アーカイブ: ベンジャミン・フルフォード

22/06/20 フルフォード情報英語版:欧米の金融幻覚が現実に激突

 6月20日(月)フルフォード・レポート(英語版)です。いよいよでしょうか?フルフォード氏によると、最近の金融市場は、普通の市場の動きではなくシステムの崩壊であるとのこと。またガス、石油の供給が途絶えてしまいそうなヨーロッパは、一番最初に倒れるだろうとのこと。

1️⃣ダウ平均株価は下がり続け、米国債も最大の暴落!
”ダウ平均株価は過去12週間のうち11週間下がり続け、これは過去に一度も起こったことのないことである。…通常、株価が下がると、人々は「安全」を求めて債券が上昇する。しかし、…最大の暴落を経験している。… 金融業界のトップクラスのベテランたちの間では、このままでは株価は90%下落するというのが意見の一致になっている。”

2️⃣情報源:ビットコインはペンタゴンにより作られ、ハザール・マフィアが支配
フルフォード氏によると、ロスチャイルドやロックフェラーの手先らは、今、全株式取引の70%をコントロールする人工知能システムの奴隷。彼らは今、すべての住宅と不動産を買おうとしている。ハザール・マフィアらがあまりにも多くの富と権力を蓄積したため、市場の崩壊は、大多数の人は影響を受けず、主に市場を所有する0.01%の人々に影響を与えるだろう。

3️⃣ロシア連邦保安庁の情報筋:ヨーロッパ、ガス供給停止に直面、石油も途絶える?!
”最初に倒れるのはヨーロッパだろう。ロシアや他の国々はヨーロッパへのガスを止めてしまった。…石油にもしわ寄せが来ている。2011年にムアンマル・カダフィが殺害されて以来、欧州勢がリビアから盗んできた石油が途絶えてしまったのだ。…また、ウクライナ最大の製油所が破壊され、ヨーロッパの石油のもう一つの主要な供給源が断たれた。”

4️⃣プーチン:「欧州連合は政治的主権を完全に失った...現実からの剥離は近い将来エリートの交代をもたらすだろう。」 ラブロフ外相:「ヨーロッパとの接触はロシアの優先事項から外れている 。」

5️⃣中国:ロシアと協力
習近平はロシアと協力して「国際秩序とグローバル・ガバナンスをより公正で合理的な方向へ押し進める。」と言った。

 記事の後半、”日本で強制送還が始まったこと、そしてこの国の多くのディープ・ステートの工作員がグアムの米軍基地に連行されていることを確認することができる。”とフルフォード氏は書いています。が。。。6月20日の竹下先生の記事のコーリー・グッド氏の引用が頭にこびり付いているpopoちゃんです。「アライアンスの最上層部が、臆病風に吹かれ、裏切りました。…アライアンスは私たちを扇動して、抗議運動を起こさせたいのです。なぜなら、アライアンスは誰も逮捕するつもりがないからです。大衆が目覚めて、振り子が反対側に振れるまではね。
(popoちゃん💖)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:欧米の金融幻覚が現実に激突
転載元)

ダウ平均株価は下がり続け、米国債も最大の暴落!


Western financial hallucination crashes into reality No matter how hard you try to avoid reality, it eventually catches up to you. This is the lesson the privately-owned Western central banks are now learning as their fiat money hallucination crashes into the real world. The across-the-board collapse in financial markets seen recently is no ordinary market move. It is a system’s collapse. どんなに現実から逃れようとしても、結局は現実に追いつかれる。これは、不換紙幣の幻覚が現実の世界に墜落する中で、欧米の民間中央銀行が学んでいる教訓である。最近見られた金融市場の全面的な崩壊は、普通の市場の動きではない。システムの崩壊である。

The Dow Jones industrial average has been down 11 out of the past 12 weeks; something that has never happened before. The closest was in the great crash of 1929 when it fell 10 out of 11 weeks. Normally, when stocks fall, bonds rise as people rush to “safety.” However, US Treasuries are having their biggest collapse since Nixon took the US dollar off the gold standard in the early 1970’s. Crypto-currency markets for their part are down two-thirds from their peak and have evaporated $2 trillion in imaginary money. ダウ平均株価は過去12週間のうち11週間下がり続け、これは過去に一度も起こったことのないことである。最も近いのは1929年の大暴落で、11週中10週が下落した。通常、株価が下がると、人々は「安全」を求めて債券が上昇する。しかし、米国債は、1970年代初頭にニクソンが米ドルを金本位制から外して以来、最大の暴落を経験している。暗号通貨市場はピーク時から3分の2に下落し、2兆ドルの架空通貨が消失した。

The consensus among top financial industry veterans is that stocks are going to fall 90% before this ends. 金融業界のトップクラスのベテランたちの間では、このままでは株価は90%下落するというのが意見の一致になっている。

Today, June 20th, all financial markets in the US are closed, supposedly for a Juneteenth holiday. However, since the summer solstice on June 21st is a key day for Satanic sacrifices, CIA sources say “they” aregoing to use this as an excuse to shut banks and steal people’s savings. 今日6月20日は、ジューンティーンス【奴隷解放記念日】の祝日で、米国のすべての金融市場が休みとなる。しかし、6月21日の夏至は悪魔の生け贄のための重要な日であるため、CIAの情報筋によれば、「彼ら」はこれを口実に銀行を閉鎖し、人々の貯蓄を奪おうとするのだ。

» 続きはこちらから

22/06/13 フルフォード情報英語版:ヒッピー世代の最終勝利で、欧米の政策は “make love not war “【「戦争ではなく、愛を育め 」】になる。

 6月13日のフルフォード ・レポート(英語版)です。偽バイデン政権が国際的に孤立し財政破綻で崩壊中、これは新しい時代が始まる前のハウスクリーニングだそう。先週【6月第2週】多くの国によってボイコットされた米州サミット、またアフリカ、中東、アジア(日本と韓国の奴隷国家を除く)、ヨーロッパの大部分を含む他の国々もアメリカを敬遠、それがアメリカの経済的な急降下を引き起こしているとのこと。popoちゃん的にメキシコのカルテルはギリシャから命令を受け、そのギリシャ人はプーチン・アバターを操っている正教会に報告しているというのと、2010年に逮捕された本物プーチンの裁判動画が強烈でした!

1️⃣ラテンアメリカの反乱① : ニカラグア大統領「人道的な目的のために 」ロシアの軍隊配備を招いた

2️⃣ラテンアメリカの反乱②:メキシコ警察がオランダ人の国際的小児性愛者を逮捕
メキシコ警察は、国際的な小児性愛者のリーダー「ネルソンN」を逮捕。その際、識別番号が付けられた数百人の裸の子供たちが解放。またラテンアメリカの麻薬ギャングは、西側エリートへのアドレノクロムの供給を停止。

3️⃣CIA情報源:エル・チャポの法廷発言 「【ジェームス】・コミーはペロシのためにカルテルの資金洗浄を手伝った。」
CIAの情報源によると、メキシコの麻薬王「エル・チャポ」の裁判で、「コミーはペロシのために1億5千万ドルのカルテルの資金洗浄を手伝った。」と法廷で述べた。

4️⃣ロシア連邦保安庁筋:メキシコのカルテルは全て上層部で結束、ギリシャのギリシャ人が彼らに命令をし、正教会に報告
ロシア連邦保安庁筋によると、メキシコカルテルのトップはギリシャにいるギリシャ人から電話で命令を受けている。そしてこのギリシャ人は、プーチンのアバターを操っている正教会の人々に報告する。 複数の情報筋らは、今のプーチンは、同盟のために働くアバターであると言う。

5️⃣モサド:2010年に本物のプーチンの裁判動画
モサドから、本物のロシア大統領プーチンが、「大規模な国家財産の窃盗、金融詐欺、職権乱用、国民を威嚇し政府に影響を与えるためのテロ行為の準備で」逮捕されたという証拠がフルフォード氏のもとに送られてきた。確かにお顔は古いプーチンのお顔😱CGかな?!でも呼吸ができちゃうような。。。柵の中にプーチンが!動画はニュース番組の一部のような感じで本物っぽいですが、これってロシア国民はこのこと知ってるってこと?!

6️⃣ドイツのBND【連邦情報局】:ウクライナの抵抗はあと4〜5週間
ウクライナの崩壊は、欧米のハザール・マフィア支配の崩壊を伴う。

7️⃣ポーランド情報部:ハザール・マフィア支配中核を解体する動きの報告
ワシントンの連邦準備制度理事会、ドイツ銀行、英国銀行が封鎖。現在、ほとんどすべての銀行が司法警察によって監視・管理されている。ビルダーバーグ・グループとダボスフォーラムの経済グレート・リセットは敗北。

8️⃣ロシアのタス通信:これから欧米で起こることは、1990年代初頭のロシアが経験したものに似ている
”今後18ヶ月の間にEU(と米国)で起こるであろうプロセスは、1990年代初頭にロシアが経験したものと似ている。大きな人口集団が貧困に陥り、政府は多くの社会保障給付を取り消す。その結果、朝一杯のコーヒーのような多くの日常的なものが贅沢品となるであろう。”

 記事内に”南北アメリカを統合する超国家を作るというアイデアを歓迎するとイベロアメリカ筋は言っている。これを反映して、・・・”とメキシコのロペス・オブラドール大統領の言葉が引用され、いかにもフルフォード氏がこれまで何度か言ってきた「南北アメリカ超国家」に賛成しているかのように解釈できますが、ロペス・オブラドール大統領が言っているのはあくまでアメリカ大陸の「団結、協力」であり、一つの政府による「南北アメリカ超国家」ではないとpopoちゃんは理解しています。
(popoちゃん💖)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:ヒッピー世代の最終勝利で、欧米の政策は "make love not war “【「戦争ではなく、愛を育め 」】になる。
転載元)

アメリカ:国際的なボイコットが米経済を急落させる


In final victory for hippy generation, Western policy will become “make love not war” The world is going through a fundamental shift as the Western world is being cured of its Satanic infection. The result will be an unprecedented era of world peace and prosperity. This will be the legacy of the “make love not war,” hippy generation. 欧米諸国が悪魔の感染から治癒されつつある中、世界は根本的な変化を遂げようとしている。その結果、世界平和と繁栄の前代未聞の時代がやってくるだろう。これは、「戦争ではなく愛を育め」というヒッピー世代の遺産になるだろう。

However, before this new age can start, some final housecleaning is being done. This can be seen in the international isolation and financial collapse of the fake Joe Biden regime in the United States. The collapse is accelerating as the Khazarian mafia “Biden” regime falls into pariah status. しかし、この新しい時代が始まる前に、いくつかの最終的なハウスクリーニングが行われている。それは、アメリカの偽ジョー・バイデン政権の国際的孤立と財政破綻に見ることができる。ハザール・マフィアの「バイデン」政権が亡国状態に陥るにつれて、崩壊は加速している。

As an example, last week the Biden avatar called a summit of the “Americas” only to be boycotted by the majority of states in the region. Cuba, Venezuela, Nicaragua, Mexico, Guatemala, Honduras, El Salvador, Uruguay and Bolivia were among the countries to boycott the meeting. Leaders of countries that did attend, like Argentina and Belize, took the opportunity to criticize “Biden.” その一例として、先週、バイデンは「米州」サミットを招集したが、この地域の大多数の国によってボイコットされた。キューバ、ベネズエラ、ニカラグア、メキシコ、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドル、ウルグアイ、ボリビアが会議をボイコットした国々に含まれている。アルゼンチンやベリーズなど、出席した国の首脳は、この機会に「バイデン」を批判した。

The rest of the world, including Africa, the Middle East, Asia (except for the Japanese and South Korean slave states), and a large part of Europe is also shunning the openly criminal US Corporate government. That is why an international boycott against it is causing an economic free-fall there. アフリカ、中東、アジア(日本と韓国の奴隷国家を除く)、ヨーロッパの大部分を含む他の国々も、公然たる犯罪者であるアメリカ企業政府を敬遠している。だから、それに対する国際的なボイコットが、そこで経済的な急降下を引き起こしているのである。

» 続きはこちらから

22/06/06 フルフォード情報英語版:サタンは正道に戻り、赦免を受ける

 6月6日フルフォード ・レポート(英語版)です。ロスチャイルド一族のトップメンバーの排除が今、行われていて、新しい時代が始まろうとしているらしい。

1️⃣地球解放同盟のメンバー:イエズス会の幹部に手書きのメモを渡す
”「サタンは正道に戻り、赦しを受けました。長年、信じて取り組み続けてくれてありがとうございました。」サタンは何年も前に倒され、今地球上で起きていることは、サタンの現地エージェント、特にロスチャイルド一族のトップメンバーを排除する掃討作戦であるという情報を同盟は受け取っている。”

2️⃣ロスチャイルド支配終了の兆候①
エリザベス2世のプラチナ記念日のメッセージのなかで、オピオイドで金儲けに貪欲で自分たちを偽るとロスチャイルド家を批判。

3️⃣ロスチャイルド支配終了の兆候②
”アフガニスタン政府は世界のアヘンやヘロインの8割を生産しているケシ農園を根絶やしにしようとしている。これは西側諸国の犯罪エリートに致命的な打撃を与えることになるだろう。”

4️⃣北米、フランス、ウクライナなどヨーロッパのいくつかの国々は、まだ悪魔の支配下

5️⃣ロシア:ウクライナの赤十字社の 「健康な臓器 」を持つ子供の記録などの証拠を暴露

6️⃣マクロンの生い立ち
"モサドによると、マクロンはロスチャイルドのエージェントから買収され、国を裏切り、イスラム教徒と戦い、そしてノートルダム大聖堂の破壊を隠蔽してきたという。・・・マクロンの原点は、児童娼婦だった。「美少年」として親に連れられてイスラエルに行き、そこで老人と裏切り者を継続的に満足させた。” さすがにこれは胸が痛い😔

7️⃣国民から銃を没収するための偽銃乱射事件
アメリカとカナダが内戦の瀬戸際にあるため、バイデンとトルドーは銃を国民から奪い取りたい。2009年に国防総省がコンピューターでアメリカの内戦を想定、その結果は死者数1億人。

8️⃣ウクライナの元米大統領候補の動画
”元米大統領候補のトゥルシ・ギャバードは、「西側」は野党を投獄し、独立系テレビ局を閉鎖し、ファシストである政府を支持するために戦っていると説明する。”

9️⃣ロシア:戦争犯罪法廷を開始
”ロシアはすでに、ウクライナのナチス、外国人傭兵、NATOの教官について、「拉致、拷問、禁止手段・戦法の使用など」をめぐる戦争犯罪法廷を開始している。”

🔟ナチスのビルダーバーグ敗者:監視の元、ワシントンで会合
“CIAとNSAの情報筋によれば、彼らが会合を許されたのは、彼らを監視し、秘密の支配者をより多く特定できるようにするためだという。”

 竹下先生の映像配信、宗教学講座 中級コース 第68回 地球の改革の経緯1(前半) を見ると、1994年以降の裏の権力者らの説明がとてもわかりやすくて、今まで何がどうして起こったのかがよく理解でき、時事が大の苦手のpopoちゃんでも時事情勢の流れが掴めました。庶民はいい迷惑だわ〜、それと同時に闇のトップにもちょっとだけ同情しちゃった。また「情報の真偽を見分ける方法」も教えてくださり、特に情報源の波動が低くても真の情報である場合がある😱ということで、その見分け方も教えてくださっています。これはすごい‼️いつも真実は波動に!チャクラって人間に与えられた一番の宝物かも!使わないともったいない。popoちゃんコツコツ練習中♪こちらの映像配信、まだの方は是非、是非😊
(popoちゃん💖)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:サタンは正道に戻り、赦免を受ける
転載元)

ロスチャイルド一族のトップメンバーを排除する掃討作戦が今起きている


Satan has returned to the original creation and received absolution Recently a member of the Earth Liberation Alliance delivered a handwritten note to a senior Jesuit that read: “Satan has returned to the original creation and received absolution, thank you for keeping the candle burning all these long years.” 最近、地球解放同盟のメンバーがイエズス会の幹部に手書きのメモを届け、こう書いてあった。「サタンは正道に戻り 赦しを受けました。長年信じて取り組み続けてくれて ありがとうございました。」

The alliance has received intelligence that Satan was defeated years ago and what we are seeing now happening across the planet is a mop-up operation to remove his local field agents notably the top members of the Rothschild (red shield of Satan) family. サタンは何年も前に倒され、今地球上で起きていることは、サタンの現地エージェント、特にロスチャイルド(サタンの赤い盾)一族のトップメンバーを排除する掃討作戦であるという情報を同盟は受け取っている。


ロスチャイルド支配終了の兆候① エリザベス2世:プラチナ記念日のメッセージと「ホログラム」登場で黄金時代の幕開け祝う


Here is what Queen Elizabeth II -a senior member of the alliance- had to say on the occasion of her Platinum Jubilee: アライアンスの上級メンバーであるエリザベス2世が、プラチナ記念日を迎えるにあたり、次のようなコメントを残している。

Many happy memories will be created. We remain very deeply committed to our shared causes East and West. The general stewardship of the geopolitical landscape had been predominantly Western, the Opioid device by our Rothschild among many families at the rub of the falling out which was not our design but they make money where they can and pretend to be not what they are – in the end, common is common and royal and imperial rise above it.
多くの幸せな思い出が作られることでしょう。我々は、東洋と西洋が共有する大義に深くコミットしています。地政学的な景観の一般的な管理は、主に西洋で行われていました。私たちがそう意図したのではないのですが、ロスチャイルド一族間で喧嘩の原因になっているオピオイド、彼らは可能な限りのところでお金を稼ぎ、自分たちを偽ります。結局、一般人は一般人、王室と帝国はその上に立つのです。
エリザベス2世R
Elizabeth II R.
In what appears to be her contribution to the project blue beam celebration of the start of a new Golden Age, she time traveled back 70 years by appearing as a hologram in the ancient British Royal Carriage. 新しい黄金時代の幕開けを祝うプロジェクト・ブルービームに貢献したと思われる彼女は、古代の英国王室の馬車にホログラムとして登場し、70年前にタイムスリップしたのだ。
https://news.sky.com/story/amp/platinum-jubilee-the-queen-appears-in-hologram-in-gold-state-coach-as-london-street-pageant-now-in-full-swing-12628157 https://news.sky.com/story/amp/platinum-jubilee-the-queen-appears-in-hologram-in-gold-state-coach-as-london-street-pageant-now-in-full-swing-12628157

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

» 続きはこちらから

22/05/30 フルフォード情報英語版:ベゾスの保釈で崩壊する偽バイデン政権

 5月30日フルフォード ・レポート(英語版)です。スーーーパーーー・ローーーングです!😅ほんの一部分だけここでピックアップ。

1️⃣ジェフ・ベゾス:地球同盟に入る(CIA情報筋)
ベゾスが地球同盟に入ったため、彼のワシントンポスト紙はウクライナ政府と軍隊は崩壊しつつあると敗戦の真実を報道。

2️⃣生物兵器をばら撒いたダボス会議・WHOの幹部ら逮捕(モサド情報筋)
ダボス会議とその姉妹組織、WHOが完全に崩壊。生物兵器をばら撒いた幹部らが逮捕された。またCIA情報筋によるとダボス会議に出席したワクチン推進者も逮捕された。

3️⃣WEFでの大物らの😱衝撃😱発言クリップ動画集(本物?!)
●ファイザーCEOアルベルト・ブルラ
ファイザーCEOが2023年までに人類の50%を殺す軌道に乗ったことを自慢。

●アバターのビル・ゲイツ
「ワクチンの持続時間は長くなく、感染予防効果もない。」

●ノキアの社長/CEO
「スマートフォンは時代遅れになる。2030年には、すべてのテクノロジーが私たちの体に直接埋め込まれるようになるだろう。」

●オックスファム・インターナショナル重役
「Covidはこれまでで最も収益性の高い製品の1つです。」

フルフォード氏によると、これらの動画は無理やり言わせられたか、CGで作られているように見えるとのこと。

4️⃣バイデン :先週【5月第4週】ウクライナに400億ドルを提供する法案に署名
ウクライナはそのうち15%しかもらえないことが判明した(CIAの情報筋)。が、この負債は、ウクライナ国民が100%責任を負うことになるとか。米軍もNATOも主要国政府も、ウクライナ軍に重火器を供給していない。「間もなく、ゼレンスキーに対して彼自身の軍司令官による軍事クーデターが起こっても驚かないように。もうゲームオーバーだ。」(CIAの高官筋)

5️⃣天然痘ワクチンに注意⚠️
天然痘による死傷者はこの40年間で0人。天然痘ワクチンによる死傷者は5,755人。CIAの医師によると、サル痘はCOVID注射活性帯状疱疹のブランド再生。

6️⃣ブラックロック:ロイター社(株式の過半数)とファイザーを所有
”先週【5月第4週】ファイザーは連邦判事に、ファイザーは連邦政府を所有しており、それによって通常の契約法の適用を受けないと言った。”

7️⃣ハザール・マフィア:ウクライナで食料の輸出妨害
ハザール・マフィアは食料の輸出を防ぐためにウクライナの港を採掘している(ロシア連邦保安庁の情報筋)。彼らは粉ミルク、鶏肉、卵などの不足を作り出しているらしい。

8️⃣プロジェクト・ブルービーム最新情報
3つほど動画がありますが、そのうちの一つ、”タイの病院で撮影された映像で、手前に巨大なポータルのようなものがあり、太陽とつながっているのがわかる。”とありますが、あれは「日輪」😇じゃなくてポータル?!?!
(popoちゃん💖)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:ベゾスの保釈で崩壊する偽バイデン政権
投稿者:ベンジャミン フルフォード 

CIA情報筋:ベゾス地球同盟に加入


Fake Biden regime collapsing as Bezos bails The end is near for the fake Biden regime as Jeff Bezos, one of its chief backers, has bailed out and joined the earth alliance, CIA sources say. This was shown when his Washington Post mouthpiece reported the truth; the Ukrainian government and military are collapsing. The Khazarian Mafia project to rule the world from a greater Khazaria (Ukraine + Kazakhstan) is thus now totally doomed. 偽バイデン政権の終わりは近い。その主要な後援者の一人であるジェフ・ベゾスが保釈され、地球同盟に参加したとCIAの情報筋が言っている。これは、彼のワシントンポスト紙が、ウクライナ政府と軍隊は崩壊しつつあると真実を報道したときに示された。大ハザール(ウクライナ+カザフスタン)から世界を支配するハザール・マフィアのプロジェクトは、このように今や完全に破滅しているのである。


モサド情報筋:ダボス会議とWHOの幹部逮捕


The other thing to notice was the complete collapse of the Davos world economic forum and its sister organization the World Harm Organization (WHO) as they gathered in Switzerland last week. もう一つは、先週スイスに集まったダボス会議とその姉妹組織である世界保健機関(WHO)が完全に崩壊したことである。

The WHO was supposed to mark its 75th anniversary with a victory lap granting its head absolute dictatorial powers over all world governments. Instead, its’ top staff have been arrested for spreading bio-weapons, Mossad sources say. WHOはその75周年を記念して、世界各国政府に対する絶対的な独裁権をトップに与える勝利の祝典を行う予定であった。モサド【イスラエル政府の情報機関】筋によると、その代わりに、生物兵器をばらまいたとして最高位のスタッフらが逮捕されたという。

The same has happened to the vaccine pushers who attended Davos, CIA sources say. ダボス会議に出席したワクチン推進者にも同じことが起こったとCIAの情報筋は言っている。

Let us look at who is being defeated. 誰が負けているのかを見てみよう。


シュワブ親子


“On the left, you can see the founder of the World Economic Forum, Klaus Schwab. On the right, his father, an intimate confidant of Hitler, the industrialist and fascist “Eugen Schwab” (who married a Rothschild) in uniform. 左は世界経済フォーラムの創設者、クラウス・シュワブ。右は、クラウス・シュワブの父親、ヒトラーの側近、実業家でファシスト、(ロスチャイルドと結婚した)制服姿のオイゲン・シュワブだ。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

At the WEF Schwab boasted “The future is built by us, by a powerful community as you here in this room.” シュワブ氏はWEFで「未来は私たちによって、ここにいる皆さんのようなパワフルなコミュニティによって築かれる。」と豪語していた。

» 続きはこちらから

22/05/23 フルフォード情報英語版:新時代の極秘交渉は順調に進み、欧米支配は崩壊へ

 5月23日のフルフォード ・レポート(英語版)です。めちゃ長いです。popoちゃんの独断でその一部だけここにピックアップ🌟ファイザーとビル・ゲイツには相変わらずため息😩がでます!が、当時のお名前ハルカナウチュウノヒカリノミコト様が「地上の混乱にうんざりして、ネガティブになっていませんか…?ネガティブな波動は地上の混乱に一層の混乱を増し加えるだけです。当面の心配や不安は、『ガヤトリー・マントラ』と『愛のマントラ』を3回ずつ繰り返し唱える事ですみやかに解消されていきます(最後に“オーム シャンティ シャンティ シャンティヒー”はいりません)ぜひ試してみて下さい。スピードと効率の良さは天下一品と言えるでしょう(笑)」とおっしゃっていました。これプラス、スベテヲスベルヒメミコ様からの「感謝のマントラ」”どんな劣悪な事態の中でも、それでも「ありがとう!」と言える理由に気付く事によって、あなたと、あなたの周りの世界は確実に変わっていく事でしょう。” まずは自分から変わるぞ!世界の平和は自分の心の平安から始まる!と自分に言い聞かせるpopoちゃんでっす🙏😊🙏

1️⃣WHO・WEF:「サル痘」で世界全体主義支配を目指す
サル痘の恐怖を煽るメディア情報の大規模なキャンペーンで、WHOと世界経済フォーラムは世界全体主義支配を目指している。これは1975年から計画されていた。5月22日から28日まで、ジュネーブで開催される世界保健総会で、国際法の下で法的拘束力を持つ国際保健規則(IHR)を議決することになる。

2️⃣「サル痘」の恐怖を煽る欧米のメディア:「サル痘」の古い写真のオンパレード
欧米のメディアは、この新しい恐怖を煽るメディア情報・キャンペーンに古い写真を使用。
年月の異なる記事で全く同じ写真が使用されている5例の比較画像あり。

3️⃣前もってプランされた「コロナ禍」と「サル痘」
2017年から2018年にかけて、世界中で何億個ものCOVID-19テストキットが輸出入されている。米国国防総省(DOD)は、新型コロナウイルスが出現したとされる少なくとも1カ月前、2019年11月12日にラビリンス・グローバル・ヘルス社に「COVID-19研究」の契約を締結。2019年9月24日(金)FDAは天然痘とサル痘を予防する初の非複製生ワクチンを承認。ファイザーは、サル痘の薬を完璧なタイミングで発売し大成功している。ファイザー社のCEOアルバート・ブーラは、ダボス会議の参加者に向けてファイザー社の新技術を説明。(動画あり)その薬が消化されると関係当局にワイヤレスで信号を送る小さなチップを搭載した錠剤がファイザー社の新技術。😱

4️⃣ビル・ゲイツ:ザ・ガーディアン紙に350万ドル支払い、母乳育児は母親の精神衛生に悪いという記事を書かせた
ビル・ゲイツは、実験室で作られた赤ちゃん用ミルクの新興企業に対して投資家から350万ドルの資金を受け取った。そして、ゲイツ財団はザ・ガーディアン紙に350万ドルを支払った。そして、ザ・ガーディアン紙は、母乳育児は母親の精神衛生に悪いと批判するヒット記事を掲載した。😱

5️⃣ウクライナ:絶望的
CIAによると”ウクライナ人の死傷者は、すでに5万人に達していると思われる。….ウクライナには3日分のディーゼルとガソリンの備蓄しか残っていない。軍の主要部分は動かず、ロシア軍に包囲されつつある。絶望的な状況だ。”
(popoちゃん💖)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:新時代の極秘交渉は順調に進み、欧米支配は崩壊へ
投稿者:ベンジャミン フルフォード 

西側300人委員会、ロシア政府、インド政府、アジアの秘密結社に支持されている計画


Top secret negotiations for new age proceed well as Western rule collapses
Top-level negotiations between Asian and Western elders to start a new golden age for humanity are proceeding well, according to sources involved. The basic agreement calls for the complete write-off of all debts, public and private, a one-time redistribution of assets and a massive campaign to end poverty, stop environmental destruction and colonize the universe with earth life. This plan is supported by –among others- the Western committee of 300, the Russian government, the Indian government and the Asian secret societies that control China, ASEAN, Korea and Japan. There are some concrete moves involving massive amounts of off ledger gold and dollars taking place. The details cannot yet be publicly disclosed for security reasons, the sources involved in the negotiations say.
関係者によると、人類の新しい黄金時代を始めるためのアジアと西洋の長老たちのトップレベルの交渉は順調に進んでいるという。基本合意では、公的・私的債務の完全帳消し、一度限りの資産の再分配、貧困撲滅、環境破壊の阻止、地球生命体による宇宙植民地化のための大規模なキャンペーンを要求している。この計画は、西側300人委員会、ロシア政府、インド政府、そして中国、ASEAN【東南アジア諸国連合】、韓国、日本を支配するアジアの秘密結社によって支持されている。台帳に載っていない大量の金とドルを使った具体的な動きが始まっている。その詳細は、安全保障上の理由からまだ公にはできないと交渉に携わる関係者は言う。

Of course, we have heard this talk before so believe it when you see it. もちろん、この話は以前にも聞いたことがあるので、我々はそうなった時に信じる。


WHO・WEF:「サル痘」で恐怖を煽り、世界全体主義を目指す


For now, the task is to make sure the existing Western ruling structure collapses without destroying the planet. Already, the Western ruling class has fallen into what can only be described as collective insanity as their control grid collapses. The latest sign is a massive campaign of monkeypox fear porn. The fear porn appears to be a desperate attempt to justify a massive power grab by the WHO and the Davos World Economic Forum. 今のところ課題は、地球を破壊することなく、既存の西側支配構造が崩壊するようにすることだ。すでに欧米の支配階級は、その支配網が崩壊するにつれて集団的狂気としか言いようのない状態に陥っている。最新の兆候は、サル痘の恐怖を煽るメディア情報の大規模なキャンペーンである。この恐怖を煽るメディア情報は、WHO【世界保健機関】とダボス世界経済フォーラムによる大規模な権力掌握を正当化するための必死の試みであるように思われる。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

Both are holding massive meetings in Switzerland this week where they are actively seeking totalitarian control over the entire planet. 両者とも今週【5月第4週】スイスで大規模な会議を開き、地球全体の全体主義的支配を積極的に目指している。

From May 22 to May 28, representatives of the WHO’s 194 member states (which represent 98% of all the “countries” in the world) are attending the World Health Assembly meeting in Geneva. Here they will vote on International Health Regulations (IHR) that will be legally binding under international law. 5月22日から28日まで、ジュネーブで開催される世界保健総会に、WHO加盟国194カ国(世界の「国」の98%を占める)の代表が参加している。ここで彼らは、国際法の下で法的拘束力を持つ国際保健規則(IHR)を議決することになる。
https://reclaimthenet.org/world-health-organization-pandemic-treaty-a-fresh-push-for-vaccine-passports-global-surveillance-and-more/. https://reclaimthenet.org/world-health-organization-pandemic-treaty-a-fresh-push-for-vaccine-passports-global-surveillance-and-more/。

The amendments being pushed by the Khazarian mafia will give WHO Director-General Tedros Adhanom Ghebreyesus unilateral authority to declare a public health emergency in any nation based on whatever evidence he chooses. This will create a de facto world totalitarian regime far more repressive than any yet seen on this planet. ハザール・マフィアが推し進める修正案は、WHO事務局長テドロス・アダノム・ゲブレイエスが選ぶ証拠に基づいて、どの国でも公衆衛生上の緊急事態を宣言する一方的な権限を彼に与えるものだ。これは事実上、この地球上のどの国よりも抑圧的な世界全体主義体制を作り上げることになる。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 121