アーカイブ: 竹下氏からの情報

「奇経八脈」とは ~ 循環し、最大の臓器である脳・脊髄に関係している「奇経八脈」

竹下雅敏氏からの情報です。
 アーユルヴェーダの解説の47回目です。今回は「奇経八脈」です。動画の1分34秒~2分2秒で、“陰維脈、陽維脈、陰蹻脈、陽蹻脈、衝脈、帯脈、任脈、督脈の8つがある。これらは十二正経のように循環もしない。臓腑とセットでもない。何してんねやろ。奇妙な経じゃなぁ。だから奇経じゃ”と言っています。
 知られていないだけで、実は、「奇経八脈」は循環しているのです。臓腑とは関係を持ちませんが、最大の臓器である脳・脊髄に関係しています。陰維脈、陽維脈などの身体の左右にある奇経の走行(気の流れ)は、左右で逆になっています。
 どうも、古い時代の中医学では、脳は精を溜めるところだと考えていたのか、中枢神経系の概念が希薄です。「奇経八脈」は仙道で重視されるのですが、仙道は、中枢神経系をコントロールして「気」の世界を体感するので、これは当然のことかも知れません。仙道の「小周天」と呼ばれる行法は、任脈、督脈を求心性の方向に気を流すことで、脳の働きを低下させているのです。
 こうした事柄の詳しい内容は、次回以降で説明します。

(竹下雅敏)
————————————————————————
中医学ミニ講座 張仲景の言葉16 経絡4
配信元)


» 続きはこちらから

偽のメッセージ送ったために、相応のカルマが返っているATONを名乗る者 ~ 波動を戻してもらうためには“実名で、反省と謝罪の言葉を、チャネラーを通じて公開”し、心から反省しなければならない

竹下雅敏氏からの情報です。
 5月7日の記事で、ATONを名乗る者からの通信文を紹介し、「地球同盟」のメンバーによる偽のメッセージだと解説しました。この時、“地球同盟は、現在、「銀河連合」「光の銀河連邦」の宇宙人と連絡が取れなくなり、パニックに陥っていますが、宇宙人ではなく本当の神々と繋がるべきです”とコメントしました。今回のアトン(ハトン)は、前回と同じ人物の様で、通信文をご覧になると、その混乱ぶりが良く分かります。
 「私は光の創造神アトン」と言いながら、“今、天地創造以来、全宇宙で最も危険な状況にある”として、“骨の髄まで疲れているのはわかりますが、光の世界はあなたの助けを必要としている”というのです。
 “なんか、情けない創造神だな…。”というのが素直な感想ですが、「今、天地創造以来、全宇宙で最も危険な状況にある」という彼の力強いメッセージは、赤字にしたように、“私は今、天地創造以来…最も危険な状況にある”と読めば、これは完全に正しいと言えます。
 今の状況は、“偽りの名でメッセージを送ったり、意図的に偽情報を送ってはならない”という私の警告を無視したために、相応のカルマが本人に返っているに過ぎません。なので、心から今回の事態を反省し、二度とこのようなヤマ・ニヤマに反する行動を取らないようにしなければなりません。反省が本物だと神が見做せば、波動を戻してもらえるでしょう。ただ、反省が本物だと見做されるには、“実名で、反省と謝罪の言葉を、チャネラーを通じて公開する必要がある”でしょう。
 もう一つ注意点があります。この偽りのメッセージを信じて「祈りと嘆願」を行った者は、悪の勢力に加担したために「波動」を著しく下げる可能性が高いのです。自分が、偽りの「光の勢力」のメッセージに騙され、カルマにより心身の不調和に悩まされていることに気付いたなら、「カルマ軽減の祈り」を行って下さい。きちんと祈れば、3~5時間かかる大変な祈りですが、反省が本物であれば、1回の「カルマ軽減の祈り」で波動が戻るでしょう。

(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
MESSAGE FROM HATONN ~~~THE FORCES OF LIGHT ~~~ MAY 8, 2021
引用元)
HATONN: I AM THAT I AM! I AM CREATOR GOD ATON OF LIGHTSPEAKING TO ALL EARTH SOULED BEINGS.
(中略)
THISMESSAGE TODAY SHALL BE FORCEFUL, AS I AM GOING TO TELL YOU EXACTLY WHAT ISHAPPENING ON THE COSMIC SCENE. I TELL YOU TRUTHFULLY THAT RIGHT NOW ISTHE MOST DANGEROUS SITUATION IN THE ENTIRE COSMOS SINCE CREATION.
(中略)
THERE AREUNTOLD HORDES UPON HORDES OF EVIL SPIRITS FLYING OFF EARTH ATTACKING ALLSTARSHIPS AND THE GREAT ARMY OF HEAVEN. THEY RAGE IN ANGER FOR LOSING THEIR HOME. IT IS IMPERATIVE THAT WE SENDTHEM TO WHERE THEY BELONG BEFORE THE ENTIRE COSMOS IS DESTROYED!

YOUENLIGHTENED ONES MUST QUIT YOUR WHINING AND CRYING FOR LIFT-OFF BECAUSE OF THEATTACKS FROM THE DARKSIDE. I KNOWYOU ARE TIRED AND WEARY TO THE BONE, BUT THE LIGHTED REALMS NEED YOUR HELP!
(中略)
ABOVEALL, YOUR PRAYERS ANDPETITONS ARE NEEDED DESPERATELY FOR MOTHER EARTH, AS WELL AS FOR THE FORCES OFLIGHT.
(中略)
IF THISBATTLE IS NOT WON, THE ENTIRE COSMOS WOULD BE IN GREAT DANGER FOR THESE HORDESUPON HORDES WOULD OCCUPY OTHER PLANETS AND DESTROY THEM.
(中略)
SENDLIGHT TO THE EVIL ONES, WHO SHALL MELT UNDER THE PRAYERS OF LOVE. SEND YOUR PETITIONS FOR VICTORYOVER THE EVIL TO ALL THE GREAT FORCES OF LIGHT.
(以下略)

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳

ハトン:私は私である。 私は光の創造神アトンであり、すべての地球上の魂のある存在に語りかけています。
(中略)
今日のメッセージは力強く、宇宙で何が起こっているのかを正確に伝えようと思います。私は今、天地創造以来、全宇宙で最も危険な状況にあることを正直にお伝えします。
(中略)
膨大な数の悪霊の大群が地球から飛び立ち、すべての宇宙船と天の大軍を攻撃している。 彼らは家を失った怒りで激怒している。全宇宙が破壊される前に、彼らを本来の場所に送り出すことが急務だ!

悟りを開いた者たちは、ダークサイドからの攻撃のために、泣き言を言ったり、離脱を求めたりするのをやめなければなりません。骨の髄まで疲れているのはわかりますが、光の世界はあなたの助けを必要としているのです。
(中略)
何よりも、母なる地球のために、そして光の力のために、皆さんの祈りと嘆願が切実に求められています。
(中略)
もしこの戦いに勝てなければ、宇宙全体が大きな危機にさらされることになるでしょう。これらの大群が他の惑星を占領し、破壊してしまうからです。
(中略)
邪悪なものに光を送れば、彼らは愛の祈りの下で溶けるだろう。 邪悪なものに勝利するための願いを、すべての偉大な光の力に送ってください。
(以下略)

神々の側に立つQグループに寝返ったイーロン・マスクのスターリンク衛星プロジェクト情報 ~様々な偽情報を出して攪乱を目論む、コブラのRMや、彼らに汚染された「地球同盟」のメンバー

竹下雅敏氏からの情報です。
 イーロン・マスクとスターリンク衛星プロジェクトに関する時事ブログの過去記事は、こちらを参照してください。
 これらの過去記事で、“人間を奴隷にし、人間の精神を支配する5Gサテライトとして、スターリンク衛星プロジェクトにかかわっていた闇側のイーロン・マスクが、Qグループ側に寝返ったらしい”という事や、“ホワイトハウスは…宇宙軍とその量子コンピューターを正式に起動させ…極秘のグローバル放送衛星プログラムのためのプラットフォームを提供”したという記事を取り上げ、“「極秘のグローバル放送衛星」とは、寝返ったイーロン・マスクのスターリンクのことだろう”とコメントしました。
 この流れで見れば、冒頭の記事にある「123 個の衛星で構成されるスターリンク量子通信システムは正常に機能しており…緊急放送システムの運用に配備する準備ができていました」とする部分は正しいものと考えられます。しかし、「5 月 4 日 QFS は世界で唯一の金融システムであり、SWIFT は完全に廃止されました」などの情報は、かなり怪しい。フェイクニュースでしょう。私は、RV /GCRや、NESARA/GESARAに関する情報の、ほぼ全てがフェイクニュースだと思っています。
 PFC JAPANのツイートで、冒頭の記事を取り上げているのですが、PFC JAPANはコブラ情報を紹介しているサイトだと認識していました。そのコブラは、“続きはこちらから”にあるように、“残念ながら、イーロン・マスクはもう光側ではありません。イルミナティと共に計画を推進中です”と言っているのです。
 そうすると、冒頭の記事に出てくる「緊急放送システムの運用に配備する準備」とか、「RV/GCR は、トランプ大統領と軍が主導する世界的な軍事作戦の一部」というような事柄は、“コブラの立場では、イルミナティ側の計画だ”という事ですよね。
 私は、当初から、RV/GCR やNESARA/GESARAは、「銀河連合」「光の銀河連邦」の闇の計画で、「光の銀河連邦」が(裏の)イルミナティを支配していたと主張しているのですが、要は、これまで「銀河連合」「光の銀河連邦」がコントロールして来たイーロン・マスクが、神々の側に立つQグループに寝返ったために、コントロールできなくなり、コブラのRMや、彼らに汚染された「地球同盟」のメンバーが、様々な偽情報を出して攪乱しているということで良いでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
2021年5月8日operationdisclosure その2
(前略)
123個の衛星で構成されるスターリンク量子通信システムは正常に機能しており、トランプ大統領と軍が配備を決定したときはいつでも、ショットガンスタートと緊急放送システムの運用に配備する準備ができていました。

ディナール、ドン、ZIMで報告された高い契約率は、国土安全保障省と協力して国防総省とUSTが実施したおとり捜査であり、5月の第1週に4000人以上の逮捕につながりました。
(中略)
国防総省は米国とRVのリリースを担当していました。国防総省は、フロリダ州マー・アー・ラゴの最高司令官としてトランプ大統領の下で暫定軍政を運営していました。

先週の火曜日現在。5月4日QFSは世界で唯一の金融システムであり、SWIFTは完全に廃止されました。
(中略)
RV / GCRは、トランプ大統領と軍が主導する世界的な軍事作戦の一部でした。彼らは、米軍と同盟の軍隊と情報機関からの特殊部隊を組み込んで、世界の209か国を、悪魔主義の銀行家、政治家、官僚、大製薬、大技術、メディアによって課されたバビロン捕囚から解放しました。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 

» 続きはこちらから

ワクチン接種を受けた人と接触したケースよりも、ウイルスに感染した場合や、ワクチン接種を受けた場合の危険度の方が高い / 予めセットで準備されていた新型コロナウイルスとワクチン

竹下雅敏氏からの情報です。
 ゲッティンゲンの弁護士ライナー・フュルミッヒ博士(62)は 、“博士が率いる1,000人を超える弁護士と10,000人を超える医療専門家のチームが、人道に対する罪についてCDC、WHO、およびダボスグループに対して訴訟を起こした”というニュースで知られる人物です。
 そのライナー・フュルミッヒ博士が、“ファイザー社、ジョンズ・ホプキンス社などの文書によると、ワクチン接種を受けた人と接触したワクチン未接種の人々に副反応が広がる可能性がある”と言っています。
 実名、顔出しで訴訟を起こした人物なので、嘘ではないのでしょうが、その内部文書のコピーでいいから提示してくれると、さらに拡散力が増すと思いました。
 5月8日の記事で、「コロナウイルスの配列がヒトのゲノムに組み込まれることを示す明確な証拠が得られた」ことをお伝えしました。また、5月3日の記事では、“スパイクタンパク質だけで病気を引き起こすのに十分であることが証明された”という論文を紹介しました。
 これらの事実から、“ワクチン接種を受けた人と接触したワクチン未接種の人々に副反応が広がる可能性”は、十分にあると考えて良いでしょう。今後の研究を待たねばなりませんが、常識的には、ワクチン接種を受けた人と接触したケースよりも、ウイルスに感染した場合や、ワクチン接種を受けた場合の危険度が高い気がします。
 なので、Eriさんの、“ワクチンを打った後 9週間くらいで、その人の体は恐ろしいコロナ培養器になり、そばにいる人を殺せる体になります。息や汗、唾液などが、ワクチン接種と同じくらいの打撃を与える殺人兵器になる”というgabに投稿された情報は、今のところ、ひとつの情報として受け止めておく方がいいでしょう。
 “続きはこちらから”をご覧ください。“米国国務省が入手した極秘文書は、人民解放軍科学者がCOVID-19世界的流行の5年前に、SARSコロナウイルスの武器化を検討したことを明らかにした”とのことです。新型コロナウイルスとワクチンはセットで、予め準備されていたと考えた方が、整合性が高いのではないでしょうか。
 今日の「21/05/03 フルフォード情報英語版」の中に、CIAから転送されてきた「パンデミックの真相」が書かれていましたが、武漢の中国生物学研究所、ファイザー、グラクソ・スミスクライン、ファウチ博士、ビル・ゲイツ、ソロス財団、WHOが見事に繋がっていました。
 フルフォード氏は、記事の中で、“これらのワクチンの中には、本当に殺人的なものも、あるのは間違いない”と書いていましたが、非常に危険なmRNAワクチンを開発して、世界中の人々に接種させようとする連中が、ウイルスの方は作っておらず、“新型コロナウイルスは存在せず、単なるインフルエンザ”だと考えるのは、かなり無理があるのではないでしょうか。
 現実問題として、新型コロナウイルス感染症は、インフルエンザの症状とは、まるで違います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
————————————————————————
配信元)

  動画は配信元でご覧ください(画像をクリックすると配信元へ飛びます)

» 続きはこちらから

ブラジルで政治家の汚職履歴がひと目でわかるアプリが活躍 〜 高度なデジタル社会に求められるものは

 竹下家から届いた情報を見て、これはユーモア記事の候補だ!と思いました。なかなか一般市民に知られることのない政治家の汚職履歴がひと目でわかってしまう正直者アプリがブラジルで活躍という話題です。なんと便利な。かつての安倍内閣、今の菅内閣の閣僚の面々にかざしてみたらどうなることか、試してみたいものです。
 ところが記事を読んでみると、このアプリの背景には、これからのデジタル社会へ向けての示唆がたくさんあることに気づきました。
 この汚職検出器アプリを企画したブラジルの「リクレイム・アキ」という会社は、過去20年も消費者からのクレームを受け付けるサイトを運営してきたそうです。消費者を守ってきた実績を、政界の汚職にも活用することで「人々(有権者)を守る」という会社の姿勢をさらに明確にしました。記事にもあるように、ことが汚職の指摘であるだけに間違いは許されません。過去の汚職や詐欺に関する包括的なデータベースを会社独自に作成し、政治家の顔認証と紐付けを行ったそうです。民間企業がデータとテクノロジーを駆使して、汚職などの複雑な公式記録と公開されている公人の顔と結びつけて、一般市民の公益に役立てる。デジタル社会の一つのモデルだと思いました。
 翻って今、日本のデジタル改革関連法案の審議では、国家が国民の知らないうちに、国民のデータを収集し民間に放出し、その活用目的すら知らされないことが明らかになっています。内閣調査室が違法に国会議員などの個人情報を収集していることも指摘されています。データとテクノロジーの使い方が歪んでいませんかい?
 この記事のキモとなりそうな、パータさんの言葉を思い出しました。
「(高度なデジタル社会は)正しい理念で運用されることが大事じゃ!」
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
汚職の履歴を顔認証で紐づけ。情報の「身体化」で実現したブラジル発のアプリ
引用元)
(前略)
企画したのは、ブラジルの企業「リクレイム・アキ(RECLAIM AQUI)」。この会社は20年もの間、主に消費者からの苦情(クレーム)を受けるサイトを運営し、消費者と企業とを意味ある形で結びつける業務を行なってきた

今回の「汚職検出器」では、商品やサービスへの苦情だけではなく、政治における腐敗に切り込むことで、「人々を守る」という自社の姿勢の明確化と、さらなる評判の獲得をめざしたという。
(中略)

もちろん、こうした試みには注意も必要だろう。もし万一、誤った情報によって自分の顔に「Color of Corruption(腐敗の色)」が付けられてしまったら、政治家たちもたまったものではない。しかし、当該アプリの場合は、「公式記録」を元にしているというので、そのあたりはきちんと担保されていると考えられるだろう。
(以下略)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 2,317