アーカイブ: *事件

イギリスのマット・ハンコック保健相の不倫報道による辞任、そしてマカフィー創業者のジョン・マカフィー氏が遺体で発見されたとする事件、その背後には「Q」が動いている!

竹下雅敏氏からの情報です。
 イギリスのマット・ハンコック保健相が、同僚女性との不倫現場を映された写真と動画の報道により、辞任したとのことです。保健省内で撮影されたものとの事ですが、引用元には同僚女性のジーナ・コラダンジェロ氏に関して、「ハンコック氏のオックスフォード大学時代の友人で、昨年9月に保健省スタッフに採用されたコラダンジェロ氏についても、採用の経緯について懸念が示されていた」と書かれています。
 「コネクティングルーム」の和泉洋人首相補佐官と、厚生労働省大臣官房審議官の大坪寛子氏を、なぜか思い出してしまいましたが、私は個人的にこうした事例を「公私混同夢(コンドーム)」と呼んでいます。
 記事に戻りますが、マット・ハンコック保健相の辞任の理由は不倫ではなく、「新型コロナウイルス対策の社会的距離の確保に違反した」ということなのです。“イギリスでワクチンごり押しの筆頭者”ということで、「ルールを作る側がルールを破るという偽善行為」が、ハンコック氏に対する辞任要求の最大圧力となったわけです。
 ただ、この連中は、ルールを守らなければならないのは庶民であって、“自分たちは法の上にいる”と思い込んでいます。そうした中で、こうした事態になったのは、背後で「Q」が動いているからです。
 “続きはこちらから”のマカフィー創業者のジョン・マカフィー氏が、“スペインの刑務所の独房で、遺体で発見された”とする事件も「Q」が動いており、エプスタインの時と同様に、ジョン・マカフィー氏は生きています。
 バイデンの大統領就任以来、鳴りを潜めていた「Q」ですが、ここにきて動きが見えるようになってきました。私は「Q」を信頼しており、彼らの存在も、彼らの正義も疑ったことはありませんが、トランプ元大統領やマイケル・フリン将軍は、「Q」ではないと考えています。シドニー・パウエル弁護士やリン・ウッド弁護士も「Q」ではありません。
 私が、「Q」の中心人物と考えているマーク・ミリー統合参謀本部議長を、多くの人はディープステート側の人物だと思っていることは、いくつかのフェイクニュースから分かります。
 混乱は、しばらくの間続きそうです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
英保健相、既婚女性とのキス報道受け辞任 「社会的距離の確保怠った」
引用元)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
イギリスのマット・ハンコック保健相(右)は同僚のジーナ・コラダンジェロ氏(右)とキスしている写真を報じられ、辞任した
 
イギリスのマット・ハンコック保健相は26日、同僚女性とキスをしている写真の報道を受け、新型コロナウイルス対策の社会的距離の確保に違反したとして辞任した。
 
英紙ザ・サンは25日、ハンコック氏と同僚女性ジーナ・コラダンジェロ氏がキスしている写真と動画を掲載した。映像は5月6日に保健省内で撮影されたものだという。
 
ハンコック氏とコラダンジェロ氏は共に既婚者でそれぞれ3人の子供がいる。この報道を受け、ハンコック氏に対して辞任要求の圧力が一気に高まっていた。
(中略)
ハンコック氏はツイッターに投稿した動画の中で首相に辞意を伝えたと明らかにし、「私はこの国のすべての人が、皆さんが、どのような多大な犠牲を払ってきたか理解しています。こうした規則を作った我々がその規則を守らなければならないことを理解しています。だからこそ、私は辞任しなくてはなりません」と述べた。

(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
» 続きはこちらから

奈良の病院でワクチンと間違って生理食塩水を注射 〜 読者の方からの共感できるコメント

読者の方からの情報です。
 大変良いニュースだなと思いました。
生理食塩水でいいんじゃないでしょうか。
  
去年は、特別定額給付金が世帯に配られるとして、夫婦や家族間で揉めたという話題がありました。
  
今年は、新型コロナワクチンを打つ、打たない、打たせない、打たせよう、などの家族間はもとより、会社や地域によって綱引きが行わているのではないでしょうか。
国は個人の意思と言っていますが、同調圧力は如実でしょう。
  
去年と共通していることは、意見の相違、分断、別離などではないでしょうか。
  
子供はワクチンの脅威を知っているがゆえ、親に説得を試みるも、それが火種となり音信不通になった、けんかになるという原因になっています。
  
家族をも超えた、もう自分自身の選択は、自分で行うしかないようです。
そういう意味では、去年の金銭がらみを超えた、とんでもない労力を強いられると思います。
 いまは、ワクチンを打たない理由を探し求めている感じです。 
(匿名)
 奈良の病院で、ワクチンの代わりに生理食塩水を注射したという「事故」を聞いた時、倒錯してるなと感じましたが、その後、匿名読者さんから届いたコメントがとても共感できるものでした。ニュース記事そのものよりも、コメントを紹介したくなりました。
 この方の問いに対する答えは、もしかすると来週のぴょんぴょん先生の記事で見つかるかもしれません。
どうか、お楽しみに!
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ワクチン接種で誤って“生理食塩水”を注射 健康被害確認されず 奈良・生駒市立病院(2021年5月12日)
配信元)

MBS NEWS

各地で始まっている新型コロナウイルスのワクチン接種ですが、奈良県の病院で誤って生理食塩水を注射するミスがあったことがわかりました

 奈良県の生駒市立病院で今年4月下旬、高齢者や病院職員ら54人にワクチンを接種した際、そのうち1人に対して、ワクチンの濃度を薄めるために使う生理食塩水を誤って注射したということです。

 健康被害は確認されていないということです。

メキシコ便り(89):メキシコシティ、メトロ崩落事故の噂、あれこれ。/ アメリカ政府が反メキシコ大統領派のNo.1献金者‼️

 悲劇が起こりました。😔5月3日夜、メキシコシティのメトロ12号線が崩落してしまいました。世界ニュースになった大惨事ですが、おそらく世界ニュースでは語られていないかなと思うことを記事にまとめてみました。もしかしたら、これはただの崩落事故ではなく、破壊工作の可能性も?!メキシコ政府は、国内での捜査と海外ノルウェーからの捜査で真実をあぶり出すよう。建設時の問題なのか、メンテナンスの問題なのか、破壊工作なのか、捜査の結果ですべてを国民に語ると政府は約束しました。

 メキシコでは6月6日に史上最大の中間選挙が行われます。なので、ここのところずっと、与党モレナ党や大統領に対するフェイク・ニュースがさらに増えています。5月6日、 大統領プレス・コンファレンスで、アメリカ政府(USAID:米国国際開発庁)が反大統領派にアメリカ大使館を通して献金していることが、メキシコのジャーナリストらの捜査で発覚したことをレポーターが報告しました 。 後日、メキシコ政府も事実確認をし真実であることを認めました。大スクープですが全く世界ニュースになりません。

 そんな選挙前で混沌とした中でのメトロ崩落事故。一刻も早く真実があぶり出されることを願いつつ、亡くなった方々のご冥福をお祈りします。🍀🙏🍀

 記事の最後に、ロンドンの地下鉄からメキシコ人に送られたメッセージを訳しました。こんなに離れているのに、他人事で済ませず、愛あるお悔やみのメッセージを送られたことに心を打たれました。やっぱり、「愛」っていいなぁ。。。いつの日か、愛あるニュースで溢れる世界になることを夢見つつ。。。😌
(popoちゃん)
————————————————————————
メキシコ便り(89):メキシコシティ、メトロ崩落事故の噂、あれこれ。/ アメリカ政府が反メキシコ大統領派のNo.1献金者‼️

メキシコシティ・メトロ12号線、転落


5月3日(月)夜10時22分、メキシコシティのメトロ12号線が5mほどの高架が崩壊し転落。死者25名、負傷者約70名。この12号線は2012年に開通式をし、実際に運行し始めたのは2013年、地元の利用客によると開通当初から、いろいろと問題ありのメトロだったよう。El Universalより)


事故から一夜明けての様子(ドローン撮影)

» 続きはこちらから

トルコのテレビ番組で報じられたエバーグリーンの座礁事故の真相 ~ビル・ゲイツ氏も出資する「太陽光ブロック計画」が一転して中止に

竹下雅敏氏からの情報です。
 エバーグリーンの座礁事故の真相を報じたトルコのテレビ番組に、日本語字幕がついたものが出てきました。
 この事件は、“トルコ、イスラエル、エジプト、カタールが共同で(秘密)作戦を実行”したもので、コンテナには、「5G送信機の放射線ビームを使う特殊な化学物質」が積まれていたと言っています。気候変動を加速させる化学物質を大気中にばら撒いて、COVID-19詐欺に続いて、第2幕の気候変動カードを使おうとしていたのを、この共同作戦で完全に回避したということです。
 動画のコメント欄にも書かれていますが、プロジェクト・ベリタスは、CNNのテクニカル・ディレクターであるチャーリー・チェスター氏に対して行った潜伏取材を動画で公開しました。この中で、チャーリー・チェスター氏は、「私たちは主に気候変動に焦点を当てるようになる」と言っていました。
 スエズ運河での座礁事故は、現地時間の3月23日朝ですが、 4月5日の記事では、“ビル・ゲイツ氏も出資する「太陽光ブロック計画」が一転して中止”とあります。成層圏にまで到達する気球を使って、炭酸カルシウムなどの微粒子を散布する「スコーペックス(SCoPEx)」と呼ばれるプロジェクトが延期されたとのことです。
 こうした一連の流れを見ると、トルコのテレビ番組で報じられたエバーグリーンの座礁事故の真相は、信憑性が高いと言えそうです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
スエズ運河のコンテナ船 エバーグリーン エバーギブン 大損害を出した荷物 トルコのTV番組より 2021/04/10
配信元)
 
 
井原世之介  18 時間前 
凄い動画ありがとうございます!アドレノクロムを暴露したトルコだけに信憑性高いと思います。エルドアン大統領が光側でありますように。
 
E Cliff  18 時間前
アメリカ在住ですが、納得ですね。オキーフ氏が暴露した隠しカメラの映像でCNNのディレクターがコロナの次は気候変動の話題に切り替えるつもりだと言ってましたね。
 
ゆうゆう  15 時間前(編集済み)
少し前にCNNの製作者がハニートラップに引っかかり、次は異常気象の報道で大儲けする、と口を滑らせたと暴露されていましたが、こういうことなんですね!ずいぶん手が込んでいて巧妙で大掛かりで本当にびっくりしてしまいます。
 
Macha Gerard  17 時間前(編集済み)
ビルゲイツが気候変動実験を中止したと 突然その件でニュースになりました。 実験すると言う計画自体知らなかったけど?と思っていたら 「押収されて出来なくなった」なら合点がいきます。 この解説しているおじさん ただ者ではない!(*^o^*)
 
松兼六苑   3 時間前
気象変動というプロパガンダの裏でビル・ゲイツが進めている計画の一端が暴かれたと思います。ゲイツ財団はハーバード大学に出資して、太陽光を強制的に遮る物質を大気圏上層に上げる計画を研究しています。さらに世界中の農地を買い集め、世界中の種子を保存しています。唐突なヴィーガンのプロパガンダの背景がゲイツ財団やソフトバンクの出資している人工牛肉プロジェクトであることが覗えます。気象変動を騒ぎ立てる人や組織、メディアは、これらの計画の実行者であると推測されます。

» 続きはこちらから

日本政府の裁量で命や処罰の行方が決められてしまう入管法改正案が本日採決 〜 国際的にも人権侵害の非難を受け続けている劣悪な収容所

 亡くなったスリランカの女性の笑顔が痛ましく、取り上げるのが辛い記事です。名古屋入管で深刻な体調不良を訴え続けたにもかかわらず放置され、適切な処置も受けられず、ついに亡くなった女性は、日本の子ども達に得意の英語を教える夢を持って来日されていたそうです。ところが経済的に困窮し留学生ビザが失効し、コロナで母国にも帰国できず、入管に収容されました。日本人でも生き辛い中、支援を受けるどころか犯罪者扱いで収容され、ついに命を落とされました。入管庁の収容施設で迫害され亡くなる方は後を絶たず、実態が不透明なまま、今国会では入管法改正案が審議されています。
 今の日本の制度では0.4%程度しか難民認定されず、収容、送還制度も人権侵害だと国際的に批判を受け続けていますが、今審議中の内容はさらに深刻化しています。母国に帰国できない事情を持つ外国の人々が強制送還を拒んだ場合、刑事罰が科されてしまう、国際法に反して申請者を強制送還できる例外規定を設ける、という鬼畜の改悪です。
 3/12参院予算委員会で石川大我議員がスリランカの女性死亡について背景も踏まえた丁寧な質疑をしましたが、出入国在留管理庁の佐々木聖子長官は、事件の経過も原因も「調査中」として、いつ結果報告が出せるかも示しませんでした。石川議員は「まさか法案の審査の後にこの報告が上がることはないですね」と釘を刺しましたが、案の定、未だに出ていません。4/20衆院法務委員会では、階猛議員、池田真紀議員、藤野保史議員が連続してこの問題を厳しく追求しました。一つ一つ事実認定を進めるうちに浮かび上がる実態に背筋が凍るようですが、やはり肝心の部分は隠蔽され不透明なままです。最も劣悪な留置場よりもひどいと言われる場所が今の日本の入管にあります。
 自分と無関係な命がいじめられ殺される状況を許していたら、それはいずれ自分にも及ぶことになるのは歴史が証明済みです。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
入管収容のスリランカ人女性死亡「面会のたび体調悪化」
引用元)
名古屋出入国在留管理局で収容中のスリランカ人女性(当時33)が死亡する事案があり、支援団体が7日、名古屋入管に抗議し、真相究明を求めた。女性は在留資格がないとして昨年8月20日から収容されていたが、3月6日に死亡。団体は死因や治療の状況などを1週間以内に回答するよう求めている。

 入管によると、女性は脈のない状態で発見され、病院に救急搬送されたが約1時間後に死亡が確認された。死因は不明としている。食道炎の治療を受けており、死亡直前の3月上旬に外部の医療機関を受診していたという。
(以下略)

————————————————————————
体重20キロ減、吐血でも見殺し、女性死亡の入管の闇が深すぎる
引用元)
(前略)
 またしても、法務省・出入国在留管理庁(入管庁)で重大な人権侵害だ。迫害から逃れてきた難民や、家族が日本にいるなど、母国に戻れない人々の事情を考慮せず、法務省・入管庁は、その収容施設に「収容」している。こうした収容施設では、暴力や虐待、セクハラ等、非収容者に対する非人道的な扱いが常に問題となり続け、被収容者が死亡する事件も毎年のように発生している
(中略)
 入管の収容施設内または業務下での死亡者は、この20年余りで20人に上る*。その死因で目立つのは適切な医療を受けさせなかったことであり、今回亡くなってしまった女性の件、と同根の問題である。石川議員が指摘するように、入管法「改正」の国会審議の後に、今回の死亡事件の調査報告がまとめられるのでは論外だ。むしろ、入管法「改正」の審議を一旦停止してでも、まずは死亡事件についての、詳細かつ独立した調査が行われるべきなのであろう。
(以下略)
————————————————————————
史上最悪の「改正」に抗議、「人が人に行うことじゃない」―国会前で入管法改悪反対アピール
引用元)
(前略)
国連の人権専門家達から「国際人権規約に反する」と酷評された入管法「改正」案が本日16日、衆議院で審議入りする予定だ。難民排斥や外国人差別の要素が強く、「史上最悪」とも言われる入管「改正」案の審議入りに、今週15日、国会前で法案に反対するリレートークが行われた。
(中略)
 入管法「改正」案は、国内の専門家やNGOからのみならず、国連の特別報告者達や国連人権理事会の恣意的拘禁作業部会からも、厳しく批判されている
(中略)
(中略)つまり、入管法「改正」案は、本来、保護したり在留資格を与えたりするべき人々を「犯罪者」扱いし、実際に強制送還したり刑罰を与えたりするというものなのだ。
(以下略)
————————————————————————
配信元)


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 122