アーカイブ: *事件

生物兵器だと考えられる「新型コロナウイルス」!〜「ウイルス拡散防止のために1000万ドルを拠出すると発表した」ビル&メリンダ・ゲイツ財団の手回しの良さ!!

竹下雅敏氏からの情報です。
 2017年に放送された中国医療ドラマ「急診科医生」が、“新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大する現在の様子を予言していた”として話題になっているようです。こうした事柄を見ても、「新型コロナウイルス」は生物兵器だと考えて間違いないでしょう。
 佐倉淳氏のツイートに、「中国政府がP4施設からのウイルス発生を認める」とありますが、リンク記事のグーグル翻訳によると、中国政府は公式には認めていませんが、“中国共産党(CCP)が「ヒューマンエラー」を非難するために武漢のP4研究室から研究室で作成されたウイルスの「偶発的な」漏洩を認めるとマイルズ・グオに語った”とあります。
 中国科学院上海薬物研究所、および上海科技大学らの研究チームは、“新型コロナウイルスによる肺炎の治療に効用がある30種類の薬を発見した”とのこと。
なかなか手回しが良いですね。また、ジュネーブ大学病院が「新型コロナウイルスの検出試薬キット」の開発に成功したとのことで、関連企業の株が爆上げしているようです。
 そして、マイクロソフトの創業者で億万長者のビル・ゲイツ氏とその妻メリンダさんが設立した慈善基金財団「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」は、「ウイルス拡散防止のために1000万ドルを拠出すると発表した」ということで、まさに真打ち登場という感じ。
 ストーリーが、おおよそ見えて来ましたね。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
新型肺炎を3年前に予言していた?中国医療ドラマ、驚きの一致が「鳥肌が立つ」と話題に
引用元)
(前略)

中国で3年前に放送された医療ドラマ「急診科医生」が、武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大する現在の様子を、まるで予言していたようだと話題になっている。

(中略)

2017年に放送された「急診科医生」は、人気女優ワン・ルオダン(王珞丹)が医師を演じた全43話のドラマ。

(中略)

この中で、ウイルスに感染した人に胸の痛みやせき、呼吸困難といった症状が発生(中略)... これに加えて、都市が封鎖されて人の流れが完全に止められるところも現在の様子にそっくりだと話題に。

(以下略)
————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから

「感染開始から 6ヵ月でウイルスは世界のすべての地域に広がり、1年後には、6500万人の人たちが亡くなる」というWHOとビル・ゲイツによるシミュレーション!〜 果たして今後は?

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、“3か月前に米国のジョンズ・ホプキンズ・センターの科学者が…シミュレーションを行った。シミュレーションに資金を提供していたのがWHOとビル・ゲイツ”だったというツイートを紹介しましたが、In Deepさんが、その詳しい内容を記事にしてくれていました。
 彼らのシミュレーションでは、「感染開始から6ヵ月でウイルスは世界のすべての地域に広がり、1年後には、6500万人の人たちが亡くなる」ということのようです。今の所、彼らの想定通りに事は進んでいるように見えますが、さて今後はどうなるのでしょう。
 彼らとしては、人々がパニックになって、新型コロナウイルスのワクチンを誰もが喜んで接種する状況に持ち込みたいのでしょう。インフルエンザが流行っているとテレビで報じると、利きもしないワクチン(単に利かないだけなら、まだ良いのですが…)を打ちに行く人が、結構な割合で居ます。
 子宮頸がんワクチンの後遺症で苦しむ人がたくさん居ても、ほとんどの人が見向きもしないのであれば、新型コロナウイルスのワクチン接種でどんな後遺症が出ても、誰も問題にしないでしょう。新型コロナウイルスをばら撒いた連中には、笑いが止まらない状況ですね。
 さて、これをひっくり返せるでしょうか。 
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
武漢ウイルスが出現する2ヵ月前、アメリカの科学者が「次に発生するコロナウイルスのパンデミックは《地球上の6500万人を殺す》」というシミュレーションを公表していた
転載元)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

(中略)

米国の科学者がビル・ゲイツ財団と共にパンデミックのシミュレーションを発表したのは武漢ウイルス発生の2ヵ月前


(中略)

武漢のウイルスの最初の感染者が確認されたのは、昨年12月のことでしたが、それから2ヵ月ほど前の2019年10月に、アメリカのジョンズ・ホプキンス健康安全保障センター(Johns Hopkins Center for Health Security)の科学者が、「次に起きるパンデミックはコロナウイルスによるもの」だと想定した上で、
「コロナウイルスのパンデミックの想定シミュレーションを公開していた」
のでした。

それは、当時の以下の日本語の報道などでも知ることができます。

ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センター、世界経済フォーラム、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が広域流行病シミュレーション・ライブ配信を主催
Business Wire 2019/10/19

ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターは、世界経済フォーラムおよびビル&メリンダ・ゲイツ財団と共に、2019年10月18日(金曜)にニューヨーク市で開催される世界的広域流行病マルチメディアシミュレーションの「イベント201」を主催します。

本演習は、深刻な広域流行病が経済・社会に及ぼす影響の緩和に向けた世界規模での官民協力の必要性を浮き彫りにするものです。

ビル・ゲイツ先生が絡んでいるのですが、それはともかく、問題は「そのシミュレーションの内容」です。
大ざっぱに書きますと、以下のような内容なのです。

感染開始から6ヵ月でウイルスは世界のすべての地域に広がり、1年後には、6500万人の人たちが亡くなる。

というものなのです。6500「万」人ですよ。このシミュレーションを発表した2ヵ月後に武漢で新型のコロナウイルスが発生するというのは・・・まあ、タイミングがいいというのか何というのか。

(中略)

シミュレーションでは、例えば以下のようなことも計算されています。

シミュレーションでの集団感染の発生は小規模に始まった。養豚場の何人かの農民たちにインフルエンザや肺炎と似た症状が見られ始めた。そこから、このウイルスは南米の貧困地域に広がっていった。

各地で航空便はキャンセルされ、旅行の予約は 45%減少した。そして、ソーシャルメディアではさまざまな噂や偽情報が出回り始めた。

その後、ウイルスの流行は世界的な金融危機を引き起こした。株式市場は 20%から 40%下落し、世界の国内総生産は 11%急落した。

(中略)

このシミュレーションから連想することは、「航空機の飛行停止などの移動の制限をしても、感染の拡大が止まらない」ように響く部分です。

(中略)

» 続きはこちらから

[フルフォード・レポート日本語版] “(新型コロナ)ウイルスよりも、今後展開されるワクチンや治療薬の投与キャンペーンの方が、よっぽど危険だ” ~こうしたキャンペーンの背後に「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」

竹下雅敏氏からの情報です。
 今日のフルフォード・レポート日本語版に、「新型コロナウイルス」に関する興味深い情報が有りました。“ウイルスよりも、今後展開されるワクチンや治療薬の投与キャンペーンの方が、よっぽど危険だ”というのです。また、こうしたキャンペーンの背後に、「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」がいるということです。
 ツイートによれば、「シミュレーションに資金を提供していたのがWHOとビル・ゲイツ」とのことで、妙に納得しました。というのはWHOの動きが変で、わざわざ感染者数が増えるように誘導しているかに見えるからです。「2009年新型インフルエンザの世界的流行」の時のWHOの不自然な動きを思い出します。この時の、“新型インフルエンザ大流行の陰謀説”は、こちらの記事をご覧ください。
 最後のビル・ゲイツの動画は2分30秒以降をご覧ください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
新型ウイルスと「ダボス会議・ビルゲイツ」の動き
転載元)
現在、ハザールマフィアらはウイルス(生物兵器)をばら撒き、パニックと憎悪を煽って何とか生き残りを図ろうとしている。その動きの急先鋒に立っているのが「新型コロナウイルス」について無責任な報道を発信している企業プロパガンダマスコミだ。それと同時に今、僕のサイトを含め、真実を報道する独立系メディアが一斉に攻撃を受けている。
 
【 新型コロナウイルス騒動 】
現在、マスコミが発信している無責任な報道の1つは「新型コロナウイルス」という言葉そのものだ。コロナウイルスは一般的な風邪の病原体の1つで、全くもって珍しいものではない。毎年のように新たな型のウイルスが出現し、持病のある人、また体が虚弱な状態で免疫力が低下している一部の人々が、それにより重症化もしくは死亡している。今回の「新型コロナウィルス」の場合も、死亡率はそれと大して変わらない。

欧米の医療マフィアに詳しい論客らによると、そのウイルスよりも心配なのは今後「新型コロナウィルス対策」として展開されるワクチンや治療薬の投与キャンペーンだ。「それらの方が、よっぽど危険だ」と彼らは警鐘を鳴らしている。
 
ここで、マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツの動きをフォローしておきたい。
まず、ビル・ゲイツが会長を務める「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」と先週も...(以下有料部分)
————————————————————————
中国で、新型コロナウィルスのワクチンが開発
転載元)
中国の衛生部が、声明の中で、新型コロナウィルスのワクチンを開発したことを明らかにしました。

IRIB通信が25日土曜、報じたところによりますと、中国の衛生大臣はこの声明において、「今回開発されたワクチンは、実験の最終段階にあるとし、数時間後に、新型コロナウィルスのワクチンや医療薬が感染者に無償で提供される」と語りました。

中国の衛生部は26日、「抗HIV薬が新型コロナウイルスに効果があったとし、現在のところは、抗HIVの治療薬の使用は北京市内の病院で実施されている」と発表しました。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
» 続きはこちらから

中国当局は武漢市内に1000床の新病院を10日間で建設予定 ~武漢での推定死亡者は約3000人にのぼる見込みか

竹下雅敏氏からの情報です。
 中国当局は武漢市内の2万5000平方メートルの敷地に、「1000床の新病院を10日間で建設する」のだそうです。どう考えても無理だと思いますが、プレハブの野戦病院のようなものなら可能かもしれません。
 病院内の様子を撮影した動画には3体の遺体がありましたが、そのまま放置されていました。
 WHOは新型コロナウイルスによる肺炎の現時点での致死率を、“3%程度とみられる”としています。致死率10%とされるSARSと比べれば低いのですが、仮に昨日の記事で現場の医療関係者が証言していたように、すでに10万人が感染しているとすれば、武漢での死亡者は約3000人です。
 今後も感染者の数は、しばらくの間増え続けるとみてよいでしょう。そうすると、非一般ニュースは2回もアカウント凍結さんが、“この工事、ひょっとして、感染して死亡した患者を埋め立てるとしか思えない”と言っていますが、これが正解なのではないでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
中国・武漢に新型肺炎患者専門の新病院 10日間で建設
配信元)
————————————————————————
配信元)
————————————————————————
中国・武漢に1000床の新病院、10日間で建設 新型肺炎治療に特化
引用元)
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国当局は流行の中心地・湖北(Hubei)省の武漢(Wuhan)市内に、感染者の治療に特化した病院を新設している。建設期間はわずか10日間で、来月3日には病院施設が稼働する見通しだ。
(中略)
中国中央テレビ(CCTV)は、武漢市内の建設現場でショベルカーやトラック数十台が稼働している映像を紹介した。新華社(Xinhua)通信によると、2万5000平方メートルの敷地にベッド数1000床の病院を建設中だという。
(中略)
中国は2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染者が急増した際にも、北京郊外にわずか1週間で新病院を建設して対応した例がある。
(以下略)

» 続きはこちらから

武漢発新型コロナウイルスは、2014年のゲームで「2020年に中国でSARSに酷似したコロナウイルスが発生する」と正確に予告されていた ~新型コロナウイルスが生物兵器であった可能性が高い

竹下雅敏氏からの情報です。
 武漢発新型コロナウイルスは、英国のNdemic Cleationsという会社が制作した2014年のゲームで、「2020年に中国でSARSに酷似したコロナウイルスが発生する」と、正確に今回の事件が予告されていたということです。新型コロナウイルスが生物兵器であった可能性が、ますます高くなったといえるでしょう。
 また、In Deepさんが指摘しているように、“新型ウイルスが発生した中国武漢は「世界で最も危険な病原体(バイオセーフティーレベル4)」を研究する施設がある場所だった”ことと、“中国以外の一部の科学者たちは、これらの BSL-4 研究施設から病原体が外部へと広がることを不安視”していたということは、頭に入れておいた方が良いでしょう。
 In Deepさんの記事と、現場の医療関係者の声を考慮すると、新型コロナウイルスの感染拡大が、この程度で収まるようには思えません。こうした場合、冷静に、しかし最悪の場合を想定して準備を怠らないようにしなければなりません。
 「武漢は既に制御不能」で、お店から商品は消えているようです。なので、今のうちに食糧を十分に備蓄しておき、出来る限り外に出ないで済むようにしておくのが賢明だと思います。マスクはN95でなければ、通常のものは意味をなさないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ゲームが予告していた武漢の新型肺炎
引用元)

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
ゲーム「コロナウイルス」

急速に感染が拡大中の武漢発新型コロナウイルスだが、なんと五年前のゲームの中ですでに発生が予告されていた。そのゲームは英国のNdemic Cleationsという会社が制作した、2014年のPlague Incという感染症を扱ったゲームだ。
(中略)
の説明の中で、「2020年に中国でSARSに酷似したコロナウイルスが発生する」と、正確に今回の事件が予告されていたのである。
(以下略)
————————————————————————
新型ウイルスが発生した中国武漢は「世界で最も危険な病原体(バイオセーフティーレベル4)」を研究する施設がある場所だった。そこで沸き起こる「兵器化された病原体が流出したのではないか」という懸念
転載元)
(前略)
香港の報道では、「医療従事者たちがどんどん感染している」ということが報じられています。
(中略)



(中略)
世界屈指の医学部を有する米ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院の教授は以下のように述べていたことが報じられていました。
 
「爆発的流行において、医療従事者が感染するのはまれです。医療従事者が感染したとしたら、それは常に警告信号となります。医療従事者が感染しないよう防護している状況の中で感染したということは、ウイルスは容易に感染する可能性があることを意味しているからです。」

(中略)
中国政府は、武漢を始めとする 7都市を隔離し、2300万人の住民たちの移動を制限しました(その後、隔離を 10都市に拡大)。


 
しかし、たとえば、武漢は 1100万人の人口を誇る大都市ですが、日経新聞などによれば、春節の前に旅行や帰省で、隔離前に武漢を出た人が 300万人以上いるという観測もあるようで、そのくらいの数の人たちが、すでに全世界に旅立っている可能性がありそうです。

唯一幸いというか、この新型ウイルスの「毒性」つまり致死率や重症化率が「低いかもしれない」ということです。

2003年の SARS の致死率は 9.6%でしたが、今の新型コロナウイルスの致死率は、1月23日時点で 2.8%(618人が感染して 17名が死亡)ということになっていまして、また、重症化するのも基礎疾患を持った高齢者が圧倒的ですので、健康な人たちはあまり脅威に感じなくてもいいのかもしれません。

ただ、「今後、毒性が変異したら?」という懸念はあります。
(中略)
今、全世界で噂されているのが、
「このウイルスは兵器用に設計されたものではないか」
ということなのです。それが、何らかの原因で流出してしまったのではないかと。

そういう話が出てきた理由は、この中国の武漢には、現在、中国で唯一、最高危険度のバイオセーフティーレベル4(BSL-4)の病原体を研究するバイオ施設があることがわかったことからです。
 
バイオセーフティーレベルとは、危険な細菌やウイルスなどを取り扱う実験室・施設の格付けで、以下のように分類されています。
 
バイオセーフティーレベルとは

人に対する病原体の危険度をレベル1〜4段階(BSL:バイオセーフティレベル:1〜4)に分類し、レベル4を最高危険度の病原体として位置づけています。

このレベル4の病原体に感染した場合は重症で致死率が高く、しかも有効な予防法または治療法がないエボラ出血熱やラッサ出血熱など、国内には存在しないウイルス性の病原体であります。

バイオハザードの発生と病原体の危険度分類

(中略)
 
» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 103