ウイルスに対する防御力と免疫力を高める方法、及びマスクの正しいつけ方

竹下雅敏氏からの情報です。
 公式見解では新型コロナウイルスは、SARSの致死率9.6%やMERSの致死率34.4%に比べると致死率は低いとされています。しかし、新型コロナウイルスの致死率は15%、あるいは20%以上という情報もあります。
 いずれにせよ、免疫力が高い人は感染してもウイルスを撃退できるでしょう。免疫力を高めるために、冒頭の2つの動画をご覧ください。動画でウイルスに対する防御力と免疫力を高める方法を話しています。 
 防御は、マスクを着用する事と鼻呼吸が大事だと言っています。マスクには加湿効果があり、鼻は天然の加湿器だということです。
 免疫力を高めるには、良く寝ること、太陽を浴びる事、ビタミンCを取ることだといいます。8割以上の人はビタミンDが不足しており、太陽を浴びてビタミンDを作る必要があるのですが、この時注意すべきはビタミンDを作るのに、Mg(マグネシウム)が必要だということ。アボガド、ナッツ、種、バナナ、ブロッコリー、ホウレンソウ、葉物野菜、キノコ、玄米などからしっかりとマグネシウムを取って、太陽を浴びましょうと言っています。
 ビタミンCは大事で、これが無いとリンパ球が動かない。3~4時間おきに果物を取ると良いそうです。サプリメントでビタミンCを取ることを考えても良いが、質の悪いものがあるので良いものを選んでほしいと言っています。
 “続きはこちらから”はマスクの正しいつけ方。動画の3分30秒~5分33秒のところをごらんください。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)





————————————————————————
配信元)


Comments are closed.