アーカイブ: COVID-状況(海外)

なぜイベルメクチンが妨害されるのか 〜 ファイザー社がイベルメクチンと同様の作用機序を持つ新薬を開発、ここから見える製薬会社の思惑

 なぜ有効なイベルメクチンの使用がこれほど妨害されるのか、その答えになる記事やコメントが出始めたところに、Sho-Momo様からZERO HEDGEの記事を解説されたタイムリーな投稿をいただきました。ポイントの一つは薬価。「新薬の価格は類似薬がある場合、既存薬の薬価に合わせなければいけない」というツイートがありました。イベルメクチンが正式承認されると後発薬の価格が激安になってしまうわけですね。
 もう一点、重要なことはイベルメクチンの作用機序がエイズの治療薬と同様「プロテアーゼ阻害剤」であること。これらを念頭に、Sho-Momoさんの考察をどうぞ。
(まのじ)
読者の方からの情報です。
 2021/10/04の時事ブログでは、編集長が「イベルメクチンへの迫害が続いていますが、現場のドクターが疥癬の処方のためにイベルメクチンを求めても製造元のマルホ株式会社からは『コロナに使用されないよう出荷制限がかかっている』と回答があるようです。また厚労省も『イベルメクチンの保険診療を認めるか確約できない』と回答し、つまり国会で田村厚労相が答弁した保険適用も虚偽だったことが判明しました。何が何でもイベルメクチンを使用させない方針のようです」と書かれています。

なぜ彼らは、保険適用の虚偽発言をするのか?と考えていたら、この表題のZERO HEDGEの記事を見かけました。この中に、一つのヒントがありそうです。

この記事のように、ワクチンメーカーであるファイザー社が作ったイベルメクチンと同じ機序を持つ詐欺的新薬PF-07321332がローンチ(発売)されるとどうなるでしょうか?
厚労省は保険診療を認め、何が何でもファイザーのCOVID治療薬を使え!と医師のガイドラインに書かれ、ワクチン同様、予算化され大量発注され、ワクチン会社はさらに儲け、出荷制限はなくなり、既存のイベルメクチンは廃番となり、アンチワクチン派も「ファイザー·メクチ~ン」を買うしかない、処方薬もネット通販もファイザー·メクチ~ン、一色になる! どうも、その方向に向かっているかに見えます。

現在、米国では「イベルメクチンは、COVID-19 の予防または治療のために FDAから認可または承認されていない。また、米国立衛生研究所(NIH)の COVID-19 治療ガイドラインパネルは、COVID-19 の治療にイベルメクチンを推奨するには現在データが不十分であると判断している」(北里大学)。日本も追従しています。

その一方で、各国で、イベルメクチンを普及しようとする真摯な専門家や市民の目覚ましい努力が見られ、全米では、新型コロナの救急救命の最前線に立ってきた医師団体、FLCCCアライアンスなどの努力の結果、今では「米国では COVID-19 の患者急増に対応してイベルメクチンの処方が急増」しています。....イベルメクチン処方箋の数も急増し、1日の新規患者数が 13 万人を超えた 8 月 13 日までの 1週間には、米国内の約 48,900 店の処方箋薬局にお いて 88,000 件以上の処方箋による処方が記録されました。これは、パンデミック以前の平均件数 の 24 倍に相当しています。この処方箋件数には入院患者は含まれておらず、全て外来の早期治 療目的の処方であると考えられます。」(北里大学)
しかし、その状況の中で、表題のように、ワクチンメーカーのファイザー社が9月27日、ふてぶてしくも公然と、イベルメクチンと同じ作用機序を持つ治療薬を別の名前で出すと発表しました。「9月27日、ファイザー社が、COVIDに接触したことがある人にCOVIDを予防するためのCOVID予防薬のフェーズ2/3試験を開始すると発表」(ZERO HEDGE)。

しかし、その内容が毎度ながら問題で、「イベルメクチン(Ivermectin)と同じ作用機序を持ち、Covid-19に対するプロテアーゼ阻害剤 protease inhibitor として機能する」治療薬を別の名前で販売する」というもの。
「本薬は、コロナウイルスが体内で増殖するために必要な主要酵素の活性を阻害するように設計されており、HIV感染症の併用療法で広く使用されている旧来の薬剤であるリトナビル(ritonavir)の低用量投与とともに投与される。」(ZERO HEDGE)としています。

この「HIV治療薬とともに使用」するという部分も、気になります。

世界的にパンデミックが広がり始めた2020年1月31日、インド·ニューデリーの研究者らが、新型コロナウイルス(2019-nCoV)にHIVウイルスと「不気味なほど」(Uncanny)類似した4つのアミノ酸残基が含まれていることを発見し、この類似は「自然界で偶然、起こるとは考えにくい」と主張するプレプリントがbioRxivに掲載されました。しかし、多くの批判コメントにより2日後には取り下げられたことが話題になりました( https://current.ndl.go.jp/node/40153 )。
そして、現在に至り、COVID感染者とワクチン接種者いずれもエイズ患者と酷似した症状経過をたどるという研究報告が出ています。

そして、今回発表された、ファイザー社のイベルメクチンと同様の機序の治療薬PF-07321332は、「HIV感染症」の劇薬治療薬と併用して使用される。。。
これは当初から計画されていた、マッチポンプであることがわかります。

ZERO HEDGEの記事の中のツイッターの指摘では:
「 (ファイザーは)現在は PF-07321332 と名前を変えている。これは、イベルメクチンが同じ薬であるにもかかわらず、この薬をイベルメクチンよりも高価にするために行われたもの…..」
「 35年前に作られた安全で効果的な適応外薬であるイベルメクチンに対して”馬の駆虫薬”という中傷キャンペーンを行った後、メディアは実験的なワクチンに続いてファイザーとメルクがEUAを推進している未承認薬を図々しくも賞賛し始めた。」。。

製薬会社としては、イベルメクチンは「30 年以上前から、NTD(顧みられない熱帯病)の制御のために,現在までに 37 億ドーズ以上がアフリカや中南米で使用されてきており,先進国では疥癬の治療薬として高齢者介護施設などで広範に使用されてきている」ので、「 今更、COVID-19 の適応を取得するための開発研究を行っても、その資金を回収できるだけの収益が見込めず、適応拡大を行う意志が無い」。

「イベルメクチンが、可能性がある候補医薬品と判明していながら、その適応拡大を製薬企業が行わず、医薬品の開発には不慣れな大学や医療機関が医師主導型で小規模な治験を行っている現状は、極めて不本意な状況であると思われる。 」(THE JAPANESE JOURNAL OF ANTIBIOTICS 〈総 説〉イベルメクチンの COVID-19 に対する臨床試験の世界的動向 )

このように、大手ワクチン会社は、イベルメクチンという既存製品の適応拡大を図っても儲からない。そこで、イベルメクチンと同じ作用機序を持ち、Covid-19に対するプロテアーゼ阻害剤 protease inhibitor として機能する別名称の治療薬を開発し、WHOや各国政府·厚労省とつるんで認可させ、一気にローンチする。ワクチン同様、世界各国に売りつけ、ワクチンも治療薬も独占的価格設定で市場を寡占化し、安価なイベルメクチンなどの既存薬は廃番となり、大手ワクチンメーカーが作った詐欺的新治療薬に代替されてゆく。ワクチンも治療薬も強制され、全て元は国民の税金から吸い上げる。

そうして、人々は、仕事を失い、AIに置き換えられ、ワクチン接種で健康を害し多岐にわたるLong-COVIDに悩まされ、酸化グラフェンで体内血栓·磁性化し、ナノチップを挿入されバーコード管理され、エイズ同様の経過を辿りながら人口削減されて行く、その間、膨大な治療費で疲弊し、体内はワクチンで持続的にDNA改変されながらナノロボットが暴れまわり、体·心·感情も自由にコントロールされ、AIと繋がり素敵にトランスヒューマンに改造され、「あなたは何も持たないでハッピー」(悪名高き世界経済フォーラム映像)となり、ニューノーマルからGreat Reset(NWO)、オーウェル流1984の世界へようこそ!
ー いやいや、そう上手くは、ゆかないでしょう。

安価で安全で効果が実証されたイベルメクチンを普及しようとする真摯な専門家や一般庶民の努力も、このまま、ワクチン会社が開発した新薬に次々と置き換わると、その努力も泡と消える可能性すら出てきました。

現在の、世界中の製薬会社の空前の新型コロナ治療薬開発フィーバーと、今後出てくる治療薬を、追いかけて行く必要があるようです。
(Sho-Momo)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ファイザー社、「馬用駆除ペースト(馬用イベルメクチ ン)」に酷似したCOVID薬の最終試験を開始
引用元)
米国の、反イベルメクチン・パズルのピースがまた一つ増えたかもしれない。

月曜日、ファイザー社は、COVIDに接触したことがある人にCOVIDを予防するためのCOVID予 防薬のフェーズ2/3試験を開始すると発表した

偶然にも(あるいは、そうでないにせよ)、ファイザー社の薬は、何十年も人間に使われてきた 抗寄生虫剤であるイベルメクチン(Ivermectin)と少なくとも1つの作用機序を共有しており、イベルメクチンはCovid-19に対するプロテアーゼ阻害剤 protease inhibitor として機能し、研究者たちは「その抗ウイルス効果の生物物理学的根拠となり得る」と推測している

驚いたことに、ファイザー社の新薬は、一部の人が冗談で「Pfizermectin(ファイザーメクチン)」 と呼んでいるが、製薬会社の大手は「強い効果を持つプロテアーゼ阻害剤(potent protease inhibitor)」と説明している。


» 続きはこちらから

ABCメディアウォッチの、「実際のCOVID-19患者を起用した重要な健康メッセージが、ソーシャルメディア上で偽物として攻撃されています。私たちは、患者が『クライシスアクター』であるという主張を否定します」という主張の真偽

竹下雅敏氏からの情報です。
 “ルーシー・モーガン医師により録画され…ニューサウスウェールズ保健局が公開”した動画は、クライシスアクターによるフェイクだったというツイートです。ですが、このツイート動画は切り取られたもので、“実際は「クライシスアクターという噂はデマ」という内容”だったという事です。
 NSWは、“最近、ソーシャルメディア上で、当社のビデオに登場したCOVID-19の患者が「クライシスアクター」であるという主張を耳にしたかもしれません。これは事実ではありませんし@ABCmediawatchがこれらの主張を否定しています”というツイートで、元の動画を載せています。という訳で、冒頭のツイートに添付された動画は、一部を切り取った悪質なものだと言えそうです。
 問題なのは、元動画のABCメディアウォッチの、“実際のCOVID-19患者を起用した重要な健康メッセージが、ソーシャルメディア上で偽物として攻撃されています。私たちは、患者が「クライシスアクター」であるという主張を否定します”という主張が本当に正しいのかという事です。
 元動画の最初に出てくる女性は、Youさんのツイートの女性ですが、明らかにきれいに化粧をしています。他の患者と共に健康そうに見えます。私にはクライシスアクターとされる女性と同一人物に見えます。
 動画に出てくる他のクライシスアクターとされる男性もそうなのですが、新型コロナウイルスに感染すると、体外(身体)のチャクラの「波動」が、ムーラーダーラになるのですが、彼らはそうなっていません。ですので、私が見たところ、この元動画に出てくる患者はニセモノだと言うことになります。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)



 
» 続きはこちらから

アメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)は、国家テロリズム勧告システム(NTAS)速報を新たに発表 ~反政府・反権力の暴力的過激派が国家脅威の優先事項

竹下雅敏氏からの情報です。
 アメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)は、国家テロリズム勧告システム(NTAS)速報を新たに発表したという事なのですが、“反政府・反権力の暴力的過激派が国家脅威の優先事項”だと言っています。
 こうした反政府・反権力の暴力的過激派の例として、マスクの着用やロックダウン、ワクチンパスポートに反対する人達や、不正選挙によるバイデンの勝利やトランプの復権に関する陰謀論に関与している人達を挙げています。「法執行機関は、誤った物語や陰謀論の共有が主流の環境で広まり、その結果、個人や少人数のグループが目的を達成するために暴力的な戦術を取るようになるのではないかと懸念を示しています」と言っていますが、トランプ支持者のトランプ復権を願う人たちの中に、カバール側の過激な「少人数のグループ」が潜入していれば、トランプ復権を願う人たち全員が過激派だと見做されかねないし、もしバイデン政権が中国共産党にコントロールされていたならば、こうした潜入者による偽旗作戦で、トランプ支持者を一網打尽にできるのが怖い所です。
 “続きはこちらから”は、米国疾病対策予防センター(CDC)が「遮蔽アプローチの実施」を計画しているというもの。遮蔽アプローチとは、重症化リスクが高い人を安全地帯または「グリーンゾーン」に一時的に隔離するというもの。中国が武漢ウイルス感染者を隔離施設に強制収容しましたが、あれの米国版を計画しているという事のようです。
 「陰謀論」では、“CDC はワクチンを接種していない人を「ハイリスク」と見なしています”とありますが、これはどうでしょうか。最後のツイートの動画は、真偽不明とありますが、恐らくフェイクです。こうしたかたちで人々の恐怖を煽るのが目的でしょう。
 「陰謀論」と「正確な情報」を見分けるのが、難しい時代になりました。私は、今のバイデン政権は中国共産党ではなく、米軍、更にはQグループが支配していると考えていて、Natural Newsのような「陰謀論」には賛同できません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米国国土へのテロの脅威の概要
転載元)
米国国土安全保障省長官は、米国全土で高まっている現在の脅威環境について、国家テロリズム勧告システム(NTAS)速報を新たに発表しました。 米国国土は、2001年9月11日の同時多発テロの20周年記念日や、標的を定めた暴力行為のきっかけとなる可能性があると思われる宗教上の祭日に至るまで、多様で困難な脅威環境に直面し続けています。このような脅威には、国内のテロリスト、不満に基づく暴力に従事する個人やグループ、外国のテロリストやその他の悪意ある外国の影響に触発されたり動機づけられたりするものがあります。これらの行為者は、暴力的過激派のナラティブに影響を与え、それを広め、暴力的活動を促進するために、オンラインフォーラムをますます利用するようになっています。このような脅威は、公衆衛生上の安全対策や政府の規制に対する不満など、現在進行中の世界的な大流行の影響によっても悪化しています。
 
期間
発行日  2021年8月13日02時00分
有効期限  2021年11月11日午後2時
 
詳細
 ・2021年の残りの期間、人種や民族に動機づけられた暴力的過激派(RMVE)および反政府・反権力の暴力的過激派は、米国にとって国家脅威の優先事項であり続けるだろう。これらの過激派は、COVID-19の亜種の出現を利用して、米国内で公衆衛生上の制限が再び設けられる可能性があることを攻撃の理由にするかもしれません。 パンデミックに関連したストレス要因は、社会的な緊張感を高め、国内の暴力的過激派によるいくつかの計画を後押ししてきましたが、今年もさらなる暴力を引き起こす可能性があります。

 ・さらに、9.11テロの記念日に向けて、アラビア半島のアルカーイダは、最近、4年以上ぶりに「Inspire」誌の英語版を発行しました。これは、外国のテロ組織が、暴力的過激派の影響を受けやすい米国在住の個人を鼓舞する努力を続けていることを示しています。

 ・歴史的に見ると、RMVEに関連した国内暴力過激派による大量殺戮攻撃は、礼拝所や混雑した商業施設や集会を標的にしています。RMVEの中には、ネット上で人種戦争を提唱したり、市民の混乱がイデオロギー的な目的を達成するための暴力行為の機会となると述べている者もいます。今後数ヶ月間、学校などの施設が再開され、宗教的に重要な日がいくつかあるため、暴力の機会が増える可能性がありますが、現在のところ、これらの場所に対する信頼できる、あるいは差し迫った脅威は確認されていません。

 ・外国の情報機関、国際テロリストグループ、国内の暴力的過激派など、国内外の脅威の主体は、暴力を助長するような物語をオンラインで紹介、増幅、拡散し続けており、選挙で選ばれた議員、政治的代表者、政府施設、法執行機関、宗教団体や商業施設、イデオロギー的に対立すると思われる個人に対する暴力を呼びかけています。また、複数のオンラインプラットフォーム上で、DVEのイデオロギーや、不正選挙や復権疑惑に関する陰謀論、COVID事件の増加に関連して予想される規制への対応などに関連して、具体的ではない暴力の呼びかけが継続的に行われています。

 ・個人的な不満や過激なイデオロギーに駆られた暴力的過激派は、特定のオンラインコミュニティで共有される情報を利用してインスピレーションを得たり、活動の指針を得たりしています。これには、即席爆発装置や小火器の使用に関する情報も含まれます。

 ・暴力的な過激派は、特定のメッセージング・プラットフォームや技術を使用して、差し迫った暴力行為の具体的な警告となる作戦上の指標を不明瞭にすることがあります。

 ・法執行機関は、誤った物語や陰謀論の共有が主流の環境で広まり、その結果、個人や少人数のグループが目的を達成するために暴力的な戦術を取るようになるのではないかと懸念を示しています。多様な脅威が存在する中で、DHSは、一部の地域で暴力の発生が増加したり、法執行機関を標的とした攻撃が行われたりすることで、地域のリソースが逼迫することを懸念しています。

 ・国家レベルの敵対者は、不和をもたらそうとする努力を強めています。例えば、ロシア、中国、イランの政府系メディアは、COVID-19の起源やワクチンの有効性に関する陰謀論を繰り返し報じており、アジア系の人々を標的とした暴力の呼びかけを報じている場合もあります。
 
対応策
 ・DHSは、既知または疑わしい脅威の行為者による偽情報、陰謀論、偽りの物語の拡散に関連するオンライン活動を含め、暴力の呼びかけを引き続き特定、評価し、必要に応じて最新の情報を提供します。

 ・DHSは、一般市民が進化する脅威環境を認識し、疑わしい活動を報告するよう引き続き呼びかけています。

 ・DHSは、州や地域の法執行機関や公共安全機関と連携し、それぞれの管轄区域における潜在的な暴力に対する状況認識を維持し、連邦政府のパートナーとのオープンなコミュニケーションラインを維持しています。

 ・さらにDHSは、権威ある情報源を活用して、誤った情報や意図的な偽情報を否定し、可能であれば先取りするとともに、偽情報や陰謀論、誤った情報のやり取りや拡散に伴うリスクに対する耐性を高めるための教材を提供している。

 ・さらに、DHSは、すべての人のプライバシー、市民権、市民的自由を保護しながら、テロや標的型暴力を特定し、防止することに尽力しています。
 
ご協力のお願い
 ・不審な行動や暴力の脅威(オンラインでの脅威を含む)は、地元の警察、FBIの支局、または地元の核融合センターに報告してください。

 ・精神的な問題を抱えている人や、自分や他人に危険を及ぼす可能性のある人を知っている場合は、サポートを受けることができます。
 
備えと情報の維持
 ・緊急事態に備え、自分を危険にさらす可能性のある状況を常に把握しておく。

 ・デジタルメディアリテラシーを身につけ、誤った情報や有害な情報に対する抵抗力をつける。

 ・周囲の状況や最寄りの警備員を把握しておく。

 ・政府機関では、新たな脅威に関する情報が確認され次第、詳細をお知らせします。一般の方は、地方自治体や公安当局の話に耳を傾けることをお勧めします。
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

デレク・クナウス博士の「コビットは検出されませんでした」とする情報がフェイクニュースである証拠 ~デレク・クナウス博士を名乗る人物は、実は、YouTuberのパトリック・ガネルズ氏だった

竹下雅敏氏からの情報です。
 7月12日の記事で、冒頭のハル・ターナー・ラジオ・ショーのデレク・クナウス博士の情報を紹介しました。デレク・クナウス博士は、“南カリフォルニアで採取された1500個のコビット19陽性と思われるサンプルを検査したところ、ほとんどがA型インフルエンザで、一部はB型インフルエンザであり、コビットは検出されませんでした”と言っていました。
 これは明らかに攪乱情報で、事実ではありません。記事をご覧になると、デレク・クナウス博士は、感染症の名称であるCOVID-19と感染症の原因ウイルスであるSARS-CoV-2を混同しています。どう見ても専門家ではありません。
 また、「この1500個のサンプルを実験室でテストした7つの大学の私たちは、CDCをCovid19の詐欺で訴えています」と言っているのですが、これが事実ならこの事に関する記者会見の様子や、その時の動画が上ってくるはずなのですが、見当たりません。
 これらのことから、この情報はフェイクニュースだと見るべきなのですが、その証拠が上がって来ました。デレク・クナウス博士を名乗る人物は、実は、YouTuberのパトリック・ガネルズ氏だという事です。2つ目の記事の冒頭の画像は、デレク・クナウス博士を名乗る人物が出演している動画からのもので、下にある画像は、パトリック・ガネルズ氏がYouTubeにアップロードした映像です。同一人物です。
 また、多くの国で冒頭の記事と「同じ文章」が、架空のジョー・リゾーリ博士やアンドリュー・ワイ博士の名前や、実在の人物であるロバート・オズワルド博士の名前で拡散されているとのことです。
 “続きはこちらから”は、アンドリュー・ワイ博士の名前で拡散されているものが記事の冒頭に出てきます。デレク・クナウス博士の情報と同じです。デュアン・カーク氏のフェイスブックには、実在の人物であるコーネル大学のロバート・オズワルド教授の写真と共に、「同じ文章」が貼り付けられています。
 当のロバート・オズワルド教授は、コーネル大学のホームページにある「研究の関心」の中で、“COVID-19 は本物です。そうでないようなFacebookの投稿はデマであり、真実ではありません”と言っています。
 これらの「同じ文章」の起源は、2020年12月6日に匿名のユーザーが「Sojourner」というニックネームで書いたコメントだという事です。
 7月12日の記事のコメントで、「デレク・ナウス博士の写真を見れば、明らかに彼は中国共産党の工作員です」と指摘したわけですが、こうした攪乱情報で誰が一番得をするのかを考えれば、こうした指摘が的を外してはいないのが分かると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
デレク・クナウス博士:「COVIDは偽物、病人は実際にインフルエンザ "A "または "B "に罹患している"
引用元)
ハル・ターナー・ラジオ・ショー - 2021年4月10日
 
私は臨床検査技師、COVID-19は偽物、アメリカを目覚めさせよう!
 
私は臨床検査技師ですが、南カリフォルニアで採取された1500個のコビット19陽性と思われるサンプルを検査しました。
 
コッホの定理とSEM(走査型電子顕微鏡)による観察で検査を行ったところ、1500のサンプルからコビットは検出されませんでした。
 
私たちが発見したのは、1500のサンプルのほとんどがA型インフルエンザで、一部はB型インフルエンザでしたが、コヴィドは1例もなく、B.S. PCRテストも使用していませんでした。
 
その後、残りのサンプルをスタンフォード大学、コーネル大学、カリフォルニア大学のいくつかの研究所に送ったところ、私たちと同じ結果が得られ、コヴィドはありませんでした。インフルエンザAとBが検出されたのです。
 
その後、全員がCDCにCOVIDの生菌サンプルの提供を求めましたが、CDCはサンプルを持っていないので提供できないと言いました。
 
私たちは、すべての調査と研究の結果、COVID 19は架空のものであるという確固たる結論に達しました。
(中略)
コビット19のサンプルは、まだ1つも見つかっていません。この1500個のサンプルを実験室でテストした7つの大学の私たちは、CDCをCovid19の詐欺で訴えています。CDCはいまだにCovid 19の生存する単離・精製されたサンプルを1つも送ってきていません。
(中略)
Covidが悪さをしていると言われているのに、どうして世界中のどの研究室でも、このウイルスを完全な形で分離・精製した人がいないのでしょうか? それは、これまでにウイルスが発見されたことがなく、発見されたのはRNAの小片だけで、いずれにしてもウイルスとして同定されなかったからです。
 
つまり、私たちが対処しているのは、毎年のように別のインフルエンザ株であり、COVID19は存在せず、架空のものなのです。
(以下略)
————————————————————————
親トランプ派YouTuberのPatrick Gunnels氏をDr.Knaussとして詐称した反ワクワク派の経緯
引用元)
(前略)
 
写真にはグルジア語で "COVID-19は架空のウイルスだ - デレク・クナウス博士、医学博士、ウイルス学者、免疫学者" というキャプションが付けられています。
(中略)
デレク・クナウス博士(中略)… の名前の医師も、COVID陽性検査について行われた研究も、科学的なデータベースでは見つけることができません。
(中略)
ジョージア州以外にも多くの国で同じ文章が拡散されており、デレク・クナウスの他にも、架空のジョー・リゾーリ博士やアンドリュー・ワイ博士が関わっているという。さらに、実在の人物であるロブ・オズワルド博士のものとする資料もあるが、COVID-19の存在を疑問視する文章はオズワルド氏のものではない。
(中略)
Snopesによると、この文章は12月6日に "Sojourner "という匿名のブロガーがWadeburleson.orgに掲載された記事のコメント欄に投稿して以来、ネット上に出回っているという。しかし、このバージョンでは、どの医師の名前も言及されていません。
(中略)
実は、この写真に描かれているのは、クナウス博士ではなく、YouTuberのパトリック・ガネルズ氏だ。後者は、2019年に作成したYouTubeチャンネル「Reading Epic Threads」を運営しています。
(中略)
クナウス博士が出演しているとされる映像と、パトリック・ガネルズがYouTubeにアップロードした映像を比較すると、同じグレーの背景で撮影されていることがわかります。また、Patrick Gunnels氏は、他の動画でも眼鏡をかけています。


(以下略)

» 続きはこちらから

新型コロナウイルスのワクチン接種部位に磁石をあてると、くっ付く人が居る! ~気になるワクチンの中身

竹下雅敏氏からの情報です。
 ワクチン・マグネット・チャレンジと呼ぶのでしょうか。新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた人たちで、ワクチン接種部位に磁石をあてると、くっ付く人が居るらしい。
 いたずらのフェイク動画か否かが問題ですが、動画から受ける印象は本物のように見える。もしも、これが事実だとすると、ワクチンの中には何が入っていたのだろう?
(竹下雅敏)
————————————————————————
Magnets Sticking to Arms That Had BS-19 Jab...WTF!!!!
配信元)
————————————————————————
Why Are Magnets Sticking To Where People Got Covid Vaccines Injected?! 4 Videos!
配信元)
————————————————————————
BRAND NEW compilation of EVEN MORE Vaccine Magnet Challenge videos! (Magnets sticking to people's arms after COVID Jab!)
配信元)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 15