アーカイブ: 中国新型コロナウイルス

ゼレンコ博士「ワクチン接種は急性、亜急性、長期の3段階で国民に深刻な悪影響を及ぼす」「クラウス・シュワブ氏2016年の予言で10年以内、つまり2026年まで、崩壊の直前に70億人がデジタル追跡装置でタグ付けされる」

竹下雅敏氏からの情報です。
 ゼレンコ博士は、“ワクチン接種は急性、亜急性、長期の3段階で国民に深刻な悪影響を及ぼす”と言っています。
 急性副反応はワクチン接種後3カ月以内に発生するもので、血栓症はその代表です。中長期的なワクチンの副反応として、ゼレンコ博士は、“自己免疫疾患の発生率が上がり、癌の発症リスクが高まる“と言っていますが、2021年12月13日の記事では、「スパイクタンパク質は、ウイルスからであれ、ワクチンからであれ、エイズを引き起こす…後天性免疫不全の原因となります」と言っていました。
 加えて、ワクチンがクロイツフェルト・ヤコブ病(プリオン病)を引き起こす可能性を見ておかねばなりません。また、“女性には卵巣機能不全や妊娠機能障害が生じ、男性には精子数の減少が起こる可能性がある”わけで、これをワクチンと呼ぶ方が、どうかしていることが分かります。
 しかも、最大のリスクは抗体依存性感染増強(ADE)であり、風邪やインフルエンザなどで死んでしまうことになりかねません。これほど危険なものをワクチンと称して、国民に強制しようとしている事実は「陰謀」としか言えないものです。
 “続きはこちらから”の動画でゼレンコ博士は、“今回のケースでは、経済的な大崩壊になるのは誰の目にも明らかであった。そして、その連中は怯えている。その連中は何をしたのか。この30年間、奴等はシステムが崩壊する時に、ある計画を開始した。…クラウス・シュワブ氏2016年の予言で10年以内、つまり2026年まで、崩壊の直前に70億人がデジタル追跡装置でタグ付けされる。…1つは、現在のワクチンにはナノテクノロジーが使われていて…集中型ネットワークやグリッドマトリックスへの接続を実現する。これに関連する2つ目の特許がマイクロソフトの2020年の特許:WO2020060606だ。そしてその特許には、生体データ送信と暗号通貨との連携が記載されている。…言い換えれば、ある技術を注射されたのだ。(その技術は)あなたの身体や位置のデータを第三者に送信することができる。たとえば、スキャナーに手を置くだけで、会計できるのだ。…しかし、問題は、もし私がマトリックスの一部になりたくなければどうするか。…その場合、私は金融のシステムから排除されることになる。…家族のためにパンを買えなくなる。これは支配の制御機構であり、獣の印だ。…だから、私を銃殺する必要はない。家族のために食べ物を買えないようにすればいいのだ。”と言っています。
 こうした事柄は、これまで時事ブログでお伝えして来た内容と完全に一致しています。今起きていることを客観的に見れば、このような結論にならざるを得ないのです。
 それともう一つ、敗北するのは彼らで、勝利するのは我々だということです。これはすでに確定したことで変更の余地はありません。ただ、人々の気づきが早ければ早いほど、犠牲者を少なく出来るということなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ゼレンコ博士、中共ワクチン接種は死に至る
引用元)
1月18日、ゲッター(GETTR)投稿によると、ゼレンコ(Vladimir Zelenko)博士は最近、メディアのインタビューで、中共ワクチン(新型コロナワクチン)の接種は、急性、亜急性、長期の3段階で国民に深刻な悪影響を及ぼすことになると指摘した。
(中略)
ゼレンコ博士は、急性副反応はワクチン接種後3カ月以内に発生すると説明した。中共ワクチンを接種すると、体内で数兆個のスパイクタンパク質が生成され、接種者の血管の内壁に付着した大量スパイクタンパク質が血栓症のような致命的な病気の引き金になるという研究結果が出ている。アメリカCDCのスタッフによると、2021年12月末までに4万5千人以上のアメリカ人がこのような急性副反応によって死亡している。実際の死亡者数はもっと多いようだ。
 
さらにゼレンコ博士は、若者が中共ワクチン接種後、短期間で心筋炎を発症し、入院する場合があり、その中、妊娠初期の女性では流産の危険性が極めて高いと言及した。
 
中長期的なワクチンの副反応として、ゼレンコ博士は、中共ワクチンによって接種者の自己免疫疾患の発生率が上がり、癌の発症リスクが高まると主張し、一方、女性には卵巣機能不全や妊娠機能障害が生じ、同時に男性には精子数の減少が起こる可能性があると付け加えた。
 
ゼレンコ博士は最後に、中共ワクチンがもたらした最大のリスクは、ワクチン接種後3カ月から3年の間に起こる亜急性抗体依存性感染増強(ADE)であると言及した。個体が同じような抗体を持つウイルスに攻撃されると、ワクチン接種者は急速に死に至る可能性があると述べた。

» 続きはこちらから

英国の葬儀屋ジョン・オルーニー氏「私たちは大きな目覚めを目の当たりにしています。…彼らはこの嘘が通用する時間はそう長くないと感じて、ゲームをアップグレードしなければならなくなる。…私はむしろ、立ち上がって、『これは間違っている』と言った一人の男として名を残したい」

竹下雅敏氏からの情報です。
 英国の葬儀屋ジョン・オルーニー氏のインタビュー動画です。ジョン・オルーニー氏は、“特に血栓症による死亡者数が増加の一途を辿っていることが注目される。心臓発作、動脈瘤、脳卒中などだが、その件数は前代未聞だ。これほど多くの死は見たことがない。”と言っています。
 27分30秒以降で、“私たちは大きな目覚めを目の当たりにしています。…彼らはこの嘘が通用する時間はそう長くないと感じて、ゲームをアップグレードしなければならなくなる。…もし隣家の人が強制収容所に連れて行かれるのを見たら、皆どうするだろうか?…イギリスには6つの超巨大刑務所が建設された。6つもだよ。経済が落ち込んでいるときにね。…もし不幸にも文字通り人々が無理やり家から引き離されれば、その恐怖と戦慄が人々の目を覚まさせる唯一の方法となるかもしれない。…私は声を上げると決めるまで、長い間熟考した。おそらく2、3ヶ月はね。…そして私には前方に明確な選択肢があることが分かった。まだ自由があるうちに今すぐ発言するか、それとも来年の今頃、刑務所の格子窓から叫ぶかだ。…この非常に危険なワクチンを打たれ、病気になって死ぬ可能性も高い。…いずれにせよ、私たちは皆、いつかは死ぬ。あなたも私も皆行く末は同じです。私はむしろ、立ち上がって、「これは間違っている」と言った一人の男として名を残したい”と言っています。
 2021年11月22日の記事でジョン・オルーニー氏は、“世界各地に大規模な新しい収容所が建設されている。ワクチンを打たない人のためだよ! 彼らはそれを検疫収容施設、緊急事態対策収容施設と呼ぶだろう。彼らはこれらの収容所に君たちを入れるだろう。そこへ連行し、コロナ死者と名付けるだろう。これが実に巨大で、3万人も収容できる施設だ。行動を起こすなら今しかない。1年後に刑務所の中で、「あの時何かしておけばよかった」と後悔してももう遅い。今こそ、行動を起こし、声を上げる時だ。”と言っていました。
 Youさんのツイートを見れば、本当に巨大な強制収容所が出来ているのが分かるでしょう。これらの隔離部屋が新型コロナウイルス感染症の患者のために用意されたと考えるよりも、“この嘘が通用する時間はそう長くないと感じて、ゲームをアップグレードしなければならなくなり”、致死率の高い病原体をばら撒いて、「別のウイルス株を使ったプランデミックを再開」した時のためのものだと考えた方が、辻褄が合うのではないでしょうか。
 人々の目覚めが早ければ、犠牲者を減らすことができるのです。そのためには、“立ち上がって、「これは間違っている」”という必要があるのです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
イギリスの葬儀社内部告発 ジョン・オルーニー氏へのインタビュー
配信元)
————————————————————————
配信元)
 

ビル・ゲイツ「コロナウイルスよりも格段にたちの悪いウイルスのパンデミック到来を警告し…これよりもはるかに致死率の高い、または重症化しやすい病原体との遭遇は避けられない」 ~病原体はエボラとマールブルグのキメラか

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、中国・陝西省(せんせいしょう)の西安市では、“命にかかわる感染症である出血熱の発生が報告されている”と言うことでした。
 スプートニクによるとビル・ゲイツは、“コロナウイルスよりも格段にたちの悪いウイルスのパンデミック到来を警告し…これよりもはるかに致死率の高い、または重症化しやすい病原体との遭遇は避けられないと指摘した”とのことです。
 2021年11月20日の記事で紹介したキーラン・モリスィーさんは、“ビル・ゲイツは…マールブルグ病が次のパンデミックになるだろうと明言…マールブルグ・ウイルスの感染の有無を判定するためのPCR検査が開発された”と言っており、「マールブルグ・パンデミック計画を突き止めた」ことでテロ攻撃の被害に遭っていました。
 “続きはこちらから”の記事によれば、「中国共産党が天然痘やエボラ出血熱などの兵器化計画に中国軍と連携して取り組んでいる」と書かれていることから、“致死率の高い、または重症化しやすい病原体”は既につくられていると見て良いでしょう。
 「Covidワクチンに関する新たな発見」の記事には、“米国の特許(20140017278)のアデノウイルス・セロタイプ26と35 Filoウイルスのワクチンは、エボラとマールブルグのスパイクたんぱく質を体内でコードします。これがJ&Jの Covidワクチンです。”と書かれていることを考慮すると、ビル・ゲイツが警告した病原体は、エボラとマールブルグのキメラかも知れません。
 1月20日の記事でイギリスのジョンソン首相が、“マスクの着用を義務付けることはない。コロナパスポートの提示もステイホームも不要”と言っていることをお伝えしました。“次の計画に移行するためにコロナパンデミックを店仕舞いにする準備を始めた”とも思えるのですが、冒頭の記事によれば、“彼等は、近い将来、別のウイルス株を使ったプランデミックを再開する可能性があります”と書かれています。
 「別のウイルス株を使ったプランデミックを再開」する前に、“全ての人々(特に接種者)を5Gの放射線にさらしたい”、これが世界中で Covid の制限が撤廃されようとしている理由だと言っています。
 昨日の2本目の記事の「ルビー博士とホウツェ医師からの重要情報」では、“ワクチンに含まれる酸化グラフェンが体内に入ると全身、特に脳がネットワーク化します。…遠隔操作で体内にできたグラフェンのバブルを破裂させることができる。…グラフェンのバブルが体内で爆発することで出血熱が生じますがそれをマールブルグ・ウイルスのせいにしようとしている”とのことでした。
 ビル・ゲイツが警告した「生物兵器」をばら撒いたとしても、“致死率の高い病原体”ではパンデミックになりにくい。しかし、5Gの放射線にさらしたワクチン接種者の症状は出血熱とよく似ている。“このような症状が出た患者らはPCR検査を受けさせられ…(偽)陽性と判定され、マールブルグ・ウイルスに感染したことにされてしまいます”とキーラン・モリスィーさんは警告していました。
 ワクチン接種と5G、そして生物兵器の合わせ技で、新たな出血熱のパンデミックを偽装することができます。こうした予想が、杞憂に終われば良いのですが…。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
1/21-その1 世界中で制限を撤廃している主な理由とは・・・
引用元)
(前略)
動画は配信元でご覧ください(画像をクリックすると配信元へ飛びます)

(ビデオ概要)
ボリス・ジョンソン首相はこれまでの厳しい制限を撤廃すると発表し降参を宣言しました。(中略)… 彼等は人々が9・11やイラクの大量破壊兵器の嘘を忘れたように今回のプランデミックもなかったかのように忘れてほしいのです。
(中略)
彼等は人々にマスクの着用を要請しなくなります。そうすると人々は解放されたことを喜び政府に感謝するようになります。これこそがストックホルム症候群(誘拐や監禁などにより拘束下にある被害者が、加害者と時間や場所を共有することによって、加害者に好意や共感、さらには信頼や結束の感情まで抱くようになる現象。)です。
(中略)
彼等は人々が激しい反乱を起こすのを阻止しようとしています。彼等は情報戦に敗北したことを知っています。検閲がうまく行きませんでした。だからと言って彼等が人々の検閲・監視を止めたり殺人を止めるわけではありません。彼等は、近い将来、別のウイルス株を使ったプランデミックを再開する可能があります。
(中略)
今回の制限撤廃は人々の目を彼等の戦争犯罪から逸らすための策略です。(中略)… ですから人々は再び眠りについてはならないのです。各国の人々は断固たる態度でニュルンベルグ裁判を求めます。
(中略)
なぜ世界中でCovidの制限が撤廃されようとしているのでしょうか。それは5Gが稼働したためです。全ての人々(特に接種者)を5Gの放射線にさらしたいのです。
(以下略)
————————————————————————
ビル・ゲイツ氏が警告 コロナより怖いウイルスが拡大する
転載元)
マイクロソフトを創始したビル・ゲイツ氏はコロナウイルスよりも格段にたちの悪いウイルスのパンデミック到来を警告し、各国政府に次なる世界規模の感染拡大に備えるため、数十億ドルを拠出するよう呼びかけている。フィナンシャルタイムズが報じた。

ゲイツ氏はオミクロン株とデルタ株はたしかに地球上で感染が拡大したウイルスの中でも最も感染性の高い部類に入るが、これよりもはるかに致死率の高い、または重症化しやすい病原体との遭遇は避けられないと指摘した。
 
英国の医学研究支援等を目的とする公益信託団「ウエルカム・トラスト」と共同でゲイツ氏は世界連携でワクチン開発を促進する「感染症流行対策イノベーション連合」(CEPI)に3億ドルを投じている。CERIは貧困国のコロナウイルス治療薬、ワクチンのアクセスを目的としたCOVAX(コバックス)プログラムを策定し、現在、新たなワクチンの開発に必要な日数を100日にまで縮小可能なプロジェクトに35億ドルを集めている。
————————————————————————
配信元)


» 続きはこちらから

本当にPCR検査における陽性者=感染者なのか。3月から予定している、子ども(5〜11歳)へのワクチン接種に合わせたかのような感染者(陽性者?)の急増。さらにPCR綿棒のこと。

 新型コロナウイルスの新規感染者が急増しているとの報道ですが、そもそも新規感染者とされているPCR検査での陽性者は、本当に感染者なのでしょうか?今更ながらですが確認です。
 PCR検査技術の生みの親でノーベル化学賞の受賞者でもあるキャリー・マリス博士は「PCRはあくまで遺伝子の一部を増幅させるプロセスです。病気に感染しているかどうかを測定することはできません」と語っていました。「PCR陽性」=「新型コロナウイルスに感染」ではないということです。(キャリー・マリス博士は2019年に亡くなられています)
 PCR法とは遺伝子(DNAやRNA)の一部を数百万から数億倍に増幅する技術ということですが、ここでよく目にするのは、「複製回数(サイクル数=Ct値)によって陽性率が変化するものなので、Ct値が大きいほど、遺伝子のカケラをどんどん増幅する!ので、ゴミみたいなまったく感染性のないウイルスのゴミでも陽性と出る」というものです。つまりCt値によっていくらでもいわゆる陽性者数を操作できるというのです。
 これに関して翡翠氏は『「Ct値」と「PCRの機械(検出器)の設定としてのサイクル数」の違いを混同してはならない』と指摘されています。その上で、確かにウイルス量の減少(Ct値の増加)とともに培養細胞への感染はほとんど見られなくなるが、「Ct値が高くても感染力のあるウイルスが存在する」というデータはあるようです。(現在、新型コロナウイルスのPCR検査で使われている手法は、正しくは『蛍光プローブを用いたリアルタイムRT-PCR法』と言い、その原理はとても複雑です。詳細は記事本文をお読み下さい。「使う機械や試薬によってもCt値は異なるので、私は、Ct値ではなく『本数』に基づいた議論をすべきだと思います」ともおっしゃっています)
 これを踏まえたうえで、記事の中でのツイートによると各国のCt値(PCRの機械の設定としてのサイクル数ではなく)は様々なようです。(日本40、台湾・スウェーデン35など)
 「定量的PCRの場合、DNAを定量化するための蛍光試薬も加え、蛍光を検出できる特別なPCR機を用います」(これがおそらく『蛍光プローブを用いたリアルタイムRT-PCR法』ではないでしょうか)と実験で日常的に使っているという荒川央氏も、「私は適正なCt値は30サイクルだと思ってます。その場合PCR陽性者は1%程度に減る。」と予想されています。さじ加減次第でどうにでもなるのでしょうか。
 つまり政府の発表している、PCR検査を拠りどころとしている新規感染者とは、その相当数が偽陽性になる可能性があるということではないでしょうか。新規感染者数は一桁あるいは二桁違うかもしれないのです。ではなぜ今の時点で「いわゆる感染者が急増」しているのか?もちろんオミクロン株の感染率の高さもあるでしょうが、3月から予定している、子ども(5〜11歳)へのワクチン接種を正当化するためではないか!とも憶測されるわけです。こうしたことをやろうとおもえば可能だということでしょうか。
 このように必ずしもPCR陽性=感染、ではないのですから、しかも陽性かどうかはCt値に左右されるのですから、感染者が急増しているという不確かな情報に振り回されて、取り返しのつかないリスクのあるワクチンを子どもたち(もちろん大人もですが)に接種する必要などまったくないわけです。
 しかし、かとおもえば2021年11月1日の記事にあるように「新型コロナウイルスの感染者が見つかり、濃厚接触者をPCR検査で調べると、無症状なのに陽性の人がいます。本人はまったく自覚症状がないのに、肺の CT 検査を行うと肺炎像が認められる人がいます。」のですから、陽性でありつつも無症状の感染者がいることも事実なのです。偽陽性ばかりとは限らないわけですから、油断はなりません。

 またPCR検査においてはさらにやっかいなことに、2021年6月2日の記事にあるように、「PCR検査に用いる綿棒には、米国国防高等研究計画局(DARPA)のヒドロゲルが仕込まれている」という報告があります。甲虫の神経系に注入する実験では、遠隔操作が可能になったというDARPAヒドロゲルです。(ガセのセラグリッパーとは違うのです)
 スロバキアの勇気ある医師たちのように、PCR専用の綿棒についてもちゃんと調べてくれる専門家が日本にはなぜいないのでしょうか?とても謎です。

※ちなみにかつてBスポット療法を受けたことがあるので、気になり問い合わせてみたところ、Bスポット療法にて上咽頭を擦るために使う綿棒は、綿を棒に取り付けた手作りとのことでした。これに対してPCR検査の綿棒は、それ専用の綿棒があるそうです。

 最後の記事(1/20の記事で編集長も取り上げています)でも、イタリア在住?の荒川央氏はPCR検査について「偽陽性の多い検査法が唯一の根拠になっているために、感染蔓延の実態も本当のところは分からない」と言われています。
「私自身は今後もコロナワクチンを接種するつもりはありません。今できる事を精一杯やっています。当初から変わらず、私にとって優先する事はこのコロナワクチンの危険性を訴える事であり、せめて手を伸ばしたら助けられる方を一人でも多く助けられたらと思っています。」という勇気ある日本人の専門家を誇りにおもいます。

※PCR検査は結局のところよく分からないのですが、あのファウチが「PCRテストでは生きたウイルスを検出できないことを認めた」というのですから、茶番の一幕はもうおわりですね。早速20日、「基礎疾患のない若者らは検査をしなくても症状のみで診断できるようにするとした政府への提言案をまとめた。」ときました。
(しんしん丸)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)



————————————————————————
PCR検査について
引用元)
(前略)
各国のCt値をみてみましょう。(中略)

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

各国で全然違う。(中略)

12月になって各自治体で無料PCRをやるとかいうニュースが出てきてますね。
旧式PCR検査の試薬の在庫処分でしょうか。(中略)

しかし12歳未満の子供を対象にって…。
想像つきますね。

子供の感染者急増とかで、今後狙っている5~11歳のワクチン接種への布石としているんじゃないかと。
子供へのワクチン接種を正当化するために、「感染者急増」を作るんじゃないかってね。

(以下略)
————————————————————————
PCR検査における『Ct値』について
引用元)
(前略) 今回のテーマは『Ct値』です!(中略)
現在では、このCt値という単語が、非専門家の間でも当たり前のように使われるようになり、新型コロナは存在しない派やノーマスク派などの感染症対策に協力しない人・できない人たちのPCR検査批判の材料として使われるようになりました。(中略)
しかしながら、その批判するために使っている情報は本当に正しい情報でしょうか?(中略)

まず、最初に言いたいのは、日本における『Ct値=45サイクル』は間違った知識であるということです。(中略)
『Ct値』と『PCRの機械(検出器)の設定としてのサイクル数』の違いを全く理解できていません。(中略)

現在、新型コロナウイルスのPCR検査で使われている手法は、正しくは『蛍光プローブを用いたリアルタイムRT-PCR法』と言います。(中略)

増幅曲線の指数関数増幅期(直線になった部分)から、リアルタイムPCR装置のソフトウェアが自動的に『Threshold(しきい値)』を決めます。(中略)
そして、そのThresholdと増幅曲線の交点のサイクル数を”Threshold Cycle”の意味で、そのCとTを使い『Ct値』と呼びます。
» 続きはこちらから

独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第103楽章 嘘に翻弄されないように・・

 1月17日月曜日、学校にいる息子からチャットが入りました。「奇妙だよ。クラスの半分が欠席。なぜだろう?」「なぜだろうね・・」私も絵文字で返信しました。ドイツは日本よりもワクチン接種の開始が半年ぐらい進んでいます。そろそろ時期到来でしょうか・・。
 息子のドイツ友人は、9月の選挙ボランティアをするために早めに3月末ぐらいに接種しました。昨年末、飛行機でオーストリアのスキーに出かけたそうですが、なんと、呼吸困難になってしまったそうです。9ヶ月経過の現状と言えるでしょうか・・。はたまた、飛行機に乗ることで、きっかけになってしまうのでしょうか・・。肺のレントゲンをしたそうです。親御さんはブースタ済みなので、息子はまだブースターをしていないからだと言っていたそうです。気づきはまだまだ先のようです。
 救急車の音も頻繁に聞こえ、ベルリンの銀座通りともいわれるクーダム通りを土曜日に歩いたのですが、閑散としていました。そして、クーダム通りの真ん中におしゃれに存在していたあの有名なコーヒー店、星バックス 星巴克 シィン パァー クゥー(ァ)が潰れていたのも発見しました。観光客が減少したからでしょうか・・ドイツ人は星巴克にはあまり行かないからです。
(ユリシス)
————————————————————————

ドイツのワクチン接種義務化はどうなるのか


テニスのジョコビッチ選手は、豪州入国を一旦許可されたものの、強制退去となり、3年間豪州入国禁止となってしまいました。ボスニアがワクチンパスポートのない欧州初の国になりましたので、ジョコビッチ選手の母国、セルビアも同じ旧ユーゴスラビアの国ですので、セルビア大統領にも頑張ってほしいと思ってしまいます。・・と書いたその後、ジョコビッチ選手の片目の画像を教えてもらいまして、あ、そうなんだ・・ガッカリ、愕然。やはり、有名になるということはやはりこういうこと・・これ、影響悪くて、若い方達が無意識に、片目がcool!と思ってしまいがち・・世界経済フォーラム、世界銀行、ユニセフ(国連)との関係のツイートもありました。ジョコビッチ選手をPsyOp(Psychological Operations)と表現されていて心理戦を意味します。ご夫婦で可愛いと思ったら・・最後のハンドサインが怖い・・666!!もう何も信じられないですね・・もう、自分に言い聞かせます・・嘘に翻弄されないように・・


強硬なワクチン推進者でもあったEU議長が亡くなりました。肺炎と書かれてありますね。

EU議会議長、65歳で死去
https://www.rt.com/news/545642-eu-parliament-president-died/?utm_source=browser&utm_medium=push_notifications&utm_campaign=push_notifications


欧州議会のダヴィド・サッソリ議長が、免疫系機能不全による長期入院の末、死去した
サッソリ氏は、昨年9月にフランス・ストラスブールの病院で肺炎の治療を受けていた。当時、彼の状態は良好であり、コロナの検査も陰性であると述べていたが、肺炎のため、約2ヶ月間仕事ができない状況でした。

サッソリ氏はまた、個人のコロナウイルス検査、ワクチン接種、感染履歴を記録するEUのデジタルCovid-19証明書の推進者であり、昨年夏にEU首脳たちとこのプロジェクトを発表する際に「欧州が象徴するもの」と呼んでいた。

オーストリアの接種義務化は、技術的な問題で4月まで延期と言われていましたが、実際には2月から施行されるようです。ドイツは義務化になるのかどうか?について、息子の友人曰く、「ドイツは義務化にならない。もし、なったら、Bundestag(ドイツ連邦議会) が燃えてしまいそうだから・・」とのこと。親御さんがドイツど真ん中あたりで働いていらっしゃるので、この意見は本当かもしれませんね。

ワクチン接種の義務化2月上旬から実施 一般強制接種の最終案を発表
https://orf.at/stories/3243827/


2月初めに「導入期」として施行
当初計画とは異なり、強制接種の対象は18歳以上となり、14歳からではなくなりました。妊婦や医療上の理由で接種できない人は例外です。さらに、療養者は6ヶ月間免除されます。
政府は2月初旬という開始時期にこだわる--全国予防接種台帳への免除の記録という技術的な実施は、早くても4月以降になるという事実にもかかわらずに。

3つのフェーズ
ワクチン接種の義務は3段階に分けて導入。2月初旬から3月15日までの初期段階では、全世帯に文書で通知。その後、強制接種は取締り対象、3月16日から道路交通取締り同様のチェックが行われる。受けていないことが発覚すると、警察に通報、罰金を科される。
疫学的に必要であれば、第三段階は後に施行。そして、未接種の人には接種日が割り当てられ、この日を守らない場合は自動で接種ペナルティ通知が発行。この段階の実施には、国会の主要委員会での承認が前提条件。

罰金は600ユーロ~3,600ユーロ。強制的な拘留や代用監獄は規定されていない。政府の計画では、違反は暦年で最大4回まで処罰される。実際に全国規模でワクチン未接種者への罰則が導入された場合、罰則は最大で年2回までとなる予定。

強制予防接種の憲法適合性
エドタドラーは、「予防接種の強制が基本的権利の侵害であることに疑問の余地はない」、しかし「憲法上明らかに許容される」と強調した。現時点では、ワクチン接種がパンデミックと戦う最も確実な手段であることが分かっています。
(DeepL翻訳、まとめ)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 219