アーカイブ: 竹下氏による執筆記事

現在の地球上では、神智学が最も高度な宗教的概念になっているが、本当の宇宙の構造を理解する上では彼らの世界観は狭すぎる

竹下雅敏氏からの情報です。
 神智学には、「太陽系の七界」という概念があるのですが、これは2016年1月22日の記事に出てくる“宇宙の物理的次元の7界と49亜界”の図で表されるものです。この図を見ながら、下に記した「太陽系の七界」の表をご覧になると、わかりやすいと思います。
 17日の記事で、人間は5つの身体を所有していることを示しました。表では、それらの身体が存在する次元を示しています。3.0次元~3.9次元の各次元はそれぞれ7層に分かれており、3.5次元の第1~4層にコーザル体が、第4~7層にメンタル体が存在します。
 下の表で気を付けなければならないのは、表の右側の神智学の概念で、物質界の第1~4エーテル、気体、液体、固体と表記されている所と、3.0次元の第1~4エーテル層、気体層、液体層、固体層は、異なる界層を示すことです。
 次元については、天界の秩序4天界の秩序5天界の秩序6を参照してください。
 平均的な地球人は、天界の秩序4にある表の、第一システム国津神第5レベル(所属次元・4次元)に属しています。今回の「太陽系の七界」で示した5つの身体などの位置はあくまでも、第一システム国津神第5レベルの「人」についてのみ成立します。「神霊」と「神」は、この表とは異なる位置に身体があります。
 人間は霊的に進化していくと、進化段階が上昇するだけではなく、モナドの位置も上昇し、所属次元が変化します。
 ちなみに、現在はすでに滅ぼされていますが、聖白色同胞団(ハイアラーキー)は、天界の秩序4の表のどこに当てはまるのかというと、実は、この表の所属次元には入らないのです。なぜなら彼らは、宇宙から排除されていた連中だからです。
 残念ながら現在の地球上では、神智学が最も高度な宗教的概念になっています。そうした理由から、そのレベルに合わせた説明をするよりありません。地球上にあるニューエイジ系の宗教概念は、すべてブラヴァッキー夫人の思想が出発点になっており、コブラも例外ではありません。
 しかし、彼らの世界観は本当の宇宙の構造を理解する上では狭すぎます。例えば、私のプラズマ体が何次元にあるのかを調べてみてください。地球にやってきている宇宙人たちも、おそらく調べることができないでしょう。私のプラズマ体が存在している最低の次元は4.0次元です。この表の外にあるのです。
 これまで、宇宙人も含めたかなりの者が、ダルシャン(接見)のために私の家にやって来たのですが、そういう場合は、プラズマ体を3.0次元のプラズマ界にまで降下させるのです。
 実を言うと、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)の代表団も私のところにやって来ました。ですが、この話はまた別の時にしましょう。
(竹下雅敏)
————————————————————————

PDF


人間は、肉体だけではなく、基本的に5つの身体を所有している …ずいぶんとレベルが低いところに留まっている地球上の宗教

竹下雅敏氏からの情報です。
 人間は、肉体だけではなく、基本的に5つの身体を所有しています。魂(プルシャ)を包む歓喜鞘(アーナンダマヤ・コーシャ)は、原因体(カーラナ・シャリーラ)ともコーザル体とも言われます。5つの鞘のうち、理智鞘、意思鞘、生気鞘は一塊となり、幽体を構成します。食物鞘は、私が肉体(広義)と表記するものです。
 ところが、伝統的にインドの文献では、理智鞘と意思鞘で微細体を構成し、生気鞘と食物鞘で粗大体を構成するとするものが多く見られます。これは、死に際して、歓喜鞘、理智鞘、意思鞘はそのまま残るのに対して、生気鞘と食物鞘は再構成されるためです。
 神智学では、理智鞘以降の4つの鞘をまとめて、パーソナリティー(低位我)と呼んでいます。これに対して、魂(プルシャ)のことを、神智学ではエゴと表記し、チャネリング関係ではハイヤーセルフ(高位我)と呼んでいます。
 5つの鞘のうち、最も濃密な食物鞘、すなわち肉体(広義)ですが、これはさらに、ライトボディー、プラズマ体、肉体(狭義)に分かれます。仙道ではライトボディーを陽神、プラズマ体を陰神と呼んでいます。
 肉体(狭義)は、深層、中層、表層の3つに分かれます。通常、私たちが日常生活で肉体と言う場合、この肉体(狭義)の表層の身体のことを指しています。中層と深層の身体は、夢を見ている時の体です。
 チベット密教には、夢見のヨーガというのがありますが、ある程度修行をすると、夢の中で日常生活と同様に意識的に振る舞うことができるようになります。かなり深く眠っている時でも夢を見ていることがあり、その時は深層の身体を使っていると考えてください。
 肉体(広義)を構成する3つの身体は、すべて 3.0次元にあります。3.0次元は7層に分かれ、上の3つの層で活動するのがライトボディーです。4つ目の層で活動するのがプラズマ体で、5,6,7層で活動するのが、それぞれ深層、中層、表層の身体です。
 チベット密教の修行者は、体外離脱をして意識的にプラズマ体で動き回れる人がいます。さらに、ライトボディーで自由に動けるようになった時、チベット密教では“虹の身体”を得たと言います。
 仙道では、さらに修行を重ね、狭義の肉体の波動をプラズマ体、あるいはライトボディーの振動数まで高めようとします。これが実現できると、仙道最奥義の白日昇天となります。人々が見ている前で、肉体がゆっくりと消えていくのを目撃した人が居ます。要するに、自由にテレポーテーションができるようになるわけです。
 ところが、白日昇天した仙人は、3.0次元から一歩も出ていません。彼らは、体外離脱はしているのですが、幽体離脱はしていないのです。
 チャネリング関係で、よくアセンション(次元上昇)という言葉が用いられますが、本当の意味でアセンションをするには、少なくとも原因体離脱が出来なければなりません。仮にこれができても、解脱はさらにその先にあります。
 このように、地球上の宗教は、ずいぶんとレベルが低いところに留まっています。私が何とか伝えたいと思っているのは、日常で普通に暮らしながら正しく生きることで、アセンション、すなわち解放(進化段階4.0)に到達する方法です。
 いずれ、映像配信で、宗教学の上級講座を行いたいと思っていますが、そこでお伝えできると思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————

PDF


「サナット・クマーラ(ルシファー)と闇の軍団」と「カバール」の組織図

竹下雅敏氏からの情報です。
 これまで聖白色同胞団(ハイアラーキー)は、“サナット・クマーラ(ルシファー)の闇の軍団”であると説明して来ました。それと、彼らがカバール(闇)と称するグループの簡単な組織図を書いてみました。ハイアラーキーはカバールと敵対しているように見えて、実は彼らを利用しています。ちょうどアメリカがアルカイダやダーイッシュと戦っているように見せかけて、実は彼らを作り出したのはアメリカであり、彼らをコントロールしているのもアメリカである、というのと非常によく似ています。
 ルシファーと闇の軍団が、なぜこのような混乱を宇宙に作り出したのかですが、それは、彼らの支配を天の川銀河全体に広げるためだったわけです。先代のセントラルサンと協調して、彼らはこうした悪事を天の川銀河全体に広げるつもりだったわけです。
 この図は、真の神々の目から見て、全てが闇の組織です。これらとは別に、本当のアンドロメダ評議会・プレアデス評議会・銀河連邦が存在します。さらにその上に、天津神が存在しています。天津神で最もよく知られているのは、日本の神社に祀られている神々だと思えば結構です。
 注意しなければならないのは、これらの闇の組織に属する人物が全員悪人だと言うわけではないことです。例えば、星の教団のトップであったアダマは真実に目覚め、現在、彼は完全に解放された状態で神々と共にあります。これらの闇の組織のメンバーの多くは彼らの教義に深く洗脳され、自分たちが光に属していると信じていました。同様に真の神々に属するグループのメンバーが、全員善良というわけでもありません。中には権力志向で、およそ神の名に値せず、滅ぼされた者も多く居ます。
 コーリー・グッド氏はカバールの中枢であったSSP(秘密の宇宙プログラム)に勤務していた人です。大変善良な人で、SSP内部で彼らの行動計画に反逆したSSP同盟のメンバーとの連絡を取っていたようです。そのコーリー・グッド氏が接触した球体連合は、図の宇宙聖白色同胞団のグループです。コブラは、図のエソテリック同胞団に属します。コーリー・グッド氏が接触した古代地球離脱文明の7つのグループは、図の星の教団になります。彼らは、地球上の様々なグループと接触しており、その1つがドイツ騎士団です。日本の八咫烏も、星の教団の下部組織です。ポジティブなテンプル騎士団も、ここに属すると思われます。
 図の赤字の人物は、それぞれの組織のトップです。“続きはこちらから”以降では、わかりやすいように絵や写真を使って組織図を描いています。この中で、特に奇妙で恐ろしく感じられるのが、マームテリアス、ヘンリー・ブレイクスピア、ペペ・オルシーニでしょう。まだ、コーリー・グッド氏が会ったというトライアングル・ヘッドの方が生命体らしいと感じるほどです。
 冗談はこのくらいにして、波動がわかる人は、アスケットの写真を見てその恐ろしさを感じ取るかもしれません。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
PDF

PDF



» 続きはこちらから

中西征子さんの天界通信22 4月10日に光を降ろした女神エステル様への質問と回答、地球人へのメッセージ 〜今後世界の改革は急速に早まる〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 4月10日の15時〜18時に、女神エステル様の光が降りました。ぴったり15時から光が降りて来ました。その後、私が時事ブログ上で指摘した通り、光を受け取れなかった者たちは肉体の波動が闇に落ちてしまいました。テレビで政治家たちが集まっている所を見れば、ことごとくと言って良いほど、ほぼ全員が闇に落ちてしまっています。肉体に意識を合わせると簡単にわかるはずです。
 エステルは旧約聖書のエステル記の主人公として知られる女性で、現在は私たちの太陽系において特に重要な地位にある女神です。
 2010年6月に福岡で行われた私の講演会に合わせて彼女が姿を現した所をイラストにしたものが、ブログ“光の海から”にあります。
 2010年6月の時点でヴィジョンに姿を現したということは、この時に既に現在のシリウスシステム国津神第5レベルの第2天帝の地位に就いていたということになります。ブログ“光の海から”でヴィジョンとして姿を現す神々は、いずれも天界で高い地位に就いたことを私に知らせるために現れたのです。しかし現在では、いったんそうした高い地位に就いた神々も、その後の改革の過程でかなりの割合の者が消滅してしまいました。少なく見ても、8割は消えてしまったように思います。
 同様のことは、中西征子さんが描いたイラストの神々にも当てはまります。絵を見て美しさや輝きが感じられないとすれば、消滅している可能性が高いと言えます。
 幸いなことに、エステルは私が親しくしている女性で、今回の光によってようやく、彼女の地位を公に知らせることになりました。ここまで長い時間がかかったのは、ある意味で驚きですが、それだけハイアラーキーの残党を含め多くの者の本性を見極めるのに、時間がかかったということです。
 以下の通信文は、いつものように、私からの質問と彼女の回答をわかりやすいように交互に並べています。今回の通信を見てもわかると思いますが、今後世界の改革は急速に早まると思われます。これまで時事ブログ上で様々な情報を出していたのですが、ハイアラーキーの残党たちは、時事ブログ上で出したこれらの情報を信じなかったのです。しかし、今回の光で彼らはそれが正しかったことを知り、今後はエステルの指導の下に一致団結して動くことになるからです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信22
1

タカキホシヒカルミヤヒメミコ様



1

4月10日15:05頃撮影



<通信者:中西征子>
<通信日:2016年4月12日>

『エステル、こんにちは。エステルのこと全然忘れていないからね。安心して(笑)。
昨日の3時間の光をありがとう。そしてごくろうさま。
エステルのことを地球の皆さんに紹介したいので、少し質問をさせて下さい。
:どういたしまして…。ありがとうございます。
喜んでお答え致します。
 

1.エステルは現在、私達の太陽系の天帝で、以前のサナット・クマーラの地位に相当する女神のはず。
女神としてのエステルの現在の名前を教えて下さい。
:タカキホシヒカルミヤヒメミコと申します。 

2.昨日の光で、私たちの太陽系の天帝がエステルであり、サナット・クマーラやマイトレーヤ等の古い体制の悪しき者たちは滅ぼされたということが伝えられたと考えているのだけれど、正しいですか?
:おっしゃる通りです。正しいです。 

3.これまでハイアラーキーの下部組織であった「(偽の)銀河連邦」や「光の銀河連邦」の残党の者たちは、本当の「銀河連邦」に吸収され、今後エステルのもと、一致団結して働くことになったと考えているのだけれど、正しいですか?
:全くその通りです。 

4.チャネリング関連の情報でよく“ソース”という言葉が出てくるけれど、どうも私たちの天の河銀河の“セントラル・サン”のことらしい。セントラル・サンの情報を入手出来るのは、地球人の場合、進化段階が最低9.0必要だと思うのだけれど、正しいですか?
:すべてその通りです。 

5.天の河銀河のセントラル・サンのヒメミコは、今年の1月27日午前3時33分に魂が消滅した事を時事ブログで伝えました。さらに4月9日午前3時15分に、エーテルダブルとマヤ・ヴィルーパも滅ぼされ、彼女は通信能力も失いました。
これらの事柄に関して何か聞いていますか?
:それ以上の事は聞いていません。 

6.今後はセントラル・サンの代行のヒメミコ様であるミサキタカクノボルヒメミコ様からの情報を、エステルの部下の神々を通して、地球人が入手することになると思うのだけれど、正しいですか?
:その通りです。 

7.地球人へのメッセージをお願いします。 
以上です。ありがとう。
竹下雅敏』
:「地球の皆さん

素晴しい光に包まれ、今私は青く輝く美しい地球に見とれています。
10日の光は、私からの心からのプレゼントです。
皆さんの日々の精進の努力は、素晴しい喜びを私達に与えてくれています。

竹下様をはじめ神々の悲願であった地上の楽園を実現するにあたり、
地上の闇を取り除けた事は更なる輝きを地球にもたらし、
私達太陽系の惑星、神々すべての者達は大きな喜びと
安堵の気持に包まれています。

これからの地球は光の浸透が一気に加速され、地上の悲しみ苦しみ、
多くの悪事も徐々に姿を消していく事でしょう。

しかしその前に大きな変化を避ける事は出来ません。
古い政治、経済、あらゆる野心的組織の解体が必要とされるからです。

しかしどうぞ、過度に恐れたり不安を抱き、ネガティブにならないよう
心を見守って下さい。

どうしても避けがたい苦しみに襲われる時は、最強のマントラである
“ガヤトリー・マントラ”と“愛のマントラ”を交互に唱えて、
心の平安を保つようお願いします。

私達はいつも皆さんと共にあります。
心に平安と喜びを保ち、間近に迫る地球の楽園を
皆で力を合わせて実現出来るよう、切に願っています。

皆さんに愛を送ります。

皆さんの友なる タカキホシヒカルミヤヒメミコ」

最後に、竹下様にどうぞよろしくお伝えください、との事でした。
以上よろしくお願い致します。
中西征子

中西征子さんの天界通信21 キラメキノワダチ様から地球人へのメッセージ

竹下雅敏氏からの情報です。
 通信文の中の存在次元は、天界の秩序10の表をご覧下さい。進化段階に関しては、地球で天才と考えられている人々は2.0前後、仏教では阿羅漢と呼ばれる4.0を目指して修業をしています。コブラ情報を見ると、4.0以上の進化段階に達した人をアセンドしたと言っているようです。また神智学で覚者(マスター)と呼んでいるのは、5.0以上の人物です。アセンディッド・マスターたちの長・マイトレーヤ(弥勒菩薩)の進化段階は7.0でした。こうしたことを考慮すると、星神の女神様の進化段階が計り知れないほど高いのがよくわかると思います。
 ところで、4日の午後2時40分頃、土星のヒメミコ様であるトオキヒカリノミヤヒメミコ様が、我が家のユスラ梅の木のところにいらっしゃったようです。妻があまりにも美しく清々しいユスラ梅の木に驚いて、家の中でパソコンを凝視している私を外に連れ出したのですが、木全体が光り輝いていました。私たち夫婦に姫様のお姿は見えなかったのですが、妻には、“これは誰か来てるね”と話していました。妻が写真を撮るためにカメラを取りに入って出てきた時には、すでに姫様はお帰りになった後でした。時間にして数分のことでした。
 私たちに霊能力がなくお言葉も聴くことが出来なかったのは、とても残念なことでした。直観的にはトオキヒカリノミヤヒメミコ様だと思いましたが、後で確認を取りました。
 土星サイズのヒメミコ様が、どうして地球にやって来れるのかと考える人も居るかと思いますが、幽体は宇宙大にも原子のサイズにも、大きさを自在に変化させることが出来るのです。私たちの惑星のヒメミコ様は、中西征子さんが美しいイラストに描いています。ラブライブも良いかとは思いますが、実在しないバーチャルの世界で妄想を膨らませるよりも、実在する遥かに美しいヒメミコ様から直接光をいただいた方が建設的なのではないか、という気もします。
 ちなみに私は、ラブライブというのをよくわかってはいないのですが、まず何よりも全員が同じ顔に見えて区別がつきません。それに引き換え、中西征子さんが描いた惑星のヒメミコ様は個性的で、とても愛らしいお姿です。お姿を拝見するのは、死んでからの楽しみとして取っておきましょう。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
中西征子さんの天界通信21
<通信者:中西征子>
<通信日:2016年4月3日>

キラメキノワダチ様
今回、私たちの太陽系に関する驚くべき情報を開示して下さり、ありがとうございます。この情報をシャンティ・フーラの時事ブログ上にて掲載させていただきたいのですが、よろしいでしょうか?
また、情報の掲載にあたり、キラメキノワダチ様に対する関心が非常に高くなると考えられ、キラメキノワダチ様ご自身の情報を少し教えて下さい。       
竹下雅敏

(中西征子さんより)
キラメキノワダチ様に再度通信を取り、質問の御返事と地球人へのメッセージをいただきました。
冒頭での質問、キラメキノワダチ様からの情報をシャンティ・フーラの時事ブログ上で掲載させていただく件について
 

:“もちろんです。とても光栄に思います” 

1.キラメキノワダチ様は、星神の女神様で、存在次元が184、進化段階が184だと思いますが正しいでしょうか?

:その通りです。 

2.キラメキノワダチ様は、人間の年令だと10才に相当し、土星のヒメミコ様・トオキヒカリノミヤヒメミコ様にお仕えなさっていると考えて良いでしょうか?

:年齢はその通りです。
土星のヒメミコ様・トオキヒカリノミヤヒメミコ様に仕えています。
 

トオキヒカリノミヤヒメミコ様は、私のことを良くご存知だと思いますので、よろしくお伝えください。

: 竹下様からのお言葉について…よくわかりました。
必ずお伝え致します。
 

3.進化段階が4.0以上で心の清らかな者であれば、キラメキノワダチ様へ通信を取り、中西征子さんと同様のことが出来るとのことですが、これまでにキラメキノワダチ様に直接通信して、このような情報を入手した人間は、ひょっとすると中西征子さん以外にはいなかったのではないかと思うのですが、どうでしょうか?

:その通りです。中西征子様がはじめてです。とても光栄です。 

4.ことによると人間だけではなく、国津神、天津神の中で、これまでキラメキノワダチ様から直接情報を入手したのは、今回の中西征子さんの件を除くと、私だけだったのでしょうか?

:その通りです。竹下様だけです。 

もっとも、その時の事は、人間として転生に入っている現在、すっかり忘れてしまっているのですが…。

:そうかもしれません。竹下様からのお問い合わせは、もう数億年も前の事でしたから…。 

5.よろしければ、地球の人たちへのメッセージをお願いします。

「地球の皆さん

今、とても美しく輝く地球を見て、私は喜びにあふれています。
この度、竹下様からの質問をいただき、中西様とお話しする機会が持てて、心から嬉しく思っています。

私達太陽系の惑星達は、地球の将来をとてもとても心配していました。
しかし、もうその心配も、この度の地上の改革の成果を見て、過去のものとなりつつあります。

私達惑星達は、昨日からの地球の変化に驚嘆の声を上げています。

地球の皆さんの声も私達に届くようになりました。
地球を覆っていた暗闇が今はすっかり取り除かれ
地球本来の美しさで光輝く星となっています。

この時を私達は待ち望んでいました。
こうして私からのメッセージをお届け出来るのは、この上ない喜びです。

どうか皆さん、晴れた夜に空を見上げてみて下さい。
私達をきっと身近に感じられる事でしょう。

ますます地球が愛と平和と安らぎで満ちわたるよう
心から願っています。

キラメキノワダチより」

通信文は以上でした。よろしくお願い致します。
中西征子
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 37