アーカイブ: *雑学・アート

地球ニュース:イギリス&ルーマニア 〜教会で流皆血のファッションショー / 美しさの定義〜

 美しさって何なんでしょうね。業界の造られた「美」と、世界に花咲く自然の「美」の話題です。
 欧米の歌手がミュージック・ビデオでイルミナティのシンボルを多用することはよく知られています。テレビ局ではヴァンパイアや魔女を主人公にしたドラマシリーズが幾つも人気になっています。最近はゾンビ好きの若者も多数いるみたいです。ゾンビのテレビゲームもドラマも映画も勿論揃っています。
 こうして洗脳されてしまうと、ファッションショーが気持ち悪いホラーショーになっても許せるのでしょうか。それとも波長的にそちらの方が合うのでしょうか。流行の先端が奇抜を通り越して異常なのは前々からなんですが、今回舞台を提供したのは教会です。いやはや万札が飛び交う1%の世界の感性は恐ろしい。
 ルーマニアの写真家は、市井の女性たちに美を見出しました。旅先の街で見掛けた女性と話をしては、写真を撮らせてもらったそうです。今を生きる女性たちの真っ直ぐな瞳。彼女たちが着たいと思える服を作る業界であって欲しいものです。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
地球ニュース:イギリス&ルーマニア

イギリス:教会で流皆血のファッションショー



 
アレックス・ジョーンズ氏が冒頭喋り倒しているので、ショーの映像が流れるのは2:00辺りから

ロンドン・ファッション・ウィークでの出来事です。聖アンドルーズという教会で、イルミナティと悪魔崇拝のシンボルてんこ盛りなファッションショーが開かれました。教会側は事前に内容を知らされていなかったと言い訳しております。……リハーサルの時点で抗議しろよオイ。

ロンドン北西のホルボーンにある教会は、少なくとも959年まで遡れるそうです。こちらの記事によると、アメリカのメディアで「カトリックの教会」と報道されているのは間違いで、イングランド国教会に属しています。

今月18日に、トルコ人の女性デザイナー、ディラーラ・フィンディコグルーが発表した2018年春夏物なのですが、死体の花嫁とかヴァンパイアとか骸骨とか、一体誰が着るんだろ。リアーナやFKAツイッグスやグライムスというシンガーソングライターたちが着ているブランドだそうで、一部の受けはいいみたいっす。

テーマは「受け継がれた太陽の7人の姉妹」。下のバフォメットの角被っている写真は、ヴァイオレット・チャシキというアメリカ人の本物のドラァグクイーンです(つまり女装した男性アーティスト)。性の境界線を曖昧にするのがイルミナティの一要素。


二年前は正式なショーに出れなかったそうですから、成功の切符だと思ったのでしょうか。本人の発言によると、根はもっと深いようです:
「【昔から】私は超心理学やオカルトとか魔術関連のもの全てに夢中で、そういった本を読んでいると[イスラム教徒の両親は]私が悪魔主義者になると思ったようです」

本人は悪魔崇拝者ではないと否定していますが、これって完全に黒ミサですよね。彼女の主張としては、「宗教が人々をグループ分けする」のが嫌いなんだそーで……そうか、思想信条の自由なのか、これ。

世界の流行をお膳立てしている西洋のファッション業界の実態が垣間見えます。

@lilymcmenamy closing the show as The God 💔🕷💔

Dilara Findikogluさん(@dilarafindikoglu)がシェアした投稿 -


» 続きはこちらから

[Twitter]山梨・高校生が解明「青い光でハエが死ぬ」細胞が自ら死ぬ

すばらしい。
これでもハエだけぢゃなさそ。
(メリはち)
————————————————————————
配信元)

[Facebook]ロシア舞踊”berezka” どうやって?

???????
(メリはち)
————————————————————————
配信元)

[Sputnik]トルコ人ピアニストのメロディーが、猫たちに恍惚感をもたらす【動画】

竹下雅敏氏からの情報です。
 動画を再生してみて、“いいもの見たなぁ〜”と思いました。これはもう、相思相愛の関係ですね。最高です。最後の“ナミクという目の見えない猫”の動画を見ると、ナミクはこの音楽が、自分のために演奏されたのだということを知っているのだと思います。
 これは、私の考える最高のアートとしての表現です。本当に美しいものは、無償です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トルコ人ピアニストのメロディーが、猫たちに恍惚感をもたらす【動画】
転載元)
トルコのイスタンブールに住むピアニスト、Sarper Dumanさんは、SNSの人気者だ。Dumanさんが奏でるメロディーは、いつもは誇り高き孤高の猫たちを甘えん坊で可愛らしい生き物に変えてしまう。

スプートニク日本

Dumanさんは、ピアノを演奏しはじめると猫がすっかり甘えん坊になってしまった動画を投稿して人気者になった。

Öncelikle, doğumgünümü hatırlayıp mesaj atan herkese çok teşekkür ederim, bazı mesajlar beni gerçekten çok duygulandırdı..🙏 Hayatın bana sunduğu en güzel hediye evlatlarım.. Yeni yaşımdan, ve geri kalan tüm hayatımdan dileğim, evlatlarımın sağlıklı, huzurlu olması ve çok daha fazla hayvana faydalı olabilmek.. Onlar var oldukça, her doğumgünü güzel, her yeni yaş güzel 🙏😊 Hediye yollamak istediğini söyleyenler olmuş mesajlarda.. Çok teşekkür ederim düşünenlere.. Ama bana bir hediye vermek istiyorsanız, bir sokak hayvanını besleyin, doyurun.. Benim için en güzel hediye bu 🙏🙏 . . "First of all thanks to everyone who remember my birthday and send messages. Some of them really touched me. Best presents by earth are my kids. My all wishes for my new age and rest of life is the best life for all my pets and to be more useful to more animals.. With them; all ages and birthdays are beautiful.. 😊🙏 There are somebodies who wants to send some birthday presents. I am very appreciate to them but if you want to give me birthday presents, please feed some street animal, give them love. Thats the best present for me.. 🙏🙏"

Sarper Dumanさん(@sarperduman)がシェアした投稿 -

 

猫は感情が抑えきれず、Dumanさんに頬ずりをしたり、手を掛けたりしている。

Bugünkü kedi konçertomuza, arkadan bir de "iştahla yaş mama yeme efekti eklendi 😊😊

Sarper Dumanさん(@sarperduman)がシェアした投稿 -


Dumanさんは最近、フォロワーの1人から送られた動画を投稿した。ナミクという名の目の見えない猫の動画だった。

Müzik sevdalısı, dünya tatlısı evladım benim 😊😺🎹♩

Sarper Dumanさん(@sarperduman)がシェアした投稿 -


スマートフォンでDumanさんが演奏する動画を再生したところ、ナミクはその音を聞いてスマートフォンを引き寄せて抱きかかえ、音楽に聞き入った。


先の報道によると、中国のゲームセンターに、生きた子猫を景品にしたUFOキャッチャーが登場した。

[InDeep]地面に裸足で立つこと(アーシングあるいはグラウンディング)の驚くべき効用

 「地面に裸足で立つこと」を意味するアーシング(またはグラウンディング)の記事です。
 記事の中でのある研究論文では「健康に関してアーシングは、太陽の光に当たることや、清潔な空気と水、正しい栄養価の食品を摂取するといったことと同様なほどの重要な概念である」という説を支持しています。
 体調不良のときは、医者にかかる前にまず裸足になって地面に立ってみると良いかもしれません。アーシングの意義をほとんど見失っている現代人には、驚愕の真実ではないでしょうか。
 芝生とか砂浜で裸足になると、子ども心に回帰するような開放感があるものですが、今回私も庭でやってみました。確かに文字通り、地に足をつけたような何とも言い難い瞑想的な幸福感があるので、アーシングによる地球からの恩寵たるや計り知れないものがありそうです。
 ちなみに庭でのアーシングの後、地球からうちに上がる際に(普段何を考えているのか)、足を水シャワーで洗うのもなかなか小気味よいものです。美しき緑の星のようで。
 さらに、ヴォイニッチ手稿の世界観も気になるところです。下記の中の仮説によると、「アーシングにより地表から放出される自由電子が身体の表面及び体内に広がり抗酸化作用を有する」とあるので、彼らが裸で生活するのは、よりタキオン粒子的な恩寵を受けるためなのかもしれません。台風一過、刷新された土の感触に想像がふくらみます。
(しんしん丸)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
「地面に裸足で立つこと」についての驚くべき体と健康への効用を示す数々の医学論文と学術論文から見る結論は「可能な限りやるべき」
転載元)
(前略) 

20分間、地面に「素足」をつける前(左)とつけた後の顔の血流の差異 

Scientific Research Publishing


上の写真は、青が濃いほど血流が悪いことを示し、赤が濃いほど、血流が良くなっていることを示します。つまり、「素足を地面に直接 20分間つけているだけで、これだけ大きな血流の差が出る」ということを示しているようです。

(中略)
STUDIES SHOW WHAT HAPPENS TO THE HUMAN BODY WHEN WE WALK BAREFOOT ON EARTH 
collective-evolution.com 2017/08/24 

地上を素足で歩く時、人体に何が起こっているかを示す様々な研究 

靴や靴下などの素足と地面の間のバリアが一切なく、直接足を地面に接することを英語で、グラウンディング(Grounding)あるいはアーシング(Earthing)と呼ぶが、これらは、つまり「裸足で地面に立つ」ことを意味する。

裸足で地面に立つことが良いということについては、しばしば耳にすることだが、その理由が今では科学的な裏付けとして出揃ってきている。

裸足や素足で地面に立つことは、地球の大地に流れている強烈な電荷と関連している。この電荷は電子が豊富で、理論的には、抗酸化物質とフリーラジカル(細胞に損傷を与え得る活性酸素など)を破壊してくれる電子を良好に供給しているのだ。

米国ピッツバーグ大学の生物学博士でエネルギー医学の専門家でもあるジェームズ・オシュマン博士(Dr. James Oschman)は次のように述べている。

地面を裸足で歩くことが健康を増進させ、強い幸福感を提供するという主観的な報告は、世界各地の多様な文化の文献や実践に見出すことができる。

しかし、現代社会の多くでは様々な理由から、ビーチで休暇をとっているのでもない限り、多くの人たちが裸足で外を歩くことはしない。(論文

私たちが地面に直接、素足を接すると、足の裏から大量の負の電子を吸収することができる。これは私たちの体を地球と同じ負の電位で維持するのに役立つ可能性がある。(訳者注 / これは言い換えれば、地面に直接足を接することで「人体が地球と同じ電子の状態でいられる」というようなことなのかもしれません。)

科学の観点から 

2012年に、医学誌『ジャーナル・オブ・エンビロンメント・アンド・パブリックヘルス(Journal of Environmental and Public Health / 環境と健康ジャーナル)』に発表された研究論文『アーシング:人体を地球の表面電子に接続することでの健康への影響について』(原文)は、単に、裸足で地面にふれることだけにより、様々な慢性変性疾患、慢性ストレス、統合失調症、炎症、痛み、睡眠不足、心拍変動障害に対して、自然かつ「非常に効果的な環境戦略」であると記している。

また、心臓や血管疾患を含む多くの一般的な健康障害に対しても有効であることが示されている。

これまで行われてきた研究の結果では、人体の大地との直接の接触が健康に対して重要な役割を果たすことが示されており、それは、たとえば太陽の光に当たることや、清潔な空気と水、正しい栄養価の食品を摂取するといったことと同様なほどの重要な概念だという説を支持する。

ポーランドのワルシャワにある軍事臨床病院の脳神経外科で行われた別の研究では、血液中の尿素濃度について、地面と素足で接触したまま、被験者にエクササイズを行ってもらった。

その研究の結果、以下のように結論されている。

運動中のアーシング(地面に素足で立つ)は、タンパク質代謝に影響を与え、窒素バランスが陽性となる。この現象は、人間の代謝過程を理解する上で根本的に重要であり、アスリートのためのトレーニングプログラムに含めることができる。(原文

昨年、カリフォルニア大学アーバイン校の細胞生物学部門から発表された研究では、素足が地面と直接ふれることで、顔の血流調節が改善されることが分かった。同時に、心血管疾患の主要な要素である血液粘度を低下させるための研究もされている。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 67