アーカイブ: アジア

新型コロナウイルス研究に着手した香港大学の閻麗夢(えん れいむ)博士「WHOは感染発生の早期、すでにヒトからヒトへの感染を把握していた」 ~中国とWHOが情報を隠蔽

竹下雅敏氏からの情報です。
 WHOの顧問である上司の指示で、新型コロナウイルス研究に着手した香港大学の閻麗夢(えん れいむ)博士が米国に亡命。「WHOは感染発生の早期、すでにヒトからヒトへの感染を把握していた」と主張しました。彼女の発言で中国とWHOが情報を隠蔽していたことが確実になりました。
 私は当初から、新型コロナウイルスのパンデミックは、WHOの上層部が意図して作り出したものと見ていたので、この程度の情報ですら、これまではっきりしなかったことの方が驚きです。
 結果を見ると、新型コロナウイルスの対処に成功した国は、例外なく極めて早期に水際作戦を実行しています。なので、パンデミックを誘発したい者たちにすれば、人々が危機を楽観視してくれた方が良いのです。WHOの対応は、まさにそのようなものでした。
 「メイカさんからの続報」によると、“武漢肺炎ウイルスはサーズウイルスが混入しているため危険”だということです。新型コロナウイルスは、SARSウイルスにエイズの遺伝子が組み込まれた「生物兵器」である可能性が高いのです。
 ところが、一部の陰謀論者の間では「SARSCoV2 は、病原体として証明されていない」という根拠の無い妄想のような説を信じて、“マスク不要”を主張する人が後を絶ちません。
 トランプ大統領の支持者の中に、このような人たちが相当数いると思っています。「Covidパーティに参加した」という30歳の方は、死の間際に「間違っていました。COVID19 はデマだと思ったんです」と言ったらしい。この方は、“新型コロナウイルスは存在しない”と思っていたのかも知れません。
 “新型コロナウイルスのパンデミックはフェイクだ”と信じている人たちが、政府の指示に従ってマスクを着けるとは思えません。彼らが「危機を楽観視」することで、新型コロナウイルスの感染爆発に歯止めがかからなくなるのです。この目的で、CNNがマネキンに人工呼吸器をつけるというようなフェイクニュースをわざと流し、“COVID19 はデマだ”と思い込ませることで、マスクやソーシャルディスタンスなどの必要な措置を多くの人に取らせないようにしたのだとしたら、彼らの方が1枚も2枚も上手だと感じます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米国亡命の武漢ウイルス研究者 フォックスニュースで証言
配信元)
————————————————————————
香港大の女性ウイルス研究者が米に亡命 「中共ウイルスの真実を明らかに」
引用元)
香港大学の女性ウイルス研究者は4月、香港を脱出し、米国に亡命した(中略)… 亡命したのは中国青島出身の閻麗夢(えん れいむ)博士で、世界保健機関(WHO)のリファレンス研究施設として指定されている香港大学公共衛生学院の研究室に所属していた。(中略)… 昨年12月31日、上司でWHOの顧問であるレオ・プーン教授の指示を受け、中国本土で発生したSARSに類似するウイルスの研究に着手した。同日、中国疾病予防管理センターの科学者でもある友人から「家族全員が感染した事例を確認した。すでにヒトからヒトへの感染が起きている」との情報を入手した。
 
この情報を複数回、プーン教授に伝えたが、「中国共産党のレッドラインを踏むな」「我々が消される可能性がある」との警告を受けた。同じ情報を同大の著名なウイルス学者、マリク・ピーリス教授にも報告した。同教授も行動を起こさなかった。WHOのウェブサイトでは、ピーリス氏について「新型コロナウイルスによる肺炎の国際保健規則緊急委員会」の「アドバイザー」と記載している。「WHOは感染発生の早期、すでにヒトからヒトへの感染を把握していた」と同博士が主張している。
(以下略)
————————————————————————
メイカさんからの続報
引用元)
(前略)
香港の女性の医学博士が6月28日に米国に亡命。FBIが許可した。彼女は入管で「中国にはもう戻れない。中国の武漢肺炎の真相を話す。」と言って亡命を懇願した。夫は米国に亡命するのを拒否したため、彼女は夫に言わずにこっそりと米国に逃げた。彼女の中国の家族は中国政府に脅されている。今後、彼女はWHOと中国が隠蔽してきた真相を世界に伝えることを約束した。米国にその他3人の中国人研究者が亡命した。武漢肺炎ウイルスはサーズウイルスが混入しているため危険。
(以下略)

» 続きはこちらから

香港大学の実験により、ハムスター間の空気感染は証明された! / 87%のコロナ回復者に後遺症 慢性疾患が残る可能性

竹下雅敏氏からの情報です。
 非常に面白い実験。ハムスターは新型コロナウイルスに感染するのですね。知りませんでした。実験方法から見て、接触感染はありえず、飛沫感染でもなさそう。ツイートにあるとおり、ハムスター間の空気感染は証明されたとみて良いでしょう。
 また、マスクは感染率を下げるのですが、感染した側が付けた方が効果は高いとのことです。マスク着用で、体内に入るウイルス量を減らせるのは確かだといえます。
 もしも、空気感染が新型コロナウイルスの主要な感染経路だったとすれば、「マスクの有効性は明らか」です。また、接触感染の方もマスクを着用することで、直接顔を手で触れる機会が少なくなるので、有用だと思われます。
 “続きはこちらから”をご覧になると、「87%のコロナ回復者に後遺症 慢性疾患が残る可能性」とあり、後遺症が残る可能性がかなりあることが分かります。新型コロナウイルスの感染拡大は始まったばかりで、野球で言えばまだ2回表だという意見もあります。いまだに未知の部分の多いウイルスです。警戒するに越したことはないでしょう。
 ただ、ニュースで報じられているように、子供達に学校で一日中マスクを着用させるというような方向性はどうかと思います。子供は重症化する可能性が低く、マスクの長時間の着用でかえって免疫機能の低下が起こるのではないかと思います。
 むしろ、これまで実現できなかった20人学級を、教師を増やすなどして実現してゆくのが良いのではないかと思います。デフレ下では公務員の数を増やす方がよいのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
マスク着用、新型コロナ感染2割以下に ハムスターで実験―香港大
引用元)
 香港大学の研究チームは17日、ハムスターを使った実験により、マスクを着用することで新型コロナウイルスの感染リスクを2割以下に抑えられる可能性があることが分かったと発表した。

 香港メディアによると、実験では新型コロナに感染させたハムスターを入れたケージを、健康なハムスターのケージの隣に設置。感染したハムスターの側から健康な側に風を送ったところ、1週間以内に15匹中10匹がウイルスに感染した。

 一方、健康な側のケージに医療用マスクで作った障壁を取り付けると感染率は33.3%に、感染した側に付けると16.7%に低下。また、マスクありの状態で感染したハムスターは、マスクなしの感染に比べ、体内のウイルス量が少なかったという。

 研究チームを率いた袁国勇教授は「マスクの有効性は明らかだ。感染しても、ウイルス量が少なければ重症化や死亡リスクは低くなる」と述べた。
————————————————————————
配信元)
 
 
 
» 続きはこちらから

20/06/29 フルフォード情報英語版:ハザール・マフィアが死に物狂いで生き残ろうと奮闘し、米国でも世界でも深まっていく混沌

 フルフォード氏は、コロナウイルス自体はフェイク・ニューズだという立場です。ただし5Gとの合わせ技となると実際に危険だそう。
 今回は、大して吉報がありません。米国もヨーロッパも、其の他の国々も、諦め【とオツム】の悪いカバールのせいで、非常にきな臭いです。
 東洋と西洋の秘密結社間の話し合いは今もってまとまらず、この夏ずっと混乱が世界中で悪化していくとのこと。カンボジアの状況は、食糧需給率の低い日本にとって他人事ではありません。都知事選を足掛かりに、風向きを良い方向へ変えられるといいのですが……。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ハザール・マフィアが死に物狂いで生き残ろうと奮闘し、米国でも世界でも深まっていく混沌
投稿者:フルフォード

前線激化


今週は、読者諸君にお知らせしておきたいことがある。我々のニューズレターが未曾有の攻撃に曝されており、これまで以上の支援を必要としている。

南アジアにいる我々の主な情報源の一人は、無期限で拘留された。捏造された証拠と、でっち上げの罪状に基づき、命を脅かされかねない状況に置かれている。もう一人は、行方不明となった。更にもう一人は、リシンで毒殺された。諸君の特派員【である私】も過去2箇月間で3回も毒殺の標的にされ、NSA筋とアジア秘密結社筋双方からの援助で【何とか】生き延びている。

この仕事に危険が伴うことは誰もが承知しているが、人類の命運が懸かっているとあっては、闘い続けるより外に選択肢はない。

加えて筆者は、日本外国特派員協会で記者会見が開かれた際、物理的に出席を止められた。河野太郎防衛大臣に対して、福島の大量殺人事件について私が質問するのを妨害するためだ。もちろん、同様の嫌がらせは真実を報道する複数のメディアが報告している。


元凶はコロナウイルス詐欺


これら全てが、所謂COVID-19コロナウイルスとやらに基づいた、信じ難いほどにヒステリックなプロパガンダ戦争の一部だ。フェイク・ニュースへの入り口となるニューヨーク・タイムズ、レディット、ドラッジ・レポートなどが、そのアウトプットの半分以上をフェイク・ストーリーで埋め尽くしているのが見てとれる。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

もし、これらのいずれかのサイトや関連サイトで、「COVID」、「ロシア」、「トランプ」、「香港」という単語が出てきたら、フィクションを読まされているのはほぼ間違いない。COVIDに関しては、読者なら誰でも地元の病院に行って、何が起こっているのか自分の目で確かめてみたら済む話だ。

老人が肺炎などのせいで死んでいくというのは、いつ【の世においても】真実である。しかし現在では、病院に対して典型的な治療手順を守らず、何らかの【原因で】呼吸困難となっている患者に人工呼吸器を装着するよう命令が出ている。こうした結果出た無関係な死にCOVIDとのレッテルを貼るため、インセンティブとして保険金の賄賂も伴う。

一切合切が上手いこと組織化され、調整された詐欺【に過ぎない】。だというのに、何百万人もの人々に信じられないほどの経済的損害と個人的な被害をもたらしている。

» 続きはこちらから

レインボー・ボディー(虹の身体)を達成したとされるチベット密教のラマたちの原因体(コーザル体)は、低位のシステムに転落している ~原始仏教に比べると随分とレベルが下がるチベット密教

竹下雅敏氏からの情報です。
 デイヴィッド・ウィルコック氏の冒頭の動画の後半部分を翻訳してくれている記事がありました。詳しい内容は引用元をご覧ください。
 なかなか興味深い話だとは思うのですが、多くの人は宗教についてほとんど何も知らないので、この動画の対談の様子を聞くことで勘違いをしないように、いくつかの事柄をコメントします。
 レインボー・ボディー(虹の身体)を達成したとされる数人のチベット密教のラマが出て来ます。アチュク・ラマ・リンポシェは1時間23分38秒に本人の写真が出て来ます。タートン・チョギュル・リンパは、1時間28分21秒から。チョギェ・トリチェンは1時間29分5秒に写真があります。ジイラウ・ケンポは、1時間30分24秒から。カルマ・リンポシェは、1時間31分38秒に写真があります。
 本人の生前の写真が出て来るアチュク・ラマ・リンポシェ、チョギェ・トリチェン、カルマ・リンポシェの3名で、一番明るい感じがするのはチョギェ・トリチェンです。また、一番暗い感じがするのはカルマ・リンポシェです。引用元に写真が出ているので参考にしてください。
 実は、ここに名前の上がっている全員のラマの原因体(コーザル体)は、低位のシステムに転落しており、原因体の存在システムの上下が先ほどの明るさ、暗さとなって表れているのです。
 チョギェ・トリチェンの原因体は動物システム上位第5レベル(2.56次元)、アチュク・ラマ・リンポシェは鉱物システム上位第5レベル(2.46次元)、カルマ・リンポシェは第3エレメンタルシステム上位第5レベル(2.41次元)に落ち込んでいます。
 以前の転生でよほどの悪事を成さなければ、このようなことは起こりません。通常の地球人で原因体が低位のシステムに落ちている人はまずいません。悪魔崇拝に陥り、悪魔に生贄を捧げるようなことをしなければ、原因体が低位のシステムに落ちるようなことにはなりません。
 さて、彼らが達成したとされる「レインボー・ボディー(虹の身体)」ですが、今回彼らの写真があったことで、詳しく調べることが可能でした。2007年元旦における彼らのプラズマ体、ライトボディ、霊体(プラズマ体+ライトボディ+幽体)の存在次元を見ると全員が同じでした。
 プラズマ体は3.0次元の3層、ライトボディは3.0次元の1・2層、霊体は3.0次元の3層~3.5次元の4層にまたがっています。幽体は通常の地球人と同様なので、異なるのはプラズマ体とライトボディの位置です。5月11日の記事の「創造原理」の図をご覧になると、通常の地球人のプラズマ体は3.0次元の4層、ライトボディは3.0次元の1~3層であることが分かるでしょう。
 この事から、「レインボー・ボディー(虹の身体)」というのは、3.0次元の4層から3.0次元の3層に次元上昇したプラズマ体の事だったのです。これまで私は、「レインボー・ボディー」とは3.0次元の1~3層に意識的に入れるようになることだと思っていたので、ライトボディのことだと思っていたのですが、違いました。間違った説明であったことをお詫びいたします。
 私は、個人的にチベット密教は原始仏教に比べると随分とレベルが下がると思っていたのですが、今回の事でこれが裏付けられたと思います。ここに出て来るラマたちの全員が、進化段階2.0に満たない者たちで、しかも心の浄化が足りません。間違った努力をしても、救いは得られません。
 進化段階を上げることも、プラズマ体などの内側の身体を上昇させることも、実はとても簡単なことなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
David Wilcock and Dannion Brinkley on Tibetan Rainbow Body!
配信元)
————————————————————————
チベットのレインボー・ボディについて Part 2 -デイヴィッド・ウィルコック
(前略)
デイヴィッド:パドマサンババの後に、ニアラ ペマ ダンドゥルという先生がチベットに現れました。彼も最後は虹の光になる事を達成しました。
(中略)
アチュク ラマ リンポシェもレインボー・ボディーを達成した一人で、ごく最近の事です。
(中略)
もう一人紹介します。タートン・チョギュル・リンパ(Terton Chokgyur Lingpa)という僧侶もレインボー・ボディーを達成した。
(中略)
もう一人、チョギェ・トリチェン(Chogye Trichen)。これが生きていた時の写真です。
(中略)
あと二人紹介して終わりにしていきます。ジイラウ・ケンポ(XiRao Khenpo)。彼もわりと近年にレインボー・ボディーを達成した人です。
(中略)
次はカルマ・リンポシェ
* 2013年の11月11日に他界した。(私が知る限り最も最近の事例)
* 彼は身長175cmだったが14日目には20cmまで縮んだ。
* 骨組みまでが80%縮んだ事になる。
「小さなレインボー・ボディー」と呼ばれる状態を達成した。
(以下略)

20/06/22 フルフォード情報英語版: 米国が内紛で身動きが取れない中、戦太鼓が世界中で鳴り響く

 米軍が世界の警察役として長年我が物顔で君臨していたのにも、多少のメリットはあったそうな。今では各地の紛争地帯で、米軍不介入を当て込んで事態が悪化しているそうです。
 ……そもそも欧米が植民地化して、世界を引っ掻き回して、好き勝手に諸国の国境を引いていなければ、済んだ話ですよね。CIAをはじめとする欧米5箇国の諜報機関ファイブ・アイズが他国の政治経済に介入しまくってなければ、済んだ話ですよね。元凶を見誤ってはいかんと思います。

 東洋と西洋の秘密結社間でも交渉がまとまらず、「黒い太陽」を崇拝するP2の生まれ変わり、P3が色々と仲介に動いているようです。名称どうでもいいから、まずはお前さんたちが退場するのがケジメだろ、と思います。
 オリンピックの悪魔崇拝な開会式じゃあるまいし、セレブなミュージシャンの祭典なんて有難迷惑でして、軍事法廷生中継で真実を開示して欲しいのですが。秘密結社の脳内お花畑疑惑が個人的に浮上中です。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米国が内紛で身動きが取れない中、戦太鼓が世界中で鳴り響く
投稿者:フルフォード

表舞台でも裏でも権力の空白


破産から今や4箇月が経過したアメリカ合衆国株式会社は、ますます機能不全に陥り、内紛で引き裂かれている。これは世界中に権力の空白を生み出し、複数の地域紛争が勃発する不安を増幅させている。

一方、【ワシントン】D.C.の米国株式会社をより機能的なものに置き換えるための東西交渉は、アジア側の代表たちが“健康上の問題”を口実に新たな話し合いを避けており、行き詰まったままだ。もし【この状況が】余りにも長い間放置された場合は、米国・インド・日本・ロシア共同の対中国攻撃となるかもしれない、と騎士修道会「黒い太陽」の面々は警告している。

米国政府がイラク・アフガニスタン・イスラエル・ドイツなど各地で軍事的存在を撤退または縮小させている今、国際的に緊張が高まりつつある。ドナルド・トランプ米大統領がこれを行っているのは、諸々のキャンペーンの失敗・孤立主義・資金不足が重なったせいだ。


中東の混乱:トルコの侵略


ツイートはシャンティ・フーラが挿入

【※まずはイラクとリビアの悲惨な現状を作り出した某国を曝しておきたいと思います。少なくとも国内の「混乱」に関しては、カルマが返ってきただけでは。】

アメリカの混乱による最大の後遺症は、引き続き中東で見ることができる。米軍の撤退は、オスマン帝国再興に向けた多方面からの試みを招いた。トルコが現在、イラク・シリア・リビア・イエメンで事実上の征服戦争(あるいは再征服か?)を繰り広げている。

ℹ2020年6月16日付けデイリー・タイムズ紙(パキスタン):「フランスはリビアにおけるトルコの『攻撃的な』姿勢について【NATO加盟諸国間の】協議を要請

トルコ軍筋は、中東分割の取引がイランとの間で成立したと言っている。イランはイラクとシリアのシーア派領域を手に入れることになるのだと。

だがしかし、トルコはイエメンでイランとの代理戦争を行っている。その真の狙いは、イエメンと国境を接しているサウジアラビアのシーア派が多い複数の州における油田の支配だ。つまり現在トルコは事実上、サウジアラビア・エジプト・リビア・イスラエルの支配を目指しているのだ、と情報源は言う。

この壮大な計画が、現場で展開されていっているのを見ることができる。イラクにおいては、発表済みの米国撤退にトルコが即座に反応し、クルド人自治区への大規模な侵攻を行った。トルコの情報源によると、最終的な目標はイラクのスンニ派領域すべてを掌握することだという。

トルコはまた、【反政府軍を率いている】ハリファ・ハフタル司令官をリビアの首都トリポリ周辺から追放し、現在は同国の石油埋蔵量の70%を有するリビア東部の彼の縄張りを狙っている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

【※リビアのハフタル司令官とトルコのエルドアン大統領】

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 119