アーカイブ: しんしん丸

[Twitter]プーチン氏のクールな反撃、その真意?

ライターからの情報です。
上半身裸になったら、ゴムマスクがばれてしまう!
と内心ヒヤヒヤだった首脳もいたのではあるまいか。
特に新参者とか。
(しんしん丸)
————————————————————————
配信元)


————————————————————————
配信元)


[Twitter]家族で集合写真を撮るって・・・

ライターからの情報です。
ちゃんとわかってるワンコと、
やっぱりわかってるニャンコ、
すごく人間っぽい。
(しんしん丸)
————————————————————————
配信元)


[ザウルスの法則]「アップルがそんなことを? まさか!」

 ワクチン接種者の体内にナノレベルのチップが埋め込まれていることが、日々世界中で明らかになりつつある中、ザウルスさんがひと肌脱いで、「はだか3部作」を世に問うています。ブルートゥースに反応する電子機器を完全に持っていない"裸の人"を対象とした「体内発信源追跡プロジェクト」として、"裸の人"からやはり信号が検出されることを証明しているのです。しかもそのブルートゥース検出された信号のUUID(Universally Unique ID)は、なんとアップル社のものだったとのことです。そしてここで湧いてくる疑問として「なぜアップル社はあえて自社の UUID を堂々と使ったのだろうか?」との謎に対しても、ザウルスさんはそれこそが逆説的「完全犯罪」計画であると喝破します。つまり必ず誰かによって体内チップは電子的に検出されてしまうだろうと見越したアップル社が、事前に"新型コロナウイルス接触確認アプリ"を世界中に拡散しておいた(日本ではcocoa)のだろうと。そうすることで「それ、アップルの UUID じゃなくて、新型コロナウイルス接触確認アプリの UUID なんだってさ。勘違いしている人がいるみたいだけど。」といえるようにしておいたというわけです。しかしこうした殺し文句がこれで使えなくなったということになります。彼らは世界最大のIT企業に"裸"で立ち向かうような勇者が出てくることまでは想定していなかったようです。
 ザウルスさんが提供する「チップチェッカー」は、無料でダウンロードできて、いくらでも自分で確かめられます。英語字幕もあるので、これから世界中で確認されていくことになるでしょう。
チーム・ザウルス、グッジョブ!

 参院選が近づく中、ワクチンによる心筋炎リスクの大ウソがばれはじめていますが、こうした客観的に調べられるナノチップの危険をうったえる候補者は出てくるでしょうか。これからは世界が後押ししてくれます。ぜひ勇者に一票を投じてみたい。
(しんしん丸)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「アップルがそんなことを? まさか!」
転載元)
(前略)
実は、「チップがワクチンによって、接種者の体内にインプラントされている」ということを事実として認めるならば、必然的に「そのチップはアップル製」ということになるのだ。

われわれの「チップチェッカー」によらずしても、ワクチン接種者の体内にほとんどナノレベルのチップが埋め込まれていることは日々世界中で明らかになりつつある。
(中略)

(1) 直接証拠

体内チップからブルートゥース検出される信号には、UUID という、世界で一つしか存在しない32ケタの記号列(アルファベットと数字)が含まれる。

(中略)

この UUID は、ブルートゥースの運営団体の認証を受けた企業しか使えない。そして、体内チップからの信号の、その UUID はアップル社自身が認証を受けて使用しているものと同一の記号列なのである。  

そもそも、UUID とは Universally Unique ID という意味であって、MAC アドレス以上に「唯一性」の高いコードであるはずだ。世界に同じものが2つとあってはならないもののはずだ。

UUID: 0000fd6f-0000-1000-8000-00805f9b34fb

(中略)

この UUID コードは明らかに Apple Inc. のものである。
(中略)

Apple Inc. は以下のように、UUID を全部で21件も所有している。
(中略)

https://www.bluetooth.com/develop-with-bluetooth/join/
(中略)
そして、21件のうちの1番目のものが、ワクチン接種者の体内から検出されるのだ。

ふつうに考えて、アップル社の UUID が検出されれば、それはアップル社の製品がそこにあるということである。そして、実際に、裸の人間の身体からその UUID が検出されるのであれば、アップル製の何らかのデバイスが、その人間の体内に存在すると考えざるを得ないのではなかろうか?違うだろうか?
(中略)

そして、ほとんどの場合、COVID-19 のワクチンを接種した人間から検出されていて、未接種者からは検出されないのであれば、ワクチンによって体内に注入されたと考えるのが道理というものだ。違うだろうか?
(中略)
» 続きはこちらから

「頼むから、みんな、綿棒検査を受けるのはやめてもらいたい!」と警鐘を鳴らすホセ・ルイス・ゲトール医師。そして、Darpaハイドロゲルの結晶構造を消失させるとの報告のあるイベルメクチン。

 ホセ・ルイス・ゲトール医師は、PCR綿棒には酸化エチレン(エチレンオキサイド)を保持したDARPAハイドロゲルが含まれているので、「頼むから、みんな、綿棒検査を受けるのはやめてもらいたい」と警告されています。綿棒が30℃はある鼻咽頭の粘膜に刺さると、ハイドロゲルは溶けて、酸化エチレンが放出されるとのことです。その際、酸化エチレンは10.4℃で沸騰するために、ヒリヒリして痛いのだとか。そして酸化エチレンには発ガン性があるようです。
 2021年6月2日の記事では、「PCR検査に用いる綿棒には、米国国防高等研究計画局(DARPA)のハイドロゲルが仕込まれている」との報告がありました。スロバキアの病院スタッフの分析によると「綿棒のハイドロゲルは、鼻咽頭で有機液(唾液など)に接触すると、数分後には長方形の結晶構造を形成し始め、それがフラクタル的に成長していき、鼻咽頭から松果体に向かって成長する」とあり、「結晶にはリチウムが含まれているため導電性がある。この結晶は、送信機から細胞への信号を受信し、細胞から送信機への信号を送信することができる。リチウムは松果体を破壊する」ということで、PCR 綿棒に含まれたDARPAハイドロゲルとリチウムの毒性が、人を制御可能なバイオロボットにしてしまう危険性が報告されています。
 また、ワクチンにもDARPAハイドロゲル、リチウム、特許取得済みの遺伝子情報は含まれているといい、アスリートのドーピング検査時にも使用されているとのことでした。Darpaハイドロゲルの中空ナイロン繊維は、FFP2マスクにも充填されているとも。そしてこのような突然変異体を、定期的なワクチン接種によってアップグレードさせる計画だろうと予測しています。そしてこうした中、「イベルメクチンがDarpaハイドロゲルの結晶構造を消失させた!」というのです。このイベルメクチンの著効については続報がほしいところです。とても重要な情報ではないでしょうか。もしもPCRの綿棒検査を受けざるを得ないときには、念のためにイベルメクチンを服用するのがいいかもしれません。

※医療への負荷を減らすためにPCR検査は行わずに診断するという"みなし陽性"ですが、PCR綿棒を使わないという深慮遠謀が働いたということもあるのでしょうか?ひょっとして。
(しんしん丸)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ホセ・ルイス・ゲトール医師、鼻腔用綿棒の「DARPAハイドロゲル」について
引用元)
(前略)
救急医ホセ・ルイス・ゲトール[José Luis Gettor]医師は、PCRテストの綿棒による被害について警告を発しました。(中略)


リンクはシャンティ・フーラが動画埋め込みに差し替え

(中略)
綿棒は武器です。それらは軍情報部が開発した「DARPAハイドロゲル」という物質を含んでいるのです。そして、綿棒の小さな先端は普通の綿ではありません。その綿棒は中国から来たものです。先が綿のプラスチックの棒ではありません。中空のナイロン繊維の束で、とりわけ酸化エチレンを含んでいるのです。

酸化エチレンは毒で、ハイドロゲルに保持されています。しかし、綿棒が30℃の粘膜に刺さると、ハイドロゲルは溶けてしまうのです。また、酸化エチレンは10.4℃で沸騰することも覚えておいてください。だから痛いのです。だからチクチクするのです。ハイドロゲルが溶けると、酸化エチレンが放出され、サイの咽頭底に潰瘍を作るからです。(中略)

頼むから、みんな、綿棒検査を受けるのはやめてもらいたい。
(以下略)
————————————————————————
配信元)







[Twitter]究極の先手

ライターからの情報です。
◯◯マスクの〜
心は〜(茶番は)
変わらない〜(止めないと)
いつまでも〜(今すぐに、はがさんと)
(しんしん丸)
————————————————————————
配信元)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 58