アーカイブ: 食糧危機・備蓄

安倍政権による「緊急事態宣言」で選挙は当分の間無くなり、これから起こる経済の混乱や人々の暮らしは想像を絶するものに!〜「経済システムの崩壊」に備えて食糧の備蓄を怠らないように!

竹下雅敏氏からの情報です。
 トランプ大統領が非常事態宣言を出した背景に米保健福祉省の「内部文書」があり、新型コロナウイルスは「SARSやMERSより強度が上回るため、大流行が今後18カ月かそれ以上続く」と記されていたとのことです。スペイン風邪も収束までに2年以上かかっていますから、妥当な予測だと思います。
 長期戦になることを想定したうえで、「ウイルスとの戦い」はもちろんの事ですが、「経済と人々の暮らし」についても考えて行かねばなりません。あべぴょんや阿呆大魔神の顔を思い浮かべてください。今後、まず間違いなく出される「緊急事態宣言」で、選挙は当分の間無くなります。これまでに彼らが日本に対して、どんなことをして来たかを理解している者にとって、これから起こる経済の混乱や人々の暮らしは、想像を絶するものになる可能性があります。
 安倍政権に任せていれば、全て上手く行くと信じている方は、ご自身の信仰に身をゆだねていれば良いと思いますが、そうでない方は「最悪のケース」を想定して準備を怠らないようにしてください。
 “続きはこちらから”の動画は参考になると思います。食糧備蓄は、いずれかならずやって来る「経済システムの崩壊」に備えて、準備しておくように随分まえからアドバイスしていたもので、今に始まった事ではありませんが、今回の新型コロナウイルスのパンデミックで、ようやくこれが射程に入って来たのです。
この「闇」を突き抜けると、「光」の時代がやって来ます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「終息に最低18カ月」トランプがヒタ隠す極秘報告書の中身
引用元)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

(前略)

今月13日、トランプ米大統領の非常事態宣言が大きなニュースとなった。実はこのとき米保健福祉省はホワイトハウスに内部文書を提出していた。

(中略)

国際政治経済学者の浜田和幸氏が言う。
「報告書は『米政府COVID-19対応プラン』というタイトルで計103ページ。新型コロナが従来のSARSやMERSより強度が上回るため、大流行が今後18カ月かそれ以上続くというのです。米政府が外部への漏出を警戒したのは、このことを知ったら米国民がパニックに陥ると判断したからとみられています」

(以下略)
————————————————————————
NYは得体の知れない危機感にのみ込まれゴーストタウン化
引用元)
(前略)

20日、とうとう州から「全員自宅勤務」命令がおりた。

(中略)

ニューヨーク市内で最初の感染者が確認されたのは3月1日だ。たかだか3週間弱でここまで事態が悪化するか。「自宅勤務」という単語が飛び交うようになったのが9日あたり。(中略)... 街の空気が変わったのは、14、15日の週末。ビル・デブラシオ市長が公立学校の閉鎖を決定すると、そこから一気に社会も閉鎖の一途。州内のレストラン、バーでの店内飲食禁止(配達とテークアウトのみ)、劇場、スポーツジム、ついには美容院やネイルサロンの閉鎖へと、行政による閉鎖政策がどんどん広がっている。

(NY在住ジャーナリスト・佐々木香奈)

» 続きはこちらから

現状は「生き残れるか」というレベルの問題!〜「パンデミック・マーケット」の影響により“約20兆円もの史上最大の損失”が生じている可能性が高いGPIF!近い将来、完全に年金は破綻する!

竹下雅敏氏からの情報です。
 メディアが報じないので、安倍内閣の支持率が上がるという怪奇現象が起こるのですが、金融の崩壊が始まったばかりだと言うのに、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は「パンデミック・マーケット」の影響によって、“約20兆円もの史上最大の損失”が生じている可能性が高いとのことです。
 経済アナリストの森永卓郎氏は「2008年9月のリーマン・ショックの翌年、日経平均株価は7021円まで下がっている。いまの3分の1だ。今回も、それと同じようなことが起きるのではないだろうか」と言っていますが、今回の金融危機は、リーマン・ショックを遥かに上回る規模で、上手く逃げた人以外は誰も生き残れない巨大な津波のようなものです。
 近い将来、年金は完全に破綻すると考えて良いでしょう。「アビー地獄」が口を開けて待っているというのが今の状況なのですが、多くの人が現状を認識できていません。まともな政権なら、直ちに「国民一人あたり15~20万円」を支給し、消費税をゼロにするでしょう。財源は赤字国債でも政府通貨でも良いです。しかし、いくら生活できるだけのお金、あるいは金(ゴールド)が手元にあったとしても、購入できる食料が無ければお金は意味を成しません。
 多くの人は、イエメンで何が起こっているのかというようなことも、興味を示しません。気付いた時にはすでに手遅れということが、ほとんどなのです。「仕事」の心配をする人たちが多いと思いますが、「生き残れるか」というレベルの問題なのだという認識が必要でしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
新型コロナ「世界同時株安」最もヤバいのは「日本人の年金」の可能性
引用元)
(前略)

安倍総理が「世界最大の機関投資家」と豪語するGPIFは、今回の「パンデミック・マーケット」によって巨額の損失を抱えた可能性が高い。(中略)... 2019年12月末比でみると「国内株式」のベンチマークとなるTOPIX(東証株価指数)は3月13日までに26.7%下落しており、「国内株式」だけで資産の6.675%の損失が生じた可能性がある。また、その他の資産のベンチマークとなる主要インデックスの動きを見てみると、「外国株式」は円換算後で20.5%下落、「国内債券」はほとんど変わらず、「外国債券」は円換算後で2.26%の下落と、軒並み下落している。こうした各資産のベンチマークの騰落率から換算すると、GPIFの資産全体としては2019年12月末比で約12%、金額ベースで約20兆円もの大規模な損失が生じている可能性が高いのだ。

(中略)

新型コロナウイルスの感染拡大の状況は「非常事態を宣言する状況ではない」のかもしれないが、日本の株式市場は「非常事態を宣言する状況」に確実に近付いている。
————————————————————————
配信元)


» 続きはこちらから

200兆匹というような天文学的な数のイナゴに中国が襲われる?! ~中国で深刻な食糧危機が起こる可能性が高い

竹下雅敏氏からの情報です。
 新型コロナウイルスの影に隠れてあまり注目されていませんが、サバクトビバッタの大群が「過去に経験したことのない規模」で、中国の国境に近づいています。パキスタンでは過去最大級の農業被害が出ているとのことですが、このままサバクトビバッタの大群が、“国連の試算通りに、6月までに現在の 500倍の個体数になれば、「 200兆匹というような天文学的な数のイナゴに中国が襲われる可能性がある」”わけです。
 中国で深刻な食糧危機が起こる可能性が高いのですが、新型コロナウイルスで経験したように、中国で深刻な危機が起こるとその影響は世界に及びます。中国の野菜が入って来ないと日本は困るのですが、万一輸出停止になったらどうするのでしょうか。
 時事ブログでは、いずれ必ず来る金融崩壊において、サバイバルの観点から田舎に家と土地を持っている方が、食糧危機などの混乱に対処しやすいと考えているわけですが、仕事の関係でどうしても都会を離れられない人のためにロシア式のダーチャを勧めて来ました。様々な保険に加入するよりも、ダーチャの方がより安全性が高いと思っています。なぜなら、この方式はロシアでその有効性が、すでに確かめられているからです。
 記事の後半には、“サバクトビバッタが、強風が吹き荒れる砂漠をいかに横断しているのか”という興味深い映像があります。In Deepさんは「もしかして、頭がいいのでは…」と言っていますが同感です。少なくとも〇〇ぴょんよりは…。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
中国がサバクトビバッタの飛来を警戒 食糧難とインフレの可能性も
配信元)
————————————————————————
三つの終末的試練に直面する中国 : 200兆匹のイナゴ軍団が中国に迫る。国連は過去1年半で個体数が「6400万倍増加した」と発表。そして、彼らはどんな荒地でも進行する能力を持つ
転載元)
(前略)
以下の記事で、アフリカから中東で発生しているイナゴの大群が、中国の隣国パキスタンにまで到達し、パキスタンでは過去最大級の農業被害が出ていることなどにふれさせていただきました。


(中略)
最近の国連食糧農業機関の発表と、中国共産党農村部などの発表を合わせ読みますと、「今年のイナゴの大群は、過去に経験したことのない規模」である可能性が高まっています。どうやら、イナゴの状況は以下のようになっているのです。

イナゴの状況
・国連によると、イナゴは過去1年半で「6400万倍」増加した
・現状で中国周辺には4000億匹以上のイナゴがいる可能性
6月までに現在の500倍の数に増加すると国連は試算
・イナゴは最大高度 900メートルまで飛び、薬剤が届かない
・中国ではこのサバクトビバッタの他に、国内のバッタの大発生の懸念がある

(中略)
最も侵入が無念されているのは、以下のインドとパキスタンからの2つのルートを合わせた3カ所の国境のようです。
 
中東のイナゴの中国に至るまでの予想ルート

creaders.net

(中略)
 
» 続きはこちらから

新型コロナウイルスに加えて、4000億匹のバッタが中国本土に入ってくるのは時間の問題 ~今年、中国は食料危機になる

竹下雅敏氏からの情報です。
 “現在、中国国内の企業の3分の1がビジネスを再開している”が、そのことで「次々に社員が感染している」とのことです。藤原直哉氏のツイートに、“職場再開をすれば民衆(百姓)が1千万人死ぬ。職場再開をしなければ政権が崩壊して共産党員が1千万人死ぬ”と習近平国家主席が言ったとありますが、民衆が1千万人死んで、それを隠し通すことが出来るのでしょうか。
 新型コロナウイルスだけでも、中国は立ち行かなくなるほどの困難を抱え込んでいるわけですが、加えて「4000億匹のバッタがチベットに入った」らしい。“チベットから中国本土に入ってくる”のは時間の問題で、「今年、中国は食料危機になる」と予想されます。
 “続きはこちらから”は韓国の様子です。新型コロナウイルスは社会の構造を根本的に変えてしまう因子だと思っているのですが、時差出勤や在宅勤務(テレワーク)などはそうした変化の一つでしょう。恐らく、会社と個人が個別に契約を結ぶ裁量労働制へ、最終的にはベーシックインカムへと進んでゆくと思います。
 シャンティ・フーラでは、そうした将来の社会の在り方を先取りした取り組みを行っています。シャンティ・フーラが株式会社ではなく合同会社であるのもその一つです。私は資本主義を象徴するのが株式会社で、これが現代の歪んだ社会制度の根本にある病巣だと考えています。少し考えれば、中央銀行(民間の株式会社であることに注意)をコントロールし通貨を発行できる立場なら、優秀な株式会社を自分のものにするのは簡単だと分かるはずです。
 経営者が社員を「宝」と考えるか「コスト」と考えるかで、社会の構造は完全に異なります。バブル以前の日本は前者で、バブル以降は後者の考え方にかわり、今の悲惨な日本社会が出現したのです。元に戻せとは言いませんが、命と金のどちらが大切かを、誰もがきちんと認識しなければ、今の悲惨な状況から抜け出せないでしょう。
 新型コロナウイルスがもたらす混乱は、その意味でポジティブなものになり得ると思っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
7000億匹の巨大バッタが中国に到達!在米の中国記者60人を国外退去命令
配信元)
————————————————————————
メイカさんからの続報
引用元)
(前略)
現在、武漢市には重篤患者が40万人以上いる。彼らは自宅や収容所に隔離されているが薬もマスクも与えられず死を待つだけ。
・中国の刑務所に投獄されている800万人以上の囚人が感染している。
(中略)
現在、中国国内の企業の3分の1がビジネスを再開している。しかし再開した企業では次々に社員が感染している。北京、上海などの大都市に戻った労働者は仕事を再開した後に感染し隔離されてしまった。
(中略)
中国では3月中に500万人が失業する恐れがあるため、習近平は人民に仕事を強制的に再開させ経済を回復させようとしている。中国の財政は大赤字。
・中国林業局は昨日、緊急発表を行った。昨日4000憶匹のバッタがチベットに入ったため緊急対策を講じるよう指示した。今年、中国は食料危機になる。バッタはさらに増えるだろう。そしてチベットから中国本土に入ってくるだろう。対策は難しい。
北京などでは住民らがスーパーで米、ラーメン、乾燥食品、保存食品などを大量買いしている。60年代に大飢饉があったが、その時代に戻ると言われている。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

パンデミックと、それから誘発される「世界の主要経済と銀行システムの崩壊」の大混乱 ~生き残るためには、世界的な食糧危機を想定とした準備

竹下雅敏氏からの情報です。
 コブラの情報です。韓国、イラン、イタリアに「武漢とは遺伝子系統の異なるウイルス」がばら撒かれたと言っています。正しい情報だと思います。
 今日の時事ブログのフルフォード情報英語版(20/02/24)をご覧ください。“韓国の大邱が、中国の外部で次に選ばれし死のセンターです。【大邱では】大勢の人が死んでいくことでしょう”とCIA筋やオーストラリアの諜報筋が語っています。「このパンデミックは、実のところ世界規模でパンデモニウム【地獄絵図】を生み出すよう計画」されており、「お次はコロナウイルスに感染したオオカミ男が、ロンドン中を逆上して暴れまわっているかもしれません」と言っていることから、将来イギリスに別の人工ウイルスがばら撒かれる計画があると思って良いでしょう。
 「これは全て、世界の主要経済と銀行システムの崩壊という話」だということは、現状を見れば誰でもわかります。フルフォード氏は、“最も懸命な投資をしているのは中国”のようで、中国は金や銀ではなく、「大量のナッツ、ドライフルーツ、肉や魚の缶詰を買い込んでいっている」と言っています。
 こうした情報から、世界的な食糧危機を想定して準備をしておかなければ、新型コロナウイルス対策だけでは生き残れない可能性があります。危機管理の鉄則は、「イマジネーションを働かせ、最悪の事態を覚悟しておくこと」です。
 パンデミックと、それから誘発される「世界の主要経済と銀行システムの崩壊」の大混乱が、一週間から10日で収束しゴールドを裏付けとした新金融システムが速やかに立ち上がると信じる人は、10日分の食料を備蓄しておけば良いでしょう。収束に3ヶ月かかると思う人は3ヶ月分を。
 しかし、慎重な人はダーチャのように田舎に家庭菜園を準備しているか、すでに田舎暮らしをしているでしょう。中国を見てください。封鎖されるのは大都市ばかりで、中国の田舎は新型コロナウイルスの影響をほとんど受けていないのです。敢えて都会にとどまる人は、「祈り」を欠かさないように。生き残る人はどんな場所でも生き残ります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
終末時の狂気続行
引用元)
(前略)
中国でのコロナウイルス封じ込めへの成功が明らかとなった先週、闇の勢力のシオニスト工作員は、主要戦略的地域に武漢とは遺伝子系統の異なるウイルスを散布しました。

一件目は、144,000人を天国に送ると主張しイエスキリストの生まれ変わりと称する教祖の率いる韓国の新興宗教集団に対して散布されました。
(中略)
二件目は、イラン政府の首脳陣に対して散布されました。
https://science.news/2020-02-25-iranian-strain-coronavirus-morphed-version-wuhan.html
日本語訳:イランで蔓延しているコロナウイルスは武漢ウイルスとは別物!

三件目は、北イタリアの女神のボルテックスを抑圧して欧州全体に感染を拡散するためにミラノ近郊で散布されました。
(以下略)
————————————————————————
ケリー・キャシディ:新型コロナウイルスはイルミの人口削減計画の一環
引用元)
(前略)
https://beforeitsnews.com/prophecy/2020/03/project-camelot-coronavirus-and-the-truth-update-via-kerry-kassidy-february-2020-2510211.html
(概要)
3月1日付け
(中略)
2週間前にジム・ハンブル氏にインタビューをしました。
(中略)
中国のイルミナティ(権力層)は、大元のイルミナティと連携して世界の人口削減計画を実行しています。イルミナティは、今回5億人を削減しようとしています。(中略)… 10年以上前からケムトレイルが世界中に撒かれています。その結果、人々の免疫力が低下してしまいました。イルミナティは、ケムトレイル、5Gなどを使って世界中の人々の免疫力を低下させた上でウイルスを撒き散らして感染させ、感染者を監視下に置き支配するという策略を立ててきたのです。彼らのアジェンダは何段階にも分かれていますから、今回が最後ではありません。(中略)… 各国政府は、ウイルスの感染を世界に拡大させるために意図的に、国境、空港、港から多くの感染者を国内に流入させたり、感染者を国外に逃がしたりしています。
(中略)
10年前にイルミナティの人口削減計画(アングロサクソンミッション)の会議に出席したイルミナティのメンバーが内部告発をしました。彼によると、会議では中国が風邪をひくと語られていました。コロナウイルスの大流行はずいぶん前から計画されてきたことなのです。
(以下略)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 19