アーカイブ: COVID-予防・回復

はじめてテレビで放映されたイベルメクチンの話題 / 身体活動がCOVID-19の合併症や死亡率に対抗するための有効な因子である ~低~中程度の強度で短時間の運動が良い

竹下雅敏氏からの情報です。
 「はじめてテレビでイベルメクチン」の話題が出たという事で、二つ目のツイートの動画の1分4秒の所。モーニングショーで、ノーベル賞授賞の本庶教授は、“イベルメクチンというのは外国では随分いい評価が出ている”と言っています。
 「#イベルメクチンを承認せよ」というハッシュタグがあるようです。「Twitterデモを今週の日曜日に決行しませんか?」という提案もあります。医療従事者がイベルメクチンのことを知れば、ワクチン強制接種の陰謀を回避できるかも知れませんね。
 “続きはこちらから”では、「身体活動がCOVID-19の合併症や死亡率に対抗するための有効な因子である」として、“低~中程度の強度で短時間の運動”が良いという事です。最後のツイートに、“以下の運動を勧める”として様々な例を挙げているのですが、実は「新しい日常」として昨年の8月頃からでしょうか、免疫力強化というか健康のために独自に編み出した「経筋体操」なる簡単で極めて効果的な体操を、毎日40~50分かけて行っています。毎日できるのは「経筋体操」をやると本当に気持ち良いから。この体操を始めて2週間でウエストが5~7センチ小さくなったので、自分の中では効果は確認済みです。
 “「経筋体操」はいつ公開するのか?”と聞かれそうですが、こういうのは動画を出すのが一番です。しかし、“モデルになるカワイイ女の子は、どこかにいないものか”と思いながら、公開は将来の時事ブログ上で、“せいぜいイラストがついたもの”になりそうな気配が濃厚です。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
 

» 続きはこちらから

熱湯で抽出したクソニンジン(アルテミシア-アヌア)の葉のエキスが新型コロナウイルスに抗ウイルス活性を示した――コロンビア大学とワシントン大学、ウースター工科大学の研究者ら

竹下雅敏氏からの情報です。
 ニューヨークのコロンビア大学とワシントン大学、ウースター工科大学の研究者らによると、“熱湯で抽出したクソニンジン(アルテミシア-アヌア)の葉のエキスが新型コロナウイルスに抗ウイルス活性を示した”とのことです。スプートニクがこれを取り上げましたが、SARSの治療で効果があった抗ウイルス活性の特性をもつアルテミシニンではなく、“なにか別の成分の組み合わせによって作用を及ぼしている”のではないかということです。
 いずれにせよ、熱湯で抽出したクソニンジン(アルテミシア)の葉のエキスが新型コロナウイルスに効果があることは、確かなようです。でも、これは2020年5月17日の記事で取り上げた「コビッド・オーガニクス」のことですよね。マダガスカルのアンドリー・ラジョエリナ大統領は、「コビッド・オーガニクス」と名付けられた薬草茶は、“マラリアに効果があるとされているマダガスカルの植物アルテミシア(Artemisia)を主体に、同国で採れる他の薬草とあわせて作られた”と言っていました。
 こんなことを調べて発表するのに、これほど時間がかかるのはなぜでしょう。医療従事者というのは、“ひょっとしたら情報弱者なのでは?”という気がしてしまいます。
 日本では感染拡大で医療従事者が疲弊しているのですが、ヒドロキシクロロキンは使わない、イベルメクチンも使わない、MSS二酸化塩素の話をしても、ほとんどの医療従事者は、“エビデンスがない”と言って聞く耳を持たないだろうと思うのです。私としては、“医者なんだから、ビタミンCがCOVID-19に効果があることぐらい自分で調べろよ”と思ってしまいます。
 という訳で、効果のある方法をどれも行わず、“医療機関がひっ迫しているので、自粛を!”と言われても、同情はしますが同意はしません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
————————————————————————
新型コロナウイルスを抑制する薬草が発見
転載元)
研究者らは、研究の過程でヨモギ属のエキスがウイルスの増殖を抑制することを発見した。この植物は抗ウイルス性の特性をもつことで知られている。研究結果がプレプリントのサイト「bioRxiv」で発表された。

クソニンジン(1年生のヨモギ属)は、抗ウイルス活性の特性をもつ物質のアルテミシニンを生成することで知られている。すでに2000年以上にわたりこの物資はマラリアの治療で使用がされ、またその際、アルテミシニンは、2002年から2003年に新型肺炎のSARSコロナウイルス (SARS-CoV-1) の治療で効果があることが示されている。
 
ニューヨークのコロンビア大学とワシントン大学、ウースター工科大学の研究者らは、熱湯で抽出したクソニンジンの葉のエキスが新型コロナウイルスに対し抗ウイルス活性を示したことを発表した。

研究者らは、4大陸から集めた7品種のクソニンジンのエキスが、ベロ細胞培養で増殖する新型コロナウイルスに効果があるかを実験した。

すべてのエキスは新型コロナに対し活性を示し、また、サンプルの1つは2008年から保管されていたものだった。研究者らによれば、物質の効果はすべての1年生のヨモギ種で確認されたことから、平温下の乾燥状態で長期保管した場合でも安定的に効果が維持されることを示しているという。

一方、研究者のパメラ・ウェザーズ代表は、このヨモギ種はおそらくアルテミシニンの効力によって新型コロナウイルスに効果を示しているのではなく、自ら含有するなにか別の成分の組み合わせによって作用を及ぼしていると指摘する。研究者らは、今後の臨床実験が成功し、乾燥したクソニンジンの葉の粉末入りカプセルが新型コロナウイルスに対する安価で安全な治療方法となることを期待している。

» 続きはこちらから

イベルメクチンは、コロナ予防では最大98%、早期治療では最大91%のリスク低減を達成しており、その上に「コロナ後遺症」にも効果がある

竹下雅敏氏からの情報です。
 読者の方からの情報提供です。驚いたことにイベルメクチンは「コロナ後遺症」にも効果があるというのです。COVID-19 の持続性または急性後症状を有する成人患者 33 人をイベルメクチンで治療したところ、“87.9%の患者で完全な改善(症状なし)が観察された”とのこと。
 イベルメクチンは「予防では最大 98%…早期治療では最大 91%のリスク低減を達成」しているとあり、この上に「後遺症」まで効果があるとなると、本来政府がやるべきことは、出来る限り早く国民全員にイベルメクチンを配布する事のはずです。
 イベルメクチンよりも遥かに危険なワクチンを国民全員に供給しようとしているのだから、イベルメクチンなら簡単なはず。イベルメクチン配布で、コロナ対策と経済復活の両方が可能です。
 これほど明らかなことをやらないとすれば、先の記事でフルチヤン教授の「すべての国家首長はCovid19がワクチン強制接種を目的にパスツール研究所が製造した人工ウイルスであることを知っている。」という言葉が、「陰謀論」ではなく「事実」であるという事です。
 ロバート・ケネディ弁護士による「新世界秩序樹立への九つのステップ」によると、“1ロックダウン、2封鎖解除、3マスク義務(2020年ここまで到達)、4ワクチン接種、5マイクロIDチップ、6デジタルマネー、7全人類完全追跡システム、8人類のデジタルインターフェイス、9トランスヒューマニズム”という事らしい。
 ホワイトハウス・コロナウイルス・タスクフォースの主要メンバーの一人で、国立アレルギー感染症研究所所長のアンソニー・ファウチは「自分が決めることでなくバイデン政権が判断することであるが、強制ワクチンは検討されている。」と言っています。
 トランプ大統領が再選されれば、彼らの新世界秩序樹立の陰謀は完全に破壊されます。主要メディアを見ていると良く分かりますが、彼らが死に物狂いなのも当然でしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
イベルメクチンは「ロングコビド」にも効果があります。
(前略)
COVID-19に感染した人のうち、10~45%の人が急性期以降の症状を経験すると推定されています。
(中略)
各国の研究によると、抗寄生虫薬のイベルメクチン(WHOが必須と分類している薬剤)は、曝露前の予防では最大98%、コビド-19の早期治療では最大91%のリスク低減を達成しています。
(中略)
COVID-19の持続性または急性後症状を有する成人患者33人をイベルメクチンで治療した。イベルメクチンの2回投与後、33人の患者の94%に臨床的な改善(部分的または完全)が観察されました。イベルメクチンの1日2回投与後、87.9%の患者で完全な改善(症状なし)が観察された。 

最初の2回の投与で症状が完全に消失しなかった12.1%の患者には、プロトコールに従ってイベルメクチン製剤の追加投与を行い、94%の症例で症状の完全な臨床的消失が認められた。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

COVID-19 に対する「奇跡の薬」であるイベルメクチン ―ピエール・コリー博士 ~コロナ対策の決め手はワクチンではなくイベルメクチン

竹下雅敏氏からの情報です。
 セントルークスオーロラ医療センターの准教授であるピエール・コリー博士が、米上院の国土安全保障委員会で新型コロナウイルス感染症に対するイベルメクチンの効果について証言をしたという事です。
 ピエール・コリー博士はイベルメクチンを、“COVID-19 に対する「奇跡の薬」である”と言っています。NIH(アメリカ国立衛生研究所)、FDA(アメリカ食品医薬品局)、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)には不信感を持っているようで、“彼らの詳しい活動は知りませんが、すべてはトシリズマブや、モノクローナル抗体、ワクチンなど高価な薬剤ばかりです。…NIHが、無作為化試験以外でイベルメクチンを使用しないようとした最後の勧告は8月27日でした。…NIHにお願いしたいのは 新たに出てきたデータをまとめた我々のデータを見直すことです。…すべての研究でイベルメクチンの劇的な効果が、確実に再現性のあるポジティブな結果として出ています”と言っています。
 北里大学は「COVID-19対策 北里プロジェクト」で、様々なイベルメクチンの情報を出しています。また、12月15日には西村経済再生担当大臣に「北里大学が行ってる基礎研究と治験状況と共に、世界的な評価も報告してきました」という事なので、政府はイベルメクチンの効果を知っているのです。
 ピエール・コリー博士は「基本的には、これをあなたが摂取すれば、あなたはウイルスによって病気になることはありません。ウイルスの伝染を絶ちます」と言っているように、コロナ対策の決め手はワクチンではなくイベルメクチンなのです。
 残念ながら、今のところ現場の医療従事者がイベルメクチンの効果を知らないようです。ガラモンの訪問介護で我が家に来た医師、看護師の誰もイベルメクチンのことを知りませんでした。現場の医療従事者に知ってもらうことが大事だと感じています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ピエール・コリー博士の上院の証言-イベルメクチン-Covid-19を治療するための奇跡の薬?; なぜ私たち以外の誰もが気にしない... WTF?
引用元)
(前略)
証言ピエール・コリー博士、セントルークスオーロラ医療センターの准教授、
国土安全保障委員会会議の前:COVID-19の早期治療に焦点を当てる
2020年12月8日
(中略)
まず、ジョンソン上院議員と委員会が、COVID-19に対する効果的な早期治療アプローチの重要性と必要性​​に注意を向けるためにこの非常に必要な努力をしてくれたことに感謝したいと思います。(中略)… イベルメクチンの計り知れない効力の最近の発見を共有できることを非常に嬉しく思います。
(中略)
現在、20以上の適切に設計された臨床研究からのデータがあり、そのうちの10はランダム化比較試験であり、すべての研究は、感染率の低下、回復時間の短縮、入院の減少、または死亡の大幅な減少において、一貫して大きな規模と統計的に有意な利点を報告しています。
(中略)
これらのデータは、イベルメクチンが効果的にCOVID-19に対する「奇跡の薬」であることを示しています。
(中略)
私たちは、国内および世界の医療機関と指導者に、イベルメクチンに関する増大する科学的証拠を迅速に評価し、それに応じて治療ガイドラインを更新するよう正式に要請しました。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 

» 続きはこちらから

トランプ大統領が新型コロナウイルス感染症の治療で使用した「抗体カクテル」を服用し4日後に退院した、トランプ大統領の顧問弁護士ルディ・ジュリアーニ氏 ~極めて効果の高い治療法は既に存在する

竹下雅敏氏からの情報です。
 主要メディアが完全に腐敗していて、ディープステートの道具に過ぎないことは、新型コロナウイルスの報道でも分かりますが、米大統領選挙の著しい偏向報道でさらに良く分かります。
 トランプ大統領の顧問弁護士のルディ・ジュリアーニ氏は新型コロナウイルスに感染し入院しましたが、トランプ大統領が新型コロナウイルス感染症の治療で使用した「抗体カクテル」を服用し、4日後に退院しました。新型コロナウイルス感染症に対する極めて効果の高い治療法は、この事から既に存在しているのが分かります。
 トランプ大統領はこの治療法をアメリカ国民の誰もが受けられるようにすると言っているのだから、「パンデミック騒ぎ」は終わりのはずです。ところがイベルメクチン、ヒドロキシクロロキンなどと同様に、主要メディアは「抗体カクテル」を完全無視。冒頭のルディ・ジュリアーニ氏への悪意に満ちた記事から分かるように、ディープステートはもはや「なりふり構わず」です。
 「AMA(米国医療協会)が、ヒドロキシクロロキンがCOVID-19患者に危険という声明を撤回する」というのですが、“何を今さら”という感じ。“中国の国家官僚ほぼ全員使用している”というヒドロキシクロロキンを、日本の医療関係者も使えば、いまの「コロナ騒ぎ」も随分と落ち着くと思います。
 もっとも、「個人輸入」は可能だというイベルメクチンの方が副作用もなく、より安心して使えます。イベルメクチンは「リスクに晒されているスタッフにとって非常に効果的で、役立つ」のです。
 こうした重要な情報を一切無視して、「Go To」がどうとか、自粛が必要だとか騒いでいるから、時事ブログでは以前から感染症の専門家を自称する連中を「アホ認定」しているのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コロナ感染のジュリアーニ氏が回復、「セレブ対応」の治療アピールで無責任発言
引用元)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
トランプ米大統領の顧問弁護士、ルディ・ジュリアーニ氏が6日に新型コロナウイルスに感染し、ジョージタウン大学メディカルセンターに入院。その4日後には退院した。
(中略)
入院中は、数カ月前にトランプ大統領が新型コロナウイルス感染症の治療で服用したのと「同じ薬をいくつか」服用したという。

ジュリアーニ氏自慢の薬は一般的なアメリカ庶民には入手困難なようだが(中略)… トランプ軍団の誰かが必要になると湯水のように沸いてくる。ジュリアーニ氏は退院後、トランプ大統領と「まったく同じ」治療を受けた、と発言した。

「昨日も抗体カクテルを飲んだら、たちまち100%元気になりました」とジュリアーニ氏。「効果てきめん、びっくりですよ」

ジュリアーニ氏がことあるごとに公式な連邦衛生対策を無視していることが、彼の無神経な発言の印象をさらに悪くしている。ここ数週間、全米各地を回った際も、マスクを着用せず、大統領選挙の結果を覆そうと集会を開いていた。

だが悪びれた様子は微塵もない。「地下室で一生隠れて暮らすぐらいなら、いっそ危険を冒した方がましです」とジュリアーニ氏はインタビューで語った。
————————————————————————
ジュリアーニ氏、疫病感染3日後に奇跡的に回復
引用元)
(前略)
中共ウイルス(新型コロナウイルス、SARS-CoV-2)に感染したトランプ大統領の顧問弁護士のジュリアーニ氏が回復し、12月9日(水)に退院した。(中略)… ジュリアーニ氏は、トランプ大統領が以前に受けた治療法と同じであることを明らかにした。(中略)… 咳以外、前に現れたすべての症状はほぼ消えたと述べた。

感染と回復を経たジュリアーニ氏は、武漢肺炎は今では治癒可能な病気であり、死亡率は5、6ヶ月前とは全く違うと考えている。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 18