アーカイブ: 社会

常態化した性的虐待の一掃が始まった~告白、告発、訴訟、暴露~

竹下雅敏氏からの情報です。
 動画をご覧になるとわかりますが、オリンピックの金メダリストのマッケイラ・マロニーさんという可愛らしい女の子が、チームドクターから性的虐待を受けていたとツイッターで告白したとのこと。チームドクターは、性的虐待を「治療」と称して、彼女が13歳の頃から引退するまで続けたということです。
 記事の中で、“飛行機で睡眠薬を渡され…気づいたときはホテルの1室にナサール氏と2人きりになっており、「治療」を受けていた”とありますが、この一節で、レイプ被害を訴えた詩織さんの事件を思い出しました。
 こうしたおぞましい事件は、アメリカ特有のものとはとても考えられず、芸能界、モデル業界などでは常態化しているのではないかと思えます。おそらく、世界的なミスコンテストも同様な事態になっているのではないでしょうか。確か、韓国で開催されたミスコンテストでは、審査員に性的関係を迫られたとして、出場者の女性が泣きながら訴えていたのを思い出します。
 私はある種独特の感覚を持っており、ミスコンテスト優勝者が、実際には審査員を性的に買収して、その地位を得たのがわかる時があります。
 地位を利用して罪を犯す者がおり、かたや、男の欲望を利用する女もいます。
 “続きはこちらから”以降の記事は、映画業界から追放されたハーヴィ・ワインスタインの続報ですが、 FBIと取引をして、自分と同じような罪を犯した者達の名前をベラベラ喋っているようです。ただ、こうした強姦魔の言い分は、“合意のないセックスは行っていない”と言うものです。
 確かに、それを利用する女がいるということは認めます。しかし、すべての女性がそうであるはずがないのは、冒頭の記事の女性の例からも明らかだと思います。
 アメリカではどうやら、“汚泥の一掃”が本格的に始まったようですが、日本もこれに続くことを望みます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Olympic Gold Gymnast McKayla Maroney Says Team Doctor Molested Her | TODAY
配信元)


————————————————————————
金メダリストの体操選手、13歳からチームドクターの性的虐待に遭っていたと告白
引用元)
10月18日、オリンピック金メダリストのマッケイラ・マロニーさんが、体操アメリカ女子代表のチームドクター、ラリー・ナサール氏から性的虐待に遭っていたとTwitterで告白した。

(中略)

マロニーさんは1995年生まれの21歳。体操選手として、2011年に東京で開催された世界選手権や、2012年のロンドン五輪で金メダルを獲得している。マロニーさんによれば、性的虐待は13歳の頃から始まり、引退するまで続いたという。

(中略)

性的虐待は、テキサスでの代表合宿の時に始まった。「30年間の経験からくる、医療として必要な処置だ」とナサール氏は説明したという。以降、「治療」と称する虐待は続き、ロンドン五輪でメダルを獲得する直前もあったという。

「一番怖かった」体験は15歳で迎えた世界選手権・東京大会のとき。飛行機で睡眠薬を渡され服用すると、次に気付いた時はホテルの一室にナサール氏と二人きりになっており、「治療」を受けていたという。「その夜は死にたいと思いました」と綴っている。

(以下略)
» 続きはこちらから

ニュージーランド離脱で“TPPは事実上の崩壊”確定…TPP対策本部は絶句

竹下雅敏氏からの情報です。
 ニュージーランドで9年ぶりに政権が交代することになり、ニュージーランドはTPPから離脱することになるようです。日本はアメリカが抜けた後、米国を除いた11カ国での発効に積極的でしたが、ニュージーランドが離脱するとなると、“TPPは事実上の崩壊”が確定したと言えるでしょう。
 “TPP絶対反対”と選挙で公約しておきながら、政権を取ると、どの国よりも積極的にTPPを推進するという、とんでもない安倍政権でしたが、最後はこのザマです。アベノミクスも失敗。北朝鮮問題は“頭を抱える”レベルの愚かさ。あべぴょんが総理大臣になってから、お友達以外に良くなったことが何か1つでもあるのでしょうか?
 反知性のあべぴょんが生み出したものといえば、大量の“おとなの塚本幼稚園児”ぐらいなもの。まさに、“お前が国難”。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニュージランドがTPP離脱へ!新政権の公約にTPP離脱!旗振り役の消失に日本政府は衝撃!
引用元)
ニュージランドがTPP(環太平洋経済連携協定)からの離脱をすることになりました。ニュージランドはTPPの旗振り役で、昨年まではアメリカ抜きのTPPにも積極的に動いていた国です。

しかしながら、TPP見直しを公約に掲げた新政権誕生し、TPP離脱の方向が確定的となります。日本政府としてはTPP推進派のニュージランドと協調する形でアメリカ抜きのTPPをやりたかっただけに、今回の離脱に衝撃が走っていると報じられていました。

アメリカとニュージランドというTPPの推進派が消えたことで、TPPは事実上の崩壊になったと言えるでしょう。日本政府はまだアメリカ抜きのTPPを諦めていないようですが、ニュージランドが居なくなったことで他にも離脱する国が相次ぐことになりそうです。

創始国の波乱 痛手 TPP、日本「NZ抜きでも」
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2246231019102017FF2000/
 環太平洋経済連携協定(TPP)の創始国、ニュージーランドの政権交代により、TPPの合意内容の一部に反対する労働党と新興政党NZファーストによる連立政権が誕生する。米国を除いた11カ国での発効に、最も積極的だったNZが一線から退くことで、ともに交渉を主導してきた日本政府に大きな痛手となることは間違いない。

(中略)



(以下略)

[情報速報ドットコム]【これは酷い】日銀が神戸製鋼所を救済か!?社債買い入れオペ、460億円規模との観測!

 先日、データ改ざん発覚により、株価暴落、インサイダー取引の疑いが上がった神戸製鋼ですが、今度は日銀が社債買い入れオペを行い、19日、神戸製鋼株は跳ね上がりました。事実上の救済策ですが、日銀は問題なしと判断しています。神戸製鋼は、安倍総理との関わりがあることを忖度されたとの見方も多く見られますが、実のところ救済されたのは神戸製鋼ではなく、投資家だという的を射た指摘もありました。不正発覚後の評価損を抱える投資家にとっては、格好の「売り場」となったからです。
 もしも、海外投資家が、日銀の真のオーナーと同じ穴のムジナだとしたら、なかなか分かりやすいお手盛り救済策かもしれません。
 そもそも今の不自然な株価上昇は、日銀の操作によるものです。上げたものを、どのように落とすつもりだろうか?
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
【【これは酷い】日銀が神戸製鋼所を救済か!?社債買い入れオペ、460億円規模との観測!
転載元)
日本銀行が神戸製鋼所や投資家たちの救済に動いたと報じられています。報道記事によると、日銀が19日に実施した社債買い入れオペで、神戸製鋼所の既発債が購入対象になった可能性が高いとのことです。

神戸製鋼所はデータ改ざん騒動から社債価格が下落していましたが、19日になって値段が一時的に跳ね上がりました。神戸鋼の既発社債は総額1760億円で、このうち460億円をオペ対象にしたと指摘されています。

過去にも日銀が神戸製鋼所の社債を購入していることが判明しており、日銀の社債オペが神戸製鋼所の救済策になっている可能性が高いです。

日本経済新聞は「財務面の不安が強まった企業の社債を買い取るか、投資家の関心が高まっていたが、日銀は対象要件に反しないと判断した」と報道してることから、日銀が神戸製鋼所の購入を問題無しと判断しているのはほぼ確実だと言えるでしょう。


焦点:日銀社債オペ、神鋼債買入の見方広がる 投資家救済の声も

[東京 19日 ロイター] - 日銀が19日に実施した社債買い入れオペで、データ改ざん問題に揺れる神戸製鋼所(5406.T)の既発債が買い入れられたとの見方が市場で広がっている。不正発覚後に同社の社債価格が下落。評価損を抱える投資家にとって、日銀オペは格好の「売り場」となり、今回の社債オペが事実上の救済策になったとの声も聞かれる。

神鋼リスク、日銀に移転? 社債買い取りか

神戸製鋼所の検査データ改ざん問題が日銀に飛び火している。日銀は19日、市場からの社債買い入れで神鋼の社債も買い取ったようだ。財務面の不安が強まった企業の社債を買い取るか、投資家の関心が高まっていたが、日銀は対象要件に反しないと判断した。


» 続きはこちらから

世界の平和のために動いているキッシンジャー博士…“私は建設的で平和的な世界秩序を構築する機会が非常に高まっているこの瞬間に、ここにいる”

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の1分5秒~2分6秒の所で、不正選挙についてフルフォード氏は言及しています。“選挙泥棒をやめろ!”と言っています。
 10分24秒~11分33秒の所では、キッシンジャー博士に関する事柄を話しています。
 下のフルフォードレポート英語版の翻訳では、やはり、キッシンジャー博士について触れ、“私は建設的で平和的な世界秩序を構築する機会が非常に高まっているこの瞬間に、ここにいる”という言葉を引用し、キッシンジャー博士が世界の平和のために動いていることを確認しています。
 これは、以前から私が主張していたことでもあり、板垣英憲氏が何度も、朝鮮半島の平和のためにキッシンジャー博士が尽力していると伝えていた事とも一致します。今回、フルフォード氏がこの事を確認したことの意味は、大変大きいと思います。
 もしもフルフォード氏が、キッシンジャー博士や小沢一郎氏と直接話をするような機会に恵まれれば、世界の平和は一気に近づくと思われるからです。
 以下に述べる事は、半ば常識の範疇ですが、整理のためにも書いておこうと思います。
 キッシンジャー博士は、デービッド・ロックフェラーの大番頭で、CSISのトップだと考えてよい人物です。日本はこの30年間、事実上、デービッド・ロックフェラーに牛耳られて来たと言っても良いでしょう。これに対し、小沢一郎氏が繋がっていたのは、ジェイ・ロックフェラーの方です。ジェイ・ロックフェラーは叔父のデービッド・ロックフェラーを敵視しており、叔父を権力の座から引きずり下ろすために、ジェイコブ・ロスチャイルドと共闘しました。その結果、リーマン・ショックが起き、デービッド・ロックフェラーは没落します。この事は、リーマン・ショックに於いて、ゴールドマン・サックスが、無傷どころか大変な利益を上げた事からもよくわかると思います。ゴールドマン・サックスの真のオーナーは、ジェイ・ロックフェラーです。
 ジャパン・ハンドラーは情勢の変化を見て、ジェイコブ・ロスチャイルド、ジェイ・ロックフェラー側に寝返りました。これで日本の政治状況は好転に向かうかと思いましたが、実際には、シリア、ウクライナ、新金融システムといった重要な問題が先で、日本の政治はほとんど変化しませんでした。
 しかし、ゴールドマン・ファミリーズ・グループ(300人委員会)からロスチャイルド家とロックフェラー家が排除されて以降、激的な変化が起こりました。キッシンジャー博士がプーチン大統領側に寝返った事が、最も大きかったと思います。
 こうした変化を考慮しなければ、これまでずっとNWO(新世界秩序)を推進してきたキッシンジャー博士が、今は別の動きをしており、部下であったジャパン・ハンドラーが、今は2つのグループに分かれていることの説明がつきません。さらには、かつて政治生命を断とうとした小沢一郎氏を首相にしようとしている意味もわかりません。
 かつて希望の星だった者がダークサイドに落ち、イルミナティの広告塔が改心する時代です。そして、このような劇的な変化が起こらなければ、世界は悪人の計画通り、ハルマゲドン(第三次世界大戦)によって破滅するよりありません。
 しかし現実問題として、そのようになっていません。明らかに、世界はより良い方向に向かっています。プーチン大統領のロシアと、習近平氏の中国の動きを見ていれば、そのことがよくわかるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
総選挙 ムサシでまた八百長か? 中国共産党全国大会、池田大作 死亡確定で分裂の可能性【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会
配信元)
————————————————————————
フルフォードレポート英語版
転載元)
(前略)

ハザール人による北朝鮮を使った第三次世界大戦を始める企みも失敗した。先週、二人の日本の上級政治家が、トランプが11月にアジアを訪問する時に、ドナルドトランプと北朝鮮独裁者の金正雲との首脳会談を交渉するために北朝鮮へ秘密の訪問をしたと、日本皇室家族に近い情報筋は言う。

もしこれが行われれば(最終決着は保留されている)、この会談はおそらく平和協定だけではなく、朝鮮半島統一の道を開くことになるだろう。しかし、それよりはるかに大きな声明もまた準備中かもしれない。国防総省幹部やアジア秘密結社の情報筋によれば、事実上の世界政府樹立の決定もまた高レベルで交渉されている。これはハザール暴徒によって支配される全体主義NWOへの計画ではなさそうである。むしろ、それは既存の構造を民主的に改革することを含んでおり、現実世界の平和と繁栄が人類に初めて可能になるかもしれない。

(中略)

ヘンリーキッシンジャーは、米国、中国と高レベルの検討については他のどこかの間で秘密裏に行われている議論については、間違いなく関わっていると、多くの情報源は認める。先週、ホワイトハウスはキッシンジャーがトランプが大統領になって依頼三度目の会談の後に新聞発表した。それは以下に(通常のキッシンジャーの苦言の形)部分的に読める。
私は建設的で、平和的な世界秩序を構築する機会が非常に高まっているこの瞬間に、ここにいる。大統領はアジアへのたびに出発すし、それはシンポ、平和と繁栄へ多く紀貢献するだろう」と思う」
https://www.whitehouse.gov/the-press-office/2017/10/10/remarks-president-trump-meeting-dr-henry-kissinger

(以下略)

支持率調査、改竄の恐るべき実態…その狙いは「大量棄権」

竹下雅敏氏からの情報です。
 支持率がどのように改竄されているかが、具体的に語られているツイートです。これ以外にも、誘導尋問タイプがあるようです。
 “続きはこちらから”以降をご覧になると、“TV局や大新聞の支持率は信用しない”のが賢明だとわかります。支持率の調査をしているのは、テレビ局や新聞社ではありません。ツイートに書かれている通り、広告代理店から生まれた調査会社が行っているわけで、自分たちが気に入らないデータは、“平然と改竄”していると考えた方が良さそうです。
 調査というよりは、“選挙予測をさせて「大量棄権」させるつもり ”の選挙キャンペーンだと思われます。さらには、不正選挙のための下準備とも言えるでしょう。
 私の直観では、不正がなければ、自民党が敗北します。アメリカの大統領選でも同じように予測しましたが、実際にトランプ氏が勝利した時には、本当に驚きました。確実に不正選挙が行われて、ヒラリー・クリントンが勝利するのではないか思っていたからです。
 後でわかったのは、不正を軍部がさせなかったということでした。それでも一部では不正選挙が行われており、本当ならトランプ氏の圧勝だったことがわかっています。
 今回の選挙で、不正が行われないことを望みます。
(竹下雅敏)
————————————————————————
安倍政権の支持率が、何故上がるのか? そのカラクリ。
引用・配信元)
加計学園の問題に何も答えていないのに、加計学園の設計図が出てきて「詐欺」が疑われているのに、何故か安倍政権の支持率が上がる。どういう事???? 実は「裏のカラクリ」がちゃ~んとあったのです。
nemunoki-saku@RanemuSaku

(中略)





(中略)
» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 299