アーカイブ: 社会

大量のワクチン接種による大混乱から、人類が「銀河連合」の宇宙人たちの奴隷となるまでのストーリー ~銀河連合の宇宙人たちに騙されていたトランプ元大統領

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事は読者の方からの情報提供です。米軍で10年間勤務し、米国医師・外科医協会の元会長であるリー・メリット博士へのインタビュー動画は、4月14日の記事で、すでに紹介しています。
 リー・メリット博士は、“私が知っている4種類のワクチンはフェレットと猫で実験済み。全ての動物は亡くなった…mRNAワクチンは動物接種で成功したことがない…今患者はmRNAワクチンを接種した後、2ヶ月追跡されるだけだ。この追跡期間は全然足りない、ADE反応が出るかどうかわからない”と言っていました。詳しくは、冒頭のツイート動画をご覧ください。
 このように、客観的に見て危険極まりないワクチン接種を、トランプ大統領の長女のイバンカさんは人々に勧めているらしく、ツイートに見られるパフォーマンスを行っています。
 ワクチンは多少のリスクがあっても安全だと思っていて、この様なパフォーマンスをしているのであれば、いわゆる「意識高い系」で、もはやどうにもならない。父親が準備したワクチンは安全だと知っていて、自分は安全なワクチンを打ち、人々にはどのワクチンが安全かを知らせないで、こうしたパフォーマンスを行っているなら卑劣だ。ワクチンが危険だと知っていて、実はワクチンを打っていないのに、ワクチン接種をしたふりをしているのであれば許し難い。
 記事をご覧になれば、「ワープスピードのおかげで、大手製薬会社は動物実験を含むいくつかの実験段階を省略することができた」わけで、現状の「人類のほとんどを絶滅させ、ごくわずかな生存者を残すことが目的」だとしか思えない大量のワクチン接種に道を開いたのは、間違いなくトランプ元大統領だとわかるはず。
 一方で、トランプ元大統領は誘拐された子供達を、数多く救い出して来た。今もそうである可能性が高い。このギャップは何なのだろう。5月6日の記事で、このギャップを埋める仮説を記しましたが、“二人が銀河連合の宇宙人たちに騙されていた”と考えれば、ある程度つじつまが合います。
 もちろん、現状のワクチンと5Gによる大量殺戮をとても喜んでいるのは、「銀河連合」のクズのような宇宙人たちです。クラウス・シュワブの「グレート・リセット計画」にロシアが深く関与していることは、既に4月25日の記事で紹介しました。ロシアに宇宙技術を提供して来たのは「銀河連合」です。
 一方、「銀河連合」は、「グレート・リセット計画」を推進するカバールと戦う「地球同盟」を支援して来ました。いわゆる「両建て作戦」ですね。
 大量のワクチン接種による大混乱が起こり、人々は自分たちが政府に騙されてきたことを悟るでしょう。人々の目覚めと共に、「地球同盟」が戦いに勝利し、人類の救済のために、準備されていたメドベッドが登場します。人々は、このテクノロジーを提供してくれた「銀河連合」に感謝し、メドベッドを使用することで、ブラックキューブ(人工知能666)の完全支配下に置かれ、めでたく「銀河連合」の宇宙人たちの奴隷となるわけです。
 私が、こうした事柄をここに書いた以上、この様なストーリーはもはや起こり得ないです。「地球同盟」の人たちは、現状を理解して、早急に正気に戻って頂きたい。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
————————————————————————
あなたは、ビッグファーマが あなたの体に「コンピュータのOS」をインストールするのを、許すのか?
引用元)
(前略)
今、アメリカで最も悪名高いエリート主義のメディア企業が、こぞって、親愛なる読者の皆さんに「ワクチン接種」を受けさせようとしている。
(中略)
ワクチンと言われているが、これまでのワクチンとは挙動が異なる。なぜメディアは、これまでのワクチンのような保護機能を持たない実験的な生物製剤を注射してもらうことに躍起になっているのか? なぜこのワクチンは、通常の安全性と有効性のテスト段階を経ずに市場に投入されることが許されたのか?
 
ヒドロキシクロロキンやイベルメクチンのような抗菌剤による効果的な治療法がすでにあるのに、なぜワクチン接種を急いでいるのか?
(中略)
ワープスピードのおかげで、大手製薬会社は動物実験を含むいくつかの実験段階を省略することができた。 

ワクチンの臨床試験に参加した人間は、通常、ワクチンの使用が承認されるまで、少なくとも2年間は経過観察される。しかし、このワクチン試験に参加した人たちは、2ヶ月間しか追跡調査を受けていなかった。もし医師が、このワクチンが長期的に安全だと知っていると言ったら、それは嘘である。
(以下略)

» 続きはこちらから

花粉症の人は癌になりにくく、その上、新型コロナウイルスからもあなたを守ってくれる?! ~免疫が花粉を利用して身体の毒素(アーマ)を排泄

竹下雅敏氏からの情報です。
 「春は、花粉症の人には特に良い季節」だという事で、“おそらく,深刻な影響を及ぼすコロナウイルスの感染からあなたを守ってくれる”と言っています。新型コロナウイルス感染症と花粉症の関連をきちんと調べてもらいたいものです。
 私は花粉症なのですが、むしろ花粉症のおかげで大きな病気に罹らずに済んでいると考えており、全体として見れば、免疫が花粉を利用して身体の毒素(アーマ)を排泄していると思っています。春になって腰が弛み、弛みが身体全体へと広がる過程で、デスクワークが中心の人たちは首、肩、背中といった上半身が弛まない。くしゃみをすると凝り固まった筋肉が弛んでくる。
 なので、花粉症は身体が不自然な生活のバランスをとるために行っていることで、薬を用いて治すのは最後の手段であり、本来は身体にとって自然な生活のスタイルを取りもどすのが本当だと思っています。とはいえ、花粉症の炎症はなかなか辛いのも確かで、ビタミンDが効くらしい。“花粉症、ビタミンD”で検索すれば、いろいろと優れた情報が出てきます。
 “続きはこちらから”の記事によれば、花粉症の人は、癌になりにくいらしい。東京大学のチームがすべての癌の死亡リスクと花粉症との関係を調べたところ、“花粉症の人は全疾患の死亡リスクが43%低く、特に癌は52%も低かった”というのです。
 その上に、もしも花粉症が新型コロナウイルスからあなたを守ってくれるとしたら、これはもう花粉症に感謝というか、身体の免疫機構に感謝するしかないですね。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
 
 
 

» 続きはこちらから

自己拡散型ワクチンかもしれない、新型コロナウイルスのmRNAワクチン ~接触、セックス、授乳、同じ空気を吸うなどして出会った他の人たちに、受動的に広めていくワクチン

竹下雅敏氏からの情報です。
 まだ確定したわけではないが、新型コロナウイルスのmRNAワクチンは、自己拡散型ワクチンかもしれない。
 記事によると、自己拡散型ワクチンとは、“遺伝子操作されたウイルスで…良性のウイルスをベースに、病原体の遺伝物質を加えたもので…抗体や白血球の産生を促す”ものだという事です。一部の人にワクチンを接種すると、“接触、セックス、授乳、同じ空気を吸うなどして出会った他の人たちに、受動的にワクチンを広めていく”らしい。
 これなら、「ワクチンを打った人には近づくな」という5月1日の記事の内容と完全に符合する。少なくとも治験の段階で、“こうした自己拡散型ワクチンを、一部の集団には人体実験として試した”としか思えないくらい、状況が酷似している。
 米軍も注目している自己拡散型ワクチンは、“「害虫駆除」のために発明された”とのことで、常日頃、“「役立たずの無駄飯食い」をいかに駆除するか”に思いを巡らせていたフィリップ王配の、「人口過剰問題に少しでも貢献したいからね、私が生まれ変わる時は、ぜひ“致死性ウイルス”にでもなって戻ってきたいものだよ」との失言(本音)を思い出す人も多いことでしょう。
 息子のチャールズ皇太子が、クラウス・シュワブの「グレート・リセット計画」の背後に居る中心人物だという事を考えると、フィリップ王配の失言と、今起きている事柄の関連が良く分かる気がします。
 “続きはこちらから”の記事の引用元には、“公式の話は、自己拡散型ワクチンは、まだ人間に「テスト」されていないということですが…メディアがこのようなことが存在すると報道する頃には、すでにかなり長い間使用されている可能性がある”とあります。
 どうも、現状は「テスト」ではなく、「本番」として使用されている可能性があるという事を、考えておかねばならないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
科学者たちは、病気のように広がるワクチンを研究しています。何がうまくいかないのでしょうか?
引用元)
(前略)
自然界に広がる動物集団全体に免疫を付与するウイルスは、理論的には、人獣共通感染症の波及現象を阻止し、次のパンデミックの火種を消し去ることができる。(中略)… 少なくとも20年前から、科学者たちはこのような自己拡散型ワクチンの実験を行っており、その研究は現在も続いており、米軍も注目している。
(中略)
仕組み 
自己拡散型ワクチンとは、基本的には感染症と同じように集団内を移動するように遺伝子操作されたウイルスであるが、病気を引き起こすのではなく、保護を与えるものである。このワクチンは、良性のウイルスをベースに、病原体の遺伝物質を加えたもので、「感染した」宿主の抗体や白血球の産生を促す。
(中略)
基本的には、ある集団のごく一部に直接ワクチンを接種するという考え方です。そして、これらの創始者と呼ばれる人々は、接触、セックス、授乳、同じ空気を吸うなどして出会った他の動物たちに、受動的にワクチンを広めていきます。このような相互作用により、徐々に集団レベルの免疫が構築されていくのです。
(中略)
自己拡散型のワクチンは、害虫の個体数を減らすための取り組みにそのルーツがある。
(中略)
安全保障上の最大の懸念は、二重使用の問題です。つまり、病気を予防するための自己拡散型ワクチンを開発するための研究が、意図的に危害を加えるためにも使われる可能性があるということです。例えば、HIVが自然に引き起こすのと同じように、感染した人や動物の免疫システムに障害を引き起こすトリガーをウイルスに組み込むことができます。また、ウイルスの中に、自分の健康な細胞や組織を攻撃する有害な自己免疫反応を引き起こすきっかけを作ることもできます。
(以下略)

» 続きはこちらから

著名な科学者やノーベル賞を受賞した研究者は皆、シンプルで効果的な抗寄生虫薬イベルメクチンが、最も進行したCOVID-19患者でさえ、死を最大80~90%減らすことができると信じている ~多くのインド人医師がイベルメクチンの使用をやめてしまったことが感染爆発の背景に

竹下雅敏氏からの情報です。
 「著名な科学者やノーベル賞を受賞した研究者は皆、シンプルで効果的な抗寄生虫薬イベルメクチンが、最も進行したCOVID-19患者でさえ、死を最大80~90%減らすことができると信じている」とあります。
 現在、インドでは変異型が猛威をふるっていると言われていますが、こちらのツイートによると、“イベルメクチンは、2021年1月から、大手製薬会社と大科学者による悪いプロパガンダを受けています”とのことで、多くのインド人医師がイベルメクチンの使用をやめてしまったことが感染爆発の背景にあるようです。
 「Ivermectin for the World」という本は、“現在、Kindleで無料で提供されている”とのことですが、こう言う形を取らざるを得なくなった理由が、“私たちは検閲され嘲笑されている。私たちは悪者にされている。ただ発言するだけで危険にさらされる”という事らしい。
 この本の最後に、「命を救うために協力してほしい…行動を呼びかけるあなたの助けが必要なのだ…権力者たちはフェイスブックやユーチューブで我々のメッセージを抑制できても、あなたのメッセージを止めることはできない」と書かれているようです。
 これ、インドの話ですよね。しかし、こうした状況は、世界共通ではないでしょうか。ワクチンではなく、安くて効果の高いイベルメクチンを全世界の人々に供給すれば、「コロナ騒ぎ」は終わっているはずです。
 これを、“単なる製薬業界の利権の話”で済ませては、本質を見失うでしょう。全体を俯瞰して見れば、新型コロナウイルスもmRNAワクチンも「人口削減計画」の道具として、予め準備されていたと見るべきでしょう。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
 
 
» 続きはこちらから

ファイザー自身が公式文書で認めているワクチン接種者の危険性 〜 呼吸や皮膚接触を通じてワクチン接種者が周囲に引き起こす二次的有害事象

読者の方からの情報です。
 読者の方からファイザーの公式文書の情報をいただきました。ファイザー自身がワクチンの危険性をまとめているもので、ジム・ストーン氏がこのファイザー公式文書を解説し警鐘を鳴らしておられました。5/1しんしん丸氏の記事「ワクチンを打った人には近づくな」を裏付けるものとなっています。DeepL翻訳したものを、ぴょんぴょん先生に監修していただきました。
 ファイザーの膨大な文書のうちP67からP69に注目しています。そこでは、呼吸や皮膚接触によって「ワクチンに含まれるもの」が接種者から未接種者に伝わることを認めており、それが有害事象を発生させる可能性があるとしています。文中「曝露」とあるのは、細菌やウイルスにさらされるという意味です。またファイザー文書の理解しにくい点でもありますが、接種した人を「試験介入」と定義しています。
 ファイザー文書では、妊娠中、授乳中の「曝露」、職業上の「曝露」を重く見てファイザー安全部への報告を求めていますが、ジム・ストーン氏は分かりやすい具体例として、ワクチン未接種の男性がオフィスでワクチン接種した女性のそばを通り「曝露」した場合、その男性の妻には妊娠出産の有害事象が発生する可能性があると述べています。また、ワクチン未接種の女性が、接種した女性に「曝露」した場合、流産、新生児死亡、先天性異常、母乳による乳児の薬害や死亡の可能性などがあると述べています。
 また、職業上の「曝露」として、ワクチン接種者と意図せずに接触してしまった医療従事者や、家族、接種者の周りにいる人に二次的有害事象が起こる可能性があるとしています。
 これは陰謀論でしょうか。ファイザー自身が認める危険性が否定されるまで、ワクチン接種者はスーパースプレッダーであるという用心が求められます。
(まのじ)
 私もこのファイザー社の公式文書を少し目を通しましたので、私の見方を補足したいと思います。本文書はタイトルと目次から見るに、同社のワクチンの治験計画書の様です。
 ジム・ストーン氏は、文書で問題となっているp.67〜69中の "study intervention" を「治験者」(つまりワクチンの接種者)とみて解説していますが、本来は同文書のp.45にあるようにこの言葉は治験対象(プラセボを含む治験薬や治験手順といった研究介入に用いられるものの総称)のことと定義されています。
 この定義に従って素直に読むと、p.67〜69の「妊娠中、授乳中の治験対象への曝露、および職業上の曝露」の問題の部分は、単に、治験者に付き添いなどできた家族や介助者が治験薬等を吸入・接触したことを想定しているように見受けます。
 ただ、"study intervention" を仮に「治験者」に置き換えて読んでみると、割と意味が通ってしまうところが気にはなります。深読みすれば、ジム・ストーン氏の解説もひとつの見方として成り立つのかもしれません。ただ、この文書をもってファイザー社自身が、接種者との、吸気もしくは接触による未接種者のリスクを公式文書で示していたという断定は難しいのではないかとは思っています。
(るぱぱ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ワクチン中毒者には近づくな! ファイザー社の公式文書より
引用元)
(前略)
要約すると、ワクチン研究の参加者は、何かのスーパースプレッダー(拡散者)となり、彼らはそれが何であるかを言いませんが、それは、ワクチンを受けた人々にさらされたときに、ワクチンを受けたことのない人々に二次的な有害事象を誘発します。 これは非常にまずいことで、この小さな引用文の中に、ワクチンを接種した女性と接触したワクチン未接種の男性が、ワクチンに含まれるものを別の女性にうつしてしまうと警告しています

この文書の比較的小さな部分でも、ワクチンを接種していない人がワクチンを接種した人に接すると、自然流産や生殖器系の問題を引き起こすと書かれていますし、ワクチンを接種した母親の母乳は乳児に害を与える可能性があります。もし信じられない人がいるなら、 上のリンクをクリックして、その膨大で意図的に混乱させている文書を読み解いてください。

皆さん、ワクチンは本当に命取りです。 ワクチンを受けた人を近づけてはいけません、これはもう公式です。
(以下略)
————————————————————————
健康な人を対象とした covid-19 に対する sars-cov-2rna ワクチン候補の安全性、忍容性、 免疫原性および有効性を評価するための第 1/2/3 相、プラセボ対照、無作為化、観察者盲検、用量制限試験
引用元)
(前略)
67〜69ページ

8.3.5 妊娠中、授乳中の治験対象への曝露、および職業上の曝露

妊娠中、授乳中の治験対象への曝露、および職業上の曝露は、治験責任者が気付いたときから24時間以内にファイザー安全部に報告される。

8.3.5.1.妊娠中の曝露(EDP)

次のような場合にEDPが発生する。

•治験中、または中止後に、女性参加者が妊娠していることが判明した場合

•治験中、または中止後に、男性治験参加者が、妊娠前または妊娠可能期間に女性パートナーに曝露した場合

•環境的曝露により、治験者に曝露している間、またはその後に、女性が妊娠していることが判明した場合

(中略)

異常な妊娠結果はSAEとみなされる。(編集部注 SAE:ヒトを対象とした医薬品の臨床試験における重篤な有害事象)

8.3.5.3. 職業上の曝露

職業上の曝露は、人が治験者と、計画外の直接接触を受けたときに発生するが、それがAE(編集部注 ワクチンを接種した人に発生する有害事象)の発生につながるかどうかはわからない。
このような人に、医療従事者、家族、および治験参加者のケアに関わる人々が含まれる

(以下略)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 603