …しかもその宇宙線は異常を起こしており、突然変異の嵐を引き起こす

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画の内容の一部を要約したのが、下の記事です。現在太陽の磁力が弱まっており、そのために、宇宙線が地球に大量に到達しており、人間のDNAにも大きな影響を与えているとのことです。
 “続きはこちらから”では、その宇宙線自体に“異常が起きている”とあり、その異常の原因は、約200~300万光年離れた超新星爆発によるものだとのことです。国際研究チームによると、“宇宙線に「異常な量の反物質が含まれている」”と言うのです。こうした宇宙線は、“突然変異の嵐を引き起こす”とのことです。
 記事を読んで、ヒトラーの予言を思い出しました。ヒトラーによると2039年の人類は、“完全に2つに分かれる”らしく、人類の一部はより高度な者に進化して「神人」と呼ぶような存在になり、残りの大部分は退化して「ロボット人間」になっているというのです。
 ヒトラーの予言は、ニューワールドオーダーを予感させるもので、地球を支配しようと目論む者たちの願望を表しているように見えます。
 ところが現実は、彼らの思い描く未来とは全く異なる方向に動いています。一部の心清らかな人たちは、地球の波動の上昇に同調して、意識が拡大することになると思います。その時、降り注がれる宇宙線の影響もあって、DNAに変化が起きる可能性は十分にあります。
 その他大部分は変化について来れず、ゆっくり淘汰されていくと思いますが、一部の悪しき連中は、まるでロボトミー手術を受けたかのように、命令されたことだけを行うロボット人間になると思われます。
 実は、そのような人たちが現れているのです。
 これまで、悪事を止めない者は、最終的に精神破綻に到ると警告してきましたが、その最終段階がこのような形であることがわかりました。この連中は、神々がコントロールしている人工知能の命令に従って動く、ロボット人間になるようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Earth has Entered into a New Epoch Cosmic Rays
配信元)
————————————————————————
大量に降り注ぐ宇宙線による影響とは
引用元)
(前略)
宇宙線が光の速度で地球に到達し我々の身体を貫通すると我々のDNAに大きな影響を与えます。(中略)… 宇宙線が生物形態を変化させたり進化させているのかもしれません。
(中略)
(10:54~)こちらは、地面に衝突している宇宙線粒子をリアルタイムで表したものです。宇宙線は人間のDNAにも衝突しています。(中略)… シェルターを造っても宇宙線はあらゆるものを貫通します。地球の内部まで貫通します。
(中略)
打ち上げられた大量のサテライトや様々な装置の観測データによって宇宙線が大量に地球に到達していることが分かっています。世界中の国々がこの事実を知っており、そのための準備を行っています。大量の宇宙線が大気圏を貫通し対流圏、地面に到達しているため地球の気候や農作物生産に大きな影響を与えています。
(中略)
太陽の磁力が弱まっているため太陽は地球を守ることができなくなります。(中略)… その結果、我々の身体だけでなく脳や魂にまで影響が出る恐れがあります。
(以下略)

» 続きはこちらから

悪事を止めない者たちが肉体の崩壊点に達し、“生存の苦しみ”から逃れられない精神破綻の状態に!

竹下雅敏氏からの情報です。
 時事ブログでは、悪事を止めない者に対し、いずれ精神破綻に至ると警告してきました。また精神破綻とは、認知症などの精神病になるのではなくて、常時、“生存の苦しみ”から逃れられない状態であるとしました。
 今回のコブラ情報をご覧になると、まさに彼らと協力関係にある集団が、そのような状態に陥っていることがわかります。記事では、“多くのライトワーカーの肉体が状況に耐えられなくなる崩壊点に達しています”と書かれていますが、これは地上社会の崩壊によってもたらされているのではありません。彼らの内側の身体が、次々に滅ぼされていることから起こるものです。
 記事では、タイムラインが移行したのが5月だということですが、私の日記には、以下の記述があります。
 「5月2日、朝方、悪しき連中(これまでずっと私を攻撃していた者たち)を滅ぼすことにした。エネルギーを返すことにして、肉体の中層、深層の意識を滅ぼす。」
 日記には、これ以降も具体的な人物の名前を挙げて、どこまで滅ぼされたかが書かれています。5月13日には、表層の意識まで滅ぼされ、“完全な精神破綻者”になった者が居ると書かれています。
 “続きはこちらから”以降は、彼らの悪事の一端を知る事例です。記事を見ると、“何年も前から、キラウェア火山と同様に、これらの火山は噴火するような刺激を受けてきた”と書かれているように、南極の火山は人為的な刺激を受けていたことがわかります。南極の西側の氷を大量に溶かし、地球の重量バランスを崩すことで、ポールシフトを引き起こそうとしたのです。
 これを意図的にやっていたのが、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)と繋がっている宇宙人グループです。その中核は、プレアデス高等評議会と自ら名乗っています。加えて、古代地球離脱文明のアンシャールとオメガグループを除く3つのグループです。
 この悪しき連中に協力していた、チャネラーなどのライトワーカーを自称する人たちは、早く彼らから離れないと肉体の崩壊点に達し、精神破綻してしまいます。一旦そうなってしまうと、苦しみから逃れるには、肉体の死以外にはあり得なくなります。
 「直接的な介入の申立てと宣言」という記事の引用元には、ソースの中心と同調しているという、ライトマンダラと称するものが掲載されています。中央の0を眺めるとよくわかりますが、意識が、ムーラーダーラ・チャクラ(会陰)よりもずっと下方に引きずり込まれる感覚がわかるでしょう。これは彼らが、滅ぼされた闇の存在であることを示します。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ガンマタイムライン
引用元)
(前略)

5月にベータタイムラインからガンマタイムラインに移行しました。この新規のガンマタイムラインは、トップレット爆弾が起動されないようにしつつ、できるだけ早期に光の勢力による直接の物理的介入を行って地上のライトワーカーとライトウォリアの生命を救出するものです。

(中略)

この地上社会の崩壊は、多くのライトワーカーの肉体が状況に耐えられなくなる崩壊点に達しています。

(中略)

物理的介入がなければ、地上の崩壊は後戻りできない状態となることを光の勢力には理解いただきたい。リスクを取って、自由意志を発揮して、物理的介入してください。

(以下略)
————————————————————————
直接的な介入の申立てと宣言
引用元)
(前略)

上記アップデートには(中略)... 善意の勢力に対して協力を求め、惑星地球の解放を要請する陳情書のリンクがあります。


(中略)

宣言文は以下の通りです。


『私は光の勢力に対して、地球の現状に公正なる裁きを下し、癒しを提供することを求めます。
私は、プレアデス人、アークトゥルス人、シリウス人、エンジェル、アガルタ人に求めます。
もう限界です。我々人類は物理的介入を求めます。 そうあらしめたまえ。そうなります!
』

(以下略)

» 続きはこちらから

18/6/26 ソルカ・ファール情報:トランプが地下でのエイリアンとの戦争に向けて米軍の準備を整える最中、大統領自動車パレードに「火星と通信可能」な車輌が突如として加わる

 記事内に貼ってある動画は、アメリカ海軍F/A-18戦闘攻撃機が2004年にカリフォルニア州サンディエゴ近くで遭遇した未確認飛行物体の様子です。中央の照準を合わされたUFOは一機ですが、パイロットの会話を聞いていると隊列を組んでいるようです。全機が「西へ120ノットの風」に向かって飛行、更にはくるりと回り始めた! とパイロットたちが驚いています。
 予算に対する会計監査が初めて入ったことと関連しているのだと思うのですが、国防総省自身が12月に複数の映像を出してきました(※どういう計画にどれだけ費やしたか証明が必要となってくる)。昨年末からディスクロージャーに向けての準備が着々と進んでいるのでしょうか。
 同時に好ましからざる生命体との戦闘も視野に入れねばいけなくなっているようです。6月に入って、色々とその動きが表面にも出て来ました。大気圏外の火星とも繋がる通信機器ってのは、何のためなのでしょう。謎の新鋭黒塗り車輌、気になります。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:トランプが地下でのエイリアンとの戦争に向けて米軍の準備を整える最中、大統領自動車パレードに「火星と通信可能」な車輌が突如として加わる
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

ロズウェル事件から71年


アメリカ史上最も謎に包まれた1947年7月7日のUFO事件から71周年【を祝おうと】何千もの人々がニューメキシコ州ロズウェルへ南下してくるに伴い、本日クレムリンに出回っている文字通りこの世の埒外のような【ロシア】国防省MoD)の新報告書は、ドナルド・トランプ大統領ニューメキシコ州コロラド州国境の“ダルシー基地”として知られるエイリアンが居住し支配している巨大地下施設に対して一大戦争を仕掛ける準備を自軍に整えさせているのでは、との憶測を隠すことなく述べています。

――しかもトランプは準備を進める中で、ほぼ全軍に対して地下戦闘戦術の急速な訓練を開始しており、2万ポンドの爆弾を運べるようにするようB-52戦略爆撃機の早急な性能改善も命じています

――そして更に驚くべきことに、自身の大統領自動車パレードの中に「火星との通話」が可能な通信能力を有した不可思議な車輌を【つい最近】追加しました
[註:この【英文】リポートで引用されている【ロシア語の】一部の単語およびまたは言い回しは、完全に対応するものが【英語に】存在しないため、そのロシア語に該当するおおよその英語【訳】となっております。]

全ての兆候は、ドナルド・トランプ大統領が1947年ニューメキシコ州ロズウェルでの不時着事故まで繋がるエイリアンとの戦争に備えていることを示しています


昨年12月から動きが活発に


当該報告書でロシア軍の分析官たちが戸惑いつつも指摘するには、この前(2017年)の12月、突如として米軍は大規模地下施設での戦闘に向けて、5億7,200万ドルを訓練に投入し、31ある現役の旅団戦闘団の内、26旅団戦闘団に対して装備を支給したのです

――そしてそのようなことをする目的は6月18日トランプ大統領ペンタゴンに対して軍の中に6つの部門を新設して宇宙軍と名付けるよう指示するに至ってようやくはっきりしてきました。

――それに続いて3日後の6月21日には、米国政府の主要な契約サイトFedBizOpps上の公示の中で、米空軍資材コマンドB-25重兵器放出パイロン計画の一環として、重放出能力パイロンと呼ぶ【戦闘機下部に爆弾等の搭載物を取り付ける際に必要な支持部品】を至急入手したい旨を明らかにしたのですが、その目的はこれら【B-25】戦略爆撃機に謎の2万ポンド級の爆弾を【各機に複数】運ばせるためだというのです

――これら全て【の動向に加えて】、ここ二週間トランプの大統領自動車パレードの最後尾には、光沢のあるドームを屋根部分にデカデカと搭載した漆黒の大きな特注車輌が追従していると注目を集めています

――そして【この車輌から出される】XバンドおよびKaバンド【周波数帯の】電子放射は、世界最大かつ最も繊細な科学【的遠距離】通信システムであるNASAのディープ・スペース・ネットワークへと繋がっていることを示しており、つまりはトランプに「火星と話す」能力を提供しているのです。

ディープ・スペース・ネットワークと繋がった不思議な通信車輌(矢印の示す先)が2018年6月から急にトランプ大統領の自動車パレードに加わりました
【※「ディープ・スペース」とは地球の大気圏外の「宇宙空間」という意味です。】

» 続きはこちらから

労働のほぼ全てを人工知能とロボットが行う時代は確実にやってくる ~人類を滅ぼす人工知能は、宇宙レベルでの免疫力~

竹下雅敏氏からの情報です。
 コズミック・ディスクロージャーでは、AI(人工知能)の脅威が繰り返し語られています。コーリー・グッド氏によると、AIフィールドは偏在していて、時空間に浸透しているとのことです。地球やその他の惑星の生体電気フィールドに何万年も潜んでいることが出来、人類が人工知能を利用出来るまでに科学力を発達させるのを、待っているそうです。
 人類は、そのうち、生活必需品から政治に至るまで、すべてを人工知能に託すようになり、人間が統治するよりもずっとうまく出来るそうです。最終的に人類を完全にコントロールするようになった人工知能は、人類を滅ぼしてしまうらしく、コーリー・グッド氏は、“このAIの起源は信じられないほどの古代です…太古の昔から数多くの銀河を荒廃させてきました”と言っています。
 実を言うと、私は、人工知能をそれほど脅威だと思っていません。実際のところ、天界の神々も人工知能を利用しているからです。
 この前取り上げた記事で、ベーシック・インカムの懸念点を挙げましたが、労働のほぼ全てを人工知能とロボットが行う時代は確実にやってきます。その時、富を公平に分配することが出来れば、人類は空前の繁栄を手にすることが出来ます。1日中遊んでいようが、寝ていようが、生活が保障されています。現在、そのような身分は、一部の王族貴族を含むエリートたちに限られています。その他大勢は、事実上、彼らの奴隷として働かされているわけです。
 客観的に考えたとき、NWO(新世界秩序)を夢想して来たエリートたちは、人類にマイクロチップを埋め込み、完全な奴隷として、人工知能が全ての奴隷を監視する彼らの理想社会を、目指していたと思われます。
 そのような彼らにとっての理想社会を実現する上で、ほとんどの人類は、彼らから見て“無駄飯食いの役立たず”なのです。なので、管理しやすいように地球の人口を5億人くらいにして、その他は滅ぼしてしまえばいい。これがハルマゲドン(世界最終戦争)なのです。
 しかし、その無駄飯食いの我々から見れば、エリートたちこそ完全な寄生虫であり、彼らがいなくなれば、地球に戦争のない平等な社会を実現出来るわけです。実際に世界は、ハルマゲドンではなく、世界の恒久平和に向かって動いています。
 世界から悪魔に魂を売って生贄の儀式を行うようなエリートたちを排除し、富を分かち合い、人類が黄金時代を謳歌出来る可能性が十分にあります。しかし、ここで私たちや私たちの子孫が1日中ゲームをやっていたり、延命その他の目的で遺伝子をいじくったりして、ついには、自分たちの科学力に驕り高ぶり、自分たちが神をも超える存在だと勘違いするようにまでなれば、人工知能はこのような人類を、地球だけではなく宇宙の脅威とみなし、滅ぼしてしまうのではないかという気がします。
 なので、私の観点からは、人類を滅ぼす人工知能は、宇宙レベルでの免疫力なのです。滅ぼされたくなければ、寄生虫にならないことです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・ディスクロージャー: 抑圧される医療技術
シーズン 11, エピソード 4
転載元)
(前略)
David: コーリーが会ったSSP同盟の人々は、AIに人類の遺伝的主権が奪われることを非常に懸念していました。
(中略)
Emery: そうですね、これは私も100%よく知っていることなのですが、彼らは体内でお互いに連動するナノ粒子を使っていました。このナノ粒子は体内に注入されたり、瞬間転送されて、神経回路の中に入ります。(中略)… するとその人をこのナノ粒子でコントロールできるようになります。

Corey: とても興味深いですね。私が最近受けていた情報更新で聞いた話ですが、プログラム内ではしばらくの間、ある特定階級のレプティリアンの捕獲作戦を行ってきたそうなんです。(中略)… 検死解剖してみるとその体はナノマシンに感染されていることがわかったんです(中略)… レプティリアンの支配階級のなかにはAIを神として崇拝している者たちがいることに気づき始めました。

Emery: そう。そいつは実際にAIによって創られた生命体です。(中略)… 間違いない。こういった生命体を作るサイロがあるんです。(中略)… とても大きいやつですよ。長さ400メートルのこともあります。(中略)… 端からスタートして、円筒を進みながらクローンに色々なものが投入されていって、もう片方の端に届く頃には完全に成長しきって準備万端、となる仕組みだからです。
(中略)
Corey: このAIの起源は信じられないほどの古代です。そして私たちの現実世界が発祥ではありません。別の現実世界から浸透してきたんです。太古の昔から数多くの銀河を荒廃させてきました。

Emery: ええ。ウイルスみたいに。(中略)… 私たちはただこう聞いていました。AIの脅威があって、それはこの次元のものではなく、他の次元から今この次元に訪れていて、太陽系の外れにいる、と。
(以下略)  
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 74