アーカイブ: *陰謀

[国家非常事態対策委員会 ]荒れる中東、朝鮮半島統一が加速、イスラエルとイランの戦争etc 〜 着実に世界平和に進む様子が見て取れる

竹下雅敏氏からの情報です。
 フルフォード氏は、冒頭の1分15秒~2分29秒のところで、信頼できる情報源2人から聞いたところ、“朝鮮半島統一が決まった”とのことです。朝堂院大覚氏も、この見解に同意しています。これはかなり大きな情報です。フルフォード氏は、そうなると日本の独立も視野に入ってくると言っています。
 2分29秒~6分56秒のところでは、幾つかの話題に触れています。イスラエルのネタニヤフ首相が追い詰められており、彼が刑務所に入ると、生きて出ては来れないだろう。ネタニヤフに脅されている日本の政治家も多いので、彼が消えるとその影響は大きいと言っています。
 また、ヒラリーの関係では、アメリカ法務省のホームページによると、ウラン疑惑の会社社長が告訴されたとのこと。先週ロシア機の事故があり、7~80人が死んだが、これはロスアトムというロシアの会社がクリントン財団に献金をしてウランを買ったので、そのロシア側の役員が殺されたということ。証拠隠滅のためだろうと言っています。
 先週、数百名のロシア人の傭兵が、シリアでアメリカ軍によって殺された。彼らはアメリカが占拠している石油施設を攻撃したために殺されたのだが、これはおそらく、ネタニヤフその他の人たちが逮捕を免れるために、第三次世界大戦を起こそうとしたのではないか。米露の正式な軍は挑発に乗る気配はないので、こうした工作は不発になるだろうと言っています。
 グアンタナモは、すでに1万3,000人が逮捕されて満杯なので、現在違う場所を作っている。日本は、おそらく4月、5月頃になるだろうと言っています。
 8分45秒~10分5秒では、イスラエルがシリアを空爆しようとして戦闘機が撃墜されてしまったが、今回のイスラエルによるシリア攻撃は大敗北であったというのが、専門家の共通の見解だとのことです。
 10分17秒~11分2秒では、ネタニヤフに対する刑事告訴の理由は、彼がパレスチナとの和平を邪魔しているからだということです。パレスチナ問題と朝鮮半島の問題が解決すれば、世界平和に向かう。その動きの中で、このネタニヤフ排除の動きが起こっていると言っています。
 11分34秒~12分22秒では、北朝鮮の核技術の大元は日本。日本は5,000発の核を持っている。情報源は、ロシアのエリツィン大統領のマスコミインタビューだとのこと。この話は、以前もしたはずだが、スルーされたと笑っています。
 14分55秒~16分2秒では、朝鮮半島と日本は、中国に吸収されないようにするという共通の利害があるので、仲良くした方が良い。アメリカ軍は半島の統一を保証するために、38度線あたりに残ると聞いていると言っています。
 動画を観たところ、世界平和に向けて着実に進んでいる感じです。朝鮮半島の統一に関しては、板垣英憲氏の情報とフルフォード氏の情報が一致してきたと思います。後は、シオニストたちを力で捻じ伏せることになるわけです。核戦争といった大きな戦争にはならないというのが、フルフォード氏の見解ですが、私もそう思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
荒れる中東、朝鮮半島統一が加速、イスラエルとイランの戦争etc【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会
配信元)

[元CIA高官ケビンシップ] トランプ大統領が影の政府とディープステイトを震えあげさせている …いよいよ歴史が変わる

竹下雅敏氏からの情報です。
 藤原直哉氏が、元CIA高官ケビン・シップ氏の話を紹介しているようです。記事によると、シャドーガバメント(影の政府)とディープステート(DS)を区別しているようです。しかし、 CIAはディープステートの屋台骨であると主張している人もおり、あくまでもこの分類は、ケビン・シップ氏独自のものだろうと思います。
 実際には、バチカンも、イタリアの黒い貴族も、秘密の宇宙プログラム(SSP)も、世界の脅威である事は明らかです。加えて、レジスタンス・ムーブメントとコーリー・グッド氏が接触した古代地球離脱文明の7グループがあります。前者は、表あるいは裏のイルミナティと考えても良いと思います。レジスタンス・ムーブメントと古代地球離脱文明は、カバールではありませんが、彼らと密接に関わって動いており、様子を見ていますが、悪から手を引く気配がありません。
 特に、古代地球離脱文明の方は狡猾で、コーリー・グッド氏を仲介者として、まるで自分たちがカバールと対峙する正義であるかのように振舞っていますが、実態はまるで違います。
 事実、これまでずっとカバールともイルミナティとも言われている邪悪な連中と同盟関係にあったにもかかわらず、カバールが彼らを裏切って、自分たちを滅ぼし奴隷にしようとしていることを知った時に、慌てて同盟を組んでカバールの攻撃から身を守ろうとしたのが、古代地球離脱文明の7グループだということは、コーリー・グッド氏がはっきりと説明しています。
 彼らは、直接悪事をなさずカバールにやらせておいて、自分たちはアセンションなどのくだらぬ情報で、地球上の人々を煙に巻いていたのです。現在でも、地球上で起こっているネガティブな現象のほとんど全てに、彼らが関わっています。
 これまでの悪事により、彼らの王家は廃絶されることになったはずです。彼らの行動計画は一貫して、地上の人類を滅ぼすことです。なので、彼らが望んでいるソーラーフラッシュによって地上の文明が破壊され、大混乱になり、多くの人々が混乱の中で死んでいくことを、彼らは待ち望んでいるのです。
 この邪悪な性癖はどこから来るのかは、何度も時事ブログで言っているように、彼らの選民思想にあります。ここを彼らが反省し改心しなければ、彼らが先に滅ぼされることになるという事を、ここで警告しておきます。
 おそらく彼らは、今日のこのメッセージを知ることになると思います。彼らに今日起こった事を考えれば、私の警告は真剣に受け止められるだろうと思っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
藤原直哉「トランプが戦争屋を脅している」
転載元)
藤原直哉さんの話です。
http://fujiwaranaoya.main.jp/180124.mp3←音声講演です。お聞きください。
いかに、その要約を示します。

『トランプ大統領が紛争屋を震えあげさせている』

(中略)

<元CIA高官ケビンシップの話>
トランプが本物かどうか、どこで判断したか
CIAが作った自由シリア軍のCIA予算を廃止した。
戦争屋には二種類ある
シャドーガバメント(影の政府)CIA 国務省 通信・金融・情報→諜報機関
膨大な予算を議会も通さず牛耳っている
ディープステート(DS) 国防総省 軍産企業 戦争で飯を食う
この二つが議会、国民のチェックを受けずに、法の適用も受けずに勝手にやっている。
こういう組織はFRBから金をもらうこともある。
DSは議員に金を使って実現する。
戦争屋に有利に法案を制定する。

(中略)

911から、あからさまに、ディープステートが表に出てきた。

(中略)

クリントンが負けたのが年貢の納め時であった。

(中略)

影の政府の資金源 人身売買は麻薬密売より大きいビジネス

とんでもない悪い連中である。
情報は恐怖で縛り付けているが、
情報が出てしまえば、止めることはできない。

(中略)

トランプは小児性愛の連中から命狙われている。ありそうな話。
そういう連中も年貢の終に納め時がきた。
朝鮮半島も戦争なしで終わる。

(中略)

中東 いよいよハルマゲドン、イスラエルをどうするか。
イスラエルを前に出して、前に躓いた。いい戦い方だ。
歴史が変る。アメリアが変る。
アメリカ衛星国日本も変わる。新しくなるだろう。
————————————————————————
配信元)
 
 
 

 

ハワイのミサイル発射事件は表のイルミナティの仕業〜秘密宇宙プログラムの兵器を地球同盟が迎撃! 地上と宇宙で並行して駆逐されている悪!

竹下雅敏氏からの情報です。
 ハワイに向けてミサイルが発射され、それが破壊された件ですが、“誰が…弾道ミサイルを発射したのか”については、様々な情報が入り乱れており、今のところ確定したものはないようです。一部には、イスラエルの潜水艦が発射したものだという見解がありますが、私にはそうは感じられません。
 私の見解は、冒頭の記事で取り上げられている、“ディープステートの仕業”であり、コーリー・グッド氏の言う秘密の宇宙プログラムによるものだと考えています。
 コブラは、“ハワイのミサイルは…秘密宇宙プログラムの兵器”と言っており、ここまでは私と同じ見解なのですが、ミサイルが“銀河連合によって排除”されたと言うのは、違うと思っています。以前コメントしたように、銀河連合ではなく地球同盟が迎撃したのだと考えています。
 コブラは、カバールの中で最近問題を起こしている主な派閥として、イルミナティ離脱複合体(IBC)の名を挙げています。初めて聞く名称ですが、コブラによると、イルミナティネットワークから離れて地下に入った連中で、独自の秘密宇宙プログラムを発展させたとあります。キメラ配下とあることから、これは、私が表のイルミナティとして分類している方のグループだということになります。彼らが、ドラコやレプティリアンと協力しているのは当然です。
 時事ブログでは、ハワイのミサイル発射事件を表のイルミナティの仕業だとしているので、コブラの見解に非常に近いことがわかります。
 彼らは現在、徹底的に駆逐されているところで、おそらく近いうちに完全排除されるだろうと思っています。中東でテロリストグループが次々と滅ぼされているのと似ています。地上と宇宙で並行して、悪が駆逐されている感じです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米政府機関の閉鎖 10日間の暗闇
引用元)
(前略)

http://exopolitics.org/the-secret-navy-behind-the-ballistic-missile-attack-on-hawaii/
(一部のみ)
1月20日付け

誰がハワイに向けて弾道ミサイルを発射したのか。
中国でもイスラエルでもありません。CIA、ディープステートの仕業です。
1987年にハワイの故イノウエ上院議員が語った内容から:
アメリカには表の政府以外に影の政府が存在し、(米軍ではない)独自の空軍、海軍、資金集め機構を持っています。影の政府は国益と称する彼らの利益のためなら何でもできる立場にあります。また、彼らが資金をどのように集めどのように使おうとも自由であり法の適用を受けません。アメリカには独自に資金を調達、拠出している極秘機関が存在し、政府軍の指揮下にない独自の空軍、海軍を持っています。彼らは秘密の軍艦(ダークフリートと呼ばれている)や軍用機、戦闘機を所有しており、それらはディープステートが実行している秘密の宇宙プログラムに使われています。
Goode’s confidential Earth Allianceによれば、影の政府はNATOの防衛軍事演習やヨーロッパの諜報機関とも関連しています。そして影の政府を運営しているのがCIAです。
ダークフリートは彼らの目撃を達成するために開発されました。

http://beforeitsnews.com/alternative/2018/01/q-announces-tendarkdays-dont-be-afraid-of-the-dark-video-3589594.html
(概要)
1月21日付け

10日間の暗闇の日々:怖がらないでください。
Qは、米政府機関の一部閉鎖を予測していました。つまり、政府機関が再開するまでに様々なことが実行されることになると思います。2015年にトーリー・スミス氏がマイク・ペンス氏は小児性愛犯罪者だと語っていました。その後、スミス氏は殺害されました。

(以下略)
————————————————————————
オペレーション・ミョルニル
引用元)
(前略)

最近問題を起こしている主な派閥は、いわゆるイルミナティ離脱複合体(IBC)です。IBCはキメラ配下のネガティブ派閥であり、1996年のアルコン侵攻の間、地表のイルミナティ・ネットワークから離れて地下に入りました。IBCは、各地下都市を超高速列車でつなぐ独自のネットワークを構築しています。

(中略)

イルミナティ離脱複合体は地下で、地球に以前からいたドラコやレプティリアンおよびアルコン侵攻のあった1996年から1999年の期間にこの太陽系に入ってきたドラコやレプティリアンと協力していました。2014年にイルミナティ離脱複合体の上層部が、キメラに引き継がれました。1996年より、IBCはドラコ艦隊といわゆるダークフリートの両方と協力している独自の秘密宇宙プログラムを発展させました。現在、クローキングされた重要なシップを有する本秘密宇宙プログラムは、サブルーナー空間に存在する最も強力でネガティブな派閥であり、オペレーション・ミョルニルの主要な焦点となります。

(中略)

また、イルミナティ離脱複合体は、ライトワーカーとライトウォーリアに対するひどいスカラー攻撃、指向性兵器攻撃、特に2017年11月に始まった電流波攻撃を行っています。

(中略)

ハワイのミサイルはハワイに向けられた秘密宇宙プログラムの兵器であり、大気圏に突入する前に銀河連合によって排除されました。

(以下略)

[プーチン大統領] 法王フランシスを公然と非難し、彼を「サタンに奉仕する者」だと暴露

竹下雅敏氏からの情報です。
 この記事は、強烈ですね。プーチン大統領が、フランシスコ法王のことを公然と非難し、“悪魔の使用人”と言ったとのことです。
 時事ブログでは、以前からフランシスコ法王は悪魔崇拝者であると断言しています。小児性愛事件での証拠も上がっていることをお伝えしています。
 2007年以降の天界の改革に並行して、2011年以降は地上でも変化が加速しました。フランシスコ法王は改革に積極的で、フルフォードレポートに於いても、好意的に見られていたと思います。
 フランシスコ法王もイエズス会の代表も、プラズマ体のレベルですが改心し、神々の計画に協力するはずだったのですが、その後、転落してしまいました。彼らが、今後救済される見込みはないと思います。
 プーチン大統領の発言は、このことを明確にしたものです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
プーチン:法王フランシスはサタンのために働いている
ロシア大統領ウラジミール・プーチンが、カトリック教会のトップを暴露
転載元)
(前略)

Jay Greenberg, www.neonnettle.com
January 5, 2018


プーチンが、法王フランシスを、サタンの手下だと暴露した(訳者:現実に面談したわけではない)





ロシア大統領ウラジミール・プーチンは、法王フランシスを公然と非難し、彼を「サタンに奉仕する者」だと暴露した。 http://www.neonnettle.com/tags/vladimir-putin

ロシアのリーダーは、公然と、カトリック教会のリーダーの正体を暴露し、彼はキリスト教信仰を代表する者でなく、彼の忠実な信徒を間違った方へ導く計画をもった、悪魔の使用人であると言った。 http://www.neonnettle.com/tags/russia

今再び、プーチンは、グローバル・エリートに立ち向かい、世界の市民を擁護することによって、世界がずっと前からもっている、最も洞察力ある、最も正直なリーダーであることを証明した。 http://www.neonnettle.com/tags/elite

(中略)

このロシア大統領の声明は、彼がクロンシュタットの、セント・ニコラス海軍寺院を訪問したときに発表されたものである。 https://antoniusaquinas.com/2017/08/07/vladimir-thegreat-sums-up-pope-francis-the-fake/

プーチン氏は、簡潔に、法王フランシスが何でないかを要約している:――

「もし彼(法王)が言っていることを見回してみるなら、彼が神の人ではないことは明らかである。

「少なくともキリスト教の神でなく、聖書の神ではない。

彼は、伝統的なキリスト教の価値を破壊しようと画策する、サタンに奉仕する者 だ。


(中略)

簡単に言えば、ホルヘ・ベルゴリオは、法王の仮面をかぶっている俗人にすぎない。

(中略)

法王フランシスが、プーチンや他の洞察力ある評者が言ったように、キリスト教の詐欺であるだけでなく、世俗的な問題でも、彼はネオ・マルクス主義者、“一世界政府”主唱者、国境開放と大量移民の推進者である。言い換えれば、まだ残っている西洋文明に対する、敵である。

プーチン氏は、彼の「世俗的な罪」を正確に説明している:――

「法王フランシスは、世界中の弱い人々、その地位のために彼を信頼する人々に対して、危険な、極左の政治イデオロギーを押し付けるために、自分の発言の場を利用している。

彼は、“一つの世界政府”と、地球的共産主義の抑圧のシステムを夢見ている。

「我々がこれまで、共産主義諸国に見てきたように、この制度は、キリスト教とは相容れないものである。」

(中略)
» 続きはこちらから

30人の子供を強姦したペド聖職者が教会の外に吊るされて発見 ~人々が真実を知れば、フランシスコ法王も同じ運命~

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事の冒頭の写真を見ただけで、このペド聖職者が、人間でないのがよくわかります。こうなると、人間の皮を被ったレプ、あるいは深海魚といった感じです。
 30人の幼い少女をレイプした事を認めたこの男を、教会は、“罪に当たる事は何もやっていないと判定”し、フランシスコ法王は彼を他の教会へ配置換えという、“より情け深い”処置を与えたようです。
 さすが悪魔崇拝のフランシスコ法王は、自分の仲間には実に情け深い。もともと悪魔が作ったキリスト教の教えである、“愛と赦し”を実践して見せたようです。
 スケールも悪の度合いも全く異なりますが、“あべぴょんとその仲間たち”と同質のものを感じます。いわゆるジャイアニズムで、法の上に居る自分たちは、裁かれることが無いというものです。
 しかし、彼らがどう思おうが、事実は異なっており、人々が真実を知れば、フランシスコ法王もこの殺されたペド聖職者と同じ運命が待っています。
 彼らは、悪魔サタンが守ってくれるから大丈夫だと思っているのでしょうが、現実にはセントラルサンから降り注がれる光によって、全ての悪が一掃されることになります。逃げ道はないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
30 人の子供を強姦したエイズ感染者のペド僧が、教会の外に吊るされて発見
教会からは許されたカトリック僧が、自警団によって殺される
転載元)
(前略)

Jay Greenberg, www.neonnettle.com
December 24, 2017

ペド聖職者 Jose Garcia Ataulfo は、30 人の子供をレイプしたが、カトリック教会によって許された


HIV に侵されていて 30 人の子供をレイプし、有罪の判決を受けながら、ヴァチカンによって許されたペドファイル聖職者が、彼の教会の外で、死んでいるのが見つかった。
http://www.neonnettle.com/tags/vatican http://www.neonnettle.com/tags/pedophile

今年(2017)初めに、カトリック僧ホセ・ガルシア・アトルフォは、南メキシコ、Oaxaca(オアハカ)において、5 歳から 10 歳までの 30 人の幼い少女を、レイプしたことを認めた 。 http://www.neonnettle.com/features/891-pedophile-priest-with-hiv-who-raped-30-children-forgiven-by-church

アトルフォは、教会から、罪に当たることは何もやっていないと判定され、彼がレイプしたと知られている、子供たちを性的虐待したすべての場合、自分が HIV に感染していることを自覚していたにもかかわらず、いかなる犯罪の告訴も受けなかった。

子供を虐待する僧侶に対する、法王フランシスの “より情け深い” 処置の一例として、アトルフォは、“祈りと自分の罪に対する許し” を求めるべく、他の教会へ配置換えされた。
http://www.neonnettle.com/tags/pope

今あたかも、彼の過去が彼に追いついたかのように、彼の死体が、Villa Alta という田舎の、彼の新しい教会の外で、磔にされた状態で見つかった。

アトルフォは、大きな樹の枝からぶら下がった木の棒に、縛り付けられた状態で見つかった。見つけたのは、日曜のミサのためにやってきたが、教会が閉ざされていることに気づいた、彼の会衆だった。

地方の警察によると、彼は磔になる前にぶたれ、生殖器は「取り除かれ」て、口の中に押し込まれていた。 http://www.neonnettle.com/tags/police

彼はまた、道路用の熱いタールを、頭のてっぺんから注がれており、それは彼が吊るされた後、まだ生きている間に、「拷問」としてなされたもののようだった。

彼の僧服ははがされて、床の上で燃やされ、かわりにぼろ服を着せられて、次のような言葉を彫り込まれた木の板を、手に釘で打ち込まれていた。
 
私は神の人ではない
私は悪魔だ
私は地獄で私の罪のつぐないをする

警察は、この犯行は「テンプル騎士団」と呼ばれる、暴力的な麻薬ギャングによるものではないかと言っている。

「テンプル騎士団カルテル」(スペイン語:Los Caballeros Templarios)は、メキシコの犯罪組織で、滅亡した La Familia Michoacana 麻薬カルテルの残党からなり、残忍な処刑によって知られている。 https://en.wikipedia.org/wiki/La_Familia_Michoacana

地方のメディア報道によれば、アトルフォには過去の犯罪のために、“首の値段”がついており、このカルテルは、彼の配置転換先がどこかを、聞き出したものと考えられる。

報道陣に対し、警察の担当官 Manuel Moreno Rivas はこう話した:――
 
これはあるカルテルによる仕事のようです。だから我々は、これについては、どんな解答も得られないものと思っています。

「この事件は、自殺として片づけてもいいようなものです。

「これについては、誰も嘆く人はいないと思いますが…どうですか?

我々は、この男が子供たちに何をしたか聞いています。だからもう、ここで打ち切っていいでしょう。

(中略)

2017 年初めに、法王フランシスは、教会はペドファイル聖職者を、別の教会に配置換えし、彼らを罰するよりも援助を与えることによって、罰則を軽減する予定であると発表した。
http://www.neonnettle.com/features/752-pope-francis-reduces-penalties-for-priests-whohave-sex-with-children

法王は、この異論の多い措置は、「より慈悲深い教会」を作るために考えたものだと言った。

(以下略)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 221