アーカイブ: 医療・健康

PCR検査拒否の実態 〜 感染者数を少なく見せることと、医療崩壊を表面上防ぐために、患者を医療機関に受診させないようにした安倍政権!

竹下雅敏氏からの情報です。
 福岡県内の開業医を対象にアンケート調査した結果、“患者のPCR検査が必要だと判断した開業医のうち6割余りが保健所などから検査を拒否された経験”があるとのこと。こうした状況は、岐阜県、長野県、三重県も同様です。こちらの朝日新聞の記事によると、“発熱が続いたり、味覚障害があったりした場合でも拒否されたことがあった”ということです。
 安倍政権は面子(支持率を含む)と利権しか考えていないので、感染者数を少なく見せることと、医療崩壊を表面上防ぐために、患者を医療機関に受診させないようにしたのだと思います。有名人は別ですが、一般人の場合は病状が相当悪化してからでないとPCR検査が受けられず、それも病床に空きのある場合のみだったのではないかと想像します。
 なので、入院できず自宅などで死亡した人の中には、新型コロナウイルスの感染者であっても死亡者数に入っていないと考えます。こちらのツイートによれば、「百万人当りの検査数 百万人当りの死者数の日ごとの推移」のグラフから、“初期対応した韓国・台湾は死者は少ない。遅れた国は死者が多い。…日本の検査数が多かったらまだまだ死者が多いはず”とあります。
 “続きはこちらから”は、医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏の記事ですが、“日本の感染者や死亡者が少なかったのは、アジアで流行した新型コロナウイルスが欧米とは遺伝子型が異なり、毒性が低かった可能性が高い”と言っています。なぜ、アジアで流行した新型コロナウイルスだけが毒性が低かったのかは「謎」ですが、もしも「コロナちゃんの改心」が真相だったりすると「永遠の謎」になってしまいます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
県内開業医約9割で外来患者減
引用元)

福岡県保険医協会が県内の開業医を対象に新型コロナウイルスの影響をアンケート調査した結果(中略)... 患者のPCR検査が必要だと判断した開業医のうち6割余りが保健所などから検査を拒否された経験がありました。

県内の開業医で構成される福岡県保険医協会は、ことし4月から先月11日にかけて、県内の開業医1999人にアンケート調査を行い、858人から回答を得ました。

(中略)

発熱などがある患者を診察してPCR検査が必要だと判断した開業医が全体の39%にのぼった一方、このうちの61%が保健所などから検査を拒否された経験がありました。

(以下略)
————————————————————————
7割以上の医療機関でPCR検査拒否の事例あり…岐阜県保険医協会がアンケート調査
引用元)
 岐阜県の医師や歯科医師で作る協会が5月に行ったアンケートで、回答した医療機関の7割以上が保健所などから新型コロナウイルスのPCR検査を拒否された事例があることが分かりました。

(中略)

保健所や指定医療機関からPCR検査を拒否された事例の有無を問う質問に対し、回答した133の医療機関のうち72.9%にあたる97カ所が「拒否されたことがある」と回答しました。

(中略)

岐阜県保険医協会は新型コロナウイルスへの感染を恐れて、医療機関の受診を控える患者について「本来の治療を受けないことは病状の悪化につながる」と注意を呼び掛けています。
————————————————————————
開業医、拒否経験6割超 保健所へのPCR検査依頼、長野県内調査
引用元)
 新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査が必要な患者と診断したものの、保健所などに検査を断られた医療機関が六割以上に上ることが、県保険医協会(長野市)の調査で分かった。

(中略)

63%の医療機関が検査の拒否を経験したと回答。「明らかな肺炎や感染者との明らかな濃厚接触を証明できないと検査してもらえない」「診察した医師の判断を優先させてほしい」との意見も寄せられた。

(以下略)
————————————————————————
PCR検査、5割「拒否された」 三重県保険医協会 新型ウイルスでアンケート
引用元)
三重県保険医協会は4日、県内の開業医に実施した新型コロナウイルス感染症のアンケート結果を発表した。約9割が「診療が減った」とし、PCR検査を依頼した医師の約5割が「検査を拒否された」と回答した。

(中略)

36%に当たる45人の医師が、感染が疑われる人らへのPCR検査を保健所や指定病院などに依頼したことがあると回答。このうち、47%に当たる21人が「検査を拒否されたことがある」と回答した。

検査を拒否された医師らは自由記述で「保健所は『基準に達していない』と、基本的に検査はしないような対応」「ほぼ全例を検査してもらえなかった。医師が必要と認めてもだめだった」などと指摘した。

(以下略)
————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから

常食とする「食べ物」によって、我々の健康は大きな影響を受けている ~「食文化」に大いに救われている日本人

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画は「日本生まれ育ちの29歳のアメリカ人」の女性が、アメリカ人の食生活を解説したもの。動画に出て来る「食べ物」を常食にしていたら、健康は保てないだろうと思いました。
 随分昔のことで息子が小学生の頃の話なのですが、テレビでフィギュアスケートのコーチが、選手にアドバイスをする場面を家族で見ていました。息子はものすごく驚いた様子で、“何故コーチがアドバイスできるのか?”と聞くのです。私は、“コーチは以前、有名なフィギュアスケートの選手だったと思うよ”と答えたのですが、私の返事にとても驚いた様子で、“なぜスケートができるのか? 氷が割れて身体が沈まないか?”と言うのです。私は笑って、“あのコーチも昔は選手のように細かったんだよ”と答えると、驚愕していました。息子はこの時はじめて、人間の「変態(幼生から成体になる過程で形態を変えること)」の実例を見たのです。
 この時の記憶が息子のトラウマになったのでしょう、ロシアを含む欧米の女性に対する警戒心が出て来たように思います。ところが、例えばロシアの女の子が、“日本人と結婚して日本に住むと「変態」しない”のはよく知られていると思います。これは何故なのか。食事の違いだということは、日本人なら誰でも分かります。
 新型コロナウイルスは、“肥満の人は重症化しやすい”ということでした。日本人は「食文化」に大いに救われていると言えるでしょう。さらに、ワクチンを接種しないで育つ方が、ずっと健康に育つということも知っておいた方が良いでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
アメリカ人は普段何食べてるの?!
配信元)
————————————————————————
アーミッシュが癌にならない理由
引用元)
アーミッシュとは米国、カナダに現代社会を拒絶する独自のコロニーをつくり自給自足の生活をする集団である。人々は彼らを嘲笑しのけ者扱いすることが多いが、彼らには厳格な生活を送る代償として現代人が羨む贈り物があった。アーミッシュたちは他の米国人よりもはるかに健康なのである。

アーミッシュたちの癌や自閉症の発症率が極めて低い。
(中略)  
 アーミッシュは喫煙しない。男性、女性とも喫煙しない。(中略)…  アーミッシュはワクチンを受けない。最近ワクチン接種と自閉症の関係がとりざたされているが、アーミッシュ約20万人中自閉症にかかった人はわずか3名である。ワクチン接種に関する政府の圧力に彼らは屈せず接種を拒否し続けてきた。ワクチンを全く受けないにもかかわらずアーミッシュは折り紙付きの健康優良児なのである。
(以下略)

» 続きはこちらから

新型コロナウイルス感染症から回復しても、“長期にわたる…疲労を経験するリスクが高く、以前の正常の状態に戻るまで6ヶ月かそれ以上、その疲労が持続する可能性”がある

竹下雅敏氏からの情報です。
 新型コロナウイルス感染症から回復しても、“3割に呼吸器疾患などの後遺症が生じる可能性がある”ということです。ツイートには、陰性後も「倦怠感、微熱、頭痛、肺痛、湿疹等」が続いている様子が窺えます。持病なしの10代学生の方は、“63日目になっても…毎日微熱から高熱まで強い頭痛や倦怠感、めまい、関節痛などで辛い”と言っています。
 検査で陰性が出てもウイルスは身体の中に残っており、身体はウイルスとずっと戦っているということでしょうか。それとも、何か別の理由があって熱が続くのでしょうか。いずれにせよ、新型コロナウイルスを風邪やインフルエンザと同じように見なすわけにはいかないことが分かります。
 “続きはこちらから”の記事は、“日本では慢性疲労症候群(CFS)と呼ばれているが、イギリス・カナダ・ヨーロッパでは、筋痛性脳脊髄炎(ME)と呼ばれ、近年では世界的にME/CFSと両名併記される”病気との関係です。
 新型コロナウイルス感染症から回復しても、“長期にわたる…疲労を経験するリスクが高く、以前の正常の状態に戻るまで6ヶ月かそれ以上、その疲労が持続する可能性”があるとのことです。さらに病状が深刻になり「ME/CFSに移行する可能性」があると言うのです。やはり、新型コロナウイルスを甘く見てはいけないようです。
 コロナ後の新しい生活では、フェイスシールドを付けて飲みに行くとか、互いに防護服を着てデートするとかの方向ではなく、外で安い酒を高い値段で飲むことから、自宅で美味しい酒を飲むようにするとか、頻繁に手を洗い消毒するのではなく、食事に気をつける等して「腸内環境を整え免疫力を高める生活」に、シフトアップすべきではないかと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
回復者3割に後遺症の恐れと指摘 イタリア呼吸器学会、肺にリスク
引用元)

 イタリアの呼吸器学会は27日までに、新型コロナウイルス感染症から回復した人のうち3割に呼吸器疾患などの後遺症が生じる可能性があると指摘した。少なくとも6カ月は肺にリスクがある状態が続く懸念があるという。

(中略)

学会によると、新型コロナ感染症により肺線維症を引き起こす恐れがあり、完治が難しい損傷を肺に受ける可能性もあるという。
————————————————————————
配信元)





» 続きはこちらから

「動物や人間の胎児の組織の一般的使用が、慢性疾患の破壊的な疫病を解き放していた」というジュディ・マイコヴィッツ博士の記事が、多くの大手製薬会社の「致命的な秘密」を暴露していた!

竹下雅敏氏からの情報です。
 本当のフレデリッQショパンさんが、動画「Plandemic」を全10partに分けて字幕入りで公開。全体で20分ほどの動画なのですが、これが極めてハイレベルなので、消されないうちにご覧ください。
 「メキシコ便り」で、メキシコの貴重な情報を上げてくれているpopoちゃんが、動画冒頭4分ほどを翻訳してくれました。
 ジュディ・マイコヴィッツ博士は、HIV(エイズウイルス)の発見者でノーベル賞受賞者のリュック・モンタニエ博士のチームの一員だった(動画①、57秒~)とのことで、「動物や人間の胎児の組織の一般的使用が、慢性疾患の破壊的な疫病を解き放していた」という彼女の記事が、多くの大手製薬会社の「致命的な秘密」の暴露となったため、彼らによって「何の容疑もなく刑務所」に入れられたということです。ワクチンの事を言っているのでしょう。
 今、メディアで話題にしているギリアド社の「レムデシビル」は、“販売価格は最大$4500(48万円)になる可能性”があるとのことで、ギリアド社と言えば、株式を多数保有しているドナルト・アホニナルゾ、じゃなかったドナルド・ラムズフェルドを思い出します。“メフィストフェレスが実在すれば、こんな顔だよな~”と思いながら、911の主犯だったラムズフェルドの顔を思えば、大手製薬会社のオーナーは、ラムズフェルドと似たりよったりでしょうから、ワクチンの「致命的な秘密」を暴露したマイコヴィッツ博士に、これほど悪辣なことをしたというのも良くわかります。
 それにしても、ここまで密度の濃い内容を、わずか26分の動画に仕上げた映画製作者のミッキー・ウィルス神父の手腕は見事です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Plandemic
配信元)


’Plandemic’ Full Documentary (約26分)の(0分~4分あたり)の意訳

マイコヴィッツ博士(分子生物学者 / 医学研究者)は、博士の世代で、最も成功した科学者の一人です。マイコヴィッツ博士の1991年の博士論文は、HIV / エイズの治療に革命をもたらしました。マイコヴィッツ博士はキャリアの絶頂期に、雑誌サイエンスで大ヒット記事を発表しました。この論争を呼ぶ記事は、動物や人間の胎児の組織の一般的使用が、慢性疾患の破壊的な疫病を解き放していたというもので、科学界に衝撃波を流しました。博士が致命的な秘密を暴露したため、多くの大手製薬会社は、マイコヴィッツ博士の評判、キャリア、私生活を破壊し戦争を仕掛けてきました。国家の運命が危うい今、マイコヴィッツ博士は、すべての人々の命を危険にさらしている汚職という疫病の背後にいる人物の名前を挙げています。
 
M : ミッキ・ウィリス(2児の父親 / 映画製作者)
Dr.: マイコヴィッツ博士(分子生物学者 / 医学研究者)


 
M :「あなたは、合意されていたストーリーと矛盾する発見をしたのですね?!」
 
Dr.:「はっはぁ~(笑)そうです!」
 
M :「そのため彼らはあなたの人生を破壊するために、彼らができる事はすべてしたのですね?」
 
Dr.:「そうです。」
 
M :「あなたは逮捕されていたのですか?」

Dr.:「そうです。」

M :「そして、あなたは発言禁止命令下にあったのですか?!」
 
Dr.:「この5年間、もし私がソーシャルメディアで少しでも何かを発言したら、彼らは新たな証拠を見つけて、私を刑務所に戻しました。はじめて証拠がないことが知ったとき、私はあまり泣いたことがないのですが、そのときばかりは泣きました。強制的なパワーを利用し(私のように)クレジットカードのスコアが完璧な人を無理やり破産に追い込むことで、私たちが全く無罪であることを証言しなければならなかったトニー・ファウチ、イアン・リプキン、公衆衛生やHHS(保健社会福祉省)のトップらを含む97名の証言者を連れてくることができないようにしたのです。」
 
M :「それであなたはどんな容疑をかけられたのですか?」
 
Dr.: 「容疑は何もなかったのです。」
 
M :「でもあなたは刑務所にいましたよね?」
 
Dr.:「私は何の容疑もなく刑務所にいました。私は法から逃げている逃亡者と呼ばれていました。令状なしで、文字通り私を家から引きずり出し、近所の人はそれを見ていました。令状なしに私の家を家宅捜査し、実際に私の夫を5日間脅しました。あのノートが見つからなかったら、あの資料が見つからなかったらと。。。それらは私のものではなく、彼らが私の家に忍び持ち込んだものだったのです。」
 
M :「まるであなたが研究室から知的財産を奪ったかのように?!」
 
Dr.:「そうなんです。まるで私が研修室から機密資料の名前と知的財産を奪ったかのように見せたものでした。私は無実であることを確実に証明できます。HHS(保健社会福祉省)のトップらは共謀し私の評判を破壊し、司法省とFBIはその事件を伏せ封印しました。封印とは、その事件があったということが言えなくなり、さもないと弁護士らは法廷侮辱罪を課され、自分を弁護してくれる弁護士もつけられなくなり、ありとあらゆる正当な法的手続きの権利が奪われました。そして未だに同じ状況が続いています。私には憲法で保障された自由や権利が一切ありません。
 
M :「でも、あなたはここに座っていて。。。」
 
Dr.: 「はっはっは(笑)」
 
M :「おそらく多くの人は早期退職し、身を隠すのではと思うのですが、あなたは発言禁止命令が解除された時点で、科学への信頼と希望を取り戻すために「汚職という疫病」という本を書き、世に出てきて(悪人らの)名前を暴露しています。」
 
Dr.:「全くその通りです。」
 
M :「どうやら彼らがあなたを沈黙させようとした試みは失敗したようですね。では、ちょっとどうしてもこの質問をさせてください。あなたは、このビルを出るときに命の心配をすることもなく、ここに自信を持って座り、これらの偉大な権力者らに決闘を申し込んでいますが、どうやったらそんなことができるのですか?」
 
Dr.:「今、私たちがこれを止めなければ、私たちの自由のもとにある共和国を忘れてしまう可能性があるだけでなく、人類をも忘れてしまう可能性があるからです。なぜなら私たちはこの陰謀に殺されてしまうから。。。」

(By popoちゃん)
————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから

[Twitter]雨ガッパの「空飛ぶヒーロー」in大阪

竹下雅敏氏からの情報です。
 あなたはバンクシーの絵を見て微笑むだろう。
そしてその意図を見抜いて、ドキリとするだろうか。

大丈夫、日本人にはもっと分かりやすい「ばんくしい画伯」が居たのだ。
あなたはいつしか維新にボコボコにされた大阪に気づくはずだ。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 44