アーカイブ: COVID-予防・回復

合成洗剤の「1000倍のウイルス破壊力」があるという自然素材石けんは、除菌や消毒、うがい用としても使用可能

竹下雅敏氏からの情報です。
 1人の感染者が平均して何人に直接感染させるかという人数が「基本再生産数(R0 と表記)」ですが、R0 < 1 のときには感染症は蔓延しません。もしも、「緑茶うがい」によってR0 < 1になるのであれば、飲食店などでの営業自粛要請は不要になるかもしれません。
 時事ブログでは、これまでに「二酸化塩素」と「コロイダルシルバー」を安全で強力な除菌・消毒用商品として紹介して来たのですが、昨日の記事に出ていたように、“自然素材石けんは合成洗剤の「1000倍のウイルス破壊力」があるという研究結果”があるのです。冒頭の動画を日本語字幕にしてご覧ください。
 ウチは「シャボン玉石けん」を愛用しており、洗顔も洗髪もこれを使っているのですが、自然素材石けんは合成洗剤の「1000倍のウイルス破壊力」があるとなると、“うがいに使えるのでは?”と思いまして、ここ数日朝晩のうがいを、「二酸化塩素」から「シャボン玉石けん」に切り替えて、人体実験をしています。“シャボン玉石けんの工場で熟練工が製造途中の石けん液をちょいと舐めて熟成度を試す”くらいですから…。
 まのじ編集長とぺりどっと氏の場合は、口にとどまらず腸内洗浄にも使うかもしれないと思ったりします。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
石鹸でコロナウイルスと戦う
配信元)

〈日本語字幕の設定方法〉
1. 動画を再生
2. 動画の右下にあるアイコンの"歯車マーク"の設定をクリック
3. 「字幕」をクリックし、「日本語」を選択(下の方にあります)
————————————————————————
コロナ対策の手洗いに期待!「昔ながらの石けん」の抗ウイルス効果
引用元)
(前略)
石けんに抗ウイルス作用があるとはどういうことなのか。
(中略)
坂口 合成系洗剤の界面活性剤の主成分として、ラウリル硫酸ナトリウム(略称・SDS)とラウレス硫酸ナトリウム(略称・LES)。自然素材無添加石けんの界面活性剤の主成分としてオレイン酸カリウム(略称・[C18:1])を選びました。これらを試薬メーカーから入手し、水溶液にして濃度の違いによる抗ウイルス作用を調べたんです。
(中略)
グラフのバーが短いほど抗ウイルス作用が大きいことを意味しています。


坂口 このグラフでは、自然素材無添加石けんの主成分、[C18:1](赤で表示)の効果がきわめて大きいことがわかります。グラフの縦軸は対数表示ですから、[C18:1]は最大では1000倍も効果が大きいと言ってよいでしょう。
(以下略)

「うがい」の有効性は、「経済を回しながら感染拡大を抑え込む切り札」になり得る可能性をもっている ~期待が集まる「緑茶うがい」の抗ウイルス効果

竹下雅敏氏からの情報です。
 イソジン吉村、雨ガッパ松井、リコール河村、雲隠れ晋三ときて、ポエマー小泉に、密です小池というのが有りました。イソジン吉村、雨ガッパ松井は決まり。雲隠れ晋三は、今はこれでピッタリ。密です小池は、他にもいいのが有りそうです。
 その吉村知事のイソジンでの「うがい」には批判が集まっています。せやろがいおじさんもこちらの動画で批判しています。
 批判はモットモなのですが、8月5日の記事で取り上げたように、松山晃文センター長の見解は、新型コロナウイルスが「舌の周りで増える特徴のあるウイルス」なので、うがいによって口内のウイルスを減らすことにより、“口内のウイルスが肺に入ったり、飛沫として口外に出たりすることを防げる”かもしれないということでした。殺菌作用があるイソジンでうがいをすれば、唾液中のウイルスが減るので「飛沫感染で他人にうつしにくくなる」のではないか。
 もしそうなら、飲食店でのマスクのかわりに「うがい」が有効ということになり、これは「経済を回しながら感染拡大を抑え込む切り札」になる可能性がある。吉村知事が「コロナに、ある意味、打ち勝てるんじゃないか」と言ったのも、うなずけるのです。
 これらのことは、あくまで可能性であり検証が必要です。しかし、検証が済んでから実行に移していたのでは、経済的には間に合いそうにありません。ですから、良いアイデアだと思った人が実行に移し、感染拡大にブレーキをかける必要があるのではないかと思います。その意味で、吉村知事の会見はポジティブにとらえた方が良いと考えます。
 記事をご覧になると、イソジンではなく「緑茶うがい」が良く効きそうなのです。普通の水道水でうがいをすれば十分という研究結果もあるようですが、「緑茶は、普通の水道水よりもウイルスに効果を発揮する可能性が高い」とのことです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
緑茶はコロナウイルス対策にも有効?緑茶の特徴や活用法を解説!
日本茶
引用元)
(前略)
熱いお湯で淹れた緑茶に多く含まれるのが、エピグロカテキンガレートとエピガロカテキンです。エピガロカテキンガレートは、抗菌や抗ウイルス効果が期待されているカテキンです。(中略)… 70度から80度前後のお湯で淹れた熱い緑茶には、これらのカテキンがそれぞれ30%前後の割合で含まれています。
(中略)
水でゆっくりと抽出した緑茶は、エピガロカテキンが多く含まれています。(中略)… エピガロカテキンが多い緑茶は、免疫力に大きな影響を与える可能性があります。
(中略)
日常生活で簡単にできる緑茶の活用法を、ここではまとめてみました。
 
―適量の緑茶を毎日飲用する
緑茶を毎日飲んでカテキンを体内に取り入れることは、インフルエンザや新型コロナウイルスの予防につながります。
(中略)
―緑茶でうがいをする
緑茶でうがいをすると、カテキンの効果で喉の粘膜を清潔に保つことができます。カテキンが含まれる緑茶は、普通の水道水よりもウイルスに効果を発揮する可能性が高いです。
(以下略)
————————————————————————
【医師監修】“緑茶うがい”で新型コロナウイルス予防!重症化リスクが減る“つまみ飲み”とは? #コロナとどう暮らす
引用元)
(前略)
こまめな「うがい」によって、口の中やのどに付着したウイルスを洗い流せば、感染・発症率を下げることができる。外出からの帰宅時だけではなく、室内にいても1時間おきに実行すると効果的とされている。
(中略)
 「当クリニックでは毎年、冬になると患者さんに“緑茶うがい”をすすめています。緑茶に含まれるカテキンに抗ウイルス・抗菌作用があるからです。インフルエンザの場合は、ウイルスが“細胞に吸着する・細胞の中に入る・増殖する”ことを阻害し、感染を予防します。また、免疫力を上げることでも、人体を守ります。私も患者さんを診療するごとに、緑茶うがいをしています。おかげでここ20年、風邪には縁がありません。緑茶うがいは、新型コロナウイルスにも効果が期待できます」(栗原先生)
 
緑茶うがいのやり方は水でのうがいと同じだが、ガラガラしたあとに、そのまま飲み込んでしまってもよいという。「緑茶をそのまま飲むと、うがいでは届かなかった咽頭についたウイルスも流すことができます。ウイルスは胃に送り込まれ、胃酸で死滅します」(栗原先生)
(以下略)

» 続きはこちらから

米医師組織「アメリカン・フロントライン・ドクターズ」の医師らが、ヒドロキシクロロキンは、現在SARS-CoV-2を治療する最も有効な薬だと強調し、科学界と左派メディアが「虚偽の情報と宣伝と科学データ」で、同薬の治療効果を隠そうとしていると非難

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事でワシントンDCの内部関係者が、“ワシントンDCのVIP全員が予防的にヒドロキシクロロキンを服用”していることを暴露していましたが、“続きはこちらから”の記事によると、米医師組織「アメリカン・フロントライン・ドクターズ」に所属する医師約20人が7月28日にワシントンDCで記者会見を開き、「ヒドロキシクロロキンは、現在SARS-CoV-2を治療する最も有効な薬だ」と強調し、“医師らは、科学界と左派メディアが「虚偽の情報と宣伝と科学データ」で、同薬の治療効果を隠そうとしていると非難した”とのことです。
 トランプ大統領は、“ヒドロキシクロロキンの効果を再度力説し、「感染初期段階になら効果があると思う。多くの最前線の医師たちもそう考えている」と発言”していました。また、米国に亡命した中国人ウイルス研究者、閆麗夢(えん れいむ)博士が「中国の高官らはみんな、ヒドロキシクロロキンの治療効果を知っている」と暴露したことからも、こうした一連の動きは「暴露計画」の一部である可能性が高いです。
 冒頭の記事では、ヒドロキシクロロキンの真実について「ついにダムが決壊」したとし、占星学的に「7月23日に始まった獅子座の月」に合わせて「大きな暴露」が行われたと見ているようです。
 今日のNHKニュースで、“アメリカのツイッター社は5日、トランプ大統領の選挙対策本部が投稿した、新型コロナウイルスに関する動画を閲覧できなくする措置を取った”とありました。「ツイッター社は、新型コロナウイルスに関する誤った情報が広がることを防ぐため」だとしています。ツイッター社の言う「新型コロナウイルスに関する誤った情報」というのが、“ヒドロキシクロロキンの治療効果”なのは明らかでしょう。
 冒頭の記事によれば、トランプ大統領とQグループが戦っているNWOグローバリスト陰謀団の「軍事生物兵器計画」の真相が暴露されています。新型コロナウイルスワクチンの強制接種の「本当の目的は、永久に魂の発達を弱体化させること」だということです。いかにも彼らが考えそうなことです。
 この邪悪な目的の実現のために「NWOグローバリスト陰謀団」と共に行動しているのが、「コブラのレジスタンス・ムーブメント」の上層部と、彼らに繋がる「銀河連合」などの宇宙人たちだということを、しっかりと理解してください。
 コーリー・グッド氏が、スーパーフェデレーションの宇宙人たちが20万年以上もの長きにわたって、地球人に対して遺伝子実験を行って来たことを暴露していることから、これらのことが良く分かるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
HCQゲイト:深層国家-ビッグファーマによる陰謀が大きく吹き飛ぶ
ヒドロキシクロロキンの真実がインターネット全体に爆発
転載元)
(前略)
SOTN
July 30,2020

HCQスキャンダル:ついにダムが決壊、HCQの真実がアメリカ全土にあふれる
 
愛国者の同胞方、今こそ、我々全員が待ち望んでいた時です。Covid-19患者の治療方法として、ヒドロキシクロロキンの効果が証明されているにもかかわらず、この真実を抑圧し隠そうとする、きわめて自棄的な、馬鹿げて無意味な、多くの子供じみた試みがなされてきた。
(中略)
アメリカ国民に対して行われた、「HCQ-アジスロマイシン-亜鉛」治療を彼らから奪おうとする、大規模な犯罪的陰謀は、見事に吹き飛ばされた。
(中略)
占星術者でさえ、7月23日に始まった獅子座の月が、大きな暴露と、ダークサイドでの運命の反転を、もたらすだろうと言った。(獅子座は、権力に対して、結果を気にせず真理を語る、勇気と恐れのなさを実現することに、関わっている。)
(中略)
予想される、トランプの大統領令が発せられた後、「赤い」州は、理性と決断をもって、「HCQ-アジスロマイシン-亜鉛」治療法を、すべてのCOVID-19 患者の治療の、第一の指針として確立しなければならない。
(中略)
声を大きくする最上の方法の一つは、COVID-19作戦の最も人目を引く仕掛け人たち――フロントマンのファウチ博士と、ポイントマンのビル・ゲイツ――について、その真実を広く知らせることである。もちろんBirx(バークス)博士やRedfield博士についても、その露骨な悪を暴露すべきであり、WHO事務局長Tedros Adhanom(テドロス・アダノム)のような悪い役者も同じである。
(中略)
やがて現れようとしているCOVID-19ワクチンの、真実だが念入りに隠された目的を、本当に理解しているのは、ごく少数の人々だけである。この特定の場合には、「知らないことを知らないでいる」ことが、その人たちの身体的、心理的かつ霊的な健康にとって、決定的な害を及ぼすことになるだろう。次に引用するのは、以前に発表された研究調査論文の、関連する抜き書きである。
 
(1)アメリカの軍事生物兵器計画は、あるワクチンを製造しており、これは狙いとする個人や民衆に対し、神の遺伝子が発現されないように、免疫が働くようになっている。この遺伝子はvesicular monoaminertransporter 2 (VMAT2)とも呼ばれ、そのVMAT2の抑制力は、数十年前から、アメリカの軍事生物兵器実験室の、第一の目標になっており、テロリストがその宗教的な狂信に基づいて行動するのを、無力化するというのが、そのうわべの目的である。しかし、その本当の目的は、世界中の人々の、霊的な探求、そして/または、神秘的な体験(下のスクリーンショットを見よ)への傾向を、弱めることにある。生物兵器研究者のある者たちは、FunVaxの本当の目的は、永久に魂の発達を弱体化させることだと、推測さえしている。

(ソース:「FUNVAX:グローバリストの、強制COVID-19ワクチン計画が、ショッキングなサタン的謀略であることを暴露」) http://stateofthenation.co/?p=13275
(中略)
FunVax注射プログラムを、強制的COVID-19ワクチン接種として、いつわって世界的に実行することこそ、NWOグローバリスト陰謀団にとって、ただ一つ最も重要な目標である。犯罪者たちは、その神の遺伝子が効果的に無力化された民衆は、彼らの計画した「一世界政府」や、出現しようとする「グローバル安全保障超国家」に、ほとんど抵抗を示さないことを、(実験的に)知っている。
(以下略)

» 続きはこちらから

有力政治家、官僚、企業のCEO、国連幹部らはみなヒドロキシクロロキンがコロナの特効薬であることを知っており、全員が予防的にヒドロキシクロロキンを服用している

竹下雅敏氏からの情報です。
 ワシントンDCの内部関係者によれば、“有力政治家、官僚、企業のCEO、国連幹部らはみなヒドロキシクロロキンがコロナの特効薬であることを知っていた”と言うことです。“彼らは、ヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンと亜鉛を服用すれば、どんなコロナ患者でも完治する”ことを知っていて民衆にはそれを教えず、“ワシントンDCのVIP全員が予防的にヒドロキシクロロキンを服用している”とのことです。
 「メイカさんからの続報」では、米国に亡命した閻麗夢女医が、“習近平、共産党幹部、各省、各市のトップは…ヒドロキシクロロキンを飲んでいる”と暴露したとあります。彼らはヒドロキシクロロキンを飲んで、“武漢肺炎を予防すると同時に…人民にはこの薬は効かないとか副作用が強いと嘘を言っている”らしい。
 彼らのこうしたウソの理由は、“ビル・ゲイツがコロナのワクチンを大量に販売したいから”であり、“民主党の州で感染者数が十分な数に達した時に…州民に対しコロナ・ワクチンを強制接種させる”ためです。
 時事ブログでこれまでにお伝えした情報から、充分に予想できる話ですが、私の感覚では、ヒドロキシクロロキンよりもMMS(ミラクルミネラルサプリメント)の方が、予防効果も治療効果も高いのではないかと思っています。次は「ビタミンC」でしょうか。
 「ワクチンの強制接種」の問題は深刻です。日本の場合は同調圧力が他の国よりも強く、会社勤めの人は会社から強制されるのではないかという気がします。また、ワクチン接種を拒否する人は「非国民」扱いになるのかも知れません。ツイッターのクソリプの多さを見ると、そう思わざるを得ません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ヒドロキシクロロキンを服用しているのは中共上層部だけではありません!!
引用元)
(前略)
http://themillenniumreport.com/2020/07/anonymous-d-c-insider-exposes-ultra-secret-covid-conspiracy-inside-the-beltway/
(概要)
7月31日付け
(中略)
ワシントンDCの内部関係者によると:
大手製薬会社とWHOは初めからコロナ(Covid-19)の特効薬があることを知っていました。そしてCDC米疾病対策予防センター、NIH国立衛生研究所、FDA食品医薬品局も、ヒドロキシクロロキン(HCQ)がコロナの特効薬であることを知っています。さらに彼らは、HCQと共にアジスロマイシンと亜鉛(3 in 1プロトコル)を服用すれば、どんなコロナ患者でも完治することを知っています。
(中略)
ワシントンDCのVIP全員が予防的にHCQを服用しています。(中略)… 主要メディアもこの事実を一切報じません。シリコンバレーの権力者、ウォール街の銀行家、企業のトップも密かにHCQを服用しており、その事実は極秘にしてきました。
(中略)
コロナに非常に有効なHCQとアジスロマイシンと亜鉛のミックス薬に関する情報は米国民には意図的に隠されてきました。そうすることで全ての米国民に(危険な)ワクチンを強制接種できるからです。
(以下略)
————————————————————————
メイカさんからの続報
引用元)
(前略)
米国に亡命した閻麗夢女医がバノン氏のテレビ番組で次の情報を暴露した。
習近平、共産党幹部、各省、各市のトップは誰も武漢肺炎に感染していないがその理由は抗マラリア菌のヒドロキシクロロキンを飲んでいるため。この薬は武漢肺炎を予防すると同時に感染後もよく効く。日本人もこの薬を買い置きしておくべき。

中国政府は人民にはこの薬を与えていない。人民がどうなっても構わないと考えている。人民にはこの薬は効かないとか副作用が強いと嘘を言っている。
(以下略)

» 続きはこちらから

「ポビドンヨードうがい薬」が新型コロナウイルスの感染対策に効果が認められるという研究結果を発表 ~うがい薬より無害で感染抑止に極めて有効な「二酸化塩素」や「コロイダルシルバー」によるうがい

竹下雅敏氏からの情報です。
 大阪の吉村知事と松井市長、大阪はびきの医療センターの松山晃文氏による共同会見が行われ、“ポビドンヨード配合のうがい薬が新型コロナウイルスの感染対策に効果が認められるという研究結果を発表”しました。
 吉村知事は動画の56分7秒~55秒で、“ウソみたいなホントの話で…ポビドンヨードを使った…うがい薬を使って、そしてうがいをすることによって、コロナの患者さん、このコロナがある意味、減っていくと。…コロナに効くのではないかという研究が出ましたので、それをまずみなさんにご紹介するのと、それから府民のみなさんへの呼びかけをさせていただきたいと思います”と切り出し、1時間3分18秒あたりで、“このポビドンヨードによるうがい薬をすることによってですね、このコロナに、ある意味、打ち勝てるんじゃないかというふうにすら思っています”と宣言しました。
 また、1時間6分では、「府民のみなさんへのお願い」として、“発熱など風邪に似た症状のある方及びその同居家族、接待を伴う飲食店の従業員の方、医療従事者や介護従事者の方は、ポビドンヨードうがい薬によるうがいを励行してください”と呼びかけました。
 非常に興味深い会見で、経済を回しながら感染拡大を抑え込む切り札として、「うがい薬」があるかも知れないというもの。ツイートにあるように、松山晃文センター長によると、新型コロナウイルスは「舌の周りで増える特徴のあるウイルス」なので、うがいによって口内のウイルスを減らすことにより、“口内のウイルスが肺に入ったり、飛沫として口外に出たりすることを防げる”ので、重症化を防ぐことや感染拡大の抑制につながるということになります。
 会食で感染が拡大することは明白なので、これが事実ならマスクなしでも「飲食店でのうがいの励行」によって、経済を回しながら感染を抑制することが可能かも知れません。
 ただ、「ポビドンヨードうがい薬」は、“ヨード液がのどの常在細菌叢を壊してウイルスの侵入を許したり、のどの正常細胞を傷害したりする可能性”があるとのことで、医師からのツッコミも多いようです。
 「緑茶うがい」ならどうでしょう。もしも「緑茶うがい」に予防効果や感染抑止効果があれば、これは画期的なことではないでしょうか。「二酸化塩素」や「コロイダル・シルバー」によるうがいは、無害で感染抑止に極めて有効ではないかと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
吉村知事・松井市長共同会見 (2020.08.04) ① 感染拡大防止に向けた営業時間短縮協力金について ② 大阪はびきの医療センターによる新型コロナ感染症患者への研究協力について
配信元)
————————————————————————
コロナ感染対策に効果?!『イソジン』など「ポビドンヨード」配合のうがい薬が通販でもバカ売れ
引用元)
(前略)
大阪府の吉村洋文知事と大阪市の松井一郎市長は8月4日、医療機関とともに記者会見を開き、ポビドンヨード配合のうがい薬が新型コロナウイルスの感染対策に効果が認められるという研究結果を発表した。
(中略)
大阪府の宿泊療養施設の療養患者41人を対象に1日4回、「ポビドンヨード」によるうがいを実施したところ、ウイルス陽性率の低下が認められたという。4日間でうがいを実施していない人の陽性率は40%までしか低下していないのに対し、うがいを実施した人の陽性率は9.5%まで低下したという。
(以下略)
————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 13