アーカイブ: *政治経済

新設「デジタル庁」に、海外から人材を受け入れる方針 〜 GAFA関係者などグローバル情報企業に内部情報を差し出す菅・竹中政権

 総務省から切り離した「デジタル庁」を創設と聞いただけでも十分に胡散臭いですが、ことはマイナンバーだけではなかったようです。菅総理と竹中平蔵パソナ会長が仲良く講演し、「デジタル庁」に海外からの人材を積極的に受け入れる方針を語りあったそうです。役所から公務員を追い払い民間派遣社員を押し込んだように、次には日本人を追い払い外国人を押し込むのでしょうか。ゆるねとにゅーすでは、日本政府は内部情報の運用・管理をすでに「グローバル情報企業」に任せており、さらに今後GAFA関係者が「日本政府内に流入する」ことが予想されています。竹中平蔵氏の手先であることを隠そうともしていない菅総理「竹中政権」です。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【やば…】菅総理が、パソナ竹中氏と講演に登場!デジタル庁の「海外からの人材受け入れ」に言及!→ネット「…え?」「やっぱ駄目だこいつ」
転載元)
どんなにゅーす?

・2020年11月23日、菅総理が、「一般社団法人G1」が主催する経営者会議に竹中平蔵パソナ会長とともに登場。竹中氏とマンツーマン形式で講演を行ない、新たに創設するデジタル庁について「海外からの人材受け入れ」の方針に言及した

・ネット上では、菅総理のこの発言に対し、批判の声が殺到。日本国民のあらゆる個人情報が海外に流出する危険や、日本の労働システムを完全なまでに破壊しては、日本の企業やインフラを外資に開放し続けてきた竹中氏と菅総理の蜜月関係について、危機感を唱える声が相次いでいる。


デジタル庁 海外から人材受け入れ 首相「世界で活躍できる方」

菅義偉(すが・よしひで)首相は23日、東京都内で講演し、政府が来年創設を目指すデジタル庁の人材について「海外からの人材、あるいは育てていただいた世界で活躍できる方をデジタル庁で受け入れる」と述べた。講演に同席した東洋大学の竹中平蔵教授の質問に答えた。

首相はまた、人材確保に関して「官民の交流が重要だ。役所で民間の人が働くのは壁があるわけで、そうしたものを取っ払うことは大事だ」と語った。その上で「いろんなことが考えられる」とも述べた。

~省略~
産経新聞 2020.11.23.

“GoTo”見直しで菅総理「国民の命と暮らしを守る」

菅総理大臣が新型コロナウイルス問題などについて講演し、GoToキャンペーンの運用見直しに踏み切ったことに理解を求めました。

~省略~

また、新型コロナのワクチンについて「来年の前半までにすべての国民に行き渡る数量を確保している」と述べたうえで、基礎疾患のある人や医療従事者に優先的に接種させる方針を改めて説明しました。

~省略~
(中略)
テレ朝news 2020.11.23.


(中略) (中略)

» 続きはこちらから

[国民投票法改正案] 26日の採決は見送り、初回の実質審議、、かと思いきや維新の馬場伸幸議員が討議省略・採決強行の動議を提出し散会

 26日の衆議院憲法審査会で国民投票法改正案の採決を行うという情報が駆け巡り、ネット上では抗議のツイッターデモが起こりました。25日には自民、立民の国対委員長間で会談の結果、採決は行わないとの合意を取り付けました。
憲法審査会の運営は委員会とは異なり、多数決ではなく「全会一致」の慣例があるそうです。その慣例ゆえに安倍政権下にあっても憲法審査会が進展せず、しびれを切らした与党と維新の意を汲んで、初めての実質審議が行われたのが26日でした。
 本間龍氏によると、今回の国民投票法の改正ポイントは「在外邦人も投票できるようにする」「期日前投票を可能にする」「洋上投票を可能にする」というもので、直ちに憲法改正につながるものではないのですが、野党が強く主張している「CM(広告)規制」「外国人寄付禁止」については、与党側が認めていません。
そもそも、なぜこの問題を今、コロナで大変な時に強行採決までチラつかせてやる必要があるのかと不信感が募るところに持ってきて、26日の審議では姑息なことに、維新の馬場伸幸議員が討議を省略し採決を強行する動議を提出し散会となりました。全会一致を目指して協議をする意思はないらしい政治家、国民を欺くようなことばかりする政権が急いでやろうとすることに、ああそうですかと納得できるわけがなかろう。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)

このまま政府の無策が続くと年末年始には「社会が一気に壊れる」/ 野党が一丸となって7兆円の予備費を使った支援策の継続と再給付を迫る

 25日は、衆参ともに菅首相出席の予算委員会集中審議がありました。いずれも桜を見る会問題をはじめとする重要案件が並び、野党の猛追求が続きました。その中で、とりわけ党派を超えて一丸となって政府に要求したのは、コロナ禍での経済支援でした。参議院で福山哲郎議員は「社会が壊れだしている」として緊急小口資金貸付の件数や助成金の申請件数、DVや児童虐待、自殺者の増加、解雇・雇い止めの件数を示しながら、各種支援金の期限が年末年始に切れることから、このままだと「年末年始に社会が一気に壊れる可能性がある」「女性不況と言われるほど、ひとり親世帯、非正規の女性などがコロナ禍での一番の犠牲になっている」として、未だ使われていない予備費7兆円をすぐに使って、支援金、助成金を再交付すべきだと強く迫りました。菅首相はGoToの素早さとは違って、のらりくらり逃げています(1:25:51〜1:30:13)。また、言葉が矢のように通る田村智子議員も、医療や経済や暮らしを第3波の中でどう支えるのか、7兆円の予備費をどう使うのか、野党は一貫して具体的な支援策を提示している、年が明けてからの第三次補正予算では間に合わない、今すぐ使途を示すべきと猛烈な勢いで迫りました。「これ、諦めるわけにはいかないんです私たち。命かかってますから!」(2:47:30〜2:52:00)。今ですら「生活困窮者支援の現場は野戦病院のようだ」という状況なのに、政府は7兆円もの予備費を出さずにどうするつもりなのでしょう。上級国民のお小遣いと思ってないか?
休業支援金が必要な人々に届いていないボトルネックを粘り強く訴えて来られた塩村あやか議員達は、申請条件の緩和を実現されました。事業主の協力を得られなかった方も再確認を。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)
————————————————————————
【国会中継】参院予算委 菅首相ら出席し集中審議(2020年11月25日)
配信元)

反ワクチン活動家のロバート・FケネディJrが警告「コロナワクチンは絶対に避けてください」 ~遺伝物質に直接介入し遺伝物質を変異させてしまう非常に危険なmRNAワクチン

竹下雅敏氏からの情報です。
 反ワクチン活動家のロバート・FケネディJrが、“コロナワクチンは絶対に避けてください”と警告しています。mRNAワクチンは、遺伝物質に直接介入し遺伝物質を変異させてしまうので非常に危険だというのです。
 私にはmRNAワクチンによって、遺伝物質を変異させてしまうメカニズムが分からないので、ロバート・FケネディJrやウォルフガング・ウォダーグ医師のこうした主張が正しいのか否かが分からないのですが、どう考えても安全性が確認されているイベルメクチンよりも、mRNAワクチンが優れているとは思えません。
 9月9日の記事で紹介したスプートニクの記事によると、新しく開発されたワクチンは「発ガン効果と生殖機能への影響の長期的研究が欠如している」と言うことでした。
 イギリスの内部告発者が、“mRNAコロナワクチンを接種した女性の97%が不妊になります”と暴露していて、各国にワクチンの副作用に対する免責を要求している得体のしれないワクチンを、何の疑問も持たずに打つ人と言うのはどのくらい居るのかと思うのですが、ワクチン接種の証明がなければ飛行機に乗れない、旅行に行けないという方向に持って行かれると、多くの人がワクチンを接種するのではないかという気がします。
 私の感覚では新型コロナウイルスは生物兵器であり、ワクチンとの合わせ技で多くの人を殺すか、不妊症にするか、または後遺症で苦しめるつもりだという気がします。新型コロナウイルスの方は、イベルメクチンやヒドロキシクロロキンで予防や治療ができること、MMSや二酸化塩素、ビタミンC、コロイダルシルバーが有用であることを知っていればあまり恐れることはないと思うのですが、mRNAワクチンの方はウイルスよりもずっと危険だと思います。
 ロバート・FケネディJrは、私と同じように新型コロナウイルスは「生物兵器」であり、他の多くのウイルスと同じように存在し、二酸化塩素による予防と治療が可能で、発表されている感染者数・死亡者数は大幅に水増しされていると考えていることが分かります。
 こうした「陰謀」の目的は、“現在の経済システムをより抑圧的/奴隷的で恐ろしい盲目の群れの服従に変えること”であり、新世界秩序(NWO)の完成のためですが、“死と計画に貢献したすべての人々は倒れ、彼らは彼らがしたことに対してお金を払う”ことになるだろうという氏の予測も、その通りではないかと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ロバートKケネディJR:コロナワクチンは絶対に避けてください!
引用元)
(前略)                      
https://beforeitsnews.com/alternative/2020/11/robert-f-kennedy-jr-new-covid-vaccine-should-be-avoided-at-all-cost-3735835.html
(概要)
11月21日付け

JFケネディの甥であり反ワクチン活動家のロバート・KケネディJr(環境分野の弁護士)が、コロナワクチンは絶対に避けてくださいと警告。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
Robert F. Kennedy Jr
 
コロナmRNAワクチンはこれまでにないワクチンであり、このワクチンを注射すると、患者の遺伝物質に直接介入し患者の遺伝物質を変異させてしまいます。つまり患者の遺伝子操作をするということです。(中略)… このような人の遺伝子操作は遺伝子組み換え食品と同じであり非常に危険なことです。
(中略)
その結果、ダウン症候群、クラインフェルター症候群、ターナー症候群、遺伝性心不全、血友病、嚢胞性線維症、レット症候群、他を患っている患者と同じように残りの人生を不治の遺伝子異常で苦しむことになります。つまり、mRNAコロナワクチンを接種した患者は、不治の疾患が生じることになります。
(中略)
今回のコロナワクチンの供給は、人類史上最大の人道に対する犯罪を示唆しています。

非常に経験豊かな医師(ウォルフギャング・ウォダーグ医師など)は、「世界人類の大多数に有効とされるワクチンは使用禁止すべきだ。なせなら、それは遺伝子操作のワクチンだからだ。」と警告しています。
(以下略)
————————————————————————
ロバートF.ケネディジュニア:COVID19ワクチンは絶対に避けるべきです
引用元)
(前略)
1.ウイルスは存在しますか?
はい、他の多くのウイルスと同じように。

2.治療法はありますか?
はい、あなたが適切な薬を使用し、あなたの健康を腐敗した商業的な医療制度の手に委ねないのであれば。
(中略)
6.それは伝染性ですか?
はい、すべてのインフルエンザのように。
(中略)
8.それを防ぐことはできますか?
はい、あなたがするべきであるのと同じくらいきれいであり、そして高い免疫システムを維持します。そして、あなたはまた持っています:オゾン療法、予防プロトコルによる二酸化塩素
 
9.ウイルスに感染し、死亡した人の数は確かですか?
いいえ。米国では、死亡の原因は他の病気であり、検査の信頼性が低く、偽陽性であるため、データは実際にはその数の10%であることが発見されました。
(中略)
11.ウイルスは作成されましたか?
はい、実験室で。
 
13.目的は何ですか?
自由を制限する言い訳になり、現在の経済システムをより抑圧的/奴隷的で恐ろしい盲目の群れの服従に変えること。

14.多くの国がこの悪意のある計画の一部ですか?
はい。

15.私たちはこれから抜け出しますか?
はい。そして、死と計画に貢献したすべての人々は倒れ、彼らは彼らがしたことに対してお金を払うでしょう。
(以下略)

» 続きはこちらから

プレイサー元少佐「中央情報局(CIA)、連邦捜査局(FBI)、アメリカ合衆国司法省(DOJ)は、トランプ大統領が一掃しようとしている『沼地の生き物』で、グローバリストと民主党のために働いている」

竹下雅敏氏からの情報です。
 ジェフリー・プレイサー元少佐は、“中央情報局(CIA)、連邦捜査局(FBI)、アメリカ合衆国司法省(DOJ)は、トランプ大統領が一掃しようとしている「沼地の生き物」で、グローバリストと民主党のために働いている”と言っています。冒頭のツイートによるとプレイサー元少佐は、元麻薬取締局(DEA)特別捜査官、元国防情報局(DIA)情報部員だという事です。
 プレイサー元少佐は、「KRAKENED!(クラーケン)」と題するビデオを公開し、“グレート・リセット vs 偉大なる覚醒”について説明。シドニー・パウエル弁護士の「クラーケンを解放した」という言葉の意味を教えてくれました。「クラーケン」は国防総省が運営するサイバー戦争プログラムで、ディープステートによる不正行為の証拠を取得するハッキングプログラムだという事です。
 プレイサー元少佐によると、“ アメリカ陸軍、海軍、海兵隊は、すべて何らかのレベルで深層国家の裏切り者によって潜入されているが、空軍と宇宙軍は、トランプ氏に忠誠を尽くしており、軍隊の中間レベルの人々のほとんどはトランプ支持者だが、より高いレベルの将軍や官僚は沼地のクズだ”と言う事です。
 マティス元国防長官トランプ大統領に対する痛烈な批判、そのマティス元国防長官への支持を表明したケリー元海兵隊大将らを思い浮かべると、プレイサー元少佐の発言はその通りだと思います。
 クリストファー・ミラー国防長官代行が特殊作戦部隊の幹部に、“現行の官僚体制報告ルートを通さずに、私に直接報告するように”と命令を下したことで、腐敗した国防総省の沼を迂回することが出来るようになり、これですべての反逆者たちを逮捕し、アメリカ政府転覆の陰謀の一部であるビッグ・テックとビッグ・メディアの裏切り者を取り押さえることが出来るとしています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
インテリジェンスの更新:グレートリセットvs.グレートアウェイクニング–アメリカと自由な世界の未来のために今起こっている壮大な戦い
引用元)
(前略)
CIA、FBI、DOJはすべて、アメリカを倒し、選挙を盗み、フリン将軍(およびロジャーストーン)などのすべての本当の愛国者を投獄することに専念している反逆的な沼地の生き物です。
(中略)
昨日、 クリス・ミラーは、すべての特殊部隊の作戦部隊が、グローバリストと民主党員のために働く腐敗した国防総省の沼地を迂回して、彼に直接報告するようになった宣言しました(中略)… 特殊部隊を全米に派遣して、すべての反逆的な俳優を逮捕し、米国政府を転覆させるこの壮大な陰謀の一部であるビッグテックとビッグメディアの裏切り者を倒します。(中略)… トランプ大統領は、2018年9月12日、大統領命令で「米国の選挙への外国の干渉」をめぐる国家緊急事態を宣言しました。その国家緊急事態は取り消されていません。
(中略)
ちょうど1年前、その最後の段落が日常の人々から「陰謀論」の非難のけいれんを引き起こしたであろうことは興味深いですが、今日は誰も笑っていません。すべての世界の指導者が「グレートリセット」を発表し、covid-19パンデミックがグローバルな共産主義 と世界中の人類の完全な奴隷化をもたらす「機会」である方法について公然と自慢しているから です。
(以下略)
————————————————————————
SIDNEY POWELLの「KRAKEN」はDODサイバー戦争プログラムです!私たちは戦争中です!
引用元)
(前略)
シドニー・パウエルがクラーケンをリリースしたと述べたとき(中略)… 彼女は冗談を言っていませんでした、そして今、私たちは理由を知っています!「Kraken」は国防総省が運営するサイバー戦争プログラムであり、他のさまざまなシステム 追跡およびハッキングして、ディープステートによる不正行為の証拠を取得します!
(中略)
トランプ大統領が支配し、戦線が引かれます。クラーケンがリリースされ、すべてが揃っています。特殊部隊の資産は現在、アメリカの国内の敵と裏切り者を倒すために配備されています。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 1,272