アーカイブ: COVID-感染力・死亡率

新型コロナウイルスによる死亡者の約9割が、過体重の人が多い国で発生! ~中等症II(呼吸不全あり)の患者の96%が「メタボリックシンドロームの基準」に該当

竹下雅敏氏からの情報です。
 新型コロナウイルスによる死亡者の約9割が、「過体重の人が多い国で発生した」というのです。それにしても世界肥満連盟(World Obesity Federation)という組織があるのですね。
 記事の引用元には、過体重有病率が50%を超える30カ国ほどの「100万人当たりの死亡率」が一覧表になっています。時事ブログの「メキシコ便り」のメキシコは16位で、過体重有病率64.6%になっています。
 こうなると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化要因は、5Gではなくて過体重ではないかという感じです。私は、5Gは確実に免疫力を下げるので危険だと思っていますが、過体重はそれ以上に怖いという気がします。
 厚生労働省が自治体や医療関係者向けに「コロナ自宅療養者への医療提供」と題した講演会を開催したとのことです。“中等症II(呼吸不全あり)の患者の96%が「メタボリックシンドロームの基準」に該当する”というのだから、厚生労働省は重症化リスクの指標が「メタボリックシンドロームの基準」であることを知っているわけです。
 ですから、この基準に従ってワクチン接種が望ましい人と、そうでない人を分ければ良いわけで、子供にまでワクチンを打たせようとするのは論外であることが分かります。
 “続きはこちらから”の記事によると、「世界的な肥満は1975年以降ほぼ3 倍…新型コロナウイルスの死亡リスクには高血圧、糖尿病、肥満、心血管疾患など糖質過剰症候群のオンパレード」だと書かれています。
 日本では沖縄での感染拡大が良く報じられています。かつては平均寿命が日本1だった沖縄ですが、“男性の平均寿命は…2000年には全国平均以下の26位まで落ち込み…男性の46%、女性の26%が肥満で全国ワースト1位”だという事です。
 原因は「食の欧米化」にあるようで、“米軍基地が沖縄に来たとき、同時にアメリカの食文化(洋食やファストフード)も入ってきました…沖縄県はファストフード店の土地あたりの店数が日本1”なのだそうです。
 コロナちゃんは私たちに、「普段の生活を、本来の在り方に戻せ」と言っているようですね。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
肥満と新型コロナウイルス死亡率
新型コロナウイルスによる250万人の死亡のうち約220万人は、過体重の人が多い国で発生したと、世界肥満連盟の報告書は述べています。成人の50%以上が過体重であるイギリス、イタリア、アメリカなどの国では、新型コロナウイルスに関連する死亡の割合が非常に高くなっています。

その報告書の図を見ると見事に過体重の有病率が50%を超える国で多くの人が死亡しているのがわかります。(図は報告書より)



縦軸は新型コロナウイルス(人口10万人あたり)の死亡率で、横軸は過体重(BMI以上)の成人の有病率です。r =+0.547の有意な相関を示しています。
 
見るからに明らかなように、過体重の有病率が約50%を超える国でのみ高い死亡率を示しています。
(以下略)
————————————————————————
新型コロナウイルス感染で重症化するのはほとんどが糖質過剰かもしれない
会員制のサイトなので一般の人ではページが開けないかもしれませんが、非常に興味深い記事があったので、気になった部分の要点だけ書きたいと思います。(記事はここ

厚生労働省が自治体や医療関係者向けに「コロナ自宅療養者への医療提供」と題した講演会を開催。そこで新型コロナの診療にあたる医師が講演。
(中略)
最近、診察依頼のあった中等症II以上の患者(30-50歳代の男性が中心)に対し、往診・採血を実施したところ、96%がメタボリックシンドロームに該当し、「基礎疾患なし」とされていたケースの27%に耐糖能異常が見つかった。中には空腹時血糖が約400mg/dL、HbA1cが約13%以上という患者もいた。

「このような糖尿病予備群に該当する患者に血糖管理を行うことなく、高用量ステロイドを使えば糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)のリスクも高まる」と、ステロイド投与前のリスク評価の重要性を強調した。
(中略)
重症化する人の多くには恐らく、それなりの異常があると思います。メタボも耐糖能異常も糖質過剰症候群です。糖質制限で重症化をゼロにはできないかもしれませんが、大きくリスク低下ができるはずだと思います。

» 続きはこちらから

Long-COVIDになるかどうかは腸内環境が大きく関係しており、毎日の食事が大切 ~「免疫」という観点から一つに繋がる、腸内環境と肝臓、脳、迷走神経

竹下雅敏氏からの情報です。
 新型コロナウイルス感染症では、Alzhackerさんが大車輪の活躍をしています。コロナ騒ぎを通して、専門家と呼ばれる人たちが無能集団であることが誰の目にも明らかとなり、大手メディアに出演して偉そうなことをのたまわっている専門家ではなく、いわゆる町医者と呼ばれる人たちが、私たちの味方であることも分かりました。
 コロナ治療の専門家によって、ほとんど無視されているLong-COVID(コロナ後遺症)ですが、「腸内細菌叢の異常が持続している人は、いわゆるLong-COVIDだ」とのことです。これは非常に興味深い。
 「特別に処方されたプロバイオティクスを投与された25人の患者は、標準的な治療を受けた30人の対照群に比べて、腸内の善玉菌のレベルが高く、COVID-19から完全に回復する可能性が高く、血液中の炎症分子のレベルも低かった」ということですから、Long-COVIDになるかどうかは腸内環境が大きく関係しており、毎日の食事が大切だという事になります。
 ひょっとすると「癒やしのうんこ」は、Long-COVIDに非常に効果があるのかも知れない。7月11日の記事で紹介したように、“COVID-19の治療法として、他人の糞便を腸内に移植する「糞便移植(FMT)」が効果的である可能性が指摘”されているからです。
 8月23日の記事で、「若く基礎疾患なくてBMI 22と肥満もないのにコロナ肺炎で入院になる人は脂肪肝があります」というツイートを紹介しました。「肝臓はまさに免疫系のキモ」であり、脂肪肝がコロナ重症化のリスク因子であることは間違いないという事でした。
 「肝臓は免疫系のキモ」で脂肪肝がコロナ重症化のリスク因子であり、「腸は免疫機能を担う身体内で一番大きな臓器」でLong-COVIDになるかどうかは腸内環境が大きいという事になります。
 “続きはこちらから”をご覧ください。うつ病患者は腸に炎症があるケースが多いという事なのですが、慶應義塾大学を中心とするグループが世界で初めて、「腸内細菌情報を肝臓で統合し脳へ伝え、迷走神経反射によって腸管制御性T細胞の産生を制御する機構が存在する」ことを明らかにしたというものです。
 腸内環境と肝臓、脳、迷走神経が「免疫」という観点から、一つに繋がっていることが分かります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
 

» 続きはこちらから

Qをダシに使ったサイトの情報は、意図的にフェイクニュースを流している!

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の記事は、読者の方から提供された記事の引用元を、機械翻訳にかけたものです。案の定、年中フェイクニュースを垂れ流しているサイトが出てきました。トランプ元大統領が幼子を抱えて助け出すイメージを用いた印象操作が、目に飛び込んできます。
 私はQグループを信頼していますが、Qをダシに使ったこうしたサイトの情報を一切信用していません。引用元をご覧になると、「波動」が悪いのが分かるはずです。年中ウソをついていると波動は闇に落ちます。
 今回は、“シンガポール保健省が、Covid-19 はウイルスとして存在するのではなく、放射線を浴びた細菌が血液中に血栓を作り、人を死に至らしめると発表した”というフェイクニュースが出てきます。
 4月27日の記事で、“ロシア保健省が、COVIT-19感染者は、ウイルスで死ぬのではなく、5G光線に曝された特殊な細菌が静脈と神経に血栓の形成をもたらすために死ぬと発表した”というフェイクニュースを紹介し、本当のロシア保健省の公式サイトには、“COVID-19を引き起こすウイルスは、SARSを引き起こすウイルスと同じウイルス科に属していますが、別のウイルスです”と、今でもはっきり書かれていることを示しました。
 2つ目の記事は、この時のフェイクニュースと同じ内容のものです。冒頭の記事は、この「ロシア保健省 コロナ詐欺が判明」と題する2つ目の記事の内容を、単に焼き直したものです。このように、Qをダシに使ったサイトの情報は、意図的にフェイクニュースを流しているとしか思えません。
 “続きはこちらから”の最初の記事をご覧ください。2020年2月11日という早い段階で、ロシア保健省の公式サイトは、「武漢の肺炎ウイルスは自然のものではなく、組み換えウイルスである」と公式に発表しているのです。このことは、2020年2月22日の時事ブログの記事で既に紹介しています。
 冒頭のフェイクニュースに戻りますが、これほどウソがバレバレの記事も珍しいです。当のシンガポール保健省へのリンクがありません。このような世界を揺るがす革新的な発表をしたのであれば、“世界で初めてCOVID-19の遺体のオートプシー(死後解剖)を行った”のはどの機関で、日時はいつなのか、そして血栓を作り出し患者を死に至らしめるという細菌の名前、あるいは遺伝子情報が掲載されているはずなのです。
 また、COVID-19 の遺体の解剖が、今になるまでどこの国も行っておらず、シンガポールが世界で初めて死後解剖を行ったなどという戯言を、どうしたら受け入れられるのでしょう。2020年5月21日の記事「COVID-19死亡患者12例の剖検で58%にDVTあり」には、ドイツのHamburg-Eppendorf大学医療センターがCOVID-19死亡患者12人の解剖を行ったとあります。この点だけで、冒頭の記事がフェイクニュースであることは確定します。
 私が分からないのは、この様に少し考察すれば、明らかにフェイクニュースだと分かるものを、なぜ単純に「陰謀論者」は信じるのだろうという事です。彼らの、“頑なに新型コロナウイルスの実在を拒む精神状態”が、私には謎なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
2021年8月23日付でGCRを介して共和国を復旧
引用元)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
(中略)
Qの世界救済計画は、実は世界規模の軍事的サイオプスティングオペレーションであり、あらゆるシナリオが綿密に計画された台本付き映画である。
 
「空が落ちてくる週」に備えよう(アリゾナ州の監査が明らかに?) ...Q
(中略)
ジュディ注:8月22日(日)に報道されたフレミングの軍事情報コンタクトによると、新しい通貨レートは24時間以上以内(8月23日(月)朝8:30am EST)に固定されるとのことです。8月22日
(中略)
シンガポール保健省。シンガポールは、世界で初めてCOVID-19の遺体のオートプシー(死後解剖)を行った国となりました。徹底した調査の結果、Covid-19はウイルスとして存在するのではなく、放射線を浴びた細菌が血液中に凝固して人を死に至らしめることが判明しました。Covid-19病は、人間に血栓を作る原因となり、静脈に血液が固まり、脳や心臓、肺に酸素が行き渡らないために呼吸が困難になり、人はすぐに死んでしまうことが分かったのである。
 
呼吸力不足の原因を探るため、シンガポールの医師はWHOのプロトコルに耳を貸さず、COVID-19の解剖を行った。医師が腕や足などを開いて丁寧に調べたところ、血管が拡張して血栓ができており、血流が阻害され、さらに体内の酸素の流れが悪くなって死に至ることがわかった。この研究を知ったシンガポール保健省は、直ちにCovid-19の治療プロトコルを変更し、陽性患者にアスピリンを投与しました。100mgとImromacを服用するようにしました。その結果、患者は回復し始め、健康状態も改善していきました。シンガポールの保健省は、1日で14,000人以上の患者を避難させ、家に帰しました。
 
科学的発見の期間を経て、シンガポールの医師たちは、この病気が世界的なデマであることを説明し、「血管内凝固(血栓)にほかならず、治療方法は抗生物質の錠剤、抗炎症剤、抗凝固剤(アスピリン)を服用すること。これは、この病気が治ることを示しています。他のシンガポールの科学者によると、人工呼吸器や集中治療室(ICU)は必要なかったそうです。そのためのプロトコルがシンガポールではすでに発表されている。中国はすでにこのことを知っていますが、その報告書を公開していません。
 
この情報をあなたの家族、隣人、知人、友人、同僚と共有し、コヴィド-19の恐怖を振り払い、これがウイルスではなく、放射線を浴びただけのバクテリアであることを理解してもらいたい。免疫力が非常に低い人だけが注意してください。また、この放射線は炎症や低酸素症を引き起こす。被害者はアスプリン-100mgとアプロニックまたはパラセタモール650mgを服用してください。
(以下略)
————————————————————————
ロシア保健省 コロナ詐欺が判明
引用元)
ロシアは、死後のCovid-19患者を解剖し、大きな発見がありました。 
ロシアは世界で初めてCovid-19の死体を解剖した国であり、徹底的な調査の結果、Covid-はウイルスとして存在しないことが判明しました。それはグローバルな詐欺です。人々は「拡張電磁放射(毒)」で死にます。  

科学的発見の期間の後、それがウイルスであると仮定することはできませんが、むしろ死を引き起こし、静脈と神経に血栓の形成をもたらす細菌であり、これらの細菌のために患者は死にます。
ロシアはウイルスを打ち負かし、「血管の凝固(血栓症)以外に何もなく、治療法は無傷である」と述べた。 抗生物質錠 抗炎症および抗凝固剤(アスピリン)の服用。 これは、病気が治癒できることを意味します。
(中略)  
この情報を家族、隣人、友人、友人、同僚と共有して、Covid-19の恐怖から抜け出し、それがウイルスではなく、単に5G光線にさらされた細菌であることを理解できるようにします。

原因は、免疫力が非常に低い人を傷つけることです。この放射線はまた、炎症や低酸素症を引き起こします。
犠牲者は、エプリン-100mgとアプロニコットまたはパラセタモール650mgを服用する必要があります。
(中略)
この研究のニュースの後、ロシア保健省はCovid-19治療プロトコルを変更し、陽性患者にアスピリン-100 mgを投与し、エンプロマックの投与を開始しました。 その結果、患者さんは回復し始め、健康状態も改善し始めました。 ロシアの保健省は、1日で14,000人以上の患者を退院させて帰国させました。
出典:ロシア保健省。
(以下略)

» 続きはこちらから

未だにCOVID-19の原因が5G、酸化グラフェン、インフルエンザだという人たちが居る! ~感染爆発したイランやインド、メキシコでは5Gは整備されていない

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の記事は、8月23日に紹介した「21/08/16 フルフォード情報英語版」の一部を再掲したものです。8月8日の記事で、“ヨーロッパに亡命した中国人民解放軍の専門家によれば、新型コロナウイルスは、最初に中国広東省でばら撒かれ、次に2019年10月に開かれた「第7回ミリタリーワールドゲームズ」に照準を合わせ、武漢天河国際空港周りでばら撒かれた。しかし、これらは失敗した。そして、11月頃に新鮮市場(華南海鮮卸売市場)でばら撒き、多くの人が感染した”というメイカさんの情報をお伝えしました。
 私は、武漢で大量の死者が出たのは、このように新型コロナウイルスがばら撒かれたことに加え、5Gによる低レベルの電磁波攻撃があったからだと考えています。しかし、フルフォード氏の記述からは、COVID-19は5Gによるもので、新型コロナウイルスによるものではないと考えているように見えます。
 「Covid-19 が世界中に広がっていく様子は、5G ネットワークが整備された場所の地図とぴったり一致した」と書かれていますが、これは誤りです。地図をよく見てください。イランは5Gが整備されていません。しかし、コブラ情報によれば武漢の次に、“武漢とは遺伝子系統の異なるウイルスを韓国、イラン、イタリアにばら撒いた”という事でした。
 現実に、当時のイランでは多くの人が亡くなっています。COVID-19が5Gによるものなら、イランでの感染爆発と多くの死者はどのように説明するのでしょう。
 また、インドやメキシコも5Gが整備されていませんが、感染爆発が起こりました。インドとメキシコはイベルメクチンを用いたことで、感染者数が激減しました。イベルメクチンは、「コロナやインフルエンザなど多くのウイルスの複製を阻害」することが知られています。
 COVID-19の原因はインフルエンザだという珍説がデマであることは、8月7日の記事で既にお伝えしています。
 AyiMayi氏のツイートの動画は既に紹介していますが、もう一度ご覧ください。「SRRS-COVID-2がどのように見えるか、動画をお見せします。…これは、SRRS-COVID-2が存在せずウイルスが分離されていないという意見を持つ人達に非常に重要です。…エクソソームを実際にウイルスと信じたい人達です」と言っています。アンドリュー・カウフマン氏や大橋眞氏、そしてその信者のことですね。
 2020年8月19日の記事で、“アンドリュー・カウフマン氏や大橋眞氏の説は、専門家であれば誰も相手にしないレベルのもので、いちいち反論する時間がもったいない”とコメントしましたが、未だにCOVID-19の原因が5G、酸化グラフェン、インフルエンザだという人たちが居るのに驚いています。
 “新型コロナウイルスの存在証明はない”という人は、動画の12秒のところに写っているものは何だと考えているのでしょう。彼らの主張にしたがえば、これは新型コロナウイルスでも、インフルエンザウイルスでもありません。どちらも彼らの要求する方法では、「分離」されていないからです。では、これは何でしょう。
 これを培養細胞で増やし遺伝子を調べると、インフルエンザウイルスではなく、新種のもので新型コロナウイルスとして登録されているものに一致するのです。それでも、培養細胞で増やした証拠は認めないというのであれば、ここに写っているものの正体を説明する必要があるのは、彼らの方ではないでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
21/08/16 フルフォード情報英語版:2011年3月11日の福島への攻撃とその余波
転載元)
(前略)
米国株式会社のオーナーらは、中国の武漢に大規模な5G電磁波攻撃を仕掛けたのだ。武漢で大量の死者が出たのは、1万本の5G送電塔が起動し、住民が致命的な低レベルの電磁波攻撃を受けた後だったことを思い出してほしい。

「コロナウイルス」だという公式見解は、明らかにナンセンスだ。というのも、もし生物学的な攻撃であれば、パンデミックはまず武漢の郊外に広がり、その後、中国の他の地域にも広がるはずだったからだ。しかし、実際には武漢市内の5Gゾーンに限定されていた。


その後、Covid-19が世界中に広がっていく様子は、5Gネットワークが整備された場所の地図とぴったり一致した。5Gを理解するには、電子レンジの解凍モードを思い浮かべてみよう。電子レンジは約200ワットで動作するが、5Gは約30ワットに相当する。しかし、それが24時間続くと、肺病に似た症状が出る。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

学問的にナンセンスな要求を突きつけ、それに該当する文書(論文)が見つからないという理由で、“コロナの存在証明はない”と主張しているトンデモさんたち

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、“コロナの存在証明はない”と主張するトンデモさんたちが請求している文書とは、「SARS-CoV-2が患者から直接分離された記録。ただし、培養細胞等を経ていないこと。」という条件付きでした。“同様の条件が付くと、ウイルスのみならず、微生物に関しても「分離の証明」は(ほぼ)できなくなってしまう”というものでした。
 4月29日の記事で、新型コロナウイルスは「コッホの4原則」を満たしているという記事を紹介しました。感染症の病原体を確定する条件として、コッホの原則(4原則)というものがあるが、コッホの4原則は「細菌」について提唱されたものなので、ウイルスへの拡大解釈には注意が必要だという事でした。
 細菌とは違って、ウイルスは宿主細胞の遺伝子を利用しなければ増えることができないため、コッホの4原則の2番目の「その菌を分離培養する(純培養)」には、“そのウイルスの感染を許容する、適切な実験動物(培養細胞)を選定する必要”があるのでした。
 ところが、トンデモさんたちの請求は、「培養細胞等を経ずに患者から直接分離された新型コロナウイルス」の文書なので、この様な文書は「見つかりませんでした」という回答になるわけです。
 遠心分離機にかけた上澄み(上清)を濾過して分離したウイルスを、培養細胞を用いて培養しなければ遺伝子を調べることも、コッホの4原則の3番目の「そのウイルスを動物に接種し、類似症状が引き起こされる」を検証することもできません。
 このように学問的にナンセンスな要求を突きつけ、それに該当する文書(論文)が見つからないという理由で、“コロナの存在証明はない”と主張しているわけです。ここからが面白いのですが、「存在証明はない」から、「コロナなんか存在しません、茶番ですよ」にジャンプする人達が後を絶たないのです。
 学問的には新型コロナウイルスは分離されており、「コッホの4原則」も満たしているわけですが、仮に「存在証明はない」としても、その事で「存在しない」という事にはならないのですが…。「ジャンプする人達」の立場からは、“SARS-COV-1(SARS)、インフルA型・B型、破傷風、ジフテリア…おたふく風邪、風疹…”も同様に、「存在証明のないウイルス」なのです。さて、そうすると、「そもそもウイルスの写真がウソ」というツイートに写っているものは何なのでしょう。ウイルスではないですよね。彼らの要求する「分離」ができませんから。
 「千葉真一がコロナで死ぬわけありません! 存在証明もない架空の病気にかかるなんてお笑い草ですよ」ということですが、例えばインフルエンザなどのウイルス感染症で死んだと思われる人の場合、本当の死因は何なのでしょう。インフルエンザウイルスは「存在証明のないウイルス」なので存在しないはずであり、「存在証明もない架空の病気にかかる」はずがありませんから、死因は別にあるはずです。
 トンデモさんたちの見解を支持すると、ほぼ全ての感染症は存在しないことになりそうです。しかし私たちは、風邪やインフルエンザが人から人へと感染することを、経験的に知っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
 
 


» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 24