アーカイブ: *社会

[Twitter]韓国ソウルの病院作検査ブース。新生児保育器を参考に

読者の方からの情報です。
こんな所、真剣に前向きに向き合っている証左ですね。

尊敬します
(DFR)
————————————————————————
配信元)

トランプ大統領「数百万人が感染し、10万人から20万人が死亡するおそれがある」 / 「緊急事態宣言」の直前といえる日本の状況

竹下雅敏氏からの情報です。
 トランプ大統領は「もし外出制限や学校の休校などの措置が一切とられなかった場合…アメリカでの死者の数は最も多い場合220万人に達する」とするデータを示し、「数百万人が感染し、10万人から20万人が死亡するおそれがある」と述べました。
 随分と少なく見積もったな、というのが最初の印象です。しかし、この少ないと思われる数字でも、感染者・数百万人、死亡者・10~20万人という予想です。中国の感染者・約81000人、死亡者・約3300人という公式の数字は、本当なんでしょうか。アメリカの人口は約3億2700万人で、中国の人口は約14億人です。
 トランプ大統領の予想が正しかったとしても、習近平国家主席にくらべれば、トランプ大統領は無能だと言えるでしょう。トランプ大統領は「アメリカには世界最高峰の新型コロナウイルスの研究者などがいる」と述べているのですが、アメリカの世界最高の専門家集団は、中国共産党に比べれば取るに足らない無能集団ということになるでしょう。こうした数字を見ても、中国が出している数字は10~100倍違うと考えた方が良いと思います。
 “続きはこちらから”は日本の状況です。日本は「緊急事態宣言」の直前と言えるでしょう。下手なことをするとインドのようになりかねないのですが、“封鎖はしたいが、金は出さない”という連中です。「多方面から専門的な知見に基づき慎重に判断」した結果、「緊急事態宣言」となり首都封鎖。責任はもちろん取らない。だって、ボクチンは専門家の意見に従っただけ、ということになりそうで怖い。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプ大統領 4月末まで自粛延長「対策取らなければ死者220万人も」
配信元)
————————————————————————
配信元)
————————————————————————
「米国内で20万人死亡も」米国立衛生研究所幹部 新型コロナ
引用元)
(前略)
29日、アメリカのNIH=国立衛生研究所の幹部で、トランプ政権の新型コロナウイルス対策チームの主要メンバーのアンソニー・ファウチ博士は、アメリカのテレビ局とのインタビューで(中略)… 「これまでの状況をみれば数百万人が感染し、10万人から20万人が死亡するおそれがある」と述べ、多くの死者が出る可能性に言及しました。

イギリスの大学、インペリアルカレッジ・ロンドンはイギリスとアメリカで今月中旬に、もし外出制限や学校の休校などの措置が一切とられなかった場合、感染の拡大が終息するまで、アメリカでの死者の数は最も多い場合220万人に達する一方、厳重な対策がとられた場合には死者を10分の1以下に抑えられるとした予測を発表しています。
(以下略)

» 続きはこちらから

東京都の若者の感染者数が急増中! ~カリフォルニア州の感染者数の内訳では、“18歳から49歳”が圧倒的に多い

竹下雅敏氏からの情報です。
 東京都の感染者数の内訳を見ると、若者の感染者数が急増しているようです。これまではPCR検査の条件が厳しく、病状の悪化した者のみを検査していたので、感染は高齢者が中心になっていました。今では、“行政検査を要請して却下されることはなくなり、むしろ今は医師が臨床経過や画像からCOVIDを強く疑った場合は積極的に検査するよう病院は指導を受けています”ということなので、軽症でも医者が「検査が必要」だと判断すればPCR検査を受けられるみたいなのです。
 こうなると比較的若い世代の感染者が見つかるようになるのは当然のような気がします。“続きはこちらから”の記事をご覧になると、カリフォルニア州の感染者数の内訳が出ていますが、“18歳から49歳”が圧倒的に多いのが分かります。なので、東京都の若者の感染者数の急増を、“感染状況は完全に違うフェーズに入っている”と見るべきなのかどうかは、データが少な過ぎて何とも言えません。
 少々気になるのは、“フランスでは、ICUに運ばれた患者の50%が60歳以下で、オランダでは50%が50歳以下”という所。年代別の詳しいデータが欲しいところですが、比較的若い世代も重症化するということでしょうか。新型コロナウイルスは重症化すると、回復後も肺線維症などの後遺症が残ります。若い人も、警戒が必要だと言えるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【衝撃的】東京都の感染者報告、若者が急増!68人中43人が20~30代に 出勤で多数感染か
転載元)
(前略)
若者の感染者数が急増していることが分かりました。東京都によると、新たに感染が確認された68人の内、43人が20代から30代の若者世代で、60歳以上の高齢者は7人だけだったとのことです。

今までは中年から高齢者の感染報告が目立っていただけに、これはかなり大きな変化だと言えるでしょう。
 
年代の変化から分かることは、この2週間で働き盛りの世代が多数感染した可能性が高いということです。行政の自粛要請で高齢者は自宅に引きこもることが出来ましたが、20~30代だと仕事があることから、やむを得ない出勤で感染してしまったと思われます。

仕事を休む代わりに政府が有給として給料を丸ごと支援するくらいの政策を打ち出す必要があり、このままだと労働者を中心にして感染が広がることになりそうです。
(中略)

(中略)
(以下略)

» 続きはこちらから

東京都医師会長さんから都民の方にお願い「これから少なくとも3週間…密集、密閉、密接のところには絶対行かない様、約束して下さい」 ~いまのままでは医療体制があと2、3週間で崩壊する

竹下雅敏氏からの情報です。
 東京都医師会長さんから「都民の方にお願い」です。“ここ数日の東京都の感染者の増加は尋常”ではなく、“東京のCOVID19医療はごく限られた病院の医療者が支え続けている事実を知ってください。このままでは、そう長くは持ちません”というツイートが示すように、いまのままでは医療体制が「あと2、3週間で崩壊する」かも知れないとのことです。そうならないように、“これから少なくとも3週間…密集、密閉、密接のところには絶対行かない様、約束して下さい”と言っています。
 言っていることは大変良く分かります。まったくこの通りだと思うと同時に、違和感もあります。冒頭のツイートでは、「オリンピックが延期になる前は感染者を少なく公表していた」説を否定し、これを「陰謀論」と言っているのですが、事実を正しく認識していないようです。“オリンピックが延期になる前はPCR検査が少なかった”ために感染者の数が低く抑えられていたのです。
 アメリカも積極的に検査をする前は、日本と同じように感染者の数は低かったわけですが、検査の数を増やしたことで、今や感染者は12万人を超え、世界一の感染者数になってしまったわけです。日本もアメリカのように積極的に検査をすれば、“コロナに感染しても無症状か、軽い風邪だと思っている”人たちが検査の網にかかり、感染者数が上昇するのは誰でも分かることです。
 2つ目の記事は、東京都医師会が2月13日に出した「新型コロナウイルス感染症に関するリーフレット」です。「感染力はインフルエンザと同程度かそれより弱い」とか「重症度は、通常のインフルエンザなどと同程度」といったデマをこのように垂れ流しています。引用元をご覧になると、「現在、多くの不正確な情報が氾濫しています。厚生労働省のホームページなど信頼度の高い情報の取得を是非お願いします」と、ご丁寧に書いています。
 こうしたデマ情報が、「新型コロナウイルス」の危険性を正しく認識する上で、どれほど有害かを少し考えてみるべきではないでしょうか。現在、若者が「新型コロナウイルス」を警戒せず「アクティブに行動する」理由の一つは、こうしたデマ情報を若者が信じてしまっているからではないでしょうか。
 なので、私には「都民の方にお願い」より前に、「謝罪」が必要なのではないかと思うのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
尾崎 治夫
配信元)
東京都医師会長から都民の方にお願い
まずFacebookの友達でのお願いです。お読みいただいて、共感していただれば、シェアして下さい。
(中略)
平和が、あと2、3週間で崩壊するかもしれません。ここ数日の東京都の感染者の増加は尋常ではありません。心配です。
新型コロナ感染は、多くの皆さんの想像を超えた広がりを示しています。
(中略)
今が踏ん張りどころなのです。何故感染者が増えているのか、特に大学生から40歳代の人、コロナに感染しても無症状か、軽い風邪だと思っている人が、アクティブに行動することが、その大きな原因と言われています。
(中略)
これから少なくとも3週間、生きていることだけでも幸せと思い、欧米みたいになったら大変だと思い、密集、密閉、密接のところには絶対行かない様、約束して下さい
お願いします。私たちも、患者さんを救うために頑張ります。
————————————————————————
新型コロナウイルス感染症に関するリーフレット「都民の皆様へのお願い」
引用元)
(前略)
新型コロナウイルス感染症の感染力、重症度、診断、治療について
 ①感染力はインフルエンザと同程度かそれより弱いと言われています
 ②重症度は、通常のインフルエンザなどと同程度と予想されます(例年のインフルエンザでも高齢者や免疫力の低下した方など重症化し死亡する場合が一定数みられます)
 (中略)
 ⑤感染しても多くの方は症状が出ないか、少し長めの呼吸器症状で完治すると予想されます
 ⑥肺炎になった患者さんへの治療法は、他の肺炎治療と大きくは変わりません(超重症例では、多様な治療が試みられています)
 ⑦予防方法も上記の『標準的な感染症予防策』で十分と言われています

(中略)
日本の医療体制は今回の新型コロナウイルス感染症に対しても十分対応でき、重症化の可能性も低いと思われます。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
 

» 続きはこちらから

最終的な致死率(死亡率)を予想するには、治療が終了した患者の数を母数にするのが適切 ~死亡者数を感染者数で割ると死亡率が極端に低くなる

竹下雅敏氏からの情報です。
 「新型コロナの治療が完了した方(退院および死亡)353人中死亡者は43人で、死亡率は13%」というのは、完全に盲点でした。正確には、43÷353=0.1218なので、12.1%です。
 これは公式に発表されている数字を使ったもので、確かに感染が確認された人は、“治療中か、すでに治療が終了しているか”に分かれます。毎日新しく感染者が次々と発見され、病院に収容されるわけですから、死亡者数を感染者数で割ると死亡率が極端に低くなります。最終的な致死率(死亡率)を予想するには、治療が終了した患者の数を母数にするのが適切です。結果は、死亡率12.1%ということで、予想通り10%を超えています。
 イタリアの致死率は10.5%に上昇。スペインは7.8%。イランは7.3%ですが、これは死亡者数を感染者数で割ったもの。なので、本当はもっと高いということでしょう。将来再燃か再感染すれば、さらに致死率は上がると思います。
 日本は5Gがこれから広がるので、5Gによって免疫力がさらに下がると考えると怖いものがあります。新型コロナウイルスはインフルエンザとは全く異なるもので、要警戒だということが分かります。
 “続きはこちらから”は、ニューヨーク医療崩壊の現場の様子。しかも、まだ始まったばかり。世界で医療崩壊を免れる国はほとんどないと考えてよいでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
新型コロナの死亡率は13%?
引用元)
新型コロナ感染者のうち3月25日正午時点で、新型コロナの治療が完了した方(退院および死亡)353人中死亡者は43人で(1)、死亡率は13%です。なお、プリンセスダイアモンド号は除いています。
(中略)
新型コロナ感染者が治療中の方と、すでに治療が終了している方(死亡を含む)に分けられます。(中略)… 以下に推移をしめします。治療中を含めて死亡率を計算しては死亡率が低くでます。そこで、治療中の方をの除いて死亡率を計算することにしました。


 ※1(2)(3)を集計
 ※2 治療終了者数中の死者の割合=死者数÷(退院者数+死者数)×100で計算
 図―4 治療終了者数中の死者の割合推移

図に示す通り3月14日以降は13%程度で推移しています。
(中略)
(1)新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年3月25日版)
(2)報道発表資料 2020年2月 |厚生労働省
(3)報道発表資料 2020年3月 |厚生労働省
(以下略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 255