アーカイブ: 竹下氏からの情報

ブラジルのルーラ政権は、2022年のブラジル選挙の公式結果に抗議した1,500人以上を逮捕…医療班が収容所に配備され、彼らの意思に反してCovid-19ワクチンを注射している!

竹下雅敏氏からの情報です。
 1月11日の記事で、“ブラジルのボルソナロ前大統領の支持者が、首都ブラジリアの政府庁舎を襲撃。激しい衝突の中、約300人の暴徒が逮捕され、少なくとも46人が負傷した”ことをお伝えしました。
 就任したばかりのルーラ大統領は「我々は資金提供者やブラジリアで暴動を起こした者たちを特定します。このような無責任で、非民主主義的な行為を犯したファシストや狂信者を法律にのっとって罰します」と言っていましたが、“続きはこちらから”の記事をご覧になると、ルーラ政権は「2022年のブラジル選挙の公式結果に抗議した1,500人以上を逮捕…医療班が収容所に配備され、彼らの意思に反してCovid-19ワクチンを注射している」というのだから驚きです。
 それだけではありません。冒頭の記事によれば、“ブラジル議会は、公衆衛生上の緊急時にワクチン接種を拒否した者、フェイクニュースでワクチンを批判した者は2~8年の禁固刑と罰金、子供へのワクチン接種を怠った親は1~3年の禁固刑に処されるとする法案を提出している”というのです。
 「公衆衛生上の緊急事態において、強制的な予防接種を受けない行為は犯罪と見なされなければなりません」「ワクチンに関する誤ったニュースの拡散は、公共の安全に対する犯罪として、例示的に処罰されなければならない」というのが、この法案の要点です。
 mRNAワクチンに限らず、いかなるワクチンでも予防接種を強制する行為は犯罪だし、ワクチンに関する誤ったニュースを拡散して、人々にワクチンを強要する事は犯罪です。
 「ワクチンに関する誤ったニュースの拡散は、公共の安全に対する犯罪として、例示的に処罰されなければならない」というのであれば、「ワクチンに関する誤ったニュース」を流し続けたWHOやCDC、そして政府の人間が処罰されるべきであることは、mRNAワクチンの当初の説明と実態が異なることから明らかです。
 しかし、ルーラ政権に代表される完全に狂った政権は、善と悪が逆転しています。彼らは科学的事実を捻じ曲げ、データを改ざん、ワクチン被害を隠蔽して、ワクチンが効果的だと偽り、国民にワクチン接種を強制し、従わない者を犯罪者だと糾弾するのです。二つ目の記事のタイトルに「純粋な悪」とある通りです。
 ブラジルの件は他人事ではありません。ツイート動画をご覧ください。オーストラリアのマルコム・ロバーツ上院議員は、“WHOは、ワクチン接種の義務化や都市、国境、企業の封鎖など…の保険政策を決定する権利を要求している。最悪なのは、最新のワクチン規制に従わない者を拘束し、医療処置を強制することだ”と警告しています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ブラジル、ワクチン批判に2〜8年の禁固刑を提案する法案を提出
「ワクチン接種の義務化に応じないことは犯罪とみなさなければならない」。
引用元)
(前略)
ブラジル議会を通過中の法案によると、公衆衛生上の緊急時にワクチン接種を拒否したブラジル国民は、2~8年の禁固刑と罰金を科されることになる。公衆衛生上の緊急時に、「フェイクニュース」とされる内容で公にワクチンを批判した者にも同じ刑が適用される。
 
さらに、公衆衛生上の緊急時に政府が定めたワクチンを子どもに注射することを怠った親や法定保護者は、1~3年の禁固刑に処されることになる。
 
リオ・タイムズ紙によると、もともとアンジェロ・コロネル上院議員(PSD)が2021年に提出したこの法案(PL 5555/2020)は、連邦上院の立法事務局を通過している。先日ソーシャルメディアに掲載された上院のウェブサイト上のオンライン投票では、11万9551人がNo、1万299人がYesと回答し、ブラジル人が圧倒的にこの法案に反対していることが示されている。
(中略)
この法案は、新たに就任したルルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領の支持を得られそうだ。彼は12月、COVID-19ワクチンに反対した人々に、就任後に謝罪させることを誓ったのである。
 
「私たちは、性急に、ワクチンを発表すれば、国民がそれを手にすると考えることはできません。ワクチンの有効性をもう一度納得してもらわなければならないし、ワクチンに反対した多くの人たちに謝罪してもらわなければならない」とルーラは語ったとCNNブラジルは報じている。
(以下略)

» 続きはこちらから

なぜ、世界経済フォーラム(WEF)のグローバリストは、人々に昆虫を食べさせようとするのか。 ~コオロギを食べさせる目的とは

竹下雅敏氏からの情報です。
 タマホイさんのツイートから先にご覧ください。タッカー・カールソンは、“加工食品を食べている時に…ラベルに…「サステナブル(持続可能なもの)」と記載がありました。どういう意味でしょう?…多くの企業が「サステナブル」という言葉を「コオロギ」として使っている…知らないうちにコオロギを食べさせられているのか?”と言っています。
 マーク・シーゲル医師は昆虫食について、“合衆国で昆虫を食べることはFDAによって合法化されています。…問題はFDAの基準の欠陥です。…パスタ1箱に昆虫片の混入が450個まで認められています。…しかし、私は医師として別のことをお伝えしたい。昆虫は甲殻類によく似ているため、こういったものにアレルギーを起こすかもしれない”と言っています。
 また、食料価格が高騰し、卵も肉も高騰している中で昆虫が登場していることから、マーク・シーゲル医師は「私は昆虫食が義務化されても驚かないよ」と言っています。
 さて、ここからが本題です。なぜ、世界経済フォーラム(WEF)のグローバリストは、人々に昆虫を食べさせようとするのか。“何故、コオロギなのか?”という疑問に対して、冒頭の動画は非常に面白い視点を与えてくれます。
 1分5秒のところで「タイ・ウボンラチャターニー県における食品・農業廃棄物からのグラフェン合成」というタイトルの論文を紹介しています。論文の要約には、「ココナッツの殻やコオロギの脚などの出発物質を使用してグラフェンを合成しました」と書かれていて、動画の1分12秒で、“ココナッツの殻とコオロギの脚がグラフェンの特性に似ていると判明した…体内の物質と化合することで酸化グラフェンになる”と言っています。
 1分37秒では、“NTT東日本は、食用コオロギのベンチャー「グリラス」と協業し、飼育のスマート化と効率化を後押し”というニュースを紹介しています。NTTが昆虫食事業に参入する理由として、『「あなたと世界を変えていく。」 人間拡張技術解説篇 フルバージョン』と『「あなたと世界を変えていく。」 人間拡張篇 30秒』という二つのYouTube動画を紹介しています。これらの動画の説明には、“ドコモは、6G時代へ向けて、人の動きや感覚を他の人やロボットに伝送する技術、シンクロさせる技術”である「人間拡張」のプラットフォームを開発中だとあります。
 「人間拡張」が意味するのは、“インターネットと身体が繋がるということです。IoB(Internet of Bodies)が必要不可欠なのです。…つまり貴方の身体が、インターネットに接続されることになるのです。もっと、分かりやすくいうと貴方がスマホになるというイメージです(4分7秒)”ということであり、その実現のためには、“スマホには電池(バッテリー)が必要ですよね? それと同じでIoBにも電池が必要なのです。つまり、酸化グラフェンで、人体を電池化させる必要があるのです。コオロギをたべさせる目的は、人体を電池化させるために、継続的に摂取させる必要があるのではないでしょうか?(4分44秒)”と言っています。
(竹下雅敏)
————————————————————————
なぜ?コオロギなのか?
配信元)
————————————————————————
配信元)
 
 

キンバリー・ゴーグエンさんとコーリー・グッド氏がメドベッドについて語る ~「世界の銀河連邦」から提供されたメドベッドを使うと、「ロボット人間」にされてしまう

竹下雅敏氏からの情報です。
 “続きはこちらから”の記事を先にご覧ください。キンバリー・ゴーグエンさんとコーリー・グッド氏がメドベッドについて語っています。
 コーリー・グッド氏の語るメドベッドの話は、氏の波動を反映しているためか、非常にネガティブなものです。オリオングループは、エレナ・ダナーンが接触した「世界の銀河連邦」を、地球を解放するために来た救世主として表に出そうとしていると言っています。
 彼らが提供するメドベッドによって人々は健康になり若返るが、“あなたがメドベッドに入ると…ナナイト(ナノロボット)を注射される…それを彼らはあなたに説明しません”ということです。
 2021年3月18日の記事で、「長年の間、大勢の人が誘拐されて来ましたし、今も尚、誘拐は続いています…銀河宇宙ではあらゆるET達が、同じことをやっている」というウィリアム・トンプキンス氏の証言を紹介し、“その「銀河連合」「光の銀河連邦」の宇宙人たちからのメッセージが「無条件の愛」なので、なかなか笑わしてくれるなというのが、私の素直な感想です。地球人に先進的な医療機器であるメドベッドの技術を提供し、それによって地球人を完全支配するつもりなのですが、これが彼らの言う「無条件の愛」なのです。「無条件」ほど、高いものはない”とコメントしました。コーリー・グッド氏の話から、「世界の銀河連邦」から提供されたメドベッドを使うと、「ロボット人間」にされてしまうことが分かりました。
 キンバリー・ゴーグエンさんの話では、“今のところ隠しておかなければならない科学者・技術者のグループがある。…(彼らは)フリーエネルギーで動く本物の医療用ベッド(メドベッド)を理解している”と言っています。
 “今朝(1月27日)、このグループが CARE(友好と地球再生のセンター)の科学・研究開発部門で働くことを約束しました! キムは彼らの加入をとても喜んでいます”と書かれています。
 私はこの集団が誰かを分かっています。しかし、“今のところ隠しておかなければならない科学者・技術者のグループ”だということなので、ここでは書けません。いずれ映像配信で話すことになるでしょう。
 実はこうなることは予想していました。この科学者・技術者のグループのように、彼らがキンバリーさんのチームと連絡を取ろうとしても、それを妨げていた者が居たのです。1月25日の夜に、それが誰なのかが突然分かり、その人物(宇宙人)を処刑しました。
 これで障害が消えたので、キンバリーさんの情報にその関連の情報が出るだろうと見ていたのです。私の日記には「…がキンバリーさんに接触したことを確認(1月28日)」「……が私のことを認識している事を確認(1月31日)」と書いています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
金融システムの私たちの側は好調で、ディープステートはその逆を体験している|神の介入による拘束の契約が切れる前に、あらゆるものの暗黒版が複製された|完全な無機世界が闇のタイムラインの目標だった|闇の鏡の崩壊をもたらすキムのクリアリング|人類の専門科学者と技術者がCAREの科学技術部門に参加!
引用元)
このキム・ゴグエンによる状況報告は、2023年1月27日にユナイテッド・ニュース・ネットワークで配信されたもので、UNNの購読者向けに公開されている。
(中略)

https://www.unitednetwork.tv/videos/27-jan-23-news
(中略)
嬉しいニュースです。
 
残りの移行期間中、キムが安全を確保するために、今のところ隠しておかなければならない科学者・技術者のグループがある。彼らはJASON協会やそのほかの団体に属しているわけではありません。彼らは人間であり、おそらく世界でも有数の専門家です。彼らは本当に優れた技術を生み出しましたが、それが悪用されたのです。中には、「私たちは地球と人類を救う」という名目で、悪者にリクルートされた者もいます。それがどういうことか、私たちは知っています。しかし、いったんその世界に入り込むと、闇の計画を目の当たりにし、逃げ場がなくなってしまうのです。しかし、今、この人たちには出口があるのです。
(中略)
CARE(友好と地球再生のセンター)にエキスパート・ヒューマン・サイエンティスト&テクノロジストが加わりました。
 
今朝、このグループがCAREの科学・研究開発部門で働くことを約束しました!キムは彼らの加入をとても喜んでいます。彼らは長年かけて多くの知識を身につけ、それを人類と分かち合うことができるのです。彼らは、修復計画の概要を説明し、計画を理解した上で、私たちの惑星を修復するために、喜んで協力するつもりです。
(中略)
彼らは量子力学と本物の医療ベッド(メドベッド)を理解する人達です。
 
彼らは量子的な人々であり、キムのノートを理解しています。彼女は明らかに、このグループに対して非常に興奮していました。
(中略)
キムは、「アザーズ」の他に、人体の回復を助けるフリーエネルギーで動く本物の医療用ベッドを理解していると言った。本物の医療ベッドは、植物や動物、この地球上のあらゆる種類のものの修復にも使うことができます。また、海の毒を脱分子化することもできます。
(中略)
現在、保護とアーキビスト(公文書担当官)による更なる情報提供の支援を受けています。

このグループは保護されており、アーキビスト(公文書担当官)たちは、起きているすべての多元的な変化に関するさらなる情報を得るために、彼らを支援しています。
(中略)
彼女はお互いを知るようになったばかりだと言っていました。
(以下略)

» 続きはこちらから

ウクライナでの戦争は終わらせる方向に転換し、「米国が中国との戦争に集中できること」が大きくクローズアップされている ~マイケル・A・ミニハン空軍大将「中国が今から2年後に米国と戦争する可能性がある」

竹下雅敏氏からの情報です。
 “続きはこちらから”のツイートを先にご覧ください。ランド研究所は新しい報告書の冒頭で「この戦争はどのように終わるのか? この問いが、ワシントンをはじめとする西側諸国の首都で、ロシア・ウクライナ戦争に関する議論を支配するようになってきている」とし、ウクライナに勢いがありロシア軍を国外に追い出すことが可能だとする見解に対して、「過去の紛争を研究し、今回の紛争の経過をよく見てみると、この楽観的なシナリオはあり得ない」としています。
 また、“ウクライナが2月24日以降に奪われた領土を取り戻す”というタカ派の主張に対しては、「領土の支配はウクライナにとって非常に重要であるが、米国にとって戦争の行方を左右する最も重要な次元ではない。我々は、ロシアと北大西洋条約機構(NATO)の戦争やロシアの核使用へのエスカレーションの可能性を回避することに加え、長期戦を回避することは、米国にとってウクライナの領土支配を大幅に促進することよりも優先度が高い」と結論づけています。
 J Sato氏のツイートに、“ランド研究所のウクライナ戦争の方針転換を受けて、米英主要メディア、報道を一斉に転回”とあるように、ウクライナでの戦争は終わらせる方向に転換したようです。
 「23/1/23 フルフォード情報英語版」には、“(ウクライナ)戦争がすでに負けていることを知っているので、アメリカ、ドイツ、イギリスはウクライナに戦車を送ることを拒否した。…世界のパワーエリートは、ロスチャイルド家とロックフェラー家が負けたことを知っている”と書かれていましたが、どうやらこれがハッキリとした形で表れてきたようです。
 しかし、“ランド研究所が代理戦争を終わらせる理由は多岐にわたるが、「米国が中国との戦争に集中できること」が大きくクローズアップされている”というのでは、私たちには迷惑な話です。
 キット・クラレンベルグ(Kit Klarenberg)氏のツイートは1月27日のものですが、同じ日の記事で、航空機動司令部のトップであるマイケル・A・ミニハン空軍大将は「中国が今から2年後に米国と戦争する可能性がある」と警告しているのです。「私の直感では、我々は2025年に戦うことになる」と言っていますが、直観がある人物とはとても思えないので、直観ではなく計画だと思います。
 この発言に対しジミー・ドア氏が激おこぷんぷん丸(死語)で、“台湾戦争を起こそうと挑発しているのは、私たちです。ウクライナ戦争を挑発して起こしたのと同じように。私たちは今、中国との戦争を起こそうと挑発しているのです。誰が得をするのか? 教えてあげます。あなたの敵は中国ではありません。あなたの敵はロシアではありません。あなたの敵は、軍産複合体です。この国から何兆円という金を巻き上げてきた。国防相に何回言わせるんだ。国防総省の予算のうち2兆ドルが使途不明で、どこにいったかわかりませんと。…止まらない戦争マシーンだ。…皆さんに思い出していただきたい。米国は世界のテロリストである。…そして今、私たちは中国とサーベルを鳴らそうとしていて、米軍は戦争を予言しています”と言ってます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米軍大将、2年以内に中国との戦争もあり得ると部隊に警告
空軍の輸送機と給油機の艦隊を監督するマイケル・A・ミニハン将軍は、その根拠の一部として、2024年の台湾と米国の総統選挙を挙げています。
引用元)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
航空機動司令部のトップであるマイケル・A・ミニハン空軍大将は、2025年に中国との戦争が起こる可能性があるとメモで部隊に警告した。(Isaac Olivera/375th Air Mobility Wing Public Affairs)
 
中国が今から2年後に米国と戦争する可能性があると、空軍トップの将軍が指揮下の部隊に向けた大胆かつ異例のメモで予測し、他の米国国防高官よりも潜在的紛争までのタイムラインが短いと主張した。
(中略)
「私が間違っていることを願う」とミニハン氏は書いている。
私の直感では、我々は2025年に戦うことになる。習近平は3期目を確保し、2022年10月に軍議を設定した。台湾の総統選挙は2024年であり、習近平に理由を提供することになる。アメリカの総統選挙は2024年であり、習近平に気の抜けたアメリカを提供することになる。習近平のチーム、理由、機会がすべて2025年に向けて整列している。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

[YouTube]盗まれたカメラが撮っていたもの

竹下雅敏氏からの情報です。
盗まれたカメラは簡単にみつかるものなの?
(竹下雅敏)
————————————————————————
Parrot steals GoPro and films airborne escape
配信元)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 2,589