アーカイブ: ユーモア

[Twitter]右の行から読むと結婚できるし、 左の行から読むと振られる。

読者の方からの情報です。
#54字の文学賞  #54字の物語 

回文ではないけれど
すばらしいっすねええええ
(DFR)
————————————————————————
配信元)

[Twitter]母熊と子熊…そして父熊

読者の方からの情報です。
見つめるあなたという…父熊に見守られて。
(しんしん丸)
————————————————————————
配信元)

[YouTube]畳めちゃう!

竹下雅敏氏からの情報です。
 この発想はすごい。
(竹下雅敏)
————————————————————————
3秒で畳めちゃう!「ダンボール高速シャツ畳み機」のつくり方
配信元)

[Twitter]ハスキー犬は人間しゃんに、水がこわいんですけどお

読者の方からの情報です。
こわい
こわいんですけど

おちびちゃんたち

え?
え?

やだ
・・・・・。

っておよいでるぢゃん
(メリはち)
————————————————————————
Husky telling hooman he's scared of the water
配信元)

[Sputnik]アリの社会も…

竹下雅敏氏からの情報です。
 アリの社会も、貨幣経済なんですよ。
(竹下雅敏)
————————————————————————
小さな怪盗の大胆な犯行 アリが宝石店からダイヤを盗む
転載元)
小さなアリが大胆な犯行に及んだ。自分よりも大きく、高価なダイヤモンドを、貴金属宝石細工工の目の前で盗もうとした。



この犯行が撮影されたのはイタリアのとある宝石店。宝石泥棒を企てたのは、どこにでもいる一匹のアリ。小さな体もなんのその、机の端から端まで重くて大きなダイヤモンドを黙々と運んだ。

動画のコメント欄には、まるで誰かに見つかりはしないかとアリが用心しているようだと笑うコメントが寄せられた。

また、アリのトレーニングの手助けをしてあげると提案する人や、「このアリの巣の住所を教えてくれない?」と尋ねる人もいた。

なお、なぜアリがダイヤモンドを盗もうとしたのかは、推測するしかない。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 247