アーカイブ: 日本国内

[JRPtelevision]森友学園の土地取得に関する2つの疑惑 と 「同和」に対する忖度 【前編】

 動画の前半では、分かりやすく時系列で振り返り、森友学園の土地取得に関して2つの疑惑を指摘しています。1つ目は、2016年6月に近畿財務局と森友学園の売買契約が結ばれていますが、その3ヶ月前に都合よく国の調査により地中9.9メートルでゴミが見つかったことが、あまりにタイミングが良すぎることです。また、土壌調査の研究所によると、"9.9メートルの所でゴミが見つかることはまずない"ようです。2つ目は、8億円の値引きの根拠になる計算が、1回目のゴミの撤去料の1億3千176万円分と重複しており、二重値引きになっていることを指摘しています。
 "続きはここから"以降で総裁がこの問題を解説しています。「同和」はこの事件を理解する上で、一つのキーワードになるのではないかと思いました。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
主犯「椿原泰夫」「籠池理事長」と 弁護士の懲戒請求書【ネット TV ニュース.報道】朝堂院大覚 森友学園事件 2017/03/29
配信元)

増山:こんにちは。月間タイムズ編集委員の増山れなです。本日も朝堂院大覚総裁と、そしてミュージシャンの小野寺通さんとともに、森友問題について考えていきたいと思います。

まず、8億円の値引きの根拠となっているゴミの問題なんですけれども、このゴミがなかったんじゃないかといった疑惑。前回の放送でもお伝えしましたが、今回はより詳しいレポートを環境ジャーナリストの青木泰さんに書いていただきまして、私が、青木さんの訴えている内容を皆さまに解説させていただきたいと思います。よろしくお願いします。

まず、このゴミ問題なんですけれども、1回目の査定と2回目の査定があります。この時間軸での理解というのがなかなか十分にされていないために、どちらのゴミが何だったんだっけなと、ちょっとぼんやりしているイメージがありますので、時間軸を確認のため振り返っていきたいと思います。

1

主な経過ですけれども、2010年の1月、当該地に地下構造物の調査報告書を大阪航空局が出しています。

2012年大阪音大が購入希望。約7億円での購入希望がありましたが、鑑定額より安いと断っています。

2013年の6月、公用・公共用の売却要望の受付を開始しました。その3ヶ月後に森友学園が取得要望書を提出しています。なんとこの2012年に森友が買った価格よりも高く大阪音大が買いたいと言ったけれども、条件が揃って、森友学園が取得要望書を出すまで、1年以上も待っていたということなんですね。

また、2014年の12月に「(仮称)M学園小学校新設工事 地盤調査報告書」というものが出されていまして、この中で地盤調査が行われます。

2015年の1月27日、大阪府私立学校審議会で小学校の設置認可が行われて、2月10日国有財産近畿地方審議会が森友学園に貸し付け、売却が「処理適当」とされ、5月29日に貸し付け契約締結。7月に学園による土壌汚染除去、埋設物撤去工事が行われます。これはあくまで低深度でして、平成22年に調査された構造物調査の中から出てきた低深度3.3メートルほど、最大で4メートルほどの深さのゴミを撤去する工事です。

これが1回目のゴミの撤去料と言われています1億3千176万円分。国が1度森友学園側が払った除去費用を立て替えて、ちゃんと国が補助したというもの
なんですけれども、これが今問題になっている谷さんのファックスにあたるわけですね。谷さんがファックスで今年度分の予算はあてられなかったけれども、来年度分で処理しますよと言ったのは、この1回目のゴミの処理費用の問題になります。

また、2016年3月11日、校舎建築の基礎工事、この杭打ち工事で新たな廃棄物が埋設されていること、これが高深度、つまり深さが9.9メートルの深い深度でのゴミがあるということが森友側の発表でわかったわけですね。この後、3月24日、すいません、これが森友側の発表ではなく国の調査によってこの高深度のゴミが出てきたということになります。3月24日に購入希望を出し、6月20日近畿財務局が森友学園と売却提携契約をしておりまして、ここでゴミの撤去費用を抜くと、8億1千900万円の値引きがされ、実際のゴミの撤去される費用を抜いたら、10億円の土地が1億3千400万円となったわけです。この売買契約を結ぶ直前に、6月に売買契約が結ばれましたが、その3ヶ月前に急にゴミが出てきたということが発表されているわけです。

まず、その1回目のゴミ。どの程度の物だったかということなんですけれども、1億3千176万円のゴミの撤去を最終的には税金で払って。しかしそのすべてをゴミを学校外に撤去したわけでもなく、この写真の通りにですね、学校の一部にはまだゴミが積まれている状況なんですよ。

スクリーンショット 2017-03-29 15.19.44 

まず第一の問題として、1回目のゴミの撤去もちゃんと行っていたのか、曖昧なまま工事が進んでいる状況があります。これがまだ残っているにも関わらず、2回目のゴミが、しかも4メートルまでの除去はもうしているはずなんですよね。そこからさらに9.9メートルからゴミが出てきたという発表が土地の売買契約が行われるわずか3ヶ月前に発表され、それを根拠に8億円の値引きがされているわけです。

7:33

2 

青木さんの調査によりますと、国が公式に発表している資料から抜き出したものなんですけれども。あとで画像をお送りしますが、総裁、これが森友学園側の土地なんですけれども。森友学園側が根拠としている9.9メートルの高深度のゴミ、これは杭が打ってある所だけなんですね。この1つ30センチの直径の杭、これを9.9メートルの深さまで掘ると。この中にゴミが見つかりましたよということを発表しているわけです。

具体的に言いますと、303平米×9.9のゴミの割合が0.471。約半分、土壌対ゴミが1対1という割合で見つかったということで、2720トン。その他は、実は同じ割合で計算しているんですけれども、3.8メートルしか掘ってないんですよ。

で、1回目のゴミ、1億円かけたゴミがありましたよね。それは国が税金をかけて撤去をしたと。しかも国の税金をかけたのに、撤去したというゴミ、一部ここに積んであるじゃないかという。いい加減な工事だったはずなのに、さらにゴミをこの4メートルまではもう掘って除去してあるということなんですから、ダブル計算になっているわけですよ。この4メートルまでのゴミが。そういった意味でも、二重な意味でこのゴミが見つかるタイミングもそうですし、その計算方法、2つの意味で虚偽の疑いがあると言わざるを得ない状況です。

また、この問題、少しずつ国会の中でも審議がされておりまして、共産党の辰巳孝太郎議員も、このゴミ問題、本当にあったのかということを訴えておられますけれども、その中で辰巳議員が複数のこういった土壌調査の研究所に依頼したところ、一般的に言って、9.9メートルの所でゴミが見つかることはまずないという状況だそうなんです。

総裁、改めてこのゴミが見つかったタイミング、何か、ずいぶん森友側に都合のいいタイミングで都合のいい量のゴミが見つかったなということがありまして。ちょっと改めてこのゴミ問題、理詰めでちゃんと訴えていくということが大事だと思いました。

また、この問題、地元でも追求されてまして、近畿財務局が豊中市民230人の方に告発されています。どういった内容かと言いますと、この森友のこの隣の土地もほぼ同じ条件であったはずなのに、こちらは14億円で豊中市に売却されている。

実は遡って1回目の1億3千万円のゴミの撤去費用を国が税金で立て替えてもらって払った調査がありましたけれども、あの調査では、なんとこの豊中市が持っている土地も同じ割合でゴミが見つかっているんですよ。それなのにこちらは14億円で豊中市に売り、そしてこちらはなぜか1億円。そしてさらには8億円のゴミの撤去費用を国が肩代わりして値引きするといったおかしなゴミの計算をしているということで、豊中市民の方が、非常に怒られています。豊中市民をはじめ、近畿地方に住む約230人の方が告発状で近畿財務局の手続きは第三者による鑑定を経ておらず、地中の中のゴミの処理費用の算定手続きも極めて不適切と指摘しているということで、これが背任罪に当たると告発されているそうで、皆さん、怒りのあまり東京まで来て下さるそうで。

この運動の中心人物であります木村真豊中市議が3月31日13時から13時30分、参議院会館の11階で勉強会を行い、そして記者会見をするということなので、東京のメディアの皆さん、是非駆けつけていただいて木村さんのお話、豊中市の皆さんのお話を聞いていただけたらと思います。喋っちゃいました。

総裁:11階というのは1階のことじゃないかね?

青木:1階ですね。

増山:私今、11階って言いました?すいませんでした。11階なんてありません。1階ですね。101号室でその木村さんの記者会見の発表があるそうで、ぜひ皆さん駆けつけて下さい。お願いします。というわけで、このタイミングといい、計算方法といい、極めてめちゃくちゃなこのゴミの計算なんですけれども、総裁はこの状況をどうお考えでしょうか?

» 続きはこちらから

菅野完氏の『松井一郎大阪府知事からの内容証明郵便』がYouTube「急上昇ランク」で7位に!

竹下雅敏氏からの情報です。
 今日の3本目はブラックになってしまいました。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)



森友問題…良識を感じる木村草太氏と三宅弘氏の発言 籠池氏の証人喚問を命令したのはあべぴょん自身!?

竹下雅敏氏からの情報です。
 動画の中で語られている、木村草太氏と三宅弘氏の言葉には、良識を感じます。これらの意見がまともなのであって、道理の通らない、現在のあべぴょんを筆頭とする自民党議員の言動は、どう考えても狂気です。
 籠池氏の証人喚問は裏目に出て、安倍政権を窮地に追い込みました。この判断を誰がしたのか興味深いところでしたが、ツイートによると、それはあべぴょん自身だったようです。このツイート通りだとすると、木村草太氏が、“国家権力が総出で一私人の人格攻撃を行うのは常軌を逸した対応である”とする言葉通りのことが起こっているわけです。こういう対応を見ていると、共謀罪は手始めで、最終的には不敬罪を持ち出して、首相を冒涜した者は死刑にしたいのではないかという気がします。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)






第2の森友と言われる加計学園も官邸が関与か 一族への利益誘導疑惑まで

竹下雅敏氏からの情報です。
 第2の森友と言われる加計学園があり、さらに第3、第4…と疑惑が列を作って待っています。こうした問題は収束する気配が見えず、例によって安倍政権は、解散のタイミングを計っているようです。
 加計学園のオーナーである加計孝太郎氏は、あべぴょんのお友達なので、籠池理事長のように“会ったこともない”という言い訳は効きません。しかも、森友とは額が全然違います。加計学園の問題にメディアの火が点くことを、何よりもあべぴょんは恐れているのではないでしょうか。
 “続きはこちらから”以降の記事を見ると、加計学園も森友学園と同様に、官邸が関与したとしか思えない状況になっています。ツイートを見ると、ゴット・マザーのあべぴょんの母を含む家族ぐるみで加計氏と付き合っていたように見えます。こうした状況で、驚くべき写真が出てきました。陰謀論のレベルですが、確かに、あべぴょんのおじいさんである岸信介と、加計孝太郎氏の顔は似ています。これまで、あべぴょんはお友達に便宜供与をしたのではないかと見られていましたが、実は一族への利益誘導ではないかという疑惑になっています。
 最後の写真は非常に興味深い。確かに岸信介の前に居る2人の子供は、加計孝太郎氏とあべぴょんのように見えます。彼らが一族であることを強く思わせる写真です。こんな写真がツイートで上がって来ることに驚きます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)


» 続きはこちらから

ニール・キーナン最新情報:空へ上がったものはいつかは必ず降りて来る / 長く奇妙な道のりを経て

翻訳チームからの情報です。
 今月のニール・キーナン氏の活動報告から、興味深い情報を抜粋しました。大半は逐語訳ではありません。訳者がトピックを立てた部分もありますし、まとめ直したので、順序も原文とは異なる場合がありますが、御了承ください。
 個人的には、国連などがUBS預金口座詐欺では被害者に協力し、マルコス預金口座詐欺では犯人側に廻っているのが、読んでいて混乱しました。あと、カバールがイエローストーンに何を仕掛けたのか、気になります。
 キーナン氏がマハティール元首相に信頼を寄せているのは、流石だなと思いました。彼が推しているヒーリング・コンピューターとヒーリング・エリクサー液、早く世界に拡散されるといいですね。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン最新情報:空へ上がったものはいつかは必ず降りて来る
転載元)
記事冒頭では、トランプ大統領への支持を呼びかけ、ブッシュやクリントン、オバマを始めとしたカバールの終焉が近いことを語っています。

また、最後の方ではキーナン氏自身の言葉として(記事自体はスタッフが執筆)、数週間の内に国際担保口座群を開く権限と能力を持っている担当者に会う予定だそうです。


◆謎の下請け企業 サーコゥ◆



奇妙なのが、記事のかなり最初の方でいきなりSercoというイギリス発の国際組織について監視を呼び掛けていること。アメリカの公共サービスの全てを取り仕切っていると書いています。我々市民にこれ以上の害が及ばないよう、行動を起こすべきだと呼びかけていました。


ネットを調べてみると、サーコゥとは先進諸国の様々な公共事業の下請けをしている世界有数の巨大企業で、動画「貴方が聞いたことのない最大規模の企業」によると、オーストラリアの全ての移民拘留センターを経営し、ロンドンの半数、ダブリンの全ての信号を動かし、カナダのオンタリオ州では自動車免許の発行を行い、ドバイの地下鉄やオーストラリアのバスまで幅広く経営しています。世界最大の航空交通管制機関でもあります。

動画発表の時点でもうすぐイギリス最大の私営刑務所機関となる予定。日本で水道の非公有化が議論されていますが、イギリスの刑務所で彼らは収容力を20%上げるため、トイレにベッドを押し込みました。

同国のブラッドフォードでは全ての公立学校を運営。同じくイギリスの弾道ミサイル防衛システムを40年前から任され、核兵器の製造から発注までを行い、グリニッジ標準時間までも設定しているのです。

子どもの教育から日々の交通機関、そして刑務所や武器、時間の管理までを一企業が動かす世界って怖くないですか。


◆掩体壕の金塊略奪◆



前回お伝えしたアジア諸国の掩体壕に保管された資産の略奪に関して、トランプ大統領が衛星を使った監視を命じたそうです。

それはいいのですが、日本人がまた出て来ています。「イシカワ・ミスミなる日本人女性が長らく父親が関与していた掩体壕を掌握しており、そこから容易に盗める」状況にあるそうです。

中国のリー家は一族の資産を守ろうとして、最大限買い戻しに走っているとか。記事が出た数日以内に天文学的な数字の基金にサインする予定で、尚且つ掩体壕にある全通貨の契約だそうですから、リー家は一体何をするつもりだと問われていました。

リー氏は高潔な人物であり、現在でも信頼に足るとも書いていますから、新たな詐欺事件ですかね。何らかの問題が発生している模様です。

以下は続きの記事の翻訳です:

    「其の他アジアに関して直近の懸念といえば、狡賢く、ねじまがった三人の男がソウルへ50億円を持ち込んだことだろうか。一人は日本人、もう一人は韓国人、そして三人目は韓国人の仲介者だ。どうやら彼らは更なる掩体壕の資産略奪を目論んでいるらしい。

    とある日本人たちは掩体壕から、(円の入った)箱を二つ盗み出した。現在は円を韓国通貨に換金しようと試みているのだ。奴らはその75%を売ろうと計画している。

    また長老の多くが、かつての怪しげな取引に手を染めたかどで捕まる可能性を自覚し始めた。一部の者は償いと、過去の軽はずみな行動の埋め合わせを望み、またその他の者は盗み出した物の返却を望んでいる。

    しかし公平のために言うと、彼ら一人一人を騙したのは西洋である。ブレトンウッズなどの詐欺的な西洋の取り決めによって立ち上げた、非合法かつ偽りの西洋金融システムによって、彼らの資産を盗み取ったのだから。

    それ故、こういった長老たちは誰にも負い目を感じる必要はない。彼らは(その父親や祖父に至るまで)、掩体壕に対する責任を受け止め、長年に渡ってまともな対価も得ずに忠実に管理してきたのだから。

    ニール・キーナンはこのことを承知しており、彼らが確実に免責されるよう取り計らうつもりである。よって安心してもらっていい。彼らは健康で幸せな人生を送るために十分な見返りを得るべきなのだ。」


どうやら掩体壕の黄金の誘惑にかられたのは、西側だけではなかったようです。でも基本的に無報酬みたいですからね、管理代金分くらいはいいんじゃないでしょうか。正規の手続きで現金化を試みると、西側にいちゃもんつけられ、よくて投獄、最悪暗殺ですし。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 554