アーカイブ: *事件

ぴょんぴょんの「悪魔と握手」 〜『なぜ、世界はルワンダを救えなかったのか』

 「なぜ、世界はルワンダを救えなかったのか」を読みましたが、消化不良で、これじゃ記事にできないとあきらめかけました。
 が、NHKの「元PKO部隊司令官が語るルワンダ虐殺」が、YouTubeにあったおかげで、全体を把握することができました。
 そうだったのかー!! やっと、意味がわかったー!!
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「悪魔と握手」 〜『なぜ、世界はルワンダを救えなかったのか』

PKO司令官としてルワンダに送り込まれたロメオ・ダレール将軍



「あれは邪悪な悪魔との戦いでした。」

――ロメオ・ダレール




おーい、くろちゃん。
ぼくが貸した本、読めた?

「なぜ、世界はルワンダを救えなかったのか」、
何度もギブアップしそうになったぞ。
国語の「読解」赤点のおれには、もっと読みやすい本を勧めろ。

ごめんねえ、日本語訳がちょっと。
でも、全体はつかめたでしょ。

まずは、ルワンダ虐殺の直前、カナダ軍人が、PKO司令官としてルワンダに送り込まれたんだよな。

そう、ロメオ・ダレール将軍。

Author:Enzolamine[CC BY-SA]

1993年8月、ルワンダ政府軍(RGF)と反乱軍(RPF)の停戦中、和平交渉までの間、ウガンダから反乱軍に武器が入らないように、ルワンダは国連に監視を申し入れた。
それがロメール率いる「国連ウガンダ・ルワンダ監視派遣団(UNOMUR)」で、後の「国際ルワンダ支援団(UNAMIR)」。


そうそう、ちゃんと、理解してるじゃん。

う〜ん、だいたいこの本は、UNAMIR、RGF、RPFとか略語が多くて、ややこしいわ。人名もめっちゃ多い上に、同じヤツがあるとき苗字、あるとき名前で出てきて、しょっちゅう「こいつ、誰?」状態で、固有名詞に溺れそうだったわ。

わかるわかる、ぼくも、巻末の人名辞典が頼りだったよ。

それと、ツチ族とフツ族を覚えるのも、大変だった。
どっちが背が高くて、色白さんだっけって。

背が高くて、肌色が薄いのがツチ族で、牧畜で生活している。
背が低くて、肌色の濃いのがフツ族で、農業で生活している。
「土」にまみれてない方が「ツチ族」って覚えるといいよ。

Author:Sarel Kromer[CC BY-SA]

» 続きはこちらから

関電問題を追求し、原発再稼働に反対してきた福井県義・辻一憲氏が不可解な死 〜 事実が明らかになり、正義が行われますように

読者の方からの情報です。
 福井県の県議さんが不可解な重体で発見されたというニュースを見た時に「なんだか嫌だな」と感じました。その後、その県議、辻一憲氏が手術の甲斐なく意識不明のまま亡くなったというニュースが伝えられましたが、報道以上のことは判らずにいました。その時、読者の方からやはり「嫌な感じの事件」として投稿をいただきました。恐らく多くの方が、この事件に何か不自然なものを感じておられるのだと思い、現時点で分かることを記しておこうと思います。
 9/19夜、越前市の住宅地で頭部の外傷で倒れている辻氏が発見され、病院で手術を受けたものの意識不明のまま26日夜に亡くなりました。死因は後頭部の打撲によるくも膜下出血と脳挫傷、左の肩と肘にも打撲痕があったそうです。19日は午後からご自身の発行する県政広報誌を配布していたことが確認されているようです。
 辻一憲氏は民主・みらい所属の県議として2015年から活躍しておられ、県議会の一般質問動画を観ると、とても穏やかで誠実な語り口で、住民に寄り添う政策を進めておられた様子がうかがえます。外国籍児童の支援や重度障害者の原発事故時の広域避難などきめ細やかな対策を求めておられました。これまで「関電の金品受領問題」を追求し「美浜、高浜原発の再稼働」に反対の立場で活動しておられたようです。ネット上には「何事も命がけで取り組む」「賄賂が効くタイプではない」などのお人柄も散見されました。
 メディアでは「転倒して怪我」を印象付けたいようですが、スポーツマンが平地で脳挫傷するような転倒をするでしょうか。「警察の捜査中」以上のことは出ていませんが、どうか全容が正しく解明されますように。そして正義が行われますように。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
福井県議が頭から血を流し意識不明の重体 ビラ配布中に?警察が捜査
引用元)
 福井県越前市上真柄町の住宅の前で19日夜、辻一憲県議(55)=同市宮谷町=が頭から血を流し、座り込んでいるのを近所の住民が見つけ、119番通報した。辻氏は市内の病院に運ばれたが、意識不明の重体という。越前署は事件と事故の両面で調べている。
(以下略)
————————————————————————
意識不明の福井県議が死亡 頭から血を流した状態で発見、治療受ける
引用元)
 頭にけがを負った状態で見つかり、意識不明になっていた福井県の辻一憲県議(56)=同県越前市宮谷町=が26日夜、亡くなった
(中略)
 県議会関係者によると、現場の住宅街は辻県議の自宅に近く、発見時の所持品は車の鍵だけだった。約300メートル離れた寺の付近で政策ビラが入ったカバンが見つかったといい、ビラを配っていた可能性がある
(以下略)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

飛行機がWTCに突入した時の映像から見る911 ~意図的にフェイク動画を作り出し、情報の攪乱を行うものがいる

竹下雅敏氏からの情報です。
 「911ボーイングを探せ」をご存知ない方は、ぜひご覧ください。911がアメリカ政府の自作自演であるのは、少し調べれば明らかです。当時は2チャンネルで、専門家がこの事件の矛盾点を詳しく説明していました。実行犯とされるテロリストたちがCIAの工作員であり、全員が事故後も生存していたことなどは、自分でこの事件を調べた者には常識の範囲でした。
 そうした中で、この「911ボーイングを探せ」があらわれ、ビデオテープの複製の許可を頂き、50本複製してある人物にそれを託しました。このビデオを見た沖縄の米軍基地の軍人たちは驚愕していたという事です。
 さて、911が陰謀であるのは明らかなのですが、今でも謎は多いのです。2つ目の動画の18~25秒を0.25倍速でご覧ください。1機目の飛行機がWTCに突入した時の映像です。恐らくこの映像はフェイクで、飛行機はCGで後から加えられたものでしょう。
 3つ目の動画は、「911ボーイングを探せ」の35分のところで分析されているものと同じ画像です。このYouTube動画を0.25倍速で見ると、ジャック氏のツイート動画が指摘しているように、途中で、飛行機の左主翼が消えるのです。この飛行機はCGである可能性があります。しかし、手前の建物の影に左主翼が隠れただけかも知れません。
 なぜ、この飛行機がCGかも知れないのかというと、“続きはこちらから”の最初のツイート動画のようなものがあるからです。これに対し、ダンちゃん IIDX_弐寺氏の動画には、黒い飛行機がハッキリと写っています。どちらがフェイクなのでしょうか。
 「コレも合成なのだろうか。。」というツイートの動画をご覧ください。動画の3分43秒のところの画像を3枚貼り付けておきました。上のものはどうにか左主翼を識別できますが、残りの2枚では左主翼が消えているように見えます。これはCGである可能性が高いと思います。
 ところが、ぽっき氏の動画を見ると、さまざまな角度から2機目の飛行機がWTCに突入した時の映像を見ることができます。大手メディアの映像は編集されている可能性が高いのですが、多くの個人が撮影したものとなると、2機目の飛行機は実在したと考えざるを得ません。
 私は、“続きはこちらから”の最初のツイート動画と「【観覧注意】9.11 飛行機が突っ込む瞬間」と題する映像がフェイクだと考えています。他の映像は、恐らく本物でしょう。
 このように意図的にフェイク動画を作り出し、情報の攪乱を行うものがいるのです。現在の新型コロナウイルスやワクチンも同様で、新型コロナウイルスは「生物兵器」であり、ワクチンは「大量殺戮兵器」であるのは明らかだと思うのですが、未だに新型コロナウイルスは存在しないとして、情報を撹乱する者たちが後を絶ちません。情報攪乱で得をするのが誰かを考えた方が良いでしょう。
 最後にWTCの第7ビルですが、誰が見ても「制御された解体」です。「WTC1 と2から溢れ出た瓦礫によって引き起こされた“制御不能な火災”のために崩壊した」という公式報告書の説明を真に受ける人達はどうかしていると思うのですが、“ほとんど誰も疑問を持ちませんでした”というわけで、現在のワクチン接種に繋がるのです。
 ペンタゴンに突入した飛行機による火災で、機体はもちろん、座席も遺体も何もかもが、“熱で溶けて消滅してしまった”という説明を受け入れる頭なら、ワクチンで何をしようが、気づかれることはないというわけです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
『911ボーイングを捜せ』
配信元)
————————————————————————
【4K】911 同時多発テロ 角度別全実録映像 - September 11 attacks All Footage
配信元)
————————————————————————
"911 WTCに二機目が突入 スロー映像 Second Plane slow motion"
配信元)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「誰がなぜ、下山総裁を殺したか?」 〜下山事件は、戦後日本のターニングポイント

 研修時代に勤務した病院は、JR田端駅からバスで行ったところにありました。その田端駅から、5キロほど離れたところが、国鉄の初代総裁下山定則氏がバラバラ死体で発見された、あの「下山事件」の現場だったとは。「下山事件 最後の証言〈完全版〉」を読むまで、まったく知りませんでした。
 ほんとに、何も知らずにのほほんと生きてきてごめんなさい、という感じです。
(本文のカッコ内のページは、すべてこの本のページです。)
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「誰がなぜ、下山総裁を殺したか?」 〜下山事件は、戦後日本のターニングポイント

戦後最大の迷宮入り事件「下山事件」


「下山事件」て知ってるか?
1949年(昭和24年)7月5日朝、下山国鉄総裁が出勤途中に失踪し、翌6日未明、足立区綾瀬の線路上で手足、胴体、頭、バラバラの轢死体で発見された。


下山総裁を轢いた機関車 D51 651 の捜査
Wikimedia_Commons[Public Domain]

戦後最大の迷宮入り事件、なんでしょ。
でも、あれは「自殺」で解決したんじゃないの。

いんや、自殺じゃねえ、れっきとした他殺だ。

どうして、わかるの? 

下山総裁の遺体の轢かれた部分には、生体反応がなかった。

つまり、轢かれる前に死んでたってこと?

ああ、そうだ。
しかも奇妙なのは、現場にほとんど出血が見られなかった。
どうも、血を抜かれて殺されてから、線路の上に置かれたらしい。

ヒエエエ!! ドラキュラ〜!!
なんで、血を抜く必要があるの?


拷問するため。
満州じゃ、よく知られた方法らしい。
柴田哲孝(てつたか)著「下山事件 最後の証言」を読めば、そこら辺のことが、映画を見るようによくわかる。
なんたって、著者の柴田氏の祖父や親戚が「下山事件」に関わってたからな。

へえっ! 身内が事件に関わってたの?

柴田氏が敬愛する祖父の「ジイ君」、いつもスーツ姿に中折れ帽でパシッと決めた、ダンディな「ジイ君」。本名柴田宏(ゆたか)。
の23回忌に、「ジイ君」の妹が、酒の勢いでポロッと言った。
「あんた、下山事件て聞いたことあるだろう。あれは自殺だとかなんとかいろいろ言われてるけどね。本当は、殺されたんだよ……」
「あの事件をやったのはね、もしかしたら、兄さんかもしれない……」。(22p)

ヘエエエ!!「ジイ君」が「下山事件」をやった?!

それを聞いて驚いた柴田氏は、「ジイ君」の真実を知るために「下山事件」の資料をかき集め、さまざまな関係者を取材して、完成したのがこの本だ。

で、「ジイ君」はクロだったの?


事件のナゾを解くカギとなる「亜細亜産業」と「ライカビル」


さあ、それは読んでのお楽しみさ。
同じ著者が書いた小説版の「下山事件 暗殺者たちの夏」の方が、わかりやすいかも。
で、事件のナゾを解くカギは、「ジイ君」が勤めていた「亜細亜産業」と、
「亜細亜産業」の入っていた「ライカビル」にあった。


ライカって、ドイツのカメラだよね。


ビルの1階に、ライカを輸入するシュミット商会が入っていたからな。
「ライカビル」は別名、「日本の右翼社会の総本山」とも呼ばれていた。(234p)

ひええ〜! 

そして、「ジイ君」の勤める「亜細亜産業」は2階。
満州で一儲けしたヤツらが、敗戦で無一文で帰ってきたところをリクルートしていた「亜細亜産業」。
亜細亜産業は、三浦義一と矢板玄(やいたくろし)の2人、満州で矢板機関という特務機関をやっていた人間が中心となった、右翼浪人の組織です。
村本尚立のウェブサイト

満州で特務機関?

ああ、いろいろやったらしいぜ。
「ジイ君」の弟の喬(たかし)は、「亜細亜産業」に勤めない理由をこう話していた。
「あんなおっかない会社、いられないよ。年中、誰を殺すのやら、誰が殺られたのって話してるんだぜ。それに、密輸だろう……」。(428p)

密輸?
そう言えば、満州の特務機関のほとんどが、アヘン売買に関わってたって言うね。(ユダヤ問題のポイント

その通り、「亜細亜産業」も麻薬の密輸をやってたんだ。
「アヘン王」の里見甫(はじめ)を、GHQ参謀第二部(G2)のジャック・キャノンに紹介したのも、「亜細亜産業」代表の矢板玄(くろし)だよ。(316p)

う・・「ジイ君」の会社、そうとうヤバいじゃん。

で、「ライカビル」の3階は「三浦義一」の事務所、4階は「三浦義一」が取り仕切る「日本金銀運営会」と「国策社」があった。

「三浦義一」って、知らないなあ。


日本の、右翼社会の頂点に君臨した男。(227p)
当時の首相、佐藤栄作をアゴで使う男。
こんな話がある。
佐藤首相から三浦にかかってきた電話で、三浦は佐藤に「とくに建国記念日の問題だが2月11日にしてもらわなきゃ責任は持てない。たのんだよ」とダメを押した。そして席へ戻ると、「おい、2月11日に決まったよ」と平然と言ったという。(228p) 

佐藤栄作
Author:Nijs, Jac. de / Anefo[CC BY-SA]

ほんとだね。

で、「三浦義一」の3階サロンには、右翼だとかヤクザだとかGHQや政治家だとか変な奴らが出入りしていたそうだ。(26p)
たとえば、白洲次郎、佐藤栄作、吉田茂、岸信介、社会党議員、共産党指導者、反共の国粋主義者、GHQの高官、韓国人、朝鮮人、殺し屋まで。

白洲次郎 (左) 吉田茂首相 (右)
Wikimedia_Commons[Public Domain]

白洲次郎も来てたんだ。
戦前からイギリス留学して英語ベラベラで、スポーツカーを乗り回す、カッコいい人。

は?

彼は、戦争が始まる前に田舎に疎開して、食糧難に備えて、農業をやってたんだよ。
誰も戦争が始まるなんて知らない時期に、先見の明があってスゴイよね。

アホ! 
戦争が始まるって知ってたから、疎開したに決まってんだろ。 

え?! 知ってたの?

自分だけ知ってて、逃げて、生き延びて、どこがカッコいいんだよ!
ズルいやつと思わんか? 赤紙も握りつぶしとるし。
人力検索はてな

え?! 特権階級だったの?

それに、白洲は「三浦義一」と蜜月の仲だった。(229p)

うわ! そっちの人かあ。

そう言えば、戦争が始まる前にちゃっかり疎開した白洲の話で思い出した。
「亜細亜産業」に勤めていた女性社員の証言だ。
昭和20年の春、突然、同僚の工藤孝二郎が家に来た。
何しに来たのかと思ったら、
「あとニ−三日したらここは空襲になるから、荷物をできるだけ持って逃げろ」と言う。
言われたとおりにしたら、その後、本当に東京大空襲があって、彼女は助かったそうだ。(253p)

東京大空襲
Wikipedia[Public Domain]

なにそれ、知らなかった10万人の人たちは、死んじゃったのに。
工藤って人、なんで知ってたんだろう?

「亜細亜産業」は、そういうとこなんだよ。

戦時中に米軍の情報を知ってた、てことはアメリカのスパイだったの??

国民が戦争で殺されてたときに、何が起るか知ってた連中がいたんだな。

だけど、「亜細亜産業」にしろ「三浦義一」のサロンにしろ、集まった連中はそこで何をしてたんだろう。

そこを詰めれば、「下山事件」が解けるな。

下山総裁がなんで殺されたのか、わかるってこと?

いろいろな可能性がある。
下山が殺されたのは、国鉄の3万7千名を解雇する、第一次整理者名簿発表の翌日だった。また、下山が亡くなった後、国鉄の解雇は順調に運び、共産党、いわゆるアカの勢いも弱まった。

じゃあ、下山さんを殺したのは、アカを弱らせるためだったの?

たしかに、アカの増大を抑えたかったGHQにとっては、望ましい結果だが。
それは、結果論で、下山を消す理由は他にもあった。
当時の国鉄は、贈収賄の巣だった。
たとえば、国鉄は下請け業者に適正価格の2〜3倍の価格で発注する。
その価格は、国鉄と業者の談合によって決められる。
談合に参加できるのは、満州鉄道や旧日本陸海軍と取引があった団体や企業のみ。
そして、下請け業者は受注金額の3〜5%を、運輸省の役人や国鉄幹部にペイバックするという仕組み。(511p) 

Wikipedia[Public Domain]

と言うことは、下山総裁もおカネをもらっていた?

いや、「下山さんは、良くも悪くも正義漢だった、融通が利かないというか。」(511p)

もらってなかったんだ。もしかして、逆に、それで殺された?

下山は、国鉄一筋の技術者で仲間思いの正義漢、国鉄の首切りも不本意だった。
国鉄の客車の椅子を発注する際に、運輸次官だった下山はこう言った。
「同じ椅子が、他の会社ならば半額で作れる。国鉄の設備投資の予算を半分に抑えることができれば、残りを人件費に回せる。人員整理も半分の5万人ですむ。」(512p)

仲間の首切りを減らすために、国鉄の収賄を止めさせようとしたんだね。
実にまっとうな考えだけど、危ないかも・・。

まさに、その汚れたカネで潤っていた「亜細亜産業」や「三浦義一」のグループは、下山が運輸次官になった時期、経営が苦しかったと言う。(512p)
また、国鉄東北本線の変電所建設の受注で、日立と東芝が争っていたころ、下山の一声で日立に決まった。それによって「亜細亜産業」のあるメンバーは、大損をした。
そいつは「下山を殺してバラバラにしてやる」と激怒した。(514p) 

ヤバい! その通りになってるよ! いったい、それは誰?

「その名前はすでに、この本の中にも何度か登場している。」(514p) 
小説版を読めば、もっと、はっきりわかる。

てことは、やっぱ「ジイ君」の「亜細亜産業」が下山さんをヤッたんだね。

いや、「亜細亜産業」にも動機があるが、ヤツらは単なる実働部隊にすぎない。
事件が起きると知りながら、黙認していた連中がいる。
吉田茂とか、腰巾着の白洲次郎とか。


ええ?? 

国鉄のペイバックは当然、吉田の懐にも入ってたろうし、
後に、東北電力会長になった白洲にとって、電力業界へ資金が流れ込むことに反対だった下山は、ジャマだったはずだ。

それに、吉田も白洲も「ライカビル」によく顔を出していたから、計画は知ってたはず。


なるほど。

もひとつ、GHQも知りながら黙認していた。
GHQには、下山のように国鉄の汚職を一掃したいGSサイドと、汚職の利権をそのままに日本の富をアメリカに売り飛ばしたいG2サイドに分かれていた。
事件を黙認し、警察の捜査を遠ざけ、かつ事件に手を貸したのは後者だ。

やっぱり、GHQも手を貸してたのか。

そして、日本を取り巻く世界情勢。
「あの頃の世界情勢はどうだったのか。その中で、日本はどのような立場に立たされていたのか。それさえわかれば、なぜ、下山が殺されたのかもわかるだろう」と、矢板玄は言った。(342p)
たとえば、「アメリカ対日協議会(ACJ)」。
ヤツらは、日本の財閥を復活させ、旧体制の要人たちを復権させようと圧力をかけていた。また、ふたたび戦争で儲けようと、次の朝鮮戦争に備えて「日本をアメリカのためのアジアの工場として復活させ、共産主義に対する防波堤にしようと考えていた。」(Wiki

アジアの工場、防波堤だって?

国鉄も、アジアの工場の歯車のひとつにすぎない。だから、首を切って合理化したい。
それに乗り気でない下山は、ジャマでしかなかった。


下山さんは、国鉄の職員たちを守りたかっただけなのに。

そんなACJの日本側の主要メンバーが澤田夫妻(廉三と美喜)、白洲次郎や佐藤栄作も関係している。

澤田夫妻(廉三と美喜)
Wikipedia[Public Domain] 1 & 2

アメリカの利益になるよう手引きした、って売国奴じゃないの?

もしもGHQのGSが失脚させれず、あのまま民主化路線で財閥が解体され、戦前の要人は公職追放され、自民党がCIAのしもべになることもなく、下山総裁のように汚職を嫌い、国民の生活を守るような政治家が日本を引っ張っていたら、外国資本に甘い汁を吸われることなく、アメリカの永久基地になることもなく、豊かで民主的な日本になっていただろう。

ところが、そうはさせるかって、下山総裁を見せしめにしたんだね。

下山総裁の死を、ムダにしたらもったいない。
「明治維新以来現在に至るまで、日本の支配者のほとんどが、『コンプラドール』、つまり植民地において宗主国のために自国民の財産や命を売り飛ばし、それにより金と権力を独占する『売国ブローカー』であったという悲しむべき歴史。」(アマゾン書評

「下山事件」の真相を知ることによって、今の日本を支配しているのがどういう連中か、わかってきたよ。

Author:PekePON[CC BY-SA]


Writer

ぴょんぴょんDr.

白木 るい子(ぴょんぴょん先生)

1955年、大阪生まれ。うお座。
幼少期から学生時代を東京で過ごす。1979年東京女子医大卒業。
1985年、大分県別府市に移住。
1988年、別府市で、はくちょう会クリニックを開業。
以後26年半、主に漢方診療に携わった。
2014年11月末、クリニック閉院。
現在、豊後高田市で、田舎暮らしをエンジョイしている。
体癖7-3。エニアグラム4番(芸術家)

東洋医学セミナー受講者の声

ぴょんぴょんの「しなかった」罪 〜『しかたなかったと言ってはならんのです』を見て

NHKのドラマを、しぶしぶ見た。
しぶしぶ、というのは「九大生体解剖事件」をテーマにした話だったからだ。
それでも、事件について知っておきたいと思って、しぶしぶ見た。
長かった・・・見終わったら、全身が緊張していた・・・。
だけど、見てよかった、今、見るべきドラマだと思った。
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「しなかった」罪 〜『しかたなかったと言ってはならんのです』を見て

事実は怪談よりもコワし


内側に誰から与えられたのでもない規範をもち、自身の良心にしたがって生きている人は、たとえ確実に利益があるとわかっていても、道義に反することを行うことはありません。


いやあ、事実は怪談よりもコワかった・・。

何のはなし?

「しかたなかったと言ってはならんのです」。

なにが、「しかたなかった」って?

これ、ドラマのタイトル。

へ?

たまたま、地元のニュースで知ったのよ、
今日は8月13日ですね、今晩「九州大学生体解剖事件」のドラマがあります、ぜひご覧ください、ってな。

生体解剖だってえ?!?

若いヤツは、知らねえだろな。
1945年、九州帝国大学、今の九大医学部の解剖実習室で、アメリカ軍捕虜が実験手術された事件。

それ、ホントの話?!

ああ、ホントだとも。
立ち会った人々の証言も残されている。
ドラマの原案「九州大学生体解剖事件 七〇年目の真実」の著者、熊野氏は、実験手術に参加して戦犯として死刑判決(後に減刑)を受けた、鳥巣太郎元助教授の姪。


» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 123