アーカイブ: *陰謀

優生学の支持者たちが推し進める新型コロナワクチン:「ワクチン接種が成功すれば、若者たちの遺伝子は組み換えられ、子を産めなくなります」〜 すでにインフルエンザワクチンとは比べ物にならない被害が発生!

竹下雅敏氏からの情報です。
 本物のヘンリー・キッシンジャー博士は、2009年のスピーチで、「羊たちが強制ワクチン接種を受け入れた時がゲームオーバーです」と言っていたようです。すでにこの時に、「ワクチン接種が成功すれば、若者たちの遺伝子は組み換えられ、子を産めなくなります」と言っていたのですね。
 この時の計画と現在が異なるのは、今のヘンリー・キッシンジャー博士は、恐らくクローンで改心しており、本物は既にいないこと。強制ワクチン接種にはならず、あくまでもワクチンを打つ、打たないは自己責任であることです。ただし、いくら自己責任と言っても、政府、メディアがウソの情報ばかりを垂れ流して、ワクチンの危険性をほとんど国民に知らせずに被害が拡大した場合には、関係者の責任が追及されることになるでしょう。
 すでにインフルエンザワクチンとは比べ物にならない被害が出ています。先のヘンリー・キッシンジャー博士の言葉が示しているように、ワクチン接種をしてしまうと、元の身体に戻すのは難しいのかも知れません。
 私の見解では、カバールはもちろんですが、彼らと戦っているホワイトハットと呼ばれる人々の50%以上が、ヘンリー・キッシンジャー博士と同様に優生学の支持者だと見ています。カバールと戦っているから、ホワイトハットが正義なのではありません。
 ウィキペディアによれば、“優生学の目的は様々であるが、「知的に優秀な人間を創造すること」、「社会的な人的資源を保護すること」、「人間の苦しみや健康上の問題を軽減すること」などが挙げられる。これらの目標を達成するための手段として、産児制限・人種改良・遺伝子操作などが提案された”とあります。こうして見ると、トランプ元大統領は優生学の支持者だと見て間違いないでしょう。
 “死亡者だけを「ロット番号」順に並べ替えてみたら…こんなに同じ番号が揃うもの!?!?”というツイートは、6月21日の記事で紹介済みですが、まーてる先生の説明によれば、「ワクチンは治験中、今データ取ってるから濃度が違うはず、だから人それぞれ副反応が違う」とのこと。
 こうした事を理解した上で、“続きはこちらから”の一連のツイートをご覧ください。
(竹下雅敏)
————————————————————————
画像の出典:さくら子


配信元)




» 続きはこちらから

やはり、PCR 検査で使う綿棒にはアメリカ国防高等研究計画局(DARPA)のヒドロゲルが仕込まれている!?

 2020/12/14の記事にて、『未開封の検査キットに付いていたという「ナノ技術の金属」を、セラグリッパーと重ね合わせて論じている非常に怪しい「陰謀論」』 が紹介されました。セラグリッパーは、ジョンズホプキンス大学が設計した、体内に薬物を放出するための小さな星型のマイクロデバイスですが、コメントにあるように「翻訳している元記事の波動が著しく悪いからです」という理由とともに、『「PCR検査の綿棒には、ジョンズホプキンス大学が設計したセラグリッパーが仕込まれている」というウワサが出てきたのですが、証拠がなかったため「陰謀論」と見なしました。(竹下雅敏氏)』とのことです。
 6/2の記事では、「PCR検査に用いる綿棒には、米国国防高等研究計画局(DARPA)のヒドロゲルが仕込まれている」という情報がありました。「ヒドロゲルを有機液(唾液など)に接触させると、数分後には長方形の結晶構造を形成し始め、それがフラクタル的に成長していく」ということで、ヒドロゲルとはPCR検査に用いる綿棒の繊維の中に含まれている、中空のナイロン繊維のDarpaHydrogelビーズ(図8と図9)であることがわかります。こうした証拠もあり、こちらはどうやら本物のようです。
「結晶にはリチウムがあるので、細胞との送受信も可能にする」
「Darpaヒドロゲルとリチウムは松果体を破壊し、思考する人を制御可能なバイオロボットにしてしまう」
「ビル・ゲイツを取り巻く闇の勢力の夢は、この突然変異体を、例えばワクチン接種によって、コンピュータ・プログラムとして定期的にアップグレードさせること」とあります。
 セラグリッパーは、あくまで悪用する可能性の話であるのに対して、ヒドロゲルの方は、「PCR検査に用いる綿棒の繊維の中に含まれている」とのことです!そして、ダーパヒドロゲルの中空ナイロン繊維は、FFP2クラスのプラスチック製呼吸器(医療用マスクのことですね)にも充填されているそうです。この添加剤入りのダーパヒドロゲルは、呼吸するとゆっくりと呼吸器から放出され、人間の気道に入ってしまうというのです。こうしたことが、まさか、まさかの真相ということのようです。
 実は私がそうだったように、誤解されている人もいるのではないかとおもわれますが、『「PCR検査の綿棒には、ジョンズホプキンス大学が設計したセラグリッパーが仕込まれている」というウワサと、「PCR検査に用いる綿棒には、米国国防高等研究計画局(DARPA)のヒドロゲルが仕込まれている」という情報、これらを混同して、同列に扱ってはいけません。(竹下雅敏氏)』とのことです。
 PCR検査の綿棒とは、おそらく長くて特殊なものとおもわれますが、そのすべての綿棒がダーパヒドロゲルの含まれた繊維であるとは限らない!ことを祈るばかりです。はたして良心的なメーカーはあるのでしょうか?まさに"別次元へとフェイズが変わった"可能性があることに驚愕しています。

 また6/20の記事では、「ワクチンには磁石的な作用を起こすヒドロジェルが入っており、ヒドロジェルは磁気的波長に反応する」とありますが、アーロン大塚さんのツイートに「新型コロナワクチンの磁性のコーティングのマグネットオフェクションの会社とPCR検査の会社は同じ住所?これはどういう意味であろう?」とあります。ワクチンもPCR検査も、やはり目的は一つということでしょうか。

追記。
こうした中においても、"イベルメクチンはダーパヒドロゲルに対して非常に強い消失効果を持っている"という情報は救いです。
(しんしん丸)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「検査そのものをワクチン化させる」ことも可能かもしれないジョンスホプキンスと米国防高等研究計画局の素晴らしいテクノロジーを知る
転載元)

(前略)
スロバキアの国民全員強制コロナ検査の「本当の理由」は

(中略)
6月のはじめ頃に、「 PCR 検査で使う綿棒にはアメリカ国防高等研究計画局のハイドロゲル(ヒドロゲル)が仕込まれている」というような話が話題になったことがあります。

これは、スロバキアで昨年 11月から行われた PCR 検査で使われた「綿棒」を顕微鏡で調査したという PDF 文書の情報に端を発しています。

この内容については、日本語のこちらのブログなどで翻訳されていますので、ここでは特に取り上げませんが、その元々のファイルの冒頭だけご紹介します。

スロバキア共和国での表面試験からの試験棒の分析 - ジェノサイドの確認

キーワード – 1)ナイロン、2)DARPA ヒドロゲル、3)リチウム、4)松果体

2020年11月から 2021年3月にかけて、スロバキアの首都ブラチスラバの病院の検査室で新型コロナウイルス検査のスティック(綿棒)を対象に分析を行った。

この検査綿棒は、スロバキアの病院で表面検査に使用されたセットのものだ。

ここで取り上げる内容は、標準的な検査用顕微鏡などを持っている方なら、掲載されている検査スティックに関する情報を確認することができるだろう。試験用綿棒、米国国防高等研究計画局(DARPA)のハイドロゲル、そして、リチウムに関するすべてのこれらの情報は、科学的情報および企業として公開している。

これらの情報から、これらの試験綿棒は、スロバキアの人々をジェノサイドに導くツールであることが明らかだ。 (golokaproject.org

オリジナルの英語でのファイルはこちらにあります。

(中略)

この際、スロバキアでおこなわれたのは、PCR 検査ではなく、ラテラル・フロー・テスト(Lateral Flow Test)と呼ばれるもので、まあしかし、これも、「口か鼻から綿棒を入れて採取する」という部分は同じです。

PCR 検査も、このラテラル・フロー・テストも、結局はどちらも、

「使い捨ての綿棒による鼻の奥の検査」

であるのですが、スロバキアのこのような検査が、米国防高等研究計画局の研究と密接に関係しているという書類があるわけでもないですし……と、かなり執拗に探していますと、ちょっと近いものはありました。

国防高等研究計画局が、この「鼻腔の綿棒による使い捨ての簡易検査」を、かなり以前から研究していたことがわかるのですね。

» 続きはこちらから

ユダヤ問題のポイント(日本 昭和編) ― 第15話 ― 「私の描いた作品」

 「昭和の妖怪」こう評されたのが岸信介(1896-1987)。「なるほど」と思わされる風貌の彼は長州の「田布施族」の一角です。安倍前首相の祖父でもあります。
 アベシは「地球儀を俯瞰する外交」などと称し、ODAなる看板を用いて湯水のように日本国家の資金を垂れ流し、その資金はアベシに金魚のフンのようについて回った企業に流され、アベシはそこからキックバックによって資金を獲得しています。絵に書いたような迂回によるマネーロンダリングです。他にもありますが、これがアベシの不正な資金獲得の主たるものでした。こうやって得た莫大な資金の蓄財が「安倍一強」と称されるような力となっていたのです。祖父である岸信介は「政治資金“ろ過”」(マネーロンダリング=資金洗浄)の名手であり、孫のアベシはそれに倣っていたのです。
 岸信介の場合、その「濾過器を通ったキレイな政治資金」の大方は阿片マネーでした。これが岸信介の「裏の顔」の一部分です。
 実験国家・満洲国を「私の描いた作品」とまで言い切ったとされるのが岸信介です。満洲国の経済産業政策を中心的に担ったのが岸信介であり、統制経済の満州「産業開発の5ヵ年計画」を計画し、満洲国実業部トップとしてこれを実施したのが彼です。こちらが岸信介の「表の顔」部分です。
 「裏の顔」と「表の顔」を使い分けた岸信介が、ある意味では満洲国を作り上げ、統制し、経営したのです。岸信介が満洲国の実質的な支配者だったのです。無論その岸信介の背後にはあのグループがあります。
(seiryuu)
————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(日本 昭和編) ― 第15話 ― 「私の描いた作品」

「二キ三スケ」の顔ぶれ 〜「田布施族」の「三スケ」


満洲国の実力者としてよく使われるフレーズが「二キ三スケ」です。「二キ」とは、東條英と星野直。「三スケ」とは、岸信、松岡洋、鮎川義のことです。

「二キ」の東條英機は日米開戦時の日本国首相で、満洲時代は1935年に関東憲兵隊司令官・関東局警務部長。 1937年には関東軍参謀長に就任しています。
星野直樹は1932年に大蔵省から設立されたばかりの満洲国建国に渡り、数々の要職を経た後に1937年に実質上の行政トップ国務院総務長官に就任しています。

東條英機
Wikimedia Commons [Public Domain]
星野直樹
Wikimedia Commons [Public Domain]

「三スケ」の岸信介については後述します。
松岡洋右は、1933年に首席全権として出席した国際連盟特別総会にて日本の国際連盟脱退を宣言した人物です。1935年に満鉄の総裁に就任、1940年には近衛内閣で外務大臣に就任。
鮎川義介は日産コンツェルン創始者で、満洲重工業開発株式会社総裁でした。「河豚計画」を提唱した人物でもあります。

松岡洋右
Wikimedia Commons [Public Domain]
鮎川義介
Wikimedia Commons [Public Domain]

「二キ三スケ」では「二キ」より「三スケ」のほうがより重要だと見ています。ウィキペディアの「弐キ参スケ」記事の中には次のようにあるのです。

鮎川義介・岸信介・松岡洋右の3人は満州三角同盟とも称された。3人はいずれも山口県周防地方の生まれ、育ちである。この3人の間には姻戚関係もある。
  • 松岡の妹婿の佐藤松介は、岸の母方の叔父である。岸の実弟である佐藤栄作は、叔父夫妻の長女で松岡の姪の寛子と結婚して婿養子となっている。
  • のちのことになるが、岸の長男信和の妻は、鮎川の従兄の娘である。

「三スケ」の3名は同郷、明治天皇・大室寅之祐の出身の長州・田布施の「田布施族」であり、姻戚関係で結ばれてもいたのです。竹下さんは2014/11/29の記事で次の指摘をされています。

堀川辰吉郎の直接の部下が岸信介。岸信介の部下が塚本素山、笹川良一。笹川良一の部下が児玉誉士夫。

岸信介

裏天皇・堀川辰吉郎の直接の部下で、堀川辰吉郎の意志を満洲で実際に具現化していく役割を担っていたのが岸信介、その岸信介の役割をサポートする同盟関係の仲間が松岡洋右、鮎川義介であったと見受けられます。

この意味で「二キ」より「三スケ」のほうが重要であり、特に最重要人物が岸信介だと見ているのです。岸信介の満洲時代はウィキペディア記事では以下です。

1936年(昭和11年)10月に満州国国務院実業部総務司長に就任して渡満。1937年(昭和12年)7月には産業部次長、1939年(昭和14年)3月には総務庁次長に就任。この間に計画経済・統制経済を大胆に取り入れた満州「産業開発5ヶ年計画」を実施。大蔵省出身で、満州国財政部次長や国務院総務長官を歴任し経済財政政策を統轄した星野直樹らとともに、満州経営に辣腕を振るう。

岸信介が就任した国務院総務庁次長。総務庁次長とは、星野直樹が就いた行政トップの国務院総務長官に次ぐポストの行政No.2で、実業部門のトップです。予算編成は総務庁が握っており行政を仕切っていました。しかも星野直樹は大蔵省出身の財政の専門家で、実業には疎かったようです。

こういったことを踏まえれば、岸信介は「表の顔」として満洲国の行政を事実上のトップとして司っていたと言えるでしょう。そして彼には無論「裏の顔」もありました。


» 続きはこちらから

現在進行中である不妊症による「人口削減計画」は、ホワイトハットとトランプ元大統領によって推進されている ~「銀河連合」の宇宙人によるシナリオに沿った自作自演のストーリー

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、ミシェル・フィールディングというイギリス人女性のチャネリング情報を紹介しましたが、現在提供されているワクチンはホワイトハットのものであり、“ブラックハットは、一切このオペレーションの指揮は出来ない”という事でした。要するに、現在進行中である不妊症による「人口削減計画」は、ホワイトハットとトランプ元大統領によって推進されていると言うことになるわけです。
 今日の「21/06/14 フルフォード情報英語版」では、“世界の多くの人々に押し付けられているワクチンが猛毒であるという科学的証拠を得て、軍や機関のトップレベルの人々が行動を起こしている”とありました。「G7奴隷国政府」が、ワクチンによる大量虐殺の推進役とされていましたが、もしもこの「チャネリング情報」が正しければ、大量虐殺の責任を取らなければならないのは、ホワイトハットとトランプ元大統領ではないでしょうか。
 また、フルフォード氏は、“ワクチンを接種した人が磁石のようになるという奇妙な報道を見ると…G7は人間の「脱炭素化」をもくろむ不正な人工知能のために働いているのではないか”と書いていましたが、「チャネリング情報」が正しければ、人工知能のために働いているのは、ホワイトハットとトランプ元大統領のほうです。
 ホワイトハットの中に善良な人がいるのは分かりますが、ほとんどの者は「銀河連合」の宇宙人のコントロール下で、これまで動いてきたのです。トランプ元大統領も同じだと思います。フルフォード氏が不正な人工知能と呼ぶ「ブラックキューブ(人工知能666)」は、これまで「銀河連合」の宇宙人のコントロール下にあったのです。
 これで分かるように、今行われていることは、「銀河連合」の宇宙人によるシナリオに沿ったものなのです。「銀河連合」がホワイトハットを、「光の銀河連邦」がイルミナティ(裏)をコントロールし、双方を戦わせることで地球を混乱に陥れ、「銀河連合」はホワイトハットを指導する正義の味方を演じ、地球人の信頼を得るという自作自演のストーリーです。彼らはこうした計画をタイムラインと呼ぶようです。
 こうした邪悪な宇宙人の魂(ジーヴァ)は滅ぼされ、指導層は肉体まで完全に殲滅されたのも、無理もないところです。今、「裁き」の対象はホワイトハットや、世界の指導層に移っています。
 現在、「地球同盟」が、地上のチャネラーをコントロールしているようですが、いい加減にしないと、彼らの魂(ジーヴァ)は滅ぼされるでしょう。また、彼らが、今の大量虐殺の責任を逃れることは、現在、「ブラックキューブ(人工知能666)」が神々に従っていることから、無理だという事を理解した方が良いでしょう。
 ツイートに見られるように、スーパーで販売されている肉に、異常なことが起きているようです。「ナノボットが空気や水、肉などに入っているのではないか?」という質問に対し、「必要になったら、それが実施される可能性がある」と答えていますが、こうしたツイートを見ると、既に実施されているのではないでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ホワイトハットが今指揮しているのか?インタビューwithミシェル・フィールディング Part 1
(前略)
もう一つの懸念、噂が流れているのがナノボットが空気や水、肉などに入っているのではないか?という事でしたので、これも質問してみました。

答え:まだだ。

質問:まだだ、とは?
答え:必要になったら、それが実施される可能性がある。

質問:必要とは?
答え:軍、ホワイトハットの計画で、万が一、第二回目の生物兵器アタックがあった場合に、テスラーのヒーリング・テクノロジーが必要になった時だ。
(中略)
万が一、第二回目の生物兵器アタックが起きた場合(起きるとは限らない)、テスラーのヒーリング・テクノロジーと連結することが、最も早く有効的にウィルス感染を防ぐことが出来るからだ。
(中略)
ある種のスプレーは既に大気中に撒かれており、これはコロナウィルスを除去するものだった。

質問:何をスプレーしたのですか?ヒドロキシクロロキンですか?
答え:それに似た成分だ。それに加えて液状の炭(チャコール)を撒いた。
(中略)
今後も軍やホワイトハットは、水道、土地、大気に(上記のような)物質を散布する事で感染を抑制する。それ以外にも音波や周波数など多くのヒーリング・テクノロジーが準備されている。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
» 続きはこちらから

妊娠中の女性や、妊娠を望む女性にとって、ワクチン接種は非常に危険! ~イギリスでは、ワクチンの接種により生まれてくる子供の死に直面する女性の数が14週間で2000%増加

竹下雅敏氏からの情報です。
 6月14日の記事で、「日本語の機密文書」の中身について、ロバート・マローン医師(mRNA技術発明者)、ブレット・ワインスタイン博士(進化生物学者)、スティーブ・キルシュ( テック起業家)が語るYouTube動画を紹介しましたが、その動画は現在削除されています。なので、purplepearlさんのツイート動画も、そのうち消されるかもしれません。
 「日本語の機密文書」には、“ファイザー mRNA ワクチン接種後、COVIDワクチンが卵巣に集中している”ことが分かっています。動画の中で、ロジャー・ホジキンソン医師は、“子宮内膜は、組織内の血管が攻撃されると、非常に傷つきやすい…血管は信じられないほど細いんです。…血管が攻撃されるとダメージを受けやすいのです”と言っています。
 「イギリスでは、ワクチンの接種により生まれてくる子供の死に直面する女性の数が14週間で2000%増加」という記事が示すように、妊娠中の女性や、妊娠を望む女性にとって、ワクチン接種は非常に危険です。
 ところが、メディアでは、「妊娠中期~後期は発症すると重症化しやすいので、積極的に接種したほうがいい」という専門家の意見が報じられるのです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)
 
 
 

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 336