アーカイブ: *陰謀

アメリカの保健福祉省の連邦職員の告発 / メディアによるワクチン・デマ情報は確かに「デマ」〜 InDeepより

 アメリカの保健福祉省の連邦職員の告発情報をプロジェクト・ベリタスが報じ、matatabiさんが字幕をつけて下さいました。フル動画では音声も入り、医療者がワクチンを強要され重体になる様子や、病院内部での会話から「この病院ではコロナにイベルメクチンを使用するとクビになる」ことなど生々しく語られ、ワクチンよる有害事象は報告されず、有害事象のない治療薬は禁止されていることを涙ながらに語っています。この告発者は、仕返しが怖いかと問われ「これは私の職業です。私が人々を助ける方法です。」「私の信仰は人間ではなく神にあるから怖くない。」と語りました。
 さて、メディアでは性懲りも無くワクチンの危険をデマと広めているようですが、InDeepさんが殺気すら感じるユーモアで、それぞれの「デマ」の補強をされていました。皆さま、デマとされた10項目の根拠情報を改めてチェックされ、ああ確かにデマだね、と確認されたし。さらに元記事では、ADE(抗体依存性増強)というのは、変異型だけでなく、あらゆる自然のコロナウイルスに対応するため一般的なコロナウイルスでも起こりうること、体内の感染増強抗体は消えずに残るため、寒くなる11月頃からのコロナウイルスの感染拡大期はADEの増加懸念があることを伝えておられました。
 デマであればどんなに良いか、、とInDeepさんも思っておられそうです。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「国連はなにしてる?」 〜ルシファーを崇拝し、新世界秩序を目指す国連

 ルワンダでPKO司令官を務めたロメオ・ダレール氏の、「なぜ、世界はルワンダを救えなかったのか」を読んでいます。
 ぶ厚いし、字は小さいし、軍人の書いた固い文章の上に翻訳で読みづらいですが、ジェノサイドを目の当たりにして、何もできなかったPKOの実態がリアルにわかります。
 無能でやる気のない国連相手に、正義漢ゆえに追い込まれていく司令官が哀れです。
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「国連はなにしてる?」 〜ルシファーを崇拝し、新世界秩序を目指す国連

世界の和平や紛争を解決しているわけではない国連


あ〜あ、国連て、こんなにショボい組織だったのかあ。

いきなり、なんの話だ?

PKOは、ルワンダの虐殺に、手も足も出なかったんだよ。

キガリ虐殺記念センターの壁に記された犠牲者の名前
Author:Fanny Schertzer[CC BY-SA]

「手も足も出なかった」んじゃなくて、「出さなかった」んだろ?

出そうとしたんだよ、でも、国連がブレーキになって。

そもそも、そうゆうの、国連の本業じゃねえしい。

ウソ!
国連は、世界の和平や紛争解決するのが本業だよ。

わかってねーなー、そりゃ、世をあざむく仮の姿さ。

信じられない。
でも、ルワンダは、ほんとに大変だったんだ。
ISISやBlack Lives Matterみたいな、戦闘訓練を受けて武装したならず者部隊がいて、武器庫の検査許可を頼んでも、国連はOKを出さない。
ルワンダの要人警護のために兵士が足りなくなって、補給を頼んでも、ナシのつぶて。
おカネもないし、人手も足りない。
司令官なのにトイレットペーパーの心配までしなくちゃならないって、ひどくない?

ま、そんなとこだろう。
ふつうPKO司令官なら、戦地であっても、豪華な邸宅に安全な暮らしを保証されて、任期が終われば帰れるだけだからな。

ダレール司令官は、そうゆう特別待遇を断って、自腹切ってまで部下のそばにいた人。
そういうりっぱな司令官なのに、国連はまったく協力しなかったんだ。
国連てケチなの? おカネがないの?

あるとこにはある、腐るほどある。
だが、それを肝心な場所に回してねえだけ。

つまり、アフリカだから?
小国で何の資源もない、ルワンダだったから?

国連の活動資金は、誰が出してるか知ってるか?

国連加盟国でしょ。

そうだ、国連に加盟する192カ国が、決められた分担率にしたがってカネを出している。
「こくれんあんぽり 」、聞いたことあるだろ?

国連ジュネーブ事務局
Author:Tom Page[CC BY-SA]

» 続きはこちらから

ユダヤ問題のポイント(日本 昭和編) ― 第28話 ― ホロコーストの生贄ターゲット

 コロナワクチンが、世界民衆に対する実験と抹殺のためのものであるのは既に明瞭でしょう。
 世界で現在、人口当たりの感染が最も高いのはイスラエルであり、イスラエルでは国民の殆どがワクチンを2回以上接種し、4回目の接種が始まりかけていることもニュースになっています。世界に先駆けて、イスラエルの民が実験と抹殺の対象とされる事態が進行していると言って良いでしょう。
なぜイスラエルの民がそうなるのか?
 近・現代編 第9話にてイスラエルの実態を見ました。イスラエルの民はプロパガンダに騙され、集められた「カモ」だとのことでした。実のところハルマゲドン計画を知れば、イスラエルの民が世界民衆に先駆けてワクチンの犠牲になっている現実が「なるほど、それで…」と納得できてきます。
 パレスチナにユダヤ国家を復元すると1666年に宣言したのはサバタイ・ツヴィ、そのサバタイとは正統ユダヤ教徒からは受け入れられない背徳のメシアでした。そして、そのサバタイの生まれ変わりを自称したのはヤコブ・フランク、初代ロスチャイルドとサバタイ派7代目首長モーゼス・メンデルスゾーンとトリオを組んで広義のシオニズム運動を始めたサタニック・メシアがヤコブ・フランクであり、彼が「パレスチナにユダヤの反キリスト国家を作る」と発言。その流れがイスラエル建国に繋がっているのです。
 イスラエルは旧約の民、メシア(キリスト)の民となるのですが、建国された現イスラエルは反キリストとも目されもするのです。新世界の民族隔離と差別による統治の実験としてイスラエルは建国され、そのイスラエルには、プロパガンダによって犠牲・抹消の対象となる人々が集められたのです。ハルマゲドン計画に基づいてのものです。
(seiryuu)
————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(日本 昭和編) ― 第28話 ― ホロコーストの生贄ターゲット

最終戦争の予定地


第2次世界大戦勃発
イスラエル建国
秘密の宇宙プログラムの進展
上はブラック・ロッジとホワイト・ロッジの共有のシナリオであり、それぞれが第3次世界大戦、つまりハルマゲドン(最終戦争)を勃発させるためのものでした。

①第2次世界大戦勃発では、③秘密の宇宙プログラム進展を通じて超科学技術が地上世界の人間に伝授され、用いられ、それが銀河世界に直接影響をもたらすアンカーの役割を果たしていたようです。

そして②イスラエル建国、これなどまさにハルマゲドン(最終戦争)に直結しています。以前に紹介した『ヘブライの館2』の「世界最終戦争の地?『メギドの丘(ハル・メギド)』」記事には決定的な記述があります。

この記事では、「ハルマゲドン」は正確には「メギドの丘(ハル・メギド)」という地名を指していて、「ヨハネの黙示録」での「メギドの丘」にて、神と悪魔による終末的大決戦が行われる場面を幻視した様子を紹介しています。

そして現在は、この「メギドの丘」つまりハルマゲドンは、イスラエル共和国のエズレル平原にある小高い山と指定され、そこには「ここはハルマゲドン。クリスチャンの伝承によれば、ここで世界最後の戦争が行われると言われています」との看板が立てられていると記述しています。

メギドの丘(テル・メギド)

つまり、第2次世界大戦後にほどなくパレスチナに建国されたイスラエル共和国こそが、最終戦争ハルマゲドンの中核爆心地になる予定地に指定されているということです。違う言い方をすれば、第3次世界大戦の最終戦争を勃発させるために、意図してパレスチナにハルマゲドンの地としてイスラエルが建国されたということです。古代イスラエルはアラビア半島のアシール地方にあったのであり、パレスチナにあったのではないのです。


それでは、実際に第3次世界大戦の最終戦争が勃発されたならば、イスラエル共和国の民衆はどうなるのか?

言うまでもありません。ほぼ全員が核の炎で焼き尽くされ、蒸発させられます。911テロでビル内におられ犠牲になった方々がどうなったかを思い出されれば良いでしょう。

第3次世界大戦は大規模全面核戦争です。核の炎は地上世界ほぼ全土を覆うはずですが、真っ先に核爆弾でイスラエルそのものが蒸発・消失させられる予定だったでしょう。

そして、これこそが本当のホロコーストです。本当のホロコーストとは、過去のものというよりは未来の予定計画だったのです。イスラエル在住のユダヤ人とされる方々を皮切りにした地上世界のほぼ全ての人間、そして動植物も対象にした「生贄儀式」が本当のホロコーストで、ハルマゲドンとセットだったのです。

イスラエル建国はハルマゲドン、そしてホロコーストを現実化させるためのものです。

デンバー国際空港の壁画「自然との調和と平和」
✒中央の燃えている部分が核兵器による惨劇。
左の棺にいるのはアフリカ系の少女、真ん中の棺がネイティブ・アメリカンの少女、右の棺がユダヤ教(キリスト教)の少女。


» 続きはこちらから

マイロ・カンデリアン博士「血液中に20%の酸化グラフェンによる劣化を持つ接種者…は他の入力条件がない限り、8年間は生きるだろう」 ~リンゴを含むバラ科植物の種子がワクチンの解毒に著効

竹下雅敏氏からの情報です。
 マイロ・カンデリアン博士の記事の情報は、8月22日の記事のコメントですでに取り上げたのですが、読者の方からの投稿があり、もういちど記事の形で取り上げることにしました。
 この手の情報はフェイクであることが多いのですが、内容から見て事実だろうと見ています。ワクチン接種で血液に異常が起きることは、7月19日の記事で紹介した動画をご覧になると分かります。
 マイロ・カンデリアン博士は、“血液中に20%の酸化グラフェンによる劣化を持つ接種者…は他の入力条件がない限り、8年間は生きるだろう”といっています。「他の入力条件がない限り」という事なので、ワクチンの解毒に成功すれば、最悪の事態を回避できます。 
 私の直観では、バラ科植物の種子がワクチンの解毒に著効があるようです。実はリンゴはバラ科リンゴ属で、リンゴの種は捨てるともったいないのです。「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」とか、「りんごが赤くなると医者が青くなる」と言いますが、その本領はどうやら「リンゴの種」にありそうです。
 以下は、記事の投稿者のコメントです。           
(竹下雅敏)
 SOTNの記事の翻訳です。
 概要:
 2015年に血液生物兵器として使用するための「酸化グラフェンの特許を開発した人物」であるマイロ・カンダリアン博士(Dr. Mylo Canderian, Ph.D)の友人である、Steven Fishmanが彼にレストランで一緒に会食中に尋ねた内容で、非常に興味深い記事です。
 著者によると、友人のCanderian博士は「大量虐殺を行うグローバリスト」であり、「地球の癌になるな - 自然の為の余地を残せ」という、『ジョージア・ガイドストーン』の10の教訓を信奉する人物。世界保健機関(WHO)の「医療功労者」、クラウス・シュワブと共に「グレート・リセット」を強く支持し、WHOの2022年の第二の目標である世界単一のデジタル通貨の先導役。
 世界の人口の95%は「役立たずの大飯食らい」であり、できるだけ早く安楽死させる必要があると考えており、「ワクチン」こそが「人間という地球上の癌」に終止符を打つものだと確信している。「人類という疫病(Plague of Humanity)」を世界から撲滅するという、フリーメイソンの義務と責務を熱心に支持している。
 同博士の視点は、クラウス・シュワブやビル・ゲイツ、ビッグファーマのCEOたちとほぼ同じである:つまり、「LET THEM ALL DIE!(みんな死んでしまえ!)」だ。とのこと。
 「接種者は一体何年生きられるのか、どうやったら分かるのか?」 と言う質問に対して:「注射をしてからサイクルの終わり "End of Cycle”(死)に至るまで、最大で10年のサイクルがある。。顕微鏡なら数秒、電子顕微鏡を使えば非常に簡単に(死の時期は)確定することができる」
 では、どうやって死の時期がわかるのか? というと、「酸化グラフェンの影響を受けた(あるいは汚染された)血液の割合は、エンド・オブ・サイクル(死)の計算と相互関係にある」のでその割合を見れば分かる。「血液中に20%の酸化グラフェンによる劣化を持つinoculatee(接種者)は、他の入力条件がない限り、8年間は生きるだろう。酸化グラフェンの劣化度が70%の者は3年以上は生きられないだろう」「2回目、3回目の注射やブースターの効果は。。。血液学的な検査によって測定可能。愚か者が注射やブースターを打てば打つほど、顕微鏡で見ると彼らの血液はより悪化し、彼らはすぐに肥料になってしまうのだ」
と述べています。
 科学的・論理的にも納得がゆく内容と思われ、現実の状況と照らし合わせてみても、どうも作り話とは思えません。様々な研究者が同じように接種者の余命は何年、というような主張をしています。この記事は、直接、酸化グラフェンの特許を取得した本人の話ということで、さらにそれらを支持する内容と思います。
 個人的には、「全てのワクチンに入っている」のかは疑問に思えますが、複数回の接種で結果として、徐々に、本人はわからないような形で、様々な疾患を抱えて苦しみながら、最大10年以内に亡くなってゆく、ということが起きてゆくのでしょうか。
 このような記事を見ると、いかにグレート・リセット・アジェンダを計画するグローバリスト支配層、テクノクラートたちが、大衆から見ると想像すらできない精神異常者であるか、具体例を見るようです。優生学思想、人口削減主義、トランスヒューマニズム、を信奉し、ペドフェリアを常習とするのでしょう。
 最近の様々なワクチンの異常な奇妙な現象は、もはや、単なる人口削減・大量殺戮というような簡単な話ではないように思われます。その奥に潜むのは、愛のかけらさえもない悪魔崇拝、多量の人類が悶え苦しみ死に至ることを至上の快楽とする中毒症を持つ精神異常者集団が計画していることを、私たちは理解する必要があるのでしょう。いかに効果的に95%の人類の大半を苦しませながら快楽に浸りながら高みの見物をしながら大量殺戮を楽しむか、、その最大の効果が出る方法としてCovid生物兵器、ワクチン殺戮兵器を開発した。そう考えると、これからも、一般人の頭からは想像もできないような異常で奇妙な画策が明るみに出てくるのかもしれません。
(Sho-Momo)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
すべてのCovid「ワクチン」に含まれる酸化グラフェン(Graphene Oxide)が、ワクチン接種者をゆっくりと殺していく方法
引用元)
ワクチン接種者は、どのくらい生きられるのか?

私はこの質問を、ある一人の私の友人に託した。彼の名はDr.マイロ・カンデリアン(Dr. Mylo Canderian, Ph.D)[1938年、ギリシャ・コルフ島、ミロス・イスカンデリアノス生まれ]。2015年に血液生物兵器として使用するための酸化グラフェンの特許を開発した人物である。 

包み隠さず透明性を持って言うと、Canderian博士は、私が「Genocidal Globalist(大量虐殺を行うグローバリスト)」と呼ぶ人物であり、”Be not a Cancer upon the Earth; Leave Room for Nature"(地球の癌になるな - 自然の為の余地を残せ)という、滅多に議論されることがない『ジョージア・ガイドストーン』の10の教訓を信奉する人物である。

Dr.カンデリアンは、世界保健機関(WHO)の「医療功労者」であり、クラウス・シュワブ(Klaus Schwab)と共に「グレート・リセット」を強く支持しており、WHOの2022年の第二の目標である世界単一のデジタル通貨の先導役でもある。彼は、世界の人口の95%は「役立たずの大飯食らい(Useless Eaters)」であり、できるだけ早く安楽死させる必要がある(中略)… 「ワクチン」こそが「人間という地球上の癌」に終止符を打つものだと確信している。

Dr.カンデリアンは、「人類という疫病(Plague of Humanity)」を世界から撲滅するという、フリーメイソンの義務と責務を熱心に支持している。
(中略)
私はマイロに尋ねた:「”ワクチンを接種した者たち”は、ひとたび注射を打った後、どうやって正確に、どれぐらい生きながらえられるのかがわかるのかね?」
(中略)
「シンプルさの力(The Power of Simplicity) だよ」と彼は語った。「注射をしてからサイクルの終わり "End of Cycle”(つまり死)に至るまで、最大で10年のサイクルがある」と彼は入念に説明した。「そして、それは非常に簡単に確定することができるものだ」と語った。

どんな血液学者でも、顕微鏡なら数秒で、電子顕微鏡を使えばもっと早くわかると彼は言う。「酸化グラフェンの影響を受けた(あるいは汚染された)血液の割合は、エンド・オブ・サイクル(死)の計算と相互関係にある」と彼は暴露した。

言い換えれば、血液中に20%の酸化グラフェンによる劣化を持つ“inoculatee(接種者)”(彼は、Experimental Use Authorization Eugenics Depopulation Lethal Injection Bioweapon“実験的使用許可を得た優生学的な人口削減を目的とした致死性注射生物兵器”を接種された者をこう呼ぶ)は、他の入力条件がない限り、8年間は生きるだろう。[10年から20%を引いた値]。

酸化グラフェンの劣化度が70%の者は3年以上は生きられないだろう。[10年から70%を引いた値]

ジェーン・ルビー博士(Dr. Jane Ruby)は最近、Stew Petersのポッドキャストでインタビューを受け、酸化グラフェンにさらされて劣化した血液がどのように見えるかの例を示した。

ご存じでない方のために、酸化グラフェンは、mRNAのスパイクタンパク質やプリオン(訳注:タンパク質から成る感染性因子-wiki)の成分であり、心臓、肺、脳、血液と、酸素をめぐって争っている。 酸化グラフェンは、体に必要な酸素を奪う酸素スポンジであり、アナフィラキシーショック、毒性の血栓症、致命的な肺麻痺、ミトコンドリア癌、内皮癌など、多くの合併症を引き起こす。
(中略)
私はマイロに、2回目、3回目の注射やブースターの効果はどうなのか、それによってエンドオブ・サイクルの表がどう変わるのかを尋ねた。

マイロはこう答えた:「それは、血液学的な検査によって測定可能だ。愚か者が注射やブースターを打てば打つほど、顕微鏡で見ると彼らの血液はより悪化し、彼らはすぐに肥料になってしまうのだよ」。

最後に私は、これほどの何十億人もの人々を殺そうとする計画が、なぜこのようなエリート集団によって秘密にされていたのかを尋ねた。

彼の答えはこうだった:「スティーブ、君はフリーメーソンのことを、あまり知らないようだね?」

これが、あなたへの答えだ。
(Deeple pro 翻訳 +チェック修正、by Sho-Momo )

21/09/13 フルフォード情報英語版:偽バイデン政権、9月30日の支払い期限が迫る中、中国に資金提供を要請

 9月13日のフルフォード ・レポート(英語版)です。イエレン米財務長官は、米国が10月に国家債務不履行に陥ると公に警告しているとMI6関係者は語っているらしい。確かにThe Hillで報道されています。中国に助けを求めたバイデンは習近平との電話会議に失敗し、上司のアンゲラ・ヒトラーが再び習近平に電話をかけ、中国への完全な服従を誓った場合にのみ資金が得られると言われたらしい。
 またフルフォード氏は、”熱心なトランプ派は、2020年の選挙盗用を覆すチャンスを米軍からトランプ元大統領に提示されたとき、なぜ彼がそれを断ったのかを問う必要がある。第二に、なぜ彼は皆にワクチン接種をするように勧めているのか問う必要がある。フリンは「99.5%の回復率があるのに、なぜこんな狂気の沙汰をしているのか」と言っているのに。ワクチン推進派のトランプ氏は、9.11の真実を明らかにしなかったことも忘れてはならない。つまり、米国の愛国者たちは、トランプではなくフリンを支持する必要があるのだ。”と言っています。
 フルフォード氏は、我々がターゲットにすべき敵として、依然スイス、オクタゴングループとし、「グレート・リセット」世界経済フォーラムのクラウス・シュワブが報告しているカール・フォン・ハプスブルク、エコノミスト誌を所有するアニェッリ兄弟が報告しているヴィットーリオ・エマヌエーレの名を挙げています。また、バイデンの上司であるドイツのアンゲラ・ヒトラーもオクタゴングループの中共政治局員であるとのこと。
 欧米では、パンデミックとワクチンに対する大規模な反乱が起こっているとのこと。米大学のフットボールスタジアムで「くたばれ、ジョー・バイデン 」と繰り返し唱えたり、イギリス、オーストラリア、アメリカなどでは、政権交代を迫ることを目的としたトラック運転手のストライキが、またベルリンでは、ベルリン市の屋内ダンス禁止令を訴えていたディスコが勝訴しクラブ復活。
 日本でもデービッド・アトキンソン、マイケル・グリーンバーグ【またはグリーン】、カート・キャンベルなどハザール・マフィアの代理人らが国外逃亡を余儀なくされるのもそう遠くないと日本の右翼は断言したそう。
 ロスチャイルドの代理人らは内部紛争している模様。フルフォード氏曰く、彼らは食糧不足を引き起こしたり、イランとの戦争を始めたり、権力を維持するためにあらゆることをしようとしているとのこと。
 イランとイスラエルは同じ人(ボス)のために働いている。イランのロウハーニー大統領とザリーフ外相は、ロスチャイルドのネズミ。イラン議会の半分はアメリカのグリーンカードを持っていると。
 インターネットを破壊する100年に一度のスーパーストームが起こる可能性が高くなっているとオレゴン州の某放送局が報道したそう。
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:偽バイデン政権、9月30日の支払い期限が迫る中、中国に資金提供を要請
投稿者:フルフォード 

イエレン米財務長官:アメリカは十月に国家債務不履行に陥る可能性あり


Fake Biden Regime Begs China for Money as 9/30 Payments Deadline LoomsThe fake U.S. regime of the rubber-masked impostor “President” Joe Biden is in serious trouble. They face a September 30th payments deadline they cannot meet. Since there is a two-week grace period after the U.S. Corporation defaults, this means a repeat of the February 16th, 2020 market implosion is due on or around October 14th. That is why U.S. Treasury Secretary Janet Yellen is publicly warning the U.S. will default on its national debt in October, MI6 sources say. https://thehill.com/policy/finance/571237-yellen-us-on-track-to-default-on-national-debt-in-october ゴムマスクを被った偽りの「大統領」ジョー・バイデンの米国偽装政権は、深刻な問題を抱えている。彼らは、払えない9月30日の支払い期限に直面している。米国株式会社がデフォルト(債務不履行)に陥ってから2週間の猶予期間があるので、2020年2月16日の市場崩壊の再現が10月14日前後に起こることになる。そのため、イエレン米財務長官は、米国が10月に国家債務不履行に陥ると公に警告しているとMI6 【《英》軍事情報活動第6部】関係者は語っている。
https://thehill.com/policy/finance/571237-yellen-us-on-track-to-default-on-national-debt-in-october
ツイート訳:速報:イエレン:アメリカは十月に国家債務不履行に陥る可能性あり
ツイートはシャンティ・フーラが挿入

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 349