アーカイブ: *事件

桜田五輪担当大臣の池江選手へのコメントが非難を浴び、さらに五輪憲章の目的も「読んでいない」ことが判明:一方、10代の白血病が増加の懸念も

 昨日の桜田五輪相のコメントに、ネット上では非難が殺到しました。
競泳女子の池江選手が白血病であることが分かり、これから治療に専念されることを報告しました。
これを受けて桜田大臣は、彼女の身体よりも五輪の盛り上りを心配するコメントを出したことで、怒りと失望の声がSNSを埋めました。池江選手のお祖母様の「水泳なんていい、とにかく長生きして」というコメントを聞かせてやりたい。
 13日の衆院予算委員会では、人の命よりも国の都合しか見えていない大臣に対し、人間の尊厳を謳った「五輪憲章」への理解を問われ、「話には聞いているが、自分では読んでいない」と安倍内閣閣僚らしい答弁をしました。「パソコンを扱わないサイバーセキュリティ大臣」が「五輪憲章すら知らない五輪担当大臣」になっても安倍政権では用が足りるらしい。
 一方、池江選手の報告を知って、8年目を迎える「311」の被曝を心配するコメントも多く上がりました。チェルノブイリの経過を調査する専門家は、福島から東京に相当する距離のベラルーシで白血病の増加が著しかったことを伝え、事故後7〜8年で子供の甲状腺がんや白血病が極めて深刻になるという予想もされています。「アンダーコントロール」という大嘘に惑わされず、これから増加が懸念される子供たちの病気に、国こそが真剣に対処してほしい。
五輪などやっている場合か。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)




» 続きはこちらから

「ミスター慶応」渡辺陽太容疑者ら全員が不起訴処分に!〜 歴史の授業で全く教えられていない福沢諭吉の正体!

竹下雅敏氏からの情報です。
 またも慶応大学の不祥事ということで、“「ミスター慶応」こと渡辺陽太容疑者ら計4人全員を横浜地検が不起訴処分”にしたとのことです。
 ツイートの、“慶大生がどんな悪い事をしても、福沢諭吉が守ってくれる”という皮肉は、事件の不快感を考えると、あまり笑えません。
 慶応大学を創設した福沢諭吉がどんな人物だったのかと言えば、「賤業(いやぎょう)婦人の海外出稼ぎを公然許可すべき」とし、天皇一族はこのプランに飛び付き実行する。(福沢諭吉全集 第15巻)という、どうしようもない人物だったようです。
 どうやら歴史の授業で、私たちは悪人を偉人だと教えられ、真の偉人は歴史から抹殺され、本当のことは全く教えられていないようです。福沢諭吉の正体を知れば、慶応大学でこのような事件が次々と起こるのも頷けます。お札となった諭吉が強力に守護しているのでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【強姦強盗】計5回逮捕の「ミスター慶応」渡辺陽太容疑者ら全員が不起訴に!横浜地検は理由を非公開も、「祖父が大富豪」との情報が!
転載元)
どんなにゅーす?

複数女性に性的暴行したり、金の入った財布を盗んだ容疑で計5回逮捕されていた、「ミスター慶応」こと渡辺陽太容疑者ら計4人全員を横浜地検が不起訴処分にしたことが判明。横浜地検は不起訴の理由について明らかにしていないという。

・ネット上では、この地検の処分に対して疑問の声が噴出。犯人の親族が莫大な資産を持つ富豪であるとの報道も出ており、様々な推測が飛び交っている。

慶大生ら4人を不起訴処分 横浜地検

横浜地検は26日までに、女性に乱暴したとの強制性交の疑いなどで逮捕された慶応大2年の男子学生(22)ら4人を不起訴処分とした。理由は明らかにしていない。

男子学生は女性に乱暴して財布を盗んだり、カラオケ店で他の慶大生2人と女性に酒を飲ませて下半身を触ったりしたとして、神奈川県警が計5回逮捕していた。

〔共同〕
【日経新聞 2019.1.26.

↓「ミスター慶応」の祖父は、総資産100億円超のグループ企業のオーナーとのこと。

「ミスター慶応」強制性交で4度目逮捕 実家に電話すると…

実に4回目の逮捕だ――。東京都内で当時19歳だった専門学校生の女性をレイプし、財布を盗んだとして神奈川県警は11月27日、強制性交と窃盗の疑いでミスター慶応こと経済学部2年の渡辺陽太容疑者(22=港区元麻布)を再逮捕した。

3月27日深夜、渡辺容疑者は渋谷区の友人のマンションで男女数人と酒を飲んでいた。午前2時半ごろ、渡辺容疑者はそのうちの1人をその場から連れ出してレイプ。現金約6万円が入った財布を盗んだという。

「渡辺容疑者はこれまで19歳の女子大生と21歳の人材派遣業の女性2人をレイプした疑いで逮捕されていますが、いずれの被害者とも面識がなく、相手は酩酊状態だった。今回の被害女性は知り合いで意識もしっかりしていたそうです」(捜査事情通)

~省略~

渡辺容疑者は千葉市出身。祖父が総資産100億円超のグループ企業を築き上げ、地元では超カネ持ちとして知られている。父親の会社名義の千葉市内の家に電話をすると、祖母と思われる女性が出た。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2018.12.2.


(中略)


(中略)


(中略)

女性への連続レイプ&暴力&強盗事件を引き起こした「ミスター慶応」が不起訴処分!祖父は「千葉県内の大富豪」とのことで、政治家とも繋がりがある可能性も


画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

(中略)

これは、親戚が金に物を言わせて、被害者の女性に多額の示談金を支払った可能性がありそうだね。
しかし、今回の事件は、連続レイプに加えて、激しい暴行、そして強盗まで行なっているので、示談云々に関係なく、検察が起訴し、法廷で罪の重さを問うような事案だろう。
それにもかかわらず、あっさりと検察が不起訴にしてしまった背景には、NGT48山口真帆さん襲撃事件と同じく、政治権力も含めた「強い力」が加わった可能性を考える必要があるかもしれない。

ちなみに、慶大生による性的暴行事件は過去にも数多く発生してきたものの、以前より「お咎め無し」になってしまうケースが相次いでいるようだ。

記憶に新しいのは、「ミス慶応」をめぐる「広告学研究会」集団レイプ事件だけど、こちら書類送検された6人全員が不起訴処分になっている。
ネット上では、伊藤詩織さんを薬物レイプしたものの、直前で逮捕が中止になり、そのまま不起訴になってしまった安倍トモジャーナリスト山口敬之氏も慶大出身であることも話題になっているけど、いずれにしても、慶大には元来より富裕層や権力者の子息が多く在学していることもあり、全体的に性的暴行をはじめとした重犯罪が罪に問われないケースが多いようだ。

(中略)

日本の警察・検察の深刻な腐敗は、サイト開設以来一貫して指摘してきたことだけど、近年ますますこの腐敗が深刻化しているように見える。
全くもって嘆かわしい事態だけど、これをどうにか是正させ、まっとうな民主主義体制に改善させていくには、よほど高いモラルと良識のある野党に政権交代するでもしないかぎり、なかなか難しそうだ。


» 続きはこちらから

19/1/15 ニール・キーナン更新情報:全てを結集させて――時は満ちた

 ニール・キーナン氏のチームからの情報です。昨年12月27日にも更新されていたのですが、8月末に翻訳したこちらの記事とかなりの部分で被っていたので、保留していました(プラス金塊史で詳しく扱った三兆ドル訴訟のまとめでした)。
 ちなみに追伸部分で書かれていたのは、長年キーナン氏の右腕として通訳を務めていたインドネシア人ネルの裏切りについて。どうも別チームを結成して掩体壕を勝手に開けようとしたようです。しかも長老たちに「キーナン氏は承服済みだ」と嘘の報告までして、掩体壕の場所をゲットしたみたいです。ネルが指示通りに動いていれば、インドネシアはこの前発生した津波被害への救済資金を手にしていた筈でした。

 この12月の記事で言及していましたが、キーナン・チームはレッド・ドラゴン大使は完全な騙りだと非難しています。そしてベンジャミン・フルフォード氏に関しては以前は評価していたけれど、今ではロクに分かっちゃいないから相手にしない、という姿勢です。
 対してフルフォード氏は本物のキーナン氏が殺されて、ある時点から偽者が成り代わったと主張しています。

 同記事にはフルフォード氏の12月17日の記事同様、エリザベス女王がもうすぐ300人委員会のトップを辞任することが短く言及してあって、世界の動向分析については一致しているんですけどね。
 ここは各ドラゴンの上の方が介入するなりして、いーかげんに足並みを揃えませんか。現状だと、手先となって動いている人たちが雨後の筍のごとく、各自勝手にプロジェクト立ち上げようとしちゃってますよ?
 もうね、人材とか叡智を結集させるという意味でも、もちっと効率化を目指しましょうよ。キーナン氏やフルフォード氏は欧米への広報窓口でもあるのだから、力を合わせれば天下無敵なのに。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン更新情報:全てを結集させて――時は満ちた
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ

新チーム結成


時として永遠【に変わらない】ように見えることもあるが、新年にあたり我々はニール・キーナンと共に、新たな素晴らしいKチームを結成しているところだ。何よりニールが引っ張ってくれるお蔭で、この新しい一年は新たな生命力と活力でもって我々を団結させてくれる【ことだろう】。

今回集結した一人一人が様々な専門的な才能を有しており、物事を斬新な目線で捉えることの出来る人物だ。


ネルの裏切り


便宜上、【話は】掩体壕が開かれたというところから始めねばならないだろう。
【※と書いているのですが、最後の動画でキーナン氏が新たなテクノロジーの資金援助のためにも、「インドネシアにこれから戻って、掩体壕を開けなきゃね」と話しているので、まだなのじゃないかと。確か前回、開けようと掩体壕の麓まで来て、ネルが別の集団を待機させているのが発覚してキャンセルになった筈なので。】

皆が御承知のように、マルタ・ウィバワ、通称ネルは単に翻訳者であるに留まらず、残念ながら非道な計画を抱えていた。

なんでまた経済的に自活もできず、嘘も吐き、重大なミスも犯し、しかもそれが一度だけではないというのに、そんな人間に耳を貸そうとする人間がいるのやら。

【ネルは】本当は知っていたのに、刑務所から出してもらうための必要資金を得るため知らないフリをして、自身の家族の一員を非難したこともある。

今やネルの本性が明らかになったことで、その誠実さを我々に証明済みだと判明している人々と進んでいこう【と思う】。

ということで、我々は内部を一掃した。新たに生まれ変わったチームでもって、この先進んで行くことを楽しみにしている。沢山の人が、世界中のあちこちから参加しているのだ。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

» 続きはこちらから

秋元康プロデュースのガールズバンド「ザ・コインロッカーズ」。そのバンド名の本当の意味は、コインロッカーのように使い勝手の良い便利な女の子の集まり!

竹下雅敏氏からの情報です。
 今回のNGT48の事件が起こった時、私も櫻井ジャーナルが指摘しているように、新潟の米山隆一元知事のことを思い浮かべました。米山元知事は、“週刊文春が知事の女性問題に関する記事を掲載、それが原因で辞任”しました。ツイートにある通り、“この人もハメられた気がする”と思うのは私だけではないと思います。
 “続きはこちらから”では、秋元康プロデュースのガールズバンド「ザ・コインロッカーズ」に関する記事です。秋元氏は バンド名に関して、“何かもう一つの自分になれるキッカケになるもの…という意味合いを込めた”と言っています。
 この記事の下にあるツイートの画像をよくご覧下さい。「ザ・コインロッカーズ」の第1期生募集に関して、恋愛OK、「有名人と熱愛したい人!」と書かれており、さらに、「IT社長と結婚したい人!」と書かれています。
 こうなると、バンド名の本当の意味は、コインロッカーのように使い勝手の良い便利な女の子の集まりという意味ではないかと思われます。募集のチラシの文言を考慮すると、秋元氏の言う「もう一つの自分」とは、“有名人の愛人”、あるいはTwitterの画像の中に取り込まれていますが、“枕にしがみついている女性”のことを意味しているのではないかと想像されます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
事故も事件もなかったかのように振る舞う人びと
引用元)
 東京電力の福島第1原発で炉心溶融の大事故が起こったのは8年前の2011年3月11日。(中略)… 東京電力がすべての損害の賠償をするのは当然のことだが、その責任は大幅に減免された。

 責任回避に成功した彼らは原発の再稼働を目論む。そのひとつが東電の柏崎刈羽原発だが、泉田裕彦知事(2004年から2016年)は「福島事故の検証なしに再稼働の議論はしない」と言い続けた。

 泉田は2016年の選挙にも立候補する意向を示していたが、地元の新潟日報が中古フェリー購入に関する疑惑を報道、泉田はその報道を否定したが、立候補を撤回した。

 この選挙で当選した米山隆一は知事になってから再稼働に反対、県独自で福島第1原発事故などの検証作業を進めるのだが、2018年4月に週刊文春が知事の女性問題に関する記事を掲載、それが原因で辞任する。
(中略)
 そうした騒動の中、2015年に新潟を拠点とする「アイドル・グループ」としてNGT48は設立される。マーケットの規模が大きくないこともあり、その当時、新潟が選ばれたことに首をかしげる人もいた。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

NGT48山口真帆襲撃事件で、その今村支配人も暴行事件の加害者! ~文春はストーカー化したファン集団を飼い、運営は犯行グループとズブズブ

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画の11分~15分30秒をご覧ください。驚くべきことを言っていますが、情報の精度はかなり高いと思います。
 NGT48山口真帆襲撃事件で、今村支配人も暴行事件の加害者ではないかと思っていましたが、動画での発言と冒頭のツイートの内容を見ると、その可能性が高いように感じます。
 文春は、スキャンダルを入手するために、ストーカー化したファン集団を飼っていました。運営は犯行グループとズブズブで、彼らに「かぶりつき席」などの“ライブチケットを横流し転売”して、おそらく利益を折半していたとみられます。
 最後のツイートには、 「接待(枕)、転売、闇取引(文春)」と書かれています。これは、事件の中心人物とみられる「いなぷぅ」(稲岡龍之介氏)が書き込んだもの。
 接待(枕)と書かれているように、「半グレ いなぷぅ軍団」は、アイドルを使った売春斡旋業を行っていたようです。おそらく、利益は運営と折半していたのでしょう。転売というのは、ライブチケットだけではなく、アイドルの住所やビデオなどだと思われます。また、文春には、自分の思い通りにならない女の子のネタを提供していたのではないでしょうか。
 “続きはこちらから”の上の動画をご覧になると、この半グレ集団の犯罪の一端を垣間見ることができます。下の動画は、 25秒~1分20秒をご覧になると、彼らが運営と組んで、日常的に何を行っていたのかがよくわかります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【許永中の甥っ子、許平和が暴露。】フジテレビとNGT48の今村悦朗の関係とは?いなぷぅ (稲岡龍之介)?が15万円払って寝た相手?絢瀬花梨 (あやせかりん)が特定される。なんJ民を襲ったスキニー火消し隊も
引用元)
(前略)


11分頃から、今村支配人の話になります。
 
語っているのは、イトマン事件で有名になったフィクサー、許永中 (きょえいちゅう)の甥っ子だと言われている許平和 (きょうひらかず)さんです。
以下要約。
  • 今村支配人は、もともとは東京の、NGT48とは別のアイドルグループを担当していた。
  • その時、ヤクザと一緒のゴロツキみたいな大学生たち (半グレ いなぷぅ軍団)がアイドルを追っかけ回していた。
  • (中略)
  • 女の子に対し、今村支配人は、「俺があいつらを寄せ付けないようにしてやるから、俺の言うことを聞け。股を開け」と言ってヤッてた。
  • 実は裏では半グレ(ゴロツキ)と、支配人は組んでいたのだ。アイドルを襲わせるのも支配人。それを助けるのも支配人。
  • (中略)
  • そういうことをしていたのがバレて、新潟に飛ばされた今村支配人は、そのまま、半グレ集団も一緒に新潟にまで連れて行った。
  • 結局、東京でやってたことと同じことを新潟でして、山口真帆さんが暴露したために事件が発覚した。
  • (中略)
  • バーニングの偉いさんの息子が稲岡龍之介。
  • 元々AKBは、秋元康と半グレ集団が作り上げたもの。もともとそんなもの。そこに入ってしまったのが不幸。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
 

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 82