アーカイブ: 海外情報の翻訳記事

21/10/18 フルフォード情報英語版:アジアの長老らは、ハザール・マフィアの150兆ドルの生き残りをかけた無駄な計画を拒否

 10月18日フルフォード ・レポート(英語版)です。12月初旬に米国株式会社は正式に破産が決定したそう。その理由はハザール・マフィアが「地球温暖化対策策」として年間5兆ドル、30年で150兆ドルの提案がアジアの長老らに却下されたため。ハザール・マフィア支配を取り除くためには、今後数か月欧米(特にアメリカ)はさらなる混沌と騒乱に陥るとのこと。最近の調査では、すでにアメリカの40%近くの世帯が深刻な経済困難に直面。食料や医療費をまかなえない状況。今後もさらに物価が上がる先行き。

 今回、アメリカの破産だけではなく、国際機関(UN,BIS,IMFなど)も破綻するらしい。そのため例えば国連の代替案を挙げていますが、相変わらずフルフォード氏はその中で「宇宙の植民地化」に触れていて、引っかかります。支配欲がチラホラ。ということで個人的にこの代替案にはイマイチ乗る気が。。。😏また、新大陸アメリカ案(アメリカ、カナダ、ラテンアメリカ)、新欧州連合案も挙げられています。『どんなに素晴らしい案でもリーダーが嘘つきだと何もよくならないでしょう』とぼやくpopoちゃんです。

 ハザール・マフィアはワクチン接種証明書のIDを押し付けることで権力維持に必死。が、ボロが出て来ているようで、アストラゼネカのワクチンの箱に製造年月日が2018年7月15日記載されたものが出現。(写真あり)

 MI6によるとセレブのほとんどはレイプ犯で、今はほとんどが影武者。全員の証拠もちゃんとあるらしい。フルフォード氏は、いろんな「マドンナ」の写真を挙げています。最近の「マドンナ」の動画も。確かに皆、お顔が違い一体どれが本物?!って感じです。

 後半、フルフォード 氏の近辺で体調不良や謎の死(日本人:宗像久雄さん)が起こっているとのこと。フルフォード氏も殺し屋に狙われているかもという体験談を挙げています。どうやら殺し屋はロックフェラーやロスチャイルド家の下請けだとか。彼らは「竹中平蔵元財務大臣が、自分たちのために日本の年金を略奪する手段を失ったことに怒っているのだ。」とのこと。これが真実なら日本万歳!🙌

 最後に「人類が数千年の奴隷状態から解放されるまで、地球をめぐる戦いは続くだろう」とのこと。
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:アジアの長老らは、ハザール・マフィアの150兆ドルの生き残りをかけた無駄な計画を拒否
投稿者:フルフォード 

アメリカ:12月初旬に正式破産決定?!


Asian elders reject Khazarian mafia $150 trillion survival boondoggle The owners of the US Corporation and stage managers of the fake Biden presidency appear doomed after their $150 trillion plan to stave off bankruptcy was rejected by Asian secret societies. The West now faces a period of extreme turbulence as the Khazarian mafia fights to survive before their bankruptcy becomes official in early December, MI6 and Asian secret society sources say. 米国株式会社のオーナーと偽のバイデン大統領の舞台監督は、150兆ドルの破産回避計画がアジアの秘密結社に却下されたことで絶望的になったようだ。MI6【《英》軍事情報活動第6部】とアジアの秘密結社の情報源によると、12月初旬に破産が正式に決定する前に、ハザール・マフィアが生き残りをかけて戦っているため、西洋は今、極端な混乱の時代に直面している。

What happened was, when the KM met with Chinese government representatives at a Zurich Airport hotel on October 7th,(see last week’s report for details), the KM used a combination of threats and promises to be “good from now on” to buy a few weeks more time. The Chinese side then took back to their bosses a $5 trillion per year, 30-year, $150 trillion proposal “to fight global warming.” それは、10月7日にチューリッヒ空港のホテルで中国政府の代表者と会談した際(詳細は先週のレポートを参照)、ハザール・マフィアは脅しと「これからはいい人になる」という約束を組み合わせて、数週間の時間稼ぎをしたのである。そして中国側は、「地球温暖化対策 」として年間5兆ドル、30年で150兆ドルの提案を上司に持ち帰った。
https://www.zerohedge.com/markets/here-hidden-150-trillion-agenda-behind-crusade-against-climate-change https://www.zerohedge.com/markets/here-hidden-150-trillion-agenda-behind-crusade-against-climate-change

ツイート訳:気候変動に対する反対運動の裏に隠された150兆ドルの計略
ツイートはシャンティ・フーラが挿入

» 続きはこちらから

21/10/11 フルフォード情報英語版:EUの崩壊開始と共に、ポーランドとベラルーシの国境で第三次世界大戦の最初の弾が発射

 10月11日フルフォード ・レポート(英語版)です。今回のレポートは、上下体癖でないpopoちゃんにとって気絶しそうなくらいスーパー・ロングでした。レポートは全体的にEUの崩壊ぶりと資金不足に困っているハザール・マフィアのお見苦しいジタバタ劇場の様子です。

 EUの崩壊開始と共に、ベラルーシ軍(モスクワが支援)がポーランド軍に発砲。これはロシア愛国者勢力のナチスへの仕返し。EUが崩壊しつつある兆候として、①ホーランドのEU離脱(ポレグジット)が公然と語られている②オーストリアとチェコの政権がほぼ同時に崩壊。

 フルフォード氏は、人々はドナルド・トランプがアメリカを民主主義と独立に導く人物ではないということを認識する必要があると。前回のレポートで、白龍会はアメリカ破産後の暫定大統領候補にマイケル・フリン将軍を推薦していましたが、今回はマイケル・フリン将軍は信頼するに値しないとして、ロバート・F・ケネディ・ジュニア氏を推薦に変更。「ロシアの情報機関は、フリンがアドルフ・ヒトラーにつながる詐欺的な霊能者のカルト集団とつながっているという証拠を送ってきて、フリンに対する疑念を裏付けた。」と今、ネットでも騒がれていることをフルフォード氏は言っていますが、もし、これが事実ならフリンさんの波動は闇に落ちてると思いますが。。。是非、波動測定でお見極めください♪

 ここからお見苦しいジタバタ劇場スタート!ロスチャイルド/ロックフェラー一族は、10月18日の債務超過宣言を回避するために土壇場で1兆ドルのプラチナコインを鋳造可能らしい。また、彼らは倒産危機回避のため、日本の農林中央金庫から生存資金を略奪しようとしているとも。😱また、スイスで中国に再融資求め非公開で緊急協議開催、が合意に至らず。金をくれないなら、お前らのエネルギーを断つとロシアと中国を繋ぐパイプラインの工場を破壊し脅しに入ったよう。😱ロシアがヨーロッパのガス価格を高騰させたように思わせるキャンペーンも実施中。😱世界の食料品の値段は10年ぶりに高値を記録。食品、エネルギー価格のつり上げは ヤツらが借金返済のために一般人から搾取していると。😱スイスではアジアなどの歴史的な債券を貨幣化しようとするカバールが渦巻いている。ハザール・マフィアはヘロイン収入減のため「ISIS」(ロックフェラー/ロスチャイルドの傭兵)を使ってアフガニスタンを脅そうとしたがタリバンにやっつけられてしまった。ロックフェラー家は米国株式会社のプロパガンダネットワーク(MSNBC & NBC)を中共に渡した。

 最後、日本では、ロックフェラーとロスチャイルドの支配が明らかに終わりつつあると締めくくっています。🙌
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:EUの崩壊開始と共に、ポーランドとベラルーシの国境で第三次世界大戦の最初の弾が発射
投稿者:フルフォード 

ベラルーシ軍:ハイブリッド戦争実行か?!


First shots of WWIII fired on Polish/Belarus border as collapse of EU begins Events are unfolding at a blistering pace now with huge changes in Europe, Japan, China and elsewhere. This should lead to the liberation of the United States before too long. 今、ヨーロッパ、日本、中国などで大きな変化が起こり、出来事が目まぐるしく展開している。これは、そう遠くないうちに、アメリカの解放につながるはずだ。

The most earth-shattering event was shots fired by the Belarus military against the Polish military at the two countries’ border. Here are some news quotes describing this: 最も衝撃的だったのは、両国【ベラルーシとポーランド】の国境でベラルーシ軍がポーランド軍に発砲したことだ。これを説明するニュースの引用を紹介しよう。

Anna Michalska, a spokesperson for Poland’s Border Guards, said Belarusian forces fired shots at Poland’s troops across the European Union’s eastern border Thursday…The area along the border is restricted as part of a state of emergency that Poland imposed in early September, They allege the Moscow-backed Belarusian government is organizing and encouraging people to enter EU territory as an element of “hybrid war” in retaliation for Western sanctions on the authoritarian government in Minsk. ポーランド国境警備隊のアナ・ミハルスカ報道官によると、ベラルーシ軍は木曜日、EUの東側国境を越えてポーランド軍に発砲したという。ポーランドは9月初めに発動した非常事態の一環として、国境沿いの地域を制限している。彼らは、モスクワが支援するベラルーシ政府が、ミンスクの権威主義政府に課す欧米の制裁に対する報復として、「ハイブリッド戦争」*の要素として人々を組織し、EU領域への侵入を促していると主張している。
*軍事戦略の一つ。正規戦、非正規戦、サイバー戦、情報戦などを組み合わせていることが特徴。(Wikiより)】
https://abcnews.go.com/International/wireStory/belarus-forces-open-fire-polish-troops-border-80475689 https://abcnews.go.com/International/wireStory/belarus-forces-open-fire-polish-troops-border-80475689

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

» 続きはこちらから

21/10/04 フルフォード情報英語版:バイデン政権のデフォルト【債務不履行】;大混乱を前に10月18日までの猶予が与えられる

 10月4日フルフォード ・レポート(英語版)です。記事の内容は、大まかに言うと世界的にハザール・マフィアが追い詰められている感じです。偽「バイデン 」政権は9月30日にデフォルト、10月18日までの猶予が与えられているけれど、アジアからの資金援助打ち切り。そのため、ゴムマスク・バイデン がテレビのインタビューで悪魔の数字666を公然と主張。(動画あり)これでバイデンの背後にいる者たちの正体がばれ、この悪魔たちは、間違いなく911、福島、2020年パンデミックを超えるものを計画しているだろうとのこと。ラ・パルマ島の噴火はアメリカ東海岸を襲う巨大津波の可能性を高めている。白龍会はバイデン犯罪者が排除された後、ホワイトハットが米国政府の機能する部分を引き継ぐための資金を受け取ることを保証するために、東京での会合を呼びかけているそう。😱
参考:「ホワイトハットとトランプ元大統領によって「人口削減計画」は推進されている」(竹下先生の記事より)。またこちらの竹下先生の記事にも「現在進行中である不妊症による「人口削減計画」は、ホワイトハットとトランプ元大統領によって推進されている」とあります。

 日本の裏社会のトップ暗殺者の一人であるK氏が所属していた黒龍会の派閥が、白龍会と協力することに。白龍会はK氏にハザール・マフィアのトップ・エージェントのリストを渡し、これで日本のワクチン ・マフィアは絶望的になったとのこと。また先週の高市氏が総理大臣に決定していると言う情報は、ハザール・マフィアを混乱させるための情報だったと。

 中国では、ハザール・マフィアの戦術を阻止する動きとして、中国にある台湾の巨大地下基地浸水、これは暗号通貨を採掘していた三峡ダムの下の基地が破壊されたというCIAの報告と確実に関連しているらしい。ハザール・マフィアが世論操作するために使う超大物スターの取締り、米国の株式市場から中国のハイテク企業に資金を提供することでハザール・マフィアの偽造不換紙幣を中国で資金洗浄しようとする試みの取締りも起きているらしい。香港では、Evergrande【恒大集団】とEvergrande Property Services【恒大不動産サービス】の株式取引停止。MI6はハザール・マフィア退治に燃えている。MI6によると「パンドラ文書」の公開はこの攻撃の一環だったと。誰も法の上に立つことはできないことを見せしめたかったらしい。モサドによると「パンドラ文書」の公開は、第二次世界大戦後と同様に、今回も高官犯罪者に対する裁きが必ず下されることを思い出させるためだった。

 ハザール・マフィアはいまだ第三次世界大戦を必死で起こしたいらしい。ロシアはそんな戦争を許す気はなく、ロシアの政治家は、アメリカが破綻したらロシアはドイツの解放を助けるとドイツの愛国者たちに語ったらしい。

 最後に、インドは水素の時代に突入。太陽光や水で水素を作り出す装置を初めて開発。車の上にソーラーパネルを置くことでコストをかけずに好きなだけ走れるようになり、高価なバッテリーを搭載した電気自動車を時代遅れになるらしい。インドは、中国とともに、太陽光発電を競争力のない高価なものにしようとする欧米の寡占的な動きに終止符を打ったと。
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:バイデン政権のデフォルト【債務不履行】;大混乱を前に10月18日までの猶予が与えられる
投稿者:フルフォード 

中国のアメリカへの資金援助打ち切りとオーストラリアでの変化


Biden regime defaults; is given until October 18th before all hell breaks loose The fake “Biden” regime in the US defaulted on September 30th and has been given until October 18th before the plug is finally pulled on that evil regime, Asian secret society sources promise. The funding was cut off because the Rockefeller/Rothschild etc. crime families behind the “Biden” regime failed to meet their promise to hand Australia over to the communist Chinese, the sources say. アメリカの偽「バイデン」政権は9月30日にデフォルト(債務不履行)に陥り、ついに10月18日までにこの邪悪な政権への融資が止められることになったと、アジアの秘密結社の情報筋は断言している。「バイデン」政権の背後にあるロックフェラー/ロスチャイルドなどの犯罪一族が、オーストラリアを共産主義の中国に引き渡すという約束を果たせなかったために、資金援助が打ち切られたと情報源は言う。

That is the real reason why “The bad relations between China and Australia took an unbelievable turn this week when China fired a ‘Long March 3B’ nuclear-capable missile, directly over Sydney, Australia.” これが「今週、中国が『長征3号B』*の核搭載ミサイルをオーストラリアのシドニーの真上に発射したことで、中国とオーストラリアの悪い関係が信じられないような展開になった 」という本当の理由だ。
*中華人民共和国の衛星打ち上げロケット。(wikiより)】
https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/world/breaking-news-china-fires-nuclear-capable-missile-directly-over-sydney-australia https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/world/breaking-news-china-fires-nuclear-capable-missile-directly-over-sydney-australia

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

» 続きはこちらから

21/09/27 フルフォード情報英語版:「バイデン 」の支配者ら、東西の秘密協定で平和を訴える

 9月27日のフルフォード ・レポート(英語版)です。東西の秘密結社は、バイデン偽政権を終わらせることに合意したらしい。習近平が所属するアジアの秘密結社からのメッセージでは、9月30日にバイデン政権との決別を予定しているようで、大きな動きが水面下で起こるらしい。カナダの銀行は9月30日「国家の真実と和解の日」として閉鎖される予定。9月30日の支払い期限に必死になっているバイデンの支配者たちに略奪されるのを防止するためだと。

 前回のレポートで、中共はアメリカに資金援助をする引き換えにオーストラリアを得ることになっていたとのことでした。が、オーストラリアの潜水艦事件の背後で米、英、豪がそれを差し止め、中共はオーストラリアを手にすることができなかったとありました。オーストラリアの浅い震源地の地震多発は地下基地の破壊に関連していて、オーストラリアが中共に引き渡されていないことを意味するよう。オーストラリアのビクトリア州のダニエル・アンドリュース首相は中共に買われてしまっているようですが。。。

 また日本も中共に引き渡される約束になっていましたが、それも防げたよう。その例として、ワクチンの押し売りや中共の工作員が乗った米海軍の囚人船が横須賀の米軍基地に到着(写真あり)。これ以上の詳細は話せないらしい。日本の軍部は、もし対策が取られない場合、国会、首相官邸、日銀、NHKを占拠すると明言したらしい。(😱まじ?!ちょっと信じがたい。。。)日本の軍部が最終的に行動を起こすことにしたのは、日本人向けのワクチン360万本に毒物が混入されていたことが証明されたからだとのこと。

 ハザール・マフィアの最高レベルの政治家で、ヒトラーの孫であるアンゲル・メルケル首相の辞任は、ワクチン推進派の粛清を可能に。彼女の手先であるエマニュエル・マクロンももうじき追いやられるだろうとのこと。ヒラリーやバイデンの支配者らは、リヒテンシュタイン公国でギルダーバーグ主催の会合を要請。白龍会も代表を送るだろうとのこと。

 先週の白龍会とアジアの秘密結社の会合はうまくいったらしい。世界平和のために協力し、貧困撲滅と環境破壊を阻止するための大規模なキャンペーンを開始することで合意。習近平は、地球問題を扱う新しい国際組織の創設を提案することになったとのこと。😱アジアの秘密結社によると、中国人はトランプが復帰するだろうと予想。😱

 竹下先生の記事で「現在のワクチンによる大量殺戮の主犯が、トランプ元大統領と習近平であること」「トランプ元大統領と習近平の間で、ウイルスをばら撒くことに対する合意が出来ていた」が解説されています。また別の先生の記事で、「ホワイトハットとトランプがダークサイドに落ちた真相とは」も大変、すっとんと腑に落ちる解説です。まだの方は是非、ご一読を!

 最後にフルフォード氏は、プラス思考と愛が地球のための戦いに勝利する転換点に達したことは確かだと言われています。
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:「バイデン 」の支配者ら、東西の秘密協定で平和を訴える
投稿者:フルフォード 

東西の秘密合意:バイデン偽政権終了


“Biden” controllers sue for peace after secret East/West agreement The controllers of the fake regime of “Joe Biden” are suing for peace, according to P3 freemason sources. They are asking for a conference in Lichtenstein “soon.” The reason for this is because a secret East/West agreement was reached in principle last week to pull the plug on the “Biden” regime, according to sources involved in the negotiations. The controlled implosion of this horrific regime would be followed by a massive East/West multi-trillion-dollar project to improve the planet, the sources said. P3のフリーメイソン関係者によると、「ジョー・バイデン」の偽政権の支配者たちは、平和を求めている。彼らは 「すぐに 」リヒテンシュタイン【公国】*で会議を開くことを求めている。その理由は、交渉に関わった情報筋によると、先週、「バイデン」政権への融資を止めるという東西の秘密の合意が基本的に成立したからだという。この恐ろしい政権を制御して崩壊させた後には、地球を改善するための東西の数兆ドル規模の大プロジェクトが行われるだろう、と情報筋は語っている。

*ヨーロッパ中部、スイスとオーストリアの間に挟まれた小さな公国。(コトバンクより)】


アジアの秘密結社:9月30日(バイデン政権との決別)水面下で大きな動きあり


Here is a message from an Asian secret society that Chinese President Xi Jinping belongs to: “We will hurry up our discussions to meet the September 30th deadline [to cut off the Biden regime] but the timing is sudden so, -while nothing may happen that will be visible to ordinary society- under the surface big moves will surely take place.” 中国の習近平国家主席が所属するアジアの秘密結社からのメッセージである。「9月30日の期限(バイデン政権との決別)に間に合うように議論を急ぐが、タイミングが急なので、一般社会には見えないかもしれないが、水面下では必ず大きな動きがある」。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

More details on the WDS negotiations and the agreement with the Asians will be posted further down in the story. 白龍会の交渉やアジア結社らとの合意についての詳細は、この【記事の】後半に掲載する。

» 続きはこちらから

21/09/20 フルフォード情報英語版:聖書の大洪水、それとも世界平和、どちらになるか?

 9月20日フルフォード ・レポート(英語版)です。めちゃ長いです。ラ・パルマ島の火山噴火後の津波の可能性、三峡ダム決壊の可能性、中国3位の不動産開発会社Evergrande Group(恒大集団)の破綻の可能性は、米中対立よりもより深い対立があることが分かったらしい。トゥール【チューレ】協会、フランスのアジア・グランドロッジ、スイスのオクタゴングループ、イタリアのP3フリーメーソン、悪魔のような偽ユダヤ人らが関与していると複数の情報源による事実確認の結果が一致している。

 ラ・パルマ島の火山噴火後の地震はノルウェー のハープアレイが起因、ハープアレイは巨大な地下基地周辺にあり、フルフォード氏は北欧チューレ協会が関与しているのではと。またノルウェーで約2億2千万円の現金を所持していた日本人外交官が殺害。このお金は、ドラゴン・ファミリーのメンバーらが、欧米主導の巨大な地球救済プロジェクトの資金にするための債権を貨幣化する際の渡航、保護の手配をするためのお金だったらしい。

 スイスのレマン湖下にはCIAの世界本部があり、大量逮捕が行われている。CIA情報筋によると、ワシントンD.C.からグリーンランドのチューレ空軍基地まで大量の旅客機が飛んでいて、フライトには囚人が乗っているとか。

 ドラゴンファミリーの情報筋によると、中共が偽バイデン政権への融資に同意した理由は、フランスのロスチャイルド家が中共に日本、オーストラリア、ニュージーランド、ASEAN【東南アジア諸国連合】の支配権を約束したから。CIAによると、中共はオーストラリア政府を乗っ取り、英国の支配を一掃できるようにオーストラリア政府に賄賂を約束。が、それは失敗したよう。オーストラリアがフランスの潜水艦ではなく英軍の潜水艦を購入した理由は、オーストラリアが中国に渡されるのを阻止し、核の傘下に入れるためだった。これはイギリス、アメリカ、オーストラリアによってなされたよう。そのため中国(中共)が激怒。フルフォード氏によると、中共はフランスのフリーメイソンに教育された中国のエージェントによって設立。 

 ロシアもフランス・ロスチャイルドのフリーメイソンとスイスのオクタゴングループとの戦いに貢献。ロシア軍がアフリカに派遣されたのは、フランス・ロスチャイルドによるアフリカ大陸の資源の窃盗を断ち切るため。

 後半、地球上での出来事として5つ挙げています。
①イラン:上海協力機構(SCO)に正式加盟(イスラエルがこれ以上イランを攻撃すると、SCOのロシア、中国、インド、パキスタンが報復することになる)
②ラッパーのニッキー・ミナージュ、ワクチンの危険性をコメント
③偽バイデン政権のごきぶりホイホイイベント【デモ参加者を捕まえるために仕掛けたイベント】失敗
④軍事攻撃の対象者:カリフォルニア州知事、グーグル本社、CNN、AT&T
⑤カナダ首相ワクチン ID証明書偽造、また現政権は、デマで64の教会が破壊された事件に関与。

 こうやっていろんなことが起こっている中、popoちゃんは中国恒大の今後が一番気になる!もし破綻すると、バイデン政権のデフォルトが米国に与える影響とほぼ同じ影響を中国経済に与える可能性があるとCIA筋は推定しているらしい。😱
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:聖書の大洪水、それとも世界平和、どちらになるか?
投稿者:フルフォード

ラ・パルマ島の噴火後の津波の可能性、三峡ダムの決壊の可能性、恒大集団の破綻の可能性は米中の金融戦争か?!


Biblical floods or world peace; which is it to be?
The eruption last week of a volcano on the Atlantic Island of La Palma has the potential to trigger a 100 meter (about 300 foot) tsunami that would devastate the East Coast of the US, the Southern coasts of Europe, and large parts of coastal Africa and South America.
先週、大西洋に浮かぶラ・パルマ島の火山が噴火したが、これは100メートル(約300フィート)の津波を引き起こす可能性があり、アメリカの東海岸、ヨーロッパの南海岸、アフリカと南米の沿岸部の大部分に壊滅的な打撃を与えるだろう。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 136