アーカイブ: COVID-予防・回復

公式なデータのみに基づいた、ワクチンの実像 ~WHOの勧告に従ってイベルメクチンをしようせず、ワクチンのみに依存している州や国は感染が増加

竹下雅敏氏からの情報です。
 同じ動画がYouTubeに上がっているのですが、消されるのは時間の問題なので、動画はrumbleにしてコメントのみをYouTubeから引用しました。
 公式なデータのみに基づいて、ワクチンの実像をキチンと理解しようという趣旨です。いま、先進国では日本のみがワクチン接種に邁進している(1分30秒)のですが、各国のデータからワクチン接種のピーク時から5ヶ月ほどして、感染者が激増する様子(3分)が見て取れる。こうした事から、“10月以降の「感染爆発」が見込まれる(5分20秒)”と言っています。
 厚生労働省の人口動態統計で、今年の7月までの合計の死亡者数は去年に比べて、45,359人増えている(6分)ようです。出生者数は減少していて、人口減少は加速しているようです。
 7分50秒以降はイベルメクチンの話題です。動画をご覧になると、イベルメクチンの効果が公式データで立証されているのが良く分かると思います。「WHOの勧告に従ってイベルメクチンを使用せず、ワクチンのみに依存している州や国は感染が増加し、WHOをはじめとするグローバルな面々はイベルメクチンをワクチン普及にとって邪魔な存在と思ってるんじゃないか(15分4秒~20秒)」と言っています。
 “続きはこちらから”の記事では、厚生労働省がイベルメクチンをコロナ薬として承認しないのは、“新薬の承認という権威、権力を誇示することで、関係業界などをひれ伏せさせ、天下りなど様々な利益供与を受けるため”だと論じています。確かにそういった面もあるでしょうが、グローバリズムでは国よりも巨大企業の力の方が上です。
 巨大企業のオーナーたちに各国の首相、大統領は使用人として雇われているのです。彼らからの命令を無視すれば、アフリカの大統領のように殺されるのはわかり切ったことです。日本もワクチン接種のノルマが課されていると見た方がよいでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
第10回 コロナワクチンについて知ってもらいたい
配信元)

  動画は配信元でご覧ください(画像をクリックすると配信元へ飛びます)
————————————————————————
第10回 コロナワクチンについて知ってもらいたい
引用元)
(前略)
Dd 
イベルメクチン凄すぎ。あそこまで叩かれる理由がわかりました…。そりゃこんなに効いちゃったら製薬会社儲からないわ。
鹿先生もデータに基づいてワクチンの危険性を解説していたのに4つのチャンネル全部一気に削除されてしまいました。
モリモリさんも危ないです。
(中略)
ほんこ 
ペルーは大統領が変わったみたいです。前大頭領がイベルメクチン派でしたが、
次の大頭領がイベルメクチンなんかやめろと止めたらまた、コロナ爆発した。仕方ないからイベルメクチンをまた配ったそうです。
(中略)
君子 
イベルメクチンを、通販で入手済。これ程の効果があるとは知りませんでした。
この動画は直ぐに削除されると思います。見つけられて、幸運です。
何回も見直します。感謝申し上げます。
(中略)
Gomiakuta
Youtube側は、ワクに関する動画、チャンネル(特にワクに反対や慎重な姿勢の内容)をバンしていくという決定を発表しました。こちらはとても貴重な情報発信をされていると思いますので、ぜひ気をつけてください。万が一、警告等が来るようであれば、Rumbleやニコニコ動画にもチャンネルを開設して、Youtubeから削除されても見られるようにされるのが良いと思います。Rumbleであれば登録不要ですので、Youtubeでは予告編だけ流し、Rumbleの動画のURLを概要欄に張って、本編はそちらで観てね、というやり方もありです。
(以下略)

» 続きはこちらから

米上院公聴会でのピエール・コーリー博士「イベルメクチンが命を救い、命を守るという証拠は、すでに圧倒的なものとなっている」 ~政府、大手メディアがをひた隠しにするイベルメクチンの効果

竹下雅敏氏からの情報です。
 米上院公聴会でピエール・コーリー博士は、“我々は世界で最も多くの論文を発表している医師たちのグループであり、約2000の査読付き論文を発表した。…この9ヶ月間、グループとしてすべての文献を検討した結果…世界各地の多くの医療センターと国から寄せられた膨大なデータにより、イベルメクチンはミラクルな効果を持ち基本的にウイルスの感染を防げることを裏付けた。これを服用すれば、感染症にならないのだ。…まずイベルメクチンはウイルスの予防に効果があるだけでなく、服用すれば感染症にならないという証拠がある。…800人の医療従事者にイベルメクチンを投与したら、誰も感染症にならなかった。イベルメクチンを服用していない400人の医療従事者のうち58%、237人が体調を崩した。…驚異的で効果的な抗ウイルス作用を有している。…イベルメクチンを服用すれば入院の必要性や死亡率が減少する…それは奇跡の薬であると証明された。…何十万人もの患者が今病院で死にかけている…ICUに入った時点で彼らはすでに死に向かっている。ほぼ救えないのだ。肝心なのは早期治療だ。…もうこんな悲劇には耐えられない。これらの患者たちはイベルメクチンによる早期治療ができれば、入院せずに治療できたはずなのに…どういう患者さんが今亡くなっているのか。…彼らは、社会の底辺にいる最貧層の人々である。…このような不公平な状況は見たことがない。我々には、このような貧しい患者さんを守る義務がある。効果的な治療法を提供する義務がある。イベルメクチンが命を救い、命を守るという証拠は、すでに圧倒的なものとなっている。しかもこの薬はとても安全だ。私の同僚もイベルメクチンの使用許可をすぐに得る必要があると話している。ここに、NIHに我々のデータを見てもらうことを要請する。イベルメクチンの使用を地域全体に広めるために”と言っています。
 政府、大手メディアがイベルメクチンの効果をひた隠しにして、ワクチン接種に邁進する状況を、“何かおかしい”と思えないなら、そちらの方がどうかしているわけで、生命の勘が鈍っているという事です。
 “続きはこちらから”をご覧ください。フランス領ポリネシアでは、イベルメクチン等に基づく治療を支持し、ワクチンの義務化に反対するデモにも参加していた医師が、警察によって屈辱的に逮捕、拘留されたとのことです。「コロナ患者にイベルメクチンや亜鉛等を処方した疑い。コロナ患者を治療し、回復させ、村人の信頼を得たことで逮捕」とあります。
 表向きは別件での逮捕でしょうが、真相は「コロナ患者にイベルメクチンや亜鉛等を処方した」ことによる嫌がらせ逮捕でしょう。こうした事柄を他人事として放っておくと、いずれは同じことが私たちに起こります。他人の目を気にして、良い子でいることを続けていれば、いずれ悲劇は自分のところに及びます。空気を読んで、波風を立てないように生きることは、間接的に悪に加担することなのです。
 勇気と共に声に出しましょう。「ワクチンはいらない! イベルメクチンをよこせ!」。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)
https://gettr.com/post/pck44642c0

 動画は配信元でご覧ください(画像をクリックすると配信元へ飛びます)

https://gettr.com/post/pcjfo9dd85

 動画は配信元でご覧ください(画像をクリックすると配信元へ飛びます)

https://gettr.com/post/pcj2vi4b4b

 動画は配信元でご覧ください(画像をクリックすると配信元へ飛びます)

https://gettr.com/post/pcio88f2c1

 動画は配信元でご覧ください(画像をクリックすると配信元へ飛びます)

https://gettr.com/post/pcjwk4c91d

 動画は配信元でご覧ください(画像をクリックすると配信元へ飛びます)

» 続きはこちらから

ゆるねとにゅーす管理人さんの闘病記・完結編 〜 一難去ってまた一難、冷静な判断と果敢な実行力がモノを言う

 一旦はコロナ感染の危機から脱したゆるねとにゅーす管理人さんでしたが、その後、コロナ後遺症に見舞われ、一時は意識不明で救急搬送される事態に。後から知った読者が気づかなかったほど、日々記事の更新をされていて、その上、息苦しさやめまい、ブレインフォグの状態でも目覚ましい情報収集を重ね、的確な自己診断をされていたことに驚きます。「必死に検索した結果」とありますが、ほんと死ななくてよかった。さらに驚きなのが、以前に時事ブログでも取り上げた治療法に辿り着かれ、施術可能な病院を見つけ、速やかに治療を受け、みるみる改善された、その行動力です。恐るべし。
 しかし一難去って、また一難。
ここからの展開もアッと驚きでしたが、コロナ感染による影響は一様ではなく、適切な情報収集、冷静な判断、良い医療者を見つける能力など、なんというか生きる力がものを言うと思いました。
 ぜひ元記事で奮闘記、いや闘病記の完結編を。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【有料会員限定記事】コロナ回復から1か月半、「コロナ後遺症」発症から回復までの記録(その2:めまいや倦怠感が続く中、ある「特別な治療法」を受ける→体調が回復へ)
転載元)
(前略)

「ウイルス感染後疲労症候群」を改善させる可能性が期待できる、「ある治療法」を受けることに


コロナ感染症回復から2週間ほど経過してから、徐々に息苦しさや動悸、めまい、倦怠感、ブレインフォグのような症状に悩まされ、一時、激しいめまいや手足のしびれ、強い息苦しさに見舞われて急に意識を失い、救急搬送された管理人。

こうした状況を自ら分析し、ネット上の情報をかき集めた結果、「ウイルス感染後疲労症候群」(コロナ後遺症)であると自己診断し、さらには、「ウイルス感染後疲労症候群は上咽頭の慢性的な炎症と関連がある可能性がある」といった情報を見つけたとともに、「上咽頭の炎症の改善に効果が見込まれる治療法」があることを知った

これが、EAT(Bスポット療法)と呼ばれているものだ


(中略)

「Bスポット療法」を受けた後、諸々の症状(めまいや動悸、ブレインフォグ、倦怠感)が改善



(中略)

施術から数時間ほどが経ち、のどの違和感が改善。そのうえ、翌日くらいから徐々にめまいや動悸、ブレインフォグ、倦怠感なども改善に向かう
こうした状況から、やはり、これらの諸症状は「コロナ感染による上咽頭の炎症」が大きく関係しているのではとの思いを強くする。

しかし、コロナ感染症発症時に発生した「左足甲の痛みの再発」は非常に奇妙だ

~省略~

めまいや倦怠感などの症状はかなり改善されたものの、足の痛みはその後も続いたため、今度は地元の(内科病状も対応している)整形外科を受診し、痛みの原因を突き止めることにした。


地元の整形外科で血液検査とレントゲン、紹介状を書いてもらった病院でMRI検査を行なう



(中略)

MRI検査によって、ついに再発した「謎の足の痛み」の原因が判明!?(医師から「まったく予想外の病名」を伝えられる)



9月16日、再び地元の整形外科に行き、医師から血液検査、尿検査、MRI検査の結果を伝えられる。

血液検査は全て異常なし。
ウイルスによる炎症も、サイトカイン(免疫機能の暴走)による臓器の損傷も特になしとの結果だった。

それでは、一体”何”が足の痛みを引き起こしているのか?
その”ヒント”になるファクターがMRI検査結果に示されていた。

なんと、管理人は、腰部において「椎間板ヘルニア」を発症していたのである。

(以下略)

インドのウッタル・プラデーシュ州(約2億3800万人)は、陽性率0.01%未満、回復率98.7%に改善し、COVIDフリーを宣言! ~イベルメクチンを予防薬として早期に使用してCOVIDから完全に回復

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の記事は読者の方からの情報提供です。インドのウッタル・プラデーシュ州の人口は、米国の人口の3分の2に相当するインド最大の約2億3800万人ですが、「陽性率は0.01%未満…回復率は98.7%に改善」したことで、COVIDフリーを宣言したとのことです。
 ツイートのグラフを見ても分かるように、インドは5月頃に感染爆発が起きていました。一説にはウイルスがばら撒かれたと言われています。ウッタル・プラデーシュ州は、8月初旬の時点で対象者の5.8%しか予防接種を受けていないにもかかわらず、COVIDから完全に回復したのは、“イベルメクチンを予防薬として早期に使用したからだ”という事です。
 記事では、地区内のすべてのRRTチームメンバーにイベルメクチンを実験的に投与したところ、「ウイルスの陽性反応を示した患者と毎日接触しているにもかかわらず、彼らの誰もCovid-19を発症しなかった」とあります。
 日本でも長尾和宏医師は、マスク1枚でコロナ患者に対応しています。医療関係者はもちろんですが、ワクチンではなくイベルメクチンで感染予防して、経済を普通に回せばこの問題は解決するはずです。
 このインドの例のように、イベルメクチンが新型コロナウイルスに効果があることは、世界中で実証されています。この期に及んで、エビデンスがないと宣う医療関係者がいるのですが、査読済み論文以外には何も信じない愚か者か、お金で性根が腐った連中のどちらかでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
衝撃! 2億4100万人の人口を抱えるインドの州、政府がイベルメクチンを推進した結果、COVIDフリーを宣言
引用元)
米国の人口の3分の2に相当するインドのウッタル・プラデーシュ州が、COVIDフリーを宣言したと、州政府が先週発表した。
(中略)
ウッタル・プラデーシュ州のサーベイランスオフィサーであるVikssendu Agrawal氏は、次のように述べた。「ウッタル・プラデーシュ州は、イベルメクチンの大規模な予防的・治療的使用を導入した国内初の州です。2020年5月から6月にかけて、Anshul Pareek博士が率いるアグラのチームは、実験的に同地区のRRTチームメンバー全員にイベルメクチンを投与しました。ウイルス検査で陽性となった患者と日常的に接触していたにもかかわらず、彼らの誰もがCovid-19を発症しなかったことが観察されました」。
 
彼はさらに付け加えて、「アグラでの調査結果に基づいて、州政府は、コヴィド患者のすべての接触者にイベルメクチンを予防薬として使用することを承認し、その後、そのような患者の治療のために治療薬を投与することを許可しました」と述べた。
(中略)
同薬が最近、Covidの治療と管理のための国家プロトコル(National Protocol )に導入されたと付け加えた。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

マイロ・カンデリアン博士「血液中に20%の酸化グラフェンによる劣化を持つ接種者…は他の入力条件がない限り、8年間は生きるだろう」 ~リンゴを含むバラ科植物の種子がワクチンの解毒に著効

竹下雅敏氏からの情報です。
 マイロ・カンデリアン博士の記事の情報は、8月22日の記事のコメントですでに取り上げたのですが、読者の方からの投稿があり、もういちど記事の形で取り上げることにしました。
 この手の情報はフェイクであることが多いのですが、内容から見て事実だろうと見ています。ワクチン接種で血液に異常が起きることは、7月19日の記事で紹介した動画をご覧になると分かります。
 マイロ・カンデリアン博士は、“血液中に20%の酸化グラフェンによる劣化を持つ接種者…は他の入力条件がない限り、8年間は生きるだろう”といっています。「他の入力条件がない限り」という事なので、ワクチンの解毒に成功すれば、最悪の事態を回避できます。 
 私の直観では、バラ科植物の種子がワクチンの解毒に著効があるようです。実はリンゴはバラ科リンゴ属で、リンゴの種は捨てるともったいないのです。「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」とか、「りんごが赤くなると医者が青くなる」と言いますが、その本領はどうやら「リンゴの種」にありそうです。
 以下は、記事の投稿者のコメントです。           
(竹下雅敏)
 SOTNの記事の翻訳です。
 概要:
 2015年に血液生物兵器として使用するための「酸化グラフェンの特許を開発した人物」であるマイロ・カンダリアン博士(Dr. Mylo Canderian, Ph.D)の友人である、Steven Fishmanが彼にレストランで一緒に会食中に尋ねた内容で、非常に興味深い記事です。
 著者によると、友人のCanderian博士は「大量虐殺を行うグローバリスト」であり、「地球の癌になるな - 自然の為の余地を残せ」という、『ジョージア・ガイドストーン』の10の教訓を信奉する人物。世界保健機関(WHO)の「医療功労者」、クラウス・シュワブと共に「グレート・リセット」を強く支持し、WHOの2022年の第二の目標である世界単一のデジタル通貨の先導役。
 世界の人口の95%は「役立たずの大飯食らい」であり、できるだけ早く安楽死させる必要があると考えており、「ワクチン」こそが「人間という地球上の癌」に終止符を打つものだと確信している。「人類という疫病(Plague of Humanity)」を世界から撲滅するという、フリーメイソンの義務と責務を熱心に支持している。
 同博士の視点は、クラウス・シュワブやビル・ゲイツ、ビッグファーマのCEOたちとほぼ同じである:つまり、「LET THEM ALL DIE!(みんな死んでしまえ!)」だ。とのこと。
 「接種者は一体何年生きられるのか、どうやったら分かるのか?」 と言う質問に対して:「注射をしてからサイクルの終わり "End of Cycle”(死)に至るまで、最大で10年のサイクルがある。。顕微鏡なら数秒、電子顕微鏡を使えば非常に簡単に(死の時期は)確定することができる」
 では、どうやって死の時期がわかるのか? というと、「酸化グラフェンの影響を受けた(あるいは汚染された)血液の割合は、エンド・オブ・サイクル(死)の計算と相互関係にある」のでその割合を見れば分かる。「血液中に20%の酸化グラフェンによる劣化を持つinoculatee(接種者)は、他の入力条件がない限り、8年間は生きるだろう。酸化グラフェンの劣化度が70%の者は3年以上は生きられないだろう」「2回目、3回目の注射やブースターの効果は。。。血液学的な検査によって測定可能。愚か者が注射やブースターを打てば打つほど、顕微鏡で見ると彼らの血液はより悪化し、彼らはすぐに肥料になってしまうのだ」
と述べています。
 科学的・論理的にも納得がゆく内容と思われ、現実の状況と照らし合わせてみても、どうも作り話とは思えません。様々な研究者が同じように接種者の余命は何年、というような主張をしています。この記事は、直接、酸化グラフェンの特許を取得した本人の話ということで、さらにそれらを支持する内容と思います。
 個人的には、「全てのワクチンに入っている」のかは疑問に思えますが、複数回の接種で結果として、徐々に、本人はわからないような形で、様々な疾患を抱えて苦しみながら、最大10年以内に亡くなってゆく、ということが起きてゆくのでしょうか。
 このような記事を見ると、いかにグレート・リセット・アジェンダを計画するグローバリスト支配層、テクノクラートたちが、大衆から見ると想像すらできない精神異常者であるか、具体例を見るようです。優生学思想、人口削減主義、トランスヒューマニズム、を信奉し、ペドフェリアを常習とするのでしょう。
 最近の様々なワクチンの異常な奇妙な現象は、もはや、単なる人口削減・大量殺戮というような簡単な話ではないように思われます。その奥に潜むのは、愛のかけらさえもない悪魔崇拝、多量の人類が悶え苦しみ死に至ることを至上の快楽とする中毒症を持つ精神異常者集団が計画していることを、私たちは理解する必要があるのでしょう。いかに効果的に95%の人類の大半を苦しませながら快楽に浸りながら高みの見物をしながら大量殺戮を楽しむか、、その最大の効果が出る方法としてCovid生物兵器、ワクチン殺戮兵器を開発した。そう考えると、これからも、一般人の頭からは想像もできないような異常で奇妙な画策が明るみに出てくるのかもしれません。
(Sho-Momo)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
すべてのCovid「ワクチン」に含まれる酸化グラフェン(Graphene Oxide)が、ワクチン接種者をゆっくりと殺していく方法
引用元)
ワクチン接種者は、どのくらい生きられるのか?

私はこの質問を、ある一人の私の友人に託した。彼の名はDr.マイロ・カンデリアン(Dr. Mylo Canderian, Ph.D)[1938年、ギリシャ・コルフ島、ミロス・イスカンデリアノス生まれ]。2015年に血液生物兵器として使用するための酸化グラフェンの特許を開発した人物である。 

包み隠さず透明性を持って言うと、Canderian博士は、私が「Genocidal Globalist(大量虐殺を行うグローバリスト)」と呼ぶ人物であり、”Be not a Cancer upon the Earth; Leave Room for Nature"(地球の癌になるな - 自然の為の余地を残せ)という、滅多に議論されることがない『ジョージア・ガイドストーン』の10の教訓を信奉する人物である。

Dr.カンデリアンは、世界保健機関(WHO)の「医療功労者」であり、クラウス・シュワブ(Klaus Schwab)と共に「グレート・リセット」を強く支持しており、WHOの2022年の第二の目標である世界単一のデジタル通貨の先導役でもある。彼は、世界の人口の95%は「役立たずの大飯食らい(Useless Eaters)」であり、できるだけ早く安楽死させる必要がある(中略)… 「ワクチン」こそが「人間という地球上の癌」に終止符を打つものだと確信している。

Dr.カンデリアンは、「人類という疫病(Plague of Humanity)」を世界から撲滅するという、フリーメイソンの義務と責務を熱心に支持している。
(中略)
私はマイロに尋ねた:「”ワクチンを接種した者たち”は、ひとたび注射を打った後、どうやって正確に、どれぐらい生きながらえられるのかがわかるのかね?」
(中略)
「シンプルさの力(The Power of Simplicity) だよ」と彼は語った。「注射をしてからサイクルの終わり "End of Cycle”(つまり死)に至るまで、最大で10年のサイクルがある」と彼は入念に説明した。「そして、それは非常に簡単に確定することができるものだ」と語った。

どんな血液学者でも、顕微鏡なら数秒で、電子顕微鏡を使えばもっと早くわかると彼は言う。「酸化グラフェンの影響を受けた(あるいは汚染された)血液の割合は、エンド・オブ・サイクル(死)の計算と相互関係にある」と彼は暴露した。

言い換えれば、血液中に20%の酸化グラフェンによる劣化を持つ“inoculatee(接種者)”(彼は、Experimental Use Authorization Eugenics Depopulation Lethal Injection Bioweapon“実験的使用許可を得た優生学的な人口削減を目的とした致死性注射生物兵器”を接種された者をこう呼ぶ)は、他の入力条件がない限り、8年間は生きるだろう。[10年から20%を引いた値]。

酸化グラフェンの劣化度が70%の者は3年以上は生きられないだろう。[10年から70%を引いた値]

ジェーン・ルビー博士(Dr. Jane Ruby)は最近、Stew Petersのポッドキャストでインタビューを受け、酸化グラフェンにさらされて劣化した血液がどのように見えるかの例を示した。

ご存じでない方のために、酸化グラフェンは、mRNAのスパイクタンパク質やプリオン(訳注:タンパク質から成る感染性因子-wiki)の成分であり、心臓、肺、脳、血液と、酸素をめぐって争っている。 酸化グラフェンは、体に必要な酸素を奪う酸素スポンジであり、アナフィラキシーショック、毒性の血栓症、致命的な肺麻痺、ミトコンドリア癌、内皮癌など、多くの合併症を引き起こす。
(中略)
私はマイロに、2回目、3回目の注射やブースターの効果はどうなのか、それによってエンドオブ・サイクルの表がどう変わるのかを尋ねた。

マイロはこう答えた:「それは、血液学的な検査によって測定可能だ。愚か者が注射やブースターを打てば打つほど、顕微鏡で見ると彼らの血液はより悪化し、彼らはすぐに肥料になってしまうのだよ」。

最後に私は、これほどの何十億人もの人々を殺そうとする計画が、なぜこのようなエリート集団によって秘密にされていたのかを尋ねた。

彼の答えはこうだった:「スティーブ、君はフリーメーソンのことを、あまり知らないようだね?」

これが、あなたへの答えだ。
(Deeple pro 翻訳 +チェック修正、by Sho-Momo )
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 27